KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 生息域外保全
  • 令和
  • 記者
  • 絶滅危惧種
  • 指定
  • 設立
  • 拡大
  • 中国科学院
  • 人々
  • 国際自然保護連合

「生息域」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
139
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
139
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年12月28日
    イリオモテヤマネコ 生息域の縮小や分断進む

    絶滅が心配されているイリオモテヤマネコ

    商品コード: 1994122800058

  • 1994年12月28日
    イリオモテヤマネコ 生息域の縮小や分断進む

    絶滅が心配されているイリオモテヤマネコ(カラー出稿あり・510)

    商品コード: 1994122800057

  • 1998年04月29日
    ヤマビル 人間おとりにヤマビル駆除

    秋田県内で生息域が住宅地にまで拡大し、5市町村で多数の被害が出ているヤマビル

    商品コード: 1998042900028

  • 2003年01月15日
    リュウキュウアサギマダラ 奄美でチョウが集団越冬

    鹿児島県・奄美大島の北部でリュウキュウアサギマダラと呼ばれるチョウの集団越冬が見られるようになった。マダラチョウ科の一種で、羽を広げると約10センチ。東南アジア地域に広く分布し、奄美大島が生息域の北限とされている。気温が15度以下になる12月から2月末ごろまで、冷たい北風を避け、薄暗い林の中でつる性の植物に集団でぶら下がり越冬する。木陰から日が差すと、あたりの様子をうかがうように時折小さな羽を広げる。専門家によると森林伐採が進み、越冬する場所が年々少なくなっているという。

    商品コード: 2003011500099

  • 2005年06月11日
    出石川の捕獲作業 オオサンショウウオを救え

    生息域などの追跡調査のため出石川でオオサンショウウオを捕獲する環境調査会社の社員=10日午後11時、兵庫県豊岡市

    商品コード: 2005061100021

  • 2008年06月19日
    5年で50キロ、生息域拡大か

    アメリカミンクの目撃場所

    商品コード: 2008061900498

  • 2008年06月19日
    5年で50キロ、生息域拡大か

    アメリカミンクの目撃場所

    商品コード: 2008061900499

  • 2008年11月22日
    クマゼミ東北、北陸にも?

    クマゼミの生息域

    商品コード: 2008112200022

  • 2008年11月22日
    クマゼミ東北、北陸にも?

    クマゼミの生息域

    商品コード: 2008112200023

  • 2015年02月06日
    オオサンショウウオの幼生 四国も生息域か

    高知県内で発見されたオオサンショウウオの幼生=6日、高知市

    商品コード: 2015020600611

  • 2015年02月06日
    オオサンショウウオ 四国も生息域か

    高知県内で発見されたオオサンショウウオの幼生=6日、高知市

    商品コード: 2015020600614

  • 2015年07月09日
    温暖化、受粉バチに打撃

    温暖化によるマルハナバチの生息域縮小イメージ

    商品コード: 2015070900610

  • 2015年07月09日
    温暖化、受粉バチに打撃

    温暖化によるマルハナバチの生息域縮小イメージ

    商品コード: 2015070900617

  • 2015年07月09日
    温暖化、受粉バチに打撃

    温暖化によるマルハナバチの生息域縮小イメージ

    商品コード: 2015070900618

  • 2015年07月09日
    温暖化、受粉バチに打撃

    温暖化によるマルハナバチの生息域縮小イメージ

    商品コード: 2015070900619

  • 2015年07月10日
    羽ばたくシマフクロウ 保護から生息域拡大へ

    闇に包まれた森の中で音もなく羽ばたくシマフクロウ=1月、北海道羅臼町

    商品コード: 2015071000761

  • 2018年08月23日
    シフゾウ、20頭の「帰郷」から33年で1800頭に

    23日、北京市大興区南海子のシフゾウ生態実験センターで暮らしているシフゾウ。最初の20頭のシフゾウは1985年8月24日、英国のベッドフォード公爵のウォバーン・アビー荘園から北京市南海子の麋鹿苑に到着した。シフゾウの「帰郷」の物語はこの時始まった。北京シフゾウ生態実験センターは33年後の2018年8月24日、シフゾウのかつての分布地、山東省濰坊市青州市にある弥河国家湿地公園に15頭のシフゾウを寄贈した。中国で生息域外保全が実施されているシフゾウの群れは38、個体数は1800頭に達した。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715243

  • 2018年08月23日
    シフゾウ、20頭の「帰郷」から33年で1800頭に

    23日、北京市大興区南海子のシフゾウ生態実験センターで暮らしているシフゾウ。最初の20頭のシフゾウは1985年8月24日、英国のベッドフォード公爵のウォバーン・アビー荘園から北京市南海子の麋鹿苑に到着した。シフゾウの「帰郷」の物語はこの時始まった。北京シフゾウ生態実験センターは33年後の2018年8月24日、シフゾウのかつての分布地、山東省濰坊市青州市にある弥河国家湿地公園に15頭のシフゾウを寄贈した。中国で生息域外保全が実施されているシフゾウの群れは38、個体数は1800頭に達した。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715248

