KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 動物
  • 中国
  • 令和
  • 記者
  • 平成
  • 日本
  • 屋外
  • 無人
  • メイン
  • 風景

「生き物」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 新しい順
41,532
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
41,532
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年07月23日
    Canada News - July 23, 2021

    July 23, 2021, Montreal, PQ, Canada: A cyclist rides by a re-naturalized garden in Montreal on Friday, July 23, 2021. Ecologists say natural yards have a number of benefits: increased biodiversity, food for birds and insects, less need for water and pesticides, and a reduction of the urban heat island effect. (Credit Image: © Paul Chiasson/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Paul Chiasson/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

    商品コード: 2021072511603

  • 2021年07月23日
    Canada News - July 23, 2021

    July 23, 2021, Montreal, PQ, Canada: A woman walks through a re-naturalized garden in Montreal on Friday, July 23, 2021. Ecologists say natural yards have a number of benefits: increased biodiversity, food for birds and insects, less need for water and pesticides, and a reduction of the urban heat island effect. (Credit Image: © Paul Chiasson/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Paul Chiasson/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

    商品コード: 2021072511750

  • 2021年07月23日
    Canada News - July 23, 2021

    July 23, 2021, Montreal, PQ, Canada: A cyclist rides by a re-naturalized garden in Montreal on Friday, July 23, 2021. Ecologists say natural yards have a number of benefits: increased biodiversity, food for birds and insects, less need for water and pesticides, and a reduction of the urban heat island effect. (Credit Image: © Paul Chiasson/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Paul Chiasson/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

    商品コード: 2021072600510

  • 2021年07月23日
    Canada News - July 23, 2021

    July 23, 2021, Montreal, PQ, Canada: Cyclists ride by a re-naturalized garden in Montreal on Friday, July 23, 2021. Ecologists say natural yards have a number of benefits: increased biodiversity, food for birds and insects, less need for water and pesticides, and a reduction of the urban heat island effect. (Credit Image: © Paul Chiasson/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Paul Chiasson/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

    商品コード: 2021072600473

  • 2021年07月22日
    Milano, nei giardini Montanelli un dinosauro a grandezza naturale

    Foto Claudio Furlan/LaPresse22 Luglio 2021 Milano , ItaliaNewsInaugurazione del modello a grandezza naturale di un Saltriovenator, primo e al momento unico dinosauro lombardo , presso il Museo di Storia NaturaleNella foto: Angelo Zanella , il paleontologo amatoriale che ha scoperto le prime ossaPhoto Claudio Furlan/LaPresseJuly 22, 2021 Milan, ItalyNewsInauguration of the life-size model of a Saltriovenator, the first and currently only Lombard dinosaur, at the Natural History MuseumIn the photo: Angelo Zanella, the amateur paleontologist who discovered the first bones、クレジット:LaPresse/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072206371

  • 2021年07月22日
    Milano, nei giardini Montanelli un dinosauro a grandezza naturale

    Foto Claudio Furlan/LaPresse22 Luglio 2021 Milano , ItaliaNewsInaugurazione del modello a grandezza naturale di un Saltriovenator, primo e al momento unico dinosauro lombardo , presso il Museo di Storia NaturaleNella foto: il paleontologo Cristiano Dal SassoPhoto Claudio Furlan/LaPresseJuly 22, 2021 Milan, ItalyNewsInauguration of the life-size model of a Saltriovenator, the first and currently only Lombard dinosaur, at the Natural History MuseumIn the photo: the paleontologist Cristiano Dal Sasso、クレジット:LaPresse/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072206356

  • 2021年07月21日
    (3)中国、早生ジャポニカ米の新種育成に成功新米が3カ月早く

    19日、モデル水田で「中科発早粳1号」を収穫するスタッフ。中国江西省上高県で19日、早生ジャポニカ米の新種が収量調査に合格した。中国の早生ジャポニカ米の二期作は大きく進展し、南方地域で7月下旬に収穫できるようになった。今後は今より3カ月早く新米を食べられるようになるという。収量調査が実施されたのは、中国科学院遺伝・発育生物学研究所が選抜育種した「中科発早粳1号」で、調査の結果、機械植えは1ムー(約667平方メートル)当たり613・73キロ、投げ植えは530・31キロだった。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072202690

  • 2021年07月21日
    (5)中国、早生ジャポニカ米の新種育成に成功新米が3カ月早く

    19日、炊き上がった「中科発早粳1号」を試食する専門家ら。中国江西省上高県で19日、早生ジャポニカ米の新種が収量調査に合格した。中国の早生ジャポニカ米の二期作は大きく進展し、南方地域で7月下旬に収穫できるようになった。今後は今より3カ月早く新米を食べられるようになるという。収量調査が実施されたのは、中国科学院遺伝・発育生物学研究所が選抜育種した「中科発早粳1号」で、調査の結果、機械植えは1ムー(約667平方メートル)当たり613・73キロ、投げ植えは530・31キロだった。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072202772

  • 2021年07月21日
    Florida News - July 21, 2021

    July 21, 2021, Tarpon Springs, Florida, USA: Park Ranger Shawn Campbell cuts fishing line from a stone crab after the crab was caught in a derelict bait cast net along the Fred Howard Park causeway Wednesday, July 21, 2021 in Tarpon Springs. The net had been strung across a bridge but became tangled in the rocks. A dead nurse shark and several other sea creatures were also found dead in the net. (Credit Image: © Chris Urso/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Chris Urso/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072201859

