KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 生馬知季
  • 有島生馬
  • 令和
  • 記者
  • 生き物
  • ウルムチ
  • ジャイアントパンダ
  • 歴史
  • 進化
  • 放牧

「生馬」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
182
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
182
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    ARTE MESOPOTAMICO.

    ARTE MESOPOTAMICO. ASIRIO. CABALLERO (hacia 645 a. C.). PALACIO DE ASSURBANIPAL (669-626 A. C.). RAMPA DE ACCESO. Nínive. Arte neo-asirio. Museo del Louvre. París. Francia.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020042900324

  • -
    Hippopotamus (Hippopotamus amphibius) adult

    Hippopotamus (Hippopotamus amphibius) adult, in grassland at dawn, Masai Mara National Reserve, Kenya, Africa、クレジット:imageBROKER.com/FLPA/Bernd Rohrschneider/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092601724

  • -
    tarpan, Equus ferus ferus, also known as Eurasian wild horse, was a subspecies of wild horse, It is now extinct,

    tarpan, Equus ferus ferus, also known as Eurasian wild horse, was a subspecies of wild horse, It is now extinct, digital improved reproduction of an historical image from the year 1885.、クレジット:Bildagentur-online/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021021503962

  • 1947年09月28日
    昭和天皇、裕仁(ひろひと)

    皇太子さま、義宮さまと一緒に馬に乗り学生馬術大会へ向かう天皇陛下=1947(昭和22)年9月、撮影年月日確認材料不足 複写ネガ(継宮明仁、常陸宮正仁)

    商品コード: 2015110900448

  • 1950年09月30日
    有島生馬

    画家の有島生馬=1950(昭和25)年9月(撮影月日不明)(25年内地番号なし)

    商品コード: 2014012200315

  • 1954年01月01日
    都井岬の野生馬

    草をはむ都井岬の野生馬=1954(昭和29)年(月日不明)、宮崎県・都井岬

    商品コード: 2006022700508

  • 1966年03月10日
    (ありしま・いくま) 有島生馬

    洋画家、小説家、随筆家、本名・有島壬生馬(みぶま)=1964(昭和39)年4月12日撮影

    商品コード: 2006042500148

  • 1968年10月17日
    駐日スウェーデン大使が伝達 川端康成氏ノーベル賞受賞

    ノーベル賞授賞の伝達に訪れたアルムクビストン駐日スウェーデン大使(右手前)をにこやかに迎え、自著に署名する川端康成氏。正面は秀子夫人。左端は画家の有島生馬氏=1968(昭和43)年10月18日、神奈川県鎌倉市長谷の川端邸(43年内地 4903)

    商品コード: 1968101700002

  • 1968年10月18日
    駐日スウェーデン大使が伝達 川端康成氏ノーベル賞受賞

    ノーベル賞授賞の伝達に訪れたアルムクビストン駐日スウェーデン大使(右手前)をにこやかに迎え、自著に署名する川端康成氏。正面は秀子夫人。左端は画家の有島生馬氏=1968(昭和43)年10月18日、神奈川県鎌倉市長谷の川端邸(43年内地 4903)

    商品コード: 1968101850001

  • 1989年07月11日
    野生馬 霧の中の孤島

    北海道根室半島沖3キロの太平洋上に浮かぶ周囲7キロの無人島・ユルリ島。切り立った絶壁の上で草をはむ野生馬。かつて住んでいたコンブ採りの漁民が残した馬が野生化した=1989(平成元)年6月26~28日撮影

    商品コード: 2008100800166

  • 1989年07月11日
    野生馬 霧の中の孤島

    伸び放題のたてがみをなびかせ草原を行く母子馬=ユルリ島=1989(平成元)年6月26~28日撮影

    商品コード: 2008100800171

  • 1989年12月27日
    「時の人」

    都井岬の野生馬の世話を続ける小田原博幸(おだわら・ひろゆき)さん

    商品コード: 2020071300358

  • 1995年01月01日
    LEONARDO SBARAGLIA in WILD HORSES (1995) -Original title: CABALLOS SALVAJES-, directed by MARCELO PIÑEYRO.

