KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 歴史
  • 日本
  • かめ
  • 無形文化遺産
  • 登録
  • 高さ
  • こだわり
  • トウバンジャン

「発酵食品」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
34
( 1 34 件を表示)
  • 1
34
( 1 34 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1915年12月31日
    Cream Ready To Be Butter

    Australia: c. 1915 Gallons of cream in vats being tested before being made into butter.、クレジット:Underwood Archives/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111403527

  • 2015年03月21日
    講演する小泉武夫理事長 発酵食品で地域おこしを

    全国発酵食品サミットで基調講演する、NPO法人発酵文化推進機構の小泉武夫理事長=21日午後、石川県白山市

    商品コード: 2015032100484

  • 07:02.85
    2015年05月01日
    日本の食文化をアピール レストランではみそ汁も人気

    イタリア・ミラノ国際博覧会(万博)で、日本は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された和食を売り込む絶好の機会として、発酵食品や一汁三菜などの食文化、農林水産業の技術を紹介し「おもてなし」の精神をアピールする。万博が開幕した1日、多彩なメニューが並ぶレストランには長い行列ができた。マルコメ(長野市)のみそなど、協賛企業が素材を提供。欧州連合(EU)では日本の一部農水産物の輸入が規制されているが「万博特例」で、かつお節やふぐなどの持ち込みが認められた。〈映像内容〉さまざまな日本食を紹介するレストランの様子、日本食や日本から出店した店の食事を楽しむ客、撮影日:2015(平成27)年5月1日、撮影場所:イタリア ミラノ

    商品コード: 2019012203005

  • 2019年04月13日
    美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省

    13日、洞橋鎮賢徳村の「マントウ(中国の蒸しパン)工房」で、現地の名物、酒醸(チューニャン、米から作った中国の発酵食品)を入れて発酵させた「状元マントウ」の製造工程を体験する子どもたち。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701230

  • 2019年04月13日
    美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省

    13日、洞橋鎮賢徳村の「マントウ(中国の蒸しパン)工房」で、現地の名物、酒醸(チューニャン、米から作った中国の発酵食品)を入れて発酵させた「状元マントウ」の製造工程を体験する子どもたち。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701235

  • 2019年04月13日
    美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省

    13日、洞橋鎮賢徳村の「マントウ(中国の蒸しパン)工房」で、現地の名物、酒醸(チューニャン、米から作った中国の発酵食品)を入れて発酵させた「状元マントウ」を作る村の人たち。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701241

  • 2019年04月13日
    美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省

    13日、洞橋鎮賢徳村の「マントウ(中国の蒸しパン)工房」で、現地の名物、酒醸(チューニャン、米から作った中国の発酵食品)を入れて発酵させた「状元マントウ」の製造工程を体験する子どもたち。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701183

  • 2019年05月08日
    甘酒と米糀

    キーワード:オーガニック、カトラリー、スプーン、テーブル、ビタミン、レモン、安全、飲み物、飲食、屋内、花、甘酒、健康、健康食、酵母、麹、漆器、食べ物、食材、食品、赤、陶器、日本、白、発酵食品、コメ、無人、木、和食、椀、スープボール、ボウル、米こうじ、マイヤーレモン、ビタミンB、器、8日、コウジ、モノメイン写真、発酵ドリンク、飲む美容液=2019(令和元)年5月8日、撮影場所不明、クレジット:KAZUO_OGAWA/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051305279

  • 2019年05月08日
    米糀と甘酒

    キーワード:オーガニック、テーブル、ビタミン、安全、飲み物、飲食、屋内、甘酒、健康、健康食、酵母、麹、漆器、食べ物、食材、食品、赤、陶器、日本、白、発酵食品、コメ、無人、木、和食、椀、スープボール、ボウル、米こうじ、ビタミンB、器、8日、コウジ、モノメイン写真、発酵ドリンク、飲む美容液=2019(令和元)年5月8日、撮影場所不明、クレジット:KAZUO_OGAWA/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051305485

  • 2019年05月08日
    甘酒と米糀

    キーワード:オーガニック、スプーン、テーブル、ビタミン、安全、飲み物、飲食、屋内、甘酒、健康、健康食、酵母、麹、漆器、食べ物、食材、食卓、食品、赤、陶器、鍋、日本、白、発酵食品、コメ、無人、木、和食、椀、スープボール、ボウル、米こうじ、ビタミンB、器、8日、コウジ、モノメイン写真、発酵ドリンク、飲む美容液=2019(令和元)年5月8日、撮影場所不明、クレジット:KAZUO_OGAWA/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051305590

