KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 実現
  • シノペック
  • デジタル化
  • 中国石油化工集団
  • 温室効果ガス
  • 二酸化炭素
  • 太陽光発電
  • 排出

「生産過程」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
65
( 1 65 件を表示)
  • 1
65
( 1 65 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • プリクラに群がる少女たち 迫られる生活様式の見直し
    1997年05月27日
    プリクラに群がる少女たち 迫られる生活様式の見直し

    女子高生らに人気のプリントクラブ。いろいろなブームも生産過程での二酸化炭素排出対策が課題だ=1997(平成9)年5月27日、東京都渋谷区

    商品コード: 2014050700341

  • プリクラに群がる少女たち 迫られる生活様式の見直し
    1997年05月28日
    プリクラに群がる少女たち 迫られる生活様式の見直し

    )、内政404S、6月5日付朝刊用、解禁厳守  女子高生らに人気のプリントクラブ。いろいろなブームも生産過程での二酸化炭素排出対策が課題だ=東京都渋谷区

    商品コード: 1997052800057

  • おたのしみの交流会 「ママ、急いでネ!」
    2000年09月08日
    おたのしみの交流会 「ママ、急いでネ!」

    )、企画91S、16日付朝刊以降使用、解禁厳守  セレモニーが終わり「おたのしみの交流会」が始まった。イベントの草取りでひと汗もふた汗もかいた後、トマトをがぶっ。キュウリや枝豆も取れたて、新鮮でおいしい。この野菜は自分たちの手作りだが「店頭に並ぶ野菜はだれが作ったの?」素材の生産過程が見えれば、消費者は安心して食品を手にすることができる=福島市荒井の大豆畑(撮影・川西孝実)

    商品コード: 2000090800120

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年12月03日
    部品を取り付ける作業員 “匠の技”を次世代車に

    ホンダNSXの生産過程。作業員によって部品が取り付けられる=三重県鈴鹿市のホンダ鈴鹿製作所

    商品コード: 2005120300149

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年12月03日
    やすりがけをする作業員 “匠の技”を次世代車に

    ホンダNSXの生産過程で、アルミ車体にやすりがけをする作業員=三重県鈴鹿市のホンダ鈴鹿製作所

    商品コード: 2005120300150

  • モス社のバーガー類 バーガー1個の排出量は?
    2010年05月15日
    モス社のバーガー類 バーガー1個の排出量は?

    原材料生産過程での温室効果ガス排出量を調べた、モスフードサービスのライスバーガー(右)など

    商品コード: 2010051500009

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年07月30日
    かんぴょう生産過程体験/下野署若手警察官11人

    かんぴょうの生産について学ぶ若手警察官ら[下野新聞掲載日:2013(平成25)年7月31日]=2013(平成25)年7月30日、栃木県河内郡上三川町、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803253

  •  職人が完全手作りで生み出す伝統的な音色玉屏簫笛
    2018年11月29日
    職人が完全手作りで生み出す伝統的な音色玉屏簫笛

    11月29日、玉屏(ぎょくへい)トン族自治県で、簫笛に図面を描いて、彫刻の準備をする国家級無形文化遺産プロジェクト玉屏簫笛製作技工の代表的継承者、劉沢松(りゅう・たくしょう)さん。玉屏簫笛(ぎょくへいしょうてき)は中国の有名な伝統的竹管楽器で、美しく清らかな音色と精緻な彫刻が施されていることで知られる。玉屏簫笛は、貴州省の玉屏(ぎょくへい)トン族自治県内の小水竹(竹の一種)を材料に、トン族、漢族、ミャオ族、トゥチャ族など現地の多くの民族の文化的要素を融合し、材料収集、成形、彫刻、仕上げの4大生産過程と数十におよぶ製作工程を全て手作業で行い完成する。玉屏簫笛製作技工は、国務院により第1期国家級無形文化遺産のリストに登録された。(玉屏=新華社記者/馬寧)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020886

  •  職人が完全手作りで生み出す伝統的な音色玉屏簫笛
    2018年11月29日
    職人が完全手作りで生み出す伝統的な音色玉屏簫笛

    11月29日、玉屏(ぎょくへい)トン族自治県で、竹材を磨いて簫笛を作る準備をする国家級無形文化遺産プロジェクト玉屏簫笛製作技工の代表的継承者、劉沢松(りゅう・たくしょう)さん。玉屏簫笛(ぎょくへいしょうてき)は中国の有名な伝統的竹管楽器で、美しく清らかな音色と精緻な彫刻が施されていることで知られる。玉屏簫笛は、貴州省の玉屏(ぎょくへい)トン族自治県内の小水竹(竹の一種)を材料に、トン族、漢族、ミャオ族、トゥチャ族など現地の多くの民族の文化的要素を融合し、材料収集、成形、彫刻、仕上げの4大生産過程と数十におよぶ製作工程を全て手作業で行い完成する。玉屏簫笛製作技工は、国務院により第1期国家級無形文化遺産のリストに登録された。(玉屏=新華社記者/馬寧)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020889

  •  職人が完全手作りで生み出す伝統的な音色玉屏簫笛
    2018年11月29日
    職人が完全手作りで生み出す伝統的な音色玉屏簫笛

    11月29日、玉屏(ぎょくへい)トン族自治県で、自身が製作した簫笛を紹介する国家級無形文化遺産プロジェクト玉屏簫笛製作技工の代表的継承者、劉沢松(りゅう・たくしょう)さん。玉屏簫笛(ぎょくへいしょうてき)は中国の有名な伝統的竹管楽器で、美しく清らかな音色と精緻な彫刻が施されていることで知られる。玉屏簫笛は、貴州省の玉屏(ぎょくへい)トン族自治県内の小水竹(竹の一種)を材料に、トン族、漢族、ミャオ族、トゥチャ族など現地の多くの民族の文化的要素を融合し、材料収集、成形、彫刻、仕上げの4大生産過程と数十におよぶ製作工程を全て手作業で行い完成する。玉屏簫笛製作技工は、国務院により第1期国家級無形文化遺産のリストに登録された。(玉屏=新華社記者/馬寧)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020926

  •  職人が完全手作りで生み出す伝統的な音色玉屏簫笛
    2018年11月29日
    職人が完全手作りで生み出す伝統的な音色玉屏簫笛

    11月29日、玉屏(ぎょくへい)トン族自治県で、自身が製作した玉屏簫笛を紹介する国家級無形文化遺産プロジェクト玉屏簫笛製作技工の代表的継承者の劉沢松(りゅう・たくしゅう)さん。玉屏簫笛(ぎょくへいしょうてき)は中国の有名な伝統的竹管楽器で、美しく清らかな音色と精緻な彫刻が施されていることで知られる。玉屏簫笛は、貴州省の玉屏(ぎょくへい)トン族自治県内の小水竹(竹の一種)を材料に、トン族、漢族、ミャオ族、トゥチャ族など現地の多くの民族の文化的要素を融合し、材料収集、成形、彫刻、仕上げの4大生産過程と数十におよぶ製作工程を全て手作業で行い完成する。玉屏簫笛製作技工は、国務院により第1期国家級無形文化遺産のリストに登録された。(玉屏=新華社記者/馬寧)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020867