    LEONARDO SBARAGLIA in WILD HORSES (1995) -Original title: CABALLOS SALVAJES-, directed by MARCELO PIÑEYRO.、クレジット:TORNASOL FILMS/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021071906875

  • 1995年01月01日
    MARCELO PIÑEYRO in WILD HORSES (1995) -Original title: CABALLOS SALVAJES-, directed by MARCELO PIÑEYRO.

    MARCELO PIÑEYRO in WILD HORSES (1995) -Original title: CABALLOS SALVAJES-, directed by MARCELO PIÑEYRO.、クレジット:TORNASOL FILMS/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021071906817

  • 1997年01月09日
    馬 動・植物(馬)

    都井岬の野生馬=1997(平成9)年1月9日、宮崎県串間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [97-25-21]

    商品コード: 2017102600840

  • 1997年01月09日
    馬 動・植物(馬)

    都井岬の野生馬=1997(平成9)年1月9日、宮崎県串間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [97-26-26]

    商品コード: 2017102600842

  • 1997年01月09日
    馬 動・植物(馬)

    都井岬の野生馬=1997(平成9)年1月9日、宮崎県串間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [97-25-28]

    商品コード: 2017102600848

  • 1998年06月26日
    ユルリ島の野生馬 根室沖に“野生馬の国”

    )、25日社会401S、29日付夕刊用、解禁厳守  野生化した馬たちが群れをなす北海道根室市のユルリ島

    商品コード: 1998062600123

  • 2003年06月05日
    畑山貴宏が撮影した画像 野菜に込めた希望を交換

    【わたしの画像メッセージ】「5月26日 白州の小麦畑に鳥よけのネットを張った。都会から訪れる若者は大切な仲間。お互いの存在が刺激になる。ここから何かが始まるかもしれない」。中央が畑山貴宏、右が嵯峨生馬(撮影・畑山貴宏)

    商品コード: 2003060500141

  • 2004年01月19日
    モウコノウマ 故郷を駆ける最後の野生馬

    かつての故郷の大草原で野生復帰計画が進められているモウコノウマ=03年10月、モンゴルのホスタイ国立公園(共同)

    商品コード: 2004011900001

  • 2006年06月21日
    馬 畜産(馬)

    都井岬の野生馬=2006(平成18)年6月21日、宮崎県串間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [06-204-34]

    商品コード: 2017100300584

  • 2006年06月21日
    馬 畜産(馬)

    都井岬の野生馬=2006(平成18)年6月21日、宮崎県串間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [06-204-4]

    商品コード: 2017100300607

  • 2006年06月21日
    馬 畜産(馬)

    都井岬の野生馬=2006(平成18)年6月21日、宮崎県串間市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [06-204-12]

    商品コード: 2017100300601

  • 2006年08月05日
    モウコノウマの群れ よみがえる野生馬の群れ

    絶滅しかけた野生馬モウコノウマ(蒙古野馬)の群れ=6月、モンゴルのホスタイ国立公園(共同)

    商品コード: 2006080500069

  • 2008年02月12日
    木村李花子さん

    野生馬の研究で馬事文化賞を受けた木村李花子(きむら・りかこ)さん

    商品コード: 2008021200077

  • 2008年06月30日
    野生の負けじ魂

    「人間なんかに屈するものか」。たてがみを刈られないよう、必死に抵抗する野生馬と男たちとの真剣勝負。スペイン北西部の伝統行事で、夏の間、何百頭もの野生馬を集めて毛並みの手入れなどを施す。(ロイター=共同)

    商品コード: 2008063000235

  • 2010年06月14日
    大暴れ

    スペイン北西部では夏になると何百頭もの野生馬が駆り集められる。なぜ自分が捕まるのか納得いかず、大暴れ?(ロイター=共同)

    商品コード: 2010061400222

  • 2010年07月19日
    草をはむモウコノウマ 草原によみがえる野生馬

    モンゴルのホスタイ国立公園で、草をはむモウコノウマの群れ=6月(共同)