  • 2021年07月21日
    (2)中国、早生ジャポニカ米の新種育成に成功新米が3カ月早く

    19日、モデル水田に植えられた「中科発早粳1号」。中国江西省上高県で19日、早生ジャポニカ米の新種が収量調査に合格した。中国の早生ジャポニカ米の二期作は大きく進展し、南方地域で7月下旬に収穫できるようになった。今後は今より3カ月早く新米を食べられるようになるという。収量調査が実施されたのは、中国科学院遺伝・発育生物学研究所が選抜育種した「中科発早粳1号」で、調査の結果、機械植えは1ムー(約667平方メートル)当たり613・73キロ、投げ植えは530・31キロだった。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072202821

  • 2021年07月21日
    Florida News - July 21, 2021

    July 21, 2021, Tarpon Springs, Florida, USA: Park Rangers Eric Thompson, left, and Dave Sheetz pull a dead nurse shark which was caught in a derelict bait casting net from the waters along the Fred Howard Park causeway Wednesday, July 21, 2021 in Tarpon Springs. The net had been strung across a bridge but became tangled in the rocks. A dead nurse shark and several other sea creatures were also found dead in the net. (Credit Image: © Chris Urso/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Chris Urso/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072201723

  • 2021年07月21日
    (1)中国、早生ジャポニカ米の新種育成に成功新米が3カ月早く

    19日、精米された「中科発早粳1号」。中国江西省上高県で19日、早生ジャポニカ米の新種が収量調査に合格した。中国の早生ジャポニカ米の二期作は大きく進展し、南方地域で7月下旬に収穫できるようになった。今後は今より3カ月早く新米を食べられるようになるという。収量調査が実施されたのは、中国科学院遺伝・発育生物学研究所が選抜育種した「中科発早粳1号」で、調査の結果、機械植えは1ムー(約667平方メートル)当たり613・73キロ、投げ植えは530・31キロだった。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072202777

  • 2021年07月21日
    Florida News - July 21, 2021

    July 21, 2021, Tarpon Springs, Florida, USA: Park Ranger Shawn Campbell, bottom, lifts a dead nurse shark, which was caught in a derelict bait casting net, as rangers Eric Thompson, top left, and Dave Sheetz assist Campbell along the Fred Howard Park causeway Wednesday, July 21, 2021 in Tarpon Springs. The net had been strung across a bridge but became tangled in the rocks. A dead nurse shark and several other sea creatures were also found dead in the net. (Credit Image: © Chris Urso/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Chris Urso/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072201827

  • 2021年07月21日
    (4)中国、早生ジャポニカ米の新種育成に成功新米が3カ月早く

    19日、モデル水田で「中科発早粳1号」の稲穂を確認する専門家。中国江西省上高県で19日、早生ジャポニカ米の新種が収量調査に合格した。中国の早生ジャポニカ米の二期作は大きく進展し、南方地域で7月下旬に収穫できるようになった。今後は今より3カ月早く新米を食べられるようになるという。収量調査が実施されたのは、中国科学院遺伝・発育生物学研究所が選抜育種した「中科発早粳1号」で、調査の結果、機械植えは1ムー(約667平方メートル)当たり613・73キロ、投げ植えは530・31キロだった。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072202779

  • 2021年07月21日
    (6)中国、早生ジャポニカ米の新種育成に成功新米が3カ月早く

    19日、「中科発早粳1号」の含水率を確認するスタッフ。中国江西省上高県で19日、早生ジャポニカ米の新種が収量調査に合格した。中国の早生ジャポニカ米の二期作は大きく進展し、南方地域で7月下旬に収穫できるようになった。今後は今より3カ月早く新米を食べられるようになるという。収量調査が実施されたのは、中国科学院遺伝・発育生物学研究所が選抜育種した「中科発早粳1号」で、調査の結果、機械植えは1ムー(約667平方メートル)当たり613・73キロ、投げ植えは530・31キロだった。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072202763

  • 2021年07月20日
    Florida News - July 20, 2021

    July 20, 2021, Florida, USA: Florida Governor, Ron DeSantis, is seen through the video viewfinder of a local TV reporter during a press conference he held at the Fish and Wildlife Research Institute on Wednesday, July 21, 2021 in St. Petersburg. (Credit Image: © Boyzell Hosey/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Boyzell Hosey/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072201911

  • 2021年07月20日
    Florida News - July 20, 2021

    July 20, 2021, Florida, USA: Florida Governor, Ron DeSantis, backed by wildlife experts, marine business owners and politicians, talks about the stateââ¬â¢s overall effort to combat the recent Red Tide outbreak plaguing Tampa Bay waters, during a press conference held at the Fish and Wildlife Research Institute in St. Petersburg on Wednesday, July 21, 2021. At this moment, the DeSantis was pushing back on a question from a reporter who said the St. Petersburg Mayor, Rick Kriseman accused the governor of politicizing Red Tide. In rebuttal, DeSantis said it was Kriseman who introduced politics into the Red Tide discussions. (Credit Image: © Boyzell Hosey/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Boyzell Hosey/Tampa Bay Times via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072201912

  • 2021年07月19日
    India: Monkey preens other one

    July 19, 2021, Palampur, Himachal Pradesh, India: A monkey preens another on a rooftop while other looks on. (Credit Image: © Shailesh Bhatnagar/Pacific Press via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Shailesh Bhatnagar/Pacific Press via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072001841