  • 2019年05月08日
    甘酒と米糀

    キーワード:オーガニック、テーブル、デザート、ビタミン、マシュマロ、レモン、安全、飲み物、飲食、屋内、花、菓子、甘酒、健康、健康食、酵母、麹、漆器、食べ物、食材、食卓、食品、赤、陶器、日本、白、発酵食品、コメ、無人、木、和食、椀、ボウル、米こうじ、マイヤーレモン、ビタミンB、器、8日、コウジ、モノメイン写真、発酵ドリンク、飲む美容液=2019(令和元)年5月8日、撮影場所不明、クレジット:KAZUO_OGAWA/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051305696

  • 2019年11月15日
    発酵食品で早産リスク低下

    発酵食品摂取と早期早産のリスク

    商品コード: 2019111501906

  • 2019年11月15日
    発酵食品で早産リスク低下

    発酵食品摂取と早期早産のリスク

    商品コード: 2019111501905

  • 2020年06月04日
    ジャンボニンニクの産地化目指す

    辰巳屋が岡山県高梁市川上町地区で産地化に乗り出したジャンボニンニク。運送業の岡山流通(岡山市南区妹尾)などは、高梁市川上町地区で、ジャンボニンニクとして知られる「エレファントガーリック」の産地化を進めている。高齢化が進む同地区の耕作放棄地を活用して規模拡大を図り、将来的に5ヘクタールでの栽培を目指す。同社や川上文行社長の出資で昨年8月、「エレファント」の栽培や販売を主に手掛ける農業法人・辰巳屋(同市川上町七地)を設立。初年度は地区の耕作放棄地1・5ヘクタールを借り、うち40アールに同9~10月、種を植え付けた。収穫が6月中旬に始まっており、7月までに3~4トンを見込む。生ニンニクのほか、発酵食品の「黒ニンニク」に加工して販売する。農機や加工設備費など投資額は約800万円。=2020(令和2)年6月4日、岡山県高梁市川上町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062306111

  • 2020年07月12日
    ウコンカンゾウが開く豊かさへの道山西省大同市

    ウコンカンゾウを原料に作られた発酵食品。(7月12日撮影)中国山西省大同市はウコンカンゾウ(黄花)の主要産地としてここ数年、栽培を推進し続けており、市内の栽培面積は26万ムー(約1万7300ヘクタール)、年間生産額は9億元(1元=約15円)となっている。栽培農家は3万6200世帯に達し、ウコンカンゾウは住民の貧困脱却と豊かな生活への切り札となっている。(大同=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602183

  • 2020年08月19日
    伝統製法で作る発酵調味料、浙江省老舗メーカーのこだわり

    19日、木製の熊手でかき混ぜる「醬(ジャン)」。中国浙江省湖州市南太湖ハイテク産業開発区にある発酵食品の老舗ブランド「老恒和」を展開する老恒和醸造の工場では炎天下の中、自然発酵の調味料「醬(ジャン)」を天日にさらし、手作業でかき混ぜる伝統製法「晒醬」の作業に従業員たちが汗を流していた。7月中旬~8月下旬は1年で最も暑い「三伏」に当たり、日中の最高気温は40度近くになる。同社では春に材料を仕込み、屋外で6~7カ月間、天日にさらす昔ながらの製法で高品質の手作りしょうゆや豆板醬(トウバンジャン)などを製造している。この時期の気温の高さや長い日照時間を生かす「晒醬」は発酵を促す大事な工程で、従業員たちは芳醇な味に仕上げるため、数千個のかめに入った「醬」を毎日見回りながら定期的にかき混ぜていく。同社は清代の咸豊年間初期の創業で、100年以上の歴史がある。2017年には伝統の醸造技術が浙江省の無形文化遺産に登録された。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705344

  • 2020年08月19日
    伝統製法で作る発酵調味料、浙江省老舗メーカーのこだわり

    19日、木製の熊手で「醬(ジャン)」をかき混ぜる従業員。(小型無人機から)中国浙江省湖州市南太湖ハイテク産業開発区にある発酵食品の老舗ブランド「老恒和」を展開する老恒和醸造の工場では炎天下の中、自然発酵の調味料「醬(ジャン)」を天日にさらし、手作業でかき混ぜる伝統製法「晒醬」の作業に従業員たちが汗を流していた。7月中旬~8月下旬は1年で最も暑い「三伏」に当たり、日中の最高気温は40度近くになる。同社では春に材料を仕込み、屋外で6~7カ月間、天日にさらす昔ながらの製法で高品質の手作りしょうゆや豆板醬(トウバンジャン)などを製造している。この時期の気温の高さや長い日照時間を生かす「晒醬」は発酵を促す大事な工程で、従業員たちは芳醇な味に仕上げるため、数千個のかめに入った「醬」を毎日見回りながら定期的にかき混ぜていく。同社は清代の咸豊年間初期の創業で、100年以上の歴史がある。2017年には伝統の醸造技術が浙江省の無形文化遺産に登録された。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705401

