KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 人々
  • 令和
  • 判断
  • 地層
  • ちょう
  • 一般
  • 上海
  • 全国
  • 内容
  • 募集

「申文」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  定家直筆の「京極殿納言申文案」
    1980年04月05日
    定家直筆の「京極殿納言申文案」

    冷泉家の土蔵に秘蔵されていた「明月記」の中から見つかった藤原定家直筆の請願書「京極殿納言申文案」=1980(昭和55)年4月5日

    商品コード: 2018032000308

  •  民事行政審議会が答申
    1981年04月27日
    民事行政審議会が答申

    人名用漢字に新たに54字を追加する案など答申文の骨子を奥野誠亮法相(左)に手渡す民事行政審議会の有泉亨会長=1981(昭和56)年4月27日

    商品コード: 2022102809901

  •  殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市
    2021年04月08日
    殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡で出土した唐代墓の脇で、ボランティアに平面の削り方を指導する安陽市文物考古研究所の申文喜さん(奥)。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)=配信日:2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041609217

  •  (8)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市
    2021年04月15日
    (8)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で出土した商代の陶豆(とうとう、盛食器)残片を、ボランティアに見せて説明する安陽市文物考古研究所の申文喜さん。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514894

  •  (6)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市
    2021年04月15日
    (6)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で、ボランティアに土器の器形識別方法を教える安陽市文物考古研究所の申文喜さん(右)。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514896

  •  (12)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市
    2021年04月15日
    (12)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で、ボランティアに出土した唐代墓について説明する安陽市文物考古研究所の申文喜さん(奥右)。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514913

  •  (11)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市
    2021年04月15日
    (11)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で、安陽市文物考古研究所の申文喜さん(手前)から墓葬の発掘方法を学ぶボランティア。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514911

  •  (3)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市
    2021年04月15日
    (3)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で、ボランティアに灰坑の測量方法を教える安陽市文物考古研究所の申文喜さん(手前右)。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514892

  •  (2)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市
    2021年04月15日
    (2)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で、安陽市文物考古研究所の申文喜(しん・ぶんき)さんから作業の仕方について説明を受けるボランティア。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514890

  •  (1)7800年前の集落遺跡見つかる河南省安陽市
    2023年03月12日
    (1)7800年前の集落遺跡見つかる河南省安陽市

    河南省安陽市の八里荘遺跡から出土した「紅焼土」を用いた壁。(資料写真)中国河南省鄭州市で8日、2022年河南省考古新発見フォーラムが開かれ、同省安陽市文峰区小八里荘村で見つかった裴李岡(はいりこう)文化を中心とした新石器時代中期の集落遺跡について、豊富な考古資料から7千年余り前の人々の暮らしが次々と解明されていることが明らかになった。安陽市文物考古研究所の申文喜(しん・ぶんき)副研究館員によると、八里荘遺跡の分布域はいびつな楕円形をしており、東西の長さは最大約230メートル、南北は約150メートル、現存面積は約2万7千平方メートルに及ぶ。放射性炭素年代測定の結果、遺跡の年代は約7800年前から7400年前であることが判明した。申氏は「遺跡の南西側で古い河道が見つかった。おおむね北西から南東方向に流れ、幅は約100メートルあり、人々はこの川沿いに住んでいたと暫定的に判断できる」と述べ、遺跡全体の地層の堆積は明確で、遺物も大量に残っており、保存状態も良好だと説明した。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031207622

  •  (2)7800年前の集落遺跡見つかる河南省安陽市
    2023年03月12日
    (2)7800年前の集落遺跡見つかる河南省安陽市

    河南省安陽市の八里荘遺跡から出土した陶片。上から順に、紋飾を施した夾砂陶片(上)、泥質紅陶小口双耳壺の陶片(左下)、夾砂侈口深腹罐。(資料写真)中国河南省鄭州市で8日、2022年河南省考古新発見フォーラムが開かれ、同省安陽市文峰区小八里荘村で見つかった裴李岡(はいりこう)文化を中心とした新石器時代中期の集落遺跡について、豊富な考古資料から7千年余り前の人々の暮らしが次々と解明されていることが明らかになった。安陽市文物考古研究所の申文喜(しん・ぶんき)副研究館員によると、八里荘遺跡の分布域はいびつな楕円形をしており、東西の長さは最大約230メートル、南北は約150メートル、現存面積は約2万7千平方メートルに及ぶ。放射性炭素年代測定の結果、遺跡の年代は約7800年前から7400年前であることが判明した。申氏は「遺跡の南西側で古い河道が見つかった。おおむね北西から南東方向に流れ、幅は約100メートルあり、人々はこの川沿いに住んでいたと暫定的に判断できる」と述べ、遺跡全体の地層の堆積は明確で、遺物も大量に残っており、保存状態も良好だと説明した。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031207615

  •  (3)7800年前の集落遺跡見つかる河南省安陽市
    2023年03月12日
    (3)7800年前の集落遺跡見つかる河南省安陽市

    河南省安陽市の八里荘遺跡から出土した石製の道具。上から順に、石磨盤(上)、石磨棒(左下)、石鏟。(資料写真)中国河南省鄭州市で8日、2022年河南省考古新発見フォーラムが開かれ、同省安陽市文峰区小八里荘村で見つかった裴李岡(はいりこう)文化を中心とした新石器時代中期の集落遺跡について、豊富な考古資料から7千年余り前の人々の暮らしが次々と解明されていることが明らかになった。安陽市文物考古研究所の申文喜(しん・ぶんき)副研究館員によると、八里荘遺跡の分布域はいびつな楕円形をしており、東西の長さは最大約230メートル、南北は約150メートル、現存面積は約2万7千平方メートルに及ぶ。放射性炭素年代測定の結果、遺跡の年代は約7800年前から7400年前であることが判明した。申氏は「遺跡の南西側で古い河道が見つかった。おおむね北西から南東方向に流れ、幅は約100メートルあり、人々はこの川沿いに住んでいたと暫定的に判断できる」と述べ、遺跡全体の地層の堆積は明確で、遺物も大量に残っており、保存状態も良好だと説明した。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031207623

  • 1