  • 2021年07月19日
    India: Monkey preens other one

    July 19, 2021, Palampur, Himachal Pradesh, India: A monkey preens another on a rooftop while other looks on. (Credit Image: © Shailesh Bhatnagar/Pacific Press via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Shailesh Bhatnagar/Pacific Press via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072001781

  • 2021年07月19日
    Indonesia thwarts illegal trade of wildlife

    July 19, 2021, Pekanbaru, Riau Province, Indonesia: Officer of the Indonesia police special criminal investigation show critically endangered helmeted hornbills from poachers wildlife during a press conference in the Riau Police Ditreskrimsus office in Pekanbaru, Riau Province , Indonesia. (Credit Image: © Afrianto Silalahi/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Afrianto Silalahi/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072000733

  • 2021年07月19日
    Indonesia thwarts illegal trade of wildlife

    July 19, 2021, Pekanbaru, Riau Province, Indonesia: Officer of the Indonesia police special criminal investigation show critically endangered helmeted hornbills from poachers wildlife during a press conference in the Riau Police Ditreskrimsus office in Pekanbaru, Riau Province , Indonesia. (Credit Image: © Afrianto Silalahi/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Afrianto Silalahi/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072000676

  • 2021年07月19日
    Indonesia thwarts illegal trade of wildlife

    July 19, 2021, Pekanbaru, Riau Province, Indonesia: Officer of the Indonesia police special criminal investigation show critically endangered helmeted hornbills from poachers wildlife during a press conference in the Riau Police Ditreskrimsus office in Pekanbaru, Riau Province , Indonesia. (Credit Image: © Afrianto Silalahi/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Afrianto Silalahi/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072000720

  • 2021年07月19日
    Indonesia thwarts illegal trade of wildlife

    July 19, 2021, Pekanbaru, Riau Province, Indonesia: Critically endangered helmeted hornbills are displayed during a press conference at in the Riau Police Ditreskrimsus office in Pekanbaru, Riau Province , Indonesia. (Credit Image: © Afrianto Silalahi/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Afrianto Silalahi/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072000735

  • 2021年07月19日
    Animal Fun At Zoo Ahead of Dinosaur Attraction, UK

    July 19, 2021, Whipsnade, United Kingdom: VIDEO AVAILABLE. CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE**..Animals at ZSL Whipsnade Zoo have had a colossal surprise this week, when evidence of a dinosaur invasion appeared in their enclosures. ..Summer visitors to the UKââ¬â¢s largest Zoo will soon be transported to Zoorassic Park, a prehistoric world where they will come face-to-face with immense, moving and roaring dinosaurs, and zookeepers were keen that the animals didnââ¬â¢t miss out on the fun. ..Primate keepers built a ââ¬Ëdinosaur nestââ¬â¢, containing replica dinosaur eggs, on the squirrel monkeysââ¬â¢ island home, for the ever-curious monkeys to investigate. Meanwhile, penguin keepers dug a huge, T-rex footprint next to the penguin pool for the Zooââ¬â¢s Northern rockhoppers to waddle around. ..Primates Team leader, Hayley Jakeman said: ââ¬ÅProviding our animals, especially curious, playful creatures like monkeys, with plenty of new things to explore and investigate is a really important part of ou...

    商品コード: 2021072009450

  • 2021年07月19日
    Animal Fun At Zoo Ahead of Dinosaur Attraction, UK

    July 19, 2021, Whipsnade, United Kingdom: VIDEO AVAILABLE. CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE**..Animals at ZSL Whipsnade Zoo have had a colossal surprise this week, when evidence of a dinosaur invasion appeared in their enclosures. ..Summer visitors to the UKââ¬â¢s largest Zoo will soon be transported to Zoorassic Park, a prehistoric world where they will come face-to-face with immense, moving and roaring dinosaurs, and zookeepers were keen that the animals didnââ¬â¢t miss out on the fun. ..Primate keepers built a ââ¬Ëdinosaur nestââ¬â¢, containing replica dinosaur eggs, on the squirrel monkeysââ¬â¢ island home, for the ever-curious monkeys to investigate. Meanwhile, penguin keepers dug a huge, T-rex footprint next to the penguin pool for the Zooââ¬â¢s Northern rockhoppers to waddle around. ..Primates Team leader, Hayley Jakeman said: ââ¬ÅProviding our animals, especially curious, playful creatures like monkeys, with plenty of new things to explore and investigate is a really important part of ou...

    商品コード: 2021072009500

  • 2021年07月19日
    Animal Fun At Zoo Ahead of Dinosaur Attraction, UK

    July 19, 2021, Whipsnade, United Kingdom: VIDEO AVAILABLE. CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE**..Animals at ZSL Whipsnade Zoo have had a colossal surprise this week, when evidence of a dinosaur invasion appeared in their enclosures. ..Summer visitors to the UKââ¬â¢s largest Zoo will soon be transported to Zoorassic Park, a prehistoric world where they will come face-to-face with immense, moving and roaring dinosaurs, and zookeepers were keen that the animals didnââ¬â¢t miss out on the fun. ..Primate keepers built a ââ¬Ëdinosaur nestââ¬â¢, containing replica dinosaur eggs, on the squirrel monkeysââ¬â¢ island home, for the ever-curious monkeys to investigate. Meanwhile, penguin keepers dug a huge, T-rex footprint next to the penguin pool for the Zooââ¬â¢s Northern rockhoppers to waddle around. ..Primates Team leader, Hayley Jakeman said: ââ¬ÅProviding our animals, especially curious, playful creatures like monkeys, with plenty of new things to explore and investigate is a really important part of ou...

