KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 場所
  • 位置
  • 記者
  • シルクロード
  • 人々
  • 努力
  • 匈奴
  • 武将
  • 歴史

「疏勒」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
28
( 1 28 件を表示)
  • 1
28
( 1 28 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年06月04日
    新疆の考古学者、漢と匈奴の激戦の地「疏勒城」を特定

    発掘現場で瓦の破片を整理する同自治区文物考古研究所の田小紅(でん・しょうこう)副研究館員。石城子遺跡の発掘調査で責任者を務めた。(2016年6月4日撮影)中国新疆ウイグル自治区文物考古研究所は、6年にわたる発掘調査を経て、同自治区奇台県にある石城子遺跡が後漢時代の武将、耿恭(こう・きょう)が駐屯した「疏勒(そろく)城」の跡だと特定した。後漢の将兵は当時、この場所で匈奴と激戦を繰り広げ、耿恭ら歴史に名だたる英雄を輩出した。考古学研究者の努力により、この血で血を洗う戦いを経たシルクロードの要衝は、再び人々の前に姿を現した。(ウルムチ=新華社配信)=2016(平成28)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402562

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年08月22日
    新疆の考古学者、漢と匈奴の激戦の地「疏勒城」を特定

    新疆ウイグル自治区奇台県の石城子遺跡から出土した骨製の矢尻。(2016年8月22日撮影)中国新疆ウイグル自治区文物考古研究所は、6年にわたる発掘調査を経て、同自治区奇台県にある石城子遺跡が後漢時代の武将、耿恭(こう・きょう)が駐屯した「疏勒(そろく)城」の跡だと特定した。後漢の将兵は当時、この場所で匈奴と激戦を繰り広げ、耿恭ら歴史に名だたる英雄を輩出した。考古学研究者の努力により、この血で血を洗う戦いを経たシルクロードの要衝は、再び人々の前に姿を現した。(ウルムチ=新華社配信)=2016(平成28)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402564

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年06月22日
    新疆の考古学者、漢と匈奴の激戦の地「疏勒城」を特定

    疏勒城西北角にある望楼と城壁の遺構。(2017年6月22日撮影)中国新疆ウイグル自治区文物考古研究所は、6年にわたる発掘調査を経て、同自治区奇台県にある石城子遺跡が後漢時代の武将、耿恭(こう・きょう)が駐屯した「疏勒(そろく)城」の跡だと特定した。後漢の将兵は当時、この場所で匈奴と激戦を繰り広げ、耿恭ら歴史に名だたる英雄を輩出した。考古学研究者の努力により、この血で血を洗う戦いを経たシルクロードの要衝は、再び人々の前に姿を現した。(ウルムチ=新華社配信)=2017(平成29)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402578

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月04日
    新疆の考古学者、漢と匈奴の激戦の地「疏勒城」を特定

    新疆ウイグル自治区奇台県の江布拉克景区にある石城子遺跡。(2018年8月4日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区文物考古研究所は、6年にわたる発掘調査を経て、同自治区奇台県にある石城子遺跡が後漢時代の武将、耿恭(こう・きょう)が駐屯した「疏勒(そろく)城」の跡だと特定した。後漢の将兵は当時、この場所で匈奴と激戦を繰り広げ、耿恭ら歴史に名だたる英雄を輩出した。考古学研究者の努力により、この血で血を洗う戦いを経たシルクロードの要衝は、再び人々の前に姿を現した。(ウルムチ=新華社配信)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402574

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月07日
    新疆の考古学者、漢と匈奴の激戦の地「疏勒城」を特定

    疏勒城の城門の北側回廊の階段。(2018年9月7日撮影)中国新疆ウイグル自治区文物考古研究所は、6年にわたる発掘調査を経て、同自治区奇台県にある石城子遺跡が後漢時代の武将、耿恭(こう・きょう)が駐屯した「疏勒(そろく)城」の跡だと特定した。後漢の将兵は当時、この場所で匈奴と激戦を繰り広げ、耿恭ら歴史に名だたる英雄を輩出した。考古学研究者の努力により、この血で血を洗う戦いを経たシルクロードの要衝は、再び人々の前に姿を現した。(ウルムチ=新華社配信)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402583

