KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 白鹿鎮
  • 白鹿洞書院
  • 令和
  • 発掘調査
  • 記者
  • 確認
  • 遺跡
  • うし
  • おおよそ
  • 位置

「白鹿」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
46
( 1 46 件を表示)
  • 1
46
( 1 46 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1998年02月24日
    姿を見せた白鹿たち ハンセン病患者の心支える

    )、企画71、3月4日付朝刊以降使用  病院近くに姿を現した白鹿の家族。親類縁者との交流が少ない患者たちにとっては、鹿との出会いが心の慰めになっている=韓国全羅南道・小鹿島(撮影・宋慶碩)

    商品コード: 1998022400052

  • 2018年05月18日
    西安市郊外で前漢初期の古墓群見つかる陝西省

    西安市東郊外の白鹿原前漢初期古墓群27号墓から出土した銅鋗(どうけん)と銘。(2018年5月18日撮影、組み合わせ写真)中国陝西省の西安市文物保護考古研究院は、同市東郊外の白鹿原でこのほど、前漢初期の古墓群を発見したと明らかにした。器物500点(組)余りと遺体を覆っていた玉衣の散片2千枚余りが出土した。発掘調査は同市灞橋(はきょう)区栗家村西部で2018年3月から19年5月にかけて実施され、墓葬27基を発見した。(西安=新華社配信)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700572

  • 2018年11月02日
    西安市郊外で前漢初期の古墓群見つかる陝西省

    西安市東郊外の白鹿原前漢初期古墓群の発掘現場。(2018年11月2日撮影)中国陝西省の西安市文物保護考古研究院は、同市東郊外の白鹿原でこのほど、前漢初期の古墓群を発見したと明らかにした。器物500点(組)余りと遺体を覆っていた玉衣の散片2千枚余りが出土した。発掘調査は同市灞橋(はきょう)区栗家村西部で2018年3月から19年5月にかけて実施され、墓葬27基を発見した。(西安=新華社配信)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700551

  • 2018年11月02日
    西安市郊外で前漢初期の古墓群見つかる陝西省

    西安市東郊外の白鹿原前漢初期古墓群の発掘現場。(2018年11月2日撮影)中国陝西省の西安市文物保護考古研究院は、同市東郊外の白鹿原でこのほど、前漢初期の古墓群を発見したと明らかにした。器物500点(組)余りと遺体を覆っていた玉衣の散片2千枚余りが出土した。発掘調査は同市灞橋(はきょう)区栗家村西部で2018年3月から19年5月にかけて実施され、墓葬27基を発見した。(西安=新華社配信)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700802

  • 00:39.46
    2018年11月04日
    「新華社」香港各紙、著名作家金庸氏に哀悼の意

    中国香港の著名作家、金庸(きん・よう)氏(本名査良鏞=さ・りょうよう)が10月30日、香港で死去した。香港の新聞界は一様に哀悼の意を表明した。各紙は翌31日の一面でこれを報じ、その死を悼むとともに、武侠小説の一時代を築いた功績を称えた。「大公報」は「金庸氏、笑顔でこの世に別れ侠気永遠に(金庸笑別江湖、侠気長存)」と題する記事を掲載。同氏の死去に接した華人社会の反応を報じた。また、武侠小説の巨匠としてだけでなく、1985年に香港特別行政区基本法の起草にも携わったことを取り上げた。「文匯報(ぶんわいほう)」は一面で金庸氏の生涯や作品を紹介。「『飛雪連天射白鹿、笑書神侠倚碧鴛』(同氏作品のタイトルの1文字目を順番に並べ対句にしたもの)の武侠精神は永遠に残るだろう」と評した。金庸氏が1950年代に創刊した「明報」は、一面で1959年5月20日の発刊あいさつ文を再掲載し、当時35歳だった同氏が創刊時に定めた「公正、善良、活発、美麗」という経営方針を振り返った。中国語紙だけでなく、英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」も一面で訃報を掲載し、哀悼の意を示した。<映像内容>著名作家金庸氏の訃報に香港新聞界が一様に哀悼の意、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110515957