    商品コード: 2021072009462

  • 2021年07月19日
    ニホンウナギ 個性的な色の生き物展示

    白黒まだら模様のニホンウナギ=和歌山県すさみ町立「エビとカニの水族館」

    商品コード: 2021071901103

  • 2021年07月19日
    ニホンアマガエル 個性的な色の生き物展示

    黄金色に見えるニホンアマガエル=和歌山県すさみ町立「エビとカニの水族館」

    商品コード: 2021071901100

  • 2021年07月19日
    アカハライモリ 個性的な色の生き物展示

    背中まで赤いアカハライモリ=和歌山県すさみ町立「エビとカニの水族館」

    商品コード: 2021071901117

  • 2021年07月19日
    (6)絶景広がる麻黄梁黄土地質公園、夏休みの人気スポットに陝西省

    14日、夕日に照らされた麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市の麻黄梁黄土地質公園と麻黄梁黄土地質博物館は、夏休みに入った人々の科学学習やレジャーの拠点として注目されている。公園の総面積は37平方キロメートルで、黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石の四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072002018

  • 2021年07月19日
    (5)絶景広がる麻黄梁黄土地質公園、夏休みの人気スポットに陝西省

    14日、夕日に照らされた麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市の麻黄梁黄土地質公園と麻黄梁黄土地質博物館は、夏休みに入った人々の科学学習やレジャーの拠点として注目されている。公園の総面積は37平方キロメートルで、黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石の四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072002025

  • 2021年07月19日
    (1)絶景広がる麻黄梁黄土地質公園、夏休みの人気スポットに陝西省

    14日、空から見た麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市の麻黄梁黄土地質公園と麻黄梁黄土地質博物館は、夏休みに入った人々の科学学習やレジャーの拠点として注目されている。公園の総面積は37平方キロメートルで、黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石の四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072002014

  • 2021年07月19日
    (7)絶景広がる麻黄梁黄土地質公園、夏休みの人気スポットに陝西省

    14日、空から見た麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市の麻黄梁黄土地質公園と麻黄梁黄土地質博物館は、夏休みに入った人々の科学学習やレジャーの拠点として注目されている。公園の総面積は37平方キロメートルで、黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石の四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072002016

  • 2021年07月19日
    (4)絶景広がる麻黄梁黄土地質公園、夏休みの人気スポットに陝西省

    13日、夕日に照らされた麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市の麻黄梁黄土地質公園と麻黄梁黄土地質博物館は、夏休みに入った人々の科学学習やレジャーの拠点として注目されている。公園の総面積は37平方キロメートルで、黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石の四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072002005

  • 2021年07月19日
    (3)絶景広がる麻黄梁黄土地質公園、夏休みの人気スポットに陝西省

    13日、夕日に照らされた麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市の麻黄梁黄土地質公園と麻黄梁黄土地質博物館は、夏休みに入った人々の科学学習やレジャーの拠点として注目されている。公園の総面積は37平方キロメートルで、黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石の四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072002050

  • 2021年07月19日
    (8)絶景広がる麻黄梁黄土地質公園、夏休みの人気スポットに陝西省

    14日、麻黄梁黄土地質公園で写真撮影を楽しむ観光客。中国陝西省楡林(ゆりん)市の麻黄梁黄土地質公園と麻黄梁黄土地質博物館は、夏休みに入った人々の科学学習やレジャーの拠点として注目されている。公園の総面積は37平方キロメートルで、黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石の四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072002024

  • 2021年07月19日
    (2)絶景広がる麻黄梁黄土地質公園、夏休みの人気スポットに陝西省

    15日、朝日を浴びる麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市の麻黄梁黄土地質公園と麻黄梁黄土地質博物館は、夏休みに入った人々の科学学習やレジャーの拠点として注目されている。公園の総面積は37平方キロメートルで、黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石の四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072002057

  • 2021年07月19日
    (9)絶景広がる麻黄梁黄土地質公園、夏休みの人気スポットに陝西省

    15日、麻黄梁黄土地質博物館を見学する麻黄梁鎮中心小学校の児童ら。中国陝西省楡林(ゆりん)市の麻黄梁黄土地質公園と麻黄梁黄土地質博物館は、夏休みに入った人々の科学学習やレジャーの拠点として注目されている。公園の総面積は37平方キロメートルで、黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石の四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072002007

  • 2021年07月18日
    中国の抗HIV薬、成都から世界へ前沿生物薬業が拠点新設

    16日、中国の製薬会社、前沿生物薬業が四川省成都市金堂県に新設した製造拠点。中国の製薬会社、前沿生物薬業(フロンティア・バイオテクノロジーズ)は16日、独自開発した抗エイズウイルス(HIV)薬「アルブビルチド」(商品名:艾可寧)の生産を四川省成都市金堂県に建設した製造拠点で始めることを明らかにした。(成都=新華社通信)= 配信日: 2021(令和3)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071807831

  • 2021年07月17日
    COP10閣僚級会合 多様性目標採択10月見送り

    生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)閣僚級会合の本会議=2010年10月、名古屋市熱田区

    商品コード: 2021071702711

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (14)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6月、句容市天王鎮戴荘村で、若いチームメンバーに経験を伝える趙亜夫さん(中央)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705452

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (4)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村で、チームメンバーを連れて有機栽培米の生育状況を確認する趙亜夫さん(中央)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705463