  • 2018年08月23日
    シフゾウ、20頭の「帰郷」から33年で1800頭に

    23日、北京市大興区南海子のシフゾウ生態実験センターで暮らしているシフゾウ。最初の20頭のシフゾウは1985年8月24日、英国のベッドフォード公爵のウォバーン・アビー荘園から北京市南海子の麋鹿苑に到着した。シフゾウの「帰郷」の物語はこの時始まった。北京シフゾウ生態実験センターは33年後の2018年8月24日、シフゾウのかつての分布地、山東省濰坊市青州市にある弥河国家湿地公園に15頭のシフゾウを寄贈した。中国で生息域外保全が実施されているシフゾウの群れは38、個体数は1800頭に達した。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715452

  • 2018年08月23日
    シフゾウ、20頭の「帰郷」から33年で1800頭に

    23日、北京市大興区の南海子湿地で暮らしているシフゾウ。最初の20頭のシフゾウは1985年8月24日、英国のベッドフォード公爵のウォバーン・アビー荘園から北京市南海子の麋鹿苑に到着した。シフゾウの「帰郷」の物語はこの時始まった。北京シフゾウ生態実験センターは33年後の2018年8月24日、シフゾウのかつての分布地、山東省濰坊市青州市にある弥河国家湿地公園に15頭のシフゾウを寄贈した。中国で生息域外保全が実施されているシフゾウの群れは38、個体数は1800頭に達した。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715456

  • 2018年08月23日
    シフゾウ、20頭の「帰郷」から33年で1800頭に

    23日、北京市大興区の南海子湿地で暮らしているシフゾウ。最初の20頭のシフゾウは1985年8月24日、英国のベッドフォード公爵のウォバーン・アビー荘園から北京市南海子の麋鹿苑に到着した。シフゾウの「帰郷」の物語はこの時始まった。北京シフゾウ生態実験センターは33年後の2018年8月24日、シフゾウのかつての分布地、山東省濰坊市青州市にある弥河国家湿地公園に15頭のシフゾウを寄贈した。中国で生息域外保全が実施されているシフゾウの群れは38、個体数は1800頭に達した。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082714977

  • 2018年08月23日
    シフゾウ、20頭の「帰郷」から33年で1800頭に

    23日、北京市大興区南海子のシフゾウ生態実験センターで暮らしているシフゾウ。最初の20頭のシフゾウは1985年8月24日、英国のベッドフォード公爵のウォバーン・アビー荘園から北京市南海子の麋鹿苑に到着した。シフゾウの「帰郷」の物語はこの時始まった。北京シフゾウ生態実験センターは33年後の2018年8月24日、シフゾウのかつての分布地、山東省濰坊市青州市にある弥河国家湿地公園に15頭のシフゾウを寄贈した。中国で生息域外保全が実施されているシフゾウの群れは38、個体数は1800頭に達した。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715471

  • 02:07.46
    2019年03月20日
    「新華社」赤ちゃんシロイルカ、順調な成長ぶり広東省珠海市

    中国広東省珠海市にある水族館、珠海長隆海洋王国で昨年12月に生まれた3頭の赤ちゃんシロイルカは、生後百日を過ぎ体重が120キロに増えた。あらゆる面で良好な状態を見せており、クジラ目の生息域外保全研究のため、貴重な実践データや技術経験が蓄積されている。同水族館の張徳録(ちょう・とくろく)副総経理によると、赤ちゃんシロイルカは3頭ともごく順調に育っており、現在1回目の脱皮の最中だが、体色はまだ灰黒色だという。すでに人手で授乳を補助する必要はなくなり、毎日24時間いつでも好きな時に母乳を飲んでいる。赤ちゃんシロイルカ誕生後、飼育チームは母子の授乳状況や呼吸状況を詳細に記録し、母乳や排便、排尿、呼吸孔のサンプルなどを収集している。珠海長隆海洋王国には全部で31頭のシロイルカがいる。年齢は8~14歳で、多くが性成熟に達している。シロイルカは中国の2級保護動物。極地海洋動物であるシロイルカは生息環境がごく限られ、その繁殖は各水族館にとって一貫して難しい課題になっている。(記者/黄国保)<映像内容>珠海長隆海洋王国の赤ちゃんシロイルカの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032006237

  • 01:51.10
    2019年04月11日
    「新華社」キンシコウの生息地湖北省神農架

    北緯31度に位置し「華中の屋根」と称される緑のオアシス、中国湖北省神農架には、ユニークで美しい精霊たちが住んでいる。青い顔に上向きの鼻、突き出た大きな口、身長と同じくらいの長さの尾。体は柔らかい金色の毛に包まれ、絹のような光沢を放つ。中国だけに生息する、世界で最も美しく貴重なサル、キンシコウだ。神農架キンシコウは、四川省などにすむ「川キンシコウ」の亜種の中で最も生息数が少なく、中国の国家1級重点保護絶滅危惧種に指定されている。野生キンシコウの生息域で最も東に位置する神農架では、30年前にキンシコウが発見された。神農架キンシコウはここ数年、積極的な保護により、30年前の2倍、約1300頭まで増加した。群居性動物で、通常は数十頭から数百頭の群れをつくって暮らす。毎年初雪が降ると興奮し、跳んだり跳ねたり、じゃれ合ったりする。寒さがさらに厳しくなると、子ザルを中心にして抱き合い、暖を取る家庭的で仲むつまじい姿が見られる。枝葉が生い茂り、餌に困らない夏はのんびりと過ごす。年長のサルは日差しの下で居眠りをし、活発な年若いサルは有り余るエネルギーを発散する。神農架にはキンシコウなど千種以上の野生動物が生息し、「動物基金庫」「野生動物王国」「華中の緑の肺」などと呼ばれている。神農架森林区では貴重な資源を保護するため、天然林保護、野生動物保護、退耕還林(耕地を森林に戻す)、生態移民(自然環境に恵まれない土地からの移住)などのプロジェクトを相次いで立ち上げた。(記者/余国慶、王斯班、呉文華)<映像内容>中国の野生動物キンシコウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100688

