KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 生産
  • 指定
  • 重要文化財
  • 全長
  • 釉薬
  • 中心
  • 保存状態
  • 分布
  • 斜面

「登り窯」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
106
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
106
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  火の番をする粟田焼の陶工たち
    1904年12月31日
    火の番をする粟田焼の陶工たち

    錦光山宗兵衛陶器工場内の登り窯において、火の番をする陶工たちを撮影する。煉瓦積を泥土で塗り固めた登り窯に、3人の陶工が窯内部の火の様子をうかがっている。同工場は三条粟田口にある粟田焼の工場で1633年の創業。室内装飾品や日用品の陶器を欧米や中国インドに輸出した。1904年イギリス人写真家H・G・ポンティングの撮影か。=1904(明治37)年、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐30‐0]

    商品コード: 2017081501813

  •  清水の土産物店
    1911年12月31日
    清水の土産物店

    京都市東山区中部、清水寺に至る五条坂一帯は、坂が多く登り窯に適し、清水焼の産地である。また、京人形は京都各地で作られたが、特に京極の東、四条で多く作られ、また五条橋の西でもやや粗悪なものが作られていた。写真は、三年坂の土産物店で、「清水名産錦人形仕入所」「陶器売捌所」の看板をかかげ、軒先一杯まで道に張り出した台の上には、商品がぎっしりと並べられている。陶器店の売り台の横に子供が立っている。=明治後期、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐35‐0]

    商品コード: 2017080201310

  • 小石原焼 民陶の里・小石原
    1964年12月01日
    小石原焼 民陶の里・小石原

    英国の陶芸家バーナード・リーチも訪れた民陶の里・小石原村皿山。右上に見えるのが登り窯=福岡県、昭和30年代、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600312

  • 小鹿田焼 唐臼
    1965年05月01日
    小鹿田焼 唐臼

    渓流を利用した小鹿田焼きの唐臼と後方は登り窯=1965(昭和40)年5月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600338

  • 唐津焼 登り窯と中野陶痴氏
    1972年04月05日
    唐津焼 登り窯と中野陶痴氏

    唐津焼では最大の割竹式四段のぼり窯と中野陶痴氏=1972(昭和47)年4月頃、唐津市の中野窯、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600341

  • 高取焼 内ケ磯窯跡の登り窯
    1979年12月07日
    高取焼 内ケ磯窯跡の登り窯

    古高取焼内ケ磯窯跡。発掘された階段式漣房登り窯=1979(昭和54)年12月頃、福岡県直方市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600249

  • 小石原焼 火が入った登り窯
    1980年10月01日
    小石原焼 火が入った登り窯

    火が入った小石原焼の登り窯=1980(昭和55)年10月、福岡県小石原村皿山、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600423

  • 小石原焼 登り窯の火入れ
    1980年10月01日
    小石原焼 登り窯の火入れ

    小石原焼の登り窯の火入れ=1980(昭和55)年10月、福岡県小石原村皿山、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600444

  • 小代焼(小岱焼) 割り竹式登り窯
    1983年11月02日
    小代焼(小岱焼) 割り竹式登り窯

    県内で初めて完成した割り竹式登り窯=熊本県玉名郡南関町、陶芸家・坂井岱平さん方、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600329

  • 有田焼 とんぱい塀(トンパイ塀)
    1984年03月01日
    有田焼 とんぱい塀(トンパイ塀)

    解体した登り窯のレンガを使った有田のとんぱい塀=1984(昭和59)年3月、佐賀県有田町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600467

  •  桜陶祭で即売する作品を焼くため窯入れする青年=波佐見町中尾山の日の谷登り窯=
    1992年03月31日
    桜陶祭で即売する作品を焼くため窯入れする青年=波佐見町中尾山の日の谷登り窯=

    桜陶祭で即売する作品を焼くため窯入れする青年=波佐見町中尾山の日の谷登り窯=、クレジット:長崎新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023053107678

  •  復元された登り窯に器を入れる窯元の人たち
    1993年04月26日
    復元された登り窯に器を入れる窯元の人たち

    復元された登り窯に器を入れる窯元の人たち、クレジット:長崎新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060206730

  •  有田焼「陶祖」の登り窯?
    1994年01月29日
    有田焼「陶祖」の登り窯?