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (9)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村の家族経営の農場で、果樹の生育状況を確認する趙亜夫さん(右)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴きコメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705525

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (8)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村で、家族経営農場オーナーの陳道玉(ちん・どうぎょく)さん(中央)と土の状態を確認する趙亜夫さん(右)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705471

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (1)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、家族経営農場オーナーの陳道玉(ちん・どうぎょく)さんと果樹の生育状況を確認する趙亜夫さん(左)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705496

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (2)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村に広がる農地。(小型無人機から)中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705507

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (5)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村で、有機栽培米の生育状況を確認する趙亜夫さん。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705515

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (13)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6月、句容市天王鎮戴荘村の家族経営の農場で、果樹の生育状況を確認する趙亜夫さん(中央)。(小型無人機から)中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705443

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (6)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村で、家族経営農場オーナーの陳道玉(ちん・どうぎょく)さんと話す趙亜夫さん(右)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705506

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (11)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6月、句容市天王鎮戴荘村で、チームメンバーを連れて有機栽培米の生育状況を確認する趙亜夫さん(右)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705423

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (15)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6月、句容市天王鎮戴荘村で、チームメンバーを連れて有機栽培米の生育状況を確認する趙亜夫さん(中央)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、超加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705403

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (3)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村で、家族経営農場のオーナーに果樹の管理と手入れに関する知識を伝える趙亜夫さん。(小型無人機から)中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、鎮江農業科学研究所の所長だった趙さんは、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けるため日本に赴き、滞在期間中に余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705509

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (7)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村の家族経営の農場で、土の状態を確認する趙亜夫さん(右)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴きコメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705456

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (12)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6月、句容市天王鎮戴荘村で、食品加工会社社長に地元農産物の加工の現状について話を聞く趙亜夫さん(右)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705450

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月16日
    (10)農業技術の実践に生きる専門家知識の成果が農家を豊かに

    6日、句容市天王鎮戴荘村の食品加工会社で農産物の加工の現状について話を聞く趙亜夫さん(中央)。中国江蘇省句容市天王鎮の戴荘有機農業専業合作社(協同組合)では、梅雨特有の蒸し暑さの中、80歳になる農業専門家の趙亜夫(ちょう・あふ)さんが、今もチームを率いて有機栽培米の水田で忙しく働いている。1982年、趙さんは鎮江農業科学研究所の所長として日本に赴き、コメやムギの先進的な栽培技術の研修を受けた。滞在期間中には余暇を利用してイチゴなどの高効率農業の技術を習得した。帰国後、趙さんは十年一日のごとくチームを率いて村や家々を回り、句容市でイチゴやブドウなどの導入品種の栽培を普及させ、地元の数十万という農家の貧困脱却と富裕化を後押しした。2001年に定年退職した後、趙さんは戴荘村での仕事に打ち込んだ。生物多様性を保全する農業技術の発展を模索し、有機栽培米や高品質な果物、加工食品などの産業を入り口に、多様な栽培・養殖業を発展させた。また、農業合作社の設立を指導し、村の人々がともに豊かになるよう貢献した。現在の戴荘村は、農業現代化の道を歩み始めており、趙さんはいっそう喜びをかみしめている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705477

  • 2021年07月15日
    China Chongqing Wildlife World

    A silver tiger and a gold tiger walk among trees at the Wildlife World in Chongqing, China, on July 15, 2021.=2021(令和3)年7月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072107770

  • 2021年07月15日
    China Chongqing Wildlife World

    A golden tiger walks among trees at the Wildlife World in Chongqing, China, on July 15, 2021.=2021(令和3)年7月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072107545

  • 2021年07月15日
    China Chongqing Wildlife World

    A Bengal tiger cools in water at the wildlife world in Chongqing, China, on July 15, 2021.=2021(令和3)年7月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072107783

  • 2021年07月15日
    China Chongqing Wildlife World

    Bengal tigers and lions are seen at a wildlife world in Chongqing, China, on July 15. 2021.=2021(令和3)年7月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072107510

  • 2021年07月15日
    China Chongqing Wildlife World

    Black bears enjoy watermelons at the Wildlife World in Chongqing, China, on July 15, 2021.=2021(令和3)年7月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072107578

  • 2021年07月15日
    China Chongqing Wildlife World

    Camels enjoy an automatic spray cooling system at Wildlife World in Chongqing, China, on July 15, 2021.=2021(令和3)年7月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072107763

  • 2021年07月15日
    China Chongqing Wildlife World

    Giraffes enjoy watermelons at the Wildlife World in Chongqing, China, on July 15, 2021.=2021(令和3)年7月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072107457

  • 2021年07月15日
    China Chongqing Wildlife World

    Giraffes enjoy watermelons at the Wildlife World in Chongqing, China, on July 15, 2021.=2021(令和3)年7月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072107717

  • 2021年07月15日
    China Chongqing Wildlife World

    A giraffe plays coque with a keeper at a wildlife world in Chongqing, China, on July 15, 2021.=2021(令和3)年7月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072107571

  • 2021年07月15日
    Wild Blackberry Season

    July 14, 2021, ELKTON, OREGON, U.S.A: Showing stages of development, wild Himalayan blackberries are displayed after being picked from a thicket along the Umpqua River near Elkton in rural western Oregon. Although the fruit is delicious to eat, Himalayan blackberry is highly invasive and difficult to control. It forms impenetrable thickets, spreads aggressively and has significant negative impacts to native plants, wildlife, recreation and livestock. (Credit Image: © Robin Loznak/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Loznak/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071506009

