KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 飼育
  • 農業
  • 位置
  • 転換
  • 地域
  • 協力
  • 平成
  • 建設

「畜産業」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
221
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
221
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    三河安城 坂倉農場

    キーワード:動物、絵葉書、三河安城、坂倉農場、畜力利用精米籾摺場、精米、籾摺り=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020020505920

  • 1976年05月15日
    下浦静平

    下浦静平、官庁、しもうら・よしひら、食糧庁次長、農水省畜産局審議官、農畜産業振興機構委員、甘味資源振興会会長理事=1976(昭和51)年5月15日

    商品コード: 1976071000007

  • 1979年08月14日
    岡山県高梁市 牛のせり市

    モー、野太い牛の声が響く。城下町・高梁で江戸時代初期の城主水谷侯が勧めた産業振興の一つが牛市。毎週1回せり市が開かれている。前年の売買頭数は3万余頭で売上高74億円。全国五指に入り、中四国では最大規模だったが、その後の市場統合で現在は、真庭市で行われている。=1979(昭和54)年8月14日、岡山県高梁市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041601720

  • 1997年12月17日
    下院前で抗議する業者 骨付き肉禁止で業界猛反発

    15日、ロンドンの下院前で牛肉の塊を持ち、骨付き牛肉の販売禁止令に抗議する畜産業者(ロイター=共同)(英国で16日、骨付き牛肉の販売禁止令が発効した。牛海綿状脳症(BSE)の人間への感染予防の措置だが、畜産業界は猛反発。販売禁止令を無視する肉屋も現れ、野党保守党が「ブレア政権の過剰反応」と攻撃するなど、新たな牛肉騒動が拡大しそうだ。)

    商品コード: 1997121700019

  • 1999年10月02日
    武智敏夫氏死去

    死去した武智敏夫氏(元農水省食品流通局長、元農畜産業振興事業団副理事長)

    商品コード: 1999100200085

  • 2001年03月16日
    口蹄疫で処分される牛 畜産業の集約化も一因か

    13日、口蹄疫の発生が確認された英国ケント州の農場で、処分された牛を焼却するため、重機で持ち上げる作業員たち(ロイター=共同)

    商品コード: 2001031600102

  • 2002年02月08日
    検査する職員ら 買い取り牛肉の再調査開始

    買い取り牛肉の検査をする農畜産業振興事業団の職員ら=8日午後、川崎市川崎区

    商品コード: 2002020800171

  • 2002年07月20日
    買い取り牛肉の検査 抜け道多い買い取り制度

    買い取り牛肉の検査をする農畜産業振興事業団の職員ら=2月、川崎市川崎区

    商品コード: 2002072000053

  • 2002年10月02日
    独語とスペイン語の表示 近代的畜産業集団に成長

    ドイツ語とスペイン語が併記された、メノニータ移住地のスーパーマーケットの表示=8月8日、パラグアイ西部ロマプラータ(共同)

    商品コード: 2002100200267

  • 2003年12月30日
    ジョー・オルズ氏 テキサス畜産業界が大揺れ

    28日、米テキサス州ヒューストン郊外で小規模の自然牧畜を続けるジョー・オルズ氏(共同)

    商品コード: 2003123000004

  • 2009年11月28日
    理解できない多層構造

    農畜産業振興機構をめぐる天下り

    商品コード: 2009112800267

  • 2009年11月28日
    理解できない多層構造

    農畜産業振興機構をめぐる天下り

    商品コード: 2009112800269

  • 2010年05月27日
    7割が畜産業再開の意向

    口蹄疫被害農家アンケート

    商品コード: 2010052700436

  • 2010年05月27日
    7割が畜産業再開の意向

    口蹄疫被害農家アンケート

    商品コード: 2010052700437

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月17日
    畜産業に深刻な打撃

    口蹄疫感染集中地域での封じ込め策のイメージ

    商品コード: 2010061700502

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月17日
    畜産業に深刻な打撃

    口蹄疫感染集中地域での封じ込め策のイメージ

    商品コード: 2010061700503

  • 2010年12月09日
    Church Rock framed by the gate of an old wooden pole fence cattle corral in southeastern Utah.

    December 9, 2010, Utah, United States: Church Rock framed by the gate of an old wooden pole fence cattle corral in southeastern Utah. (Credit Image: © Jon G. Fuller, Jr/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller, Jr/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090308434

  • 2010年12月09日
    Stormy skies over Church Rock and the La Sal Mountains behind an old wooden pole fence cattle corral in southeastern Utah.