  • 04:14.68
    2018年12月27日
    「新華社」迫力の雪上オートバイレース内モンゴル·フルンボイル

    「2018フルンボイル(ハイラル)冬季英雄会」の主要レース、全国雪上オートバイ・オフロード・チャレンジ・レースが25日、閉幕した。今回のレースは、中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の蒼狼白鹿ウィンター・スポーツ基地で開催された。選手たちの運転するオートバイが、果てしなく広がる起伏ある雪面を入り乱れて走り、白い「波しぶき」を巻き起こした。蒼狼白鹿チームの張靖波(ちょう・せいは)選手が2分03秒86の記録でプロAクラスの優勝を飾り、雲南省から出場した許健豪(きょ・けんごう)選手が2分06秒81でプロBクラスのチャンピオンとなった。女子クラスのチャンピオンは、広西チワン族自治区の若手・鐘盛珍(しょう・せいちん)選手で、タイムは2分21秒52だった。2018フルンボイル(ハイラル)冬季英雄会は、2019年3月まで開催。オフロード・レース以外にも、国際自動車連盟(FIA)のF4フォーミュラ車による雪上デモンストレーションや2019全国寒中水泳デー(ハイラル)・国際寒中水泳招待レースなどの競技活動が行われる。(記者/鄒倹朴、逹日罕、葉紫嫣、虞東昇)<映像内容>雪上オートバイレースの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400140

  • 2019年07月20日
    西安市郊外で前漢初期の古墓群見つかる陝西省

    西安市東郊外の白鹿原前漢初期古墓群1号墓の椁室(ひつぎを納めた部屋)。(2019年7月20日撮影)中国陝西省の西安市文物保護考古研究院は、同市東郊外の白鹿原でこのほど、前漢初期の古墓群を発見したと明らかにした。器物500点(組)余りと遺体を覆っていた玉衣の散片2千枚余りが出土した。発掘調査は同市灞橋(はきょう)区栗家村西部で2018年3月から19年5月にかけて実施され、墓葬27基を発見した。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700511

  • 2019年07月27日
    西安市郊外で前漢初期の古墓群見つかる陝西省

    西安市東郊外の白鹿原前漢初期古墓群1号墓の発掘現場。(2019年7月27日撮影)中国陝西省の西安市文物保護考古研究院は、同市東郊外の白鹿原でこのほど、前漢初期の古墓群を発見したと明らかにした。器物500点(組)余りと遺体を覆っていた玉衣の散片2千枚余りが出土した。発掘調査は同市灞橋(はきょう)区栗家村西部で2018年3月から19年5月にかけて実施され、墓葬27基を発見した。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700623

  • 2019年07月28日
    西安市郊外で前漢初期の古墓群見つかる陝西省

    西安市東郊外の白鹿原前漢初期古墓群1号墓の外蔵椁から出土した車馬器。(2019年7月28日撮影)中国陝西省の西安市文物保護考古研究院は、同市東郊外の白鹿原でこのほど、前漢初期の古墓群を発見したと明らかにした。器物500点(組)余りと遺体を覆っていた玉衣の散片2千枚余りが出土した。発掘調査は同市灞橋(はきょう)区栗家村西部で2018年3月から19年5月にかけて実施され、墓葬27基を発見した。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700624

  • 2019年07月31日
    西安市郊外で前漢初期の古墓群見つかる陝西省

    西安市東郊外の白鹿原前漢初期古墓群2号墓の発掘現場。(2019年7月31日撮影)中国陝西省の西安市文物保護考古研究院は、同市東郊外の白鹿原でこのほど、前漢初期の古墓群を発見したと明らかにした。器物500点(組)余りと遺体を覆っていた玉衣の散片2千枚余りが出土した。発掘調査は同市灞橋(はきょう)区栗家村西部で2018年3月から19年5月にかけて実施され、墓葬27基を発見した。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700578

  • 2020年05月27日
    山奥の秘境に残る「古代の塩の都」寧廠古鎮重慶市

    27日、今も枯れずに湧き続ける寧廠古鎮の白鹿塩泉。中国重慶市巫渓(ふけい)県の山奥にある寧廠(ねいしょう)古鎮は、古くからの製塩地の一つで2千年以上の歴史を持つ。大規模な製塩業開発が行われた明確な記録は秦漢時代にさかのぼる。今でも往時の姿をとどめており、「吊脚楼」と呼ばれる高床式建築群や千年続いた製塩工房の遺跡が残る。中国の歴史文化名鎮にも登録されている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209716