  • 2021年07月15日
    Wild Blackberry Season

    July 14, 2021, ELKTON, OREGON, U.S.A: Showing stages of development, wild Himalayan blackberries are displayed after being picked from a thicket along the Umpqua River near Elkton in rural western Oregon. Although the fruit is delicious to eat, Himalayan blackberry is highly invasive and difficult to control. It forms impenetrable thickets, spreads aggressively and has significant negative impacts to native plants, wildlife, recreation and livestock. (Credit Image: © Robin Loznak/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Loznak/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071506022

  • 2021年07月15日
    Wild Blackberry Season

    July 14, 2021, ELKTON, OREGON, U.S.A: Showing stages of development, wild Himalayan blackberries are displayed after being picked from a thicket along the Umpqua River near Elkton in rural western Oregon. Although the fruit is delicious to eat, Himalayan blackberry is highly invasive and difficult to control. It forms impenetrable thickets, spreads aggressively and has significant negative impacts to native plants, wildlife, recreation and livestock. (Credit Image: © Robin Loznak/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Loznak/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071506005

  • 2021年07月15日
    Wild Blackberry Season

    July 14, 2021, ELKTON, OREGON, U.S.A: Showing stages of development, wild Himalayan blackberries are displayed after being picked from a thicket along the Umpqua River near Elkton in rural western Oregon. Although the fruit is delicious to eat, Himalayan blackberry is highly invasive and difficult to control. It forms impenetrable thickets, spreads aggressively and has significant negative impacts to native plants, wildlife, recreation and livestock. (Credit Image: © Robin Loznak/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Loznak/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071506014

  • 2021年07月15日
    Wild Blackberry Season

    July 14, 2021, ELKTON, OREGON, U.S.A: Showing stages of development, wild Himalayan blackberries are displayed after being picked from a thicket along the Umpqua River near Elkton in rural western Oregon. Although the fruit is delicious to eat, Himalayan blackberry is highly invasive and difficult to control. It forms impenetrable thickets, spreads aggressively and has significant negative impacts to native plants, wildlife, recreation and livestock. (Credit Image: © Robin Loznak/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Loznak/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071505975

  • 2021年07月15日
    Wild Blackberry Season

    July 14, 2021, ELKTON, OREGON, U.S.A: Showing stages of development, wild Himalayan blackberries are displayed after being picked from a thicket along the Umpqua River near Elkton in rural western Oregon. Although the fruit is delicious to eat, Himalayan blackberry is highly invasive and difficult to control. It forms impenetrable thickets, spreads aggressively and has significant negative impacts to native plants, wildlife, recreation and livestock. (Credit Image: © Robin Loznak/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Loznak/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071506075

  • 2021年07月15日
    Wild Blackberry Season

    July 14, 2021, ELKTON, OREGON, U.S.A: A black-tailed deer feeds on Himalayan blackberries in a thicket along the Umpqua River near Elkton in rural western Oregon. Although the fruit is delicious to eat, Himalayan blackberry is highly invasive and difficult to control. It forms impenetrable thickets, spreads aggressively and has significant negative impacts to native plants, wildlife, recreation and livestock. (Credit Image: © Robin Loznak/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Loznak/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071506109

  • 2021年07月15日
    Wild Blackberry Season

    July 14, 2021, ELKTON, OREGON, U.S.A: A black-tailed deer feeds on Himalayan blackberries in a thicket along the Umpqua River near Elkton in rural western Oregon. Although the fruit is delicious to eat, Himalayan blackberry is highly invasive and difficult to control. It forms impenetrable thickets, spreads aggressively and has significant negative impacts to native plants, wildlife, recreation and livestock. (Credit Image: © Robin Loznak/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Loznak/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071506156

  • 2021年07月15日
    Wild Blackberry Season

    July 14, 2021, ELKTON, OREGON, U.S.A: A black-tailed deer feeds on Himalayan blackberries in a thicket along the Umpqua River near Elkton in rural western Oregon. Although the fruit is delicious to eat, Himalayan blackberry is highly invasive and difficult to control. It forms impenetrable thickets, spreads aggressively and has significant negative impacts to native plants, wildlife, recreation and livestock. (Credit Image: © Robin Loznak/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Loznak/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071505984

  • 01:02.25
    2021年07月15日
    「新華社」夏の蓮花山国家森林公園を訪ねて甘粛省

    中国甘粛省南部の康楽、臨潭、卓尼(チョネ)3県の境界に位置する蓮花山国家森林公園は、黄河上流の重要な水源かん養林で、生物多様性の拠点になっている。蓮花山は主峰が薄紅色を呈し、美しい峰が幾重にも連なる姿がハスの花弁のように見え、周りを囲む峰々が青黒く、青々と生い茂る松や柏がハスの葉に似ていることから、この名が付けられた。最高峰の玉皇閣は標高3578メートル。夏の蓮花山の頂上からは、壮大な雲海が見られる。(記者/張智敏) =配信日: 2021(令和3)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071605384