    December 9, 2010, Utah, United States: Stormy skies over Church Rock and the La Sal Mountains behind an old wooden pole fence cattle corral in southeastern Utah. (Credit Image: © Jon G. Fuller, Jr/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller, Jr/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090401983

  • 2013年08月25日
    自民党とNZ関係者 ブルネイTPP交渉会合

    ニュージーランドの農畜産業関係者(右側)と意見交換する自民党の西川公也TPP対策委員長(左から2人目)ら=25日午後、ブルネイ・バンダルスリブガワン(共同)

    商品コード: 2013082500259

  • 2013年08月27日
    豪の農畜産業関係者と会談 政府への働きかけ注文

    オーストラリアの農畜産業関係者(右)と会談する、自民党の西川公也TPP対策委員長(左手前から2人目)ら=27日、ブルネイ・バンダルスリブガワン(共同)

    商品コード: 2013082700462

  • 2015年11月06日
    意見交換に臨む小泉氏 自民、TPPで地方行脚

    TPPをめぐり畜産業者らとの意見交換に臨む自民党の小泉進次郎農林部会長(中央)=6日午後、神戸市

    商品コード: 2015110600543

  • 2017年08月03日
    日欧EPAの説明会 畜産業の強化策拡充求める

    EPA大枠合意を受け、農水省が鹿児島市で開いた説明会=3日午後

    商品コード: 2017080301001

  • 00:57.49
    2018年03月05日
    「東奥日報」黒毛和種の子牛品評会/十和田市

    十和田市黒毛和種改良組合(沢目政光組合長)は5日、同市の三本木畜産農協で子牛管理品評会を開いた。黒毛和種雌牛の部で太田隆志さんの「さくら」、同去勢牛の部で今泉重喜さんの「春太郎」が最高賞のチャンピオン賞に輝いた。<映像内容>品評会の様子、撮影日:2018(平成30)年3月5日、撮影場所:十和田市三本木畜産農協、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018030800880

  • 2018年08月27日
    90年代生まれの女性、故郷の農村で貧困脱却を推進重慶市

    農家を訪問し、村民の困りごとや訴えを聞く張海華さん(右端)。中国重慶市酉陽(ゆうよう)県麻旺(まおう)鎮光明村で暮らす張海華(ちょうかいか)さんは3年前、病気の祖母の世話をするため、22歳で北京の仕事を辞め、中国西南部の山岳地帯にある深刻な「貧困村」へと帰郷。都会のホワイトカラーから貧困脱却支援の専門担当者に転身した。(酉陽=新華社配信/張海華提供)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:張海華提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303839

  • 2018年08月27日
    90年代生まれの女性、故郷の農村で貧困脱却を推進重慶市

    畜産農家を訪れた張海華さん(手前)。中国重慶市酉陽(ゆうよう)県麻旺(まおう)鎮光明村で暮らす張海華(ちょうかいか)さんは3年前、病気の祖母の世話をするため、22歳で北京の仕事を辞め、中国西南部の山岳地帯にある深刻な「貧困村」へと帰郷。都会のホワイトカラーから貧困脱却支援の専門担当者に転身した。(酉陽=新華社配信/張海華提供)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:張海華提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303700

  • 2018年08月27日
    90年代生まれの女性、故郷の農村で貧困脱却を推進重慶市

    農業会社を設立し、大規模かつ科学的な畜産業へと発展させた張海華さん(左)。多くの貧困世帯が畜産基地の管理者となっただけでなく、一部の貧困世帯が株主となり、増収による貧困脱却を実現した。中国重慶市酉陽(ゆうよう)県麻旺(まおう)鎮光明村で暮らす張海華(ちょうかいか)さんは3年前、病気の祖母の世話をするため、22歳で北京の仕事を辞め、中国西南部の山岳地帯にある深刻な「貧困村」へと帰郷。都会のホワイトカラーから貧困脱却支援の専門担当者に転身した。(酉陽=新華社配信/張海華提供)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:張海華提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303833

  • 2018年08月27日
    90年代生まれの女性、故郷の農村で貧困脱却を推進重慶市

    村民に貧困脱却政策を宣伝、説明する張海華さん(右端)。中国重慶市酉陽(ゆうよう)県麻旺(まおう)鎮光明村で暮らす張海華(ちょうかいか)さんは3年前、病気の祖母の世話をするため、22歳で北京の仕事を辞め、中国西南部の山岳地帯にある深刻な「貧困村」へと帰郷。都会のホワイトカラーから貧困脱却支援の専門担当者に転身した。(酉陽=新華社配信/張海華提供)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:張海華提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303904

  • 2018年08月27日
    90年代生まれの女性、故郷の農村で貧困脱却を推進重慶市

    畑に入って調査研究をする張海華さん(左)。中国重慶市酉陽(ゆうよう)県麻旺(まおう)鎮光明村で暮らす張海華(ちょうかいか)さんは3年前、病気の祖母の世話をするため、22歳で北京の仕事を辞め、中国西南部の山岳地帯にある深刻な「貧困村」へと帰郷。都会のホワイトカラーから貧困脱却支援の専門担当者に転身した。(酉陽=新華社配信/張海華提供)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:張海華提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303701

  • 2018年08月27日
    90年代生まれの女性、故郷の農村で貧困脱却を推進重慶市

    生活保護世帯を訪ねてトウモロコシの作柄を聞き、生活保護政策を説明する張海華さん(右)。中国重慶市酉陽(ゆうよう)県麻旺(まおう)鎮光明村で暮らす張海華(ちょうかいか)さんは3年前、病気の祖母の世話をするため、22歳で北京の仕事を辞め、中国西南部の山岳地帯にある深刻な「貧困村」へと帰郷。都会のホワイトカラーから貧困脱却支援の専門担当者に転身した。(酉陽=新華社記者/谷訓)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082906966