  • 00:40.66
    2019年05月24日
    「新華社」絶滅危惧種クロツラヘラサギ、福建省閩江に現れる

    中国福建省を流れる閩江の河口付近に位置する浅瀬でこのほど、世界的に絶滅が危ぶまれ、中国で国家2級重点保護野生動物に指定されている鳥類、クロツラヘラサギが頻繁に姿を現していた。クロツラヘラサギの名前は、平べったく長いヘラ状のくちばしに由来する。また姿かたちが優雅で、目の周りからくちばしにかけて黒いことから「黒い顔の天使」、水中に入れたくちばしを左右に振って餌を取ることから「黒い顔のダンサー」とも呼ばれる。生息域が限られ、数が少ないため、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(記者/梅永存、陳旺)<映像内容>クロツラヘラサギの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402908

  • 01:29.22
    2019年12月18日
    「新華社」「東方の宝石」トキ、穏やかに越冬陝西省寧陝県

    中国陝西省南部の山間部にある寧陝県野生復帰放鳥基地では、秦嶺山脈の奥地に生息する野生のトキが、入念な管理・保護の下で厳寒期を穏やかに過ごしている。同県寨溝村は自然が豊かで水田の区画が明確なことから、世界初のトキの生息域外野生復帰放鳥基地として、良好な生息環境を提供している。トキは最古の鳥類の一つとして「東方の宝石」とたたえられる。かつては中国や日本、韓国、ロシアなどに広く分布していたが、1970~80年代に絶滅の危機にさらされるようになった。野生のトキ7羽が81年に陝西省洋県で発見され、保護スタッフによる個体群の系譜調査、人工繁殖、放鳥による野生化の取り組みが進められた。世界のトキの個体群数は現在、3千羽を超え、うち2500羽余りが陝西省内に生息している。生息地の面積は1万4千平方キロメートル余りにまで拡大した。(記者/張晨俊)<映像内容>野生のトキの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121805236

  • 2020年04月18日
    奄美・沖縄、世界遺産決定

    キーワード:アマミノクロウサギ、生息域、注意、呼びかける、看板=2020(令和2)年4月18日、鹿児島県・奄美大島

    商品コード: 2021090202226

  • 2020年05月19日
    東北虎・東北ヒョウ国家公園に野生アムールトラの痕跡

    19日、アムールトラの足跡の大きさを測る動物保護スタッフ。中国竜江森林工業集団は23日、同社が位置する東北虎(アムールトラ)・東北ヒョウ国家公園西部の森林でこのところ複数回にわたり、野生アムールトラの痕跡が発見されたことを明らかにした。専門家は、同公園内で野生アムールトラの生息域が拡大傾向にあると分析している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701109

  • 2020年05月19日
    東北虎・東北ヒョウ国家公園に野生アムールトラの痕跡

    19日、アムールトラの足跡の大きさを測る動物保護スタッフ。中国竜江森林工業集団は23日、同社が位置する東北虎(アムールトラ)・東北ヒョウ国家公園西部の森林でこのところ複数回にわたり、野生アムールトラの痕跡が発見されたことを明らかにした。専門家は、同公園内で野生アムールトラの生息域が拡大傾向にあると分析している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701020

  • 2020年05月19日
    東北虎・東北ヒョウ国家公園に野生アムールトラの痕跡

    19日、アムールトラの足跡の大きさを測る動物保護スタッフ。中国竜江森林工業集団は23日、同社が位置する東北虎(アムールトラ)・東北ヒョウ国家公園西部の森林でこのところ複数回にわたり、野生アムールトラの痕跡が発見されたことを明らかにした。専門家は、同公園内で野生アムールトラの生息域が拡大傾向にあると分析している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701011

  • 2020年06月20日
    湖北省の国家級自然保護区、スナメリの個体数が約80頭に

    スナメリの「娥娥(オーオー)」(左)と6月10日に生まれたスナメリ(右)。(6月20日撮影)中国湖北省石首市に位置する湖北長江天鵝洲ヨウスコウカワイルカ国家級自然保護区では長江スナメリの生息域外保全の取り組みを30年以上続けており、すでに個体群を80頭規模にまで増やすことに成功している。網いけすの中で生まれた最初のスナメリ「貝貝(ベイベイ)」はこの夏、繁殖可能な状態となり、個体群の繁殖に参加させるため、すでに同自然保護区内を流れる長江の分流「天鵝洲故道」の自然水域に放たれている。同自然保護区が8日に開いた「天鵝洲における長江スナメリの生息域外保全30年会議」でわかった。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304177

