KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 農業
  • 原料
  • 平成
  • 中薬
  • 医院
  • ムー
  • チベット医学
  • 研究

「生薬」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
211
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
211
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1976年08月03日
    鍼灸ツボの部位図 家畜やペットにもハリ治療

    定本活字化された宝暦10(1760)年発行の“馬のハリ療法”を示した文献「万病馬療鍼灸(しんきゅう)撮要」。巻頭に鍼灸のツボの部位図を掲げ、生薬の配合も詳述している

    商品コード: 2014010800147

  • 1997年03月21日
    ジャムー屋台の客と店主 「何にでも効く」伝統生薬

    )、外信439S、22日付夕刊以降使用、外信部注意  ジャカルタ市内の伝統生薬「ジャムー」の屋台で、客(右)の注文を受ける店主(共同)

    商品コード: 1997032100098

  • 2001年01月29日
    常盤薬品工業 生薬エキスなど配合

    )、企画362S、31日付朝刊以降使用、字句を差し替えた修正電文  常盤薬品工業の「和漢のど〓」☆食ヘンに台

    商品コード: 2001012900055

  • 2001年01月29日
    ロッテ 生薬エキスなど配合

    )、企画362S、31日付朝刊以降使用、字句を差し替えた修正電文  ロッテの「のど〓」☆食ヘンに台

    商品コード: 2001012900061

  • 2001年01月29日
    カンロ 生薬エキスなど配合

    )、企画362S、31日付朝刊以降使用 カンロの「ノンシュガーのど飴」

    商品コード: 2001012900062

  • 2002年07月13日
    棚に並んだ生薬 中国医学の拠点に

    漢方薬調合のため「中医学研究所」の診療所に並ぶ生薬=高知県中村市

    商品コード: 2002071300012

  • 2003年09月08日
    生薬成分で肌に張り 商品ニュース

    日本メナード化粧品が発売する美容液「コラックスEX」

    商品コード: 2003090800101

  • 2003年09月26日
    6種の生薬入り入浴剤 商品ニュース

    ツムラの入浴剤「中将姫の湯」

    商品コード: 2003092600207

  • 2004年02月06日
    栽培に成功した麻黄 麻黄の国内栽培に成功

    国内での栽培に成功した漢方生薬の麻黄(まおう)=03年12月、茨城県つくば市の国立医薬品食品衛生研究所筑波薬用植物栽培試験場

    商品コード: 2004020600005

  • 2005年04月26日
    生薬11種類入りドリンク剤 商品ニュース

    大正製薬が発売したドリンク剤「サモンビガーI」

    商品コード: 2005042600132

  • 2005年07月06日
    生薬エキスを配合 商品ニュース

    日本メナード化粧品が発売する「メナード薬用リシアルEX」7品

    商品コード: 2005070600084

  • 2005年10月28日
    生薬配合ドリンク剤 商品ニュース

    大正製薬の「ゼナF―IV」

    商品コード: 2005102800079

  • 2007年03月29日
    強壮生薬入りドリンク剤 商品ニュース

    大正製薬の「リポビタンDIIα」

    商品コード: 2007032900125

  • 2008年12月20日
    平安京跡から出土した酒杯 長寿願う儀式の酒杯か

    平安京跡から出土した、正月に長寿を願い生薬「白散」を飲む儀式に使われたとみられる平安時代末期の酒杯

    商品コード: 2008122000215

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年04月04日
    大学生薬物汚染コラージュ 徹底啓発も解決遠く

    薬物防止のポスター(左上)、押収された大麻草(右上)、共同記者会見する大学の学長(下)などのコラージュ

    商品コード: 2009040400172

  • 2009年07月10日
    植物由来成分の歯磨き 商品ニュース

    ライオンの「ハイテクト 生薬の恵み」

    商品コード: 2009071000162

  • 2010年11月18日
    漢方薬原料の調達先拡大

    生薬の調達先

    商品コード: 2010111800623

  • 2010年11月18日
    漢方薬原料の調達先拡大

    生薬の調達先

    商品コード: 2010111800624

  • 2010年11月18日
    漢方薬原料の調達先拡大

    生薬の調達先

    商品コード: 2010111800625

  • 2010年11月18日
    漢方薬原料の調達先拡大

    生薬の調達先

    商品コード: 2010111800626

  • 2012年05月14日
    ウスバサイシンの花

    キーワード:2輪、ウスバサイシン、アップ、サイシン、山野草、ユニークな、屋外、花、奇妙、午後、春、初夏、植物、生薬、日本、無人、草花、動植物メイン写真=2012(平成24)年5月14日、撮影場所不明、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070309593