  • 2020年09月17日
    中国四大書院「岳麓書院」湖南省長沙市

    17日、岳麓書院の講堂。中国湖南省長沙市岳麓区にある岳麓(がくろく)書院は、北宋の開宝九(976)年に設立された。「書院」は中国で近代以前の民間教育機関を指す。同書院は各地に残る書院の中で最も保存状態が良いとされ、河南省商丘市の応天府書院、河南省登封市の嵩陽書院、江西省廬山の白鹿洞書院と並び中国四大書院として知られる。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806920

  • 2020年09月17日
    中国四大書院「岳麓書院」湖南省長沙市

    17日、岳麓書院の講堂内部。中国湖南省長沙市岳麓区にある岳麓(がくろく)書院は、北宋の開宝九(976)年に設立された。「書院」は中国で近代以前の民間教育機関を指す。同書院は各地に残る書院の中で最も保存状態が良いとされ、河南省商丘市の応天府書院、河南省登封市の嵩陽書院、江西省廬山の白鹿洞書院と並び中国四大書院として知られる。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806919

  • 2020年09月17日
    中国四大書院「岳麓書院」湖南省長沙市

    17日、岳麓書院の大門。中国湖南省長沙市岳麓区にある岳麓(がくろく)書院は、北宋の開宝九(976)年に設立された。「書院」は中国で近代以前の民間教育機関を指す。同書院は各地に残る書院の中で最も保存状態が良いとされ、河南省商丘市の応天府書院、河南省登封市の嵩陽書院、江西省廬山の白鹿洞書院と並び中国四大書院として知られる。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807000

  • 2020年09月17日
    中国四大書院「岳麓書院」湖南省長沙市

    17日、空から見た岳麓書院の一角。(小型無人機から)中国湖南省長沙市岳麓区にある岳麓(がくろく)書院は、北宋の開宝九(976)年に設立された。「書院」は中国で近代以前の民間教育機関を指す。同書院は各地に残る書院の中で最も保存状態が良いとされ、河南省商丘市の応天府書院、河南省登封市の嵩陽書院、江西省廬山の白鹿洞書院と並び中国四大書院として知られる。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806762

  • 2020年09月17日
    中国四大書院「岳麓書院」湖南省長沙市

    17日、空から見た岳麓書院。(小型無人機から)中国湖南省長沙市岳麓区にある岳麓(がくろく)書院は、北宋の開宝九(976)年に設立された。「書院」は中国で近代以前の民間教育機関を指す。同書院は各地に残る書院の中で最も保存状態が良いとされ、河南省商丘市の応天府書院、河南省登封市の嵩陽書院、江西省廬山の白鹿洞書院と並び中国四大書院として知られる。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806703

  • 00:49.12
    2021年02月22日
    「新華社」中国四大書院の岳麓書院を訪ねて湖南省長沙市

    国湖南省長沙市岳麓区にある岳麓(がくろく)書院は、北宋の開宝九(976)年の設立。「書院」は中国で近代以前の民間教育機関を指す。同書院は各地に残る書院の中で最も保存状態が良いとされ、河南省商丘市の応天府書院、河南省登封市の嵩陽書院、江西省廬山の白鹿洞書院と並び中国四大書院として知られる。1980年代以降、岳麓書院は現代的書院への転換の道を歩んできた。今では伝統文化の継続と革新発展の成功事例となっている。(記者/姚羽) =配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022209822

