KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 農業
  • 平成
  • 茶業
  • ムー
  • 発展
  • 福州
  • 伝統
  • 風景

「白茶」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
256
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
256
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Louise Marie Therese d‘Artois, 1819 - 1864, Regent of the Duchy of Parma, Piacenza and Guastella,

    Louise Marie Therese d‘Artois, 1819 - 1864, Regent of the Duchy of Parma, Piacenza and Guastella, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209653

  • -
    Georges Bizet, 1838 - 1875, French composer, historical illustration circa 1893

    Georges Bizet, 1838 - 1875, French composer, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209476

  • -
    Elizabeth Leisinger, 1863 - 1933, soprano at the Berlin Court Opera, historical illustration circa 1893

    Elizabeth Leisinger, 1863 - 1933, soprano at the Berlin Court Opera, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209567

  • -
    Alfred-Amedee Dodds, 1842 - 1922, French officer of the expeditionary corps in the Second Franco-Dahomean War

    Alfred-Amedee Dodds, 1842 - 1922, French officer of the expeditionary corps in the Second Franco-Dahomean War in West Africa, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209463

  • -
    Ruggiero Leoncavallo, 1857 - 1919, Italian composer, historical illustration circa 1893

    Ruggiero Leoncavallo, 1857 - 1919, Italian composer, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209612

  • -
    Ferdinand I of Bulgaria, 1861 - 1948, Prince and King of Bulgaria, historical illustration circa 1893

    Ferdinand I of Bulgaria, 1861 - 1948, Prince and King of Bulgaria, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209651

  • -
    Ernst van Dyk as Lohengrin, historical illustration circa 1893

    Ernst van Dyk as Lohengrin, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209647

  • -
    Paul Wallot, 1841 - 1912, builder of the German Reichstag building in Berlin, historical illustration circa 1893

    Paul Wallot, 1841 - 1912, builder of the German Reichstag building in Berlin, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209513

  • -
    Albrecht, Duke of Wuerttemberg, 1865 - 1939, historical illustration circa 1893

    Albrecht, Duke of Wuerttemberg, 1865 - 1939, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209574

  • -
    William IV, Grand Duke of Luxembourg, 1852 - 1912, historical illustration circa 1893

    William IV, Grand Duke of Luxembourg, 1852 - 1912, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209575

  • -
    Alexander I, King of Serbia, Aleksandar Obrenovi?, 1876 - 1903, historical illustration circa 1893

    Alexander I, King of Serbia, Aleksandar Obrenovi?, 1876 - 1903, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209616

  • -
    The Streetwalker.

    The Streetwalker. Artist: Henri de Toulouse-Lautrec (French, Albi 1864-1901 Saint-André-du-Bois). Dimensions: 25 1/2 x 21 in. (64.8 x 53.3 cm). Date: ca. 1890-91.As early as 1901 the woman in this painting was identified as a streetwalker. Her name, however, has been lost to history; only the nickname La Casque d‘Or (Golden Helmet), which refers to her wig, has survived. She sits in the garden of Monsieur Forest, Lautrec‘s neighbor in Montmartre. Museum: Metropolitan Museum of Art, New York, USA.、クレジット:Album/Metropolitan Museum of Art,NY/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020031701064

  • -
    Portrait of an Algerian Jewess, historical illustration circa 1893

    Portrait of an Algerian Jewess, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209479

  • -
    Eleonora Duse, 1858 - 1924, Italian actress, historical illustration circa 1893

    Eleonora Duse, 1858 - 1924, Italian actress, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209511

  • -
    Princess Sophie of the Netherlands, wife of Charles Alexander, Grand Duke of Saxe-Weimar-Eisenach, 1824 - 1897,

    Princess Sophie of the Netherlands, wife of Charles Alexander, Grand Duke of Saxe-Weimar-Eisenach, 1824 - 1897, historical illustration .、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209507

  • -
    Privy Councillor Adolf Wermuth, 1855 - 1927, politician, Reich Commissioner for the World Exhibition in Chicago in 1893,