  •  職人が完全手作りで生み出す伝統的な音色玉屏簫笛
    2018年11月29日
    職人が完全手作りで生み出す伝統的な音色玉屏簫笛

    11月29日、玉屏(ぎょくへい)トン族自治県で、簫笛を作る竹材のチェックをする国家級無形文化遺産プロジェクト玉屏簫笛製作技工の代表的継承者、劉沢松(りゅう・たくしょう)さん。玉屏簫笛(ぎょくへいしょうてき)は中国の有名な伝統的竹管楽器で、美しく清らかな音色と精緻な彫刻が施されていることで知られる。玉屏簫笛は、貴州省の玉屏(ぎょくへい)トン族自治県内の小水竹(竹の一種)を材料に、トン族、漢族、ミャオ族、トゥチャ族など現地の多くの民族の文化的要素を融合し、材料収集、成形、彫刻、仕上げの4大生産過程と数十におよぶ製作工程を全て手作業で行い完成する。玉屏簫笛製作技工は、国務院により第1期国家級無形文化遺産のリストに登録された。(玉屏=新華社記者/馬寧)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020869

  •  職人が完全手作りで生み出す伝統的な音色玉屏簫笛
    2018年11月29日
    職人が完全手作りで生み出す伝統的な音色玉屏簫笛

    11月29日、玉屏(ぎょくへい)トン族自治県で、簫笛を製作するため竹材に指穴を開ける国家級無形文化遺産プロジェクト玉屏簫笛製作技工の代表的継承者、劉沢松(りゅう・たくしょう)さん。玉屏簫笛(ぎょくへいしょうてき)は中国の有名な伝統的竹管楽器で、美しく清らかな音色と精緻な彫刻が施されていることで知られる。玉屏簫笛は、貴州省の玉屏(ぎょくへい)トン族自治県内の小水竹(竹の一種)を材料に、トン族、漢族、ミャオ族、トゥチャ族など現地の多くの民族の文化的要素を融合し、材料収集、成形、彫刻、仕上げの4大生産過程と数十におよぶ製作工程を全て手作業で行い完成する。玉屏簫笛製作技工は、国務院により第1期国家級無形文化遺産のリストに登録された。(玉屏=新華社記者/馬寧)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020897

  •  「新華社」「バドワイザー」のABI、中国で再生可能エネルギープロジェクト始動
    01:21.34
    2019年06月05日
    「新華社」「バドワイザー」のABI、中国で再生可能エネルギープロジェクト始動

    バドワイザーのブランドを持つビール世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI、ベルギー)は5日、中国広東省仏山市にある生産拠点の再生可能エネルギープロジェクトに2450万元(1元=約16円)を投じると発表した。今年末までに傘下の9工場にソーラーパネルを設置し、年間4100万キロワット時を発電、中国で生産するビールの30%近くを再生可能電力で醸造する。ABIのアジア太平洋地域CEOで総裁のジャン・クラップス氏は、仏山工場が世界のバドワイザーの20%を供給しており、同プロジェクトは世界環境デー(6月5日)に正式に始動したと明らかにした。プロジェクトでは、工場に285ワットのソーラーパネルを約1万7200枚、総面積約5万平方メートルにわたって設置し、6月末に正式に送電網に接続して、今年から年間500万キロワット時を発電する。ABIは中国でソーラーパネルを取り付けた工場を現在の4工場から今年末までに9工場に増やし、ソーラーパネルの総面積をサッカー場57面に相当する41万平方メートルに引き上げる。クラップス氏は「これは中国におけるバドワイザーの年間生産量の30%近くが再生可能電力で醸造されることを意味している。これらのクリーンエネルギーは汚染がなく、生産過程で発生する二酸化炭素の削減量は計3万2千トンで、178万本の植樹に相当する」と述べた。(記者/荊淮僑、黄国保)<映像内容>再生可能エネルギープロジェクトの発表、ビール工場の様子、撮影日:2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403700

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:33.71
    2021年03月27日
    「新華社」新疆の綿花、中国生産量の約9割占める

    中国の綿花の主要生産地、新疆ウイグル自治区では昨年の生産量が516万1千トンに達し、全国生産量の87・3%を占めた。自治区では県・市・区の61カ所、新疆生産建設兵団の110カ所で綿花を栽培。農業従事者の半数近くが綿花生産に従事しており、綿花生産による収入が自治区内の農業従事者の収入全体の30%を占めている。ここ数年、同自治区の栽培業や牧畜業、特色ある農業では機械化が急速に進展。情報化やスマート化、精密化された農機や農業設備が生産過程で広く導入されている。昨年の機械による綿花収穫率は、自治区(新疆生産建設兵団を除く)が69・8%、新疆生産建設兵団が90・9%に達している。(記者/丁磊、李志浩) =配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032702932

  •  Light Bulb Production In Bangladesh
    2021年08月26日
    Light Bulb Production In Bangladesh

    Workers assemble bulbs inside of a light bulbs factory in Demra Area in Dhaka City, Bangladesh, during the process of the production of LED bulbs on 26th August 2021. The majority of workers in the factory are women.Where: Dhaka, Bangladesh .When: 26 Aug 2021.Credit: Eyepix/WENN*****Not Available in France*****、クレジット:Eyepix/WENN/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082700382

  •  Light Bulb Production In Bangladesh
    2021年08月26日
    Light Bulb Production In Bangladesh

    Workers assemble bulbs inside of a light bulbs factory in Demra Area in Dhaka City, Bangladesh, during the process of the production of LED bulbs on 26th August 2021. The majority of workers in the factory are women.Where: Dhaka, Bangladesh .When: 26 Aug 2021.Credit: Eyepix/WENN*****Not Available in France*****、クレジット:Eyepix/WENN/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082700383

  •  Light Bulb Production In Bangladesh
    2021年08月26日
    Light Bulb Production In Bangladesh

    Workers assemble bulbs inside of a light bulbs factory in Demra Area in Dhaka City, Bangladesh, during the process of the production of LED bulbs on 26th August 2021. The majority of workers in the factory are women.Where: Dhaka, Bangladesh .When: 26 Aug 2021.Credit: Eyepix/WENN*****Not Available in France*****、クレジット:Eyepix/WENN/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082700384

  •  Light Bulb Production In Bangladesh
    2021年08月26日
    Light Bulb Production In Bangladesh