    商品コード: 2010071900091

  • 2010年07月19日
    モウコノウマ 草原によみがえる野生馬

    モンゴルのホスタイ国立公園で、ほぼ野生の状態で生活するモウコノウマ=6月(共同)

    商品コード: 2010071900092

  • 2010年07月19日
    草原によみがえる野生馬

    モンゴル・ホスタイ国立公園

    商品コード: 2010071900099

  • 2010年07月19日
    草原によみがえる野生馬

    モンゴル・ホスタイ国立公園

    商品コード: 2010071900100

  • 2010年07月19日
    草原によみがえる野生馬

    モンゴル・ホスタイ国立公園

    商品コード: 2010071900101

  • 2010年07月19日
    草原によみがえる野生馬

    モンゴル・ホスタイ国立公園

    商品コード: 2010071900102

  • 2010年07月19日
    草をはむモウコノウマ 野生馬よみがえる

    モンゴルのホスタイ国立公園で、草をはむモウコノウマの群れ=6月(共同)

    商品コード: 2010071900206

  • 2010年08月10日
    (さが・いくま) 嵯峨生馬

    「サービスグラント」主催者、2010年3月10日撮影

    商品コード: 2010081000249

  • 2014年07月05日
    勝つのはおれだ!

    スペイン北西部ガリシア地方で年に1回、野生馬を集めて毛を刈る伝統行事の一こま。気の荒い馬がけんかを始めた。勝つのはおれだ!(ロイター=共同)

    商品コード: 2014070500384

  • 2015年08月13日
    鑑賞される両陛下 両陛下が二科100年展に

    東京都美術館の「伝説の洋画家たち 二科100年展」を鑑賞される天皇、皇后両陛下。右端は有島生馬の「鬼」=13日午後、東京・上野(代表撮影)

    商品コード: 2015081300895

  • 2015年08月13日
    鑑賞される天皇皇后両陛下 両陛下が二科100年展に

    東京都美術館の「伝説の洋画家たち 二科100年展」を鑑賞される天皇、皇后両陛下。右端は有島生馬の「鬼」=13日午後、東京・上野(代表撮影)

    商品コード: 2015081300900

  • 2016年07月03日
    もみくちゃ

    スペイン北西部の伝統行事で、野生馬につかまる人。落馬には気を付けて。(ロイター=共同)

    商品コード: 2016070300121

  • 2016年08月23日
    消える野生馬、写真で残す

    北海道根室市・ユルリ島

    商品コード: 2016082300544

  • 2016年08月23日
    消える野生馬、写真で残す

    北海道根室市・ユルリ島

    商品コード: 2016082300545

  • 2016年08月23日
    消える野生馬、写真で残す

    北海道根室市・ユルリ島

    商品コード: 2016082300546

  • 2016年08月23日
    消える野生馬、写真で残す

    北海道根室市・ユルリ島

    商品コード: 2016082300547

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年06月02日
    モウコノウマ、過去最高の年間47頭誕生新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地にあるカラマイリ有蹄類自然保護区に生息するモウコノウマ。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区の野生馬繁殖研究センターは9日、今年生まれたモウコノウマが過去最高の47頭となり、モウコノウマの個体群が引き続き増加していることを明らかにした。(ウルムチ=新華社配信)=2017(平成29)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302801

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年06月02日
    モウコノウマ、過去最高の年間47頭誕生新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地にあるカラマイリ有蹄類自然保護区に生息するモウコノウマ。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区の野生馬繁殖研究センターは9日、今年生まれたモウコノウマが過去最高の47頭となり、モウコノウマの個体群が引き続き増加していることを明らかにした。(ウルムチ=新華社配信)=2017(平成29)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302811

  • 2017年07月15日
    決勝でゴール後の生馬知季 世界パラ陸上第1日

    男子100㍍(車いすT54)決勝に出場し8位だった生馬知季(右)=ロンドン(共同)

    商品コード: 2017071500056

  • 2017年07月15日
    決勝で力走する生馬知季 世界パラ陸上第1日

    男子100㍍(車いすT54)決勝 力走する生馬知季=ロンドン(共同)