    Privy Councillor Adolf Wermuth, 1855 - 1927, politician, Reich Commissioner for the World Exhibition in Chicago in 1893, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209648

  • -
    Infanta Marie Anne of Portugal, 1861 - 1942, historical illustration circa 1893

    Infanta Marie Anne of Portugal, 1861 - 1942, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209562

  • -
    Ernst, Prince of Saxe-Meiningen, 1859 - 1941 and his wife Katharina Baroness von Saalfeld, Katharina Jensen, 1874 - 1945

    Ernst, Prince of Saxe-Meiningen, 1859 - 1941 and his wife Katharina Baroness von Saalfeld, Katharina Jensen, 1874 - 1945, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209644

  • -
    Prince Leopold of Bavaria, 1846 - 1930, German Field Marshal, historical illustration circa 1893

    Prince Leopold of Bavaria, 1846 - 1930, German Field Marshal, historical illustration circa 1893.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209481

  • 2002年06月04日
    白茶使ったウーロン茶

    キリンビバレッジが発売した「キリン 爽聞茶(そうききちゃ)」

    商品コード: 2002060400133

  • 2004年04月15日
    腰白茶つぼの破片 お茶つぼ造った窯跡か

    滋賀県信楽町の長野東出遺跡で見つかった腰白茶つぼの破片

    商品コード: 2004041500180

  • 2018年03月28日
    江西省楽平市春の茶摘み始まる

    28日、中国江西省楽平市高家鎮朱家村にある高家白茶基地で、春の新茶を摘みに茶園に入る同基地の従業員。中国江西省楽平市では春の新茶を摘む作業が本格的に始まった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2018(平成30)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018033000816

  • 2018年03月28日
    江西省楽平市春の茶摘み始まる

    28日、中国江西省楽平市高家鎮朱家村の高家白茶基地で、春の新茶を摘む同基地の従業員。中国江西省楽平市では春の新茶を摘む作業が本格的に始まった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2018(平成30)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018033000792

  • 2018年03月28日
    江西省楽平市春の茶摘み始まる

    28日、中国江西省楽平市高家鎮朱家村にある高家白茶基地の従業員が春の新茶を摘んでいる。中国江西省楽平市では春の新茶を摘む作業が本格的に始まった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2018(平成30)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018033000789

  • 2018年03月28日
    江西省楽平市春の茶摘み始まる

    28日、中国江西省楽平市高家鎮朱家村の高家白茶基地で、春の新茶を摘む同基地の従業員。中国江西省楽平市では春の新茶を摘む作業が本格的に始まった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2018(平成30)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018033000777

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、福鼎市にある福鼎白茶無形文化遺産展示室で、「国家無形文化遺産の代表的継承者」と記された胸章(きょうしょう)を掲げて見せる梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902208

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、福鼎市にある福鼎白茶無形文化遺産展示室で、祖父の自伝的エッセイ「篠渓陳情書」を掲げて見せる梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902204

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福建鼎白茶業有限公司で天日干しされた茶葉。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800840

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市佳陽(かよう)ショオ族郷の天湖山茶園。(小型無人機から)「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800871

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市点頭(てんとう)鎮の福鼎茶葉取引市場で茶葉を売買する農家。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800885

  • 2019年03月21日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    21日、福鼎市佳陽シェオ族郷後陽村にある「華茶2号」生態茶園で、茶葉を摘み取る茶農家たち。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902296

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、白茶工房の庭で、茶葉の萎凋プロセスの状況をチェックする梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902284

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市佳陽(かよう)ショオ族郷後陽(こうよう)村の鼎白生態茶園で茶を摘む農家。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800839

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、白茶工房で息子の梅伝鑾(ばい・でんらん)さんに炭火を用いた焙煎技術について説明する梅相靖さん(右)。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902279

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市点頭(てんとう)鎮の福鼎茶葉取引市場で茶葉を売買する農家。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800811

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市前岐鎮の小岳村で撮影した白茶の天日干し。(小型無人機から)「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800908