  • 2018年09月06日
    循環型産業が貧困脱却を支援広西チワン族自治区寧明県

    6日、広西チワン族自治区寧明県板棍(ばんこん)郷板棍村のキノコ栽培拠点で、品種改良を終えた菌床の袋を開き、生産準備に取りかかる村民。中国の広西チワン族自治区寧明(ねいめい)県はサトウキビの栽培や肉牛の畜産、食用キノコ類の育成などの産業を深く融合させた循環型産業チェーンを構築し、貧困世帯を産業チェーンに組み込むことで、収入や配当をもたらすことを目標にしている。循環型産業は地元農民が貧困を脱却し、収入を増やす重要な手段となっている。(寧明=新華社記者/周華)=2018(平成30)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021316

  • 2018年09月06日
    循環型産業が貧困脱却を支援広西チワン族自治区寧明県

    6日、広西チワン族自治区寧明県板棍(ばんこん)郷板棍村のキノコ栽培拠点でヤナギマツタケを摘む村民。中国の広西チワン族自治区寧明(ねいめい)県はサトウキビの栽培や肉牛の畜産、食用キノコ類の育成などの産業を深く融合させた循環型産業チェーンを構築し、貧困世帯を産業チェーンに組み込むことで、収入や配当をもたらすことを目標にしている。循環型産業は地元農民が貧困を脱却し、収入を増やす重要な手段となっている。(寧明=新華社記者/周華)=2018(平成30)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021275

  • 2018年09月06日
    循環型産業が貧困脱却を支援広西チワン族自治区寧明県

    6日、広西チワン族自治区寧明県板棍(ばんこん)郷板棍村の肥料加工拠点で、肥料を袋に詰める村民。中国の広西チワン族自治区寧明(ねいめい)県はサトウキビの栽培や肉牛の畜産、食用キノコ類の育成などの産業を深く融合させた循環型産業チェーンを構築し、貧困世帯を産業チェーンに組み込むことで、収入や配当をもたらすことを目標にしている。循環型産業は地元農民が貧困を脱却し、収入を増やす重要な手段となっている。(寧明=新華社記者/周華)=2018(平成30)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021269

  • 2018年09月06日
    循環型産業が貧困脱却を支援広西チワン族自治区寧明県

    6日、広西チワン族自治区寧明県板棍(ばんこん)郷板棍村のサトウキビ畑で、サトウキビの葉を取り除く村民。中国の広西チワン族自治区寧明(ねいめい)県はサトウキビの栽培や肉牛の畜産、食用キノコ類の育成などの産業を深く融合させた循環型産業チェーンを構築し、貧困世帯を産業チェーンに組み込むことで、収入や配当をもたらすことを目標にしている。循環型産業は地元農民が貧困を脱却し、収入を増やす重要な手段となっている。(寧明=新華社記者/周華)=2018(平成30)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021165

  • 2018年09月06日
    循環型産業が貧困脱却を支援広西チワン族自治区寧明県

    6日、広西チワン族自治区寧明県板棍(ばんこん)郷板棍村の肉牛飼育場で、サトウキビの葉を牛に与える村民。中国の広西チワン族自治区寧明(ねいめい)県はサトウキビの栽培や肉牛の畜産、食用キノコ類の育成などの産業を深く融合させた循環型産業チェーンを構築し、貧困世帯を産業チェーンに組み込むことで、収入や配当をもたらすことを目標にしている。循環型産業は地元農民が貧困を脱却し、収入を増やす重要な手段となっている。(寧明=新華社記者/周華)=2018(平成30)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021227

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地でガチョウに餌をやる従業員。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014640

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で飼育されているガチョウたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014772

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で、スーパーマーケットに出荷するガチョウの卵の包装やラベル貼りをする村民。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014692

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で、飼い始めたばかりのひなを世話する仁青拉姆(レンチンラム)さん。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014885

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地の温室で飼育されているガチョウのひなたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014685

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で飼育されているガチョウたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014807

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で村民とガチョウの卵の包装をする駐在作業チームのリーダー、朱海竜(しゅ・かいりゅう)さん(右)と村民。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014756

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で池を泳ぐガチョウたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014731