    商品コード: 2017071500055

  • 2017年07月15日
    決勝で8位だった生馬知季 世界パラ陸上第1日

    男子100㍍(車いすT54)決勝に出場し8位だった生馬知季=ロンドン(共同)

    商品コード: 2017071500057

  • 2017年08月23日
    本職のスキルで社会貢献

    「勤務経験があれば、誰でも何らかのスキルはあるはず。家と会社の往復だけでなく、プロボノ活動で視野を広げてほしい」と話す嵯峨生馬さん

    商品コード: 2017082301537

  • 2017年11月11日
    Land of Beautiful Horses in Goreme, Turkey.

    November 11, 2017, Goreme, Cappadocia, Turkey: Ekram owner of the Dalton Brothers Ranch attempts to rope wild Anatolian horses as part of the process of breaking them before putting them to work on the ranch in Anatolian Cappadocia of Goreme also known as the Land of Beautiful Horses, Turkey. (Credit Image: © John Wreford/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©John Wreford/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101000478

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月24日
    モウコノウマ、過去最高の年間47頭誕生新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地にあるカラマイリ有蹄類自然保護区に生息するモウコノウマ。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区の野生馬繁殖研究センターは9日、今年生まれたモウコノウマが過去最高の47頭となり、モウコノウマの個体群が引き続き増加していることを明らかにした。(ウルムチ=新華社配信)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302818

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:15.62
    2018年11月25日
    「新華社」過去に絶滅の野生のモウコノウマ、60頭まで増加甘粛省敦煌市

    中国甘粛省敦煌市の西湖国家級自然保護区では、区域内で野生復帰させたモウコノウマ(蒙古野馬)の数が最初の28頭から60頭まで増えたことが分かった。繁殖は順調に続いているようだ。モウコノウマは現在、地球上で現存する唯一の野生馬で、中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の北塔山(ほくとうざん)や甘粛省と内モンゴル自治区の境界にある馬鬃山(ばそうざん)の一帯が原産地とされている。野生種は1960年代に一度絶滅し、1980年代末以降に欧州から里帰りした馬を新疆ウイグル自治区や甘粛省で繁殖させ、再度の野生化を試みている。甘粛省の蘭州から敦煌へ通じる河西回廊(かせいかいろう)の最西端に位置する敦煌西湖自然保護区は、乾燥・砂漠地帯にある典型的な内陸湿地で、砂漠生態系と野生動植物の保護区とされている。保護区内には16万ヘクタールにわたる天然の植生があり、モウコノウマの生息に適している。河西回廊はまた、新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地と並ぶモウコノウマの中国での主な生息地とされ、甘粛省絶滅危惧動物保護研究センターや甘粛省安西極度乾燥荒漠国家級自然保護区、甘粛省敦煌西湖国家級自然保護区でその姿を見ることができる。(記者/多蕾、李笑)<映像内容>過去に絶滅の野生のモウコノウマの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112616050

  • 2019年04月18日
    野生馬を観察する観光客 野生馬の赤ちゃんを間近で

    宮崎県串間市の都井岬で、野生馬「御崎馬」を観察する親子連れ=6日

    商品コード: 2019041801167

  • 2019年04月18日
    母馬とくつろぐ子馬 野生馬の赤ちゃんを間近で

    宮崎県串間市の都井岬で、母馬の近くでくつろぐこの春生まれた野生馬「御崎馬」の赤ちゃん=6日

    商品コード: 2019041801155

  • 2019年04月18日
    母乳を飲む子馬 野生馬の赤ちゃんを間近で

    宮崎県串間市の都井岬で、母馬の乳を飲むこの春生まれた野生馬「御崎馬」の赤ちゃん=6日

    商品コード: 2019041801162

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月19日
    モウコノウマ、過去最高の年間47頭誕生新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地にあるカラマイリ有蹄類自然保護区に生息するモウコノウマ。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区の野生馬繁殖研究センターは9日、今年生まれたモウコノウマが過去最高の47頭となり、モウコノウマの個体群が引き続き増加していることを明らかにした。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302852