  • 01:19.72
    2021年12月16日
    「新華社」陝西省で漢文帝の陵墓を発見従来の定説覆す

    中国陝西省の文化財部門は14日、同省西安市東郊の灞橋(はきょう)区江村で見つかった漢代の大型墓を、継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」とほぼ特定したと発表した。漢の文帝、劉恒(りゅう・こう、前202~前157年)は、高祖劉邦(りゅう・ほう)の四男で、漢帝国の成立後は代王に封じられたが、高祖の死後に政権を掌握した呂太后の一族が政変で一掃されると、重臣らに招かれ帝位に就いた。22年の治世は、賈誼(か・ぎ)や晁錯(ちょう・そ)らを重用し、年によって田租を免除するなど民力の休養に努めた。次の景帝と合わせた統治期間は「文景の治」と称えられている。陝西省考古研究院と西安市文物保護考古研究院は今世紀に入り、同市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などでも広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。江村大墓は封土(盛り土)がなく、墓葬形式は「亜」字型をしている。四方に台形の墓道が延び、墓室の開口部は地表から2・0~4・5メートルに位置する。南北の長さは74・5メートルで、東西は71・5メートル。底部は地表から27~30メートルの深さにある。江村大墓の周りでは、100基以上の外蔵坑と陪葬墓が確認された。考古学者らが江村大墓と薄太后南陵で2017年に開始した一部の外蔵坑の緊急発掘調査では、着衣陶俑や陶罐(とうかん)、銅帯鈎(たいこう)、弩機(どき、弩の発射装置)、鉄戟(てつげき)、車馬器などが大量に出土。印章2枚も見つかり、うち1枚は「中司空印」と判別できた。白鹿原西部の鳳凰嘴には、明清時代の祭祀碑が10基余りあり、ほかにも清の乾隆年間に陝西巡撫(じゅんぶ)を務めた畢沅(ひつ・げん)が銘文を記した石碑に「漢文帝霸陵」の文字があることから、古くから文帝陵墓の所在地とされてきた。考古学者は同エリアでも全面的かつ詳細な調査を実施したが、人工的な建築物や開削の跡は見つからなかったため、鳳凰嘴は自然に形成された黄土丘陵に過ぎず、いかなる墓葬も存在しないと判断した。今回の発掘作業を担当した陝西省 =配信日: 2021(令和3)年12月16...

    商品コード: 2021121606650

  • 2021年12月20日
    (4)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑内部。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008559

  • 2021年12月20日
    (13)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓と薄太后南陵の外蔵坑から出土した器物(一部)。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008876

  • 2021年12月20日
    (16)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓と薄太后南陵の外蔵坑から出土した彩色陶俑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008905

  • 2021年12月20日
    (15)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、薄太后南陵の外蔵坑から出土した金の装飾品。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008895

  • 2021年12月20日
    (1)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑の発掘現場。(小型無人機から)中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008462

  • 2021年12月20日
    (9)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑から出土した銅銭を調べる考古学スタッフ。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008641

  • 2021年12月20日
    (7)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑で出土した彩色陶俑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008619

  • 2021年12月20日
    (14)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓と薄太后南陵の外蔵坑から出土した器物(一部)。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008878

  • 2021年12月20日
    (2)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008460

  • 2021年12月20日
    (6)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑で出土した彩色陶俑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008600

  • 2021年12月20日
    (11)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑から出土した陶馬。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008793

  • 2021年12月20日
    (3)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008461

  • 2021年12月20日
    (12)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓と薄太后南陵の外蔵坑から出土した器物(一部)。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008865

  • 2021年12月20日
    (17)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑から出土した彩色陶俑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008925

  • 2021年12月20日
    (8)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓外蔵坑の出土品を整理する考古学スタッフ。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008651

  • 2021年12月20日
    (10)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑から出土した銅銭の重さを量る考古学スタッフ。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008671

  • 2021年12月20日
    (5)ベールを脱いだ漢文帝の覇陵陝西省西安市

    16日、江村大墓の外蔵坑。中国陝西省の文化財部門はこのほど、前漢の第5代皇帝、文帝の陵墓「覇陵」の位置と規模をほぼ特定したと発表した。周辺の外蔵坑と陪葬墓からは、金銀器や陶俑、銅の印章など貴重な文物が大量に出土した。覇陵はついにベールを脱いだ。今世紀に入り、考古学者は同省西安市東郊に広がる台地、白鹿原の西部地区で大規模な考古学調査を実施してきた。古くから覇陵の所在地と伝わる「鳳凰嘴(ほうおうし)」や竇(とう)皇后陵、生母薄太后の南陵などで広範囲な考古学調査を行い、覇陵陵区のおおよその範囲や重要遺跡の分布状況、墓葬形式などを確認した。「亞」字型の大型墓も新たに見つかり、所在地の江村にちなみ「江村大墓」と名付けられた。継続的調査と周辺の外蔵坑の緊急発掘調査により、江村大墓は文帝の覇陵とほぼ特定された。(西安=新華社記者/張博文)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008595