  • 2018年10月29日
    世界中の食卓に和牛を

    牛肉輸出額の推移

    商品コード: 2018102925412

  • 2018年10月29日
    世界中の食卓に和牛を

    牛肉輸出額の推移

    商品コード: 2018102925411

  • 2018年10月29日
    世界中の食卓に和牛を

    牛肉輸出額の推移

    商品コード: 2018102925413

  • 2018年10月29日
    世界中の食卓に和牛を

    牛肉輸出額の推移

    商品コード: 2018102925414

  • 2018年10月31日
    係留施設の和牛 世界中の食卓に和牛を

    欧州輸出のために改修された係留施設=9月3日、鹿児島県曽於市

    商品コード: 2018102925739

  • 2018年10月31日
    運び出される和牛 世界中の食卓に和牛を

    トラックから運び出される和牛=9月3日、鹿児島県曽於市

    商品コード: 2018102925738

  • 2018年12月11日
    米畜産業界、早期収拾論も

    米業界団体の主な要求

    商品コード: 2018121121039

  • 2018年12月11日
    米畜産業界、早期収拾論も

    米業界団体の主な要求

    商品コード: 2018121121040

  • 04:52.18
    2018年12月17日
    「新華社」内モンゴルで三北防護林建設プロジェクト、1億ムー以上を達成

    中国内モンゴル自治区政府は17日、記者会見を開き、40年にわたるたゆまぬ努力の末、中国の砂漠化防止における重要な取り組みである「三北」(東北・西北・華北)防護林建設プロジェクトで同自治区が面積計1億1348万ムー(約7万5千平方キロ)の造林を実現したと発表した。これは国家の計画造林総面積の25・1%を占め、全国トップだという。毛烏素(ムウス)、科爾沁(ホルチン)、呼倫貝爾(フルンボイル)の三大砂漠地帯では、いずれも砂漠化した土地が純減するという歴史的逆転を実現。砂漠の利用回復の新たな段階に入っている。大地に緑を増やしながら、自治区は人々の増収も忘れていない。三北プロジェクトに基づき、植林業や畜産業、加工業、エコツーリズムなどの産業が発展、中国医薬で使われるニクジュヨウなどを原料にした加工業、鹿の飼育を主体とする森林畜産業、森林などに依拠するエコツーリズムが急成長段階に入り、荒れた砂地や樹木のない山を、富を生み出す「金の砂漠、銀の山」に変えている。(記者/李雲平)<映像内容>三北防護林建設プロジェクトの様子、撮影日:2018(平成30)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122123945

  • 2019年02月23日
    カウボーイの祭典を前にヒューストンでパレード

    23日、馬に乗って米ヒューストンの街中をパレードする人々。カウボーイの正装をした市民らが23日、米ヒューストンの街中を賑やかにパレードし、まもなく行われる畜産業に関する展示とロデオ大会を兼ねたイベント「ヒューストン・ライブストックショー&ロデオ」を祝った。今年の会期は25日から3月17日までとなっている。(ヒューストン=新華社配信/宋穹)=2019(平成31)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701519

  • 2019年02月23日
    カウボーイの祭典を前にヒューストンでパレード

    23日、馬に乗って米ヒューストンの街中をパレードする人々。カウボーイの正装をした市民らが23日、米ヒューストンの街中を賑やかにパレードし、まもなく行われる畜産業に関する展示とロデオ大会を兼ねたイベント「ヒューストン・ライブストックショー&ロデオ」を祝った。今年の会期は25日から3月17日までとなっている。(ヒューストン=新華社配信/宋穹)=2019(平成31)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701521

  • 2019年02月23日
    カウボーイの祭典を前にヒューストンでパレード

    23日、カウボーイの祭典「ヒューストン・ライブストックショー&ロデオ」を前に、米ヒューストンの街中をパレードする人々。カウボーイの正装をした市民らが23日、米ヒューストンの街中を賑やかにパレードし、まもなく行われる畜産業に関する展示とロデオ大会を兼ねたイベント「ヒューストン・ライブストックショー&ロデオ」を祝った。今年の会期は25日から3月17日までとなっている。(ヒューストン=新華社配信/宋穹)=2019(平成31)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701532

  • 2019年02月23日
    カウボーイの祭典を前にヒューストンでパレード

    23日、米ヒューストンの街で、カウボーイの祭典「ヒューストン・ライブストックショー&ロデオ」を前に行われたパレードを眺める人々。カウボーイの正装をした市民らが23日、米ヒューストンの街中を賑やかにパレードし、まもなく行われる畜産業に関する展示とロデオ大会を兼ねたイベント「ヒューストン・ライブストックショー&ロデオ」を祝った。今年の会期は25日から3月17日までとなっている。(ヒューストン=新華社配信/宋穹)=2019(平成31)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701482

  • 2019年02月23日
    カウボーイの祭典を前にヒューストンでパレード

    23日、馬に乗って米ヒューストンの街中をパレードするカウボーイ姿の子ども。カウボーイの正装をした市民らが23日、米ヒューストンの街中を賑やかにパレードし、まもなく行われる畜産業に関する展示とロデオ大会を兼ねたイベント「ヒューストン・ライブストックショー&ロデオ」を祝った。今年の会期は25日から3月17日までとなっている。(ヒューストン=新華社配信/宋穹)=2019(平成31)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701525

  • 2019年02月23日
    カウボーイの祭典を前にヒューストンでパレード

    23日、米ヒューストンの街で、カウボーイの祭典「ヒューストン・ライブストックショー&ロデオ」を前に行われたパレードを見る子ども。カウボーイの正装をした市民らが23日、米ヒューストンの街中を賑やかにパレードし、まもなく行われる畜産業に関する展示とロデオ大会を兼ねたイベント「ヒューストン・ライブストックショー&ロデオ」を祝った。今年の会期は25日から3月17日までとなっている。(ヒューストン=新華社配信/宋穹)=2019(平成31)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701501

  • 2019年02月24日
    カウボーイの祭典を前にヒューストンでパレード

    23日、米ヒューストンの街で、カウボーイの祭典「ヒューストン・ライブストックショー&ロデオ」を前に行われたパレードを眺める人々。カウボーイの正装をした市民らが23日、米ヒューストンの街中を賑やかにパレードし、まもなく行われる畜産業に関する展示とロデオ大会を兼ねたイベント「ヒューストン・ライブストックショー&ロデオ」を祝った。今年の会期は25日から3月17日までとなっている。(ヒューストン=新華社配信/邱馬)=2019(平成31)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701489