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市佳陽(かよう)ショオ族郷後陽(こうよう)村の鼎白生態茶園で茶を摘む農家。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800869

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日に撮影した福鼎市佳陽(かよう)ショオ族郷後陽(こうよう)村の鼎白生態茶園。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800886

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市の工場で天日干しされた茶葉。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800889

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、農家らでにぎわう福鼎市点頭(てんとう)鎮の福鼎茶葉取引市場。(小型無人機から)「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800836

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、点頭鎮柏柳村にある白茶工房の庭で、茶葉を天日干しする梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902277

  • 2019年03月21日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    21日、福鼎市佳陽シェオ族郷後陽村にある生態茶園で、茶葉を摘む茶農家。(小型無人機から)新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200465

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、白茶工房で茶葉の萎凋プロセスの状況をチェックする梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902293

  • 2019年03月21日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    21日、空から見た福建鼎白茶業有限公司の茶葉の天日干し場。(小型無人機から)新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200518

  • 2019年03月21日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    21日、茶農家で活気あふれる福鼎市点頭鎮の福鼎茶葉市場。(小型無人機から)新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200456

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、白茶の工房で息子の梅伝鑾(ばい・でんらん)さんに炭火を用いた焙煎技術について説明する梅相靖さん(右)。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902214

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福建鼎白茶業有限公司の萎凋(いちょう)台で茶葉を振るう従業員。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800913

  • 2019年03月22日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    22日、福鼎白茶を味わう観光客たち。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902297

  • 2019年03月22日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    22日、福鼎白茶を入れる女性。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902222

  • 2019年03月22日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    22日、福鼎市太姥山鎮方家山(ほうかざん)村の国子生態茶業基地で、「華茶2号」の名前をもつ茶葉を摘み取るシェオ族の村民たち。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902288

  • 2019年03月22日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    22日、福鼎市太姥山鎮方家山(ほうかざん)村の国子生態茶業基地で、「華茶2号」の名前をもつ白茶の茶葉を摘み取るシェオ族の女性たち。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902213

  • 2019年03月22日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    22日、福鼎市太姥山鎮方家山(ほうかざん)村の国子生態茶業基地で、「華茶2号」の名前をもつ白茶の茶葉を摘み取るシェオ族の女性、鍾秀容(しょう・しゅうよう)さん(左)。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902295

  • 2019年03月23日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    23日、太姥山の「核心茶生産区」で、「華茶1号」の名前をもつ白茶の茶葉を摘み取る朱家亮(しゅ・かりょう)さん(左から2人目)たち。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902286

  • 2019年03月23日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    23日に撮影した福鼎市の太姥山にある大白茶の親木「緑雪芽」。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902281

  • 2019年03月23日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    23日、福鼎市の太姥山にある大白茶の親木「緑雪芽」。その後ろには「緑雪芽」の文字が刻まれた巨大な岩がそびえている。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902231

  • 2019年03月23日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    23日、福鼎市の太姥山にある古くからの親木「緑雪芽」を見学に訪れた観光客たち。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902280

  • 2019年03月24日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    24日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙白茶生態茶園で、茶葉を摘む林倩倩(りん・せいせい)さん(左端)たち。新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200452

  • 2019年03月24日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    24日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙白茶生態茶園で、摘み取った茶葉の質を確かめる李双双(り・そうそう)さん(右端)。新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200482

  • 2019年03月24日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    24日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙白茶生態茶園で、茶葉を摘む林倩倩(りん・せいせい)さん(右端)たち。新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200517

  • 2019年03月24日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    24日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙白茶生態茶園で撮影した茶の木の新芽。新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200455

  • 2019年03月24日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    24日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙荘園にある「中国白茶品種園」で茶葉を摘む女性たち。新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200462

