KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 最後
  • 豊浜トンネル
  • 作業員
  • 令和
  • 記者
  • 全長
  • 集団
  • 家族
  • ヘリ

「発破」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
109
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
109
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Bombing Brest

    Bombing Brest, France - U.S. Army Forces. Small craft, gun emplacements and a quay on the Brest Peninsula took a pounding from England-based U.S. Army 8th Air Force bombers several weeks after D-Day, 1944. The camera caught the bombs in various stages of exploding and at the same time recorded the success of the mission. Underwater defences can be seen at the lower right.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062806575

  • -
    Bombing Brest

    Bombing Brest, France - U.S. Army Forces. Small craft, gun emplacements and a quay on the Brest Peninsula took a pounding from England-based U.S. Army 8th Air Force bombers several weeks after D-Day, 1944. The camera caught the bombs in various stages of exploding and at the same time recorded the success of the mission. Underwater defences can be seen at the lower right.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062806544

  • -
    Inserting detonators into cartridges of dynamite for blasting Flood Rock

    Inserting detonators into cartridges of dynamite for blasting Flood Rock, East River, part of the Hell Gate Rocks complex which was partially removed in 1876 and again in 1885. These rocks prevented large vessels reaching New York Harbour, and presented a hazard for smaller ones. From ‘Scientific American‘, New York, 1885.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019041809153

  • 01:29.00
    1959年01月31日
    「福島民報」「民報ニュース」冬山に挑む道路建設

    雪に覆われた吾妻連峰で道路建設(磐梯吾妻スカイライン)。吾妻おろしの中、発破がこだま。難関は不動沢の橋の工事(不動沢橋)。川底から40メートル。できあがれば日本一高いところにある橋に。総工費4億2000万円。来年3月に完成予定。撮影日:1959(昭和34)年1月、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031202361

  • 1961年07月31日
    北陸トンネル貫通

    北陸トンネルの貫通式で発破のボタンを押す国鉄の十河総裁=1961(昭和36)年7月31日(36年内地3905)

    商品コード: 2011112100106

  • 1962年09月20日
    喜びの万歳 新丹那トンネルが貫通

    新幹線新丹那トンネルの工事現場で、貫通発破のスイッチを押し終え、喜びの万歳をする工事関係者=1962(昭和37)年9月20日

    商品コード: 1962092050001

  • 1962年09月20日
    新幹線新丹那トンネル貫通

    貫通発破スイッチを終え、喜びの万歳をする工事関係者=1962(昭和37)年9月20日(37年内地3408)

    商品コード: 2011110100226

  • 1977年11月12日
    建設相ら工事関係者 関越トンネル起工式

    起工発破が無事終わりバンザイをして着工を祝う長谷川峻建設相(右から2人目)ら工事関係者。東京と新潟を結ぶ高速自動車道の関越トンネルが着工。全長10・9キロで、既に開通している中央自動車道の恵那山トンネル(8・54キロ)を抜いてわが国最長、世界でも2番目に長い道路トンネルとなる=1977(昭和52)年11月12日、群馬県利根郡水上町

    商品コード: 2015013000105

  • 1979年08月31日
    建設は急ピッチ本四架橋

    着工以来約10カ月の本州四国連絡橋・児島—坂出ルート(瀬戸大橋)建設工事。三つ子島付近での海中発破作業=出稿1979(昭和54)年8月31日、香川県坂出市(5枚組の1)

    商品コード: 2016051700146

  • 1980年01月01日
    地域開発の基盤、本四連絡橋

    児島—坂出ルート上の北備讃瀬戸大橋の橋台となる二面島付近での海中発破作業=出稿1980(昭和55)年1月1日、6日付朝刊以降掲載用(新年原稿)、香川県坂出市で共同通信社ヘリから(本州四国連絡橋)