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月24日
    カウボーイの祭典を前にヒューストンでパレード

    23日、米ヒューストンの街で、パレード中に手を振る警察官。カウボーイの正装をした市民らが23日、米ヒューストンの街中を賑やかにパレードし、まもなく行われる畜産業に関する展示とロデオ大会を兼ねたイベント「ヒューストン・ライブストックショー&ロデオ」を祝った。今年の会期は25日から3月17日までとなっている。(ヒューストン=新華社配信/邱馬)=2019(平成31)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701522

  • 2019年05月28日
    農畜産業への5G技術応用でスマート養豚発展へ湖北省

    28日、「3DFPF未来養豚場」で精密給餌器(フィーダー)による餌やりと管理のパラメータを確認する影子科技のITエンジニア。中国湖北省武漢市でこのほど、中国初の3Dスマート養豚応用ソフトと第5世代移動通信システム(5G)農畜産業応用ソフトの融合が発表され、中国の従来型畜産業の転換とスマート畜産の発展に可能性を提供した。広州影子科技有限公司は「農場から食卓まで」全産業チェーンにサービスを提供するインターネット・ブラットフォームで、同社が初開発した「3DFPF未来養豚場」は、影子スマートエンジンや3Dタスクナビゲーション、3DIoT(モノのインターネット)可視化プラットフォーム、端末アプリケーションなどを含み、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)やGIS(地理情報システム)などの技術を通じて、実際の養豚場をオンライン上で3Dに復元し、応用端末で養豚場の空間構成と周辺の地理情報を3Dで表現することで、ユーザーが養豚場管理をする際に「目にしたものを即座に手に入れられる」ようにした。(武漢=新華社配信/張維佳)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060200805

  • 2019年05月28日
    農畜産業への5G技術応用でスマート養豚発展へ湖北省

    28日、「3DFPF未来養豚場」で精密給餌器(フィーダー)による餌やりと管理のパラメータを確認する影子科技のITエンジニア。中国湖北省武漢市でこのほど、中国初の3Dスマート養豚応用ソフトと第5世代移動通信システム(5G)農畜産業応用ソフトの融合が発表され、中国の従来型畜産業の転換とスマート畜産の発展に可能性を提供した。広州影子科技有限公司は「農場から食卓まで」全産業チェーンにサービスを提供するインターネット・ブラットフォームで、同社が初開発した「3DFPF未来養豚場」は、影子スマートエンジンや3Dタスクナビゲーション、3DIoT(モノのインターネット)可視化プラットフォーム、端末アプリケーションなどを含み、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)やGIS(地理情報システム)などの技術を通じて、実際の養豚場をオンライン上で3Dに復元し、応用端末で養豚場の空間構成と周辺の地理情報を3Dで表現することで、ユーザーが養豚場管理をする際に「目にしたものを即座に手に入れられる」ようにした。(武漢=新華社配信/張維佳)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060200827

  • 2019年05月28日
    農畜産業への5G技術応用でスマート養豚発展へ湖北省

    28日、雌豚の発情状況を遠隔で監視するスマートシステム。「3DFPF未来養豚場」では、精密給餌器(フィーダー)などのスマート機器が、徐々に手作業の伝統的な設備に取って代わっている。中国湖北省武漢市でこのほど、中国初の3Dスマート養豚応用ソフトと第5世代移動通信システム(5G)農畜産業応用ソフトの融合が発表され、中国の従来型畜産業の転換とスマート畜産の発展に可能性を提供した。広州影子科技有限公司は「農場から食卓まで」全産業チェーンにサービスを提供するインターネット・ブラットフォームで、同社が初開発した「3DFPF未来養豚場」は、影子スマートエンジンや3Dタスクナビゲーション、3DIoT(モノのインターネット)可視化プラットフォーム、端末アプリケーションなどを含み、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)やGIS(地理情報システム)などの技術を通じて、実際の養豚場をオンライン上で3Dに復元し、応用端末で養豚場の空間構成と周辺の地理情報を3Dで表現することで、ユーザーが養豚場管理をする際に「目にしたものを即座に手に入れられる」ようにした。(武漢=新華社配信/張維佳)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060200799

  • 00:37.76
    2019年06月22日
    「新華社」パナマ、対中牛肉輸出を開始

    パナマの精肉会社「CarnesdeCocle」の牛肉製品が22日、中国に向けて輸出された。パナマが中国に牛肉を輸出したのは今回が初めて。パナマのバレラ大統領は、今回を皮切りに、今後18カ月で約5千トン、金額にして2500万ドル(1ドル=約107円)超の牛肉が中国に輸出され、パナマの畜産業者が実利を得るだろうと表明した。(記者/蘇津、禹麗貞)<映像内容>パナマの精肉会社の牛肉加工の様子、撮影日:2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625284

  • 2019年06月22日
    養蜂家の忙しい夏山東省浜州市

    22日、山東省浜州市無棣県で、蜂蜜を採取する養蜂家の郭富梅(かく・ふめい)さん。中国山東省浜州(ひんしゅう)市無棣県では夏を迎え、さまざまな花が咲き誇り、蜂蜜採取に最適の時期になっている。天気の良い日にはハチがたくさんの蜜を集めてやって来るため、養蜂家は慌ただしく採蜜作業を行っている。(浜州=新華社配信/初宝瑞)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304623

