KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アメリカ人
  • エミリー
  • サポート
  • チャイナ
  • 中国在住
  • 中国山西省
  • 中国河北省
  • 中国生活
  • 中庭建築
  • 中華民国

「留学生活」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
33
( 1 33 件を表示)
  • 1
33
( 1 33 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の噴水池。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居に残る閻錫山自筆の家訓。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居内の都督府。ロマネスク様式の風格を持つ。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の給水塔。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の新南院。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の須弥壇(しゅみだん)の一部分。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の建具に施された木彫。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の東花園の中庭にある貴賓室。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の正門。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居に残る孫文(そん・ぶん)が閻錫山に寄せた揮毫を彫った壁。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月12日
    日本人留学生、服部大芽さんの日常湖北省武漢市

    12日、大学構内を歩く服部大芽さん(右)。服部大芽さん(21)は今年2月、中国語を学ぶために交換留学生として、東京から中国湖北省武漢市の武漢大学へやって来た。服部さんは教室の中でも外でも中国文化に興味を持っている。専門の講義では必死でノートを取り、積極的に討論に参加している。留学してから半年、服部さんには中国人の友人ができた。友人たちに助けられ、武漢方言で簡単なあいさつができるようになっている。服部さんは、武漢での留学生活はとても便利だと話す。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月12日
    日本人留学生、服部大芽さんの日常湖北省武漢市

    12日、食堂で食事をする服部大芽さん(右)。服部大芽さん(21)は今年2月、中国語を学ぶために交換留学生として、東京から中国湖北省武漢市の武漢大学へやって来た。服部さんは教室の中でも外でも中国文化に興味を持っている。専門の講義では必死でノートを取り、積極的に討論に参加している。留学してから半年、服部さんには中国人の友人ができた。友人たちに助けられ、武漢方言で簡単なあいさつができるようになっている。服部さんは、武漢での留学生活はとても便利だと話す。(武漢=新華社配信/劉安琪)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月12日
    日本人留学生、服部大芽さんの日常湖北省武漢市

    12日、武漢大学の食堂で、武漢市の名物「熱乾麺」を食べる服部大芽さん。服部大芽さん(21)は今年2月、中国語を学ぶために交換留学生として、東京から中国湖北省武漢市の武漢大学へやって来た。服部さんは教室の中でも外でも中国文化に興味を持っている。専門の講義では必死でノートを取り、積極的に討論に参加している。留学してから半年、服部さんには中国人の友人ができた。友人たちに助けられ、武漢方言で簡単なあいさつができるようになっている。服部さんは、武漢での留学生活はとても便利だと話す。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月12日
    日本人留学生、服部大芽さんの日常湖北省武漢市

    12日、講義を聞く服部大芽さん。服部大芽さん(21)は今年2月、中国語を学ぶために交換留学生として、東京から中国湖北省武漢市の武漢大学へやって来た。服部さんは教室の中でも外でも中国文化に興味を持っている。専門の講義では必死でノートを取り、積極的に討論に参加している。留学してから半年、服部さんには中国人の友人ができた。友人たちに助けられ、武漢方言で簡単なあいさつができるようになっている。服部さんは、武漢での留学生活はとても便利だと話す。(武漢=新華社配信/劉安琪)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    日本人留学生、服部大芽さんの日常湖北省武漢市

    8日、けん玉を披露する服部大芽さん(中央)。服部大芽さん(21)は今年2月、中国語を学ぶために交換留学生として、東京から中国湖北省武漢市の武漢大学へやって来た。服部さんは教室の中でも外でも中国文化に興味を持っている。専門の講義では必死でノートを取り、積極的に討論に参加している。留学してから半年、服部さんには中国人の友人ができた。友人たちに助けられ、武漢方言で簡単なあいさつができるようになっている。服部さんは、武漢での留学生活はとても便利だと話す。(武漢=新華社配信/劉安琪)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月24日
    「外国人妻」の中国生活

