KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 画像
  • 令和
  • 文化財
  • 展覧会
  • 青銅器
  • 漢代
  • 中華民族
  • 会期
  • 文字
  • 石碑

「画像石」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
71
( 1 71 件を表示)
  • 1
71
( 1 71 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Image of St. Peter with book and key,
    -
    Image of St. Peter with book and key,

    Image of St. Peter with book and key, Image of St. Peter with book and key. Casting in plaster., anonymous, c. 1500 - c. 1550, gypsum, h 28.8 cm × w 12.0 cm × d 6.0 cm.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023051010719

  •  Image, lower part, of a Mary with the corpse of Christ on his lap, of a Mary with the corpse of Christ on his lap.
    -
    Image, lower part, of a Mary with the corpse of Christ on his lap, of a Mary with the corpse of Christ on his lap.

    Image, lower part, of a Mary with the corpse of Christ on his lap, of a Mary with the corpse of Christ on his lap. Casting in plaster. The form is in the municipal collection in Utrecht., anonymous, c. 1500 - c. 1550, gypsum, h 18.5 cm × w 17.1 cm × d 4.0 cm.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023051001228

  •  Self Portrait of Nicolaes van Helt Stockade, c. 1634 - 1669, print maker: Nicolaes van Helt Stockade, c. 1634 - 1669.
    -
    Self Portrait of Nicolaes van Helt Stockade, c. 1634 - 1669, print maker: Nicolaes van Helt Stockade, c. 1634 - 1669.

    Self Portrait of Nicolaes van Helt Stockade, c. 1634 - 1669, print maker: Nicolaes van Helt Stockade, c. 1634 - 1669.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022012205982

  • 1997年06月03日

    「カラー」(DBのみの画像)◎石井孚・いしい・まこと・大阪商船三井船舶株式会社専務取締役・970526入手

    商品コード: 1997060300019

  •  曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ
    2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した大量の画像石(がぞうせき)のかけら。(2009年12月30日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805997

  •  曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ
    2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した画像石(がぞうせき)のかけら。(2009年12月30日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805958

  •  曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ
    2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した画像石(がぞうせき)のかけら。(2009年12月30日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805714

  •  Wolfgang Beltracchi
    2017年08月24日
    Wolfgang Beltracchi

    The painter Wolfgang Beltracchi stands in front of his paining ‘Gruppenbild der blauen Reiter‘ (lit. group picture of the blue riders) which he is currently working on in Munich, Germany, 24 August 2017. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062800952

  •  Wolfgang Beltracchi
    2017年08月24日
    Wolfgang Beltracchi

    The painter Wolfgang Beltracchi stands in front of his paining ‘Gruppenbild der blauen Reiter‘ (lit. group picture of the blue riders) which he is currently working on in Munich, Germany, 24 August 2017. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062800823

  •  労働節の連休を楽しむ
    2018年04月29日
    労働節の連休を楽しむ

    29日、中国河南省の南陽漢画館で、漢時代(紀元前202〜220年)の画像石(絵画が刻まれた石材)を鑑賞する観光客。労働節(メーデー)の連休初日、人々は思い思いにリラックスしてレジャーを楽しんだ。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100772

  •  大連漢墓博物館を訪ねて
    2019年06月22日
    大連漢墓博物館を訪ねて

    22日、大連漢墓博物館に展示されている山東省沂南(きなん)県や四川省成都市などの漢墓出土の画像石と画像磚の拓本。中国遼寧省大連市甘井子(かんせいし)区の大連漢墓(かんぼ)博物館は、区内の営城子(えいじょうし)漢墓群遺跡の上に建てられた遺跡博物館で、同遺跡とそこで出土した文化財を中心に展示している。同館に展示された墓や出土文物は、大連地域における漢代の政治や経済、社会状況を十分に反映していることから、中国の両漢(前漢と後漢)時代の文化研究にとって歴史的な意義がある。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601507

