KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • コミュニティー
  • 感染予防
  • 新疆ウイグル自治区
  • タクラマカン砂漠
  • チャルチャン県
  • プロジェクト最大
  • ロプノール
  • 中国交通建設股份有限公司
  • 交通事情

「生活必需品」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
111
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
111
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年12月21日
    ロンドンの街中 英コロナ変異種、影響拡大

    20日、生活必需品を扱う店以外が休業となったロンドンの街中(ゲッティ=共同)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:30.90
    2020年11月09日
    「新華社」新疆カシュガル市、コロナの影響受ける市民に生活用品配布

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル市はここ数日、新型コロナウイルス感染症による生活への影響を軽減するため、生活に困難を抱える2万世帯以上の住民に無料で生活必需品を配布した。配布品は羊肉1キロ、野菜10キロなどで、職員による殺菌消毒の後、各家庭へ届けられた。同市は感染症発生後、生活保護世帯や障害者、低所得者などの具体的な生活状況を調査。生活が苦しい家庭には臨時援助資金を利用して定期的に「市民援助物資バッグ」を提供し、日々の基本的生活を支援している。(記者/張嘯誠)<映像内容>新型コロナの影響を受ける住民に生活必需品を無料配布、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.94
    2020年11月06日
    「新華社」新型コロナ発生で迅速対応、困難抱える人々を支援新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏附県で中学校教師だったロズグリ・アウットさんは2年前、検査でリウマチ性心疾患が見つかり、手術後は自宅での静養を余儀なくされた。新型コロナウイルス感染症が同地で発生した後、彼女の自宅があるトックザク(托克扎克)鎮は感染高リスク地区とされ、全住民が自宅隔離となり、生活必需品は社区(コミュニティー)のスタッフとボランティアが直接家に届けるようになった。カシュガル民政局によると、新型コロナ発生後、特別な困難を抱える住民の生活を保障するためにカシュガル地区では生活保護準備金制度を実施し、生活保護費をまず郷・鎮へと支給し、郷・鎮は救済を先行して行い、その後に審査・許可を行った。感染症流行期間に、5億6100万元(1元=約16円)の救済資金を拠出し、160万人以上を救済した。同地区では約4万6千人がボランティアを組織し、全力で住民の生産サービス保障に当たった。また、2841の村(社区)が3021カ所の穀類・食用油、肉・卵・牛乳など生活必需品の供給所(直売所)を設置し、住民の生活必需品の供給を確保した。<映像内容>新型コロナで自宅隔離、生活必需品を供給する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    物資を届ける犬木さん 物資届けて心もサポート

    豪雨で国道が寸断された熊本県球磨村に住む中園初子さん(右)に、米などの生活必需品を手渡す雲泉寺代表の犬木莉彩さん=15日

  • 01:38.06
    2020年07月09日
    「新華社」中国企業が建設の鉄道、ケニアの新型コロナ対策を支援

    中国企業がアフリカで建設を請け負った重要プロジェクトの一つであるケニア標準軌鉄道(SGR)は、新型コロナウイルスの感染流行期間中、急を要する医療物資や生活必需品を輸送する貨物列車の運行を続け、同国の新型コロナ対策を支援している。SGR運営会社アフリカ・スター・レールウェイ・オペレーション(アフリスター)の広報アドバイザー、バージニア・ムニャオ氏がこのほど地元紙「スタンダード」に発表した論評によると、SGRの貨物輸送量はこの4カ月で急増し、6月30日までに食糧や医療物資など合計19万6千TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を輸送したという。SGRは東アフリカ鉄道網の重要な一部を構成している。このうちケニア東部の港湾都市モンバサと首都ナイロビを結ぶモンバサ・ナイロビ鉄道は2017年5月に開通。全長480キロの同鉄道は、東アフリカ鉄道網の最初の区間に当たる。同鉄道を延伸した路線となるナイロビ・マラバ鉄道第1期の旅客輸送サービスは昨年10月に開業し、12月に貨物輸送サービスを開始した。(記者/白林、馮燚偉)<映像内容>ケニア標準軌鉄道の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月01日
    来店客の検温 割れた再開、業績明暗

