KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 皇室会議
  • 皇室典範
  • 皇室制度
  • 皇室寺院
  • 北魏皇室
  • 唐代皇室
  • 宮廷皇室
  • インタナシヨナル
  • 昭和天皇
  • 天皇陛下

「皇室」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
145
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
145
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:39.80
    2020年12月30日
    「新華社」武当山で明代大改修の背景示す新たな石刻見つかる湖北省

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山で20日、自然景観調査隊が、明代に行われた道教寺院群の大規模修復の背景を示す新たな摩崖(まがい)石刻を発見した。同山は道教の聖地と知られ、世界遺産にも登録されている。調査隊は、五竜宮の周辺で「三十六岩」と呼ばれる奇岩を捜索していた際、山奥にある採石場跡で偶然、摩崖石刻を見つけた。岩には「武昌左」「武」「山」の文字が刻まれており、明の朝廷が地域の兵士や民間人を集めて武当山の大規模修復を実施したとする古い地理誌の記載、中でも明代軍事制度の根幹をなす「衛所」の軍隊が「皇室工兵部隊」として派遣されていたことを裏付ける証拠となった。採石場跡は五竜宮周辺の岩の上にある。これまでに確認された面積は約千平方メートルで、採石の跡がはっきりと残っている。「武昌左」の3文字は、いずれもこぶし大の大きさで、湖北省文物考古研究所武当山考古研究センターの康予虎(こう・よこ)考古隊隊長は、状況から見て文字を刻んだのは当時の採石職人だろうとの見方を示す。文献には、明の永楽帝が武当山の大改修を行った際、兵士や民間人を30万人集めたとの記載があることから、「武昌左」は当時の衛所の一つ「武昌左衛」を指すと考えられる。同調査隊は2017年11月にも、「武当山七星樹」の向かい側の密林にある採石場跡の巨岩の上で、「永楽十年軍夫二十七万」「武昌右」「武昌前」「常」「岳」など、修復工事に兵士が参加したことを示す文字を見つけている。(記者/李偉) =配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.73
    2020年12月29日
    「新華社」レンコン栽培で農家の増収を支援河北省隆尭県

    中国河北省邢台(けいだい)市隆尭(りゅうぎょう)県沢畔村では元旦が近づき、レンコンの販売がピークを迎えており、農家は新鮮なレンコンの収穫に追われている。同村のレンコン栽培には600年以上の歴史がある。清朝嘉慶年間に皇室への献上品になったため、「貢藕」として知られるようになった。2011年には国家農産品地理標示認証を取得している。同県は近年、「貢藕」の知名度を生かし、沢畔村を中心に、池ではなく畑でのレンコン栽培を発展させると共に、「貢藕」文化を深く発掘し、販売市場を開拓することで、レンコン農家に毎年300万元(1元=約16円)余りの収益をもたらしている。(記者/駱学峰) =配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.87
    2020年11月20日
    空撮 ウワナベ古墳は全長12位 陵墓参考地の同時調査

    宮内庁、奈良県、奈良市が同時調査していた陵墓参考地「ウワナベ古墳」(奈良市、前方後円墳)の全長は、想定されていた全長255メートルよりも長い270~280メートルで全国12位の規模と分かり、県と市が20日発表した。また宮内庁も同日、葺石やひれ付き円筒埴輪などが出土したと発表した。ウワナベ古墳は、奈良市の佐紀古墳群の東端にある5世紀の前方後円墳で、宮内庁は皇族の墓の可能性があるとして陵墓参考地にしている。仁徳天皇の皇后だった八田皇女を被葬者とする見方もある。<映像内容>ウワナベ古墳の空撮、撮影日:2020(令和2)年11月20日、撮影場所:奈良県奈良市

    撮影: 2020(令和2)年11月20日

  • 00:49.08
    2020年11月04日
    「新華社」1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡はフフホト市街地の北方に位置する大青山の蜈蚣壩(ごしょうは)頂上にある。分布範囲は約1万平方メートル。遺跡の存在は1980年代に確認されていたが、正式な発掘が始まったのは2019年からで、これまでに遺跡の形状や構造、性質が明らかになっている。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。同研究所の張文平(ちょう・ぶんぺい)副所長は、北魏の皇室が天を祭ったことは歴史書に多くの記載があるが、今回の発掘が行われるまでその場所を特定することができなかったと説明。遺跡が使用された時期については、出土品の年代鑑定から430~490年の間ではないかとの見方を示した。専門家は今回発掘された遺跡について、中原王朝の祭祀・礼法と北方遊牧民族の伝統的な祭祀方式が結合したものだと指摘。年代的に隋唐時代の西安の圜丘や明清時代の北京の天壇より早いことから、中国の皇室祭天儀式の歴史や北魏の祭天儀礼制度を研究する上で貴重な実物証拠になるとの考えを示した。(記者/張晟)<映像内容>皇帝祭天遺跡の発掘現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 06:20.46
    2020年10月21日
    Thai PM says may lift emergency decree as rival rallies rock nation

    After a day of anti-government and rival royalist protests across Thailand, thousands of angry democracy activists march on Government House in Bangkok, defying an emergency decree imposed last week banning gatherings of more than four people. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年10月21日、撮影場所:タイ・バンコク、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 02:41.56
    2020年10月17日
    中曽根氏合同葬でお別れ 菅首相「平和に貢献」

    戦後第5位の長期政権を担い、昨年11月29日に死去した故中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬が17日、東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪で営まれた。葬儀委員長の菅義偉首相は追悼の辞で「必要な改革を実行し、国際社会の平和と繁栄に貢献した」とたたえた。<映像内容>葬儀雑観、葬儀委員長の菅義偉首相の弔辞、友人代表の読売新聞グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆の弔辞を代読する読売新聞東京本社の山口寿一社長、秋篠宮ご夫妻や秋篠宮家の長女眞子さまと次女佳子さまら皇族の供花、安倍晋三前首相、森喜朗元首相、小泉純一郎元首相ら歴代首相の献花など雑観、撮影日:2020(令和2)年10月17日、撮影場所:

  • 02:06.38
    2020年08月11日
    「新華社」杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。今回の展示品は、同博物館のシルク修復師らが8年かけて修復したものだという。中でも慈禧太后の遺体を覆っていた錦の織物「織金陀羅尼経被(しききんだらにきょうひ)」は長さ290センチ、幅275センチで、制作に当時の通貨で銀16万両を費やした。また、同太后が埋葬時に身に着けていた装束の一つ「黄江綢繍五彩五蝠平金仏字女竜袍(こうこうちゅうしゅうごさいごふくへいきんぶつじじょりゅうほう)」には多くの「仏」の字が刺繍(ししゅう)されており、太后の信仰の厚さを示している。会期は11月8日まで。(記者/馮源、李濤)<映像内容>清王朝の女性皇族の装束などの展示、修復の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:41.50
    2020年08月04日
    「新華社」清王朝の輝き伝える金銀工芸河北省遵化市