  • 2019年03月25日
    高品質で安全·安心な茶葉生産地建設に取り組む貴州省

    3月25日、「老茶媽・鳳白茶公益貧困救済イベント」で宣誓をする出席者。国際茶業委員会(ITC)のイアン・ギブス会長はこのほど、中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡(ほうこう)県で視察を行い、「欧州連合(EU)は厳しい茶葉の輸出基準を求めているが、中国貴州産の茶がこの基準をクリアしたのは偶然ではない」との感想を述べた。ギブス氏は、貴州の良好な生態環境に加えて、政府が茶園に対して厳格な管理基准を設けたため、優れた品質の茶葉が作られていると評価した。中国で茶の栽培面積が最も広い省である貴州省は現在、高品質な茶葉の生産地建設に取り組んでいる。公開されたデータによると、2018年末時点で、同省の茶畑の総面積は752万ムー(約50万ヘクタール)、うち生産を行っているのは561万ムー(約37万ヘクタール)で、昨年の茶葉生産量は36万2千トンに達している。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100410

  • 2019年03月25日
    高品質で安全·安心な茶葉生産地建設に取り組む貴州省

    3月25日、「老茶媽・鳳白茶公益貧困救済イベント」で踊りを披露する出演者。国際茶業委員会(ITC)のイアン・ギブス会長はこのほど、中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡(ほうこう)県で視察を行い、「欧州連合(EU)は厳しい茶葉の輸出基準を求めているが、中国貴州産の茶がこの基準をクリアしたのは偶然ではない」との感想を述べた。ギブス氏は、貴州の良好な生態環境に加えて、政府が茶園に対して厳格な管理基准を設けたため、優れた品質の茶葉が作られていると評価した。中国で茶の栽培面積が最も広い省である貴州省は現在、高品質な茶葉の生産地建設に取り組んでいる。公開されたデータによると、2018年末時点で、同省の茶畑の総面積は752万ムー(約50万ヘクタール)、うち生産を行っているのは561万ムー(約37万ヘクタール)で、昨年の茶葉生産量は36万2千トンに達している。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100430

  • 2019年03月25日
    高品質で安全·安心な茶葉生産地建設に取り組む貴州省

    3月25日、「老茶媽・鳳白茶公益貧困救済イベント」で茶芸を披露するスタッフ。国際茶業委員会(ITC)のイアン・ギブス会長はこのほど、中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡(ほうこう)県で視察を行い、「欧州連合(EU)は厳しい茶葉の輸出基準を求めているが、中国貴州産の茶がこの基準をクリアしたのは偶然ではない」との感想を述べた。ギブス氏は、貴州の良好な生態環境に加えて、政府が茶園に対して厳格な管理基准を設けたため、優れた品質の茶葉が作られていると評価した。中国で茶の栽培面積が最も広い省である貴州省は現在、高品質な茶葉の生産地建設に取り組んでいる。公開されたデータによると、2018年末時点で、同省の茶畑の総面積は752万ムー(約50万ヘクタール)、うち生産を行っているのは561万ムー(約37万ヘクタール)で、昨年の茶葉生産量は36万2千トンに達している。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100431

  • 2019年03月25日
    高品質で安全·安心な茶葉生産地建設に取り組む貴州省

    3月25日、「老茶媽・鳳白茶公益貧困救済イベント」で証書を受け取った出席者。国際茶業委員会(ITC)のイアン・ギブス会長はこのほど、中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡(ほうこう)県で視察を行い、「欧州連合(EU)は厳しい茶葉の輸出基準を求めているが、中国貴州産の茶がこの基準をクリアしたのは偶然ではない」との感想を述べた。ギブス氏は、貴州の良好な生態環境に加えて、政府が茶園に対して厳格な管理基准を設けたため、優れた品質の茶葉が作られていると評価した。中国で茶の栽培面積が最も広い省である貴州省は現在、高品質な茶葉の生産地建設に取り組んでいる。公開されたデータによると、2018年末時点で、同省の茶畑の総面積は752万ムー(約50万ヘクタール)、うち生産を行っているのは561万ムー(約37万ヘクタール)で、昨年の茶葉生産量は36万2千トンに達している。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100454