  • 2013年06月12日
    生薬成分入りビタミン剤 商品ニュース

    塩野義製薬の「ポポンSローヤル」

    商品コード: 2013061200273

  • 2015年01月09日
    生薬入り栄養ドリンク 商品ニュース

    常盤薬品工業の「グロンビター内服液L」

    商品コード: 2015010900313

  • 2015年03月18日
    協定書を取り交わす知事ら 山口県が生薬原料生産へ

    薬用作物の生産で連携する協定書を取り交わす、大阪生薬協会の大野健一会長(左)と山口県の村岡嗣政知事=18日午後、山口県庁

    商品コード: 2015031800626

  • 2016年03月09日
    薬草栽培に取り組む住民ら 放棄地を薬草の聖地に

    東京生薬協会の指導を受け、青葉山で薬草栽培に取り組む住民ら=2015年8月、福井県高浜町

    商品コード: 2016030900300

  • 2016年03月15日
    生薬甘草、メタボに有効か

    甘草が内臓に働くイメージ

    商品コード: 2016031500650

  • 2016年03月15日
    生薬甘草、メタボに有効か

    甘草が内臓に働くイメージ

    商品コード: 2016031500652

  • 2016年03月15日
    生薬甘草、メタボに有効か

    甘草が内臓に働くイメージ

    商品コード: 2016031500653

  • 2016年03月15日
    生薬甘草、メタボに有効か

    甘草が内臓に働くイメージ

    商品コード: 2016031500665

  • 2016年03月19日
    トウキの清涼菓子

    生薬「大和トウキ」の葉を配合した錠剤タイプの菓子「トウキス」

    商品コード: 2016031900284

  • 2016年07月11日
    伝統的なチベット医薬が与える新たな活力青海省玉樹チベット族自治州

    患者の脈をとる玉樹チベット族自治州蔵医院肝疾患科の専門家。(資料写真)中国青海省玉樹チベット族自治州はここ数年、チベット医学(蔵医)事業の発展に力を注いでいる。チベット族居住区の人口高齢化や慢性病患者が増加している実情に合わせ、現代技術を利用して特色あるチベット医学の保健診療区を設立。さまざまな民族の人々に歓迎されている。同自治州蔵医院が製造したチベット生薬製剤は過去10年間で160種類から260種類以上に増え、年間生産量は15トン以上に達している。製造技術に現代技術を取り入れることで、薬の量がさらに正確になり、より安全な効果が表れている。(玉樹=新華社配信)=2016(平成28)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003599

  • 2016年09月25日
    伝統的なチベット医薬が与える新たな活力青海省玉樹チベット族自治州

    青海省玉樹チベット族自治州蔵医院。(資料写真)中国青海省玉樹チベット族自治州はここ数年、チベット医学(蔵医)事業の発展に力を注いでいる。チベット族居住区の人口高齢化や慢性病患者が増加している実情に合わせ、現代技術を利用して特色あるチベット医学の保健診療区を設立。さまざまな民族の人々に歓迎されている。同自治州蔵医院が製造したチベット生薬製剤は過去10年間で160種類から260種類以上に増え、年間生産量は15トン以上に達している。製造技術に現代技術を取り入れることで、薬の量がさらに正確になり、より安全な効果が表れている。(玉樹=新華社配信)=2016(平成28)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003632

  • 2017年05月02日
    冊子の表紙 生薬含む市販薬の早見帖

    「クスリ早見帖」の2017年版の表紙

    商品コード: 2017050200490

  • 2017年07月03日
    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省

    2017年夏、収穫した中薬材を整理する長征村の住民。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2017(平成29)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801513

  • 2018年06月21日
    薬用植物 コガネバナ

    キーワード:コガネバナ、シソ科、屋外、花、漢方、漢方薬、初夏、植物、生薬、日本、日本薬局方、無人、薬草、薬用、薬用植物、オウゴン、動植物メイン写真=2018(平成30)年6月21日、撮影場所不明、クレジット:Nobuyuki Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070119296

  • 2018年06月21日
    薬用植物 コガネバナ

    キーワード:コガネバナ、シソ科、屋外、花、漢方、漢方薬、初夏、植物、生薬、日本、日本薬局方、無人、薬草、薬用、薬用植物、オウゴン、動植物メイン写真=2018(平成30)年6月21日、撮影場所不明、クレジット:Nobuyuki Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070119383

  • 2018年06月21日
    ノゲイトウ 薬用植物

    キーワード:ノゲイトウ、屋外、植物、生薬、日本、無人、薬草、薬用、薬用植物、動植物メイン写真=2018(平成30)年6月21日、撮影場所不明、クレジット:Nobuyuki_Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122500569

  • 2018年06月21日
    クソニンジン 薬用植物

    キーワード:クソニンジン、屋外、植物、生薬、日本、無人、薬草、薬用、薬用植物、動植物メイン写真、ン、クソニンシ=2018(平成30)年6月21日、撮影場所不明、クレジット:Nobuyuki_Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122500748

  • 2018年06月21日
    薬用植物 ケイガイ

    キーワード:ケイガイ、シソ科、屋外、漢方、漢方薬、初夏、植物、生薬、日本、無人、薬草、薬用、薬用植物、荊芥、動植物メイン写真=2018(平成30)年6月21日、撮影場所不明、クレジット:Nobuyuki Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070119299