    Workers assemble bulbs inside of a light bulbs factory in Demra Area in Dhaka City, Bangladesh, during the process of the production of LED bulbs on 26th August 2021. The majority of workers in the factory are women.Where: Dhaka, Bangladesh .When: 26 Aug 2021.Credit: Eyepix/WENN*****Not Available in France*****、クレジット:Eyepix/WENN/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082700360

  •  Light Bulb Production In Bangladesh
    2021年08月26日
    Light Bulb Production In Bangladesh

    Workers assemble bulbs inside of a light bulbs factory in Demra Area in Dhaka City, Bangladesh, during the process of the production of LED bulbs on 26th August 2021. The majority of workers in the factory are women.Where: Dhaka, Bangladesh .When: 26 Aug 2021.Credit: Eyepix/WENN*****Not Available in France*****、クレジット:Eyepix/WENN/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082700381

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月30日
    (3)中国石油化工集団、グリーン水素製造プロジェクト着工

    30日、新疆ウイグル自治区クチャ市で行われたグリーン水素モデルプロジェクト着工式。中国石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は、新疆ウイグル自治区クチャに建設するグリーン水素モデルプロジェクトが30日に着工し、稼働後には年産2万トンに達すると明らかにした。グリーン水素は風力や太陽光など再生可能エネルギーによる発電で作られた水素で、生産過程で温室効果ガスを発生させず、脱炭素を実現しており「ゼロ炭素水素ガス」と呼ばれる。同プロジェクトは、中国初の1万トン以上の太陽光発電による水素製造プロジェクトで、太陽光発電、送変電、電解水による水素製造、水素貯蔵、水素輸送の5部分で構成され、投資額は約30億元(1元=約18円)となる。(クチャ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120100117

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月30日
    (7)中国石油化工集団、グリーン水素製造プロジェクト着工

    30日、新疆ウイグル自治区クチャ市で行われたグリーン水素モデルプロジェクト着工式。(小型無人機から)中国石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は、新疆ウイグル自治区クチャに建設するグリーン水素モデルプロジェクトが30日に着工し、稼働後には年産2万トンに達すると明らかにした。グリーン水素は風力や太陽光など再生可能エネルギーによる発電で作られた水素で、生産過程で温室効果ガスを発生させず、脱炭素を実現しており「ゼロ炭素水素ガス」と呼ばれる。同プロジェクトは、中国初の1万トン以上の太陽光発電による水素製造プロジェクトで、太陽光発電、送変電、電解水による水素製造、水素貯蔵、水素輸送の5部分で構成され、投資額は約30億元(1元=約18円)となる。(クチャ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120100121

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月30日
    (6)中国石油化工集団、グリーン水素製造プロジェクト着工

    30日、新疆ウイグル自治区クチャ市で行われたグリーン水素モデルプロジェクト着工式。(小型無人機から)中国石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は、新疆ウイグル自治区クチャに建設するグリーン水素モデルプロジェクトが30日に着工し、稼働後には年産2万トンに達すると明らかにした。グリーン水素は風力や太陽光など再生可能エネルギーによる発電で作られた水素で、生産過程で温室効果ガスを発生させず、脱炭素を実現しており「ゼロ炭素水素ガス」と呼ばれる。同プロジェクトは、中国初の1万トン以上の太陽光発電による水素製造プロジェクトで、太陽光発電、送変電、電解水による水素製造、水素貯蔵、水素輸送の5部分で構成され、投資額は約30億元(1元=約18円)となる。(クチャ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120100119

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月30日
    (5)中国石油化工集団、グリーン水素製造プロジェクト着工

    30日、新疆ウイグル自治区クチャ市で行われたグリーン水素モデルプロジェクト着工式。(小型無人機から)中国石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は、新疆ウイグル自治区クチャに建設するグリーン水素モデルプロジェクトが30日に着工し、稼働後には年産2万トンに達すると明らかにした。グリーン水素は風力や太陽光など再生可能エネルギーによる発電で作られた水素で、生産過程で温室効果ガスを発生させず、脱炭素を実現しており「ゼロ炭素水素ガス」と呼ばれる。同プロジェクトは、中国初の1万トン以上の太陽光発電による水素製造プロジェクトで、太陽光発電、送変電、電解水による水素製造、水素貯蔵、水素輸送の5部分で構成され、投資額は約30億元(1元=約18円)となる。(クチャ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120100115

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月30日
    (4)中国石油化工集団、グリーン水素製造プロジェクト着工

    30日、新疆ウイグル自治区クチャ市で行われたグリーン水素モデルプロジェクト着工式。(小型無人機から)中国石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は、新疆ウイグル自治区クチャに建設するグリーン水素モデルプロジェクトが30日に着工し、稼働後には年産2万トンに達すると明らかにした。グリーン水素は風力や太陽光など再生可能エネルギーによる発電で作られた水素で、生産過程で温室効果ガスを発生させず、脱炭素を実現しており「ゼロ炭素水素ガス」と呼ばれる。同プロジェクトは、中国初の1万トン以上の太陽光発電による水素製造プロジェクトで、太陽光発電、送変電、電解水による水素製造、水素貯蔵、水素輸送の5部分で構成され、投資額は約30億元(1元=約18円)となる。(クチャ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120100116

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月30日
    (1)中国石油化工集団、グリーン水素製造プロジェクト着工

    30日、新疆ウイグル自治区クチャ市で行われたグリーン水素モデルプロジェクト着工式。中国石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は、新疆ウイグル自治区クチャに建設するグリーン水素モデルプロジェクトが30日に着工し、稼働後には年産2万トンに達すると明らかにした。グリーン水素は風力や太陽光など再生可能エネルギーによる発電で作られた水素で、生産過程で温室効果ガスを発生させず、脱炭素を実現しており「ゼロ炭素水素ガス」と呼ばれる。同プロジェクトは、中国初の1万トン以上の太陽光発電による水素製造プロジェクトで、太陽光発電、送変電、電解水による水素製造、水素貯蔵、水素輸送の5部分で構成され、投資額は約30億元(1元=約18円)となる。(クチャ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120100118

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月30日
    (2)中国石油化工集団、グリーン水素製造プロジェクト着工

    30日、新疆ウイグル自治区クチャ市で行われたグリーン水素モデルプロジェクト着工式。中国石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は、新疆ウイグル自治区クチャに建設するグリーン水素モデルプロジェクトが30日に着工し、稼働後には年産2万トンに達すると明らかにした。グリーン水素は風力や太陽光など再生可能エネルギーによる発電で作られた水素で、生産過程で温室効果ガスを発生させず、脱炭素を実現しており「ゼロ炭素水素ガス」と呼ばれる。同プロジェクトは、中国初の1万トン以上の太陽光発電による水素製造プロジェクトで、太陽光発電、送変電、電解水による水素製造、水素貯蔵、水素輸送の5部分で構成され、投資額は約30億元(1元=約18円)となる。(クチャ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120100114