  • 2019年04月02日
    環境に優しい発展理念を実践寧徳原子力発電所

    2日に撮影した寧徳原子力発電所と近くの茶畑。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所の茶畑が白茶の収穫の時期を迎え、同発電所でこのほど、茶摘み競技や職人による製茶講座、原発に関する知識の紹介など「和茶の魅力の旅」と題するイベントが開かれた。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700312

  • 2019年04月02日
    環境に優しい発展理念を実践寧徳原子力発電所

    2日、寧徳原子力発電所の茶畑で茶摘み競技に参加する女性。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所の茶畑が白茶の収穫の時期を迎え、同発電所でこのほど、茶摘み競技や職人による製茶講座、原発に関する知識の紹介など「和茶の魅力の旅」と題するイベントが開かれた。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700465

  • 2019年04月02日
    環境に優しい発展理念を実践寧徳原子力発電所

    2日、寧徳原子力発電所の茶畑で茶摘み競技に参加する女性たち。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所の茶畑が白茶の収穫の時期を迎え、同発電所でこのほど、茶摘み競技や職人による製茶講座、原発に関する知識の紹介など「和茶の魅力の旅」と題するイベントが開かれた。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700466

  • 2019年04月02日
    環境に優しい発展理念を実践寧徳原子力発電所

    2日、寧徳原子力発電所の茶畑で茶摘み競技に参加する女性たち。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所の茶畑が白茶の収穫の時期を迎え、同発電所でこのほど、茶摘み競技や職人による製茶講座、原発に関する知識の紹介など「和茶の魅力の旅」と題するイベントが開かれた。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700448

  • 2019年04月02日
    お茶で貧困脱却支援福建省·寧徳原子力発電所

    2日、寧徳原子力発電所の茶畑。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所は2日から3日にかけて、発電所や同所が貧困脱却に向け支援する村落で、発電所内で生産している白茶「和茶」をテーマに「和茶の魅力の旅」と題するイベントを開催した。インターネットで応募し招待されたネットユーザー20人余りが参加し、漢服や地元のショオ族の伝統的衣装に身を包み、2チームに分かれて茶摘み競技や朗読、お茶の品評、茶芸などのプログラムを通じて「和茶大使」の称号を争った。同発電所は建設当時、地元の特徴的な基幹産業を守るために約200ムー(約13・3ヘクタール)の茶畑を残し、地元住民を雇用することで住民と良好で和やかな関係を築いてきた。(深圳=新華社配信/中国広核集団提供)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:中国広核集団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223649

  • 2019年04月02日
    環境に優しい発展理念を実践寧徳原子力発電所

    2日、イベント参加者に原子力発電に関する知識を紹介する寧徳原子力発電所のスタッフ。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所の茶畑が白茶の収穫の時期を迎え、同発電所でこのほど、茶摘み競技や職人による製茶講座、原発に関する知識の紹介など「和茶の魅力の旅」と題するイベントが開かれた。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700475

  • 2019年04月02日
    環境に優しい発展理念を実践寧徳原子力発電所

    2日、ショオ族の衣装を着て記念撮影に応じる茶摘み競技に参加した女性。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所の茶畑が白茶の収穫の時期を迎え、同発電所でこのほど、茶摘み競技や職人による製茶講座、原発に関する知識の紹介など「和茶の魅力の旅」と題するイベントが開かれた。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700436

  • 2019年04月02日
    環境に優しい発展理念を実践寧徳原子力発電所

    2日、漢服を着て記念撮影に応じる茶摘み競技に参加した女性たち。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所の茶畑が白茶の収穫の時期を迎え、同発電所でこのほど、茶摘み競技や職人による製茶講座、原発に関する知識の紹介など「和茶の魅力の旅」と題するイベントが開かれた。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700441