    商品コード: 2017051900143

  • 1983年01月27日
    青函トンネル先進導坑が貫通

    青函トンネル先進導坑貫通式で、最後の発破ボタンを押す中曽根康弘首相(左)。右端は長谷川峻運輸相=1983(昭和58)年1月27日、首相官邸

    商品コード: 2020082001258

  • 1983年01月27日
    青函トンネル先進導坑が貫通

    青函トンネル先進導坑貫通式で、最後の発破ボタンを押す中曽根康弘首相=1983(昭和58)年1月27日、首相官邸

    商品コード: 2020082001259

  • 1983年01月27日
    青函トンネル先進導坑が貫通

    青函トンネル先進導坑貫通式で、最後の発破ボタンを押した後、万歳する中曽根康弘首相(左端)。右端は長谷川峻運輸相=1983(昭和58)年1月27日、首相官邸

    商品コード: 2020082001260

  • 1983年01月27日
    青函トンネル先進導坑が貫通

    青函トンネル先進導坑貫通式で、最後の発破ボタンを押した後、長谷川峻運輸相(右)らと握手する中曽根康弘首相(中央)=1983(昭和58)年1月27日、首相官邸

    商品コード: 2020082001261

  • 1983年01月27日
    青函トンネル先進導坑が貫通

    青函トンネル先進導坑貫通式で、最後の発破ボタンを押した後、現地と電話で話す中曽根康弘首相=1983(昭和58)年1月27日、首相官邸

    商品コード: 2020082001262

  • 1985年03月10日
    青函トンネル本坑が貫通

    青函トンネル内で、最後に残された壁の発破ボタンを押す山下徳夫運輸相=1985(昭和60)年3月10日午前10時5分

    商品コード: 2020082400224

  • 1985年03月10日
    青函トンネル本坑が貫通

    青函トンネル内で、最後に残された壁の発破ボタンを押す山下徳夫運輸相=1985(昭和60)年3月10日午前10時5分

    商品コード: 2020082400226

  • 1985年03月10日
    青函トンネル本坑が貫通

    青函トンネル内で貫通発破のボタンを押し、工事関係者(後方)の拍手を受ける山下徳夫運輸相(手前左)=1985(昭和60)年3月10日午前10時すぎ

    商品コード: 2020082400227

  • 1985年03月10日
    青函トンネル本坑が貫通

    青函トンネル本坑貫通式で、最後に残された壁の発破のごう音の中、万歳する工事関係者=1985(昭和60)年3月10日午前10時5分、青函トンネル内

    商品コード: 2020082400229

  • 1985年03月10日
    青函トンネル本坑が貫通

    青函トンネル本坑が最後の発破で貫通し、祝い酒を掛け合って喜ぶ工事関係者=1985(昭和60)年3月10日午前、青函トンネル内

    商品コード: 2020082400247

  • 1985年03月10日
    青函トンネル本坑が貫通

    青函トンネル本坑が最後の発破で貫通し、貫通点で功労者の大谷豊二・日本鉄道建設公団竜飛建設所副所長(左端)と握手を交わす山下徳夫運輸相=1985(昭和60)年3月10日午前、青函トンネル内

    商品コード: 2020082400249

  • 1985年03月10日
    青函トンネル本坑が貫通

    青函トンネル本坑が最後の発破で貫通し、祝いの酒樽みこしが練り歩いた=1985(昭和60)年3月10日午前、青函トンネル内

    商品コード: 2020082400250

  • 1985年03月10日
    青函トンネル本坑が貫通

    青函トンネル本坑が最後の発破で貫通し、貫通点で功労者の大谷豊二・日本鉄道建設公団竜飛建設所副所長(左端)と握手を交わす山下徳夫運輸相ら関係者=1985(昭和60)年3月10日午前、青函トンネル内