    「唐人古場窯」ではないかと見られる登り窯=26日午後、佐賀県多久市多久町西の原

    商品コード: 1994012900021

  • 大和郡山市の内山瓦窯跡 藤原宮の瓦を製作
    1994年04月20日
    大和郡山市の内山瓦窯跡 藤原宮の瓦を製作

    内山瓦窯跡で見つかった藤原宮式の瓦を製作したとみられる登り窯跡=奈良県大和郡山市西田中町(考古学)

    商品コード: 1994042000059

  • 「飛竜窯」 容量世界一の登り窯
    1996年07月20日
    「飛竜窯」 容量世界一の登り窯

    )、企画26S、22日付朝刊以降使用  完成した室の容積が世界一の巨大登り窯「飛竜窯」=佐賀県武雄市の竹古場キルンの森公園

    商品コード: 1996072000031

  • 登り窯復元し実験 最北の須恵器よみがえる
    1997年07月30日
    登り窯復元し実験 最北の須恵器よみがえる

    復元された中世の登り窯から須恵器(すえき)を取り出す組合員=30日午前、青森県五所川原市金山

    商品コード: 1997073000080

  • 初火入れの共同登り窯 10月から薩摩焼イベント
    1998年09月25日
    初火入れの共同登り窯 10月から薩摩焼イベント

    「薩摩焼四百年祭」で、ルーツの韓国から運ばれた火を使って初火入れを行う共同登り窯=25日午後、鹿児島県東市来町美山

    商品コード: 1998092500098

  •  登り窯のある住宅地
    1998年10月17日
    登り窯のある住宅地

    )、企画396S、19日付朝刊以降使用  分譲が始まった住宅地「天徳の森パークハウス」にある登り窯=15日、佐賀県相知町

    商品コード: 1998101700034

  • 火入れする南原市長ら 韓国の火で登り窯火入れ
    1998年10月22日
    火入れする南原市長ら 韓国の火で登り窯火入れ

    薩摩焼渡来400年を記念し、韓国から運ばれた「窯の火」で共同登り窯に火入れする韓国の崔珍栄・南原市長(左)と薩摩焼14代の沈寿官さん=22日午後6時50分、鹿児島県東市来町美山

    商品コード: 1998102200147

  • 窯を見学する日韓両首相 日韓首相ら薩摩焼窯元訪問
    1998年11月29日
    窯を見学する日韓両首相 日韓首相ら薩摩焼窯元訪問

    薩摩焼の共同登り窯を見学する小渕恵三首相(右)と韓国の金鍾泌首相(中央)=29日午前、鹿児島県東市来町美山

    商品コード: 1998112900074

  • 登り窯と佐藤達夫さん 最後の登り窯に保存の声
    1999年08月18日
    登り窯と佐藤達夫さん 最後の登り窯に保存の声

    最後に残った登り窯の前で「堤焼」のかめを手にする佐藤達夫さん=仙台市青葉区堤町

    商品コード: 1999081800001

  • 復元が進む登り窯 陶芸通じて国際交流を
    2000年01月13日
    復元が進む登り窯 陶芸通じて国際交流を

    「焼き物テーマパーク」に向け、復元が進む登り窯=愛知県豊田市の中京大キャンパス

    商品コード: 2000011300005

  • 小石原焼 道の駅「小石原」
    2004年08月02日
    小石原焼 道の駅「小石原」

    登り窯をイメージした屋根が特徴の道の駅「小石原」=2004(平成16)年8月頃、福岡県小石原村、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600296

  • 唐津焼 14代中里太郎右衛門さん 窯出し
    2005年08月17日
    唐津焼 14代中里太郎右衛門さん 窯出し

    新しい登り窯と、十四代中里太郎右衛門さん=2005(平成17)年8月頃、唐津市町田の唐津焼窯元「中里太郎右衛門陶房」、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600303

  • リーチ工房の登り窯 陶芸家リーチの工房再建へ
    2006年03月11日
    リーチ工房の登り窯 陶芸家リーチの工房再建へ

    英南西部セントアイブスに残るバーナード・リーチ工房の登り窯=2月20日(共同)

