KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 同県勝山市
  • 福井県勝山市
  • 草食恐竜
  • オーストラリア
  • グラレーター
  • コメント
  • コリアナオルニス
  • ジュラ紀
  • デイノニコサウルス
  • ブラキオサウルス

「白亜紀前期」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:04.83
    2019年12月06日
    「新華社」ジュラ紀の恐竜足跡化石、避暑山荘で多数発見河北省承徳市

    国河北省承徳市文物局と中国地質大学(北京)は6日、「避暑山荘の恐竜足跡に関する研究が得た重大成果」をテーマとした共同記者会見を行い、同市にある清代の離宮、避暑山荘とその周辺の寺院の敷地から、完全な状態で保存されたジュラ紀の恐竜の足跡化石を多数発見したと発表した。この発見は、恐竜の進化や地球の気候変動を研究する上で重要な価値を持つという。中国、米国、オーストラリアの科学者は、彼らの研究チームが同省承徳地区の恐竜足跡を調査した結果、大部分の足跡化石は避暑山荘の敷地内に分布していると表明した。詳細な調査によると、同地区ではデイノニコサウルス類、ユーブロンテス、グラレーター、コリアナオルニスなど複数種の恐竜の足跡化石が発見された。これらの豊富な足跡化石の記録は、華北地方における恐竜の進化の記録がジュラ紀の燕遼生物群から白亜紀前期の土城子(どじょうし)足跡動物群、さらには熱河生物群までほぼ連続していることを示している。(記者/駱学峰)<映像内容>避暑山荘で恐竜足跡を多数発見、撮影日:2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 02:57.61
    2007年07月11日
    大型草食恐竜の前脚化石 国内最大級、福井で発見

    福井県立恐竜博物館は11日、同県勝山市の白亜紀前期(約1億2000万年前)の地層から、大型草食恐竜とみられる前脚の骨の化石を見つけたと発表した。ブラキオサウルスなどに代表される「竜脚類」の骨に似ており、前脚部分では国内最大級とされる。恐竜博物館によると、化石は前脚の上腕骨と呼ばれる部分で、まだ岩石にはまったままの状態。長さ約90センチ、幅約25センチと推定される<映像内容>化石のある現場へ向かう報道陣、岩石の覆いを外す様子、化石全体、細部、説明する博物館技師、岩石遠景、現場遠景、撮影日:2007(平成19)年7月11日、撮影場所:福井県勝山市

    撮影: 2007(平成19)年7月11日

  • 02:28.24
    2007年04月26日
    恐竜の「地肌」くっきりと 国内初、福井で皮膚痕化石

    福井県立恐竜博物館は26日、同県勝山市の白亜紀前期(約1億2000万年前)の地層から、恐竜の体が地面に接触した際にできた皮膚痕の化石を発掘したと発表した。恐竜の「地肌」模様がはっきりと分かる資料で、国内では初めてという。二足歩行する草食恐竜のものとみられ、砂岩の表面に、直径約315ミリのうろこの突起跡が残る<映像内容>化石全景、ヨリ、表面アップ、関係者のコメント、発掘現場、博物館外観、撮影日:2007(平成19)年4月26日、撮影場所:福井県勝山市

    撮影: 2007(平成19)年4月26日

  • 1