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月30日
    (8)中国石油化工集団、グリーン水素製造プロジェクト着工

    30日、新疆ウイグル自治区クチャ市で行われたグリーン水素モデルプロジェクト着工式。中国石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は、新疆ウイグル自治区クチャに建設するグリーン水素モデルプロジェクトが30日に着工し、稼働後には年産2万トンに達すると明らかにした。グリーン水素は風力や太陽光など再生可能エネルギーによる発電で作られた水素で、生産過程で温室効果ガスを発生させず、脱炭素を実現しており「ゼロ炭素水素ガス」と呼ばれる。同プロジェクトは、中国初の1万トン以上の太陽光発電による水素製造プロジェクトで、太陽光発電、送変電、電解水による水素製造、水素貯蔵、水素輸送の5部分で構成され、投資額は約30億元(1元=約18円)となる。(クチャ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120100120

  •  (4)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働
    2022年09月26日
    (4)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働

    25日、重慶ハイアール食洗機コネクテッドファクトリーの生産ライン。中国家電大手の海爾集団(ハイアール)は25日、重慶市で食洗機(食器洗い乾燥機)コネクテッドファクトリーを正式に稼働させた。工場は同市江北区港城工業園にあり、延べ床面積は4万2千平方メートル。年間生産能力は100万台で、フル操業後の年間生産額は20億元(1元=約20円)を見込む。工場は第5世代移動通信システム(5G)やインダストリアルインターネットなどを採用することで生産過程のデジタル化とスマート化を実現。品質の確保と生産効率の向上を両立している。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092605213

  •  (6)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働
    2022年09月26日
    (6)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働

    25日、重慶ハイアール食洗機コネクテッドファクトリーで作業する従業員。中国家電大手の海爾集団(ハイアール)は25日、重慶市で食洗機(食器洗い乾燥機)コネクテッドファクトリーを正式に稼働させた。工場は同市江北区港城工業園にあり、延べ床面積は4万2千平方メートル。年間生産能力は100万台で、フル操業後の年間生産額は20億元(1元=約20円)を見込む。工場は第5世代移動通信システム(5G)やインダストリアルインターネットなどを採用することで生産過程のデジタル化とスマート化を実現。品質の確保と生産効率の向上を両立している。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092605220

  •  (7)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働
    2022年09月26日
    (7)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働

    25日、重慶ハイアール食洗機コネクテッドファクトリーで作業する従業員。中国家電大手の海爾集団(ハイアール)は25日、重慶市で食洗機(食器洗い乾燥機)コネクテッドファクトリーを正式に稼働させた。工場は同市江北区港城工業園にあり、延べ床面積は4万2千平方メートル。年間生産能力は100万台で、フル操業後の年間生産額は20億元(1元=約20円)を見込む。工場は第5世代移動通信システム(5G)やインダストリアルインターネットなどを採用することで生産過程のデジタル化とスマート化を実現。品質の確保と生産効率の向上を両立している。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092605224

  •  (9)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働
    2022年09月26日
    (9)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働

    25日、重慶ハイアール食洗機コネクテッドファクトリーで作業する従業員。中国家電大手の海爾集団(ハイアール)は25日、重慶市で食洗機(食器洗い乾燥機)コネクテッドファクトリーを正式に稼働させた。工場は同市江北区港城工業園にあり、延べ床面積は4万2千平方メートル。年間生産能力は100万台で、フル操業後の年間生産額は20億元(1元=約20円)を見込む。工場は第5世代移動通信システム(5G)やインダストリアルインターネットなどを採用することで生産過程のデジタル化とスマート化を実現。品質の確保と生産効率の向上を両立している。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092605221

  •  (2)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働
    2022年09月26日
    (2)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働

    25日、重慶ハイアール食洗機コネクテッドファクトリーで作業する従業員。中国家電大手の海爾集団(ハイアール)は25日、重慶市で食洗機(食器洗い乾燥機)コネクテッドファクトリーを正式に稼働させた。工場は同市江北区港城工業園にあり、延べ床面積は4万2千平方メートル。年間生産能力は100万台で、フル操業後の年間生産額は20億元(1元=約20円)を見込む。工場は第5世代移動通信システム(5G)やインダストリアルインターネットなどを採用することで生産過程のデジタル化とスマート化を実現。品質の確保と生産効率の向上を両立している。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092605215

  •  (1)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働
    2022年09月26日
    (1)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働

    25日、重慶ハイアール食洗機コネクテッドファクトリーの生産ライン。中国家電大手の海爾集団(ハイアール)は25日、重慶市で食洗機(食器洗い乾燥機)コネクテッドファクトリーを正式に稼働させた。工場は同市江北区港城工業園にあり、延べ床面積は4万2千平方メートル。年間生産能力は100万台で、フル操業後の年間生産額は20億元(1元=約20円)を見込む。工場は第5世代移動通信システム(5G)やインダストリアルインターネットなどを採用することで生産過程のデジタル化とスマート化を実現。品質の確保と生産効率の向上を両立している。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092605292

  •  (5)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働
    2022年09月26日
    (5)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働

    25日、重慶ハイアール食洗機コネクテッドファクトリーで作業する従業員。中国家電大手の海爾集団(ハイアール)は25日、重慶市で食洗機(食器洗い乾燥機)コネクテッドファクトリーを正式に稼働させた。工場は同市江北区港城工業園にあり、延べ床面積は4万2千平方メートル。年間生産能力は100万台で、フル操業後の年間生産額は20億元(1元=約20円)を見込む。工場は第5世代移動通信システム(5G)やインダストリアルインターネットなどを採用することで生産過程のデジタル化とスマート化を実現。品質の確保と生産効率の向上を両立している。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092605214

  •  (8)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働
    2022年09月26日
    (8)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働

    25日、重慶ハイアール食洗機コネクテッドファクトリーの生産ライン。中国家電大手の海爾集団(ハイアール)は25日、重慶市で食洗機(食器洗い乾燥機)コネクテッドファクトリーを正式に稼働させた。工場は同市江北区港城工業園にあり、延べ床面積は4万2千平方メートル。年間生産能力は100万台で、フル操業後の年間生産額は20億元(1元=約20円)を見込む。工場は第5世代移動通信システム(5G)やインダストリアルインターネットなどを採用することで生産過程のデジタル化とスマート化を実現。品質の確保と生産効率の向上を両立している。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092605223

  •  (3)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働
    2022年09月26日
    (3)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働