    商品コード: 2006031100026

  • 瓦を焼く登り窯 伝統の登り窯復活を
    2006年10月30日
    瓦を焼く登り窯 伝統の登り窯復活を

    市民グループが修復に取り組んでいる瓦を焼く登り窯=島根県大田市

    商品コード: 2006103000003

  • 見つかった埴輪窯跡 国内最西端の埴輪窯を発見
    2008年01月24日
    見つかった埴輪窯跡 国内最西端の埴輪窯を発見

    佐賀県唐津市の仁田古墳群で見つかった、埴輪を製造していた登り窯跡=24日午後

    商品コード: 2008012400134

  • 「飛龍窯」の火入れ式 巨大な登り窯が復活
    2008年02月09日
    「飛龍窯」の火入れ式 巨大な登り窯が復活

    復活した登り窯「飛龍窯」の火入れ式=9日午前、佐賀県武雄市

    商品コード: 2008020900039

  • 保存された登り窯 陶芸家リーチの工房再建
    2008年03月06日
    保存された登り窯 陶芸家リーチの工房再建

    5日、英南西部で再建された陶芸家バーナード・リーチの工房で保存工事が終わった登り窯。1920年に設置された(共同)

    商品コード: 2008030600128

  • 小石原焼 登り窯予定地
    2008年06月12日
    小石原焼 登り窯予定地

    小石原焼伝統産業会館(奥)近くに整備が決まり、工事が進む登り窯予定地=2008(平成20)年6月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600380

  • 小石原焼 登り窯完成
    2008年10月02日
    小石原焼 登り窯完成

    三つの焼成室を備えた小石原焼の登り窯=2008(平成20)年10月、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600383

  • 登り窯をご覧になる両陛下 河井寛次郎記念館を訪問
    2010年03月26日
    登り窯をご覧になる両陛下 河井寛次郎記念館を訪問

    河井寛次郎記念館で登り窯をご覧になる天皇、皇后両陛下=26日午前11時34分、京都市東山区(代表撮影)

    商品コード: 2010032600194

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年03月13日
    東日本大震災で全壊した登り窯

    東日本大震災で全壊した登り窯。濱田庄司(はまだしょうじ)も使用していた=2011(平成23)3年13日午後、栃木県益子町、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024061101750

  • 三川内焼 火入れ
    2011年04月20日
    三川内焼 火入れ

    復活させた登り窯に火入れする三川内焼の若手陶芸家たち=2011(平成23)年4月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600387

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年03月08日
    震災で壊れた登り窯 益子焼のシンボル守れ

    東日本大震災で損壊した「益子参考館」の登り窯=2月17日、栃木県益子町

    商品コード: 2012030800412

  • 三川内焼 窯出し
    2013年03月12日
    三川内焼 窯出し

    登り窯から出された三川内焼。オークションで販売する=2013(平成25)年3月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600403

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月05日
    植木鉢取り出す福田さん 震災で全壊の登り窯修復

    修復された登り窯で焼いた植木鉢を取り出す「製陶ふくだ」6代目当主福田勝之さん=9月30日、茨城県笠間市

    商品コード: 2013100500010

  • 浜田庄司が使った登り窯 浜田庄司の登り窯復活
    2014年08月02日
    浜田庄司が使った登り窯 浜田庄司の登り窯復活

    来年2月に約40年ぶりに火が入る浜田庄司が使った登り窯=7月27日、栃木県益子町

    商品コード: 2014080200027

  • 登り窯 浜田庄司の登り窯が復活
    2015年02月07日
    登り窯 浜田庄司の登り窯が復活

    登り窯に火をつける浜田庄司記念益子参考館の浜田友緒館長=7日、栃木県益子町

    商品コード: 2015020700263

  •  やちむんの里登り窯
    2015年11月02日
    やちむんの里登り窯

    キーワード:屋外、建物、秋、焼き物、中頭郡、昼、登り窯、陶芸、読谷日本、無人、里、やちむんの里、街、風景メイン写真=2015(平成27)年11月2日、沖縄県村、クレジット:SHOHO IMAI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060911349

  •  中国建窯、天目茶碗発祥の地
    2018年01月23日
    中国建窯、天目茶碗発祥の地

    福建省建陽市の水吉鎮後井村にある建窯は、窯の長さが135・6メートルに達する。中国国内で最も長い登り窯であり、国の重要文化財(全国重点文物保護単位)に指定されている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600853