  • 2018年06月21日
    薬用植物 ケイガイ

    キーワード:ケイガイ、屋外、漢方、漢方薬、午後、初夏、植物、生薬、日本、日本薬局方、無人、薬草、薬用、薬用植物、動植物メイン写真=2018(平成30)年6月21日、撮影場所不明、クレジット:Nobuyuki Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070119334

  • 2018年06月21日
    薬用植物 クララ

    キーワード:屋外、漢方、漢方薬、健康食、午後、初夏、植物、生薬、日本、日本薬局方、無人、薬、薬草、薬用、薬用植物、クララ、苦参、動植物メイン写真、マメ亜科=2018(平成30)年6月21日、撮影場所不明、クレジット:Nobuyuki Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070119384

  • 2018年06月21日
    薬用植物 キダチマオウ

    キーワード:医療、屋外、漢方、漢方薬、初夏、植物、生薬、日本、日本薬局方、無人、薬草、薬用、薬用植物、動植物メイン写真、キダチマオウ=2018(平成30)年6月21日、撮影場所不明、クレジット:Nobuyuki Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070119480

  • 2018年06月21日
    薬用植物 センダングサ

    キーワード:キク科、センダングサ、屋外、初夏、植物、生薬、日本、無人、薬草、薬用、薬用植物、動植物メイン写真=2018(平成30)年6月21日、撮影場所不明、クレジット:Nobuyuki Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070119261

  • 2018年06月23日
    「千年の薬都」がデジタル化で国際市場進出進める河北省安国市

    「安国デジタル中薬都」の俯瞰図。(2018年6月23日撮影)中国河北省安国市(保定市が管轄する県級市)は、かつては祁州(きしゅう)とも呼ばれ、古くから「薬都」の異名を持つ。近年、世界各地で中国の中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)への需要が伸びており、安国市は中薬材取引専門市場を設立して、中薬関連産業チェーン全体の構造転換と高度化を継続的に推進している。長年にわたり、国際的に公認され受け入れられる品質管理基準や、明確な有効成分含有量、標準化された検査・測定方法がなかったことが、薬の安定性と均一性確保を困難にし、中薬の国際的な発展を制約してきた。「安国デジタル中薬都」の建設は、これらの問題を効果的に解決し、中薬の国際化と標準化をさらに推し進める力になっている。(石家荘=新華社配信/呂峰)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100801385

  • 2018年06月23日
    「千年の薬都」がデジタル化で国際市場進出進める河北省安国市

    「安国デジタル中薬都」の正面外観。(2018年6月23日撮影)中国河北省安国市(保定市が管轄する県級市)は、かつては祁州(きしゅう)とも呼ばれ、古くから「薬都」の異名を持つ。近年、世界各地で中国の中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)への需要が伸びており、安国市は中薬材取引専門市場を設立して、中薬関連産業チェーン全体の構造転換と高度化を継続的に推進している。長年にわたり、国際的に公認され受け入れられる品質管理基準や、明確な有効成分含有量、標準化された検査・測定方法がなかったことが、薬の安定性と均一性確保を困難にし、中薬の国際的な発展を制約してきた。「安国デジタル中薬都」の建設は、これらの問題を効果的に解決し、中薬の国際化と標準化をさらに推し進める力になっている。(石家荘=新華社配信/呂峰)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100801384

  • 2018年06月27日
    漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤

    河北豊潤27日、丹参(タンジン)畑で農作業に勤しむ豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人たち。(小型無人機で撮影)中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200554

  • 2018年06月27日
    漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤

    27日、畑で射干(ヤカン)の手入れをする豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人たち。中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200590

  • 2018年06月27日
    漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤

    27日、乾燥させた丹参(タンジン)を見せる豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人。中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200552

  • 2018年08月12日
    漢方生薬栽培で増収促進河北省内丘県

    12日、オウゴン(黄芩)を収穫する河北省邢台市内丘県柳林鎮の農民。中国河北省邢台市内丘県はここ数年、土地使用権譲渡により丘陵地帯の生薬栽培拠点を整備している。漢方生薬栽培合作社を設立し「栽培拠点+合作社+農家」の経営管理モデルを取り入れて漢方生薬の栽培を発展させ、農民に新たな増収と富裕化への道を開いた。同県では現在、漢方生薬の栽培面積が10万ムー(約6600ヘクタール)となり、生産高は20億元(1元=約16円)に達している。(内丘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501111

  • 2018年08月12日
    漢方生薬栽培で増収促進河北省内丘県

    12日、収穫したスイカズラを整理する河北省邢台市内丘県大孟村鎮劉家荘村の農民。中国河北省邢台市内丘県はここ数年、土地使用権譲渡により丘陵地帯の生薬栽培拠点を整備している。漢方生薬栽培合作社を設立し「栽培拠点+合作社+農家」の経営管理モデルを取り入れて漢方生薬の栽培を発展させ、農民に新たな増収と富裕化への道を開いた。同県では現在、漢方生薬の栽培面積が10万ムー(約6600ヘクタール)となり、生産高は20億元(1元=約16円)に達している。(内丘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501092