  • 00:54.84
    2021年07月15日
    「新華社」内モンゴル自治区、面積の半分を生態保護レッドラインに指定

    中国内モンゴル自治区の自然資源庁などの部門はこのほど、自治区全体の50・46%にあたる59万6900平方キロを既に生態保護レッドラインに指定したと明らかにした。同自治区は中国北部で面積が最も大きく、生物種が最も多い生態機能エリアであり、中国北部で重要な生態安全防壁の構築を強化している。同庁の王濤(おう・とう)副庁長は、同自治区生態保護レッドラインが主に基本草原、森林、水域、湿地を含み、生態安全防壁の中心エリアを形成すると説明。同自治区が指定する自然保護区の面積は、12万平方キロから14万3千平方キロに増え、全て生態保護レッドラインに指定されていると述べた。王氏によると、生態保護レッドライン内では厳格な管理が行われている。自然生態系のバランスを破壊する開発、環境容量(キャリング・キャパシティー)を超える建設プロジェクト、資源環境収容力を超える開発プロジェクトは行わず、非合理的な開発や建設を根本から排除しているという。同自治区の重点生態機能エリアは現在、従来の43カ所から46カ所に増加し、各レベル、各種類の自然保護区が182カ所設置されている。地域性国土総合整備と生態回復重要プロジェクト24件を計画し、森林や草原、湿地の炭素吸収能力と生態価値を高めている。 =配信日: 2021(令和3)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071605404

  • 00:37.67
    2021年07月15日
    「新華社」赤水河流域、全面的な禁漁で生態環境が大幅に改善貴州省

    中国の雲南、貴州、四川3省を流れる赤水河は、長江上流の希少特有魚類国家級自然保護区に指定されている。しかし数年前まで、同河の水生生物資源は乱獲によって破壊されていた。魚類資源の保護強化のため、貴州省区間の天然水域では、2017年1月1日から全面禁漁が実施されている。禁漁により魚類資源は大幅に回復し、多様性のレベルも徐々に向上している。生息する魚類は149種に達し、魚を餌とする多くの鳥類も巣を作るようになった。赤水河には現在、アオウオが泳ぎ、コサギが飛び交う美しい風景が広がっている。(記者/劉勤兵、呉思) =配信日: 2021(令和3)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071506720

  • 2021年07月14日
    Animal India

    A female Lynx Spider (Oxyopidae, a family of araneomorph spiders) produced a silken web-like cocoon flat egg sac on the edge of the leaf and guarding over her eggs until hatching at Tehatta, West Bengal, India on July 14, 2021. (Photo by Soumyabrata Roy/NurPhoto)=クレジット:Soumyabrata Roy/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071512347

  • 2021年07月14日
    (1)恐竜の足跡化石に「のび太」と命名名付け親が日本で話題に

    エウブロンテス・ノビタイ足跡の拡大写真。(資料写真)「中国の学者が恐竜の足跡に『のび太』と命名した」というニュースがこのほど、日本で多くのネットユーザーの注目を集めた。中国地質大学(北京)の恐竜足跡研究チームはこのほど、四川省自貢恐竜博物館の彭光照(ほう・こうしょう)氏、葉勇(よう・ゆう)氏ら学者や米国、ドイツの古生物学者と協力し、同省古藺(こりん)県黄荊鎮で、保存状態の良い恐竜の足跡を発見したと明らかにした。中でも最も重要な発見は、獣脚類エウブロンテス(Eubrontes)の新種の足跡で、漫画「ドラえもん」の主人公「野比のび太」に敬意を表してエウブロンテス・ノビタイ足跡(Eubrontesnobitai)と名付けられた。(北京=新華社配信/邢立達氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071503741

  • 2021年07月14日
    (3)恐竜の足跡化石に「のび太」と命名名付け親が日本で話題に

    野外調査を行う中国地質大学(北京)の邢立達(けい・りつたつ)副教授。(資料写真)「中国の学者が恐竜の足跡に『のび太』と命名した」というニュースがこのほど、日本で多くのネットユーザーの注目を集めた。中国地質大学(北京)の恐竜足跡研究チームはこのほど、四川省自貢恐竜博物館の彭光照(ほう・こうしょう)氏、葉勇(よう・ゆう)氏ら学者や米国、ドイツの古生物学者と協力し、同省古藺(こりん)県黄荊鎮で、保存状態の良い恐竜の足跡を発見したと明らかにした。中でも最も重要な発見は、獣脚類エウブロンテス(Eubrontes)の新種の足跡で、漫画「ドラえもん」の主人公「野比のび太」に敬意を表してエウブロンテス・ノビタイ足跡(Eubrontesnobitai)と名付けられた。(北京=新華社配信/邢立達氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071503744

  • 2021年07月14日
    (2)恐竜の足跡化石に「のび太」と命名名付け親が日本で話題に

    エウブロンテス・ノビタイ足跡。(資料写真)「中国の学者が恐竜の足跡に『のび太』と命名した」というニュースがこのほど、日本で多くのネットユーザーの注目を集めた。中国地質大学(北京)の恐竜足跡研究チームはこのほど、四川省自貢恐竜博物館の彭光照(ほう・こうしょう)氏、葉勇(よう・ゆう)氏ら学者や米国、ドイツの古生物学者と協力し、同省古藺(こりん)県黄荊鎮で、保存状態の良い恐竜の足跡を発見したと明らかにした。中でも最も重要な発見は、獣脚類エウブロンテス(Eubrontes)の新種の足跡で、漫画「ドラえもん」の主人公「野比のび太」に敬意を表してエウブロンテス・ノビタイ足跡(Eubrontesnobitai)と名付けられた。(北京=新華社配信/邢立達氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071503742