    24日、夫の郭了達さんと一緒にスタジオの壁を塗るエミリーさん。改革開放からの40年間、仕事や留学、生活のために中国にやって来る外国人が増え続けている。世界に開かれた中国は、こうした夢を抱く外国人らの「チャイナドリーム」実現を助けている。米国人女性のエミリーさんは、中国河北省石家荘市の郭了達(かく・りょうたつ)さんと知り合い結婚、2017年に夫に付いて中国へやって来た。彼女は現在、教育スタジオを経営する夫をサポートする傍ら、さまざまな中国の伝統文化を学び、それらに深く心酔した。エミリーさんの生活は、書道や絵画、古琴により、中国の趣きにあふれている。エミリーさんは、中国での生活はとてもクールで、自らの夢を追いかけ、中国の文化を理解し、中国の美食を味わうことができ、さらに愛に満ちた家庭を持つこともできたと語った。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月24日
    「外国人妻」の中国生活

    24日、しゅうとめと一緒に買い物をするエミリーさん。改革開放からの40年間、仕事や留学、生活のために中国にやって来る外国人が増え続けている。世界に開かれた中国は、こうした夢を抱く外国人らの「チャイナドリーム」実現を助けている。米国人女性のエミリーさんは、中国河北省石家荘市の郭了達(かく・りょうたつ)さんと知り合い結婚、2017年に夫に付いて中国へやって来た。彼女は現在、教育スタジオを経営する夫をサポートする傍ら、さまざまな中国の伝統文化を学び、それらに深く心酔した。エミリーさんの生活は、書道や絵画、古琴により、中国の趣きにあふれている。エミリーさんは、中国での生活はとてもクールで、自らの夢を追いかけ、中国の文化を理解し、中国の美食を味わうことができ、さらに愛に満ちた家庭を持つこともできたと語った。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月24日
    「外国人妻」の中国生活

    24日、石家荘市橋西区の自宅で、夫の郭了達さんから中国の歴史文化について話を聞くエミリーさん。改革開放からの40年間、仕事や留学、生活のために中国にやって来る外国人が増え続けている。世界に開かれた中国は、こうした夢を抱く外国人らの「チャイナドリーム」実現を助けている。米国人女性のエミリーさんは、中国河北省石家荘市の郭了達(かく・りょうたつ)さんと知り合い結婚、2017年に夫に付いて中国へやって来た。彼女は現在、教育スタジオを経営する夫をサポートする傍ら、さまざまな中国の伝統文化を学び、それらに深く心酔した。エミリーさんの生活は、書道や絵画、古琴により、中国の趣きにあふれている。エミリーさんは、中国での生活はとてもクールで、自らの夢を追いかけ、中国の文化を理解し、中国の美食を味わうことができ、さらに愛に満ちた家庭を持つこともできたと語った。(石家荘=新華社記者/呂優)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月24日
    「外国人妻」の中国生活

    24日、石家荘市橋西区の自宅で、「我喜歓中国」(中国が好き)と書いた紙を家族と掲げるエミリーさん(左から2人目)。改革開放からの40年間、仕事や留学、生活のために中国にやって来る外国人が増え続けている。世界に開かれた中国は、こうした夢を抱く外国人らの「チャイナドリーム」実現を助けている。米国人女性のエミリーさんは、中国河北省石家荘市の郭了達(かく・りょうたつ)さんと知り合い結婚、2017年に夫に付いて中国へやって来た。彼女は現在、教育スタジオを経営する夫をサポートする傍ら、さまざまな中国の伝統文化を学び、それらに深く心酔した。エミリーさんの生活は、書道や絵画、古琴により、中国の趣きにあふれている。エミリーさんは、中国での生活はとてもクールで、自らの夢を追いかけ、中国の文化を理解し、中国の美食を味わうことができ、さらに愛に満ちた家庭を持つこともできたと語った。(石家荘=新華社記者/呂優)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月24日
    「外国人妻」の中国生活