    25日、重慶ハイアール食洗機コネクテッドファクトリーの生産ライン。中国家電大手の海爾集団(ハイアール)は25日、重慶市で食洗機(食器洗い乾燥機)コネクテッドファクトリーを正式に稼働させた。工場は同市江北区港城工業園にあり、延べ床面積は4万2千平方メートル。年間生産能力は100万台で、フル操業後の年間生産額は20億元(1元=約20円)を見込む。工場は第5世代移動通信システム(5G)やインダストリアルインターネットなどを採用することで生産過程のデジタル化とスマート化を実現。品質の確保と生産効率の向上を両立している。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092605216

  •  (10)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働
    2022年09月26日
    (10)ハイアール、重慶で食洗機コネクテッド工場を稼働

    25日、重慶ハイアール食洗機コネクテッドファクトリーで開かれた製品のラインオフ式。中国家電大手の海爾集団(ハイアール)は25日、重慶市で食洗機(食器洗い乾燥機)コネクテッドファクトリーを正式に稼働させた。工場は同市江北区港城工業園にあり、延べ床面積は4万2千平方メートル。年間生産能力は100万台で、フル操業後の年間生産額は20億元(1元=約20円)を見込む。工場は第5世代移動通信システム(5G)やインダストリアルインターネットなどを採用することで生産過程のデジタル化とスマート化を実現。品質の確保と生産効率の向上を両立している。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092605226

  •  上海税関、「多結晶シリコン」名目の輸入ゴミ980キロを押収
    2023年03月01日
    上海税関、「多結晶シリコン」名目の輸入ゴミ980キロを押収

    2月20日、上海税関が押収した、「多結晶シリコン」と申告された輸入ゴミ。中国上海税関は2月27日、管轄する上海外高橋港区税関が海外から「多結晶シリコン」の名目で輸入されたゴミ980キロを押収したと発表した。これらの輸入貨物は多結晶シリコンとして申告されたが、フレーク状の多結晶シリコンの表面に黒色の石墨が付着したものであることが判明した。これは多結晶シリコン生産過程で生じる副産物で、中国が輸入を禁止している固形廃棄物となる。貨物はすでに、さらなる処理を行うために別の部門に引き渡された。(上海=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030111378

  •  (1)中国企業の新型ホイール、生産過程のCO2排出9割削減
    2023年05月23日
    (1)中国企業の新型ホイール、生産過程のCO2排出9割削減

    15日、双星集団が開発した新型ホイール「ADDPOWER」。空気入れ不要、リム不要、取り外し不要、パンクなし。ゴムの使用もほとんどなく、二酸化炭素(CO2)排出量も削減。中国で100年の歴史を持つタイヤ製造企業の双星集団が、スチール製の機械用ホイール「増力輪(ADDPOWER)」を発売した。(青島=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052310576

  •  (2)中国企業の新型ホイール、生産過程のCO2排出9割削減
    2023年05月23日
    (2)中国企業の新型ホイール、生産過程のCO2排出9割削減

    15日、双星集団が開発した新型ホイール「ADDPOWER」。空気入れ不要、リム不要、取り外し不要、パンクなし。ゴムの使用もほとんどなく、二酸化炭素(CO2)排出量も削減。中国で100年の歴史を持つタイヤ製造企業の双星集団が、スチール製の機械用ホイール「増力輪(ADDPOWER)」を発売した。(青島=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052310575

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年07月06日
    (2)中国初の年産1万トン級グリーン水素生産拠点が稼働

    6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市にある中国石油化工集団のグリーン水素生産拠点で水素タンクを巡回検査する従業員。中国国有石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市に新設したグリーン水素生産拠点が予定通り稼働を開始したと発表した。中国で初めて太陽光発電を利用して年間1万トン以上の水素を生産する。グリーン水素は太陽光や風力など再生可能エネルギー由来の電力で製造され、生産過程で温室効果ガスを排出しない。供給を受ける近隣の中国石化塔河煉化では、従来の天然ガスと化石燃料を完全に代替し、二酸化炭素(CO2)排出量を毎年48万5千トン削減。石油化学製品の製造に新たな道を開き、グリーン水素の工業利用を代表する事例となっている。(クチャ=新華社記者/顧煜)= 配信日: 2023(令和5)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070610801

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年07月06日
    (4)中国初の年産1万トン級グリーン水素生産拠点が稼働

    6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市にある中国石油化工集団グリーン水素生産拠点の水素タンク。(小型無人機から)中国国有石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市に新設したグリーン水素生産拠点が予定通り稼働を開始したと発表した。中国で初めて太陽光発電を利用して年間1万トン以上の水素を生産する。グリーン水素は太陽光や風力など再生可能エネルギー由来の電力で製造され、生産過程で温室効果ガスを排出しない。供給を受ける近隣の中国石化塔河煉化では、従来の天然ガスと化石燃料を完全に代替し、二酸化炭素(CO2)排出量を毎年48万5千トン削減。石油化学製品の製造に新たな道を開き、グリーン水素の工業利用を代表する事例となっている。(クチャ=新華社記者/顧煜)= 配信日: 2023(令和5)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070610821

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年07月06日
    (3)中国初の年産1万トン級グリーン水素生産拠点が稼働

    6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市にある中国石油化工集団グリーン水素生産拠点の水素タンク。(小型無人機から)中国国有石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市に新設したグリーン水素生産拠点が予定通り稼働を開始したと発表した。中国で初めて太陽光発電を利用して年間1万トン以上の水素を生産する。グリーン水素は太陽光や風力など再生可能エネルギー由来の電力で製造され、生産過程で温室効果ガスを排出しない。供給を受ける近隣の中国石化塔河煉化では、従来の天然ガスと化石燃料を完全に代替し、二酸化炭素(CO2)排出量を毎年48万5千トン削減。石油化学製品の製造に新たな道を開き、グリーン水素の工業利用を代表する事例となっている。(クチャ=新華社記者/顧煜)= 配信日: 2023(令和5)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070610989

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年07月06日
    (7)中国初の年産1万トン級グリーン水素生産拠点が稼働

    6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市にある中国石油化工集団グリーン水素生産拠点の中央制御室で働く従業員。中国国有石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市に新設したグリーン水素生産拠点が予定通り稼働を開始したと発表した。中国で初めて太陽光発電を利用して年間1万トン以上の水素を生産する。グリーン水素は太陽光や風力など再生可能エネルギー由来の電力で製造され、生産過程で温室効果ガスを排出しない。供給を受ける近隣の中国石化塔河煉化では、従来の天然ガスと化石燃料を完全に代替し、二酸化炭素(CO2)排出量を毎年48万5千トン削減。石油化学製品の製造に新たな道を開き、グリーン水素の工業利用を代表する事例となっている。(クチャ=新華社記者/顧煜)= 配信日: 2023(令和5)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070610791