  •  中国建窯、天目茶碗発祥の地
    2018年01月23日
    中国建窯、天目茶碗発祥の地

    福建省建陽市の水吉鎮後井村にある建窯は、窯の長さが135・6メートルに達する。中国国内で最も長い登り窯であり、国の重要文化財(全国重点文物保護単位)に指定されている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600874

  •  中国建窯、天目茶碗発祥の地
    2018年01月23日
    中国建窯、天目茶碗発祥の地

    福建省建陽市の水吉鎮後井村にある建窯は、窯の長さが135・6メートルに達する。中国国内で最も長い登り窯であり、国の重要文化財(全国重点文物保護単位)に指定されている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600856

  •  中国建窯、天目茶碗発祥の地
    2018年01月23日
    中国建窯、天目茶碗発祥の地

    福建省建陽市の水吉鎮後井村にある建窯は、窯の長さが135・6メートルに達する。中国国内で最も長い登り窯であり、国の重要文化財(全国重点文物保護単位)に指定されている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600897

  • 登り窯の久野さん タコつぼ専門窯が存続
    2018年09月12日
    登り窯の久野さん タコつぼ専門窯が存続

    登り窯で焼いたタコつぼを取り出す久野公寛さん=山口県防府市

    商品コード: 2018091220772

  •  立杭焼き登り窯
    2018年10月03日
    立杭焼き登り窯

    キーワード:マキ、屋内、産業、自然、焼き物、登り窯、土、日本、風景、無人、器、3日、テーマメイン写真、立杭焼き=2018(平成30)年10月3日、兵庫県丹波篠山市、クレジット:NUGA_YOSHIHARU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061007676

  •  「東奥日報」全長103メートルの登り窯、中断乗り越え完成/黒石
    00:53.32
    2018年12月20日
    「東奥日報」全長103メートルの登り窯、中断乗り越え完成/黒石

    陶器を焼く世界最長の登り窯を目指して22年前から築窯を始めた、青森県黒石市豊岡の「津軽烏城焼(うじょうやき)」の工房で20日、全長103メートルの窯が完成した。病などを克服し、100メートル超えの目標を遂げた窯元の今井理桂(りけい)さん(70)は県内外の支援者らに感謝し「この窯を使い、自然釉(ゆう)の力を見せたい」と創作への意欲を語った。今後、作品6千点以上を用意し、2020年の東京五輪前の火入れを目指す。<映像内容>津軽烏城焼の工房での作業の様子、撮影日:2018(平成30)年12月20日、撮影場所:青森県黒石市豊岡、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018122611195

  •  世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県
    2020年10月20日
    世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県

    福建省泉州市徳化県で、職人の徐金宝(じょ・きんほう)さんが製作した白磁の茶器。(10月20日撮影)中国福建省泉州市徳化県は、宋の時代(960~1279年)から輸出用の磁器を生産してきた一大産地として知られている。同県の白磁は、後にフランスで「BlancdeChine(中国白磁)」と呼ばれ、世界的に有名となった。細長くやや傾斜した構造を持つ伝統的な登り窯「竜窯(りゅうよう)」の一つ「月記窯」は、同県に唯一現存する古窯で、400年以上火を絶やすことなく磁器を生産し続けてきた。同県は古窯の保存に努める一方、伝統を受け継ぎながら創造性を発揮しようとする新世代の職人も擁している。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904284

  •  世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県
    2020年10月20日
    世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県

    福建省泉州市徳化県で、焼き上がった白磁をチェックする職人の徐金宝(じょ・きんほう)さん。(10月20日撮影)中国福建省泉州市徳化県は、宋の時代(960~1279年)から輸出用の磁器を生産してきた一大産地として知られている。同県の白磁は、後にフランスで「BlancdeChine(中国白磁)」と呼ばれ、世界的に有名となった。細長くやや傾斜した構造を持つ伝統的な登り窯「竜窯(りゅうよう)」の一つ「月記窯」は、同県に唯一現存する古窯で、400年以上火を絶やすことなく磁器を生産し続けてきた。同県は古窯の保存に努める一方、伝統を受け継ぎながら創造性を発揮しようとする新世代の職人も擁している。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904360

  •  世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県
    2020年10月20日
    世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県

