KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 流派
  • 画家
  • 会期
  • 紹介
  • 東洋
  • 西洋
  • れいな
  • アートギャラリー
  • テーマ

「画派」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    ‘Zahhak is Told His Fate‘, Folio 29v from the Shahnama (Book of Kings) of Shah Tahmasp,

    ‘Zahhak is Told His Fate‘, Folio 29v from the Shahnama (Book of Kings) of Shah Tahmasp, ca. 1524, Made in Iran, Tabriz, Opaque watercolor, ink, silver, and gold on paper, Painting: H. 7 3/8 in. (18.7 cm), Codices, Painting attributed to Sultan Muhammad (active first half 16th century), The evil king Zahhak faints when his wise men reveal the meaning of his nightmare: that one Faridun, as yet unborn, will justly bring about his downfall and death. The logical disposition of figures in space reflects the influence of the late Timurid Herat School of painting, whereas the bending rosebush and snail-like clouds at the right derive from Turkmen painting as practiced at Tabriz.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022042107065

  • 01:31.07
    2019年03月20日
    「新華社」任伯年の人物画大型特別展「妙筆伝神」、香港で開幕

    清代末期の画家、任伯年(じん・ばくねん)の中国香港特別行政区で初となる人物画大型展覧会「妙筆伝神:中国美術館所蔵、任伯年人物画特別展」が20日、香港中文大学文物館で開幕した。同展では任伯年の優れた絵画作品82点が展示され、その中には未出版や未公開の作品も数多く含まれている。会期は8月18日まで。任伯年は19世紀の中国で最も影響力を持つ画家の一人で、上海で活躍した「海上画派」の先駆者でもある。東洋と西洋の特色が融合した作品を多く生み出した。今回の展覧会は作品の題材によって「古」「今」「雅」「俗」の4つの分野に分けられ、それぞれ歴史物語、写実画、趣のある暮らし、民俗的な吉兆などさまざまな角度から、任伯年が人物画分野で成し遂げた成果を表している。(記者/万后徳)<映像内容>清代末期の画家・任伯年の人物画大型展覧会の様子、撮影日:2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032801276

  • 2019年10月12日
    高原雪山画派の作品展が開幕チベット自治区ラサ市

    12日、作品を鑑賞するラサ市師範高等専門学校の学生たち。中国チベット自治区ラサ市で12日、高原雪山画派の作品展が開幕し、約40人の画家が丹念に制作した100点余りの絵画が展示された。多角的で広い視野を持ち、深みのある多様な手法で創作された絵画は、高原雪山の文化や自然の風貌を表現している。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605185

  • 2019年10月12日
    高原雪山画派の作品展が開幕チベット自治区ラサ市

    12日、来場者に自身の作品を紹介する画家の肖代貴(しょう・だいき)さん。中国チベット自治区ラサ市で12日、高原雪山画派の作品展が開幕し、約40人の画家が丹念に制作した100点余りの絵画が展示された。多角的で広い視野を持ち、深みのある多様な手法で創作された絵画は、高原雪山の文化や自然の風貌を表現している。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605193

  • 2019年10月12日
    高原雪山画派の作品展が開幕チベット自治区ラサ市

    12日、作品を鑑賞する来場者。中国チベット自治区ラサ市で12日、高原雪山画派の作品展が開幕し、約40人の画家が丹念に制作した100点余りの絵画が展示された。多角的で広い視野を持ち、深みのある多様な手法で創作された絵画は、高原雪山の文化や自然の風貌を表現している。(ラサ=新華社配信/孫非)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605186

  • 2019年10月12日
    高原雪山画派の作品展が開幕チベット自治区ラサ市

    12日、作品を鑑賞する来場者。中国チベット自治区ラサ市で12日、高原雪山画派の作品展が開幕し、約40人の画家が丹念に制作した100点余りの絵画が展示された。多角的で広い視野を持ち、深みのある多様な手法で創作された絵画は、高原雪山の文化や自然の風貌を表現している。(ラサ=新華社配信/孫非)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604866