  • 2019年06月22日
    養蜂家の忙しい夏山東省浜州市

    22日、山東省浜州市無棣県で、蜂蜜を採取する養蜂家の郭富梅(かく・ふめい)さん。中国山東省浜州(ひんしゅう)市無棣県は夏を迎え、さまざまな花が咲き誇り、蜂蜜採取に最適の時期になっている。天気の良い日にはハチがたくさんの蜜を集めてやって来るため、養蜂家は慌ただしく採蜜作業を行っている。(浜州=新華社配信/初宝瑞)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304696

  • 2019年06月22日
    養蜂家の忙しい夏山東省浜州市

    22日、山東省浜州市無棣県で、蜂蜜を採取する養蜂家の郭希亮(かく・きりょう)さん。中国山東省浜州(ひんしゅう)市無棣県では夏を迎え、さまざまな花が咲き誇り、蜂蜜採取に最適の時期になっている。天気の良い日にはハチがたくさんの蜜を集めてやって来るため、養蜂家は慌ただしく採蜜作業を行っている。(浜州=新華社配信/初宝瑞)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304625

  • 2019年06月22日
    養蜂家の忙しい夏山東省浜州市

    22日、山東省浜州市無棣県で、蜂蜜を採取する養蜂家の郭希亮(かく・きりょう)さんと娘婿の郭金華(かく・きんか)さん。中国山東省浜州(ひんしゅう)市無棣県では夏を迎え、さまざまな花が咲き誇り、蜂蜜採取に最適の時期になっている。天気の良い日にはハチがたくさんの蜜を集めてやって来るため、養蜂家は慌ただしく採蜜作業を行っている。(浜州=新華社配信/初宝瑞)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304694

  • 2019年06月22日
    養蜂家の忙しい夏山東省浜州市

    22日、山東省浜州市無棣県で、蜂蜜を採取する養蜂家の郭富梅(かく・ふめい)さん。中国山東省浜州(ひんしゅう)市無棣県では夏を迎え、さまざまな花が咲き誇り、蜂蜜採取に最適の時期になっている。天気の良い日にはハチがたくさんの蜜を集めてやって来るため、養蜂家は慌ただしく採蜜作業を行っている。(浜州=新華社配信/初宝瑞)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304655

  • 01:48.86
    2019年10月23日
    「新華社」中国のハム大手、「植物肉」を米デュポンと共同開発

    中国浙江省の食肉加工品メーカー、金字火腿と米化学大手ダウ・デュポン子会社のデュポン・ニュートリション&バイオサイエンスはこのほど、動物肉の食感に似た植物由来肉食品(植物肉)を共同発表した。金字火腿の馬暁鐘(ば・きょうしょう)チーフエンジニアによると、植物肉の全成分は植物由来で、主要原料は大豆やエンドウ、小麦などの植物から抽出した植物タンパク質。先進的食品加工により、栄養分、食感、風味を動物肉に似せた植物由来の人工肉だ。単価118元(1元=約15円)の植物肉ハンバーグ1千点を発売したところ、わずか9日で中国電子商取引大手・アリババグループの通販サイト「天猫(Tモール)」で完売となった。馬氏によると、植物肉は食品科学の多くの分野と関連するが、主に鍵となる二つの技術と関係がある。一つは、かむと本物の肉のような食感にする必要がある。二つ目は肉のような味にしなけらばならない。ビートルート・レッドなどの植物由来色素を入れて肉の色を出し、グアーガムなどの食品添加物を入れて肉の食感を作り、そしゃく感、弾力性、ジューシー感、色、味などをできる限り動物肉に近づける。馬氏は、植物タンパク質を植物肉に仕上げる技術を持つデュポンと、調理や風味で強みがある中国企業の提携で、植物肉を市場により受け入れられやすくできると述べた。デュポン・ニュートリション&バイオサイエンス中国研究開発センターの曹健(そう・けん)博士によると、植物肉は消費者の選択肢を増やす一方、環境保護にも貢献する。世界の温室効果ガスの51%は畜産業と肉加工産業からで、世界の土地面積の45%は畜産業に利用されている。牛肉と比べ、植物由来の人工肉を製造する場合、水の99%、土地の93%、エネルギーの46%を節約できるという。米調査会社マーケッツ&マーケッツは2019年、世界の植物由来の人工肉市場規模は約121億ドル(1ドル=約109円)で、今後、毎年15%の複合伸び率で成長、25年に279億ドルに達すると予測した。(記者/殷暁聖、李平)<映像内容>植物肉の調理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102500747

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市

    江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村で、牛を連れて散歩する鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102507

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市

    江西省宜春市袁州区天台鎮環渓村の林の中でヤギを放牧する鄭富平さん。鄭さんは牛だけでなくクロヤギも飼育している。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102523

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市

    江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村で、牛やヤギに与える飼い葉を準備する鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102524

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市

    江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村にある牛舎で、牛に餌を与える鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102536

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市

    江西省宜春市袁州区天台鎮環渓村の林の中でヤギを放牧する鄭富平さん。鄭さんは牛だけでなくクロヤギも飼育している。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102637