  • 2018年08月12日
    漢方生薬栽培で増収促進河北省内丘県

    12日、河北省邢台市内丘県五郭店郷にある決明子(エビスグサ)栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省邢台市内丘県はここ数年、土地使用権譲渡により丘陵地帯の生薬栽培拠点を整備している。漢方生薬栽培合作社を設立し「栽培拠点+合作社+農家」の経営管理モデルを取り入れて漢方生薬の栽培を発展させ、農民に新たな増収と富裕化への道を開いた。同県では現在、漢方生薬の栽培面積が10万ムー(約6600ヘクタール)となり、生産高は20億元(1元=約16円)に達している。(内丘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501142

  • 2018年11月23日
    小学校で中国医薬の知識に触れる河北省石家荘市

    23日、河北省石家荘市の市荘路小学校で、中国医薬の生薬について児童に説明する石家荘中医院の医師。中国河北省石家荘市中医院のボランティア隊が23日、同市の市荘路小学校で中国医薬教室を開いた。よく使われる中国医薬の見分け方などを説明し、児童に中国医薬文化の独特な魅力を紹介した。(石家荘=新華社配信/双鵬飛)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615276

  • 2018年11月23日
    小学校で中国医薬の知識に触れる河北省石家荘市

    23日、河北省石家荘市の市荘路小学校で、中国医学について児童に説明する石家荘中医院の医師。中国河北省石家荘市中医院のボランティア隊が23日、同市の市荘路小学校で中国医薬教室を開いた。よく使われる中国医薬の見分け方などを説明し、児童に中国医薬文化の独特な魅力を紹介した。(石家荘=新華社配信/双鵬飛)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615651

  • 2019年01月28日
    生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県

    28日、福建省永春県岵山(こざん)鎮茂霞(もか)村で、熟地黄の丸薬を作る村の人たち。熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、このような作業を9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。(永春=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124367

  • 2019年01月28日
    生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県

    28日、福建省永春県岵山(こざん)鎮の茂霞(もか)村で撮影した天日干しした熟地黄。熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、このような作業を9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。(永春=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124322

  • 2019年01月28日
    生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県

    28日、福建省永春県岵山(こざん)鎮の茂霞(もか)村で、熟地黄を天日干しする村の人たち。(小型無人機から)熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、このような作業を9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。(永春=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124342

  • 2019年01月28日
    生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県

    28日、福建省永春県岵山(こざん)鎮の茂霞(もか)村で、熟地黄を天日干しする村の人たち。(小型無人機から)熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、このような作業を9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。(永春=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124321

  • 2019年01月28日
    生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県

    28日、空からみた福建省永春県岵山(こざん)鎮茂霞(もか)村のクリエイティブスポット「熟地黄文創園」。ここは山を背に川に臨んだすばらしい環境の中にある。(小型無人機から)熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、このような作業を9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。(永春=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124324

  • 2019年01月28日
    生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県

    28日、福建省永春県岵山(こざん)鎮の茂霞(もか)村で、熟地黄を天日干しする村の人たち。(小型無人機から)熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、このような作業を9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。(永春=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124377

  • 2019年01月28日
    生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県

    28日、福建省永春県岵山(こざん)鎮の茂霞(もか)村で、熟地黄を天日干しする村の人たち。(小型無人機から)熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、このような作業を9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。(永春=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124364

  • 00:31.56
    2019年02月06日
    「新華社」生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県

    熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄の製作には、空気、水源、太陽の3つの要素が極めて重要だ。同県岵山(こざん)鎮茂霞(もか)村のクリエイティブスポット「熟地黄文創園」は周囲を木々に囲まれ、広い敷地内には泉が湧き、熟地黄の製造には最適な環境だという。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、これを9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。付加価値のある九製熟地黄は、閩南地方(福建省南部)や東南アジアで広く販売されており、古ければ古いほど値段が高いと言われている。(記者/宋為偉)<映像内容>「九製熟地黄」製作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621589

  • 01:50.55
    2019年02月07日
    「新華社」レイシの人工栽培で成果チベット自治区ニンティ市

    中国チベット自治区ニンティ市メンリン県はチベット東南部に位置し、「薬の大陸」と呼ばれるほどチベット生薬の資源が豊富だ。2016年に同県政府は投資を誘致し、同県南伊郷の西藏霊芝生物科技有限公司の霊芝(レイシ)栽培プロジェクトをスタートさせた。レイシは湿潤な高原地帯で育ち、地元では健康食品、薬用として用いられている。同自治区農牧科学院野菜研究所の食用菌類研究チームによるレイシの適応化が成功し、すでに人工栽培が実現している。レイシ栽培基地の敷地面積は観賞用温室1棟とビニールハウス40棟、合わせて面積千ムー余り(約67ヘクタール)で、村民に毎年40万元(1元=約16円)の借地料をもたらしている。また、毎年栽培時期には地元の農民が基地で働き、専門的な指導を受けており、すでに110人の雇用を創出したという。2018年末までの同基地でのレイシ生産量は16万5千トンに達し、年間総収入は3300万元となった。(記者/張寶亢)<映像内容>霊芝(きのこ)の人工栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717837