    生活必需品を扱う売り場を再開した西武池袋本店の入り口で、検温を受ける来店客=5月、東京都豊島区

    撮影: 5月、東京都豊島区

  • 2020年06月01日
    牧畜民、夏営地へ大移動草原を守る遊牧の伝統

    1日午前4時過ぎ、生活必需品を積み込み、移動の準備をする牧畜民。中国内モンゴル自治区赤峰市アルホルチン旗バヤン・オンドル・ソムの牧畜民千世帯余りが6月初め、自然に集まり、遊牧を開始した。家畜の群れを引き連れ、でこぼこ道をゆっくりと北上し、夏営地へ向かう。これは川沿いに移動しながら水や草のある所に住むという、地元の牧畜民が守り続ける遊牧の伝統で、この遊牧形態が地元の草原を守ってきた。アルホルチン草原の遊牧形態は2014年、第2次中国重要農業文化遺産リストに登録された。(赤峰=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:02.77
    2020年05月29日
    都の緩和、6月に第2段階 劇場や映画館、幅広く対象

    東京都の小池百合子知事は29日の定例記者会見で、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の解除後、3段階で実施する休業要請の緩和措置を現在の第1段階から第2段階へ6月1日午前0時に移行すると発表した。劇場や映画館、商業施設、学習塾など幅広い対象業種や施設の再開で経済活動が本格化するに当たり「この週末を利用して感染拡大防止対策を徹底してほしい」と事業者へ呼び掛けた。第2段階の「ステップ2」は他に生活必需品以外の小売店、運動施設の観客席部分、スポーツジムなどが対象となり、パチンコ店などの遊興・娯楽施設を残してほぼ再開となる。<映像内容>小池都知事の会見の様子、撮影日:2020(令和2)年5月29日、撮影場所:東京都新宿区の東京都庁

    撮影: 2020(令和2)年5月29日

  • 2020年05月25日
    再開した売り場 接客抑制、続く在宅勤務

    生活必需品を扱う売り場を再開した西武池袋本店の入り口で検温を受ける来客=23日、東京都豊島区

    撮影: 23日、東京都豊島区

  • 2020年05月23日
    来店客を検温 西武池袋本店が営業再開

    生活必需品を扱う売り場を再開した百貨店、西武池袋本店の入り口で検温を受ける来店客=23日午前、東京都豊島区

    撮影: 23日午前、東京都豊島区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月17日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    17日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、作業をする測量技師の劉耀軍(りゅう・ようぐん)氏。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月17日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    17日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、作業をする測量技師の劉耀軍(りゅう・ようぐん)氏。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/宋彦樺)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月17日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    17日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、砂丘を歩く測量技師の劉耀軍(りゅう・ようぐん)氏(右)。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月17日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    17日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、ブルドーザーを運転する作業員。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/宋彦樺)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、ブルドーザーを運転する作業員。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある建設作業員宿舎で、作業員が栽培するニンニク。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、ブルドーザーを運転する作業員。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/宋彦樺)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある建設作業員宿舎。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、ブルドーザーを運転する作業員。中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月16日
    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に

    16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月12日
    買い物に訪れた人たち 新型コロナ、緊急事態宣言

    緊急事態宣言後初めての日曜日、マスク姿で戸越銀座商店街へ買い物に訪れた人たち。会社員成田みつ江さん(54)は休校で自宅待機を続ける長男の運動も兼ね、生活必需品の買い物に訪れたという。「ずっと外出自粛を守っているのに、どんどん感染者が増えている状況に納得できない」と話した=12日午後、東京都品川区

  • 01:16.04
    2020年04月04日
    空撮 各地の繁華街、人影まばら 新型コロナ感染阻止へ

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けた全国知事会による外出自粛要請が出て最初の週末となった4日、外出を控える動きが各地に広がった。臨時休業に踏み切る百貨店や飲食チェーンは拡大。繁華街では、生活必需品やマスクなどを買い求める人たちはいたものの、人影はまばらだった。外出自粛要請が出ているのは宮城県、茨城県の一部、東京都、大阪府、福井県、福岡県など。<映像内容>人影がまばらな都内(順に銀座、渋谷スクランブル交差点、新宿駅前、浅草寺・仲見世通り)の空撮、4日午前10時10分ごろ、撮影日:2020(令和2)年4月4日、撮影場所:都内各地

    撮影: 2020(令和2)年4月4日

  • 2020年02月13日
    中国人と共にウイルスと闘うオーストラリア人パイロット

    13日、副操縦士と共に離陸の準備をするアモイ航空のオーストラリア人機長、マイルズ・バーナード・ウェストンさん(左)。中国湖北省の医療チームを支援するため緊急物資や生活必需品を満載した福建省のチャーター機が13日、アモイ高崎国際空港から湖北省武漢市に向け出発した。同機の運航を担当したアモイ航空の機長でオーストラリア人のマイルズ・バーナード・ウェストンさんは、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大以降、初めて武漢市へ飛行した中国民間航空機の外国人パイロットとなった。多くの航空会社の外国人パイロットが帰国する中、ウェストンさんはアモイにとどまり、勤務を続けている。武漢への航空便を確保する任務を行う可能性があるとの情報を知った時、中国人と共にウイルスと闘う時が来たとためらうことなく述べた。ウェストンさんは「困難な時に中国人を助け、私の中国の友人や同僚を助けることができる。それが私たちのとどまる理由だと思っている」と話した。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    中国人と共にウイルスと闘うオーストラリア人パイロット