    商品コード: 2020082400251

  • 1985年03月10日
    青函トンネル本坑が貫通

    青函トンネル本坑が最後の発破で貫通し、握手して祝う関係者=1985(昭和60)年3月10日午前、青函トンネル内

    商品コード: 2020082400252

  • 1985年03月10日
    青函トンネル本坑が貫通

    青函トンネル本坑が最後の発破で貫通し、祝いの酒樽みこしが練り歩いた=1985(昭和60)年3月10日午前、青函トンネル内

    商品コード: 2020082400253

  • 1985年03月10日
    青函トンネル本坑が貫通

    青函トンネル本坑が最後の発破で貫通し、祝いの酒樽みこしが練り歩いた=1985(昭和60)年3月10日午前、青函トンネル内

    商品コード: 2020082400255

  • 1991年08月28日
    岩崎琢弥前日興証券社長 業界1位目指し発破

    岩崎琢弥前日興証券社長

    商品コード: 2019011802280

  • 1993年12月16日
    リニア山梨実験線 朝日トンネルが貫通

    トンネルを貫通させる発破のボタンを押す(左から)天野山梨県知事、須田JR東海社長、土居清水建設常務=16日午前10時48分、山梨県都留市

    商品コード: 1993121600016

  • 1996年02月12日
    現場を引き揚げる家族 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破作業も失敗に終わり、現場を引き揚げる行方不明者の家族=12日午後4時13分、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200050

  • 1996年02月12日
    2回目の発破後の現場 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破でも下の方が崩れ落ちただけで、依然としてトンネル上に残った巨大な岩盤=12日午後4時5分、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200062

  • 1996年02月12日
    岩盤に2度目の発破 北海道のトンネル崩落事故

    豊浜トンネルを覆う岩盤への2度目の発破で飛び散る岩石=12日午後4時、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)「60周年記念写真集」使用画像

    商品コード: 2006060600069

  • 1996年02月12日
    崩れ落ちる岩石 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破で崩れ落ちる巨大岩石の一部=12日午後4時、北海道古平町の豊浜トンネル(カラーネガ)

    商品コード: 2006010500089

  • 1996年02月12日
    2回目の発破前の現場 北海道のトンネル崩落事故

    11日の1回目の発破でわずかにずり落ちたトンネル上の岩盤=12日午後3時40分、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200058

  • 1996年02月12日
    再発破に向け岩盤調査 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破作業に向けて豊浜トンネルを覆う岩盤の状態を調査する作業員(左下)=12日午前11時30分、北海道・古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021200028

  • 1996年02月12日
    崩れ落ちる岩石 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破で崩れ落ちる巨大岩石の一部=12日午後4時、北海道古平町の豊浜トンネル(カラーネガ)

    商品コード: 1996021200047

  • 1996年02月12日
    2回目の発破前の現場 北海道のトンネル崩落事故

    11日の1回目の発破でわずかにずり落ちたトンネル上の岩盤=12日午後3時40分、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200055

  • 1996年02月12日
    再発破に向け岩盤調査 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破作業に向けて豊浜トンネルを覆う岩盤の状態を調査する作業員(左下)=12日午前11時30分、北海道・古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021200025

  • 1996年02月12日
    岩盤に2度目の発破 北海道のトンネル崩落事故

    豊浜トンネルを覆う岩盤への2度目の発破で飛び散る岩石=12日午後4時、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200043

  • 1996年02月12日
    現場を引き揚げる家族 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破作業も失敗に終わり、現場を引き揚げる行方不明者の家族=12日午後4時13分、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200052

  • 1996年02月12日
    2回目の発破後の現場 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破でも下の方が崩れ落ちただけで、依然としてトンネル上に残った巨大な岩盤=12日午後4時5分、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200056

  • 1996年02月12日
    テレビ見つめる家族 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破作業を中継するテレビを見つめ、行方不明者の安否を気遣う家族ら=12日午後4時、北海道余市町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200065

  • 1996年02月12日
    テレビ見つめる家族 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破作業を中継するテレビを見つめ、行方不明者の安否を気遣う家族ら=12日午後4時、北海道余市町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200066

  • 1996年02月13日
    3回目発破後の家族 北海道のトンネル崩落事故

    3回目の発破後、報道陣に囲まれる行方不明者の家族ら=13日午後、北海道余市町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300150

  • 1996年02月13日
    夜間の整地作業 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の発破が翌日に持ち越された豊浜トンネルの崩落事故現場で夜間も続けられる整地作業=13日午後10時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300168