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市

    江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村で、牛を連れて散歩に出かける鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102505

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市

    4月22日、江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村で、牛やヤギに与える飼い葉を運ぶ鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102506

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市

    江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村にある鄭富平さんの牛舎で、牛の成長状況をチェックしながら鄭さんと飼育について語り合う農家の人。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102516

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市

    江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村にある牛舎で、牛の成長状況をチェックする鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102620

  • 01:08.45
    2020年06月22日
    「新華社」禁漁から3年、赤水河に魚や鳥が戻る貴州省

    中国の雲南、貴州、四川各省を流れ長江に注ぐ赤水河は、唯一ダムのない長江上流域の一級支流であり、豊富な水生生物が生息している。貴州省区間の天然水域では、2017年1月1日から10年間の全面禁漁が実施されている。禁漁開始から3年余りが過ぎた現在、赤水河には澄みきった水と緑の岸辺、川底を魚が泳ぎ回り、鳥たちが集まる美しい生態環境がよみがえった。赤水河上流の支流、五馬河では毎年2~6月に魚が産卵期を迎える。畜産業と水産業に従事して27年の李雲(り・うん)さんは、毎年この時期になると同僚と川を訪れ、魚の繁殖状況を確認する。雨の多い夏には川岸でたくさんの稚魚を目にすることができるという。(記者/劉勤兵)<映像内容>美しい生態環境がよみがえった赤水河の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403301

  • 2020年08月07日
    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県

    7日、河北銘鋭農業開発の養豚場で母ブタの乳を飲む子ブタ。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205499

  • 2020年08月07日
    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県

    7日、子豚にワクチンを接種する作業員。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205316

  • 2020年08月07日
    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県

    7日、河北銘鋭農業開発が運営する現代化養豚所のスマート養豚場。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205347

  • 2020年08月07日
    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県

    7日、河北銘鋭農業開発が運営する現代化養豚所のスマート養豚場。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205451

  • 2020年08月07日
    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県

    7日、河北銘鋭農業開発が運営する現代化養豚所のスマート養豚場。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205476

  • 2020年08月07日
    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県

    7日、監視モニターの前で作業する河北銘鋭農業開発の従業員。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205362

  • 2020年08月07日
    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県

    7日、養豚場のデータを管理するアプリを見せる作業員。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205324

  • 2020年08月23日
    Cotton Harvest

    August 22, 2020, Batesville, TX, United States of America: Operations Manager Brandon Schirmer operates a speciality cotton picking harvester at his family farm during the cotton harvest August 22, 2020 in Batesville, Texas. (Credit Image: © Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101402405

  • 2020年08月23日
    Cotton Harvest

    August 22, 2020, Batesville, TX, United States of America: Farm hands pull a protective cover over a cotton module after it came out of the stomper for shipping at the Schirmer Farm during harvest August 22, 2020 in Batesville, Texas. Stompers use a hydraulic ram and tramper beam to compress the cotton into modules, 32 feet long, 7 1/2 feet wide, and 9 1/2 feet tall. (Credit Image: © Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101502974

  • 2020年08月23日
    Cotton Harvest

    August 22, 2020, Batesville, TX, United States of America: Terri Schirmer redistributes piles of cotton bolls that the hydraulic machinery can not reach, as she operates one of the stomper cotton module builders at the Ernie Schirmer Farms during the cotton harvest August 22, 2020 in Batesville, Texas. (Credit Image: © Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101503464

  • 2020年08月23日
    Cotton Harvest

    August 22, 2020, Batesville, TX, United States of America: Operations Manager Brandon Schirmer operates a speciality cotton picking harvester at his family farm during the cotton harvest August 22, 2020 in Batesville, Texas. (Credit Image: © Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101402123

  • 2020年08月23日
    Cotton Harvest

    August 22, 2020, Batesville, TX, United States of America: A speciality cotton picking harvester during the cotton harvest at Schirmer Farms August 22, 2020 in Batesville, Texas. (Credit Image: © Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101402000

  • 2020年08月24日
    Cotton Harvest

    August 23, 2020, Batesville, TX, United States of America: Daphne Salinas, age four, plays with a freshly picked cotton boll during the cotton harvest on the Schirmir Farm August 23, 2020 in Batesville, Texas. (Credit Image: © Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101402056

  • 2020年08月24日
    Cotton Harvest

    August 23, 2020, Batesville, TX, United States of America: Daphne Salinas, age four, plays with a freshly picked cotton boll during the cotton harvest on the Schirmir Farm August 23, 2020 in Batesville, Texas. (Credit Image: © Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101402295

  • 2020年08月24日
    Cotton Harvest

    August 23, 2020, Batesville, TX, United States of America: Farm hands pull a protective cover over a cotton module after it came out of the stomper for shipping at the Schirmer Farm during harvest August 23, 2020 in Batesville, Texas. Stompers use a hydraulic ram and tramper beam to compress the cotton into modules, 32 feet long, 7 1/2 feet wide, and 9 1/2 feet tall. (Credit Image: © Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101402180

  • 2020年08月25日
    Cotton Harvest

    August 25, 2020, Batesville, TX, United States of America: Operations Manager Brandon Schirmer operates a speciality cotton picking harvester at his family farm during the cotton harvest August 25, 2020 in Batesville, Texas. (Credit Image: © Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lance Cheung/Usda/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101402128