    13日、湖北省医療チームを支援するための緊急物資や生活必需品を満載した航空機を操縦し、高崎国際空港から武漢市に向かうオーストラリア人機長のマイルズ・バーナード・ウェストンさん。中国湖北省の医療チームを支援するため緊急物資や生活必需品を満載した福建省のチャーター機が13日、アモイ高崎国際空港から湖北省武漢市に向け出発した。同機の運航を担当したアモイ航空の機長でオーストラリア人のマイルズ・バーナード・ウェストンさんは、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大以降、初めて武漢市へ飛行した中国民間航空機の外国人パイロットとなった。多くの航空会社の外国人パイロットが帰国する中、ウェストンさんはアモイにとどまり、勤務を続けている。武漢への航空便を確保する任務を行う可能性があるとの情報を知った時、中国人と共にウイルスと闘う時が来たとためらうことなく述べた。ウェストンさんは「困難な時に中国人を助け、私の中国の友人や同僚を助けることができる。それが私たちのとどまる理由だと思っている」と話した。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    中国人と共にウイルスと闘うオーストラリア人パイロット

    13日、オーストラリア人機長のマイルズ・バーナード・ウェストンさん。中国湖北省の医療チームを支援するため緊急物資や生活必需品を満載した福建省のチャーター機が13日、アモイ高崎国際空港から湖北省武漢市に向け出発した。同機の運航を担当したアモイ航空の機長でオーストラリア人のマイルズ・バーナード・ウェストンさんは、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大以降、初めて武漢市へ飛行した中国民間航空機の外国人パイロットとなった。多くの航空会社の外国人パイロットが帰国する中、ウェストンさんはアモイにとどまり、勤務を続けている。武漢への航空便を確保する任務を行う可能性があるとの情報を知った時、中国人と共にウイルスと闘う時が来たとためらうことなく述べた。ウェストンさんは「困難な時に中国人を助け、私の中国の友人や同僚を助けることができる。それが私たちのとどまる理由だと思っている」と話した。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    中国人と共にウイルスと闘うオーストラリア人パイロット

    13日、離陸の準備をするアモイ航空のオーストラリア人機長、マイルズ・バーナード・ウェストンさん。中国湖北省の医療チームを支援するため緊急物資や生活必需品を満載した福建省のチャーター機が13日、アモイ高崎国際空港から湖北省武漢市に向け出発した。同機の運航を担当したアモイ航空の機長でオーストラリア人のマイルズ・バーナード・ウェストンさんは、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大以降、初めて武漢市へ飛行した中国民間航空機の外国人パイロットとなった。多くの航空会社の外国人パイロットが帰国する中、ウェストンさんはアモイにとどまり、勤務を続けている。武漢への航空便を確保する任務を行う可能性があるとの情報を知った時、中国人と共にウイルスと闘う時が来たとためらうことなく述べた。ウェストンさんは「困難な時に中国人を助け、私の中国の友人や同僚を助けることができる。それが私たちのとどまる理由だと思っている」と話した。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    中国人と共にウイルスと闘うオーストラリア人パイロット

    13日、離陸の準備をするアモイ航空のオーストラリア人機長、マイルズ・バーナード・ウェストンさん。中国湖北省の医療チームを支援するため緊急物資や生活必需品を満載した福建省のチャーター機が13日、アモイ高崎国際空港から湖北省武漢市に向け出発した。同機の運航を担当したアモイ航空の機長でオーストラリア人のマイルズ・バーナード・ウェストンさんは、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大以降、初めて武漢市へ飛行した中国民間航空機の外国人パイロットとなった。多くの航空会社の外国人パイロットが帰国する中、ウェストンさんはアモイにとどまり、勤務を続けている。武漢への航空便を確保する任務を行う可能性があるとの情報を知った時、中国人と共にウイルスと闘う時が来たとためらうことなく述べた。ウェストンさんは「困難な時に中国人を助け、私の中国の友人や同僚を助けることができる。それが私たちのとどまる理由だと思っている」と話した。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    習近平総書記、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察・指導

    10日、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日午後、北京で新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導した。習近平氏は朝陽区安貞街道の安華里社区(地域コミュニティー)を訪問し、民衆の感染予防・抑制活動、住民の生活必需品の確保、供給などの状況を把握し、地域コミュニティー内の住民とスタッフをねぎらった。(北京=新華社記者/龐興雷)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    習近平総書記、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察・指導