  •  大連漢墓博物館を訪ねて
    2019年06月22日
    大連漢墓博物館を訪ねて

    22日、大連漢墓博物館に展示されている山東省沂南(きなん)県や四川省成都市などの漢墓出土の画像石と画像磚の拓本。中国遼寧省大連市甘井子(かんせいし)区の大連漢墓(かんぼ)博物館は、区内の営城子(えいじょうし)漢墓群遺跡の上に建てられた遺跡博物館で、同遺跡とそこで出土した文化財を中心に展示している。同館に展示された墓や出土文物は、大連地域における漢代の政治や経済、社会状況を十分に反映していることから、中国の両漢(前漢と後漢)時代の文化研究にとって歴史的な意義がある。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601570

  •  上海で年画の大型展覧会開催新年を迎えるムードも濃厚に
    2019年12月27日
    上海で年画の大型展覧会開催新年を迎えるムードも濃厚に

    27日、河南省安陽市で出土した漢代の画像石(墓室やほこらの壁面に絵を彫ったもの)に見られる門神の「神荼(しんと)」と「鬱塁(うつるい)」。中国上海市の上海歴史博物館で27日、年画を大規模に展示する「承古萌新・瑞靄迎祥-重慶中国三峡博物館、上海市歴史博物館所蔵年画展」が開幕した。中国各地の選りすぐりの年画87組が展示されている。新年を祝い幸せを祈る寓意を込めたものが多く、伝統演劇の登場人物や神話、伝説をテーマとしたものもあり、中国人のより良い生活への憧れが託されている。同展の会期は2020年3月1日まで。年画は中国独特の民間美術で、千年以上の歴史を持つ。毎年新年を迎える時期に、家々で年画を張り出し鑑賞することは、新しい年の幸せを祈る中華民族の伝統行事になっている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602334

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北宋時代の「富直方墓誌銘(蓋)」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005715

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された「宮一品太監劉華仁墓誌銘」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005695

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北宋時代の「范仲淹神道碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005700

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「李佑墓誌銘(蓋)」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005724

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された漢代の「『富貴昌』文字碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005726

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で拓本の採拓を実演するスタッフ。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005759

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された拓本を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005642

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された商代甲骨文(約紀元前1600年~前1046年)。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005697

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された漢代画像磚の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005705

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された拓本を撮影する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005727

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「陳専墓誌銘(蓋)」の拓本を撮影する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005733

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された西周時代「毛公鼎」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005667

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された漢代画像磚の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005732

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北魏時代の「仏教造像碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005713

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された拓本を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005708

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北宋時代の「富弼墓誌銘(蓋)」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005710

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「張之甫墓誌銘」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005717

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日に撮影した「冀州従事馮君碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005699

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「武則天撰書『昇仙太子之碑』」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005721

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北斉時代の「造像刊経碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005723

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された「武則天撰書『昇仙太子之碑』」の拓本(中央)を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005719

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された拓本を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005729

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された新石器時代・仰韶文化期の刻符彩陶(約7千~5千年前)。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005659

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された商代甲骨文(約紀元前1600年~前1046年)。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020011005706

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北斉時代の「故假黄鉞太師太尉蘭陵忠武王碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005760

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された商代甲骨文(約紀元前1600年~前1046年)。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020011005707

  •  (4)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (4)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている春秋時代の蔡侯方壺。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309977

  •  (14)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (14)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている長沙窯の青釉褐彩詩文執壺。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310159

  •  (8)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (8)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている、楚文字が刻印された戦国時代の青銅器「鄂君啓金節」。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310059

  •  (11)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (11)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている後漢時代の明器、陶望楼。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310135

  •  (2)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (2)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている戦国後期の楚国の鋳客大鼎。これまで発見された中で最も大きく最も重い、春秋戦国時代の青銅製の円鼎とされる。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309952

  •  (1)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (1)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている戦国後期の楚国の鋳客大鼎。これまで発見された中で最も大きく最も重い、春秋戦国時代の青銅製の円鼎とされる。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309962

  •  (3)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (3)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている西周時代の青銅器、公卣(こうゆう)。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309964

  •  (13)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (13)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている金のアクセサリー。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310167

  •  (7)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (7)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている春秋時代後期の青銅器、呉王光鑑。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310001

  •  (10)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (10)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている五代十国時代の「邢窯白釉仰荷注子」。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310118

  •  (15)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (15)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている漢代の陶塑。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310203