    中国清朝の歴代皇帝陵墓群「清東陵」がある河北省遵化市馬蘭峪(ばらんよく)鎮は、清朝皇室の歴史・文化を色濃く残し、金銀器の生産・加工が発達している。300年余りの継承・発展を経て、現在では金銀器の開発・デザイン、生産・加工、販売、展示を集約した文化産業基地が形成されている。馬蘭峪の金銀工芸は、明清金銀器が持つ伝統的な作図や鋳型制作、彫刻などの工芸の神髄を継承しつつも、花糸や象眼など皇室ゆかりの工芸技法を絶えず充実させ、製品の外観に美しさと特徴を添えている。製品は置物、酒器、茶器、食器の4シリーズ260種類余りで構成されており、北京市や天津市、広東省、福建省などに幅広い市場を持つ。韓国やロシア、フランスなどへも輸出されており、地元の雇用をけん引する特色産業となっている。同鎮には現在、金銀器加工企業が80社余りあり、周辺農民3千人余りの雇用の受け皿となっている。(記者/王昆)<映像内容>金銀工芸の生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:31.05
    2020年07月29日
    「新華社」空から見た普寧寺景勝地河北省承徳市

    中国河北省承徳市にある普寧寺景勝地は、避暑山荘の東北側を流れる武烈河のほとりに位置し、敷地面積は5万7800平方メートル。皇室寺院群のうちの普寧寺と普佑寺から構成されており、それぞれ西暦1755年(乾隆20年)、1760年(乾隆25年)に建てられた。「普天之下安寧」(天下全てが安寧である)、「保佑天下衆生」(天下の人々を加護する)という意味から名が付けられた。(記者/駱学峰)<映像内容>普寧寺景勝地の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.97
    2020年07月25日
    「新華社」空から見た承徳のミニポタラ宮河北省

    中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(記者/駱学峰)<映像内容>ミニポタラ宮の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:19.20
    2020年07月23日
    「新華社」空から眺めた夏の避暑山荘河北省承徳市

    中国河北省承徳市にある避暑山荘は、清王朝の離宮で、皇帝は夏の間ここで政務を執った。造営が始まったのは1703(康煕42)年で、面積は564万平方メートル。避暑山荘と周囲の寺院群「外八廟(がいはちびょう)」は、世界に現存する皇室庭園・寺院建築群の中で最大規模を誇る。山荘は中国の地形を模して設計されており、北西部の山岳区、南東部の湖沼区、北部の平野区からなる形状は中国国土の縮図とされる。庭園内には亭、閣、軒、榭(しゃ)、廟など中国古典建築の景観が120カ所余りある。避暑山荘と外八廟は1994年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(記者/駱学峰)<映像内容>避暑山荘の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:29.11
    2020年06月18日
    「新華社」陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示

    中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館(同省西安市)と法門寺博物館(同宝鶏市)が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から、僖宗(きそう)皇帝が用いたとされる儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(てんらき)、篩茶器(しちゃき)、儲塩器(ちょえんき)、煮茶器(しゃちゃき)などの茶器1組7点を無料展示している。これら茶器は唐代の茶文化が到達した最高の境地を反映しており、唐代宮廷の茶道と喫茶習慣の歴史的証拠ともなる。また、茶器が法門寺から出土したことは、僖宗皇帝の仏教への深い帰依を示している。(記者/李一博)<映像内容>「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:37.92
    2020年05月17日
    「新華社」陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて

    唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(記者/李一博)<映像内容>陝西歴史博物館の外観、唐代壁画の展示、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:01.41
    2020年03月02日
    「新華社」春摘み茶の芳香広がる千島湖に浮かぶ「茶園の島」浙江省

    中国浙江省杭州市淳安県の千島湖に点在する「茶園の島」で2日、春茶の茶摘みが始まった。現地では地元の農業部門と茶葉の専門家、茶の電子商取引業者が、ライブ配信を通じて茶葉の新種紹介や「茶の旅」ルートの発表を行うことで、茶業の生産再開を後押しするイベントを実施した。同県は中国で古い歴史をもつ茶の産地の一つ。同省の主要な茶産地の一つで、初めて「国家級茶樹良種」に選ばれた竜井茶「鳩坑種」の原産地でもある。唐代にはすでに皇室献上品だった。県内の茶園の総面積は19万ムー(約1万2600ヘクタール)、茶業に従事する農家は8万余世帯にのぼるという。(記者/殷暁聖)<映像内容>茶園の風景、春茶の茶摘みの様子など、撮影日:2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:17.47
    2020年01月27日
    「新華社」中国文化を欧州発祥の巻き紙アートで表現安徽省

    細長い紙を専用の工具でくるくる巻いてパーツを作り、それらを指でつまんで貼り合わせ一つの作品に仕上げるペーパーアートの一種「ペーパークイリング」は、18世紀の英国で始まり、英王室や貴族の間で伝わってきた。その達人が、遠く離れた中国安徽省銅陵市にいる。同市の民間文芸家協会員、楊新華(よう・しんか)さんの手にかかると、中国の伝統的な民俗や文化を示すキクの花や竜、干支(えと)のねずみなども、本物そっくりな美しいビジュアルアート作品になる。(記者/劉美子)<映像内容>ペーパークイリングの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.60
    2020年01月19日
    「新華社」鼎盛皇室ランタン祭り開幕承徳市

    中国河北省承徳市で19日、第7回鼎盛皇家ランタン祭りが開幕した。同祭りは歴史的民俗と文化を継承し、冬の文化観光を革新することを主旨としている。同祭りは中国の伝統な風習の伝承を基にして、氷彫刻やランタン、民俗ショー、美食、ゲームなどの催しで新春の雰囲気を生み出している。祭りは2月8日まで開催され、期間中はさまざまなテーマイベントが行われる。(記者/駱学峰)<映像内容>第7回鼎盛皇家ランタン祭りの様子、撮影日:2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:40.43
    2019年12月25日
    「新華社」皇帝に関わる建造物か青島で秦漢時代の排水遺構が出土