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年07月06日
    (8)中国初の年産1万トン級グリーン水素生産拠点が稼働

    6月28日、新疆ウイグル自治区クチャ市の中国石油化工集団グリーン水素生産拠点に並ぶソーラーパネル。(小型無人機から)中国国有石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市に新設したグリーン水素生産拠点が予定通り稼働を開始したと発表した。中国で初めて太陽光発電を利用して年間1万トン以上の水素を生産する。グリーン水素は太陽光や風力など再生可能エネルギー由来の電力で製造され、生産過程で温室効果ガスを排出しない。供給を受ける近隣の中国石化塔河煉化では、従来の天然ガスと化石燃料を完全に代替し、二酸化炭素(CO2)排出量を毎年48万5千トン削減。石油化学製品の製造に新たな道を開き、グリーン水素の工業利用を代表する事例となっている。(クチャ=新華社記者/宿伝義)= 配信日: 2023(令和5)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070610997

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年07月06日
    (5)中国初の年産1万トン級グリーン水素生産拠点が稼働

    6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市にある中国石油化工集団グリーン水素生産拠点。(小型無人機から)中国国有石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市に新設したグリーン水素生産拠点が予定通り稼働を開始したと発表した。中国で初めて太陽光発電を利用して年間1万トン以上の水素を生産する。グリーン水素は太陽光や風力など再生可能エネルギー由来の電力で製造され、生産過程で温室効果ガスを排出しない。供給を受ける近隣の中国石化塔河煉化では、従来の天然ガスと化石燃料を完全に代替し、二酸化炭素(CO2)排出量を毎年48万5千トン削減。石油化学製品の製造に新たな道を開き、グリーン水素の工業利用を代表する事例となっている。(クチャ=新華社記者/顧煜)= 配信日: 2023(令和5)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070610926

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年07月06日
    (6)中国初の年産1万トン級グリーン水素生産拠点が稼働

    6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市にある中国石油化工集団グリーン水素生産拠点。(小型無人機から)中国国有石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市に新設したグリーン水素生産拠点が予定通り稼働を開始したと発表した。中国で初めて太陽光発電を利用して年間1万トン以上の水素を生産する。グリーン水素は太陽光や風力など再生可能エネルギー由来の電力で製造され、生産過程で温室効果ガスを排出しない。供給を受ける近隣の中国石化塔河煉化では、従来の天然ガスと化石燃料を完全に代替し、二酸化炭素(CO2)排出量を毎年48万5千トン削減。石油化学製品の製造に新たな道を開き、グリーン水素の工業利用を代表する事例となっている。(クチャ=新華社記者/宿伝義)= 配信日: 2023(令和5)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070610937

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年07月06日
    (1)中国初の年産1万トン級グリーン水素生産拠点が稼働

    6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市にある中国石油化工集団のグリーン水素生産拠点で働く従業員。中国国有石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)は6月30日、新疆ウイグル自治区クチャ市に新設したグリーン水素生産拠点が予定通り稼働を開始したと発表した。中国で初めて太陽光発電を利用して年間1万トン以上の水素を生産する。グリーン水素は太陽光や風力など再生可能エネルギー由来の電力で製造され、生産過程で温室効果ガスを排出しない。供給を受ける近隣の中国石化塔河煉化では、従来の天然ガスと化石燃料を完全に代替し、二酸化炭素(CO2)排出量を毎年48万5千トン削減。石油化学製品の製造に新たな道を開き、グリーン水素の工業利用を代表する事例となっている。(クチャ=新華社記者/顧煜)= 配信日: 2023(令和5)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070610982

  •  「新華社」シノペック、濃厚相CO2のパイプライン輸送実現中国初
    00:56.81
    2023年07月19日
    「新華社」シノペック、濃厚相CO2のパイプライン輸送実現中国初

    中国石油大手、中国石油化工集団(シノペック・グループ)傘下で山東省に位置する勝利油田は11日、「斉魯石化-勝利油田100万トン級二酸化炭素(CO2)回収・有効利用・貯留(CCUS)プロジェクト」で、国内初の高圧常温濃厚相CO2輸送パイプラインが正式に稼働したと明らかにした。これは中国で初めて濃厚相CO2のパイプラインによる長距離輸送が実現したことを意味し、中国のCCUS産業チェーンの大規模化を促進する上で重要な意義をもつ。パイプラインの長さは109キロメートル。シノペック・グループ傘下で石油精製・石油化学事業を行う山東省の斉魯石化が石油の生産過程で排出・回収するCO2を、勝利油田に年間170万トン輸送し、地下の油層に貯留することが可能で、中国の大規模なCO2のパイプライン輸送の模範になるとみられる。CO2のパイプライン輸送はその規模やコスト、社会的便益の面で大きな優位性があり、陸上での大規模で長距離、低コストのCO2輸送を実現する上で最初の選択肢となっている。斉魯石化-勝利油田のCCUSプロジェクトは2022年8月の稼働開始以来、主にタンクローリーを使ってCO2を輸送してきた。パイプライン開通後はタンク車による輸送を年間4万回減らすことができ、燃料としての天然ガス使用量を標準状態で200万立方メートル、輸送中のCO2排出量を4千トン削減することが可能になる。このプロジェクトは中国最大級のCCUS全体を網羅する産業チェーン実証拠点であり、国内初の100万トン級CCUSプロジェクトでもある。対象となる油田の地質学的石油埋蔵量は2500万トンに上り、15年で累計千万トン余りのCO2を油層に注入することで、原油の採掘量が300万トン近く増え、採収率が12%以上高まる見通し。CO2の貯蔵能力は年間100万トンクラスに上り、削減効果は約900万本の植樹、大衆車60万台弱の1年間にわたる使用中止に相当する。(記者/趙小羽、呉書光、陳国峰) =配信日: 2023(令和5)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023071909774

  •  「新華社」中国企業が建設のバイオマス発電所、定礎式行われるコートジボワール
    00:32.80
    2023年07月24日
    「新華社」中国企業が建設のバイオマス発電所、定礎式行われるコートジボワール