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月18日
    新疆の考古学者、漢と匈奴の激戦の地「疏勒城」を特定

    新疆ウイグル自治区奇台県の石城子遺跡から出土した「五銖銭」。(2018年12月18日撮影)中国新疆ウイグル自治区文物考古研究所は、6年にわたる発掘調査を経て、同自治区奇台県にある石城子遺跡が後漢時代の武将、耿恭(こう・きょう)が駐屯した「疏勒(そろく)城」の跡だと特定した。後漢の将兵は当時、この場所で匈奴と激戦を繰り広げ、耿恭ら歴史に名だたる英雄を輩出した。考古学研究者の努力により、この血で血を洗う戦いを経たシルクロードの要衝は、再び人々の前に姿を現した。(ウルムチ=新華社配信)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402488

  •  約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌
    2019年10月10日
    約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌

    10月10日、湖面が復活した哈拉斉湖。中国甘粛省敦煌の西湖国家級自然保護区西部とクムタグ砂漠の東端が交わる場所に位置する哈拉斉湖は約300年間干上がっていたが、2017年、18年と水が戻って湖面が復活し、ギョリュウやアシといった植物が生え、シラサギなどの水鳥も生息している。19年もすでに累計で5カ月間湖面が現れ、水量は比較的安定している。湖の面積は約5平方キロで、砂漠化を防止し、生態系を守るバリアとなっている。同湖はもともと、河西回廊の重要な内陸河川の疏勒河(そろくが)が流れ込んでいた。唐代から移民や屯田、環境変化などの影響で、湖は4度にわたって大きく縮小した。清の雍正時代(紀元1723~1735年)に川の流れが止まり、同湖は干上がり、砂漠化が進行していった。敦煌の水資源の需要増大や地域の生態環境の悪化に直面し、中国国務院は2011年に「敦煌の水資源の合理的利用と生態保護総合計画」を承認。疏勒河などに対する水利工事を進め、湖に再び青い水を取り戻した。(敦煌=新華社配信/敦煌放送局邱亮)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500220

  •  約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌
    2019年10月10日
    約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌

    10月10日、湖面が復活した哈拉斉湖に昇る朝日。中国甘粛省敦煌の西湖国家級自然保護区西部とクムタグ砂漠の東端が交わる場所に位置する哈拉斉湖は約300年間干上がっていたが、2017年、18年と水が戻って湖面が復活し、ギョリュウやアシといった植物が生え、シラサギなどの水鳥も生息している。19年もすでに累計で5カ月間湖面が現れ、水量は比較的安定している。湖の面積は約5平方キロで、砂漠化を防止し、生態系を守るバリアとなっている。同湖はもともと、河西回廊の重要な内陸河川の疏勒河(そろくが)が流れ込んでいた。唐代から移民や屯田、環境変化などの影響で、湖は4度にわたって大きく縮小した。清の雍正時代(紀元1723~1735年)に川の流れが止まり、同湖は干上がり、砂漠化が進行していった。敦煌の水資源の需要増大や地域の生態環境の悪化に直面し、中国国務院は2011年に「敦煌の水資源の合理的利用と生態保護総合計画」を承認。疏勒河などに対する水利工事を進め、湖に再び青い水を取り戻した。(敦煌=新華社配信/敦煌放送局邱亮)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500283

  •  約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌
    2019年10月10日
    約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌

    10月10日、湖面が復活した哈拉斉湖の風景。中国甘粛省敦煌の西湖国家級自然保護区西部とクムタグ砂漠の東端が交わる場所に位置する哈拉斉湖は約300年間干上がっていたが、2017年、18年と水が戻って湖面が復活し、ギョリュウやアシといった植物が生え、シラサギなどの水鳥も生息している。19年もすでに累計で5カ月間湖面が現れ、水量は比較的安定している。湖の面積は約5平方キロで、砂漠化を防止し、生態系を守るバリアとなっている。同湖はもともと、河西回廊の重要な内陸河川の疏勒河(そろくが)が流れ込んでいた。唐代から移民や屯田、環境変化などの影響で、湖は4度にわたって大きく縮小した。清の雍正時代(紀元1723~1735年)に川の流れが止まり、同湖は干上がり、砂漠化が進行していった。敦煌の水資源の需要増大や地域の生態環境の悪化に直面し、中国国務院は2011年に「敦煌の水資源の合理的利用と生態保護総合計画」を承認。疏勒河などに対する水利工事を進め、湖に再び青い水を取り戻した。(敦煌=新華社配信/敦煌放送局邱亮)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500222

  •  約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌
    2019年10月10日
    約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌

    10月10日、湖面が復活した哈拉斉湖に沈む夕日。中国甘粛省敦煌の西湖国家級自然保護区西部とクムタグ砂漠の東端が交わる場所に位置する哈拉斉湖は約300年間干上がっていたが、2017年、18年と水が戻って湖面が復活し、ギョリュウやアシといった植物が生え、シラサギなどの水鳥も生息している。19年もすでに累計で5カ月間湖面が現れ、水量は比較的安定している。湖の面積は約5平方キロで、砂漠化を防止し、生態系を守るバリアとなっている。同湖はもともと、河西回廊の重要な内陸河川の疏勒河(そろくが)が流れ込んでいた。唐代から移民や屯田、環境変化などの影響で、湖は4度にわたって大きく縮小した。清の雍正時代(紀元1723~1735年)に川の流れが止まり、同湖は干上がり、砂漠化が進行していった。敦煌の水資源の需要増大や地域の生態環境の悪化に直面し、中国国務院は2011年に「敦煌の水資源の合理的利用と生態保護総合計画」を承認。疏勒河などに対する水利工事を進め、湖に再び青い水を取り戻した。(敦煌=新華社配信/敦煌放送局邱亮)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500277

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月18日
    新疆の新規雇用、2014~19年で200万人分創出

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒県疏勒鎮で働く宅配業者。(2019年10月18日撮影)中国新疆ウイグル自治区は2012年以降、雇用創出と職業技能訓練に取り組んでおり、雇用ルートと受け皿を効果的に拡大してきた。区内の就業者数は2014~2019年に1135万人から1330万人に増加し、職業訓練を受けて都市部で就労する農村住民も増え続けている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500627

  •  「新華社」約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌
    00:49.63
    2019年10月31日
    「新華社」約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌

    中国甘粛省敦煌の西湖国家級自然保護区西部とクムタグ砂漠の東端が交わる場所に位置する哈拉斉湖は約300年間干上がっていたが、2017年、18年と水が戻って湖面が復活し、ギョリュウやアシといった植物が生え、シラサギなどの水鳥も生息している。19年もすでに累計で5カ月間湖面が現れ、水量は比較的安定している。湖の面積は約5平方キロで、砂漠化を防止し、生態系を守るバリアとなっている。同湖はもともと、河西回廊の重要な内陸河川の疏勒河(そろくが)が流れ込んでいた。唐代から移民や屯田、環境変化などの影響で、湖は4度にわたって大きく縮小した。清の雍正時代(紀元1723~1735年)に川の流れが止まり、同湖は干上がり、砂漠化が進行していった。敦煌の水資源の需要増大や地域の生態環境の悪化に直面し、中国国務院は2011年に「敦煌の水資源の合理的利用と生態保護総合計画」を承認。疏勒河などに対する水利工事を進め、湖に再び青い水を取り戻した。(記者/張玉潔)<映像内容>干上がっていた湖が復活、哈拉斉湖の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608599