  • 2020年08月19日
    伝統製法で作る発酵調味料、浙江省老舗メーカーのこだわり

    19日、「醬(ジャン)」の発酵状況を見て回る従業員。中国浙江省湖州市南太湖ハイテク産業開発区にある発酵食品の老舗ブランド「老恒和」を展開する老恒和醸造の工場では炎天下の中、自然発酵の調味料「醬(ジャン)」を天日にさらし、手作業でかき混ぜる伝統製法「晒醬」の作業に従業員たちが汗を流していた。7月中旬~8月下旬は1年で最も暑い「三伏」に当たり、日中の最高気温は40度近くになる。同社では春に材料を仕込み、屋外で6~7カ月間、天日にさらす昔ながらの製法で高品質の手作りしょうゆや豆板醬(トウバンジャン)などを製造している。この時期の気温の高さや長い日照時間を生かす「晒醬」は発酵を促す大事な工程で、従業員たちは芳醇な味に仕上げるため、数千個のかめに入った「醬」を毎日見回りながら定期的にかき混ぜていく。同社は清代の咸豊年間初期の創業で、100年以上の歴史がある。2017年には伝統の醸造技術が浙江省の無形文化遺産に登録された。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705415

  • 2020年08月19日
    伝統製法で作る発酵調味料、浙江省老舗メーカーのこだわり

    19日、木製の熊手で「醬(ジャン)」をかき混ぜる従業員。(小型無人機から)中国浙江省湖州市南太湖ハイテク産業開発区にある発酵食品の老舗ブランド「老恒和」を展開する老恒和醸造の工場では炎天下の中、自然発酵の調味料「醬(ジャン)」を天日にさらし、手作業でかき混ぜる伝統製法「晒醬」の作業に従業員たちが汗を流していた。7月中旬~8月下旬は1年で最も暑い「三伏」に当たり、日中の最高気温は40度近くになる。同社では春に材料を仕込み、屋外で6~7カ月間、天日にさらす昔ながらの製法で高品質の手作りしょうゆや豆板醬(トウバンジャン)などを製造している。この時期の気温の高さや長い日照時間を生かす「晒醬」は発酵を促す大事な工程で、従業員たちは芳醇な味に仕上げるため、数千個のかめに入った「醬」を毎日見回りながら定期的にかき混ぜていく。同社は清代の咸豊年間初期の創業で、100年以上の歴史がある。2017年には伝統の醸造技術が浙江省の無形文化遺産に登録された。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705511

  • 2020年08月19日
    伝統製法で作る発酵調味料、浙江省老舗メーカーのこだわり

    19日、発酵したしょうゆの原液を取り出す従業員。これを殺菌し、ろ過すると高品質の手作りしょうゆが完成する。中国浙江省湖州市南太湖ハイテク産業開発区にある発酵食品の老舗ブランド「老恒和」を展開する老恒和醸造の工場では炎天下の中、自然発酵の調味料「醬(ジャン)」を天日にさらし、手作業でかき混ぜる伝統製法「晒醬」の作業に従業員たちが汗を流していた。7月中旬~8月下旬は1年で最も暑い「三伏」に当たり、日中の最高気温は40度近くになる。同社では春に材料を仕込み、屋外で6~7カ月間、天日にさらす昔ながらの製法で高品質の手作りしょうゆや豆板醬(トウバンジャン)などを製造している。この時期の気温の高さや長い日照時間を生かす「晒醬」は発酵を促す大事な工程で、従業員たちは芳醇な味に仕上げるため、数千個のかめに入った「醬」を毎日見回りながら定期的にかき混ぜていく。同社は清代の咸豊年間初期の創業で、100年以上の歴史がある。2017年には伝統の醸造技術が浙江省の無形文化遺産に登録された。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705451