  • 2019年03月15日
    各地で春の農作業が忙しい時期に

    15日、中国江西省新余(しんよ)市渝水区水北鎮楼前村にある生薬栽培基地で農作業をする農民。(新余=新華社配信/趙春亮)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000242

  • 2019年03月15日
    各地で春の農作業が忙しい時期に

    15日、中国江西省新余(しんよ)市渝水区水北鎮楼前村にある生薬栽培基地で農作業をする農民。(小型無人機から)(新余=新華社配信/趙春亮)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000182

  • 2019年04月20日
    伝統的なチベット医薬が与える新たな活力青海省玉樹チベット族自治州

    患者の回復状況を尋ねる玉樹チベット族自治州蔵医院薬浴科の看護師。(資料写真)中国青海省玉樹チベット族自治州はここ数年、チベット医学(蔵医)事業の発展に力を注いでいる。チベット族居住区の人口高齢化や慢性病患者が増加している実情に合わせ、現代技術を利用して特色あるチベット医学の保健診療区を設立。さまざまな民族の人々に歓迎されている。同自治州蔵医院が製造したチベット生薬製剤は過去10年間で160種類から260種類以上に増え、年間生産量は15トン以上に達している。製造技術に現代技術を取り入れることで、薬の量がさらに正確になり、より安全な効果が表れている。(玉樹=新華社配信)=2019(平成31)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003714

  • 2019年07月08日
    アマチャ

    キーワード:アジサイ科、屋外、花、甘茶、植物、生薬、日本、無人、落葉低木、動植物メイン写真=2019(令和元)年7月8日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI_NORIO/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070714537

  • 2019年08月28日
    革新的栽培法で貴重な生薬生産、村を豊かに貴州省赤水市

    8月28日、金釵石斛栽培用のスプリンクラー設備。セッコク(石斛)は生薬の一種。中国貴州省赤水(せきすい)市では現在、現地の独特な自然環境を背景に特殊な「金釵(きんさ)石斛」を生産している。金釵石斛は岩石の上に生息し、昔の人が付けていた「釵」(かんざし)に形が似ていることからこの名前が付けられた。近年、現地では石に付着して生息する植物の特性をつかみ、革新的な栽培方法を探求し、8万6千ムー(約5733ヘクタール)の土地で栽培を行い、荒れ山を緑化すると同時に、栽培を通じて貧困を脱却して豊かになるよう村民を支援している。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402671

  • 2019年08月28日
    革新的栽培法で貴重な生薬生産、村を豊かに貴州省赤水市

    8月28日、山間で栽培されている金釵石斛。セッコク(石斛)は生薬の一種。中国貴州省赤水(せきすい)市では現在、現地の独特な自然環境を背景に特殊な「金釵(きんさ)石斛」を生産している。金釵石斛は岩石の上に生息し、昔の人が付けていた「釵」(かんざし)に形が似ていることからこの名前が付けられた。近年、現地では石に付着して生息する植物の特性をつかみ、革新的な栽培方法を探求し、8万6千ムー(約5733ヘクタール)の土地で栽培を行い、荒れ山を緑化すると同時に、栽培を通じて貧困を脱却して豊かになるよう村民を支援している。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402517

  • 2019年08月28日
    革新的栽培法で貴重な生薬生産、村を豊かに貴州省赤水市

    8月28日、赤水金釵石斛院士(アカデミー会員)作業ステーション。セッコク(石斛)は生薬の一種。中国貴州省赤水(せきすい)市では現在、現地の独特な自然環境を背景に特殊な「金釵(きんさ)石斛」を生産している。金釵石斛は岩石の上に生息し、昔の人が付けていた「釵」(かんざし)に形が似ていることからこの名前が付けられた。近年、現地では石に付着して生息する植物の特性をつかみ、革新的な栽培方法を探求し、8万6千ムー(約5733ヘクタール)の土地で栽培を行い、荒れ山を緑化すると同時に、栽培を通じて貧困を脱却して豊かになるよう村民を支援している。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402648

  • 2019年08月28日
    革新的栽培法で貴重な生薬生産、村を豊かに貴州省赤水市

    8月28日、石に付着して成長する金釵石斛。セッコク(石斛)は生薬の一種。中国貴州省赤水(せきすい)市では現在、現地の独特な自然環境を背景に特殊な「金釵(きんさ)石斛」を生産している。金釵石斛は岩石の上に生息し、昔の人が付けていた「釵」(かんざし)に形が似ていることからこの名前が付けられた。近年、現地では石に付着して生息する植物の特性をつかみ、革新的な栽培方法を探求し、8万6千ムー(約5733ヘクタール)の土地で栽培を行い、荒れ山を緑化すると同時に、栽培を通じて貧困を脱却して豊かになるよう村民を支援している。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402567