  • 2020年06月21日
    湖北省の国家級自然保護区、スナメリの個体数が約80頭に

    スナメリの「貝貝(ベイベイ)」を検査する、湖北長江天鵝洲ヨウスコウカワイルカ国家級自然保護区の職員。(6月21日撮影)中国湖北省石首市に位置する湖北長江天鵝洲ヨウスコウカワイルカ国家級自然保護区では長江スナメリの生息域外保全の取り組みを30年以上続けており、すでに個体群を80頭規模にまで増やすことに成功している。網いけすの中で生まれた最初のスナメリ「貝貝(ベイベイ)」はこの夏、繁殖可能な状態となり、個体群の繁殖に参加させるため、すでに同自然保護区内を流れる長江の分流「天鵝洲故道」の自然水域に放たれている。同自然保護区が8日に開いた「天鵝洲における長江スナメリの生息域外保全30年会議」でわかった。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071303963

  • 2021年01月15日
    ヤンバルクイナ生息域回復

    奄美大島、徳之島、沖縄島北部、西表島

    商品コード: 2021011504866

  • 2021年01月15日
    ヤンバルクイナ生息域回復

    奄美大島、徳之島、沖縄島北部、西表島

    商品コード: 2021011504868

  • 2021年01月15日
    ヤンバルクイナ生息域回復

    奄美大島、徳之島、沖縄島北部、西表島

    商品コード: 2021011504867

  • 2021年01月15日
    ヤンバルクイナ生息域回復

    奄美大島、徳之島、沖縄島北部、西表島

    商品コード: 2021011504869

  • 2021年01月15日
    アマミノクロウサギ ヤンバルクイナ生息域回復

    アマミノクロウサギ=鹿児島県・奄美大島

    商品コード: 2021011505386

  • 2021年01月15日
    環境省の施設 ヤンバルクイナ生息域回復

    ヤンバルクイナを飼育・繁殖する環境省の施設=2020年11月、沖縄県国頭村

    商品コード: 2021011505396

  • 2021年01月15日
    飼育中のヤンバルクイナ ヤンバルクイナ生息域回復

    環境省の施設で飼育されるヤンバルクイナ=2020年11月、沖縄県国頭村

    商品コード: 2021011505395

  • 00:58.60
    2021年04月03日
    「新華社」西渓国家湿地公園、トキの野生復帰試験を開始浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市の西渓国家湿地公園は3月31日、同省湖州市德清県の下渚湖湿地トキ個体群回復基地と共同でトキの野生復帰試験を正式に開始した。トキは世界で最も絶滅の危険にさらされている鳥の一つで、中国では国家1級保護野生動物に指定されている。浙江省は2008年からトキの生息域外保全と省内における個体群回復プロジェクトを開始。陝西省からトキ10羽を導入、德清県の下渚湖湿地に個体群回復基地を設立し、14年には同湿地で計33羽を自然に返した。長年の努力の結果、同省のトキは計491羽まで増加した。下渚湖湿地のトキ個体群回復基地では現在、科学的な基準に基づき選抜された8羽が野生復帰訓練を受けている。今後はトキの定着に向けて協力が継続される。(記者/夏亮、宋立峰) =配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040307740

  • 2021年04月04日
    (1)農業農村部など、アカヒアリの予防・抑制に関する通知を発表

    アカヒアリの女王アリと卵。(資料写真)中国農業農村部や住宅・都市農村建設部、交通運輸部など9部門はこのほど、アカヒアリの阻止と予防・抑制活動の強化に関する通知を共同で発表した。農業農村部のモニタリングによると、アカヒアリの生息域は現在、12省・自治区・直轄市の435県・市・区に拡大しており、特にここ5年間で新たに発生した県級行政区は191カ所で、2016年の2倍となっている。発生場所は都市の公園や緑地、農地、森林および他の公共地帯となっている。(北京=新華社配信/呂利華)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040403779

  • 2021年04月04日
    (2)農業農村部など、アカヒアリの予防・抑制に関する通知を発表

    アカヒアリのアリ塚の内部。(資料写真)中国農業農村部や住宅・都市農村建設部、交通運輸部など9部門はこのほど、アカヒアリの阻止と予防・抑制活動の強化に関する通知を共同で発表した。農業農村部のモニタリングによると、アカヒアリの生息域は現在、12省・自治区・直轄市の435県・市・区に拡大しており、特にここ5年間で新たに発生した県級行政区は191カ所で、2016年の2倍となっている。発生場所は都市の公園や緑地、農地、森林および他の公共地帯となっている。(北京=新華社配信/呂利華)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040403778

  • 2021年04月04日
    (3)農業農村部など、アカヒアリの予防・抑制に関する通知を発表

    地面に出たアカヒアリのアリ塚。(資料写真)中国農業農村部や住宅・都市農村建設部、交通運輸部など9部門はこのほど、アカヒアリの阻止と予防・抑制活動の強化に関する通知を共同で発表した。農業農村部のモニタリングによると、アカヒアリの生息域は現在、12省・自治区・直轄市の435県・市・区に拡大しており、特にここ5年間で新たに発生した県級行政区は191カ所で、2016年の2倍となっている。発生場所は都市の公園や緑地、農地、森林および他の公共地帯となっている。(北京=新華社配信/呂利華)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040403777

  • 2021年05月01日
    (7)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリ。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103886

  • 2021年05月01日
    (3)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、実験室で保管されているアカヒアリの標本。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103895

  • 2021年05月01日
    (8)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリ。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103879

  • 2021年05月01日
    (1)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    アカヒアリの側面。(資料写真)中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社配信/徐正会)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103880

  • 2021年05月01日
    (2)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    アカヒアリの背面。(資料写真)中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社配信/徐正会)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103881