  •  (9)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (9)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている戦国時代の玉器。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310057

  •  (5)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (5)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている春秋時代の「竜虎文鼓座」。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309973

  •  (6)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (6)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている春秋時代の「竜虎文鼓座」の細部。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309997

  •  (12)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて
    2021年11月03日
    (12)特色ある文化財の宝庫、安徽博物院を訪ねて

    10月24日、安徽博物院に展示されている北宋時代の「景徳鎮窯影青釉注子・注碗」。中国安徽省合肥市で1956年に開館した安徽博物院は、商・周時代の青銅器、漢代の画像石、古代の陶磁器、宋・元代の金銀器など特色ある文化財22万点(セット)余りを所蔵している。同博物院は毎年、国内外を代表する歴史的・文化的作品の展覧会を数多く開催している。(合肥=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110310134

  •  firo: 11.10.2022, country and people, landscape, Hohwachter Bay, Baltic Sea, beach
    2022年10月11日
    firo: 11.10.2022, country and people, landscape, Hohwachter Bay, Baltic Sea, beach

    firo: 11.10.2022, country and people, landscape, Hohwachter Bay, Baltic Sea, beach, sea, waves, Baltic Sea, Schleswig-Holstein, beach in the sea clouds, weather image, feature, autumn image, stones、クレジット:firo Sportphoto/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111702853

  •  firo: 11.10.2022, country and people, landscape, Hohwachter Bay, Baltic Sea, beach
    2022年10月11日
    firo: 11.10.2022, country and people, landscape, Hohwachter Bay, Baltic Sea, beach

    firo: 11.10.2022, country and people, landscape, Hohwachter Bay, Baltic Sea, beach, sea, waves, Baltic Sea, Schleswig-Holstein, beach in the sea clouds, weather image, feature, autumn image, stones、クレジット:firo Sportphoto/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111702931

  •  (17)北京市の古刹、法源寺でライラックが満開に
    2023年04月10日
    (17)北京市の古刹、法源寺でライラックが満開に

    3月30日、毘盧(びる)殿前廊脇の画像石。中国北京市西城区にある法源寺でこのところ、ライラックが満開となっている。同寺は北京に現存する最古の名刹の一つで、創建は唐の貞観19(645)年。清の雍正年間に修建され、寺名も創建当初の憫忠寺(びんちゅうじ)から現在の名称となった。敷地面積は6700平方メートル、左右対称の伽藍配置を持つ。蔵経楼(ぞうけいろう)には、明代の巨大な木彫りの涅槃(ねはん)像などさまざまな貴重な経典が収められている。仏像は木に乾漆(かんしつ)を施した明代彫像芸術の傑作とされる。1980年5月に日本の国宝である鑑真和上の像が中国に里帰りし巡回展示された際には一緒にまつられた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041008332

  •  (2)漢代の画像石に描かれた古代のバーベキュー山東省臨沂市
    2023年04月18日
    (2)漢代の画像石に描かれた古代のバーベキュー山東省臨沂市

    5日、臨沂市博物館が収蔵する画像石。中国山東省の臨沂(りんぎ)市博物館が収蔵する画像石(絵画が刻まれた石材)には、2千年前の人々が肉を焼く様子が描かれており、漢代の山東地域に串焼きが既に存在していたことを裏付けている。漢代のバーベキューの様子が描かれていたのは同市五里堡で1995年に出土した「庖厨宴飲(ほうちゅうえんいん)」画像石で、うち「双人焼烤(しょうこう)図」には1人が円形の炉の横に座って串刺しの肉を焼き、もう1人が立って風を送る姿が生き生きと刻まれていた。(臨沂=新華社配信/李斌)= 配信日: 2023(令和5)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041807904

  •  (3)漢代の画像石に描かれた古代のバーベキュー山東省臨沂市
    2023年04月18日
    (3)漢代の画像石に描かれた古代のバーベキュー山東省臨沂市