  •  「新華社」砂漠に出現した青い宝石甘粛省敦煌市
    02:31.92
    2020年04月04日
    「新華社」砂漠に出現した青い宝石甘粛省敦煌市

    中国甘粛省敦煌市にある「敦煌西湖国家級自然保護区」ではここ数年、大きな湖が立て続けに出現している。「艾山(あいざん)湖」と名付けられたこの湖もそのうちの一つ。果てしなく続く砂漠にまるで青い宝石を埋め込んだかのように広がり、湖面を波立たせている。保護区管理局の研究員がこのほど、春季調査のため保護区北西部に位置するこの地を再び訪れ、湖の詳細を初めて明らかにした。内陸河川の疏勒河(そろくが)の水が流れ込んでできた淡水湖で、総面積は約3平方キロ。湖が出現した場所にちなんで、同管理局が艾山湖と名付けた。(記者/多蕾)<映像内容>艾山湖の空撮、野生の動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040901903

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月08日
    新疆の考古学者、漢と匈奴の激戦の地「疏勒城」を特定

    新疆ウイグル自治区奇台県の石城子遺跡から出土した瓦当。(4月8日撮影)中国新疆ウイグル自治区文物考古研究所は、6年にわたる発掘調査を経て、同自治区奇台県にある石城子遺跡が後漢時代の武将、耿恭(こうきょう)が駐屯した「疏勒(そろく)城」の跡だと特定した。後漢の将兵は当時、この場所で匈奴と激戦を繰り広げ、耿恭ら歴史に名だたる英雄を輩出した。考古学研究者の努力により、この血で血を洗う戦いを経たシルクロードの要衝は、再び人々の前に姿を現した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402566

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月13日
    新疆の考古学者、漢と匈奴の激戦の地「疏勒城」を特定

    新疆ウイグル自治区奇台県の石城子遺跡から出土した柱の礎石。(4月13日撮影)中国新疆ウイグル自治区文物考古研究所は、6年にわたる発掘調査を経て、同自治区奇台県にある石城子遺跡が後漢時代の武将、耿恭(こうきょう)が駐屯した「疏勒(そろく)城」の跡だと特定した。後漢の将兵は当時、この場所で匈奴と激戦を繰り広げ、耿恭ら歴史に名だたる英雄を輩出した。考古学研究者の努力により、この血で血を洗う戦いを経たシルクロードの要衝は、再び人々の前に姿を現した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402573

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月14日
    新疆の考古学者、漢と匈奴の激戦の地「疏勒城」を特定

    新疆ウイグル自治区奇台県の石城子遺跡から出土した灰陶の甑(こしき)。(4月14日撮影)中国新疆ウイグル自治区文物考古研究所は、6年にわたる発掘調査を経て、同自治区奇台県にある石城子遺跡が後漢時代の武将、耿恭(こう・きょう)が駐屯した「疏勒(そろく)城」の跡だと特定した。後漢の将兵は当時、この場所で匈奴と激戦を繰り広げ、耿恭ら歴史に名だたる英雄を輩出した。考古学研究者の努力により、この血で血を洗う戦いを経たシルクロードの要衝は、再び人々の前に姿を現した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402547

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月14日
    新疆の考古学者、漢と匈奴の激戦の地「疏勒城」を特定

    新疆ウイグル自治区奇台県の石城子遺跡から出土した灰陶の火鍋。(4月14日撮影)中国新疆ウイグル自治区文物考古研究所は、6年にわたる発掘調査を経て、同自治区奇台県にある石城子遺跡が後漢時代の武将、耿恭(こうきょう)が駐屯した「疏勒(そろく)城」の跡だと特定した。後漢の将兵は当時、この場所で匈奴と激戦を繰り広げ、耿恭ら歴史に名だたる英雄を輩出した。考古学研究者の努力により、この血で血を洗う戦いを経たシルクロードの要衝は、再び人々の前に姿を現した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402584

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月14日
    新疆の考古学者、漢と匈奴の激戦の地「疏勒城」を特定