    24日、石家荘市橋西区の自宅で、しゅうとめから中国画を習うエミリーさん。改革開放からの40年間、仕事や留学、生活のために中国にやって来る外国人が増え続けている。世界に開かれた中国は、こうした夢を抱く外国人らの「チャイナドリーム」実現を助けている。米国人女性のエミリーさんは、中国河北省石家荘市の郭了達(かく・りょうたつ)さんと知り合い結婚、2017年に夫に付いて中国へやって来た。彼女は現在、教育スタジオを経営する夫をサポートする傍ら、さまざまな中国の伝統文化を学び、それらに深く心酔した。エミリーさんの生活は、書道や絵画、古琴により、中国の趣きにあふれている。エミリーさんは、中国での生活はとてもクールで、自らの夢を追いかけ、中国の文化を理解し、中国の美食を味わうことができ、さらに愛に満ちた家庭を持つこともできたと語った。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月24日
    「外国人妻」の中国生活

    24日、エミリーさんと郭了達さんの結婚写真の複製。改革開放からの40年間、仕事や留学、生活のために中国にやって来る外国人が増え続けている。世界に開かれた中国は、こうした夢を抱く外国人らの「チャイナドリーム」実現を助けている。米国人女性のエミリーさんは、中国河北省石家荘市の郭了達(かく・りょうたつ)さんと知り合い結婚、2017年に夫に付いて中国へやって来た。彼女は現在、教育スタジオを経営する夫をサポートする傍ら、さまざまな中国の伝統文化を学び、それらに深く心酔した。エミリーさんの生活は、書道や絵画、古琴により、中国の趣きにあふれている。エミリーさんは、中国での生活はとてもクールで、自らの夢を追いかけ、中国の文化を理解し、中国の美食を味わうことができ、さらに愛に満ちた家庭を持つこともできたと語った。(石家荘=新華社記者/呂優)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月24日
    「外国人妻」の中国生活

    24日、石家荘市橋西区の自宅で、書道を練習するエミリーさん。改革開放からの40年間、仕事や留学、生活のために中国にやって来る外国人が増え続けている。世界に開かれた中国は、こうした夢を抱く外国人らの「チャイナドリーム」実現を助けている。米国人女性のエミリーさんは、中国河北省石家荘市の郭了達(かく・りょうたつ)さんと知り合い結婚、2017年に夫に付いて中国へやって来た。彼女は現在、教育スタジオを経営する夫をサポートする傍ら、さまざまな中国の伝統文化を学び、それらに深く心酔した。エミリーさんの生活は、書道や絵画、古琴により、中国の趣きにあふれている。エミリーさんは、中国での生活はとてもクールで、自らの夢を追いかけ、中国の文化を理解し、中国の美食を味わうことができ、さらに愛に満ちた家庭を持つこともできたと語った。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月24日
    「外国人妻」の中国生活

    24日、夫の郭了達さんと一緒に自転車で出かけるエミリーさん。改革開放からの40年間、仕事や留学、生活のために中国にやって来る外国人が増え続けている。世界に開かれた中国は、こうした夢を抱く外国人らの「チャイナドリーム」実現を助けている。米国人女性のエミリーさんは、中国河北省石家荘市の郭了達(かく・りょうたつ)さんと知り合い結婚、2017年に夫に付いて中国へやって来た。彼女は現在、教育スタジオを経営する夫をサポートする傍ら、さまざまな中国の伝統文化を学び、それらに深く心酔した。エミリーさんの生活は、書道や絵画、古琴により、中国の趣きにあふれている。エミリーさんは、中国での生活はとてもクールで、自らの夢を追いかけ、中国の文化を理解し、中国の美食を味わうことができ、さらに愛に満ちた家庭を持つこともできたと語った。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月24日
    「外国人妻」の中国生活

    24日、石家荘市橋西区の自宅で、古琴を練習するエミリーさん。改革開放からの40年間、仕事や留学、生活のために中国にやって来る外国人が増え続けている。世界に開かれた中国は、こうした夢を抱く外国人らの「チャイナドリーム」実現を助けている。米国人女性のエミリーさんは、中国河北省石家荘市の郭了達(かく・りょうたつ)さんと知り合い結婚、2017年に夫に付いて中国へやって来た。彼女は現在、教育スタジオを経営する夫をサポートする傍ら、さまざまな中国の伝統文化を学び、それらに深く心酔した。エミリーさんの生活は、書道や絵画、古琴により、中国の趣きにあふれている。エミリーさんは、中国での生活はとてもクールで、自らの夢を追いかけ、中国の文化を理解し、中国の美食を味わうことができ、さらに愛に満ちた家庭を持つこともできたと語った。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月24日
    「外国人妻」の中国生活