    5日、臨沂市博物館が収蔵する画像石。中国山東省の臨沂(りんぎ)市博物館が収蔵する画像石(絵画が刻まれた石材)には、2千年前の人々が肉を焼く様子が描かれており、漢代の山東地域に串焼きが既に存在していたことを裏付けている。漢代のバーベキューの様子が描かれていたのは同市五里堡で1995年に出土した「庖厨宴飲(ほうちゅうえんいん)」画像石で、うち「双人焼烤(しょうこう)図」には1人が円形の炉の横に座って串刺しの肉を焼き、もう1人が立って風を送る姿が生き生きと刻まれていた。(臨沂=新華社配信/李斌)= 配信日: 2023(令和5)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041807949

  •  (4)漢代の画像石に描かれた古代のバーベキュー山東省臨沂市
    2023年04月18日
    (4)漢代の画像石に描かれた古代のバーベキュー山東省臨沂市

    5日、臨沂市博物館が収蔵する画像石。中国山東省の臨沂(りんぎ)市博物館が収蔵する画像石(絵画が刻まれた石材)には、2千年前の人々が肉を焼く様子が描かれており、漢代の山東地域に串焼きが既に存在していたことを裏付けている。漢代のバーベキューの様子が描かれていたのは同市五里堡で1995年に出土した「庖厨宴飲(ほうちゅうえんいん)」画像石で、うち「双人焼烤(しょうこう)図」には1人が円形の炉の横に座って串刺しの肉を焼き、もう1人が立って風を送る姿が生き生きと刻まれていた。(臨沂=新華社配信/李斌)= 配信日: 2023(令和5)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041807952

  •  (1)漢代の画像石に描かれた古代のバーベキュー山東省臨沂市
    2023年04月18日
    (1)漢代の画像石に描かれた古代のバーベキュー山東省臨沂市

    5日、臨沂市博物館が収蔵する画像石。中国山東省の臨沂(りんぎ)市博物館が収蔵する画像石(絵画が刻まれた石材)には、2千年前の人々が肉を焼く様子が描かれており、漢代の山東地域に串焼きが既に存在していたことを裏付けている。漢代のバーベキューの様子が描かれていたのは同市五里堡で1995年に出土した「庖厨宴飲(ほうちゅうえんいん)」画像石で、うち「双人焼烤(しょうこう)図」には1人が円形の炉の横に座って串刺しの肉を焼き、もう1人が立って風を送る姿が生き生きと刻まれていた。(臨沂=新華社配信/李斌)= 配信日: 2023(令和5)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041807900

  •  (5)厨房を描いた漢代の画像石「庖厨図」山東省諸城博物館
    2023年04月20日
    (5)厨房を描いた漢代の画像石「庖厨図」山東省諸城博物館

    庖厨図画像石の線画。(資料写真)中国山東省諸城市の諸城博物館が所蔵する漢代の画像石「庖厨図(ほうちゅうず)」は、当時の厨房(ちゅうぼう)の様子を描いた石刻画で、計13点ある。墓の門扉、門楣(もんび、墓門の横木)、門框(もんかん、門扉の枠)、扁額、各墓室を結ぶ過道の部材に使われていた。1967年に同市相州鎮前涼台村にある後漢時代の漢陽(現在の甘粛省天水市甘谷県)太守、孫琮(そん・そう)の墓から出土した。中でも庖厨図と髡刑(こんけい、剃髪刑)図、題銘図、謁見図が貴重とされる。庖厨図は1枚の絵に複数の視点を置く「散点透視法」を用い、広く、複雑で忙しそうな厨房の様子を描いており、漢代の画像石では珍しい。ヒツジ、ブタ、ウシ、イヌ、ニワトリなどの解体やまき割り、火おこし、攪拌(かくはん)、水くみなど炊事の場景がある。中でも人数が最も多く、忙しそうなのが肉を焼く場面で、写実性に富み、躍動感に溢れ、漢代に当時の諸城でバーベキューが流行していたことを示している。(諸城=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042013329

