KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 北海道新聞
  • 昭和
  • 深さ
  • 飼育
  • かんどう
  • ガラス
  • コンサートホール
  • スポンジ
  • ドライスーツ

「留辺蘂」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  イトムカ水銀鉱山
    1954年12月28日
    イトムカ水銀鉱山

    イトムカ水銀鉱山=出稿1954(昭和29)年12月28日、北海道常呂郡留辺蘂町(29年内地16866)

    商品コード: 2013032700367

  •  イトムカ水銀鉱山
    1954年12月28日
    イトムカ水銀鉱山

    イトムカ水銀鉱山の坑内作業=出稿1954(昭和29)年12月28日、北海道常呂郡留辺蘂町(

    商品コード: 2013032700366

  • 森の中のコンサート 天然林をコンサート場に
    1996年08月31日
    森の中のコンサート 天然林をコンサート場に

    7月末「巨樹の森」で開かれたコンサート。実際のコンサートホールは少し離れた林の中に造られる予定=北海道留辺蘂町

    商品コード: 1996083100004

  •  「北海道新聞」いてつく水槽 潜ってキレイに 北見市留辺蘂「北の大地の水族館」
    01:53.31
    2021年02月08日
    「北海道新聞」いてつく水槽 潜ってキレイに 北見市留辺蘂「北の大地の水族館」

    北見市で氷点下23.3度を記録した2月8日、同市留辺蘂町の「北の大地の水族館」(山の水族館)では、水面が結氷した屋外水槽「四季の水槽」の内部を清掃した。水槽の容量は13トン、深さは1メートル程度。館内から高さ約1.8メートル、幅約5メートル。この時期はヤマメやニジマスなど4種類40匹ほどが泳ぐ。飼育員2年目の貫洞(かんどう)千夏さん(24)がドライスーツを身にまとい、電動ノコギリで開けた氷の穴から水中へ。水温は約1度。左手に持った吸盤で体勢を保ちながらスポンジを動かし、ガラスの汚れを落とした、撮影日:2021(令和3)年2月8日、撮影場所:北海道北見市  クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021010974

  • 北見の会社が養殖 出荷待つトラフグ
    01:01.22
    2023年10月24日
    北見の会社が養殖 出荷待つトラフグ

    北見市留辺蘂町滝の湯で、温泉水を使って陸上養殖した高級魚トラフグの出荷が本格化している。飼育するのは、地元の障害者。採算ベースには至っていないが、障害者のやりがい、地域貢献につながっており、事業者は今後も続けていく考えだ。市内のエムリンク夢ケア(本見研介社長)が2020年から、就労支援事業として取り組んでいる。養殖する水槽は直径6㍍、深さ1メートルの円形。昨年6月、道外から稚魚を購入し、体長30~40センチに成長した60匹ほどが元気に泳ぎ回る。出荷は昨年に続き2回目。 =2023(令和5)年10月24日、北海道北見市、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024022706229

  • 1