    24日、石家荘市橋西区の自宅で、しゅうとから中国書道を習うエミリーさん。改革開放からの40年間、仕事や留学、生活のために中国にやって来る外国人が増え続けている。世界に開かれた中国は、こうした夢を抱く外国人らの「チャイナドリーム」実現を助けている。米国人女性のエミリーさんは、中国河北省石家荘市の郭了達(かく・りょうたつ)さんと知り合い結婚、2017年に夫に付いて中国へやって来た。彼女は現在、教育スタジオを経営する夫をサポートする傍ら、さまざまな中国の伝統文化を学び、それらに深く心酔した。エミリーさんの生活は、書道や絵画、古琴により、中国の趣きにあふれている。エミリーさんは、中国での生活はとてもクールで、自らの夢を追いかけ、中国の文化を理解し、中国の美食を味わうことができ、さらに愛に満ちた家庭を持つこともできたと語った。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月05日
    職業学校の国際協力、ASEANの学生を魅了広西チワン族自治区

    2018年3月に柳州鉄道職業技術学院に留学したタイ人第1期生。(2018年9月5日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の柳州鉄道職業技術学院では、新学期を迎え、タイ人学生44人が1年半の留学生活をスタートさせた。彼らは、高速鉄道技術を学ぶため同自治区を訪れたタイ人第2期生に当たり、タイ国内4つの職業学校から派遣された。同学院はこれまで、タイの大学の教員や生徒170人余りを研修生として受け入れている。(柳州=新華社記者/夏軍)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月05日
    職業学校の国際協力、ASEANの学生を魅了広西チワン族自治区

    2018年3月に柳州鉄道職業技術学院に留学したタイ人第1期生。(2018年9月5日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の柳州鉄道職業技術学院では、新学期を迎え、タイ人学生44人が1年半の留学生活をスタートさせた。彼らは、高速鉄道技術を学ぶため同自治区を訪れたタイ人第2期生に当たり、タイ国内4つの職業学校から派遣された。同学院はこれまで、タイの大学の教員や生徒170人余りを研修生として受け入れている。(柳州=新華社記者/夏軍)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月05日
    職業学校の国際協力、ASEANの学生を魅了広西チワン族自治区

    2018年3月に柳州鉄道職業技術学院に留学したタイ人第1期生。(2018年9月5日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の柳州鉄道職業技術学院では、新学期を迎え、タイ人学生44人が1年半の留学生活をスタートさせた。彼らは、高速鉄道技術を学ぶため同自治区を訪れたタイ人第2期生に当たり、タイ国内4つの職業学校から派遣された。同学院はこれまで、タイの大学の教員や生徒170人余りを研修生として受け入れている。(柳州=新華社記者/夏軍)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2016年09月06日
    福岡市で開かれた会合 人材不足解消へ留学生活用

    福岡市で開かれた「九州・沖縄地方産業競争力協議会」の会合=6日午後

    撮影: 6日午後

  • 2001年06月18日
    旧友と再会した田中外相 田中外相が思い出の地訪問

    留学生活を送った高校で再会した旧友の出迎えを受けおどける田中外相(手前左)=17日午後、米フィラデルフィア市(共同)

  • 2001年06月18日
    旧友に迎えられる外相 田中外相が思い出の地訪問

    2年間の留学生活を送った高校で旧友と再会し、笑顔の田中外相(中央)=17日午後、米フィラデルフィア市(共同)

  • 1988年11月29日
    留学生活板につく 礼宮さま英国で23歳に

    オックスフォード大学博物館でケンプ博士(右)の個人指導を受ける留学中の礼宮さま=28日、オックスフォード(共同)(秋篠宮文仁)

  • 1983年10月15日
    浩宮さま本格的留学生活に

    15日、オックスフォード大入学式の前にマートン・カレッジで新入生全員と記念撮影する浩宮さま(共同)(皇室25042)

  • 1