    福建省泉州市徳化県で、焼き上がった白磁をチェックする職人の徐金宝(じょ・きんほう)さん。(10月20日撮影)中国福建省泉州市徳化県は、宋の時代(960~1279年)から輸出用の磁器を生産してきた一大産地として知られている。同県の白磁は、後にフランスで「BlancdeChine(中国白磁)」と呼ばれ、世界的に有名となった。細長くやや傾斜した構造を持つ伝統的な登り窯「竜窯(りゅうよう)」の一つ「月記窯」は、同県に唯一現存する古窯で、400年以上火を絶やすことなく磁器を生産し続けてきた。同県は古窯の保存に努める一方、伝統を受け継ぎながら創造性を発揮しようとする新世代の職人も擁している。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904401

  •  世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県
    2020年10月20日
    世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県

    福建省泉州市徳化県で、白磁の花瓶に手を加え仕上げる職人の徐金宝(じょ・きんほう)さん。(10月20日撮影)中国福建省泉州市徳化県は、宋の時代(960~1279年)から輸出用の磁器を生産してきた一大産地として知られている。同県の白磁は、後にフランスで「BlancdeChine(中国白磁)」と呼ばれ、世界的に有名となった。細長くやや傾斜した構造を持つ伝統的な登り窯「竜窯(りゅうよう)」の一つ「月記窯」は、同県に唯一現存する古窯で、400年以上火を絶やすことなく磁器を生産し続けてきた。同県は古窯の保存に努める一方、伝統を受け継ぎながら創造性を発揮しようとする新世代の職人も擁している。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904348

  •  世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県
    2020年10月20日
    世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県

    福建省泉州市徳化県で、職人の徐金宝(じょ・きんほう)さんが製作した白磁の茶器。(10月20日撮影)中国福建省泉州市徳化県は、宋の時代(960~1279年)から輸出用の磁器を生産してきた一大産地として知られている。同県の白磁は、後にフランスで「BlancdeChine(中国白磁)」と呼ばれ、世界的に有名となった。細長くやや傾斜した構造を持つ伝統的な登り窯「竜窯(りゅうよう)」の一つ「月記窯」は、同県に唯一現存する古窯で、400年以上火を絶やすことなく磁器を生産し続けてきた。同県は古窯の保存に努める一方、伝統を受け継ぎながら創造性を発揮しようとする新世代の職人も擁している。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904334

  •  世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県
    2020年10月20日
    世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県

    福建省泉州市徳化県で、白磁の茶器を製作する職人の徐金宝(じょ・きんほう)さん。(10月20日撮影)中国福建省泉州市徳化県は、宋の時代(960~1279年)から輸出用の磁器を生産してきた一大産地として知られている。同県の白磁は、後にフランスで「BlancdeChine(中国白磁)」と呼ばれ、世界的に有名となった。細長くやや傾斜した構造を持つ伝統的な登り窯「竜窯(りゅうよう)」の一つ「月記窯」は、同県に唯一現存する古窯で、400年以上火を絶やすことなく磁器を生産し続けてきた。同県は古窯の保存に努める一方、伝統を受け継ぎながら創造性を発揮しようとする新世代の職人も擁している。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904327

  •  世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県
    2020年10月20日
    世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県

    福建省泉州市徳化県で、焼成後に冷やされる職人の徐金宝(じょ・きんほう)さんが作った白磁の茶器。(10月20日撮影)中国福建省泉州市徳化県は、宋の時代(960~1279年)から輸出用の磁器を生産してきた一大産地として知られている。同県の白磁は、後にフランスで「BlancdeChine(中国白磁)」と呼ばれ、世界的に有名となった。細長くやや傾斜した構造を持つ伝統的な登り窯「竜窯(りゅうよう)」の一つ「月記窯」は、同県に唯一現存する古窯で、400年以上火を絶やすことなく磁器を生産し続けてきた。同県は古窯の保存に努める一方、伝統を受け継ぎながら創造性を発揮しようとする新世代の職人も擁している。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904378

  •  世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県
    2020年10月21日
    世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県