    中国山東省青島市の琅琊台遺跡の考古発掘調査でこのほど、新たな進展がみられ、遺跡の山頂部分から2千年以上前の秦漢時代の大型版築(はんちく)土台や排水遺構、建物基礎が見つかった。広大な規模と緻密な建設技術は、同地に当時、格式の高い大型古代建築が存在していたことを示唆している。山東省文物考古研究院と青島市文物保護考古研究所の合同調査チームは10月末、国家文物局の許可を得て、琅琊台遺跡の発掘調査を正式に開始した。遺跡は西海岸新区琅琊鎮にあり、山頂部分の版築土台(大台)と海辺の版築土台(小台)の2カ所からなる。発掘調査は秦漢時代の琅琊文化の解明を主眼に実施された。頂上部の第1発掘地点では、3本の整った陶製配管が整然と並ぶ様子が見て取れた。配管は太く厚みがあり、両端の口径を変えることで連結できるようになっている。現代の排水管によく似ている。第1発掘地点からそれほど遠くない場所にある第2発掘地点では、秦漢時代の石造りの床に開けられた排水口が見つかった。くぼみを作るように敷かれた六つの大小異なる石の中心部の石に四角形の小さな穴が開けられている。穴の形状と精密な作りから室内排水用だと暫定的に判断された。秦漢時代の政治の中心は陝西省一帯であり、琅琊台は山東地域でも数少ない同時代の皇帝巡幸に関わる遺跡とされる。文献には秦の始皇帝や漢の皇帝が琅琊台に巡幸したと記されており、今回の発掘調査を見ても、この場所にかつて皇帝と直接関わりのある格式の高い皇室建造物が存在していた可能性は排除できない。果たしてどのような皇室建造物だったのか。考古学界の見解は現時点で一致していない。ある者はきらびやかな行宮だったといい、ある者は始皇帝が建てた祭祀台だったと推測する。琅琊台の発掘調査がさらに進展すれば、始皇帝が何故同地を3度も巡幸したかという千年の歴史の謎も明らかにされるかもしれない。(記者/李紫恒)<映像内容>琅琊台遺跡の考古発掘調査、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:38.36
    2019年12月24日
    「新華社」唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施された。太平公主は則天武后の寵愛を受け政治を補佐し、武后の死後は中宗と睿宗の復位、玄宗の擁立に関与するなど朝廷で権勢を振るった。後に玄宗と対立し、宮中で兵変を図るも機先を制され、その後死を賜った。薛紹は681年、太平公主が16歳(推定)の時に駙馬(皇女の夫)となったが、688年に皇族の反乱への関与を疑われ下獄され、翌年獄死した。17年後の706年に中宗皇帝により名誉を回復され、礼を以て改葬された。墓は空港新城底張街道岩村で見つかった。長安城遺跡から23キロ離れており、西北7・3キロには則天武后に仕えた才女・上官婉児(じょうかん・えんじ)の墓がある。同研究院の李明(り・みん)研究員によると、墓の全長は34・68メートルで深さは11・11メートル。封土と傾斜墓道、四つの天井(墓道と地上をつなぐ竪穴)と過道、六つの壁龕(へきがん、壁に掘られたくぼみ)、前後の甬道(ようどう、墓室をつなぐ通路)と墓室からなる。過去に2度盗掘に遭っているが、彩色陶俑を中心に120数点の遺物が出土した。墓室からは墓誌も見つかり、墓の主の家系や官職、死因などが記されていた。李氏は、今回の発見により新旧唐書に記載のない薛紹に関する事跡が明らかになったと指摘。墓誌や墓葬形式の研究を通じ、唐代の則天武后から玄宗初期にいたる政治文化の深層を概括することができると述べた。(記者/梁愛平)<映像内容>大型唐代墓葬の発掘調査、太平公主の夫の墓を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.01
    2019年12月04日
    令和初の献上リンゴ 出来上々/黒石で選果

    黒石市の青森県産業技術センターりんご研究所(福士好文所長)は4日、同研究所研修館で、皇室に献上する本年産リンゴの選果・箱詰め作業を行った。職員は令和初の献上リンゴを楽しんでもらおうと、丁寧に作業に当たった。<映像内容>献上リンゴを箱詰めする様子、撮影日:2019(令和元)年12月4日、撮影場所:黒石市の県産業技術センターりんご研究所研修館、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(令和元)年12月4日、黒石市の県産業技術センターりんご研究所研修館

  • 00:50.88
    2019年12月03日
    「新華社」南京博物院の秘蔵品を紹介-山子鳥音水法鐘

    中国江蘇省の南京博物院が所蔵する「山子鳥水法鐘(さんしちょうすいほうしょう)」は、大自然の景観を模して作られた時計。台座に山岩や梅の木を配し、岩の前の湖には白いアヒルが泳いでいる。岩に嵌めこまれた時計は、時を刻むだけでなく時報も鳴らす。清の時代、訪中した宣教師が西洋時計を皇室へ献上するようになると、その影響を受けた清政府は「做鐘処」を設置。模造やオリジナルの機械時計を制作するようになった。(記者/劉宇軒)<映像内容>南京博物院所蔵の「山子鳥水法鐘」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:19.70
    2019年11月21日
    「新華社」北京の故宮にそっくり青海チベット高原の「小故宮」をゆく

    中国青海省海東市楽都(らくと)区にある有名なチベット仏教寺院「瞿曇寺(くどんじ)」は、中国西北地区では最も保存状態が良いとされる明代建築群で、1392年に建立された。かつて明王朝の皇室寺院であり、全体的な建物の配置や建築様式が北京の故宮博物院に似ていることから、青海チベット高原の「小故宮」と称されている。同寺院は建築面積1万平方メートル。建物は金剛殿、瞿曇寺殿、宏光殿、隆国殿、鼓楼、鐘楼などで構成されている。600年以上前に建てられたものだが保存状態はよく、色あせた壁や瓦が素朴な上品さを感じさせる。本堂両側の回廊壁には、1780平方メートル余りの明清代の壁画が残っており、壁画研究家の間で「先に敦煌あり、後に瞿曇あり」と言われているという。(記者/趙玉和)<映像内容>チベット仏教寺院「瞿曇寺」の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.18
    2019年11月15日
    「新華社」南京博物院の秘蔵品を紹介-青銅編鐘

    中国江蘇省の南京博物院が所蔵する前漢編鐘(へんしょう)は、同省淮安市盱眙(くい)県の大雲山1号墓から出土した。同墓は前漢の皇族で景帝の子、江都易王・劉非(りゅう・ひ)の墓とされる。出土した編鐘19点のうち、5点は上部に棒状の柄がある「甬鐘(ようしょう)」、14点は上部にコの字型の吊り輪がある「鈕鐘(ちゅうしょう)」と呼ばれる。架台の上下二段に吊り下げられており、鈕鐘は上段、甬鐘は下段にそれぞれ大きさの順に並べられている。編鐘は、中国古代楽器の中でも国家の重要行事で用いられ、音階の異なる石板を並べた打楽器、編磬(へんけい)とセットで「金石の楽」「廟堂の楽」と呼ばれた。為政者専用の楽器として階級と権力の象徴とされ、皇帝や諸侯が儀式を行う場合のみ使用された。(記者/劉宇軒)<映像内容>南京博物院が所蔵する前漢編鐘、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.36
    2019年09月12日
    「新華社」中国竜文化特別展が開幕150点以上の貴重な文化財を公開

    中国竜文化特別展が12日、江蘇省の常州博物館で正式に開幕した。新石器時代から明、清代に至るまでの「竜」を題材とした青銅器、玉細工、磁器、陶器、書画など多種多様な文化財が、全国各地から150点余り集められた。同博物館の林健(りん・けん)館長は、今回の特別展には国内約20カ所の博物館や研究所が所蔵する150点余りの文化財が出品され、中国で開かれる竜関連の文化財の展示としては、ここ数十年で最大規模、最高ランクの大型展の一つだと紹介した。会期は11月10日までとなっている。展示品の種類は豊富で、竜をかたどった中国新石器時代初期の玉器である天津博物館所蔵の「玉猪竜」や、良渚(りょうしょ)文化の様式が表れた浙江省文物考古研究所所蔵の「玉竜首紋管」、徐州博物館所蔵の「双区竜紋青玉璧」、蘇州博物館所蔵の「唐代大金竜」などが含まれている。南京博物院は今回、竜紋の磁器4点、竜袍(りゅうほう、竜の刺しゅうが施された皇帝の衣装)2着、玉器数点などの貴重な文化財を出展した。同博物院の職員、高潔(こう・けつ)さんは「出品した4点の磁器はいずれも清代の官窯製で、主に竜の文様が施されている。竜は清代でまた皇室の象徴だった」と説明した。(記者/何磊静)<映像内容>中国竜文化特別展の様子、玉細工や陶器など文化財の展示、撮影日:2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:49.78
    2019年08月01日
    「新華社」ブリュッセル王宮、夏の一般公開始まる