    アフリカ西部、コートジボワールの南部コモエ地方にあるアボワッソで20日、中国の発電所建設大手、中国能源建設集団傘下の中能建国際集団と中能建建築集団の共同企業体(JV)(以下、中能建JV)が建設を請け負う46メガワット(MW)バイオマス発電所プロジェクトの定礎式が行われた。同発電所はフランス電力(EDF)が投資を主導、中能建JVが建設を請け負い、完成後は農業廃棄物を燃料としてコートジボワール国内に年間348億ワット時のクリーンエネルギーを供給できる。同国のママドゥ・クリバリ鉱山・石油・エネルギー相は定礎式で、同発電所は主にパーム油生産過程で出るヤシの葉柄(ようへい)などの廃棄物を燃料とし、完成後は年間約170万人の電力需要問題を解決し、コートジボワールの農業の持続可能な発展を促進すると述べた。中能建JVの詹亮(せん・りょう)プロジェクト部副経理は同日、取材を受け、このプロジェクトは地元に千人以上の雇用機会を提供できると説明。プロジェクトは中国、フランス、コートジボワールの3カ国協力におけるモデルとして、当事国がコートジボワールや西アフリカでより深く広範な協力を行っていくのを後押しするとの見方を示した。同プロジェクトは2022年8月に契約調印を完了、25年に完成し発電を開始する予定で、完成後は西アフリカ最大のバイオマス発電所となる。(記者/鄭揚子) =配信日: 2023(令和5)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023072408545

  •  「新華社」産業廃棄物処理による循環経済、100億元規模に湖北省黄石市
    01:27.80
    2023年08月30日
    「新華社」産業廃棄物処理による循環経済、100億元規模に湖北省黄石市

    中国湖北省黄石市下陸区にある長楽山循環経済産業パークでは現在、産業廃棄物処理産業が注目を集めている。産業廃棄物処理会社の光大緑色環保固廃処置(黄石)には、地元のプリント基板(PCB)企業の生産過程で発生したドライフィルムかす、オイルスラッジ、金属廃液が次々と送られて来る。同社の有害廃棄物焼却作業場の制御室では、作業員がレバーを操作し、遠隔でドライフィルムかすやオイルスラッジなどの有害廃棄物をロータリーキルンに送り、無害化処理を行っている。廃液の総合利用作業場では、作業員が製造された高純度の硫酸銅をこん包して保管している。これらは、黄石市のPCB企業の生産時に出る酸性およびアルカリ性のエッチング廃液から得られたもので、肥料や殺菌剤の原料になる硫酸銅製品でもある。敷地面積が2040ムー(136ヘクタール)の長楽山循環経済産業パークには現在、17社の各種環境保護企業が入居しており、同市の各種工業固体廃棄物や危険廃棄物など40種類余りを年間処理総量535万トン処理し、総生産額は100億元(1元=約20円)超に達している。(記者/王自宸、潘志偉) =配信日: 2023(令和5)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023083010395

  •  (5)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省
    2023年11月18日
    (5)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省

    16日、害虫の情報分析装置で病害虫の状況を確認する歙県定潭村黄山貢菊スマート農業モデル基地の担当者。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県ではここ数年、デジタル化が加速しており、生産物のトレーサビリティーや害虫発生の予測分析、精密施肥などスマート農業における新たなモデルの運用が普及している。第5世代移動通信システム(5G)やモノのインターネット(IoT)の活用を通じて、茶葉や菊花など特色ある産業の生産過程のデジタル化を全面的に推進し、地元農産業の質と効率の向上を促している。(黄山=新華社記者/曹力)= 配信日: 2023(令和5)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023111809632

  •  (4)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省
    2023年11月18日
    (4)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省

    16日、安徽省黄山市歙県深渡鎮定潭村。(小型無人機から)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県ではここ数年、デジタル化が加速しており、生産物のトレーサビリティーや害虫発生の予測分析、精密施肥などスマート農業における新たなモデルの運用が普及している。第5世代移動通信システム(5G)やモノのインターネット(IoT)の活用を通じて、茶葉や菊花など特色ある産業の生産過程のデジタル化を全面的に推進し、地元農産業の質と効率の向上を促している。(黄山=新華社記者/曹力)= 配信日: 2023(令和5)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023111809629

  •  (2)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省
    2023年11月18日
    (2)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省

    16日、安徽省黄山市歙県深渡鎮定潭村の黄山貢菊スマート農業モデル基地で菊花を収穫する農家。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県ではここ数年、デジタル化が加速しており、生産物のトレーサビリティーや害虫発生の予測分析、精密施肥などスマート農業における新たなモデルの運用が普及している。第5世代移動通信システム(5G)やモノのインターネット(IoT)の活用を通じて、茶葉や菊花など特色ある産業の生産過程のデジタル化を全面的に推進し、地元農産業の質と効率の向上を促している。(黄山=新華社記者/曹力)= 配信日: 2023(令和5)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023111809635

  •  (1)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省
    2023年11月18日
    (1)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省

    16日、安徽省黄山市歙県深渡鎮定潭村の黄山貢菊スマート農業モデル基地で菊花を収穫する農家。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県ではここ数年、デジタル化が加速しており、生産物のトレーサビリティーや害虫発生の予測分析、精密施肥などスマート農業における新たなモデルの運用が普及している。第5世代移動通信システム(5G)やモノのインターネット(IoT)の活用を通じて、茶葉や菊花など特色ある産業の生産過程のデジタル化を全面的に推進し、地元農産業の質と効率の向上を促している。(黄山=新華社記者/曹力)= 配信日: 2023(令和5)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023111809633

  •  (6)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省
    2023年11月18日
    (6)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省

    16日、モバイル端末による遠隔操作で農業情報を確認する農家。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県ではここ数年、デジタル化が加速しており、生産物のトレーサビリティーや害虫発生の予測分析、精密施肥などスマート農業における新たなモデルの運用が普及している。第5世代移動通信システム(5G)やモノのインターネット(IoT)の活用を通じて、茶葉や菊花など特色ある産業の生産過程のデジタル化を全面的に推進し、地元農産業の質と効率の向上を促している。(黄山=新華社記者/曹力)= 配信日: 2023(令和5)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023111809643

  •  (7)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省
    2023年11月18日
    (7)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省

    16日、IoT設備の5Gネットワーク運用状況を検査する、中国通信大手、中国移動通信集団(チャイナモバイル)傘下の安徽移動通信歙県分公司の職員。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県ではここ数年、デジタル化が加速しており、生産物のトレーサビリティーや害虫発生の予測分析、精密施肥などスマート農業における新たなモデルの運用が普及している。第5世代移動通信システム(5G)やモノのインターネット(IoT)の活用を通じて、茶葉や菊花など特色ある産業の生産過程のデジタル化を全面的に推進し、地元農産業の質と効率の向上を促している。(黄山=新華社記者/曹力)= 配信日: 2023(令和5)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023111809668

  •  (3)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省
    2023年11月18日
    (3)「スマート農業」が産業の質と効率の向上を促進安徽省

    16日、安徽省黄山市歙県深渡鎮定潭村の黄山貢菊スマート農業モデル基地。(小型無人機から)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県ではここ数年、デジタル化が加速しており、生産物のトレーサビリティーや害虫発生の予測分析、精密施肥などスマート農業における新たなモデルの運用が普及している。第5世代移動通信システム(5G)やモノのインターネット(IoT)の活用を通じて、茶葉や菊花など特色ある産業の生産過程のデジタル化を全面的に推進し、地元農産業の質と効率の向上を促している。(黄山=新華社記者/曹力)= 配信日: 2023(令和5)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023111809637