  • 1996年02月13日
    3回目発破後の家族 北海道のトンネル崩落事故

    3回目の発破後、報道陣に囲まれる行方不明者の家族ら=13日午後、北海道余市町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300141

  • 1996年02月13日
    4回目の発破準備作業続く 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の発破に向け、準備作業が続く豊平トンネルの崩落事故現場=13日午後7時30分、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300158

  • 1996年02月13日
    発破準備の作業員 北海道のトンネル崩落事故

    3回目の発破に向け準備する作業員=13日午前8時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300011

  • 1996年02月13日
    3回目の発破 北海道のトンネル崩落事故

    3回目の発破で崩れ落ちる巨大岩盤の一部=13日午後0時30分、北海道古平町の豊浜トンネル

    商品コード: 1996021300043

  • 1996年02月13日
    海に飛び散る岩盤 北海道のトンネル崩落事故

    )、社会S  3回目の発破で飛び散り、海に落ちる岩盤の一部=13日午後0時30分、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300056

  • 1996年02月13日
    待機所へ引き揚げる家族 北海道のトンネル崩落事故

    3回目の発破後、足早に待機所に引き揚げる行方不明者の家族ら=13日午後、北海道余市町

    商品コード: 1996021300148

  • 1996年02月13日
    待機所へ引き揚げる家族 北海道のトンネル崩落事故

    3回目の発破後、足早に待機所に引き揚げる行方不明者の家族ら=13日午後、北海道余市町

    商品コード: 1996021300154

  • 1996年02月13日
    夜間の整地作業 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の発破が翌日に持ち越された豊浜トンネルの崩落事故現場で夜間も続けられる整地作業=13日午後10時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300171

  • 1996年02月13日
    発破準備の作業員 北海道のトンネル崩落事故

    3回目の発破に向け準備する作業員=13日午前8時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300019

  • 1996年02月13日
    海に飛び散る岩盤 北海道のトンネル崩落事故

    )、社会S  3回目の発破で飛び散り、海に落ちる岩盤の一部=13日午後0時30分、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300057

  • 1996年02月13日
    4回目の発破準備作業続く 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の発破に向け、準備作業が続く豊平トンネルの崩落事故現場=13日午後7時30分、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300156

  • 1996年02月14日
    発破の準備作業 4回目の発破、午後に

    4回目の発破準備のため豊浜トンネル前に集まった重機と作業員=14日午前8時30分、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400004

  • 1996年02月14日
    発破の準備作業 4回目の発破、午後に

    4回目の発破準備のため豊浜トンネル前に集まった重機と作業員=14日午前8時30分、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400005

  • 1996年07月16日
    崩れ落ちる岩 岩塊除去に初の発破

    発破で崩れ落ちる岩=16日午後4時47分、北海道古平町

    商品コード: 1996071600080

  • 1997年08月19日
    起工式の発破 米朝核合意、実現へ前進

    19日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の琴湖地区で、軽水炉起工式の発破作業を見守る日米韓など各国代表(ロイター=共同)

    商品コード: 1997081900118

  • 1997年08月31日
    見通しを語る新山開発局長 発破で路上の大岩撤去へ

    第2白糸トンネル崩落事故現場で、撤去作業など今後の見通しについて語る北海道開発局の新山惇局長=8月31日午前、北海道島牧村(にいやま・まこと)

    商品コード: 1997083100040

  • 1997年09月07日
    爆破された岩石 崩落事故で発破作業

    北海道島牧村の第2白糸トンネル崩落事故で、作業の障害になっていた岩石を爆破=7日午前

    商品コード: 1997090700018

  • 1997年09月17日
    発破の瞬間 崩落危険の3千トン岩盤発破

    崩落危険個所岩盤除去のため「赤岩岬覆道」で行われた発破の瞬間=17日午前9時34分、北海道増毛町

    商品コード: 1997091700021

  • 1997年09月17日
    岩盤除去の発破作業 崩落危険の3千トン岩盤発破

    亀裂ができた「赤岩岬覆道」で行われた岩盤除去の発破作業=17日午前9時34分、北海道増毛町

    商品コード: 1997091700022

  • 1999年11月27日
    発破ボタン押す熊本県知事 第3紫尾山トンネル貫通

    九州新幹線鹿児島ルートの第3紫尾山トンネル貫通式で、貫通発破のボタンを押す福島譲二熊本県知事(左)と安富正文運輸省鉄道局長=27日午前11時5分、鹿児島県阿久根市