  • 2019年04月02日
    お茶で貧困脱却支援福建省·寧徳原子力発電所

    2日、寧徳原子力発電所の茶畑で漢服を着て茶を摘むイベント参加者。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所は2日から3日にかけて、発電所や同所が貧困脱却に向け支援する村落で、発電所内で生産している白茶「和茶」をテーマに「和茶の魅力の旅」と題するイベントを開催した。インターネットで応募し招待されたネットユーザー20人余りが参加し、漢服や地元のショオ族の伝統的衣装に身を包み、2チームに分かれて茶摘み競技や朗読、お茶の品評、茶芸などのプログラムを通じて「和茶大使」の称号を争った。同発電所は建設当時、地元の特徴的な基幹産業を守るために約200ムー(約13・3ヘクタール)の茶畑を残し、地元住民を雇用することで住民と良好で和やかな関係を築いてきた。(深圳=新華社配信/中国広核集団提供)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:中国広核集団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223638

  • 2019年04月02日
    環境に優しい発展理念を実践寧徳原子力発電所

    2日、寧徳原子力発電所の茶畑で茶摘み競技に参加する女性。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所の茶畑が白茶の収穫の時期を迎え、同発電所でこのほど、茶摘み競技や職人による製茶講座、原発に関する知識の紹介など「和茶の魅力の旅」と題するイベントが開かれた。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700331

  • 2019年04月02日
    環境に優しい発展理念を実践寧徳原子力発電所

    2日に撮影した寧徳原子力発電所の茶畑。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所の茶畑が白茶の収穫の時期を迎え、同発電所でこのほど、茶摘み競技や職人による製茶講座、原発に関する知識の紹介など「和茶の魅力の旅」と題するイベントが開かれた。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700438

  • 2019年04月02日
    環境に優しい発展理念を実践寧徳原子力発電所

    2日、寧徳原子力発電所の茶畑で茶摘み競技に参加する女性たち。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所の茶畑が白茶の収穫の時期を迎え、同発電所でこのほど、茶摘み競技や職人による製茶講座、原発に関する知識の紹介など「和茶の魅力の旅」と題するイベントが開かれた。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700383

  • 2019年04月02日
    お茶で貧困脱却支援福建省·寧徳原子力発電所

    2日、お茶の製造を体験するイベント参加者。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所は2日から3日にかけて、発電所や同所が貧困脱却に向け支援する村落で、発電所内で生産している白茶「和茶」をテーマに「和茶の魅力の旅」と題するイベントを開催した。インターネットで応募し招待されたネットユーザー20人余りが参加し、漢服や地元のショオ族の伝統的衣装に身を包み、2チームに分かれて茶摘み競技や朗読、お茶の品評、茶芸などのプログラムを通じて「和茶大使」の称号を争った。同発電所は建設当時、地元の特徴的な基幹産業を守るために約200ムー(約13・3ヘクタール)の茶畑を残し、地元住民を雇用することで住民と良好で和やかな関係を築いてきた。(深圳=新華社配信/中国広核集団提供)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:中国広核集団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223655

  • 2019年04月02日
    環境に優しい発展理念を実践寧徳原子力発電所

    2日、寧徳原子力発電所の茶畑で茶摘み競技に参加する女性たち。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所の茶畑が白茶の収穫の時期を迎え、同発電所でこのほど、茶摘み競技や職人による製茶講座、原発に関する知識の紹介など「和茶の魅力の旅」と題するイベントが開かれた。(寧徳=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700332

  • 2019年04月03日
    お茶で貧困脱却支援福建省·寧徳原子力発電所

    3日、寧徳原子力発電所の茶畑で行われた茶摘み競技の結果発表を待つイベント参加者。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所は2日から3日にかけて、発電所や同所が貧困脱却に向け支援する村落で、発電所内で生産している白茶「和茶」をテーマに「和茶の魅力の旅」と題するイベントを開催した。インターネットで応募し招待されたネットユーザー20人余りが参加し、漢服や地元のショオ族の伝統的衣装に身を包み、2チームに分かれて茶摘み競技や朗読、お茶の品評、茶芸などのプログラムを通じて「和茶大使」の称号を争った。同発電所は建設当時、地元の特徴的な基幹産業を守るために約200ムー(約13・3ヘクタール)の茶畑を残し、地元住民を雇用することで住民と良好で和やかな関係を築いてきた。(深圳=新華社配信/中国広核集団提供)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:中国広核集団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223629