    10日、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日午後、北京で新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導した。習近平氏は朝陽区安貞街道の安華里社区(地域コミュニティー)を訪問し、民衆の感染予防・抑制活動、住民の生活必需品の確保、供給などの状況を把握し、地域コミュニティー内の住民とスタッフをねぎらった。(北京=新華社記者/龐興雷)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    習近平総書記、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察・指導

    10日、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日午後、北京で新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導した。習近平氏は朝陽区安貞街道の安華里社区(地域コミュニティー)を訪問し、民衆の感染予防・抑制活動、住民の生活必需品の確保、供給などの状況を把握し、地域コミュニティー内の住民とスタッフをねぎらった。(北京=新華社記者/龐興雷)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    習近平総書記、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察・指導

    10日、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日午後、北京で新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導した。習近平氏は朝陽区安貞街道の安華里社区(地域コミュニティー)を訪問し、民衆の感染予防・抑制活動、住民の生活必需品の確保、供給などの状況を把握し、地域コミュニティー内の住民とスタッフをねぎらった。(北京=新華社記者/龐興雷)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    習近平総書記、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察・指導

    10日、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日午後、北京で新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導した。習近平氏は朝陽区安貞街道の安華里社区(地域コミュニティー)を訪問し、民衆の感染予防・抑制活動、住民の生活必需品の確保、供給などの状況を把握し、地域コミュニティー内の住民とスタッフをねぎらった。(北京=新華社記者/龐興雷)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    習近平総書記、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察・指導

    10日、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は10日午後、北京で新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導した。習近平氏は朝陽区安貞街道の安華里社区(地域コミュニティー)を訪問し、民衆の感染予防・抑制活動、住民の生活必需品の確保、供給などの状況を把握し、地域コミュニティー内の住民とスタッフをねぎらった。(北京=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    習近平総書記、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察・指導

    10日、北京で新型肺炎の感染予防・抑制活動を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記は10日午後、北京で新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動を視察、指導した。習近平氏は朝陽区安貞街道の安華里社区(地域コミュニティー)を訪問し、民衆の感染予防・抑制活動、住民の生活必需品の確保、供給などの状況を把握し、地域コミュニティー内の住民とスタッフをねぎらった。(北京=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、住民に代わって購入した品物を仕分けする艾志雲さん(左)と胡春麗さん。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、封鎖式管理が行われている棟の住民のため、ボランティアと一緒に購入した品物を届ける艾志雲さん(右端)と胡春麗さん(中央)。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、封鎖式管理が行われている棟の住民のためボランティアと一緒に野菜を購入する艾志雲さん(左端)と胡春麗さん(中央)。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、封鎖式管理が行われている棟の住民のため、ボランティアと一緒に購入した品物を届ける艾志雲さん(右端)と胡春麗さん(中央)。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、購入した品物の写真を住民に送り、下りて来て受け取るよう知らせる胡春麗さん。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、封鎖式管理が行われている棟の住民のため、スーパーマーケットで品物を購入する艾志雲さん。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、封鎖式管理が行われている棟の住民のため、スーパーマーケットで商品を購入する艾志雲さん(右)と胡春麗さん(中央)。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、住民に代わって購入した品物を仕分けする社区職員。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    人々の感染予防を支える宅配配達員陝西省西安市

    3日、同僚と配達前の準備をする徐国斌さん(右端)。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防のため、大多数の人が一歩も外に出ず、生活必需品をインターネットで購入している。そんな中、黙々と自らの仕事を全うし、外に出て市民のために尽くす人もいる。配達員の徐国斌(じょ・こくひん)さん(31)もその1人。徐さんはネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の西北分公司西安太元路営業部の配達員で、旧暦12月29日から1月10日にあたる1月23日から2月3日まで、1日も休みを取っていない。この期間の1日の配達件数は例年60個余りだが、新型肺炎流行の影響で3倍に増えた。配達中に感染する心配について聞かれた徐さんは「心配はもちろんある。だが、私たちにできることは毎日仕事前に体温を測り、出掛ける際にはマスクを着け、帰宅後に消毒することでしっかりと予防すること。いずれにしても誰かが配達しなければならない。まだ多くの人が自宅で注文した荷物の到着を待っている」と答えた。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    人々の感染予防を支える宅配配達員陝西省西安市