  • 2019年06月29日
    高松から生馬へリレー パラ混合400リレー実施

    男女混合400㍍リレー 第3走者の高松佑圭(右)からタッチを受け、走りだすアンカーの生馬知季=博多の森陸上競技場

    商品コード: 2019062900307

  • 2019年10月28日
    Liebenthaler Wild Horse

    28 October 2019, Brandenburg, Wa゚mannsdorf: The mane of a horse of the breed “Liebenthaler Wildpferde“ can be seen on a pasture in the park “In den Gehren“ near the airport Berlin-Brandenburg (BER). Since 2013, Flughafen Berlin Brandenburg GmbH (FBB) has been providing extensive compensation for the impact of the construction of BER Airport on the natural environment and landscape on an area of around 500 hectares. One of the measures is the settlement of ten Liebenthaler wild horses in the park “In den Gehren“. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110601840

  • 2019年10月28日
    Handing over of wild horses to the community Schönefeld

    28 October 2019, Brandenburg, Waßmannsdorf: Udo Haase (l, non-party), Mayor of Schönefeld and Engelbert Lütke Daldrup, Chairman of the Board of Management of Flughafen Berlin Brandenburg GmbH, stand at the enclosure of the “Liebenthaler Wildpferde“ horse breed in the “In den Gehren“ park near Berlin-Brandenburg Airport (BER). Since 2013, Flughafen Berlin Brandenburg GmbH (FBB) has been providing extensive compensation for the impact of the construction of BER Airport on the natural environment and landscape on an area of around 500 hectares. One of the measures is the settlement of ten Liebenthaler wild horses in the park “In den Gehren“. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102906867

  • 2019年10月28日
    Handover of wild horses to Schönefeld community

    28 October 2019, Brandenburg, Waßmannsdorf: Engelbert Lütke Daldrup, CEO of Flughafen Berlin Brandenburg GmbH, strokes a horse of the breed “Liebenthaler Wildpferde“ in the park “In den Gehren“ near the airport Berlin-Brandenburg (BER). Since 2013, Flughafen Berlin Brandenburg GmbH (FBB) has been providing extensive compensation for the impact of the construction of BER Airport on the natural environment and landscape on an area of around 500 hectares. One of the measures is the settlement of ten Liebenthaler wild horses in the park “In den Gehren“. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102906871

  • 2019年10月28日
    Handover of wild horses to Schönefeld community

    28 October 2019, Brandenburg, Waßmannsdorf: Two horses of the breed “Liebenthaler Wildpferde“ stand on a pasture in the park “In den Gehren“ near the airport Berlin-Brandenburg (BER). Since 2013, Flughafen Berlin Brandenburg GmbH (FBB) has been providing extensive compensation for the impact of the construction of BER Airport on the natural environment and landscape on an area of around 500 hectares. One of the measures is the settlement of ten Liebenthaler wild horses in the park “In den Gehren“. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102906793

  • 2019年10月28日
    Handover of wild horses to Schönefeld community

    28 October 2019, Brandenburg, Waßmannsdorf: Engelbert Lütke Daldrup, CEO of Flughafen Berlin Brandenburg GmbH, strokes a horse of the breed “Liebenthaler Wildpferde“ in the park “In den Gehren“ near the airport Berlin-Brandenburg (BER). Since 2013, Flughafen Berlin Brandenburg GmbH (FBB) has been providing extensive compensation for the impact of the construction of BER Airport on the natural environment and landscape on an area of around 500 hectares. One of the measures is the settlement of ten Liebenthaler wild horses in the park “In den Gehren“. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102906863

  • 2019年10月28日
    Handover of wild horses to Schönefeld community

    28 October 2019, Brandenburg, Waßmannsdorf: Horses of the breed “Liebenthaler Wildpferde“ stand on a pasture in the park “In den Gehren“ near the airport Berlin-Brandenburg (BER). Since 2013, Flughafen Berlin Brandenburg GmbH (FBB) has been providing extensive compensation for the impact of the construction of BER Airport on the natural environment and landscape on an area of around 500 hectares. One of the measures is the settlement of ten Liebenthaler wild horses in the park “In den Gehren“. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102906925