  • 2021年05月01日
    (5)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリの巣。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103884

  • 2021年05月01日
    (4)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリ。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103887

  • 2021年05月01日
    (6)農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    4月13日、雲南省昆明市に生息するアカヒアリ。中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103889

  • 00:38.88
    2021年05月02日
    「新華社」農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(記者/王安浩維、江文耀) =配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050202110

  • 2021年05月12日
    7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    漢中市洋県にある陝西トキ救護飼育センターの放鳥用ケージ。(5月12日撮影)1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/劉瀟)=2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052810986

  • 2021年05月15日
    アカボシゴマダラ 外来のチョウ生息域拡大

    羽化する、特定外来生物に指定されているアカボシゴマダラ=12日、福島県いわき市

    商品コード: 2021051509125

  • 2021年05月20日
    7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    20日、洋県謝村鎮小池村の水田で餌を探す2羽のトキ。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)=2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052810999

  • 2021年05月21日
    7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    21日、洋県竜亭鎮梁河村にある密林で、ひなを見守るトキの成鳥。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)=2021(令和3)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052810996

  • 2021年05月25日
    (11)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    漢中市洋県にあるトキ生態パーク内のトキ。(5月13日撮影)1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/劉瀟)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510231

  • 2021年05月25日
    (4)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    21日、洋県竜亭鎮梁河村の密林で、ひなに餌を与えるトキの成鳥。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510225

  • 2021年05月25日
    (5)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    21日、洋県竜亭鎮梁河村の密林にあるトキの巣で、餌を探しに行った親鳥の帰りを待つ2羽の幼鳥。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510228

  • 2021年05月25日
    (3)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    21日、洋県溢水鎮老荘村で、餌をとって巣に戻るトキの成鳥。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510227

  • 01:43.91
    2021年05月25日
    「新華社」7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(記者/張晨俊)=配信日:2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052708546

  • 2021年05月25日
    (8)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    洋県トキ生態パークに生息するトキ。(5月12日撮影)1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/劉瀟)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510229

  • 2021年05月25日
    (10)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    漢中市洋県にあるトキ生態パーク内のトキ。(5月13日撮影)1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/劉瀟)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510230

  • 2021年05月25日
    (13)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    21日、けがをしたトキの幼鳥をトキ生態パークの飼育センターに送り届ける洋県紙坊街道紙坊街村2組の村民、韓成林(かん・せいりん)さん(中央)。洋県の都市や農村では、トキの保護に対する人々の意識が高く、毎年、何羽かのけがをしたトキが救助されている。トキ保護ステーションの職員が迅速に治療に当たりトキが無事に成長できるよう守っている。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510232

  • 2021年05月25日
    (6)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    20日、洋県溢水鎮老荘村で巣にいる3羽のトキの幼鳥。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510222

  • 2021年05月25日
    (1)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    21日、洋県竜亭鎮梁河村の密林で、ひなを守るトキのつがい。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510223

  • 2021年05月25日
    (2)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    漢中市洋県姚家溝にある1981年に7羽のトキが再発見された場所。(5月12日撮影)1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/劉瀟)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510224

  • 2021年06月09日
    (14)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区で海に向かって進むウミガメ。(資料写真)中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907411

  • 2021年06月09日
    (15)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区で産み落とされたウミガメの卵。ふ化率は最高で8~9割。(資料写真)中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907417

  • 2021年06月09日
    (6)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区ウミガメ救護センターのウミガメ。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907352

  • 2021年06月09日
    (3)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、ウミガメに2次元バーコードを装着する職員。バーコードにはウミガメの個体識別情報が入っており、漁師が誤って捕獲した場合、スキャンして報告すれば速やかに保護される。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907304

  • 2021年06月09日
    (10)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    3日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区ウミガメ飼育センターのウミガメ。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907405

  • 2021年06月09日
    (5)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、ウミガメに2次元バーコードを装着する職員。バーコードにはウミガメの個体識別情報が入っており、漁師が誤って捕獲した場合、スキャンして報告すれば速やかに保護される。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907350

  • 2021年06月09日
    (12)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    3日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区ウミガメ飼育センターのウミガメ。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907408

  • 2021年06月09日
    (13)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区で卵を産むウミガメ。一巣に数十個から数百個のピンポン玉ほどの大きさの卵を産む。(資料写真)中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907409

  • 2021年06月09日
    (9)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    3日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区ウミガメ飼育センターのウミガメ。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907400

  • 2021年06月09日
    (11)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    3日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区ウミガメ飼育センターのウミガメ。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907407

  • 2021年06月09日
    (7)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区ウミガメ救護センターのウミガメ。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907404

  • 2021年06月09日
    (2)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、ウミガメに2次元バーコードを装着する職員。バーコードにはウミガメの個体識別情報が入っており、漁師が誤って捕獲した場合、スキャンして報告すれば速やかに保護される。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907296

  • 2021年06月09日
    (4)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、ウミガメに2次元バーコードを装着する職員。バーコードにはウミガメの個体識別情報が入っており、漁師が誤って捕獲した場合、スキャンして報告すれば速やかに保護される。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907311

  • 2021年06月09日
    (16)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    3日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区内の人工砂浜で、青いかごに覆われたウミガメの卵。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/丁楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907437