  • 2019年04月03日
    お茶で貧困脱却支援福建省·寧徳原子力発電所

    3日、寧徳原子力発電所で行われたイベントで披露された書道作品。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所は2日から3日にかけて、発電所や同所が貧困脱却に向け支援する村落で、発電所内で生産している白茶「和茶」をテーマに「和茶の魅力の旅」と題するイベントを開催した。インターネットで応募し招待されたネットユーザー20人余りが参加し、漢服や地元のショオ族の伝統的衣装に身を包み、2チームに分かれて茶摘み競技や朗読、お茶の品評、茶芸などのプログラムを通じて「和茶大使」の称号を争った。同発電所は建設当時、地元の特徴的な基幹産業を守るために約200ムー(約13・3ヘクタール)の茶畑を残し、地元住民を雇用することで住民と良好で和やかな関係を築いてきた。(深圳=新華社配信/中国広核集団提供)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:中国広核集団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223624

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、闘茶イベントの一般審査で、観光客や茶業関係者のためにお茶を入れる参加企業の国之白茶(福建)有限公司の代表(右端)。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100750

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、茶摘みを終え、福鼎市太姥山鎮の方家山村にある茶畑を後にするショオ族の茶摘み娘たち。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100898

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「第1回閩東ショオ族喊山祭茶式典」で、祭壇に線香をあげる福鼎市太姥山鎮方家山村の村民。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100857

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、会場で茶の香りや味などを審査する専門家。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100812

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、闘茶イベントの一般審査で、観光客や茶業関係者のためにお茶を入れる参加企業の代表。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100859

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「第1回閩東シェ族喊山祭茶式典」で、「祭文」を読み上げる同式典の主祭、鍾金水(しょう・きんすい)さん。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100775

  • 01:05.73
    2019年04月06日
    「新華社」白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。同村の茶園面積は2300ムー(約153ヘクタール)余りで、同市の重要な白茶生産区の一つとなっている。ショオ族の人口は村全体の人口の52%以上、村全体で茶業に従事する人は90%を占めており、「白茶の故郷」と呼ばれている。(記者/林善伝)<映像内容>中国福建省福鼎市の闘茶イベント開催の様子、撮影日:2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223796

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、会場で茶の味などを審査する専門家。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100815

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、福鼎市太姥山鎮の方家山村にある茶畑で、民族衣装に身を包み、茶摘みをするショオ族の茶摘み娘たち。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100820

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、闘茶イベントの一般審査で、観光客や茶業関係者のためにお茶を入れる参加企業の代表。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100850

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「第1回閩東ショオ族喊山祭茶式典」で、民族楽器を吹きながら祈りをささげる祭官。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100819

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、出品された茶葉の審査を行う専門家。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100830

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日に撮影した「閩東ショオ族喊山祭茶式典」の様子。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100851

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日に撮影した「閩東ショオ族喊山祭茶式典」の様子。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100759

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、太姥山鎮方家山村のショオ族「三月三闘茶大会」会場で、イベントに参加し白茶を味わう茶業関係者。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100770

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「第1回閩東シェ族喊山祭茶式典」で、茶農家を率いて「茶摘みの開始」を声高らかに宣言する同式典の主祭、鍾金水(しょう・きんすい)さん。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100773

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、祭壇に線香をあげ、福建省に伝わる最古の女神「太姥娘娘(タイボニャンニャン)」を拝む「第1回閩東シェオ族喊山祭茶式典」の主祭、鍾金水(しょう・きんすい)さん。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100876

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、大会に出品された茶葉を密封する審査員。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100895

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「第1回閩東シェオ族喊山祭茶式典」で、民族衣装に身を包み、茶摘みの歌を披露するショオ族の茶摘み娘たち。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100860

  • 1
  • 2
  • 3