  • 2019年10月28日
    Handing over of wild horses to the community Schönefeld

    28 October 2019, Brandenburg, Waßmannsdorf: A horse of the breed “Liebenthaler Wildpferde“ stands on a pasture in the park “In den Gehren“ near the airport Berlin-Brandenburg (BER). Since 2013, Flughafen Berlin Brandenburg GmbH (FBB) has been providing extensive compensation for the impact of the construction of BER Airport on the natural environment and landscape on an area of around 500 hectares. One of the measures is the settlement of ten Liebenthaler wild horses in the park “In den Gehren“. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102906938

  • 2019年10月28日
    Handover of wild horses to Schönefeld community

    28 October 2019, Brandenburg, Waßmannsdorf: Horses of the breed “Liebenthaler Wildpferde“ can be seen in the park “In den Gehren“ near the airport Berlin-Brandenburg (BER). Since 2013, Flughafen Berlin Brandenburg GmbH (FBB) has been providing extensive compensation for the impact of the construction of BER Airport on the natural environment and landscape on an area of around 500 hectares. One of the measures is the settlement of ten Liebenthaler wild horses in the park “In den Gehren“. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102906824

  • 2019年10月28日
    Handover of wild horses to Schönefeld community

    28 October 2019, Brandenburg, Waßmannsdorf: Engelbert Lütke Daldrup, CEO of Flughafen Berlin Brandenburg GmbH, feeds an apple to horses of the “Liebenthaler Wildpferde“ breed in the “In den Gehren“ park near Berlin-Brandenburg Airport (BER). Since 2013, Flughafen Berlin Brandenburg GmbH (FBB) has been providing extensive compensation for the impact of the construction of BER Airport on the natural environment and landscape on an area of around 500 hectares. One of the measures is the settlement of ten Liebenthaler wild horses in the park “In den Gehren“. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102907004

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:30.15
    2019年11月01日
    「新華社」野生復帰したモウコノウマの個体群が65頭に拡大甘粛省敦煌市

    中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬とされている。野生種は一旦、絶滅したが、1980年代に中国が「野生馬帰郷計画」を実施。モウコノウマを欧州から新疆ウイグル自治区と甘粛省に連れて帰り、繁殖と野生復帰試験を行った。甘粛省敦煌西湖国家級自然保護区はモウコノウマの生息に適しており、中国で2カ所目のモウコノウマ野生復帰拠点となっている。同保護区では2010年と12年の2回に分けて、合計28頭を野生復帰させた。自然繁殖により現在は65頭となっており、個体群の拡大が続いている。(記者/張玉潔)<映像内容>野生復帰したモウコノウマの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501922

  • 2019年11月08日
    パラ陸上世界選手権

    キーワード:パラ陸上世界選手権、生馬知季=2019(令和元)年11月8日、アラブ首長国連邦・ドバイ

    商品コード: 2019122100288

  • 2019年11月08日
    力走する生馬知季 パラ陸上世界選手権第1日

    男子100㍍(車いす)準決勝 力走する生馬知季(右)=ドバイ(共同)

    商品コード: 2019110800832

  • 2019年11月08日
    スタートする生馬知季 パラ陸上世界選手権第1日

    男子100㍍(車いす)準決勝 スタートする生馬知季(中央)=ドバイ(共同)

    商品コード: 2019110800835

  • 2019年11月08日
    引き揚げる生馬知季 パラ陸上世界選手権第1日

    男子100㍍(車いす)準決勝 レースを終え、引き揚げる生馬知季(中央)。決勝進出はならなかった=ドバイ(共同)

    商品コード: 2019110800834

  • 2019年11月14日
    引き揚げる日本チーム パラ陸上世界選手権第8日

    400㍍ユニバーサルリレー予選で失格となり、引き揚げる(左から)沢田優蘭、ガイドランナーの塩川竜平、竹村明結美、生馬知季、井谷俊介=ドバイ(共同)