    商品コード: 1999112700049

  • 2004年04月26日
    三セクのWTCとATC 大型開発破たん続く大阪市

    大阪市の第三セクター、大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)。手前はアジア太平洋トレードセンター(ATC)=大阪市住之江区

    商品コード: 2004042600212

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年12月03日
    エンジン調べる調査官ら 米もSKY事故調査参加へ

    スカイマークエアラインズ機の爆発破壊した右エンジンを調べる航空・鉄道事故調査委員会の調査官ら=3日、鹿児島空港

    商品コード: 2005120300216

  • 2010年02月04日
    路線バス埋まり20人死亡 豊浜トンネル崩落事故

    1996(平成8)年2月10日、北海道・積丹半島の豊浜トンネルに巨大な岩盤が崩落し、路線バスと乗用車1台が巻き込まれた。岩盤は4日間の発破作業で取り除かれたが、車両は原形をとどめておらず20人の死亡が確認された。トンネルは閉鎖され、山側に遠回りする新ルートのトンネルが2000年に完成した。

    商品コード: 2010020400137

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月20日
    大飯原発破砕帯、10月調査

    大飯原発の破砕帯

    商品コード: 2012092000537

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月20日
    大飯原発破砕帯、10月調査

    大飯原発の破砕帯

    商品コード: 2012092000538

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年09月11日
    発破で砕ける門柱 荒瀬ダム門柱を爆破

    発破で砕ける荒瀬ダムの門柱=11日午後0時30分、熊本県八代市

    商品コード: 2013091100459

  • 2014年09月29日
    万歳をする工事関係者 新丹那トンネル貫通

    東海道新幹線・熱海-三島間に建設中の新丹那トンネルの貫通発破スイッチを押し終え、喜びの万歳をする工事関係者。同トンネルは東海道新幹線熱海―三島間にあり、着工は1941年、中断後の工事再開は59年だった。=1962(昭和37)年9月20日  「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第4巻使用画像(P89)