    福建省泉州市徳化県の工場で、磁器製のユニコーン像を製作する従業員。(10月21日撮影)中国福建省泉州市徳化県は、宋の時代(960~1279年)から輸出用の磁器を生産してきた一大産地として知られている。同県の白磁は、後にフランスで「BlancdeChine(中国白磁)」と呼ばれ、世界的に有名となった。細長くやや傾斜した構造を持つ伝統的な登り窯「竜窯(りゅうよう)」の一つ「月記窯」は、同県に唯一現存する古窯で、400年以上火を絶やすことなく磁器を生産し続けてきた。同県は古窯の保存に努める一方、伝統を受け継ぎながら創造性を発揮しようとする新世代の職人も擁している。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904195

  •  世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県
    2020年10月21日
    世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県

    福建省泉州市徳化県の工場で、機械を使って磁器を製作する従業員。(10月21日撮影)中国福建省泉州市徳化県は、宋の時代(960~1279年)から輸出用の磁器を生産してきた一大産地として知られている。同県の白磁は、後にフランスで「BlancdeChine(中国白磁)」と呼ばれ、世界的に有名となった。細長くやや傾斜した構造を持つ伝統的な登り窯「竜窯(りゅうよう)」の一つ「月記窯」は、同県に唯一現存する古窯で、400年以上火を絶やすことなく磁器を生産し続けてきた。同県は古窯の保存に努める一方、伝統を受け継ぎながら創造性を発揮しようとする新世代の職人も擁している。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904397

  •  世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県
    2020年10月21日
    世界で愛される白磁の伝統を継承福建省徳化県

    福建省泉州市徳化県の磁器会社に展示された海外輸出用の磁器製のクリスマス製品。(10月21日撮影)中国福建省泉州市徳化県は、宋の時代(960~1279年)から輸出用の磁器を生産してきた一大産地として知られている。同県の白磁は、後にフランスで「BlancdeChine(中国白磁)」と呼ばれ、世界的に有名となった。細長くやや傾斜した構造を持つ伝統的な登り窯「竜窯(りゅうよう)」の一つ「月記窯」は、同県に唯一現存する古窯で、400年以上火を絶やすことなく磁器を生産し続けてきた。同県は古窯の保存に努める一方、伝統を受け継ぎながら創造性を発揮しようとする新世代の職人も擁している。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904283

  •  竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市
    2020年12月25日
    竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市

    12月25日、陳家窯の工房で撮影に応じる周さん夫妻。中国浙江省竜泉市宝渓郷の渓頭村にある陳家窯ではこの数日、竜泉青磁の職人、周明平(しゅう・めいへい)さん(44)と妻の周慶紅(しゅう・けいこう)さんが窯入れ作業に追われている。周さん夫妻が素地を匣鉢(こうばち)と呼ばれる耐火粘土製の容器に入れると、焼成職人が竜窯と呼ばれる登り窯に投入し焼成する。(竜泉=新華社記者/韓伝号)=配信日:2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010502695

  •  竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市
    2020年12月25日
    竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市

    12月25日、窯の中で匣鉢の置き場所を話し合う周明平さんと焼成職人の周鶴年(しゅう・かくねん)さん。中国浙江省竜泉市宝渓郷の渓頭村にある陳家窯ではこの数日、竜泉青磁の職人、周明平(しゅう・めいへい)さん(44)と妻の周慶紅(しゅう・けいこう)さんが窯入れ作業に追われている。周さん夫妻が素地を匣鉢(こうばち)と呼ばれる耐火粘土製の容器に入れると、焼成職人が竜窯と呼ばれる登り窯に投入し焼成する。(竜泉=新華社記者/韓伝号)=配信日:2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010502719

  •  (7)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市
    2021年01月01日
    (7)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市

    12月25日、陳家窯の工房で、素地を入れた匣鉢を運ぶ焼成職人の周鶴年(しゅう・かくねん)さん。中国浙江省竜泉市宝渓郷の渓頭村にある陳家窯ではこの数日、竜泉青磁の職人、周明平(しゅう・めいへい)さん(44)と妻の周慶紅(しゅう・けいこう)さんが窯入れ作業に追われている。周さん夫妻が素地を匣鉢(こうばち)と呼ばれる耐火粘土製の容器に入れると、焼成職人が竜窯と呼ばれる登り窯に投入し焼成する。(竜泉=新華社記者/韓伝号)= 配信日: 2021(令和3)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608684

  •  (9)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市
    2021年01月01日
    (9)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市