  •  (22)中国琉璃の里を訪ねて北京市
    2023年12月26日
    (22)中国琉璃の里を訪ねて北京市

    10日、琉璃の生産過程が展示された作業場。中国北京市西部の門頭溝区竜泉鎮にある琉璃渠村は北京皇室琉璃(るり)の発祥地とされ、「中国琉璃の里」と呼ばれる。1263年に官窯(かんよう)が正式に設けられ、明清時代まで700年以上にわたり、皇室建築の琉璃部材の焼成を担った。村内の北京琉璃製品廠が今年2月、「金隅琉璃文化クリエーティブ産業パーク」としてリニューアル。優れた無形文化遺産の工房や文化クリエーティブ関連企業、カフェ・レストランなどがテナント入りし、トンネル窯を改装したアートスペースでは芸術展やフォーラムなども開催されている。(北京=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122610012

  •  (28)中国琉璃の里を訪ねて北京市
    2023年12月26日
    (28)中国琉璃の里を訪ねて北京市

    10日、琉璃の生産過程が展示された作業場。中国北京市西部の門頭溝区竜泉鎮にある琉璃渠村は北京皇室琉璃(るり)の発祥地とされ、「中国琉璃の里」と呼ばれる。1263年に官窯(かんよう)が正式に設けられ、明清時代まで700年以上にわたり、皇室建築の琉璃部材の焼成を担った。村内の北京琉璃製品廠が今年2月、「金隅琉璃文化クリエーティブ産業パーク」としてリニューアル。優れた無形文化遺産の工房や文化クリエーティブ関連企業、カフェ・レストランなどがテナント入りし、トンネル窯を改装したアートスペースでは芸術展やフォーラムなども開催されている。(北京=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122610011

  •  (21)中国琉璃の里を訪ねて北京市
    2023年12月26日
    (21)中国琉璃の里を訪ねて北京市

    10日、琉璃の生産過程が展示された作業場。中国北京市西部の門頭溝区竜泉鎮にある琉璃渠村は北京皇室琉璃(るり)の発祥地とされ、「中国琉璃の里」と呼ばれる。1263年に官窯(かんよう)が正式に設けられ、明清時代まで700年以上にわたり、皇室建築の琉璃部材の焼成を担った。村内の北京琉璃製品廠が今年2月、「金隅琉璃文化クリエーティブ産業パーク」としてリニューアル。優れた無形文化遺産の工房や文化クリエーティブ関連企業、カフェ・レストランなどがテナント入りし、トンネル窯を改装したアートスペースでは芸術展やフォーラムなども開催されている。(北京=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122610022

  •  (1)ダンフォスの天津工業パーク、グリーン電力供給を実現
    2024年01月03日
    (1)ダンフォスの天津工業パーク、グリーン電力供給を実現

    ダンフォスの天津武清パーク。(2023年7月5日、小型無人機から撮影)デンマーク産業機械大手ダンフォスは1日、中国天津市武清区にある同社の工業園区(パーク)でグリーン電力の全面供給を実現した。グリーン電力は、生産過程で排出される二酸化炭素(CO2)がゼロまたはゼロに近い電力を指し、企業がカーボンニュートラル(温暖化ガス排出の実質ゼロ)目標を達成し、産業の転換・高度化を実現させる上で戦略的意義を持つ。ダンフォスは昨年11月、上海で開かれた第6回中国国際輸入博覧会で中国送電大手、国家電網傘下の国網天津総合能源服務(エネルギーサービス)、公益事業会社の深圳能源集団傘下、天津市英華新能源科技発展と10年間のグリーン電力購入契約を結んだ。(天津=新華社配信)= 配信日: 2024(令和6)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024010310116

  •  (2)ダンフォスの天津工業パーク、グリーン電力供給を実現
    2024年01月03日
    (2)ダンフォスの天津工業パーク、グリーン電力供給を実現

    天津市英華新能源科技発展が武清区崔黄口鎮で実施する「漁光互補」プロジェクト。(2023年7月17日、小型無人機から撮影)デンマーク産業機械大手ダンフォスは1日、中国天津市武清区にある同社の工業園区(パーク)でグリーン電力の全面供給を実現した。グリーン電力は、生産過程で排出される二酸化炭素(CO2)がゼロまたはゼロに近い電力を指し、企業がカーボンニュートラル(温暖化ガス排出の実質ゼロ)目標を達成し、産業の転換・高度化を実現させる上で戦略的意義を持つ。ダンフォスは昨年11月、上海で開かれた第6回中国国際輸入博覧会で中国送電大手、国家電網傘下の国網天津総合能源服務(エネルギーサービス)、公益事業会社の深圳能源集団傘下、天津市英華新能源科技発展と10年間のグリーン電力購入契約を結んだ。(天津=新華社配信)= 配信日: 2024(令和6)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024010310127

  •  「新華社」中糧集団、「森林減少ゼロ」ブラジル産大豆を初めて輸入
    01:15.30
    2024年06月04日
    「新華社」中糧集団、「森林減少ゼロ」ブラジル産大豆を初めて輸入

    中国食糧大手の中糧集団(COFCO)が輸入する「森林減少ゼロ・植生破壊ゼロ」(ゼロ・デフォレステーション)のブラジル産大豆を積んだ貨物船が5月31日、ブラジルのバルカレナ港から1カ月余りの航海を経て天津市の天津港に到着した。このブラジル産ゼロ・デフォレステーション大豆の輸入が実施されたことで、中国が積極的に進める持続可能な発展の生き生きとした実践が世界の市場に示された。今回の取買い付けは中糧集団傘下の中糧国際と、中国乳製品大手の中国蒙牛乳業傘下の中国現代牧業が昨年の第6回中国国際輸入博覧会で契約したもので、世界経済フォーラム熱帯雨林保護アライアンスが契約に寄与した。無事同市に到着した大豆は、COFCO傘下の中糧佳悦(天津)が加工を行った上で中国現代牧業へと引き渡される。ゼロ・デフォレステーション大豆は、栽培地が森林の減少や植生の破壊が伴わなく生産した大豆を指す。これらの大豆を販売することで、貿易や市場の手段を通じて農業生産過程に存在する森林伐採や植生破壊の問題を効果的に抑制することができる。中糧国際は現在、ブラジルから直接買い付けた大豆の100%トレーサビリティーを実現しており、次の段階として2025年に中南米の主要生産地域に、ゼロ・デフォレステーション大豆のサプライチェーン(供給網)を構築することを計画している。(記者/李帥) =配信日: 2024(令和6)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024060406762

  • 1