  • 2021年06月09日
    (8)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、放流直前のウミガメの甲羅に2次元バーコードを装着する夏中栄(か・ちゅうえい)シニアエンジニア。バーコードにはウミガメの個体識別情報が入っており、漁師が誤って捕獲した場合、スキャンして報告すれば速やかに保護される。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907401

  • 2021年06月09日
    (1)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    3日、広東省恵州市恵東県の海亀湾。(小型無人機から)中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907295

  • 01:18.80
    2021年09月01日
    「新華社」絶滅危惧種の巧家五針松、科学的保護で個体数が大幅増雲南省

    中国雲南省の薬山国家級自然保護区で保護されている絶滅危惧種のマツ「巧家五針松(PinussquamataX.W.Li)」の個体群が大幅に増えたことが、同保護区管理保護局科学研究所のモニタリング調査で分かった。個体群は各方面による30年余りの科学的保護を経て、当初の野生株34株から、人工繁殖を通じて移植保存された苗木や幼木が5千株余りに増えた。巧家五針松は五針白皮松ともいい、国家1級重点保護野生植物に指定されている。1990年代初めに発見された雲南省昭通市巧家県にのみ分布する希少樹木で、極小個体群野生植物に属し、国際自然保護連合(IUCN)レッドリストの絶滅危惧種(CR)にも指定されている。野生株34株は現在も残っており、同県の白鶴灘鎮楊家湾村や中寨郷付山村に分布している。巧家五針松の野生株の分布域とその周辺1100ヘクタール余りの森林は2005年、雲南薬山国家級自然保護区に組み込まれた。野生株の発見以降、地元は関係部門や機関と連携して個体群の生息域内保全を図り、徐々に近隣への移植を実施。科学的研究と緊急保護を進めてきた。雲南省は現在、34の野生株に整理番号を付け、GPS測位で長期モニタリングを行っている。これまでに人工繁殖を通じて移植保存された苗木や幼木は5千株余りで、うち活着した3千株余りが巧家県や昆明市、楚雄市、大理市などに分布するほか、2千株余りの苗木が巧家県の苗圃(びょうほ)に保存されている。(記者/林碧鋒) =配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206228

  • 01:01.12
    2021年09月23日
    「新華社」伝統医薬を継承、変貌を遂げるダイ族の村雲南省

    中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州景洪市勐罕(もうかん)鎮曼遠村は、面積2・8平方キロ、常住人口は436人で主にダイ族が暮らしており、同族の集落文化が最も純粋な形で残る昔ながらの村の一つとして知られる。中国の民族植物学者、裴盛基(はい・せいき)教授とそのチームは2018年、民族医薬文化の継承と生物多様性保全の理念に基づき、多くの機関や同村の村民と協力し、廃れたゴム園の跡地に「曼遠仏寺薬用植物園」を共同で設立した。園内には現在、セイロンテツボク、メンガなど計120種以上、3千株余りの薬用植物が植えられており、熱帯雨林の植物の生息域外保全や繁殖、生育とダイ族の伝統医薬の継承・研究に役立っている。(記者/陳倩慈) =配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092311606

  • 2021年10月14日
    (6)複数の絶滅危惧種の希少植物、生息域外保全が進行雲南省

    10日、昆明植物園で撮影された巧家五針松。野外で採集された標本(左)と園内での生息域外保全により生き延びた個体。(組み合わせ写真)中国雲南省の中国科学院昆明植物研究所は2015年以降、所内の昆明植物園で「極小個体群野生植物専門園」の建設を開始し、植物44種の自生地以外での保護を進めてきた。初期に保全を行ったモクレン科の「華蓋木」(Manglietiastrumsinicum)やアオギリ科の「滇桐」(Craigiayunnanensis)、ブナ科の「西畴青岡」(Cyclobalanopsissichourensis)、マツ科の「巧家五針松」(PinussquamataX.W.Li)がすでに開花、結実するなど一定の成功を収めており、絶滅危惧植物の回復が期待されている。(昆明=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408880

  • 2021年10月14日
    (2)複数の絶滅危惧種の希少植物、生息域外保全が進行雲南省

    10日、昆明植物園で撮影した華蓋木。野外で採集された標本(左)と園内での生息域外保全により生き延びた個体。(組み合わせ写真)中国雲南省の中国科学院昆明植物研究所は2015年以降、所内の昆明植物園で「極小個体群野生植物専門園」の建設を開始し、植物44種の自生地以外での保護を進めてきた。初期に保全を行ったモクレン科の「華蓋木」(Manglietiastrumsinicum)やアオギリ科の「滇桐」(Craigiayunnanensis)、ブナ科の「西畴青岡」(Cyclobalanopsissichourensis)、マツ科の「巧家五針松」(PinussquamataX.W.Li)がすでに開花、結実するなど一定の成功を収めており、絶滅危惧植物の回復が期待されている。(昆明=新華社記者/王南)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408867

  • 2021年10月14日
    (1)複数の絶滅危惧種の希少植物、生息域外保全が進行雲南省

    10日、昆明植物園で撮影したリュウビンタイ科の「天星蕨(Christenseniaassamica)」。野外で採集された標本(左)と園内での生息域外保全により生き延びた個体。(組み合わせ写真)中国雲南省の中国科学院昆明植物研究所は2015年以降、所内の昆明植物園で「極小個体群野生植物専門園」の建設を開始し、植物44種の自生地以外での保護を進めてきた。初期に保全を行ったモクレン科の「華蓋木」(Manglietiastrumsinicum)やアオギリ科の「滇桐」(Craigiayunnanensis)、ブナ科の「西畴青岡」(Cyclobalanopsissichourensis)、マツ科の「巧家五針松」(PinussquamataX.W.Li)がすでに開花、結実するなど一定の成功を収めており、絶滅危惧植物の回復が期待されている。(昆明=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408866