    3日、マンションの宅配ボックスに荷物を入れるため、入り口で待機する徐国斌さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防のため、大多数の人が一歩も外に出ず、生活必需品をインターネットで購入している。そんな中、黙々と自らの仕事を全うし、外に出て市民のために尽くす人もいる。配達員の徐国斌(じょ・こくひん)さん(31)もその1人。徐さんはネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の西北分公司西安太元路営業部の配達員で、旧暦12月29日から1月10日にあたる1月23日から2月3日まで、1日も休みを取っていない。この期間の1日の配達件数は例年60個余りだが、新型肺炎流行の影響で3倍に増えた。配達中に感染する心配について聞かれた徐さんは「心配はもちろんある。だが、私たちにできることは毎日仕事前に体温を測り、出掛ける際にはマスクを着け、帰宅後に消毒することでしっかりと予防すること。いずれにしても誰かが配達しなければならない。まだ多くの人が自宅で注文した荷物の到着を待っている」と答えた。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    人々の感染予防を支える宅配配達員陝西省西安市

    3日、棚に置かれた荷物を点検する徐国斌さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防のため、大多数の人が一歩も外に出ず、生活必需品をインターネットで購入している。そんな中、黙々と自らの仕事を全うし、外に出て市民のために尽くす人もいる。配達員の徐国斌(じょ・こくひん)さん(31)もその1人。徐さんはネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の西北分公司西安太元路営業部の配達員で、旧暦12月29日から1月10日にあたる1月23日から2月3日まで、1日も休みを取っていない。この期間の1日の配達件数は例年60個余りだが、新型肺炎流行の影響で3倍に増えた。配達中に感染する心配について聞かれた徐さんは「心配はもちろんある。だが、私たちにできることは毎日仕事前に体温を測り、出掛ける際にはマスクを着け、帰宅後に消毒することでしっかりと予防すること。いずれにしても誰かが配達しなければならない。まだ多くの人が自宅で注文した荷物の到着を待っている」と答えた。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    人々の感染予防を支える宅配配達員陝西省西安市

    3日、パソコンでオーダーを確認する配達員の徐国斌さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防のため、大多数の人が一歩も外に出ず、生活必需品をインターネットで購入している。そんな中、黙々と自らの仕事を全うし、外に出て市民のために尽くす人もいる。配達員の徐国斌(じょ・こくひん)さん(31)もその1人。徐さんはネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の西北分公司西安太元路営業部の配達員で、旧暦12月29日から1月10日にあたる1月23日から2月3日まで、1日も休みを取っていない。この期間の1日の配達件数は例年60個余りだが、新型肺炎流行の影響で3倍に増えた。配達中に感染する心配について聞かれた徐さんは「心配はもちろんある。だが、私たちにできることは毎日仕事前に体温を測り、出掛ける際にはマスクを着け、帰宅後に消毒することでしっかりと予防すること。いずれにしても誰かが配達しなければならない。まだ多くの人が自宅で注文した荷物の到着を待っている」と答えた。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    人々の感染予防を支える宅配配達員陝西省西安市

    3日、同僚と荷物を下ろす徐国斌さん(右端)。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防のため、大多数の人が一歩も外に出ず、生活必需品をインターネットで購入している。そんな中、黙々と自らの仕事を全うし、外に出て市民のために尽くす人もいる。配達員の徐国斌(じょ・こくひん)さん(31)もその1人。徐さんはネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の西北分公司西安太元路営業部の配達員で、旧暦12月29日から1月10日にあたる1月23日から2月3日まで、1日も休みを取っていない。この期間の1日の配達件数は例年60個余りだが、新型肺炎流行の影響で3倍に増えた。配達中に感染する心配について聞かれた徐さんは「心配はもちろんある。だが、私たちにできることは毎日仕事前に体温を測り、出掛ける際にはマスクを着け、帰宅後に消毒することでしっかりと予防すること。いずれにしても誰かが配達しなければならない。まだ多くの人が自宅で注文した荷物の到着を待っている」と答えた。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    人々の感染予防を支える宅配配達員陝西省西安市

    3日、配達する荷物の情報を登録する徐国斌さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防のため、大多数の人が一歩も外に出ず、生活必需品をインターネットで購入している。そんな中、黙々と自らの仕事を全うし、外に出て市民のために尽くす人もいる。配達員の徐国斌(じょ・こくひん)さん(31)もその1人。徐さんはネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の西北分公司西安太元路営業部の配達員で、旧暦12月29日から1月10日にあたる1月23日から2月3日まで、1日も休みを取っていない。この期間の1日の配達件数は例年60個余りだが、新型肺炎流行の影響で3倍に増えた。配達中に感染する心配について聞かれた徐さんは「心配はもちろんある。だが、私たちにできることは毎日仕事前に体温を測り、出掛ける際にはマスクを着け、帰宅後に消毒することでしっかりと予防すること。いずれにしても誰かが配達しなければならない。まだ多くの人が自宅で注文した荷物の到着を待っている」と答えた。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    人々の感染予防を支える宅配配達員陝西省西安市