  • 2022年03月27日
    (1)山あいの名所で桜が満開四川省彭州市

    23日、四川省彭州市白鹿鎮の姚家溝で咲き誇る桜。中国四川省彭州市(成都市の管轄下にある県級市)白鹿鎮の桜の名所、姚家溝では毎年3~4月にさまざまな種類の桜7万本以上が咲き誇る。同地は2007年まで石炭採掘を基幹産業としていたが、近年は花見や鉱山跡地見学、アグリツーリズムなど新事業を展開し、地域の実情に合わせ、環境に配慮した文化観光産業を育成している。(成都=新華社配信/羅国楊)= 配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032802224

  • 2022年03月27日
    (3)山あいの名所で桜が満開四川省彭州市

    23日、四川省彭州市白鹿鎮の姚家溝で咲き誇る桜。中国四川省彭州市(成都市の管轄下にある県級市)白鹿鎮の桜の名所、姚家溝では毎年3~4月にさまざまな種類の桜7万本以上が咲き誇る。同地は2007年まで石炭採掘を基幹産業としていたが、近年は花見や鉱山跡地見学、アグリツーリズムなど新事業を展開し、地域の実情に合わせ、環境に配慮した文化観光産業を育成している。(成都=新華社配信/羅国楊)= 配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032802223

  • 2022年03月27日
    (5)山あいの名所で桜が満開四川省彭州市

    25日、四川省彭州市白鹿鎮の姚家溝で、漢民族の伝統衣装「漢服」をまとい花見を楽しむ観光客。中国四川省彭州市(成都市の管轄下にある県級市)白鹿鎮の桜の名所、姚家溝では毎年3~4月にさまざまな種類の桜7万本以上が咲き誇る。同地は2007年まで石炭採掘を基幹産業としていたが、近年は花見や鉱山跡地見学、アグリツーリズムなど新事業を展開し、地域の実情に合わせ、環境に配慮した文化観光産業を育成している。(成都=新華社配信/羅国楊)= 配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032802225

  • 2022年03月27日
    (4)山あいの名所で桜が満開四川省彭州市

    25日、四川省彭州市白鹿鎮の姚家溝で、漢民族の伝統衣装「漢服」をまとい花見を楽しむ観光客。中国四川省彭州市(成都市の管轄下にある県級市)白鹿鎮の桜の名所、姚家溝では毎年3~4月にさまざまな種類の桜7万本以上が咲き誇る。同地は2007年まで石炭採掘を基幹産業としていたが、近年は花見や鉱山跡地見学、アグリツーリズムなど新事業を展開し、地域の実情に合わせ、環境に配慮した文化観光産業を育成している。(成都=新華社配信/羅国楊)= 配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032802226

  • 2022年03月27日
    (2)山あいの名所で桜が満開四川省彭州市

    23日、四川省彭州市白鹿鎮の姚家溝を散策する観光客。中国四川省彭州市(成都市の管轄下にある県級市)白鹿鎮の桜の名所、姚家溝では毎年3~4月にさまざまな種類の桜7万本以上が咲き誇る。同地は2007年まで石炭採掘を基幹産業としていたが、近年は花見や鉱山跡地見学、アグリツーリズムなど新事業を展開し、地域の実情に合わせ、環境に配慮した文化観光産業を育成している。(成都=新華社配信/羅国楊)= 配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032802227

  • 2022年04月02日
    (3)崖に咲く希少種「距瓣尾囊草」四川省彭州市

    3月22日、葛仙山鎮花園村での崖に咲いた距瓣尾囊草。中国四川省彭州市葛仙山鎮の石灰岩の崖でこのほど、距瓣尾囊草(学名:UrophysarockiiUlbr.)約100株が開花した。距瓣尾囊草は双子葉植物綱バラ目に属する多年生草本で、2005年に中国の絶滅危惧種レッドリスト、2010年に国家1級保護植物リストに登録され、「植物界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。これまでに市内の葛仙山鎮と白鹿鎮では、距瓣尾囊草の5つの個体群が確認され、4千株以上に達している。(成都=新華社配信/羅国楊)= 配信日: 2022(令和4)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040208987