  • 2021年10月14日
    (4)複数の絶滅危惧種の希少植物、生息域外保全が進行雲南省

    10日、昆明植物園で撮影されたアオイ科の「雲南梧桐(Firmianamajor)」。野外で採集された標本(左)と園内での生息域外保全により生き延びた個体。(組み合わせ写真)中国雲南省の中国科学院昆明植物研究所は2015年以降、所内の昆明植物園で「極小個体群野生植物専門園」の建設を開始し、植物44種の自生地以外での保護を進めてきた。初期に保全を行ったモクレン科の「華蓋木」(Manglietiastrumsinicum)やアオギリ科の「滇桐」(Craigiayunnanensis)、ブナ科の「西畴青岡」(Cyclobalanopsissichourensis)、マツ科の「巧家五針松」(PinussquamataX.W.Li)がすでに開花、結実するなど一定の成功を収めており、絶滅危惧植物の回復が期待されている。(昆明=新華社記者/王南)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408878

  • 2021年10月14日
    (5)複数の絶滅危惧種の希少植物、生息域外保全が進行雲南省

    10日、昆明植物園で撮影された西畴青岡。野外で採集された標本(左)と園内での生息域外保全により生き延びた個体。(組み合わせ写真)中国雲南省の中国科学院昆明植物研究所は2015年以降、所内の昆明植物園で「極小個体群野生植物専門園」の建設を開始し、植物44種の自生地以外での保護を進めてきた。初期に保全を行ったモクレン科の「華蓋木」(Manglietiastrumsinicum)やアオギリ科の「滇桐」(Craigiayunnanensis)、ブナ科の「西畴青岡」(Cyclobalanopsissichourensis)、マツ科の「巧家五針松」(PinussquamataX.W.Li)がすでに開花、結実するなど一定の成功を収めており、絶滅危惧植物の回復が期待されている。(昆明=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408877

  • 2021年10月14日
    (3)複数の絶滅危惧種の希少植物、生息域外保全が進行雲南省

    10日、昆明植物園で撮影した滇桐。野外で採集された標本(左)と園内での生息域外保全により生き延びた個体。(組み合わせ写真)中国雲南省の中国科学院昆明植物研究所は2015年以降、所内の昆明植物園で「極小個体群野生植物専門園」の建設を開始し、植物44種の自生地以外での保護を進めてきた。初期に保全を行ったモクレン科の「華蓋木」(Manglietiastrumsinicum)やアオギリ科の「滇桐」(Craigiayunnanensis)、ブナ科の「西畴青岡」(Cyclobalanopsissichourensis)、マツ科の「巧家五針松」(PinussquamataX.W.Li)がすでに開花、結実するなど一定の成功を収めており、絶滅危惧植物の回復が期待されている。(昆明=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408876

  • 2021年10月28日
    (5)テングザルの赤ちゃん2匹がお披露目広東省広州市

    27日、広州市の長隆野生動物世界で、母親に甘えるテングザルの赤ちゃん。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で27日、生後1カ月になったばかりのテングザルの赤ちゃん2匹がお披露目された。2匹は、長隆霊長類研究センターが独自に繁殖させた5番目と6番目のテングザルとなる。インドネシアの国宝として知られるテングザルは、カリマンタン島の固有種で、インドネシア、ブルネイ、マレーシアに分布する。生息地となる森林の減少により、個体数は急激に減少、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧種(EN)に指定されている。2017年9月、第1陣のテングザルが長隆野生動物世界に迎えられ、4年間にわたる生息域外保全の過程で、これまでに6匹の赤ちゃんが誕生している。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102807782

  • 2021年10月28日
    (4)テングザルの赤ちゃん2匹がお披露目広東省広州市

    27日、広州市の長隆野生動物世界でお披露目されたテングザルの赤ちゃん2匹。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で27日、生後1カ月になったばかりのテングザルの赤ちゃん2匹がお披露目された。2匹は、長隆霊長類研究センターが独自に繁殖させた5番目と6番目のテングザルとなる。インドネシアの国宝として知られるテングザルは、カリマンタン島の固有種で、インドネシア、ブルネイ、マレーシアに分布する。生息地となる森林の減少により、個体数は急激に減少、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧種(EN)に指定されている。2017年9月、第1陣のテングザルが長隆野生動物世界に迎えられ、4年間にわたる生息域外保全の過程で、これまでに6匹の赤ちゃんが誕生している。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102807783

  • 2021年10月28日
    (2)テングザルの赤ちゃん2匹がお披露目広東省広州市

    27日、広州市の長隆野生動物世界で、母親のお乳を飲むテングザルの赤ちゃん。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で27日、生後1カ月になったばかりのテングザルの赤ちゃん2匹がお披露目された。2匹は、長隆霊長類研究センターが独自に繁殖させた5番目と6番目のテングザルとなる。インドネシアの国宝として知られるテングザルは、カリマンタン島の固有種で、インドネシア、ブルネイ、マレーシアに分布する。生息地となる森林の減少により、個体数は急激に減少、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧種(EN)に指定されている。2017年9月、第1陣のテングザルが長隆野生動物世界に迎えられ、4年間にわたる生息域外保全の過程で、これまでに6匹の赤ちゃんが誕生している。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102807753

