KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • せんしゅう
  • とく
  • スペシャリスト
  • ラード
  • 中部
  • 令和
  • 位置
  • 創作
  • 北部
  • 地域

「白磁観音」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年11月24日
    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて

    24日、中国陶磁芸術大師の許瑞峰(きょ・ずいほう)氏が創作した白磁観音座像。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200464

  • 2019年11月24日
    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて

    24日、中国陶磁芸術大師の許瑞峰(きょ・ずいほう)氏が創作した白磁観音彫像。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200395

  • 2019年11月24日
    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて

    24日、徳化山花陶磁有限公司董事長、福建省陶磁芸術大師の鄭雄文(てい・ゆうぶん)氏が創作した白磁観音。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200453

  • 2019年11月24日
    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて

    24日、中国陶磁芸術大師の許瑞峰(きょ・ずいほう)氏が創作した白磁観音座像。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200447

  • 1