    ベルギー・ブリュッセルの中心部に位置する王宮が、年に一度の一般公開を迎えた。人々はベルギーで最も壮麗な宮殿へ足を踏み入れ、王室生活の秘密を探る。ブリュッセル公園に隣接する王宮は、国王が執務する場所で、公式行事や王室の式典に使用されている。バロック様式の王宮は荘厳な造りで堂々とした迫力を感じさせる。内部には多くの美しいクリスタルのシャンデリアや豪華で華麗な壁画が飾られている。見学ルートに沿って進むと、観光客はまるで19世紀にタイムスリップし、時空を超えた旅をしているような感覚に陥る。王宮は1965年以降、毎年夏に一般公開されている。休館日は毎週月曜日で、8月25日まで公開される。(記者/趙宇超)<映像内容>ベルギーのブリュッセル王宮一般公開の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.71
    2019年07月10日
    「新華社」サガリバナの香りに包まれた七里村を訪ねて海南省儋州市

    中国海南省北西部の儋州(だんしゅう)市中和鎮七里村では毎年5月から9月頃までサガリバナ(Barringtoniaracemosa(L.)Spreng)が満開となり、村人たちは毎晩、ほのかな花の香りに包まれながら眠りにつき、唐の時代に戻ったかのような夢を見る。陝西師範大学文学院の趙望秦(ちょう・ぼうしん)教授によると、サガリバナは唐代では貴族だけが観賞できた珍しい名花で、唐昌観、集賢院、翰林院などの宮殿のみで栽培されていた。唐代中後期、玄宗皇帝の娘である唐昌公主が栽培したサガリバナと崇敬寺のボタン、鶴林寺のツツジが三大「国花」と呼ばれ、中でもサガリバナが最も珍重されていたという。晩唐期と五代十国時代の戦乱により、長安のサガリバナの木は一株も残ることなく、中原(黄河の中下流域の平原地帯)から姿を消した。かつては皇族や貴族、高官のみが身近に観賞できたサガリバナを、今では海南省の七里村で目にすることができる。七里村は海南島北西部を流れる北門江の畔に位置し、1300年の歴史がある。村には中原からこの地に移って来た何、梁、呂、黎、金という苗字の人々が生活している。村は川に囲まれており、サガリバナはその川に沿って生え、多くが川床に根を張っていることから、村全体が「緑の壁」で包まれている。サガリバナは1万株を超え、約400ムー余り(約27ヘクタール)の広さで、約6キロにわたって分布している。最も大きなサガリバナは、高さが15メートルに達している。中国林業科学研究院熱帯林業研究所の研究員でマングローブの生態と栽培について研究している廖宝文(りょう・ほうぶん)氏によると、七里村一帯の野生のサガリバナの樹齢は恐らく700~800年で、分布面積は国内随一の広さがあり、海南省初の淡水湿地林として、島内で複製できない「生きた標本」だという。(記者/厳鈺景、劉詩豪)<映像内容>サガリバナの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.39
    2019年05月21日
    「新華社」珍しい植物が集まるベルギー王室の温室が一般公開

    ベルギー王室所有の温室がこのほど一般公開された。これは200年以上の歴史を持ち、多数の区画からなる敷地面積1・5ヘクタールの温室には世界各地の珍しい植物が集められている。中でも36本の梁と柱に支えられた「冬の庭」は見どころで、王冠の形状をしたドーム型の美しい外観も注目を集める。この温室はブリュッセル近郊のラーケン王宮内にあり、1874年にベルギー国王レオポルド2世の命により建設された。毎年春に3週間程度一般公開している。(記者/于躍)<映像内容>ベルギー王室所有の温室の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.01
    2019年05月14日
    空撮 仁徳天皇陵、世界遺産へ 登録勧告を受けた古墳群

    国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は13日、日本最大の前方後円墳「仁徳(にんとく)天皇陵古墳」(大山(だいせん)古墳、堺市)を含む大阪府南部の「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」を世界文化遺産に登録するよう勧告した。全49基の古墳が対象。文化庁が14日未明、発表した。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンで開かれるユネスコ世界遺産委員会で正式に決まる見通しで、天皇や皇族が葬られた「陵墓」が世界遺産になるのは初めて。令和に入り最初の世界遺産となる。<映像内容>百舌鳥エリアの仁徳天皇陵(濠が三重に巡っている方)と履中天皇陵古墳、2つの古墳とその周辺の古墳群などの様子(4月17日と5月14日に大阪府堺市にて撮影)、古市エリアの「応神(おうじん)天皇陵古墳」などの古墳群(5月14日に大阪府羽曳野市と藤井寺市にて撮影)撮影日:2019(令和元)年5月14日、撮影場所:大阪府 羽曳野市 藤井寺市 堺市

    撮影: 2019(令和元)年5月14日

  • 02:59.54
    2019年05月09日
    「AFP」New dad Prince Harry launches the 2020 Invictus Games countdown

    Britain‘s Prince Harry launches the countdown to the 2020 Invictus Games, the sports championship for wounded soldiers to be held in The Hague. During the ceremony, he received a special gift for his newborn son Archie: an Invictus Games romper suit. IMAGES AND SOUNDBITES.The Hague, Netherlands、撮影日:2019(令和元年)年5月9日、クレジット:AFP/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

  • 03:27.06
    2019年05月07日
    People gather at Windsor day after Royal baby‘s birth

    Tourists and royal fans watch the changing of the royal guard in Windsor, welcoming the birth of Harry and Meghan‘s son, while bets on the first name of the newborn continue. IMAGES of the changing of the guard and royal fans in Windsor AND SOUNDBITES of royal fans.Windsor, United Kingdom、撮影日:2019(令和元年)年5月7日、クレジット:AFP/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

  • 01:58.48
    2019年05月04日
    陛下「世界の平和願う」 令和最初の一般参賀

    天皇陛下の即位を祝う令和最初の一般参賀が4日、皇居・宮殿であり、陛下は「わが国が諸外国と手を携えて世界の平和を求めつつ、一層の発展を遂げることを心から願う」とあいさつされた。陛下は皇后さまや皇嗣秋篠宮ご夫妻、長女眞子さま、次女佳子さまら皇族と宮殿・長和殿のベランダに並び、東庭に集まった参賀者の祝意に手を振って応じた。一般参賀は午前10時に始まり、午後3時まで1時間おきに計6回を予定。皇居には朝から多くの人が詰め掛け、正門(二重橋)の開門前には約4万9千人が集まり、長蛇の列が東京駅まで続いた。<映像内容>一般参賀に集まった人たち、並ぶ天皇陛下と皇族方、手を振られる様子、陛下のあいさつなど、撮影日:2019(令和元)年5月4日、撮影場所:皇居 宮殿

    撮影: 2019(令和元)年5月4日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:25.70
    2019年04月27日
    空撮 悠仁さまの机近くに包丁 東京・お茶の水大付属中