  • 2022年04月02日
    (1)崖に咲く希少種「距瓣尾囊草」四川省彭州市

    3月22日、葛仙山鎮花園村の崖に咲いた距瓣尾囊草。中国四川省彭州市葛仙山鎮の石灰岩の崖でこのほど、距瓣尾囊草(学名:UrophysarockiiUlbr.)約100株が開花した。距瓣尾囊草は双子葉植物綱バラ目に属する多年生草本で、2005年に中国の絶滅危惧種レッドリスト、2010年に国家1級保護植物リストに登録され、「植物界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。これまでに市内の葛仙山鎮と白鹿鎮で確認された距瓣尾囊草は、5種4千株以上に達している。(成都=新華社配信/羅国楊)= 配信日: 2022(令和4)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040208912

  • 2022年04月02日
    (2)崖に咲く希少種「距瓣尾囊草」四川省彭州市

    22日、葛仙山鎮花園村の崖に咲いた距瓣尾囊草。中国四川省彭州市葛仙山鎮の石灰岩の崖でこのほど、距瓣尾囊草(学名:UrophysarockiiUlbr.)約100株が開花した。距瓣尾囊草は双子葉植物綱バラ目に属する多年生草本で、2005年に中国の絶滅危惧種レッドリスト、2010年に国家1級保護植物リストに登録され、「植物界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。これまでに市内の葛仙山鎮と白鹿鎮で確認された距瓣尾囊草は、5種4千株以上に達している。(成都=新華社配信/羅国楊)= 配信日: 2022(令和4)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040208907

  • 2022年04月02日
    (4)崖に咲く希少種「距瓣尾囊草」四川省彭州市

    3月22日、葛仙山鎮花園村の崖に咲いた距瓣尾囊草。中国四川省彭州市葛仙山鎮の石灰岩の崖でこのほど、距瓣尾囊草(学名:UrophysarockiiUlbr.)約100株が開花した。距瓣尾囊草は双子葉植物綱バラ目に属する多年生草本で、2005年に中国の絶滅危惧種レッドリスト、2010年に国家1級保護植物リストに登録され、「植物界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。市内の葛仙山鎮と白鹿鎮では、これまでに巨弁尾嚢草の個体群が五つ確認されており、その数は4千株余りに上る。(成都=新華社配信/羅国楊)= 配信日: 2022(令和4)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040409784

  • 2022年04月02日
    (6)崖に咲く希少種「距瓣尾囊草」四川省彭州市

    3月22日、葛仙山鎮花園村の崖に咲いた距瓣尾囊草。中国四川省彭州市葛仙山鎮の石灰岩の崖でこのほど、距瓣尾囊草(学名:UrophysarockiiUlbr.)約100株が開花した。距瓣尾囊草は双子葉植物綱バラ目に属する多年生草本で、2005年に中国の絶滅危惧種レッドリスト、2010年に国家1級保護植物リストに登録され、「植物界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。市内の葛仙山鎮と白鹿鎮では、これまでに巨弁尾嚢草の個体群が五つ確認されており、その数は4千株余りに上る。(成都=新華社配信/羅国楊)= 配信日: 2022(令和4)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040409807

  • 2022年04月02日
    (5)崖に咲く希少種「距瓣尾囊草」四川省彭州市

    3月22日、葛仙山鎮花園村の崖に咲いた距瓣尾囊草。中国四川省彭州市葛仙山鎮の石灰岩の崖でこのほど、距瓣尾囊草(学名:UrophysarockiiUlbr.)約100株が開花した。距瓣尾囊草は双子葉植物綱バラ目に属する多年生草本で、2005年に中国の絶滅危惧種レッドリスト、2010年に国家1級保護植物リストに登録され、「植物界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。市内の葛仙山鎮と白鹿鎮では、これまでに巨弁尾嚢草の個体群が五つ確認されており、その数は4千株余りに上る。(成都=新華社配信/羅国楊)= 配信日: 2022(令和4)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040409849

  • 1