  • 2019年08月28日
    革新的栽培法で貴重な生薬生産、村を豊かに貴州省赤水市

    8月28日、人工栽培を行っている金釵石斛。セッコク(石斛)は生薬の一種。中国貴州省赤水(せきすい)市では現在、現地の独特な自然環境を背景に特殊な「金釵(きんさ)石斛」を生産している。金釵石斛は岩石の上に生息し、昔の人が付けていた「釵」(かんざし)に形が似ていることからこの名前が付けられた。近年、現地では石に付着して生息する植物の特性をつかみ、革新的な栽培方法を探求し、8万6千ムー(約5733ヘクタール)の土地で栽培を行い、荒れ山を緑化すると同時に、栽培を通じて貧困を脱却して豊かになるよう村民を支援している。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402662

  • 01:20.84
    2019年09月02日
    「新華社」漢方生薬が収穫期迎える江西省楽安県

    中国江西省楽安(らくあん)県は近年、すぐれた生態資源の優位性を生かし、漢方薬(中薬)産業を県全体の農業産業構造の調整を推進する優位産業とし、黄蜀葵(おうしょっき)などを中心とする漢方生薬の栽培拠点7万ムー(約4660ヘクタール)余りを設立してきた。また、漢方薬産業の発展と貧困脱却の堅塁攻略を効果的に結びつけ、製薬会社の拠点設立と産業における貧困支援事業の参加を積極的に推奨し、政策・資金などの面から企業を支援することで、漢方薬産業を構造調整、増収促進、生態保護の「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)に育ててきた。(記者/彭昭之)<映像内容>収穫期を迎える漢方生薬の栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200999

  • 2019年10月07日
    「千年の薬都」がデジタル化で国際市場進出進める河北省安国市

    7日、中薬材を選ぶ来場者。中国河北省安国市(保定市が管轄する県級市)は、かつては祁州(きしゅう)とも呼ばれ、古くから「薬都」の異名を持つ。近年、世界各地で中国の中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)への需要が伸びており、安国市は中薬材取引専門市場を設立して、中薬関連産業チェーン全体の構造転換と高度化を継続的に推進している。長年にわたり、国際的に公認され受け入れられる品質管理基準や、明確な有効成分含有量、標準化された検査・測定方法がなかったことが、薬の安定性と均一性確保を困難にし、中薬の国際的な発展を制約してきた。「安国デジタル中薬都」の建設は、これらの問題を効果的に解決し、中薬の国際化と標準化をさらに推し進める力になっている。(石家荘=新華社配信/呂峰)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100801378

  • 2019年10月07日
    「千年の薬都」がデジタル化で国際市場進出進める河北省安国市

    7日、「安国デジタル中薬都」の取引ホール。中国河北省安国市(保定市が管轄する県級市)は、かつては祁州(きしゅう)とも呼ばれ、古くから「薬都」の異名を持つ。近年、世界各地で中国の中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)への需要が伸びており、安国市は中薬材取引専門市場を設立して、中薬関連産業チェーン全体の構造転換と高度化を継続的に推進している。長年にわたり、国際的に公認され受け入れられる品質管理基準や、明確な有効成分含有量、標準化された検査・測定方法がなかったことが、薬の安定性と均一性確保を困難にし、中薬の国際的な発展を制約してきた。「安国デジタル中薬都」の建設は、これらの問題を効果的に解決し、中薬の国際化と標準化をさらに推し進める力になっている。(石家荘=新華社配信/呂峰)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100801399

  • 2019年10月21日
    子どもたちに中国医学の魅力伝える浙江省諸曁市

    21日、薬局で職員の指導の下で生薬の見分け方を学ぶ子ども。中国浙江省紹興市が管轄する県級市、諸曁(しょき)市の安華鎮中心幼稚園に通う子どもたちの一部が21日、地元の診療所と薬局を訪ねた。子どもたちは中国医学の知識と文化への理解を深め、その魅力を感じた。(紹興=新華社配信/駱善新)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102407624

  • 2019年10月22日
    世界伝統医薬デー中学生が中国医薬の魅力を体験河北省任県

    22日、カッピングを体験する河北省任県第四中学の生徒。世界伝統医薬デーにあたる22日、中国河北省邢台市任県の中学生が「中国医薬の知識を学ぶ」課外活動に参加した。生徒たちは生薬に関する知識を学び、脈を取る、カッピング(吸い玉、拔罐)などの伝統療法を体験することで、中国医薬の知識を学び、その魅力を体感していた。(邢台=新華社記者/秦婧)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102407436

  • 2019年10月22日
    世界伝統医薬デー中学生が中国医薬の魅力を体験河北省任県

    22日、生徒たちに人体のツボの位置について説明する河北省任県中医院の医師。世界伝統医薬デーにあたる22日、中国河北省邢台市任県の中学生が「中国医薬の知識を学ぶ」課外活動に参加した。生徒たちは生薬に関する知識を学び、脈を取る、カッピング(吸い玉、拔罐)などの伝統療法を体験することで、中国医薬の知識を学び、その魅力を体感していた。(邢台=新華社記者/秦婧)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102406985