    秋篠宮家の長男の悠仁さまが通われる東京都文京区のお茶の水女子大付属中で、悠仁さまの机付近に包丁2本が置かれていたことが27日、警視庁への取材で分かった。防犯カメラ画像に26日正午ごろ、不審な男が侵入する姿が写っていた。同庁は建造物侵入容疑などで男の行方を追っている。〈映像内容〉お茶の水女子大付属中の空撮、撮影日:2019(平成31)年4月27日、撮影場所:東京都文京区 御茶の水女子大付属中

    撮影: 2019(平成31)年4月27日

  • 03:20.10
    2019年04月02日
    「新華社」見頃を迎えた梨の花河南省孟津県

    中国唐代の詩人、岑参(しんしん)が「忽如一夜春風来、千樹万樹梨花開」(突然吹いた一晩の春風で、たくさんの木々の梨の花が開いたようだ)と詠んだように、河南省洛陽市孟津(もうしん)県会盟鎮では3月の終わりを迎え、1万ムー(約667ヘクタール)の梨の花が見頃を迎えている。花びらが丘や谷間を雪のように舞う見事な景色が、各地から訪れた大勢の観光客を魅了している。「孟津梨」には2千年以上栽培されてきた歴史があり、歴代の皇室への献上品にもなり、「洛陽金橘」と称されてきた。孟津県はここ数年、「孟津梨」を農家に収入増とゆとりをもたらす主導産業としており、20年余りの栽培と発展で栽培面積は1万ムーに達し、「梨の郷」として広く知られるようになっている。会盟鎮ではここ数年、花や季節行事が橋渡し役となり、地元で開催する「梨の花フェスティバル」を通して、観光、民俗、レジャー、体験を一体化した「梨花経済」を創出。梨栽培を観光産業チェーンに組み込み、観光で農業を振興し、住民を豊かにするという目標を達成している。(記者/張彩霞)<映像内容>見頃を迎えた梨の花の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:12.75
    2019年01月29日
    「新華社」北京の中心で幸福祈願景山公園で春節イベント

    春節(旧正月)を間近に控え、中国北京市の景山公園(けいざんこうえん)で「中軸線で幸福祈願紫禁城の頂で春を迎える」をテーマにした一連の文化イベントが行われている。観光客に宮廷皇室文化の独特な祝賀芸術の魅力を味わってもらうため、同公園では東、南、西のそれぞれの広場に「福禄の宮殿文化景観」「福寿の中軸主題景観」「福安の幸運迎春景観」を配置して北門の「福康の寿皇門」と呼応させ、迎春の雰囲気を盛り上げている。春節期間中に、景山公園ではまた「中軸線で幸福祈願紫禁城の頂で春を迎える」をテーマとする文化展も開催し、春節の民俗を代表する芸術作品を展示、春節の宮廷庭園を迎春のムードで盛り上げている。文化展では、国指定無形文化財の三大年画(春節に飾るおめでたい絵柄の版画)である天津市楊柳青(ようりゅうせい)鎮の年画、山東省濰坊(いほう)市楊家埠(ようかふ)村の年画、蘇州市桃花塢(とうかう)街道地区の年画を展示しているほかに、著名画家の馬海方(ま・かいほう)氏が北京のさまざまな景観を描いた「北京物語」シリーズの北京民俗画を展示し、中国伝統民俗文化の雅やかな美しさで来場者を魅了している。景山は北京市の中軸線で最も高い場所で、山頂の万春亭は北京市中心にある最も眺めの素晴らしい景勝地で、山頂に立って南北中軸線の美しい景観を心ゆくまで眺め、北京の全景を見渡すことができる。山の生命の気に満たされ、文化の園の香りを楽しむこともできる。春節期間中、観光客は頂に登り、新春に祈願をし、民俗芸術作品を鑑賞し、北京のさまざまな魅力を満喫できる。この景山公園の春節を祝うイベントは農暦(旧暦)1月15日となる2月19日まで開催される。(記者/龐元元、孟菁、陳旭)<映像内容>北京の景山公園で春節を祝うイベント開催の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.74
    2019年01月02日
    空撮と地上撮 平成最後の新年一般参賀 陛下「世界の幸せ祈る」

    平成最後の年が始まり、天皇陛下が新年に当たり、人々から祝賀を受ける在位中最後の一般参賀が2日、皇居で行われた。陛下は、皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら成年皇族と共に宮殿・長和殿に立ち「本年が少しでも多くの人々にとり良い年となるよう願っています。年頭に当たり、わが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」とあいさつされた。〈映像内容〉皇居で行われた平成最後の新年一般参賀の様子、雑観など、撮影日:2019(平成31)年1月2日、撮影場所:皇居

    撮影: 2019(平成31)年1月2日

  • 02:15.60
    2018年12月06日
    新政府専用機の内部公開 来年度導入へ訓練進む

    来年度に導入される新しい政府専用機で、皇室や首相の外国訪問の際、随行者が乗る客室など機内の一部が6日、報道向けに初公開された。新専用機はボーイング777―300ERで、今年8月から航空自衛隊千歳基地(北海道千歳市)で運用試験や乗務員の訓練を進めている。〈映像内容〉北海道千歳市の航空自衛隊千歳基地での新専用機の外観、内観、関係者による説明、雑観、撮影日:2018(平成30)年12月6日、撮影場所:北海道千歳市 航空自衛隊千歳基地

    撮影: 2018(平成30)年12月6日

  • 01:03.69
    2018年10月29日
    絢子さまと守谷さん結婚式 東宮御所を出発

    高円宮家の三女絢子さま(28)と日本郵船社員の守谷慧さん(32)との結婚式が29日午前、東京都渋谷区の明治神宮・神楽殿で執り行われる。皇族の結婚は2014年10月の高円宮家の次女千家典子さん(30)以来。午後に代理の宮内庁職員が港区役所に婚姻届を提出し、絢子さまは皇族の身分を離れられる。皇室の構成は男性5人、女性13人となる。〈映像内容〉明治神宮へ向かうため、東宮御所を出発する絢子さまが乗った車などの車列、撮影日:2018(平成30)年10月29日、撮影場所:東宮御所

    撮影: 2018(平成30)年10月29日

  • 00:50.25
    2018年10月12日
    空撮 皇居全景や宮内庁など 政府、式典委員会を設置

    政府は12日の閣議で、天皇陛下の退位と新天皇の即位に伴う一連の儀式の詳細を検討する「式典委員会」の設置を決定した。安倍晋三首相がトップを務め、円滑な皇位継承に向けた準備に万全を期す方針だ。平成の代替わりを踏襲し、皇室の伝統や憲法との整合性にも配慮しながら、式次第や参列者数といった各儀式の概要を順次作成する。〈映像内容〉皇居全景や宮内庁の空撮、撮影日:2018(平成30)年10月12日、撮影場所:皇居 宮内庁

    撮影: 2018(平成30)年10月12日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:16.91
    2018年09月02日
    「新華社」ブラジル国立博物館で出火大半の収蔵品が焼失か