    12月25日、窯入れ前の素地を点検する周慶紅(しゅう・けいこう)さん。中国浙江省竜泉市宝渓郷の渓頭村にある陳家窯ではこの数日、竜泉青磁の職人、周明平(しゅう・めいへい)さん(44)と妻の周慶紅(しゅう・けいこう)さんが窯入れ作業に追われている。周さん夫妻が素地を匣鉢(こうばち)と呼ばれる耐火粘土製の容器に入れると、焼成職人が竜窯と呼ばれる登り窯に投入し焼成する。(竜泉=新華社記者/韓伝号)= 配信日: 2021(令和3)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608833

  •  (4)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市
    2021年01月01日
    (4)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市

    12月25日、窯入れの前に素地を整理する周慶紅さん。中国浙江省竜泉市宝渓郷の渓頭村にある陳家窯ではこの数日、竜泉青磁の職人、周明平(しゅう・めいへい)さん(44)と妻の周慶紅(しゅう・けいこう)さんが窯入れ作業に追われている。周さん夫妻が素地を匣鉢(こうばち)と呼ばれる耐火粘土製の容器に入れると、焼成職人が竜窯と呼ばれる登り窯に投入し焼成する。(竜泉=新華社記者/韓伝号)= 配信日: 2021(令和3)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608924

  •  (1)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市
    2021年01月01日
    (1)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市

    12月25日、陳家窯の工房で、窯入れ前の素地に釉薬を補う周明平さんと傍らで遊ぶ周さんの娘。中国浙江省竜泉市宝渓郷の渓頭村にある陳家窯ではこの数日、竜泉青磁の職人、周明平(しゅう・めいへい)さん(44)と妻の周慶紅(しゅう・けいこう)さんが窯入れ作業に追われている。周さん夫妻が素地を匣鉢(こうばち)と呼ばれる耐火粘土製の容器に入れると、焼成職人が竜窯と呼ばれる登り窯に投入し焼成する。(竜泉=新華社記者/韓伝号)= 配信日: 2021(令和3)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608707

  •  (6)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市
    2021年01月01日
    (6)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市

    12月25日、陳家窯の工房で、窯入れ前の素地を点検する周明平さん。中国浙江省竜泉市宝渓郷の渓頭村にある陳家窯ではこの数日、竜泉青磁の職人、周明平(しゅう・めいへい)さん(44)と妻の周慶紅(しゅう・けいこう)さんが窯入れ作業に追われている。周さん夫妻が素地を匣鉢(こうばち)と呼ばれる耐火粘土製の容器に入れると、焼成職人が竜窯と呼ばれる登り窯に投入し焼成する。(竜泉=新華社記者/韓伝号)= 配信日: 2021(令和3)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608746

  •  (10)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市
    2021年01月01日
    (10)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市

    12月25日、素地を入れた匣鉢を陳家窯の工房脇にある竜窯へ運ぶ焼成職人。中国浙江省竜泉市宝渓郷の渓頭村にある陳家窯ではこの数日、竜泉青磁の職人、周明平(しゅう・めいへい)さん(44)と妻の周慶紅(しゅう・けいこう)さんが窯入れ作業に追われている。周さん夫妻が素地を匣鉢(こうばち)と呼ばれる耐火粘土製の容器に入れると、焼成職人が竜窯と呼ばれる登り窯に投入し焼成する。(竜泉=新華社記者/韓伝号)= 配信日: 2021(令和3)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608706

  •  (8)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市
    2021年01月01日
    (8)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市

    12月25日、陳家窯の工房で、素地を匣鉢に入れる周慶紅さん。中国浙江省竜泉市宝渓郷の渓頭村にある陳家窯ではこの数日、竜泉青磁の職人、周明平(しゅう・めいへい)さん(44)と妻の周慶紅(しゅう・けいこう)さんが窯入れ作業に追われている。周さん夫妻が素地を匣鉢(こうばち)と呼ばれる耐火粘土製の容器に入れると、焼成職人が竜窯と呼ばれる登り窯に投入し焼成する。(竜泉=新華社記者/韓伝号)= 配信日: 2021(令和3)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608701

  •  (2)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市
    2021年01月01日
    (2)竜泉青磁、窯入れに大忙し浙江省竜泉市