  • 2019年10月27日
    銭松喦生誕120周年記念特別展、江蘇省無錫市で開催

    27日、無錫博物館で開かれている銭松喦生誕120周年記念特別展。中国江蘇省の無錫博物館で27日、銭松喦(せん・しょうがん)の生誕120周年を記念した特別展「江南一喦」が正式に始まった。銭松喦は現代中国美術、中国山水画の代表的人物の一人で、明清時代に南京地域で流行した水墨画の流派「金陵画派」を発展させた「新金陵画派」の中心的人物。代表作品は重要な江南の文化的シンボルとされている。同展は2020年2月まで開かれる。(無錫=新華社配信/郭黛晶)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500843

  • 2019年10月27日
    銭松喦生誕120周年記念特別展、江蘇省無錫市で開催

    27日、無錫博物館で銭松喦生誕120周年記念特別展を鑑賞する来場者。中国江蘇省の無錫博物館で27日、銭松喦(せん・しょうがん)の生誕120周年を記念した特別展「江南一喦」が正式に始まった。銭松喦は現代中国美術、中国山水画の代表的人物の一人で、明清時代に南京地域で流行した水墨画の流派「金陵画派」を発展させた「新金陵画派」の中心的人物。代表作品は重要な江南の文化的シンボルとされている。同展は2020年2月まで開かれる。(無錫=新華社配信/郭黛晶)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500945

  • 2019年10月27日
    銭松喦生誕120周年記念特別展、江蘇省無錫市で開催

    27日、無錫博物館内に設置された銭松喦生誕120周年記念特別展の紹介。中国江蘇省の無錫博物館で27日、銭松喦(せん・しょうがん)の生誕120周年を記念した特別展「江南一喦」が正式に始まった。銭松喦は現代中国美術、中国山水画の代表的人物の一人で、明清時代に南京地域で流行した水墨画の流派「金陵画派」を発展させた「新金陵画派」の中心的人物。代表作品は重要な江南の文化的シンボルとされている。同展は2020年2月まで開かれる。(無錫=新華社配信/郭黛晶)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500886

  • 2019年10月31日
    銭松喦生誕120周年記念特別展、江蘇省無錫市で開催

    展示作品「機帆船」。(資料写真)中国江蘇省の無錫博物館で27日、銭松喦(せん・しょうがん)の生誕120周年を記念した特別展「江南一喦」が正式に始まった。銭松喦は現代中国美術、中国山水画の代表的人物の一人で、明清時代に南京地域で流行した水墨画の流派「金陵画派」を発展させた「新金陵画派」の中心的人物。代表作品は重要な江南の文化的シンボルとされている。同展は2020年2月まで開かれる。(無錫=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500936

  • 2019年10月31日
    銭松喦生誕120周年記念特別展、江蘇省無錫市で開催

    展示作品「運河工程」。(資料写真)中国江蘇省の無錫博物館で27日、銭松喦(せん・しょうがん)の生誕120周年を記念した特別展「江南一喦」が正式に始まった。銭松喦は現代中国美術、中国山水画の代表的人物の一人で、明清時代に南京地域で流行した水墨画の流派「金陵画派」を発展させた「新金陵画派」の中心的人物。代表作品は重要な江南の文化的シンボルとされている。同展は2020年2月まで開かれる。(無錫=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500889

  • 2019年10月31日
    銭松喦生誕120周年記念特別展、江蘇省無錫市で開催

    展示作品「延安頌」。(資料写真)中国江蘇省の無錫博物館で27日、銭松喦(せん・しょうがん)の生誕120周年を記念した特別展「江南一喦」が正式に始まった。銭松喦は現代中国美術、中国山水画の代表的人物の一人で、明清時代に南京地域で流行した水墨画の流派「金陵画派」を発展させた「新金陵画派」の中心的人物。代表作品は重要な江南の文化的シンボルとされている。同展は2020年2月まで開かれる。(無錫=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500933

  • 2019年10月31日
    銭松喦生誕120周年記念特別展、江蘇省無錫市で開催

    展示作品「愛晩亭」。(資料写真)中国江蘇省の無錫博物館で27日、銭松喦(せん・しょうがん)の生誕120周年を記念した特別展「江南一喦」が正式に始まった。銭松喦は現代中国美術、中国山水画の代表的人物の一人で、明清時代に南京地域で流行した水墨画の流派「金陵画派」を発展させた「新金陵画派」の中心的人物。代表作品は重要な江南の文化的シンボルとされている。同展は2020年2月まで開かれる。(無錫=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500885