    ブラジル・リオデジャネイロ北部にある、ブラジル国立博物館で2日夜、大規模な火災が発生した。火勢が強く、2千万点の収蔵品の大半が焼失した恐れがある。火災が発生したのは現地時間午後7時半(北京時間3日午前6時半、日本時間同7時半)ごろで、出火原因については現在、調査が行われている。出火当時、博物館は閉館しており、館内にいた4人の警備員はすぐに逃げ出し、死傷者はいなかった。現場では消防や軍、警察などが消火活動に当たっている他、多くの専門家も駆け付け、重要文化財があった場所について、消防隊員に指示している。博物館の広報事務局によると、火勢がとても強いため、収蔵品は全て焼失した恐れがあり、建物自体も倒壊の危険があるという。同博物館の3階建ての建物はかつて、ポルトガルとブラジル王室の官邸で、6月に開館200周年を祝ったばかりだった。テメル大統領は声明を発表し、国立博物館の収蔵品が焼失したことは、ブラジルにとって計り知れない損失であり、200年にわたる研究成果や知識が失われたと表明。帝国時代の王室が居住していた建築も被害を受け、国家の歴史が受けた損失はさらに計り知れないとし、「すべてのブラジル人にとって『悲劇的な日』だ」と嘆いた。(記者/張武岳、趙焱、陳威華)<映像内容>ブラジル国立博物館火災の様子、撮影日:2018(平成30)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:39.23
    2018年08月07日
    小室圭さん米国へ出発 3年、弁護士資格目指す

    秋篠宮家の長女眞子さま(26)との婚約が内定している小室圭さん(26)が7日夜、米ニューヨーク州にあるフォーダム大のロースクールで学ぶため、成田空港から現地に向けて出発した。3年間、法律を専門的に学び、将来は同州の弁護士資格取得を目指す。護衛の警察官数人に囲まれて空港の搭乗口に現れた小室さんは、報道陣から「頑張って」と励まされると、無言のまま何度も頭を下げて足早に機内に入った。〈映像内容〉SPに先導されて旅客機に乗り込む小室さん、出発する飛行機など、撮影日:2018(平成30)年8月7日、撮影場所:成田空港

    撮影: 2018(平成30)年8月7日

  • 04:27.73
    2018年07月22日
    政府専用機2機展示 北海道

    北海道の航空自衛隊千歳基地で航空祭があり、皇族や首相などが外国訪問の際に利用する政府専用機2機が22日、本年度中の引退を前に展示された。2機がそろって一般向けに展示されるのは初めて。〈映像内容〉北海道の航空自衛隊千歳基地での政府専用機2機の展示の様子、撮影日:2018(平成30)年7月22日、撮影場所:北海道 航空自衛隊千歳基地

    撮影: 2018(平成30)年7月22日

  • 02:29.54
    2018年06月24日
    陛下、旧正田邸を散策 ゆかりの植物観賞

    天皇、皇后両陛下は24日午後、皇后さまの実家だった東京都品川区の旧正田邸跡地を整備した公園「ねむの木の庭」を訪問された。両陛下は園内の植物を見て回り、皇后さまの名が入ったバラ「プリンセス・ミチコ」を鑑賞した。園内には、皇后さまが和歌で詠んだ「ハマギク」やお印の「シラカバ」など、ゆかりの植物が植えられている。両陛下は、懐かしむように園内を歩き、居合わせた人たちに手を振った。案内した公園の管理者によると、プリンセス・ミチコを見た皇后さまは「まだ咲いていますね」と笑顔を見せたという。 <映像内容>両陛下の到着、案内されながら園内を散策する様子、応対した濱野健品川区長の囲み取材など、撮影日:2018(平成30)年6月24日、撮影場所:東京都品川区

    撮影: 2018(平成30)年6月24日

  • 02:22.44
    2018年03月30日
    菅官房長官記者会見 来年10月22日に即位礼

    政府は30日午前、天皇陛下の退位や新天皇の即位に伴う儀式の在り方を検討する準備委員会の第3回会合を首相官邸で開き、各儀式の骨格を定めた基本方針を決定した。新天皇の即位の礼の中心儀式「即位礼正殿の儀」を2019年10月22日に国事行為として開催し、即位の礼後の最も重要な祭祀である「大嘗祭」を皇室行事にすることなどが柱。菅義偉官房長官は会合後に記者会見し「退位と即位がつつがなく行われるよう、儀式を総合的かつ計画的に準備する。内閣が一丸となって準備を進める」と述べた。〈映像内容〉菅官房長官の記者会見、撮影日:2018(平成30)年3月30日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2018(平成30)年3月30日

  • 01:53.24
    2018年02月07日
    菅官房長官会見 「静かに見守る」

    菅義偉官房長官は7日の記者会見で、秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの結婚延期について「政府としては今後を静かに見守りたい」と述べた。〈映像内容〉菅官房長官の記者会見の様子(眞子さま結婚延期、北朝鮮の万景峰の韓国到着について)、撮影日:2018(平成30)年2月7日、撮影場所:東京都千代田区・首相官邸

    撮影: 2018(平成30)年2月7日

  • 04:56.99
    2018年01月02日
    陛下「幸せを祈る」 新年参賀、眞子さま最後

    天皇陛下が新年に当たり、人々から祝賀を受ける恒例の一般参賀が2日、皇居で行われた。陛下は宮殿・長和殿のベランダに立ち「少しでも多くの人にとり、穏やかで心豊かな年となるよう願っております。わが国と世界の人々の幸せを祈ります」とあいさつされた。<映像内容>一般参賀の様子や、天皇陛下のあいさつ。広めの固定のカット(2回目、午前11時ごろ撮影)と、少し寄った固定のカット(3回目、午前11時50分ごろ撮影)。音声はカメラマイクになります。皇居で撮影。

  • 00:39.37
    2017年12月18日
    空撮 代替わり後、住まい交換へ 両陛下と皇太子ご一家

    宮内庁は18日、天皇陛下の退位後、天皇、皇后両陛下と皇太子ご一家が住まいを交換されると正式に発表した。両陛下が先に皇居・御所を離れ、改修工事の間、東京都港区の高輪皇族邸(旧高松宮邸)に仮住まいする。皇太子ご一家の住まいは現在、東宮御所と呼ばれているが、両陛下が上皇、上皇后となって移り住んだ後は、先例に倣い「仙洞御所」と呼ぶ。<映像内容> 天皇陛下が退位後にお住まいになる予定の高輪皇族邸(旧高松宮邸)の空撮。18日午後3時45分ごろ東京都港区で撮影。

  • 02:43.29
    2017年12月07日
    陛下退位日を閣議決定 菅官房長官の閣議後記者会見 皇居を出られる両陛下

    政府は8日の閣議で、天皇陛下の退位日を2019年4月30日と定める政令を決定した。翌5月1日に皇太子さまが即位し、改元される。新元号は来年半ばに公表する方針。天皇退位は1817年の光格天皇以来、約200年ぶりで、現憲法下では初めて。「昭和」を受け継いだ「平成」は31年で幕を閉じる。政令は今月13日に公布される予定だ。政府は、天皇代替わりまでの期間について、儀式の準備や予算確保、人材養成などを理由に「最低でも1年が必要」との首相の意見を記した皇室会議の議事概要も公表した。<映像内容>退位日の閣議決定などについて説明する菅官房長官の記者会見(撮影は8日午前10時20分ごろ、首相官邸で)、皇居を出られる両陛下と車列(同午前10時ごろ)。