  •  (3)厨房を描いた漢代の画像石「庖厨図」山東省諸城博物館
    2023年04月20日
    (3)厨房を描いた漢代の画像石「庖厨図」山東省諸城博物館

    諸城博物館に展示されている庖厨図画像石。(資料写真)中国山東省諸城市の諸城博物館が所蔵する漢代の画像石「庖厨図(ほうちゅうず)」は、当時の厨房(ちゅうぼう)の様子を描いた石刻画で、計13点ある。墓の門扉、門楣(もんび、墓門の横木)、門框(もんかん、門扉の枠)、扁額、各墓室を結ぶ過道の部材に使われていた。1967年に同市相州鎮前涼台村にある後漢時代の漢陽(現在の甘粛省天水市甘谷県)太守、孫琮(そん・そう)の墓から出土した。中でも庖厨図と髡刑(こんけい、剃髪刑)図、題銘図、謁見図が貴重とされる。庖厨図は1枚の絵に複数の視点を置く「散点透視法」を用い、広く、複雑で忙しそうな厨房の様子を描いており、漢代の画像石では珍しい。ヒツジ、ブタ、ウシ、イヌ、ニワトリなどの解体やまき割り、火おこし、攪拌(かくはん)、水くみなど炊事の場景がある。中でも人数が最も多く、忙しそうなのが肉を焼く場面で、写実性に富み、躍動感に溢れ、漢代に当時の諸城でバーベキューが流行していたことを示している。(諸城=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042013277

  •  (4)厨房を描いた漢代の画像石「庖厨図」山東省諸城博物館
    2023年04月20日
    (4)厨房を描いた漢代の画像石「庖厨図」山東省諸城博物館

    諸城博物館に展示されている庖厨図画像石。(資料写真)中国山東省諸城市の諸城博物館が所蔵する漢代の画像石「庖厨図(ほうちゅうず)」は、当時の厨房(ちゅうぼう)の様子を描いた石刻画で、計13点ある。墓の門扉、門楣(もんび、墓門の横木)、門框(もんかん、門扉の枠)、扁額、各墓室を結ぶ過道の部材に使われていた。1967年に同市相州鎮前涼台村にある後漢時代の漢陽(現在の甘粛省天水市甘谷県)太守、孫琮(そん・そう)の墓から出土した。中でも庖厨図と髡刑(こんけい、剃髪刑)図、題銘図、謁見図が貴重とされる。庖厨図は1枚の絵に複数の視点を置く「散点透視法」を用い、広く、複雑で忙しそうな厨房の様子を描いており、漢代の画像石では珍しい。ヒツジ、ブタ、ウシ、イヌ、ニワトリなどの解体やまき割り、火おこし、攪拌(かくはん)、水くみなど炊事の場景がある。中でも人数が最も多く、忙しそうなのが肉を焼く場面で、写実性に富み、躍動感に溢れ、漢代に当時の諸城でバーベキューが流行していたことを示している。(諸城=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042013328

  •  (1)厨房を描いた漢代の画像石「庖厨図」山東省諸城博物館
    2023年04月20日
    (1)厨房を描いた漢代の画像石「庖厨図」山東省諸城博物館

    諸城博物館に展示されている髡笞図画像石。(資料写真)中国山東省諸城市の諸城博物館が所蔵する漢代の画像石「庖厨図(ほうちゅうず)」は、当時の厨房(ちゅうぼう)の様子を描いた石刻画で、計13点ある。墓の門扉、門楣(もんび、墓門の横木)、門框(もんかん、門扉の枠)、扁額、各墓室を結ぶ過道の部材に使われていた。1967年に同市相州鎮前涼台村にある後漢時代の漢陽(現在の甘粛省天水市甘谷県)太守、孫琮(そん・そう)の墓から出土した。中でも庖厨図と髡刑(こんけい、剃髪刑)図、題銘図、謁見図が貴重とされる。庖厨図は1枚の絵に複数の視点を置く「散点透視法」を用い、広く、複雑で忙しそうな厨房の様子を描いており、漢代の画像石では珍しい。ヒツジ、ブタ、ウシ、イヌ、ニワトリなどの解体やまき割り、火おこし、攪拌(かくはん)、水くみなど炊事の場景がある。中でも人数が最も多く、忙しそうなのが肉を焼く場面で、写実性に富み、躍動感に溢れ、漢代に当時の諸城でバーベキューが流行していたことを示している。(諸城=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042013242