    商品コード: 2014092900130

  • 2015年01月22日
    公開された工事現場 八ツ場ダム本体工事を公開

    八ツ場ダム本体建設に向けた工事が始まり、白煙が上がる発破作業現場=22日午後、群馬県長野原町

    商品コード: 2015012200207

  • 2015年01月22日
    公開した工事現場 八ツ場ダム本体工事を公開

    国交省が公開した八ツ場ダム本体工事の発破作業現場=22日午後、群馬県長野原町

    商品コード: 2015012200213

  • 2017年03月29日
    東芝延命、「窮余の一策」

    東芝再建を巡る構図

    商品コード: 2017032900740

  • 2017年03月29日
    東芝延命、「窮余の一策」

    東芝再建を巡る構図

    商品コード: 2017032900742

  • 2017年03月29日
    東芝延命、「窮余の一策」

    東芝再建を巡る構図

    商品コード: 2017032900743

  • 2017年03月29日
    東芝延命、「窮余の一策」

    東芝再建を巡る構図

    商品コード: 2017032900744

  • 2017年06月17日
    模擬発破を行う関係者 代替国道のトンネル着工

    国道57号代替ルートのトンネルの着工式で、模擬発破を行う関係者=17日午後、熊本県阿蘇市

    商品コード: 2017061700305

  • 2018年04月07日
    ラサ・ニンティ鉄道、ガラ山トンネルが無事貫通

    7日、ガラ山トンネル工事の最後の発破ボタンを押す中鉄十一局集団の技術者。ラサ・ニンティ(林芝)鉄道のラサ側から掘削した最初のトンネルであるガラ山トンネルが7日、無事貫通し、全線開通に向けて順調なスタートを切った。ガラ山トンネルはチベット自治区ラサ市曲水県とロカ(山南)市ゴンカル(貢嘎)県の両県に位置し、川蔵鉄道ラサ・ニンティ区間の工期を左右する重要な工事である。トンネルは全長4373メートルで最深部の深さ674メートル。線路の平均海抜は3600メートルで、厳しい気候条件や施工条件の下で建設が進められている。ラサ・ニンティ鉄道プロジェクトへの投資総額は約360億元(1元=約17円)に上り、2021年の開通を目指している。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040901299

  • 2018年12月06日
    Bomb blasting in Kiel

    06 December 2018, Schleswig-Holstein, Kiel: Remnants of plastic and metal lie on the blast hole after a British air bomb was detonated. The 250-kilo bomb was located at a depth of about four meters. 20 tons of water were poured onto the bomb to dam the explosion. Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120734363

  • 2018年12月06日
    Bomb blasting in Kiel

    06 December 2018, Schleswig-Holstein, Kiel: Remnants of plastic and metal lie on the blast hole after a British air bomb was detonated. The 250-kilo bomb was located at a depth of about four meters. 20 tons of water were poured onto the bomb to dam the explosion. Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120734164

  • 2018年12月06日
    Bomb blasting in Kiel

    06 December 2018, Schleswig-Holstein, Kiel: Remnants of plastic and metal lie on the blast hole after a British air bomb was detonated. The 250-kilo bomb was located at a depth of about four meters. 20 tons of water were poured onto the bomb to dam the explosion. Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120734362

  • 2018年12月06日
    Bomb blasting in Kiel

    06 December 2018, Schleswig-Holstein, Kiel: Remnants of plastic and metal lie on the blast hole after a British air bomb was detonated. The 250-kilo bomb was located at a depth of about four meters. 20 tons of water were poured onto the bomb to dam the explosion. Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120734078

  • 2018年12月06日
    Bomb blasting in Kiel

    06 December 2018, Schleswig-Holstein, Kiel: Remnants of plastic and metal lie on the blast hole after a British air bomb was detonated. The 250-kilo bomb was located at a depth of about four meters. 20 tons of water were poured onto the bomb to dam the explosion. Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120734155

  • 2019年03月21日
    Before the blasting of the “Wei゚er Riese“ skyscraper

    21 March 2019, North Rhine-Westphalia, Duisburg: Bernd Zaum, head of the demolition company “P&Z“, explains the preparatory work for the demolition before the blasting of a 60-metre-high skyscraper called the “White Giant“. The blasting will take place on 24.03.2019. A green area is to be created on the site in the future. Photo: Roland Weihrauch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032209118

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月12日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    12日、発破作業を行う爆破チームの作業員。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000742

  • 00:29.54
    2021年01月23日
    「新華社」特大橋を爆破して撤去湖南省常徳市

    中国湖南省常徳市安郷県の旧石亀山大橋が22日、発破工法で撤去された。旧石亀山大橋は全長1572・44メートルで、省道S306号線にあり、澧水(れいすい)航路上に架かっていた。同省で特大橋が撤去されたのは約30年ぶり。旧橋の近くには2017年に開通した新しい石亀山大橋(全長2022メートル)がある。(記者/丁春雨) =配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500255

  • 2021年06月28日
    Gas explosion in Dhaka, Bangladesh - 28 Jun 2021

    June 28, 2021, Dhaka, Bangladesh: Firefighters and rescuers inspect the scene of a suspected gas explosion in Dhaka..At least seven people were killed and 50 were injured so far as three-storied building in Moghbazar area in Bangladesh‘s capital Dhaka collapsed partially in an suspected gas explosion. A day after the incident. (Credit Image: © Piyas Biswas/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Piyas Biswas/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062902098