  • 00:39.98
    2021年07月14日
    「新華社」2021年生態文明貴陽国際フォーラム閉幕貴州省

    中国貴州省貴陽市で13日午後、「低炭素型への転換、グリーン発展-人と自然の生命共同体を共に築く」をテーマとした2021年生態文明貴陽国際フォーラムが閉幕した。フォーラムでは70を超える国と地域の代表者が、低炭素発展や生物多様性の保護など生態文明建設分野の世界的で産業的な議題について話し合い、多くの成果を得た。フォーラム事務局長で国際自然保護連合(IUCN)会長兼理事会議長の章新勝(しょう・しんしょう)氏が閉幕式を主宰し「2021貴陽コンセンサス」を読み上げた。コンセンサスでは同フォーラムが生態文明建設や国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」などの国際的な取り組みに全面的に寄与し、グローバルな生態環境ガバナンスに積極的に参画、貢献していくと表明した。(記者/劉勤兵) =配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071503767

  • 2021年07月13日
    Animal activists Camp in Huntingdon, UK - 13 Jul 2021

    July 13, 2021, Huntingdon, Cambridgeshire, United Kingdom: An activist holds a placard during the demonstration..Animal rights activists occupy Camp Beagle, a protest camp on the roadside outside beagle breeder Marshal BioResources (MBR) Acres. Their puppies were sold to animal testing laboratories. The activists are going to camp outside the factory until it is closed down and all the beagles are set free. (Credit Image: © Martin Pope/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Martin Pope/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071406889

  • 2021年07月13日
    Animal activists Camp in Huntingdon, UK - 13 Jul 2021

    July 13, 2021, Huntingdon, Cambridgeshire, United Kingdom: Activists hold placards during the demonstration..Animal rights activists occupy Camp Beagle, a protest camp on the roadside outside beagle breeder Marshal BioResources (MBR) Acres. Their puppies were sold to animal testing laboratories. The activists are going to camp outside the factory until it is closed down and all the beagles are set free. (Credit Image: © Martin Pope/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Martin Pope/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071406842

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    People between the ages of 30 and 39 were immunised by medical personnel against COVID-19 with the AstraZeneca biologic inside the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071509208

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    People between the ages of 30 and 39 were immunised by medical personnel against COVID-19 with the AstraZeneca biologic inside the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071508739

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    A disabled person in a wheelchair inside the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, before being immunised against COVID-19 with the AstraZeneca biologic during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071508992

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    Medical personnel take advantage of their free time to take a self-portrait inside the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, before immunising people aged 30 to 39 against COVID-19 with the AstraZeneca biologic during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071510045

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    An adult carries his son inside the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, while he is immunised against COVID-19 with the AstraZeneca biologic during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071508955

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    Medical personnel immunise people aged 30 to 39 against COVID-19 with the AstraZeneca biologic inside the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071510093

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    Medical personnel immunise people aged 30 to 39 against COVID-19 with the AstraZeneca biologic inside the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071508828

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    People between 30 and 39 years of age attended the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, to be immunised against COVID-19 with the AstraZeneca biologic during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071509044

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    People between 30 and 39 years of age attended the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, to be immunised against COVID-19 with the AstraZeneca biologic during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071509466

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    A couple between 30 and 39 years of age, wearing a T-shirt with the word Quarantine inside the Telecommunications facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, who were immunised against COVID-19 with the AstraZeneca biologic during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071508779

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    Medical personnel immunise people aged 30 to 39 against COVID-19 with the AstraZeneca biologic inside the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071509226

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    Medical personnel hold an empty bottle of the AstraZeneca biologic inside the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, which was used to immunise people aged 30 to 39 against COVID-19 during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071509003

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    Medical personnel hold an empty bottle of the AstraZeneca biologic inside the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, which was used to immunise people aged 30 to 39 against COVID-19 during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071509588

  • 2021年07月13日
    Animal activists Camp in Huntingdon, UK - 13 Jul 2021

    July 13, 2021, Huntingdon, Cambridgeshire, United Kingdom: Activists hold placards during the demonstration..Animal rights activists occupy Camp Beagle, a protest camp on the roadside outside beagle breeder Marshal BioResources (MBR) Acres. Their puppies were sold to animal testing laboratories. The activists are going to camp outside the factory until it is closed down and all the beagles are set free. (Credit Image: © Martin Pope/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Martin Pope/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071406919

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    Medical personnel immunise people aged 30 to 39 against COVID-19 with the AstraZeneca biologic inside the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071508794

  • 2021年07月13日
    Animal activists Camp in Huntingdon, UK - 13 Jul 2021

    July 13, 2021, Huntingdon, Cambridgeshire, United Kingdom: Activists hold placards during the demonstration..Animal rights activists occupy Camp Beagle, a protest camp on the roadside outside beagle breeder Marshal BioResources (MBR) Acres. Their puppies were sold to animal testing laboratories. The activists are going to camp outside the factory until it is closed down and all the beagles are set free. (Credit Image: © Martin Pope/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Martin Pope/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071406856

  • 2021年07月13日
    Vaccination Against COVID-19 Begins For People Aged 30 To 39 Years In Iztapalapa, Mexico City

    Medical personnel loaded syringes with the Astrazeneca biologic to immunise people aged 30 to 39 against COVID-19 inside the Telecomunicaciones facilities, located in Iztapalapa, Mexico City, during the health emergency and the yellow epidemiological traffic light in the capital. (Photo by Gerardo Vieyra/NurPhoto)=クレジット:Gerardo Vieyra/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071508952

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...