    3日、配達に出発する徐国斌さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防のため、大多数の人が一歩も外に出ず、生活必需品をインターネットで購入している。そんな中、黙々と自らの仕事を全うし、外に出て市民のために尽くす人もいる。配達員の徐国斌(じょ・こくひん)さん(31)もその1人。徐さんはネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の西北分公司西安太元路営業部の配達員で、旧暦12月29日から1月10日にあたる1月23日から2月3日まで、1日も休みを取っていない。この期間の1日の配達件数は例年60個余りだが、新型肺炎流行の影響で3倍に増えた。配達中に感染する心配について聞かれた徐さんは「心配はもちろんある。だが、私たちにできることは毎日仕事前に体温を測り、出掛ける際にはマスクを着け、帰宅後に消毒することでしっかりと予防すること。いずれにしても誰かが配達しなければならない。まだ多くの人が自宅で注文した荷物の到着を待っている」と答えた。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    人々の感染予防を支える宅配配達員陝西省西安市

    3日、受け取り人に連絡する徐国斌さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防のため、大多数の人が一歩も外に出ず、生活必需品をインターネットで購入している。そんな中、黙々と自らの仕事を全うし、外に出て市民のために尽くす人もいる。配達員の徐国斌(じょ・こくひん)さん(31)もその1人。徐さんはネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の西北分公司西安太元路営業部の配達員で、旧暦12月29日から1月10日にあたる1月23日から2月3日まで、1日も休みを取っていない。この期間の1日の配達件数は例年60個余りだが、新型肺炎流行の影響で3倍に増えた。配達中に感染する心配について聞かれた徐さんは「心配はもちろんある。だが、私たちにできることは毎日仕事前に体温を測り、出掛ける際にはマスクを着け、帰宅後に消毒することでしっかりと予防すること。いずれにしても誰かが配達しなければならない。まだ多くの人が自宅で注文した荷物の到着を待っている」と答えた。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.53
    2020年01月31日
    「新華社」「隔離」居住区の入り口に臨時の「市場」オープン福建省

    中国福建省寧徳市蕉城(しょうじょう)区の金涵小区(居住区や団地を指す)二期Bエリアにこのほど、臨時の「市場」が設けられ、米や食用油、野菜などの生活必需品を住民に提供している。同区の防疫措置にあたる作業員が1月26日午後、金涵小区二期Bエリアで新型コロナウイルスによる肺炎の感染者2人を確認した。現在、同エリアは封鎖されている。蕉城区党委員会と区政府は、同小区に暮らす住民の生活の安定を図るため、現地企業と大型スーパーに協力を依頼し、住民を対象に生活必需物資の提供を行っている。(記者/郭圻)<映像内容>新型肺炎のため封鎖された居住区、臨時の市場がオープンした様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月16日
    生活必需品の負担軽減狙う

    各国の軽減税率制度

  • 2019年08月16日
    生活必需品の負担軽減狙う

    各国の軽減税率制度

  • 2019年03月22日
    Ukraine in crisis awaits upswing

    22 March 2019, Ukraine, Kiew: Market on the left bank of the river Dnipro in the Ukrainian capital Kiev. For many Ukrainians, especially pensioners, daily necessities have become unaffordable since the fall of the government in 2014. Even slight economic growth and rising wages and pensions before the presidential elections on 31 March 2019 are only minor compensation for the losses suffered in previous years. Photo: Andreas Stein/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年03月22日
    Ukraine in crisis awaits upswing

    22 March 2019, Ukraine, Kiew: Market on the left bank of the river Dnipro in the Ukrainian capital Kiev. For many Ukrainians, especially pensioners, daily necessities have become unaffordable since the fall of the government in 2014. Even slight economic growth and rising wages and pensions before the presidential elections on 31 March 2019 are only minor compensation for the losses suffered in previous years. Photo: Andreas Stein/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年03月22日
    Ukraine in crisis awaits upswing

    22 March 2019, Ukraine, Kiew: Market on the left bank of the river Dnipro in the Ukrainian capital Kiev. For many Ukrainians, especially pensioners, daily necessities have become unaffordable since the fall of the government in 2014. Even slight economic growth and rising wages and pensions before the presidential elections on 31 March 2019 are only minor compensation for the losses suffered in previous years. Photo: Andreas Stein/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年03月22日
    Ukraine in crisis awaits upswing