  • 2021年08月06日
    (5)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    2日、徳慶トンネル内で切羽面にエアードリルを使って発破孔を開ける作業員。インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080604788

  • 2021年08月06日
    (4)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    2日、徳慶トンネル内で切羽面にエアードリルを使って発破孔を開ける作業員。インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080604757

  • 2021年08月06日
    (2)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    3日、徳慶トンネル内で発破前に3Dスキャナーで岩層データを収集し分析する技術スタッフ。インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080604791

  • 2021年08月06日
    (3)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    3日、徳慶トンネル内で発破前に3Dスキャナーで岩層データを収集し分析する技術スタッフ。インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080604789

  • 2021年08月06日
    (7)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    2日、徳慶トンネル内で切羽面にエアードリルを使って発破孔を開ける作業員。インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080704312

  • 2021年09月03日
    (3)貴南高速鉄道の都安トンネルが貫通広西チワン族自治区

    1日、最後の発破準備をする中鉄十一局集団の作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の都安トンネルが2日、無事貫通した。同トンネルは全長15・2キロで、鉄道建設大手・中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が建設を請け負った。施工上のリスクや難易度が高いとされていた。貴南高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(都安=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090307730

  • 2021年09月03日
    (7)貴南高速鉄道の都安トンネルが貫通広西チワン族自治区

    1日、最後の発破準備をする中鉄十一局集団の作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の都安トンネルが2日、無事貫通した。同トンネルは全長15・2キロで、鉄道建設大手・中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が建設を請け負った。施工上のリスクや難易度が高いとされていた。貴南高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(都安=新華社記者/陸波岸)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090307725

  • 2021年09月03日
    (2)貴南高速鉄道の都安トンネルが貫通広西チワン族自治区

    1日、最後の発破準備をする中鉄十一局集団の作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の都安トンネルが2日、無事貫通した。同トンネルは全長15・2キロで、鉄道建設大手・中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が建設を請け負った。施工上のリスクや難易度が高いとされていた。貴南高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(都安=新華社記者/陸波岸)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090307697

  • 2021年09月03日
    (6)貴南高速鉄道の都安トンネルが貫通広西チワン族自治区

    1日、最後の発破準備をする中鉄十一局集団の作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の都安トンネルが2日、無事貫通した。同トンネルは全長15・2キロで、鉄道建設大手・中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が建設を請け負った。施工上のリスクや難易度が高いとされていた。貴南高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(都安=新華社記者/陸波岸)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090307728

  • 2021年09月03日
    (5)貴南高速鉄道の都安トンネルが貫通広西チワン族自治区

    1日、最後の発破準備をする中鉄十一局集団の作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の都安トンネルが2日、無事貫通した。同トンネルは全長15・2キロで、鉄道建設大手・中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が建設を請け負った。施工上のリスクや難易度が高いとされていた。貴南高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(都安=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090307726

  • 2021年09月03日
    (4)貴南高速鉄道の都安トンネルが貫通広西チワン族自治区

    1日、最後の発破準備をする中鉄十一局集団の作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の都安トンネルが2日、無事貫通した。同トンネルは全長15・2キロで、鉄道建設大手・中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が建設を請け負った。施工上のリスクや難易度が高いとされていた。貴南高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(都安=新華社記者/陸波岸)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090307732

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:48.01
    2021年10月28日
    空撮 リニア新幹線工事で崩落 岐阜の瀬戸トンネル

    27日午後7時20分ごろ、岐阜県中津川市瀬戸にあるリニア中央新幹線瀬戸トンネルの工事現場で崩落が起きたと119番があった。県警とJR東海によると、発破作業後の点検で非常口トンネルにいた5人のうち作業員2人が巻き込まれ、福井県美浜町河原市の小板孝幸さん(44)が死亡、愛知県長久手市の男性(52)が左足を骨折する重傷を負った。<映像内容>崩落が起きた工事現場付近の空撮映像、撮影日:2021(令和3)年10月28日、撮影場所:岐阜県中津川市

    商品コード: 2021102908819

  • 1
  • 2