  • 2021年04月25日
    (2)「抱石風骨・第1回中国画ビエンナーレ」開幕江蘇省南京市

    22日、江蘇省美術館で作品を鑑賞する来場者。中国美術家協会と江蘇省文化・観光庁が主催する「抱石風骨・第1回中国画ビエンナーレ」が22日、同省南京市の江蘇省美術館新館で開幕した。新金陵画派の「筆墨当随時代」(時代に沿った筆使い)の芸術精神を継承、発展させ、芸術家が深さや温もり、高みのある優れた作品を創作するよう奨励することを目的としている。会期は5月5日まで。(南京=新華社配信/蔣文超)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502451

  • 2021年04月25日
    (1)「抱石風骨・第1回中国画ビエンナーレ」開幕江蘇省南京市

    22日、江蘇省美術館で作品を鑑賞する来場者。中国美術家協会と江蘇省文化・観光庁が主催する「抱石風骨・第1回中国画ビエンナーレ」が22日、同省南京市の江蘇省美術館新館で開幕した。新金陵画派の「筆墨当随時代」(時代に沿った筆使い)の芸術精神を継承、発展させ、芸術家が深さや温もり、高みのある優れた作品を創作するよう奨励することを目的としている。会期は5月5日まで。(南京=新華社配信/劉鵬程)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502450

  • 2021年04月25日
    (3)「抱石風骨・第1回中国画ビエンナーレ」開幕江蘇省南京市

    22日、江蘇省美術館で行われた「抱石風骨・第1回中国画ビエンナーレ」の開幕式。中国美術家協会と江蘇省文化・観光庁が主催する「抱石風骨・第1回中国画ビエンナーレ」が22日、同省南京市の江蘇省美術館新館で開幕した。新金陵画派の「筆墨当随時代」(時代に沿った筆使い)の芸術精神を継承、発展させ、芸術家が深さや温もり、高みのある優れた作品を創作するよう奨励することを目的としている。会期は5月5日まで。(南京=新華社配信/蔣文超)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502448

  • 2022年03月30日
    (1)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007559

  • 2022年03月30日
    (7)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007905

  • 2022年03月30日
    (6)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007906

  • 2022年03月30日
    (13)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の交流コーナーと親子体験コーナー。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033008054

  • 2022年03月30日
    (12)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の交流コーナーと親子体験コーナー。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033008057

  • 2022年03月30日
    (15)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の展示エリア。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033008050

  • 2022年03月30日
    (3)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007691

  • 2022年03月30日
    (10)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の交流コーナーの一角。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007935

  • 2022年03月30日
    (8)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007936

  • 2022年03月30日
    (2)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007560

  • 2022年03月30日
    (5)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007945

  • 2022年03月30日
    (9)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    広州白雲国際空港ターミナルの一角。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007937

  • 2022年03月30日
    (4)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    展覧会に展示された作品。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007874

  • 2022年03月30日
    (11)広東市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の交流コーナーの一角。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033008053

  • 2022年03月30日
    (14)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の展示エリア。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033008055

  • 2022年03月30日
    (16)広州市で嶺南画派の作品を紹介する展覧会広東省

    白雲国際空港分院の展示エリア。(2月26日撮影)中国広東省にある広州芸術博物院の白雲国際空港分院で1月5日から、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)画派の作品を紹介する展覧会が開かれている。同展のテーマ「花開平安」は、同空港を訪れた乗客の幸運と平安を願ってつけられた。会期は3月31日まで。嶺南画派は広州を拠点とする画家たちの流派で、創始者は高剣父(こう・けんふ)、高奇峰(こう・きほう)、陳樹人(ちん・じゅじん)の3人。中国画に基礎を置きつつ、東洋と西洋の技法を取り入れた同派は、20世紀に中国画壇を席巻した三大画派の一つとなった。「国家重点美術館」で「国家1級博物館」でもある同博物院の白雲国際空港分院は昨年5月、広州市初の24時間利用できる全天候開放型アートギャラリーとして正式に開館した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033008056

  • 1