    新疆ウイグル自治区奇台県の石城子遺跡から出土した板瓦と筒瓦、瓦当の組み合わせ。(4月14日撮影)中国新疆ウイグル自治区文物考古研究所は、6年にわたる発掘調査を経て、同自治区奇台県にある石城子遺跡が後漢時代の武将、耿恭(こうきょう)が駐屯した「疏勒(そろく)城」の跡だと特定した。後漢の将兵は当時、この場所で匈奴と激戦を繰り広げ、耿恭ら歴史に名だたる英雄を輩出した。考古学研究者の努力により、この血で血を洗う戦いを経たシルクロードの要衝は、再び人々の前に姿を現した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402558

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月14日
    温室建設拡大で施設野菜栽培の発展を加速新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県コムシェリク(庫木西力克)郷にある育苗センターの温室ハウス内で苗を育てる村民。(6月14日撮影)「集中連片深度貧困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)の一つ、中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区は今年、100万ムー(約6万7千ヘクタール)の高品質野菜基地を建設し、地元の野菜供給を増やすとともに、野菜産業チェーンを拡大することで、野菜栽培を農家の増収へつながる主力産業にしようと計画している。(ウルムチ=新華社記者/阿曼)=2020(令和2)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408985

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:21.55
    2020年06月25日
    「新華社」「長寿の郷」の高齢者、134歳の誕生日迎える新疆

    世界最高齢とされる中国新疆ウイグル自治区に住む阿麗米罕・色依提(アリミハン・サーイーティ)さんが25日、134歳の誕生日を迎えた。親戚や友人、近所の人たちが同日、プレゼントを持ってアリミハンさん宅を訪れ、盛大な誕生日パーティーを開いた。アリミハンさんは1886年6月25日に、同自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県コムシェリク郷(庫木西力克郷)で生まれた。同郷には現在、100歳以上の高齢者が5人、90歳以上の高齢者が42人おり、「長寿の郷」として知られる。アリミハンさんは現在、6世代の家族と暮らしているという。(記者/高晗)<映像内容>134歳の誕生日を迎えたアリミハン・サーイーティさん、誕生日パーティの様子、撮影日:2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002427

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:19.80
    2020年07月13日
    「新華社」温室建設拡大で施設野菜栽培の発展を加速新疆ウイグル自治区

    「集中連片深度貧困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)の一つ、中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区は今年、100万ムー(約6万7千ヘクタール)の高品質野菜基地を建設し、地元の野菜供給を増やすとともに、野菜産業チェーンを拡大することで、野菜栽培を農家の増収へつながる主力産業にしようと計画している。同地区疏勒(そろく)県郊外にある新疆カシュガル(山東水発集団)現代野菜産業パークでは、数台の大型機械が急ピッチで工事を進め、建設中の温室ハウス900棟以上が整然と並び、パークの基本的な姿が出来上がりつつある。昨年から建設が始まった同パークは敷地面積4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約15円)、第1期工事で7万平方メートルのスマートオランダ式(フェンロー型)ガラス温室と6480平方メートルの育苗センター、温室ハウス千棟が完成する予定。パーク完成後の野菜生産量は年間最大150万トン、加工能力は同100万トンとされ、3千人分の安定的雇用が創出される。現在は2019年に先行建設された温室ハウス40棟が順調に稼働しており、残る960棟余りのハウスも今年8月末に引き渡され稼働する見通し。(記者/阿曼、李浩志)<映像内容>温室の建設、温室での野菜栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300528

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (2)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室でスイカの苗の手入れをする作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042009722

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (5)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室で作業する清掃員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042009724

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (7)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室内部の景色。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042009725

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (4)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、育苗センターで育てたトウガラシの苗を棚に載せる作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042006008

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (6)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、育苗センターでトウガラシの苗に水をやる作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042009723

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (3)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室でメロンの苗の授粉を行う作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042009726

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (1)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室でメロンの苗の授粉を行う作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042005963

  • 1