  •  (2)厨房を描いた漢代の画像石「庖厨図」山東省諸城博物館
    2023年04月20日
    (2)厨房を描いた漢代の画像石「庖厨図」山東省諸城博物館

    諸城博物館に展示されている髡笞図画像石(右)と謁見図画像石。(資料写真)中国山東省諸城市の諸城博物館が所蔵する漢代の画像石「庖厨図(ほうちゅうず)」は、当時の厨房(ちゅうぼう)の様子を描いた石刻画で、計13点ある。墓の門扉、門楣(もんび、墓門の横木)、門框(もんかん、門扉の枠)、扁額、各墓室を結ぶ過道の部材に使われていた。1967年に同市相州鎮前涼台村にある後漢時代の漢陽(現在の甘粛省天水市甘谷県)太守、孫琮(そん・そう)の墓から出土した。中でも庖厨図と髡刑(こんけい、剃髪刑)図、題銘図、謁見図が貴重とされる。庖厨図は1枚の絵に複数の視点を置く「散点透視法」を用い、広く、複雑で忙しそうな厨房の様子を描いており、漢代の画像石では珍しい。ヒツジ、ブタ、ウシ、イヌ、ニワトリなどの解体やまき割り、火おこし、攪拌(かくはん)、水くみなど炊事の場景がある。中でも人数が最も多く、忙しそうなのが肉を焼く場面で、写実性に富み、躍動感に溢れ、漢代に当時の諸城でバーベキューが流行していたことを示している。(諸城=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042013278

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:19.31
    2023年05月04日
    「新華社」中華民族の始祖、黄帝の陵墓を訪ねて陝西省黄陵県

    中国の黄土高原西部、陝西省延安市黄陵県にある橋山は、伝説の皇帝「黄帝」の陵墓とされる。漢代の歴史書「史記」にも「黄帝崩、葬橋山(黄帝崩じ、橋山に葬る)」の記載がある。黄帝は名を軒轅(けんえん)といい、中国で民族の礎を築いた文明の先駆者とされ、歴代王朝でも敬慕されてきた。黄帝陵も中華民族の祖陵と見なされている。黄帝陵の傍らには軒轅廟があり、創建は前漢の始めとされる。黄帝陵管理局ガイドセンターの郭嬋(かく・せん)副主任は「漢が建国されると、高祖劉邦(りゅう・ほう)が皇帝陵の傍らには廟宇を建てると規定したため、黄帝陵にも軒轅廟が建てられた」と説明した。軒轅廟の入り口には「黄帝手植柏」と呼ばれるコノデカシワの古木がある。樹高19・4メートルで幹回りは11メートルを超す。樹齢は5千年余りで「中華第一柏」の誉れ高く、黄帝の手植えと伝わる。軒轅廟の「人文始祖」大殿はかつて黄帝を祭った正殿で、中央に黄帝の全身浮き彫りレリーフが安置されている。山東省の武梁寺に残る後漢時代の画像石を基にしており、墨玉(黒い軟玉)に彫刻されている。高さ3・9メートル、重さ11トンで、黄帝は質素な衣服、真剣な面持ちで東に向かって歩き、左手で前方を指し、顔は西を振り返る姿勢をとっている。黄帝は古代中国の部族連合の指導者であり、治世中に衣服や船、車を作り、養蚕を教え、数々の穀物や草木の種をまいたとされる。徳によって人々を感化して諸侯を従え、賢者を登用し、岐伯(ぎはく、古代の名医)にはあらゆる薬草を試すように命じて、医者として人々の病気を治療させ、倉頡(そうけつ)には鳥の足跡から文字を作らせた。臣民とともに中国5千年の文明史を開いた。橋山に登ると黄帝陵園がある。陵前の祭亭は明清時代の建築で、中央には現代中国の文学者・歴史家・政治家の郭沫若(かく・まつじゃく)が揮毫した「黄帝陵」碑がある。祭亭の後ろが黄帝の陵墓で、高さは3・6メートル、周囲は48メートル。青れんがで囲いをした環丘墓で、正面の石碑には黄帝が竜に乗って天に昇った伝説に由来する「橋山竜馭」の四文字が記されている。黄帝陵園には漢代の「漢武仙台」遺跡も残る。高さ13・5メートル、上部の周囲22・5メートル、下部の周囲120メートルで、今も古風で雄渾な風貌を残す。前漢の元封元(紀元前110)年に武帝が北方を行幸した際、18万の兵士が長衣に土をくるんで運び、昼 =配信日: 2023(令和5)年5月4...