    22 March 2019, Ukraine, Kiew: Market on the left bank of the river Dnipro in the Ukrainian capital Kiev. For many Ukrainians, especially pensioners, daily necessities have become unaffordable since the fall of the government in 2014. Even slight economic growth and rising wages and pensions before the presidential elections on 31 March 2019 are only minor compensation for the losses suffered in previous years. Photo: Andreas Stein/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    Wearing their finest street fashion, sneaker aficionados crowd the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    Wearing their finest street fashion, sneaker aficionados crowd the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    Wearing their finest street fashion, sneaker aficionados crowd the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    Wearing their finest street fashion, sneaker aficionados crowd the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    A Supreme branded pinball machine in the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine)、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    Wearing their finest street fashion, sneaker aficionados crowd the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    Wearing their finest street fashion, sneaker aficionados crowd the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    Wearing their finest street fashion, sneaker aficionados crowd the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    Wearing their finest street fashion, sneaker aficionados crowd the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    Wearing their finest street fashion, sneaker aficionados crowd the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    Wearing their finest street fashion, sneaker aficionados crowd the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    Wearing their finest street fashion, sneaker aficionados crowd the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年03月09日
    Urban Necessities street fashion in Soho Urban Necessities street fashion in Soho

    Wearing their finest street fashion, sneaker aficionados crowd the American Eagle store‘s Urban Necessities pop-up in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Saturday, March 9, 2019. The pop-up features sneakers and Supreme brand street fashion from Urban Necessities, a popular sneaker resale business. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:41.87
    2019年01月11日
    「新華社」ローマの「蚤の市」を訪ねて

    イタリア・ローマのポルテーゼ門の近くには有名な「蚤(のみ)の市」があり、多くの観光客が訪れている。毎週日曜日の早朝、ポルテーゼ門のまだらな石壁の内側は熱気にあふれ、道の両側にぎっしりと並ぶ露店の前を大勢の人が行き交っている。千軒以上の露店ではさまざまな中古品や骨董品が売られており、現地の住民や国内外の観光客を引きつけている。「蚤の市」は第二次世界大戦終結後に開かれ、当初は食品や生活必需品を交換したり販売したりする場所だった。<映像内容>ローマの「蚤の市」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月14日
    German Post‘s “My Local Post“ pilot project starts

    14 September 2018, Baden-Wuerttemberg, Buchen: A delivery lady (R) opening a crate for a former postal worker acting as a customer during a Deutsche Post presentation on the “My Local Post“ pilot project. In the “My Local Post“ project, postal employees use an e-mobile to drive directly to customers who use postal services at their own doorstep, such as withdrawing cash and having food and daily necessities delivered to them. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2018年09月14日
    German Post‘s “My Local Post“ pilot project starts

    14 September 2018, Baden-Wuerttemberg, Buchen: A delivery lady (R) handing a liter of milk into a shopping bag carried by a former postal worker acting as a customer during a Deutsche Post presentation on the “My Local Post“ pilot project. In the “My Local Post“ project, postal employees use an e-mobile to drive directly to customers who use postal services at their own doorstep, such as withdrawing cash and having food and daily necessities delivered to them. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2018年09月14日
    German Post‘s “My Local Post“ pilot project starts

    14 September 2018, Baden-Wuerttemberg, Buchen: A former postal worker acting as a customer holding a receipt in his hand during a Deutsche Post presentation on the “My Local Post“ pilot project. In the “My Local Post“ project, postal employees use an e-mobile to drive directly to customers who use postal services at their own doorstep, such as withdrawing cash and having food and daily necessities delivered to them. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2018年09月14日
    German Post‘s “My Local Post“ pilot project starts

    14 September 2018, Baden-Wuerttemberg, Buchen: A delivery lady (L) receiving cash from a former postal worker acting as a customer during a Deutsche Post presentation on the “My Local Post“ pilot project. In the “My Local Post“ project, postal employees use an e-mobile to drive directly to customers who use postal services at their own doorstep, such as withdrawing cash and having food and daily necessities delivered to them. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年04月19日
    物資受け取る住民 熊本地震

    食料や生活必需品などの支援物資を受け取る住民=19日午前11時23分、熊本市中央区

    撮影: 19日午前11時23分、熊本市中央区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年04月19日
    生活必需品に並ぶ住民 熊本地震

    生活必需品などの支援物資を受け取る住民=19日午前10時55分、熊本市中央区

    撮影: 19日午前10時55分、熊本市中央区

  • 2015年12月05日
    行列つくる人々とポスター 国会議員選に緊張高まる

    4日、ベネズエラ・カラカスのスーパーマーケットで生活必需品の購入のため列をつくる人々と選挙ポスター(共同)