    商品コード: 2019111402166

  • 2019年11月14日
    竹村から生馬 パラ陸上世界選手権第8日

    400㍍ユニバーサルリレー予選 第3走者の竹村明結美(左)からアンカーの生馬知季へのタッチができず失格=ドバイ(共同)

    商品コード: 2019111403568

  • 2019年11月14日
    竹村から生馬 パラ陸上世界選手権第8日

    400㍍ユニバーサルリレー予選 第3走者の竹村明結美(左)からアンカーの生馬知季へのタッチができず失格=ドバイ(共同)

    商品コード: 2019111403569

  • 2019年11月22日
    ゴールした生馬知季 パラ陸上世界選手権第1日

    男子100㍍(車いす)準決勝 ゴールした生馬知季=2019年11月7日、ドバイ(共同)

    商品コード: 2019112204995

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.67
    2019年11月27日
    「新華社」野生のモウコノウマ一家に子馬4頭誕生新疆アルタイ地区

    中国新疆ウイグル自治区北部のイリ・カザフ自治州アルタイ地区でこのほど、モウコノウマの群れの痕跡を追っていた新疆野生馬繁殖研究センターの研究スタッフが、12年前に自然に返されたモウコノウマの「蘭多(ランド)」一家に今年また4頭の子馬が生まれているのを発見した。モウコノウマはユーラシア大陸にまたがる「草原の道(ステップ・ロード)」を代表する種で、世界に現存する唯一の野生種の馬。世界全体でわずか2千頭余りしか生息していない。この絶滅危惧種を救うため、同研究センターはこれまでに6代にわたる714頭の野生馬の繁殖・飼育を成功させ、前後16回、110頭を自然に返してきた。新疆の野生馬個体群は現在では438頭に達している。(記者/張嘯誠、杜剛)<映像内容>絶滅危惧種のモウコノウマの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701785

  • 2020年03月01日
    HORSE

    Przewalski‘s horse or Mongolian wild horse (Equus ferus przewalskii) photographed at Nordens Ark Photo: Ola Jennersten / TT / code2754 、クレジット:TT News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601102

  • 2020年04月07日
    ボートレーサーの入所式 学生馬術V古野らが入所

    ボートレーサー養成所の入所式=7日、福岡県柳川市

    商品コード: 2020040703887

  • 2020年04月07日
    ポーズをとる古野博人 学生馬術V古野らが入所

    ボートレーサー養成所に入所し、ポーズをとる古野博人=7日、福岡県柳川市

    商品コード: 2020040703889

  • 2020年04月15日
    生まれた御崎馬 名物の野生馬、出産相次ぐ

    今春生まれた御崎馬の子馬と母馬=13日、宮崎県串間市

    商品コード: 2020041500654

  • 2020年04月15日
    都井岬の御崎馬 名物の野生馬、出産相次ぐ

    母馬に寄り添う御崎馬の子馬=13日、宮崎県串間市

    商品コード: 2020041500660

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    広大な放牧地で元気に育つモウコノウマ新疆ウイグル自治区

    14日、野生馬繁殖研究センターの敷地内にたたずむモウコノウマ。国連は毎年5月22日を「国際生物多様性の日」と定めている。現存する世界唯一の野生馬、モウコノウマが最も多く生息する中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、飼育環境下にある25頭のモウコノウマが3千ムー(約200ヘクタール)の放牧地を駆け回る姿がみられる。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602086

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月20日
    広大な放牧地で元気に育つモウコノウマ新疆ウイグル自治区

    20日、野生馬繁殖研究センターの敷地内にたたずむモウコノウマ。国連は毎年5月22日を「国際生物多様性の日」と定めている。現存する世界唯一の野生馬、モウコノウマが最も多く生息する中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、飼育環境下にある25頭のモウコノウマが3千ムー(約200ヘクタール)の放牧地を駆け回る姿がみられる。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602113

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月20日
    広大な放牧地で元気に育つモウコノウマ新疆ウイグル自治区