  • 02:43.96
    2017年12月05日
    天皇退位日、閣議報告 菅官房長官 8日正式決定と表明

    菅義偉官房長官は5日午前の閣議で、天皇陛下の退位日を2019年4月30日と決めた皇室会議の内容について報告した。その後の記者会見で、次回8日の閣議で退位日を定める政令を正式決定すると表明した。併せて政府は、5日の官報に皇室会議の内容を掲載した。菅官房長官は陛下の退位と皇太子さまの即位について「国民生活への影響を考慮しながらしっかり対応する」と述べ、準備に万全を期す決意を示した。<映像内容>菅義偉官房長官の閣議後の記者会見の様子。

  • 03:39.85
    2017年12月01日
    陛下退位、2019年4月30日、5月1日に新天皇即位、改元

    天皇陛下の退位日決定の前提となる皇室会議が1日、宮内庁で開かれ、陛下の退位日を2019年4月30日と決めた。議長を務める安倍晋三首相が明らかにした。皇太子さまが翌5月1日に即位、改元する。政府は12月8日にも閣議でこの退位日を定める政令を正式決定する。「昭和」を受け継いだ「平成」は31年までで終わる。天皇陛下の退位は1817年の光格天皇以来、約200年ぶりで、現行憲法下では初めて。菅官房長官は会見で、陛下の退位日を決めた理由に関し、統一地方選の時期を避けたとした上で、29日の昭和の日と合わせ「わが国の営みを振り返り、決意を新たにすることができる」と述べた。<映像内容>菅義偉官房長官の会見。取材は1日午前11時50分ごろから正午すぎまで首相官邸で。

  • 04:20.19
    2017年11月27日
    「AP」英ヘンリー王子とメーガン・マークルさんのインタビュー

    Prince Harry and Meghan Markle talk about their engagement. London - 27 November, 2017. クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 01:32.62
    2017年11月22日
    皇室会議12月1日と発表 官房長官会見

    菅義偉官房長官は22日午前に記者会見し、天皇陛下の退位日決定の前提となる皇室会議を12月1日に開くと正式に発表した。政府内では陛下が2019年3月31日に退位し、皇太子さまが4月1日に新天皇として即位する案と陛下が4月30日退位し、5月1日に皇太子さまが新天皇として即位する2案が出ており、皇室会議の意見を踏まえて最終決定する。 <映像内容>首相官邸で行われた菅義偉官房長官の記者会見。22日午前9時ごろから撮影。

  • 03:17.49
    2017年07月05日
    眞子さま、小室さん婚約内定に 恩師が祝福

    秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(25)と、国際基督教大(ICU)の同級生で、法律事務所勤務の小室圭さん(25)の婚約が3日午前、天皇陛下が結婚を認める裁可をして内定。午後3時からは眞子さまが小室さんと共に初めて記者会見した。2人の恩師や友人らからは、婚約のニュースに祝福や喜びの声が寄せられた。<映像内容>学習院女子高等科で眞子さまのクラス担任だった坂口由美子さん(60)の記者会見。撮影は7月5日、東京都新宿区の学習院女子高等科で。

  • 01:45.70
    2016年11月14日
    政府・有識者会議 2回目の意見聴取

    政府は14日、天皇陛下の生前退位を巡る有識者会議(座長・今井敬経団連名誉会長)の第4回会合を首相官邸で開いた。皇室制度や歴史などの専門家を招く意見聴取の2回目で、ジャーナリストの桜井(さくらい)よしこ氏や石原信雄(いしはら・のぶお)・元官房副長官ら6人から退位の是非や、退位の恒久化の是非など8項目に関し、見解を個別に求めた。〈映像内容〉有識者会議の御厨貴座長代理(東大名誉教授)の東京都内の官邸で行われた記者会見。

  • 04:06.54
    2016年11月07日
    生前退位を巡る有識者会議 専門家から初の意見聴取 天皇陛下退位の是非巡り

    政府は7日、天皇陛下の生前退位を巡る有識者会議(座長・今井敬経団連名誉会長)の第3回会合を首相官邸で開き、会議メンバーとは別に、皇室制度などの専門家を呼んで初めての意見聴取をした。 <映像内容>座長代理の御厨貴・東大名誉教授による会合後の記者会見。

  • 03:05.08
    2016年10月27日
    三笠宮さまが逝去 菅官房長官が発表

    昭和天皇の末弟で天皇陛下の叔父に当たる三笠宮さまが27日午前8時34分、入院先の東京都中央区の病院で亡くなられた。名前は崇仁。明治以降の皇族では最長寿の100歳だった。菅義偉官房長官は記者会見で、三笠宮さまの逝去を発表。同日夕の天皇陛下の生前退位に関する有識者会議は予定通り開催すると述べた。<映像内容>三笠宮さまが逝去されたと発表する菅官房長官。

  • 07:33.65
    2016年10月17日
    生前退位へ有識者初会合 座長の今井氏ら会見

    政府は17日、天皇陛下の生前退位を巡る有識者会議の初会合を首相官邸で開いた。皇室典範に規定がない退位を実現するため、陛下一代限りの特別法の制定を軸に検討する構えで、年明けにも論点を整理し公表。退位が実現すれば約200年ぶり。<映像内容>有識者会議の初会合後に、首相官邸で記者会見する有識者会議の座長の今井敬(いまい・たかし)経団連名誉会長と、座長代理の御厨貴(みくりや・たかし)東大名誉教授の映像。

  • 00:55.38
    2016年07月14日
    穏やかな表情で帰京 両陛下が葉山御用邸出発

    天皇、皇后両陛下は14日午後4時半ごろ、静養先の神奈川県葉山町の葉山御用邸を穏やかな表情で出発した。〈映像内容〉神奈川県葉山町の葉山御用邸を出発した天皇、皇后両陛下の様子。

  • 01:52.77
    2016年07月02日
    空撮 宮内庁 鴨場の見学希望者募集

    宮内庁は今年9~11月と来年2~3月に、埼玉県と千葉県にそれぞれある「鴨場(かもば)」の見学会を実施することを決め、全国から参加者を募集している。これまでは地元の住民向けに行ってきたが、対象を限定せずに開催するのは初めてとなる。鴨場は毎年11月~翌年2月、皇族が接待役となって各国の外交団らを招き、日本伝統のカモ猟を披露する場所。〈映像内容〉千葉県市川市にある「新浜鴨場」の空撮映像。

  • 07:24.24
    2015年08月05日
    富山と千葉の女性が受章 ナイチンゲール記章授賞式

    看護活動への功績をたたえて赤十字国際委員会が贈るフローレンス・ナイチンゲール記章の授与式が5日、東京都内で開かれ、富山市と千葉県八千代市の女性がそれぞれ受章しました。授賞式には日本赤十字社名誉総裁を務める皇后さまも出席されました。〈映像内容〉会場雑観、キャンドルサービス、授章式、受章者に記章を着ける皇后さま、受章者答辞など、撮影日:2015(平成27)年8月5日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2015(平成27)年8月5日

  • 01:50.04
    2013年10月02日
    伊勢神宮内宮で遷御 20年に1度、遷宮最高潮

    20年に1度社殿を建て替え、奉納する宝物や装束なども新調して神様に引っ越してもらう伊勢神宮(三重県伊勢市)の式年遷宮は2日夜、8年間にわたって続けられてきた祭事や行事のクライマックスで、新しい正殿にご神体を移す「遷御の儀」が内宮で営まれた。<映像内容>内宮を参進する祭員、忌火屋殿前で祓い清められる様子など、、撮影日:2013(平成25)年10月2日、撮影場所:三重県伊勢市 伊勢神宮