    12月25日、重い匣鉢を窯に運び込む焼成職人の周鶴年(しゅう・かくねん)さん。中国浙江省竜泉市宝渓郷の渓頭村にある陳家窯ではこの数日、竜泉青磁の職人、周明平(しゅう・めいへい)さん(44)と妻の周慶紅(しゅう・けいこう)さんが窯入れ作業に追われている。周さん夫妻が素地を匣鉢(こうばち)と呼ばれる耐火粘土製の容器に入れると、焼成職人が竜窯と呼ばれる登り窯に投入し焼成する。(竜泉=新華社記者/韓伝号)= 配信日: 2021(令和3)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608923

  • 登り窯 難波津焼、新興の焼き物
    2021年01月29日
    登り窯 難波津焼、新興の焼き物

    舞洲陶芸館の「登り窯」

    商品コード: 2021012904881

  •  登り窯で炎を浴びる備前焼
    2021年11月23日
    登り窯で炎を浴びる備前焼

    登り窯で炎を浴びる備前焼。時間をかけて固く丈夫な焼き物ができあがる=2021(令和3)年11月23日、岡山県備前市伊部、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011909837

  •  企画/とちぎロケ地巡り/31/川尻製陶所(益子)/映画「プラチナデータ」/燃やすは情熱か野望か
    2022年02月01日
    企画/とちぎロケ地巡り/31/川尻製陶所(益子)/映画「プラチナデータ」/燃やすは情熱か野望か

    暗闇の中、登り窯の炎と向き合う川尻さん[下野新聞掲載日:2022(令和4)年2月28日13面掲載]=2022(令和4)年=2月上旬、栃木県、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033104582

  •  忍びの里に息づく文化
    2023年12月18日
    忍びの里に息づく文化

    伊賀焼の窯元、長谷園の「16連房登り窯」と長谷圭未さん=三重県伊賀市

    商品コード: 2023121808761

  •  (15)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (15)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の2号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409398

  •  (27)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (27)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409486

  •  (19)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (19)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の2号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409430

  •  (20)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (20)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の2号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409434

  •  (28)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (28)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡に残る宋代の橋。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409497

  •  (17)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (17)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の2号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409436

  •  (1)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (1)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の1号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409129

  •  (21)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (21)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の2号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409433

  •  (6)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (6)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の1号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409182

  •  (16)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (16)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の2号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409394

  •  (26)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (26)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡に立つ遇林亭。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409485

  •  (10)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (10)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡1号窯の遠景。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409340

  •  (12)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (12)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の2号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409365

  •  (8)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (8)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の1号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409292

  •  (7)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (7)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の1号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409297

  •  (24)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (24)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の建窯遺跡碑と宋代遇林亭窯跡陳列館。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409460

  •  (23)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (23)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡2号窯の周辺。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409437

  •  (3)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (3)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の1号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409130

  •  (5)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (5)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の1号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409134

  •  (13)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (13)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の2号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409367

  •  (18)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (18)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の2号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409431

  •  (2)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (2)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の1号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409132

  •  (4)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (4)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の1号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409133

  •  (25)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (25)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    宋代遇林亭窯跡陳列館。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409457

  •  (14)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (14)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の2号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409396

  •  (22)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (22)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の2号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409435

  •  (9)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (9)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡1号窯の遠景。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409295

  •  (11)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市
    2024年03月14日
    (11)遇林亭宋代古窯跡を訪ねて福建省武夷山市

    遇林亭宋代古窯跡の2号窯。(2023年5月31日撮影)中国福建省武夷山市の遇林亭宋代古窯跡は、6万平方メートル近くにわたり窯跡が分布する全国でも規模が最も大きく、保存状態の良い宋代窯跡群の一つとされる。1号窯と2号窯はいずれも山の斜面に配置された登り窯で、1号窯の全長は73・2メートル、一度に焼成できる点数は5万点、2号窯は113・1メートル、8万点となる。釉薬は黒釉を中心に青釉と青白釉などを用い、椀や皿、洗(筆洗い)、盃などを生産していた。1961年に省の文化財保護単位(重要文化財)に指定された。(武夷山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2024(令和6)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031409366

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2024年04月11日
    大堀相馬焼登り窯に火入れ

    福島県浪江町「陶芸の杜おおぼり」、復興拠点、福島第1原発

    商品コード: 2024041105349

  • 1
  • 2