  • 2020年08月19日
    伝統製法で作る発酵調味料、浙江省老舗メーカーのこだわり

    19日、木製の熊手で「醬(ジャン)」をかき混ぜる従業員。中国浙江省湖州市南太湖ハイテク産業開発区にある発酵食品の老舗ブランド「老恒和」を展開する老恒和醸造の工場では炎天下の中、自然発酵の調味料「醬(ジャン)」を天日にさらし、手作業でかき混ぜる伝統製法「晒醬」の作業に従業員たちが汗を流していた。7月中旬~8月下旬は1年で最も暑い「三伏」に当たり、日中の最高気温は40度近くになる。同社では春に材料を仕込み、屋外で6~7カ月間、天日にさらす昔ながらの製法で高品質の手作りしょうゆや豆板醬(トウバンジャン)などを製造している。この時期の気温の高さや長い日照時間を生かす「晒醬」は発酵を促す大事な工程で、従業員たちは芳醇な味に仕上げるため、数千個のかめに入った「醬」を毎日見回りながら定期的にかき混ぜていく。同社は清代の咸豊年間初期の創業で、100年以上の歴史がある。2017年には伝統の醸造技術が浙江省の無形文化遺産に登録された。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705500

  • 2020年08月19日
    伝統製法で作る発酵調味料、浙江省老舗メーカーのこだわり

    19日、「醬(ジャン)」の発酵状況を見て回る従業員。(小型無人機から)中国浙江省湖州市南太湖ハイテク産業開発区にある発酵食品の老舗ブランド「老恒和」を展開する老恒和醸造の工場では炎天下の中、自然発酵の調味料「醬(ジャン)」を天日にさらし、手作業でかき混ぜる伝統製法「晒醬」の作業に従業員たちが汗を流していた。7月中旬~8月下旬は1年で最も暑い「三伏」に当たり、日中の最高気温は40度近くになる。同社では春に材料を仕込み、屋外で6~7カ月間、天日にさらす昔ながらの製法で高品質の手作りしょうゆや豆板醬(トウバンジャン)などを製造している。この時期の気温の高さや長い日照時間を生かす「晒醬」は発酵を促す大事な工程で、従業員たちは芳醇な味に仕上げるため、数千個のかめに入った「醬」を毎日見回りながら定期的にかき混ぜていく。同社は清代の咸豊年間初期の創業で、100年以上の歴史がある。2017年には伝統の醸造技術が浙江省の無形文化遺産に登録された。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705409

  • 2020年08月19日
    伝統製法で作る発酵調味料、浙江省老舗メーカーのこだわり

    19日、木製の熊手で「醬(ジャン)」をかき混ぜる従業員。(小型無人機から)中国浙江省湖州市南太湖ハイテク産業開発区にある発酵食品の老舗ブランド「老恒和」を展開する老恒和醸造の工場では炎天下の中、自然発酵の調味料「醬(ジャン)」を天日にさらし、手作業でかき混ぜる伝統製法「晒醬」の作業に従業員たちが汗を流していた。7月中旬~8月下旬は1年で最も暑い「三伏」に当たり、日中の最高気温は40度近くになる。同社では春に材料を仕込み、屋外で6~7カ月間、天日にさらす昔ながらの製法で高品質の手作りしょうゆや豆板醬(トウバンジャン)などを製造している。この時期の気温の高さや長い日照時間を生かす「晒醬」は発酵を促す大事な工程で、従業員たちは芳醇な味に仕上げるため、数千個のかめに入った「醬」を毎日見回りながら定期的にかき混ぜていく。同社は清代の咸豊年間初期の創業で、100年以上の歴史がある。2017年には伝統の醸造技術が浙江省の無形文化遺産に登録された。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705417

  • 2020年08月19日
    伝統製法で作る発酵調味料、浙江省老舗メーカーのこだわり

    19日、発酵したしょうゆの原液を取り出す従業員。中国浙江省湖州市南太湖ハイテク産業開発区にある発酵食品の老舗ブランド「老恒和」を展開する老恒和醸造の工場では炎天下の中、自然発酵の調味料「醬(ジャン)」を天日にさらし、手作業でかき混ぜる伝統製法「晒醬」の作業に従業員たちが汗を流していた。7月中旬~8月下旬は1年で最も暑い「三伏」に当たり、日中の最高気温は40度近くになる。同社では春に材料を仕込み、屋外で6~7カ月間、天日にさらす昔ながらの製法で高品質の手作りしょうゆや豆板醬(トウバンジャン)などを製造している。この時期の気温の高さや長い日照時間を生かす「晒醬」は発酵を促す大事な工程で、従業員たちは芳醇な味に仕上げるため、数千個のかめに入った「醬」を毎日見回りながら定期的にかき混ぜていく。同社は清代の咸豊年間初期の創業で、100年以上の歴史がある。2017年には伝統の醸造技術が浙江省の無形文化遺産に登録された。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705483