    20日、野生馬繁殖研究センターの敷地内を駆けるモウコノウマ。国連は毎年5月22日を「国際生物多様性の日」と定めている。現存する世界唯一の野生馬、モウコノウマが最も多く生息する中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、飼育環境下にある25頭のモウコノウマが3千ムー(約200ヘクタール)の放牧地を駆け回る姿がみられる。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602145

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月20日
    広大な放牧地で元気に育つモウコノウマ新疆ウイグル自治区

    20日、野生馬繁殖研究センターの敷地内で草をはむモウコノウマ。国連は毎年5月22日を「国際生物多様性の日」と定めている。現存する世界唯一の野生馬、モウコノウマが最も多く生息する中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、飼育環境下にある25頭のモウコノウマが3千ムー(約200ヘクタール)の放牧地を駆け回る姿がみられる。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602084

  • 2020年05月28日
    25 years Unesco World Heritage Messel Pit

    28 May 2020, Hessen, Messel: A fossil primeval horse (front) is one of the valuable finds from the Messel pit, which are on display in the treasure chamber of the Visitor Centre. In 1995, the area became the first World Natural Heritage Site in Germany on the list of the World Cultural Organization UNESCO. In the meter-thick, finely layered oil shale, fossils tell us what the world looked like 48 million years ago. It is one of the richest mammalian fossil deposits in the world. Photo: Arne Dedert/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209956

  • 2020年05月28日
    25 years Unesco World Heritage Messel Pit

    28 May 2020, Hessen, Messel: Marie-Luise Frey, Managing Director of Welterbe Grube Messel gGmbH, is standing in the treasure chamber of the Visitor Centre at a showcase containing a fossil primeval horse, a valuable find from the Messel Pit near Darmstadt. In 1995, the area became the first natural world heritage site in Germany on the list of the World Cultural Organization UNESCO. In the meter-thick, finely layered oil shale, fossils tell us what the world looked like 48 million years ago. It is one of the richest mammalian fossil deposits in the world. Photo: Arne Dedert/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209879

  • 2020年05月28日
    25 years Unesco World Heritage Messel Pit

    28 May 2020, Hessen, Messel: Marie-Luise Frey, Managing Director of Welterbe Grube Messel gGmbH, is standing in the treasure chamber of the Visitor Centre at a showcase containing a fossil primeval horse, a valuable find from the Messel Pit near Darmstadt. In 1995, the area became the first natural world heritage site in Germany on the list of the World Cultural Organization UNESCO. In the meter-thick, finely layered oil shale, fossils tell us what the world looked like 48 million years ago. It is one of the richest mammalian fossil deposits in the world. Photo: Arne Dedert/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209888

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区

    2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで、馬ふんを収集する職員。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508712

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区

    2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターに放牧されているモウコノウマ。(小型無人機から)中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508738

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区

    2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターに放牧されているモウコノウマ。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508706

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区

    2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで飼育されている生後1カ月に満たない子馬(左)と成馬。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508707

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区

    2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで、馬の健康状態を調べる職員。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508690

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区

    2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで、母馬の乳を飲む生後1カ月に満たない子馬。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508709

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区

    2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターに放牧されているモウコノウマ。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508772

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区

    2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで、飼い葉を運ぶ職員。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508849

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区

    2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで、馬ふんの寄生虫を調べる職員。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508774

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区

    2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターに放牧されているモウコノウマ。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508711

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    希少なモウコノウマの繁殖促進目指す新疆ウイグル自治区

    2日、新疆ウイグル自治区のモウコノウマ繁殖研究センターで、飼い葉の準備をする職員。中国原産のモウコノウマは世界で唯一の現存する野生馬で、ジャイアントパンダよりも希少とされる。最も多く生息する新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、新疆モウコノウマ繁殖研究センターが優良なモウコノウマの繁殖拠点の構築を目指し、交配の調整に取り組んでいる。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508880

  • 2020年06月04日
    中川生馬さんと利用者 奥能登に「車中生活」拠点

    「田舎バックパッカーハウス」の前で長期滞在の利用者とポーズをとる中川生馬さん(右)=石川県穴水町

    商品コード: 2020060400972

  • 1
  • 2