  • 2021年10月28日
    (9)テングザルの赤ちゃん2匹がお披露目広東省広州市

    27日、広州市の長隆野生動物世界で、赤ちゃんを見守るテングザルの母親。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で27日、生後1カ月になったばかりのテングザルの赤ちゃん2匹がお披露目された。2匹は、長隆霊長類研究センターが独自に繁殖させた5番目と6番目のテングザルとなる。インドネシアの国宝として知られるテングザルは、カリマンタン島の固有種で、インドネシア、ブルネイ、マレーシアに分布する。生息地となる森林の減少により、個体数は急激に減少、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧種(EN)に指定されている。2017年9月、第1陣のテングザルが長隆野生動物世界に迎えられ、4年間にわたる生息域外保全の過程で、これまでに6匹の赤ちゃんが誕生している。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102807869

  • 2021年10月28日
    (8)テングザルの赤ちゃん2匹がお披露目広東省広州市

    27日、広州市の長隆野生動物世界で、赤ちゃんを見守るテングザルの母親。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で27日、生後1カ月になったばかりのテングザルの赤ちゃん2匹がお披露目された。2匹は、長隆霊長類研究センターが独自に繁殖させた5番目と6番目のテングザルとなる。インドネシアの国宝として知られるテングザルは、カリマンタン島の固有種で、インドネシア、ブルネイ、マレーシアに分布する。生息地となる森林の減少により、個体数は急激に減少、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧種(EN)に指定されている。2017年9月、第1陣のテングザルが長隆野生動物世界に迎えられ、4年間にわたる生息域外保全の過程で、これまでに6匹の赤ちゃんが誕生している。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102807816

  • 2021年10月28日
    (6)テングザルの赤ちゃん2匹がお披露目広東省広州市

    27日、広州市の長隆野生動物世界で、母親の腕の中で遊ぶテングザルの赤ちゃん。傍らにいるのは父親のテングザル。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で27日、生後1カ月になったばかりのテングザルの赤ちゃん2匹がお披露目された。2匹は、長隆霊長類研究センターが独自に繁殖させた5番目と6番目のテングザルとなる。インドネシアの国宝として知られるテングザルは、カリマンタン島の固有種で、インドネシア、ブルネイ、マレーシアに分布する。生息地となる森林の減少により、個体数は急激に減少、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧種(EN)に指定されている。2017年9月、第1陣のテングザルが長隆野生動物世界に迎えられ、4年間にわたる生息域外保全の過程で、これまでに6匹の赤ちゃんが誕生している。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102807818

  • 2021年10月28日
    (7)テングザルの赤ちゃん2匹がお披露目広東省広州市

    27日、広州市の長隆野生動物世界で、生後1カ月のテングザルの赤ちゃんを抱いて動き回るテングザルの母親。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で27日、生後1カ月になったばかりのテングザルの赤ちゃん2匹がお披露目された。2匹は、長隆霊長類研究センターが独自に繁殖させた5番目と6番目のテングザルとなる。インドネシアの国宝として知られるテングザルは、カリマンタン島の固有種で、インドネシア、ブルネイ、マレーシアに分布する。生息地となる森林の減少により、個体数は急激に減少、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧種(EN)に指定されている。2017年9月、第1陣のテングザルが長隆野生動物世界に迎えられ、4年間にわたる生息域外保全の過程で、これまでに6匹の赤ちゃんが誕生している。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102807817

  • 2021年10月28日
    (1)テングザルの赤ちゃん2匹がお披露目広東省広州市

    27日、広州市の長隆野生動物世界で、母親の手の中のリンゴを見上げるテングザルの赤ちゃん。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で27日、生後1カ月になったばかりのテングザルの赤ちゃん2匹がお披露目された。2匹は、長隆霊長類研究センターが独自に繁殖させた5番目と6番目のテングザルとなる。インドネシアの国宝として知られるテングザルは、カリマンタン島の固有種で、インドネシア、ブルネイ、マレーシアに分布する。生息地となる森林の減少により、個体数は急激に減少、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧種(EN)に指定されている。2017年9月、第1陣のテングザルが長隆野生動物世界に迎えられ、4年間にわたる生息域外保全の過程で、これまでに6匹の赤ちゃんが誕生している。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102807754

  • 2021年10月28日
    (3)テングザルの赤ちゃん2匹がお披露目広東省広州市

    27日、広州市の長隆野生動物世界で、母親と戯れるテングザルの赤ちゃん。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で27日、生後1カ月になったばかりのテングザルの赤ちゃん2匹がお披露目された。2匹は、長隆霊長類研究センターが独自に繁殖させた5番目と6番目のテングザルとなる。インドネシアの国宝として知られるテングザルは、カリマンタン島の固有種で、インドネシア、ブルネイ、マレーシアに分布する。生息地となる森林の減少により、個体数は急激に減少、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧種(EN)に指定されている。2017年9月、第1陣のテングザルが長隆野生動物世界に迎えられ、4年間にわたる生息域外保全の過程で、これまでに6匹の赤ちゃんが誕生している。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102807774

  • 1
  • 2