  • 2020年08月19日
    伝統製法で作る発酵調味料、浙江省老舗メーカーのこだわり

    19日、木製の熊手で「醬(ジャン)」をかき混ぜる従業員。中国浙江省湖州市南太湖ハイテク産業開発区にある発酵食品の老舗ブランド「老恒和」を展開する老恒和醸造の工場では炎天下の中、自然発酵の調味料「醬(ジャン)」を天日にさらし、手作業でかき混ぜる伝統製法「晒醬」の作業に従業員たちが汗を流していた。7月中旬~8月下旬は1年で最も暑い「三伏」に当たり、日中の最高気温は40度近くになる。同社では春に材料を仕込み、屋外で6~7カ月間、天日にさらす昔ながらの製法で高品質の手作りしょうゆや豆板醬(トウバンジャン)などを製造している。この時期の気温の高さや長い日照時間を生かす「晒醬」は発酵を促す大事な工程で、従業員たちは芳醇な味に仕上げるため、数千個のかめに入った「醬」を毎日見回りながら定期的にかき混ぜていく。同社は清代の咸豊年間初期の創業で、100年以上の歴史がある。2017年には伝統の醸造技術が浙江省の無形文化遺産に登録された。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705404

  • 2021年06月03日
    ジェームズさんと瓶 日本の発酵食品に魅了され

    アダム・ジェームズさんと発酵食品などが漬かった瓶=4月、オーストラリア・タスマニア島ホバート(共同)

    商品コード: 2021060309934

  • 2021年06月03日
    大鍋とジェームズさん 日本の発酵食品に魅了され

    大鍋を使って果実酢を造るアダム・ジェームズさん=4月、オーストラリア・タスマニア島ホバート(共同)

    商品コード: 2021060309937

  • 2021年06月03日
    アダム・ジェームズさん 日本の発酵食品に魅了され

    アダム・ジェームズさんと発酵食品などをつくるかめ=4月、オーストラリア・タスマニア島ホバート(共同)

    商品コード: 2021060309940

  • 2021年06月03日
    日本の発酵食品に魅了され

    オーストラリア・タスマニア島、ホバート

    商品コード: 2021060309987

  • 2021年06月03日
    日本の発酵食品に魅了され

    オーストラリア・タスマニア島、ホバート

    商品コード: 2021060309988

  • 2021年06月03日
    日本の発酵食品に魅了され

    オーストラリア・タスマニア島、ホバート

    商品コード: 2021060309990

  • 2021年06月03日
    日本の発酵食品に魅了され

    オーストラリア・タスマニア島、ホバート

    商品コード: 2021060309991

  • 2021年09月12日
    National Home Canning Festival in Zaporizhzhia

    September 12, 2021, Zaporizhzhia, Ukraine: ZAPORIZHZHIA, UKRAINE - SEPTEMBER 12, 2021 - Fermented vegetables are on display during the Seventh National Home Canning Festival in Volodymyra Maiakovskoho Square, Zaporizhzhia, southeastern Ukraine. (Credit Image: © Dmytro Smolyenko/Ukrinform via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dmytro Smolyenko/Ukrinform via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091502685

  • 01:06.21
    2022年01月20日
    「新華社」せいろの高さ7メートル、春節控えマントウ作りに忙しい老舗店

    春節(旧正月)を間近に控えた中国で、中国式蒸しパン「饅頭(マントウ)」作りが始まっている。江蘇省南通市如東県で20年以上続く老舗の「碧霞饅頭店」もにぎわいを見せている。店内に積み上げられた57段のせいろは、高さ7メートル以上。店主の朱宝泉(しゅ・ほうせん)さん(58)によると、せいろ1段につきマントウ36個を蒸すことができ、全てのせいろを満たすには小麦粉125キロが必要となる。準備が整うと職人が昇降機に乗り、台車に載せたせいろ10段とともに上昇しながら1段ずつ整然と積み重ねていく。「せいろのタワー」が完成すると、店主がスチームボイラーのスイッチを入れ、水蒸気が下から最上部まで送られていく。1時間ほどで、おいしそうな匂いを漂わせたマントウが蒸し上がる。朱さんは、同店のマントウの香りが良いのは、南通伝統の発酵製法によるもので、ベーキングパウダーの代わりにもち米から作った発酵食品「酒醸」を使っているため、風味豊かで歯ごたえも良いと説明した。(記者/楊丁淼) =配信日: 2022(令和4)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012006690

  • 1