  • 2019年10月22日
    世界伝統医薬デー中学生が中国医薬の魅力を体験河北省任県

    22日、生徒たちに生薬の見分け方について説明する河北省任県中医院の医師。世界伝統医薬デーにあたる22日、中国河北省邢台市任県の中学生が「中国医薬の知識を学ぶ」課外活動に参加した。生徒たちは生薬に関する知識を学び、脈を取る、カッピング(吸い玉、拔罐)などの伝統療法を体験することで、中国医薬の知識を学び、その魅力を体感していた。(邢台=新華社記者/秦婧)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102407340

  • 2019年10月22日
    世界伝統医薬デー中学生が中国医薬の魅力を体験河北省任県

    22日、生徒たちに脈の取り方を教える河北省任県中医院の医師。世界伝統医薬デーにあたる22日、中国河北省邢台市任県の中学生が「中国医薬の知識を学ぶ」課外活動に参加した。生徒たちは生薬に関する知識を学び、脈を取る、カッピング(吸い玉、拔罐)などの伝統療法を体験することで、中国医薬の知識を学び、その魅力を体感していた。(邢台=新華社記者/秦婧)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102407397

  • 00:51.26
    2019年11月06日
    「新華社」農家を笑顔にする満開の花畑

    秋が深まる中、中国河北省邢台(けいだい)市威(い)県固献郷にある農業科学技術モデルパーク内では、数百ムー(1ムー=約667平方メートル)にわたって菊の花が満開を迎えている。同県はここ数年、農家を指導して菊や中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)、イチジク、食用キノコなどの栽培を奨励し、これらの栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)近くに達している。産業チェーンを絶えず延長し、農産物の付加価値を高めることで、産業効率の改善と農家の増収を実現している。(記者/李継偉)<映像内容>満開の菊の花の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2019110608559

  • 2019年11月22日
    インターネットとの出会いでよみがえる伝統の中国医薬

    11月22日、生薬を包む薬剤師。中国浙江省杭州市に店を構える百年以上の歴史を誇る老舗漢方薬(中薬)局「胡慶余堂(こけいよどう)」はここ数年、新たな分野を積極的に切り開き、漢方薬材料の栽培から成薬(漢方製剤)製造、薬局チェーン、医療科学研究、漢方薬の外来診療などを主要事業とする産業チェーンを構築し、インターネットの力を借りて中医薬文化の名を高め、大いに広めている。2010年、胡慶余堂は電子商取引(EC)会社を設立。実店舗より販路の広いオンラインに早くから販売の重点を置き、天猫(Tmall)や京東(JD)、小紅書(RED)、抖音(TikTok)など、さまざまな新ルートに進出している。(杭州=新華社記者/席玥)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900776

  • 2019年11月28日
    サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県

    11月28日、雲南省石林イ族自治県の黒石箐薬材生態園で生薬のツルソバを触る観光客。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/杜哲宇)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406962

  • 2019年11月28日
    サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県

    11月28日、石林桜花峪薬膳公園で薬膳料理に使われるサンシチニンジンとその根。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/蒲暁旭)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406986

  • 2019年11月28日
    サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県

    11月28日、杏林大観園中医文化展覧館で中医薬の原料を見学する観光客。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407016

  • 2019年11月28日
    サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県

    11月28日、杏林大観園健康産業集団で水耕栽培されたサンシチニンジン。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407048

  • 2019年11月28日
    サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県

    11月28日、雲南省石林イ族自治県北大村郷にある杏林大観園健康産業集団のサンシチニンジン水耕栽培ビニールハウス。(小型無人機から)中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407015

  • 2019年11月28日
    サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県

    11月28日、サンシチニンジンをつぶす方法を説明する杏林大観園中医文化展覧館のスタッフ。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407018

  • 2019年11月28日
    サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県

    11月28日、水耕栽培したサンシチニンジンの生育状況を確認する杏林大観園健康産業集団のスタッフ。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/謝剣飛)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407072

  • 2019年11月28日
    サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県

    11月28日、杏林大観園中医文化展覧館に展示されたサンシチニンジン。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407037

  • 2019年11月28日
    サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県

    11月28日、サンシチニンジンを使った烏骨鶏スープを調理する石林桜花峪薬膳公園のシェフ。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/劉大偉)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407039

  • 2019年11月28日
    サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県

    11月28日、サンシチニンジンを使った烏骨鶏スープを調理する石林桜花峪薬膳公園のシェフ。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/孟麗静)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407028

  • 2019年11月28日
    サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県

    11月28日、杏林大観園中医文化展覧館で展示されたサンシチニンジン。(組み合わせ写真)中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/韓旭)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406990