  • 2015年09月30日
    朝鮮中央通信資料 金正恩氏が品評会視察

    北朝鮮の軍需工場で生産している生活必需品の品評会場を視察する金正恩第1書記(中央)。朝鮮中央通信が2015年9月22日、報じた。視察日は伝えられていない。撮影日は「最近」としている(朝鮮中央通信=共同)

  • 2015年09月30日
    朝鮮中央通信資料 金正恩氏が品評会視察

    北朝鮮の軍需工場で生産している生活必需品の品評会場を視察する金正恩第1書記(右側)。朝鮮中央通信が22015年9月22日、報じた。視察日は伝えられていない。撮影日は「最近」としている(朝鮮中央通信=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年12月07日
    必需品を持ち出す住民 比中部、暴風域に

    台風22号の強風で崩壊した家屋から、生活必需品などを持ち出す住民=7日、フィリピン・レイテ島タクロバン(共同)

    撮影: 7日、フィリピン・レイテ島タクロバン

  • 2014年09月18日
    生活必需品の値上げ拡大

    円安進行の家計への影響

  • 2014年09月18日
    生活必需品の値上げ拡大

    円安進行の家計への影響

  • 2014年03月17日
    生活必需品が一斉値上げ

    流通・外食大手の消費税増税後の価格表示

  • 2014年03月17日
    生活必需品が一斉値上げ

    流通・外食大手の消費税増税後の価格表示

  • 2013年09月05日
    戦後も配給制度続く 新米3日分に行列

    1948(昭和23)年9月14日、東京・深川でコメの配給を受ける主婦の行列。新米3日分が各家庭に配分された。戦時下の体制で始まった配給制度は戦後も続き、主食の不足分はイモ類や小麦粉を練った「すいとん」などで満たした。食糧以外の生活必需品も不足した。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年03月14日
    買い物抱える被災者 東日本大震災

    購入した生活必需品を抱え、スーパーを出る被災者=14日午前10時45分、仙台市青葉区

    撮影: 14日午前10時45分、仙台市青葉区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年03月13日
    仙台市内のスーパー 再開スーパーに市民殺到

    ダイエー仙台店に生活必需品を求めて並ぶ人たち=13日午前、仙台市青葉区(東日本大震災)

    撮影: 13日午前、仙台市青葉区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年03月12日
    生活必需品求め並ぶ人 東日本大震災

    生活必需品を求めてドラッグストアに並ぶ人たち=12日午後、仙台市若林区

    撮影: 12日午後、仙台市若林区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年03月12日
    長蛇の列の住民 東日本大震災

    生活必需品を求めてドラッグストアの前に長蛇の列を作る住民=12日午後、仙台市若林区

    撮影: 12日午後、仙台市若林区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年03月03日
    おしゃれなマスクの僧侶 花粉症の季節?

    ネパールの首都カトマンズでは自動車の排ガスによる大気汚染が年々深刻化、外出する時にはマスクが手放せない。生活必需品とあって色やデザインも豊富。街で出会った僧侶は、衣の色としっかりコーディネートしてマスクを着用していた。ちょっとおしゃれ?(撮影・村山幸親、共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年04月20日
    被災地の露店 中国青海省地震

    被災地に現れた生活必需品などを売る露店=20日、中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹県(共同)

    撮影: 20日、中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹県

  • 2009年09月10日
    戦後も配給制度続く 新米3日分に行列

    1948(昭和23)年9月14日、主婦の行列は東京・深川でコメの配給を受け取る光景。各家庭に茨城産の新米3日分が配分された。主食の不足分は、イモ類、小麦粉を団子状に練った「すいとん」などで腹を満たしていた。コメ以外の生活必需品も不足し、戦時下の体制で始まった配給制度は戦後も続いた。

  • 2009年06月11日
    主婦連が陳情 米価値上げ反対

    1957(昭和32)年6月15日、「お米の値上げ絶対反対!」。背丈よりも大きいしゃもじを掲げながら主婦連の面々が農林省へ陳情に向かった。木炭、野菜、魚、砂糖など生活必需品の価格が次々上昇し、消費者米価の値上げも必至の情勢だった。

  • 2008年08月01日
    8月も値上げラッシュ

    8月1日に値上げされた主な品目

  • 2008年08月01日
    8月も値上げラッシュ

    8月1日に値上げされた主な品目

  • 2008年03月06日
    かばんや紙袋 北国のホームレス

    生活必需品の入ったかばんや紙袋を移動する=2月

    撮影: 2月

  • 1
  • 2