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    各種雇用政策講じ、人々のより良い暮らしを支援新疆ホータン地区

    左:19日、新疆ウイグル自治区ホータン地区チラ県チラ郷トパエリク村の村民、ロザメメト・トゥディニヤズさん。右:19日、同村の牛飼育区で牛の群れに餌をやるロザメメトさん。同村は2017年からマイクロファイナンス政策支援を利用して大規模に畜産業を発展させ、自然環境に配慮した「牛の村」を作り上げた。(組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区ホータン地区の五つの貧困県には現在、貧困脱却に向けて奮闘する人々がいる。地元政府は雇用の創出を安定した貧困脱却のための重要な道筋の一つと位置付け、地域住民の就業に対する求めに即した柔軟で多様な雇用促進策を講じている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093004876

  • 2020年09月22日
    J.D. Scholten Campaigns for Congress

    September 22, 2020, Dunlap, Iowa, U.S: Congressional candidate J.D. SCHOLTEN watches a cattle auction at Dunlap Livestock Auction. Scholten talked to people at the auction about farm policy and anti-trust legislation for the livestock industry. Scholten, a Democrat from Sioux City, Iowa, ran against incumbent CongressmanSteve King (R-4th District Iowa) in 2018 and came within a few percentage points of upsetting the long serving conservative. King lost to Randy Feenstra, a Republican challenger, in the 2020 primary and Scholten is running against Feenstra in the 2020 general election on November 3. Iowa‘s 4th district, centered in the agricultural and sparsely populated northwest corner of the state, is the largest congressional district in Iowa and encompasses about â…“ of the state of Iowa. Scholten is on his ‘‘Every Town Tour 2020.‘‘ He is visiting all 375 towns in the 39 counties in the district. (Credit Image: © Jack Kurtz/ZUMA Wire)、クレジット:©Jack Kurtz/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100200045

  • 2020年09月22日
    J.D. Scholten Campaigns for Congress

    September 22, 2020, Dunlap, Iowa, U.S: Congressional candidate J.D. SCHOLTEN watches a cattle auction at Dunlap Livestock Auction. Scholten talked to people at the auction about farm policy and anti-trust legislation for the livestock industry. Scholten, a Democrat from Sioux City, Iowa, ran against incumbent CongressmanSteve King (R-4th District Iowa) in 2018 and came within a few percentage points of upsetting the long serving conservative. King lost to Randy Feenstra, a Republican challenger, in the 2020 primary and Scholten is running against Feenstra in the 2020 general election on November 3. Iowa‘s 4th district, centered in the agricultural and sparsely populated northwest corner of the state, is the largest congressional district in Iowa and encompasses about â…“ of the state of Iowa. Scholten is on his ‘‘Every Town Tour 2020.‘‘ He is visiting all 375 towns in the 39 counties in the district. (Credit Image: © Jack Kurtz/ZUMA Wire)、クレジット:©Jack Kurtz/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100112431

  • 2020年09月22日
    J.D. Scholten Campaigns for Congress

    September 22, 2020, Dunlap, Iowa, U.S: Congressional candidate J.D. SCHOLTEN watches a cattle auction at Dunlap Livestock Auction. Scholten talked to people at the auction about farm policy and anti-trust legislation for the livestock industry. Scholten, a Democrat from Sioux City, Iowa, ran against incumbent CongressmanSteve King (R-4th District Iowa) in 2018 and came within a few percentage points of upsetting the long serving conservative. King lost to Randy Feenstra, a Republican challenger, in the 2020 primary and Scholten is running against Feenstra in the 2020 general election on November 3. Iowa‘s 4th district, centered in the agricultural and sparsely populated northwest corner of the state, is the largest congressional district in Iowa and encompasses about â…“ of the state of Iowa. Scholten is on his ‘‘Every Town Tour 2020.‘‘ He is visiting all 375 towns in the 39 counties in the district. (Credit Image: © Jack Kurtz/ZUMA Wire)、クレジット:©Jack Kurtz/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100200087

  • 2020年09月22日
    J.D. Scholten Campaigns for Congress

    September 22, 2020, Dunlap, Iowa, U.S: Congressional candidate J.D. SCHOLTEN watches a cattle auction at Dunlap Livestock Auction. Scholten talked to people at the auction about farm policy and anti-trust legislation for the livestock industry. Scholten, a Democrat from Sioux City, Iowa, ran against incumbent CongressmanSteve King (R-4th District Iowa) in 2018 and came within a few percentage points of upsetting the long serving conservative. King lost to Randy Feenstra, a Republican challenger, in the 2020 primary and Scholten is running against Feenstra in the 2020 general election on November 3. Iowa‘s 4th district, centered in the agricultural and sparsely populated northwest corner of the state, is the largest congressional district in Iowa and encompasses about â…“ of the state of Iowa. Scholten is on his ‘‘Every Town Tour 2020.‘‘ He is visiting all 375 towns in the 39 counties in the district. (Credit Image: © Jack Kurtz/ZUMA Wire)、クレジット:©Jack Kurtz/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100200004

  • 1
  • 2
  • 3