    商品コード: 2023050411015

  •  (1)漢代の百科全書「武氏墓群石刻」山東省嘉祥県
    2023年10月30日
    (1)漢代の百科全書「武氏墓群石刻」山東省嘉祥県

    武氏墓群石刻の漢画像石「荊軻刺秦王」拓本のスキャン画像。(資料写真)中国山東省済寧市嘉祥県の武氏墓群石刻は、後漢時代の武氏一族墓地の地上に残されていた貴重な石刻芸術で、豊富な題材と精緻な彫刻から漢代史の「百科全書」と呼ばれる。1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定され、国内外から毎年多くの専門家や研究者、観光客が見学に訪れる。(嘉祥=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023103008234

  •  (2)戦国時代から清代の墓301基が出土山東省済南市
    2024年01月16日
    (2)戦国時代から清代の墓301基が出土山東省済南市

    長清区平安店旧村跡A-1区画墓地で出土した画像石。(資料写真)中国山東省済南市長清区で同市考古研究院が中心となり発掘調査した平安店旧村跡A-1区画墓地がこのほど、作業を終えて検収に合格した。今回の発掘では墓301基、窯跡2カ所、灰坑3カ所、井戸8カ所を含む戦国時代から清代の各種遺構314カ所を発見した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2024(令和6)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011612314

  •  (2)1800年前の漢画像石に新たな活力山東省済寧市
    2024年05月23日
    (2)1800年前の漢画像石に新たな活力山東省済寧市

    武氏墓群石刻博物館で、ヒューマンマシンインタラクション(HMI)設備について説明する博物館職員(手前)。(4月10日撮影)中国古代の石刻芸術「画像石」は、平板の石材に線刻や浮き彫りで画像を表したもので、主に漢代~南北朝時代の祀堂(しどう)や墓室の壁面を飾った。漢代を代表する芸術でもあり、1961年には山東省済寧市嘉祥県の武氏墓群石刻が第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。同県紙坊鎮にある武氏墓群石刻博物館は、武氏一族の祠堂に使われた画像石40個余りを収蔵する。これらの石刻は美しい画面を通じ、漢代とそれ以前の政治経済、軍事、文化と神話、風土と人情などを生き生きと表現している。嘉祥県はここ数年、文化遺産の保護と伝承を進め、文化財や文化遺産の多重的な価値を掘り起こし、1800年余り前の画像石に新たな活力を与えている。特別資金も1700万元(1元=約22円)余り獲得し、設備・施設の保護的修繕や石刻本体の保護、事前調査研究など一連の文化財保護プロジェクトを次々に実施した。(済寧=新華社配信)= 配信日: 2024(令和6)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024052309138

  •  (1)1800年前の漢画像石に新たな活力山東省済寧市
    2024年05月23日
    (1)1800年前の漢画像石に新たな活力山東省済寧市

    武氏墓群石刻博物館の展示。(4月18日撮影)中国古代の石刻芸術「画像石」は、平板の石材に線刻や浮き彫りで画像を表したもので、主に漢代~南北朝時代の祀堂(しどう)や墓室の壁面を飾った。漢代を代表する芸術でもあり、1961年には山東省済寧市嘉祥県の武氏墓群石刻が第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。同県紙坊鎮にある武氏墓群石刻博物館は、武氏一族の祠堂に使われた画像石40個余りを収蔵する。これらの石刻は美しい画面を通じ、漢代とそれ以前の政治経済、軍事、文化と神話、風土と人情などを生き生きと表現している。嘉祥県はここ数年、文化遺産の保護と伝承を進め、文化財や文化遺産の多重的な価値を掘り起こし、1800年余り前の画像石に新たな活力を与えている。特別資金も1700万元(1元=約22円)余り獲得し、設備・施設の保護的修繕や石刻本体の保護、事前調査研究など一連の文化財保護プロジェクトを次々に実施した。(済寧=新華社配信)= 配信日: 2024(令和6)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024052309089

  • 1