KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 歴史
  • 特徴
  • 集落
  • カエデ
  • 令和
  • 家屋
  • 木造
  • 楊敏
  • 民族文化
  • 街並み

「生産様式」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、空から見た古楓寨の一角。(小型無人機から)中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001230

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、民家の屋根を点検修理する村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001302

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、古いカエデの木の生育状況を観察する村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001225

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、米を分別する村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001222

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、古楓寨の民家で農産物を干す村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001149

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、古楓寨の民家で魚を干す村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001152

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、古楓寨の「吊脚楼」と呼ばれる高床式家屋で布団を干す村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001227

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、空から見た古楓寨の一角。(小型無人機から)中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001229

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、古楓寨の民家で農産物を干す村民。(小型無人機から)中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001224

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、竹製品を確認する村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001138

  • 01:14.30
    2020年09月24日
    「新華社」新石器時代早期の大型住居遺跡を発見内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の文物考古研究所はこのほど、同自治区シリンゴル盟鑲黄旗(じょうこうき)の草原で、8400~7600年前の新石器時代早期の大型住居遺跡を発見したと明らかにした。乃仁陶勒蓋遺跡と名付けられた同遺跡からは、壁面に段差があり、柱穴とかまどが残る住居跡が270カ所余り見つかった。動物の骨や土器片、骨角器、大量の石器も出土した。考古学者は、出土した遺物から同遺跡の年代が裕民文化期に相当すると暫定的に判断した。裕民文化は2015年に発見された考古学の新たな文化類型で、中国の北方草原地帯の新石器時代黎明期と考えられている。裕民文化期は千年続いたとされる。人々は環境に適応するため季節ごとに集落を移動させ、固定式の半竪穴住居で生活していた。秋と冬は居住者が集中し、比較的大きな集落を形成していた。生産様式は主に狩猟と道具の製作で、乃仁陶勒蓋遺跡もこれらの特徴を備えているという。(記者/張晟)<映像内容>新石器時代早期の大型住居遺跡を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092800086

  • 1