  • 03:01.28
    2019年12月09日
    「新華社」インターネットとの出会いでよみがえる伝統の中国医学

    中国浙江省杭州市に店を構える百年以上の歴史を誇る老舗漢方薬(中薬)局「胡慶余堂(こけいよどう)」はここ数年、新たな分野を意欲的に切り開き、漢方薬材料の栽培から成薬(漢方製剤)製造、薬局チェーン、医療科学研究、漢方薬の外来診察などを主要事業とする産業チェーンを形成し、インターネットの力を借りて中医薬文化の名を高め、大いに広めている。2010年、胡慶余堂は電子商取引(EC)会社を設立。早くから実店舗より販路の広いオンラインに販売の重点を置き、天猫(Tmall)や京東(JD)、小紅書(RED)、抖音(TikTok)など、さまざまな新ルートに進出している。今では天猫の胡慶余堂の公式旗艦店(メーカー直営店)では、芝麻丸や紅豆薏米丸、玉竹羅漢茶、玉竹膏といった現代風にアレンジされた伝統的な既製の漢方薬「膏薬(こうやく)」が市場で人気を博している。同市の胡慶余堂集団有限公司董事長で、浙江省老字号(老舗)企業協会会長の劉俊(りゅう・しゅん)氏は、現在、新ルートがもたらす売上高がすでにグループの総売上の30%を占めるまでになり、胡慶余堂は数年以内にオンラインでの販売額を販売総額の半分にまで引き上げる予定だと明かす。また今年3月には、高品質の生薬が皮膚でより効果を発揮する方法を探るため、浙江大学現代中薬研究所と提携した。胡慶余堂の美容関連事業の責任者、李若(り・じゃく)氏は、「本草(漢方医学)の昔ながらの処方と現代技術を結びつけ、生薬の処方を生かした化粧水や乳液、クレンジング、フェイシャルエッセンス、アイエッセンス、アイマスク、フェイスマスクなどの化粧品を主力製品として、オンラインで展開している」と語る。中国の大手交流サイト「新浪微博(ウェイボー)」で1千万人以上のフォロワーを抱える「ネットアイドル」MOMO(張沫凡)さんも、以前ライブ配信で胡慶余堂の商品を薦めたことがある。MOMOさんは記者に、中医薬などの伝統文化に注目する若者がますます増え、またインターネットによって「新たな命」を得る老舗や伝統的中国製品も増え続けていると語った。(記者/許舜達、席玥)<映像内容>老舗漢方薬局「胡慶余堂」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121113304

  • 2020年02月11日
    「千年の薬都」の製薬企業、操業再開し医薬品の供給を保障河北省安国市

    11日、袋詰め作業を行う安国市の製薬会社聚薬堂薬業の作業員。製薬業が盛んな中国河北省安国市は「千年の薬都」と呼ばれ、古くから中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)の重要な集散地、輸出拠点となってきた。同市の聚薬堂薬業は1月29日から、緊急操業再開計画をスタートさせた。操業再開以降、金銀花(きんぎんか)、黄蓍(おうぎ)、防風(ぼうふう)、連翹(れんぎょう)、藿香(かっこう)など50種類余りの中薬飲片(煎じ薬用に加工した薬材)の生産・供給を重点的に行っており、1日当たりの平均生産量は30トン余りに達し、価格も安定している。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302953

  • 2020年02月11日
    「千年の薬都」の製薬企業、操業再開し医薬品の供給を保障河北省安国市

    11日、洗浄のプロセスを行う安国市の製薬会社聚薬堂薬業の作業員。製薬業が盛んな中国河北省安国市は「千年の薬都」と呼ばれ、古くから中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)の重要な集散地、輸出拠点となってきた。同市の聚薬堂薬業は1月29日から、緊急操業再開計画をスタートさせた。操業再開以降、金銀花(きんぎんか)、黄蓍(おうぎ)、防風(ぼうふう)、連翹(れんぎょう)、藿香(かっこう)など50種類余りの中薬飲片(煎じ薬用に加工した薬材)の生産・供給を重点的に行っており、1日当たりの平均生産量は30トン余りに達し、価格も安定している。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302945

  • 2020年02月13日
    「千年の薬都」の製薬企業、操業再開し医薬品の供給を保障河北省安国市

    煎じ薬を生産する安国市の製薬会社聚薬堂薬業の作業員。(資料写真)製薬業が盛んな中国河北省安国市は「千年の薬都」と呼ばれ、古くから中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)の重要な集散地、輸出拠点となってきた。同市の聚薬堂薬業は1月29日から、緊急操業再開計画をスタートさせた。操業再開以降、金銀花(きんぎんか)、黄蓍(おうぎ)、防風(ぼうふう)、連翹(れんぎょう)、藿香(かっこう)など50種類余りの中薬飲片(煎じ薬用に加工した薬材)の生産・供給を重点的に行っており、1日当たりの平均生産量は30トン余りに達し、価格も安定している。(石家荘=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302947

  • 2020年03月10日
    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省

    10日、長征村の民家を改装した中薬(漢方薬)茶館前で写真撮影する村の住民。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801475

  • 2020年03月10日
    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省

    10日、長征村に新たに登場した中薬茶館の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801477

  • 2020年03月10日
    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省

    10日、長征村の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801473

  • 2020年03月10日
    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省

    10日、長征村に滞在中の観光客。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801484

  • 1
  • 2
  • 3