    撮影: 2013(平成25)年10月2日

  • 01:56.41
    2007年01月04日
    安倍首相が伊勢神宮参拝 皇室典範改正で慎重対応

    安倍晋三首相は4日午後、三重県伊勢市の伊勢神宮を首相就任後初めて参拝した。参拝後、記者団に対し、皇位継承資格を男系男子に限定している皇室典範見直しに慎重に対応する考えをあらためて表明<映像内容>神職に先導され伊勢神宮内宮の参拝に向かう安倍首相と閣僚ら、参拝する安倍首相と閣僚ら、参拝後記者団のインタビューに応じる首相、撮影日:2007(平成19)年1月4日、撮影場所:三重県伊勢市宇治館町

    撮影: 2007(平成19)年1月4日

  • 02:38.15
    2006年10月22日
    「緑守る技術を次世代に」 皇太子さま育樹祭で

    第30回全国育樹祭が22日、広島県三原市の県立中央森林公園で開かれ、皇太子さまが出席された。式典には約3,000人が参加した。皇太子さまはあいさつで、森林の役割の重要性を強調した上で「森林の大切さを思うとき、緑を守り育て、そしてそれをはぐくんできた技術や文化を次の世代に引き継いでいくことは、私たちに課せられた重要な責務であると考えます」と述べた<映像内容>少年団の小学生らとともに会場に入る皇太子さま、国旗や県旗、参加団体の旗の入場、皇太子さまのあいさつ、鍬でお手入れし施肥する皇太子さま、撮影日:2006(平成18)年10月22日、撮影場所:広島県三原市

    撮影: 2006(平成18)年10月22日

  • 02:47.76
    2006年10月20日
    心を伝えることが大切 16年五輪招致でIOC会長

    来日中のジャック・ロゲ国際オリンピック委員会(IOC)会長は20日、東京都港区の共同通信本社を訪れ、東京都が招致を目指している2016年夏季五輪について「東京のほか、リオデジャネイロ、マドリード、米国西海岸の都市などが立候補するだろう。都市の質にさほど差はなく、招致の鍵はIOC委員にどれだけ心を伝えられるかだ」と述べた<映像内容>共同通信本社に到着するロゲ会長、ロビーに展示されている五輪や皇室に関連する写真を見る会長、竹田恆和JOC会長、共同通信社社長ほか五輪担当者らと懇談する様子、撮影日:2006(平成18)年10月20日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2006(平成18)年10月20日

  • 02:30.51
    2006年07月06日
    空撮 天皇陵の新たな在り方検討 「合葬」が中心テーマに

    宮内庁が、将来の課題として、象徴天皇制にふさわしい天皇陵の新たな在り方について数年前から検討を始めていたことが6日、明らかになった。皇后との「合葬」が中心テーマになっている<映像内容>大正天皇と皇后の貞明皇后、昭和天皇、香淳皇后の4人の陵がある東京都八王子市の武蔵陵墓地と宮内庁外観、空撮、撮影日:2006(平成18)年7月6日、撮影場所:東京都八王子市

    撮影: 2006(平成18)年7月6日

  • 02:09.93
    1998年05月26日
    「AP」天皇皇后両陛下 英国ご訪問 晩餐会ご出席

    EMPEROR AKIHITO & EMPRESS MICHIKO ATTEND ROYAL BANQUET. London-26 May, 1998.クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 00:51.34
    1995年01月01日
    「中日映画社」新春の天皇ご一家

    可愛い盛りの眞子さまの遊ぶ様子に天皇・皇后両陛下も笑顔がたえません。<映像内容>新春の天皇ご一家の様子、天皇・皇后両陛下の近くで遊ぶ幼い眞子さまの様子、撮影日不明・公開日:1995(平成7)年1月1日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 01:06.31
    1993年11月01日
    「中日映画社」華やかに秋の園遊会

    天皇皇后両陛下主催の秋の園遊会が赤坂御苑に政府関係者、各界の功労者など1800人が出席し開かれた。<映像内容>秋の園遊会の様子 、撮影日不明・公開日:1993(平成5)年11月1日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 02:57.63
    1993年07月01日
    「中日映画社」皇太子さま雅子さまご結婚

    皇太子さまとの「結婚の儀」を迎えた雅子さま。<映像内容>小和田家を出発する雅子さん、結婚の儀の様子 、撮影日不明・公開日:1993(平成5)年7月1日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 01:44.10
    1993年05月01日
    「中日映画社」晴れやか雅子さん -納采の儀-

    皇太子さまと小和田雅子さんの婚約をととのえる「納采の儀」が小和田家で行われた。<映像内容>小和田家で行われた納采の儀の様子、皇居前で行われた一般記帳の様子、皇居内を散策される皇太子さまと雅子さん 、撮影日不明・公開日:1993(平成5)年5月1日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 01:58.20
    1993年02月01日
    「中日映画社」皇太子妃に小和田雅子さん

    皇太子徳仁親王殿下と小和田雅子さんの婚姻についての皇室会議が宮内庁で開かれ、宮沢首相、桜内衆院、原参院両院議長、三笠宮さまなど10人の議員全会一致でお二人の結婚が承認された。<映像内容>婚姻についての皇室会議の様子、ご自宅を出発される小和田雅子さん、皇太子殿下と小和田雅子さんの会見の様子 、撮影日不明・公開日:1993(平成5)年2月1日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 03:54.40
    1990年12月01日
    「中日映画社」天皇陛下「即位の礼」 -皇居-

    天皇陛下の即位の礼の中心儀式「即位礼正殿の儀」が皇居・宮殿の松の間で行われた。天皇陛下が即位を国の内外に宣言される国の儀式で元首70人を含む158ヶ国と2国際機関の祝賀使節や国民の代表2,223人が参列した。<映像内容>天皇陛下即位の礼の様子 、その後のパレードや晩餐会の様子、撮影日不明・公開日:1990(平成2)年12月1日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 02:40.24
    1990年06月29日
    「中日映画社」礼宮さま紀子さまご結婚

    自宅前に並ぶ川嶋家の人々。学習院女子中等部生徒から花束を贈られ会釈する紀子さま。その後家族一人一人と目を合わせ別れの挨拶。皇居に向かう車中の紀子さまにいつまでも手をふって見送る、父辰彦氏、撮影日:1990(平成2)6月29日・公開日:1990(平成2)年7月16日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 03:48.27
    1990年06月01日
    「中日映画社」日韓新時代へ -盧・韓国大統領来日-

    韓国の盧泰愚大統領が国賓として来日。赤坂、迎賓館での歓迎行事に出席。盧大統領の来日は昭和天皇のご病気などで延期され、全斗煥前大統領以来6年ぶり。<映像内容>盧泰愚大統領の来日の様子、撮影日不明・公開日:1990(平成2)年6月1日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 03:28.75
    1989年02月01日
    「中日映画社」昭和から平成へ -新天皇誕生-

    天皇陛下は昭和64年1月7日午前6時33分十二指腸ガンで崩御。宮内庁と首相官邸で同時発表する藤森宮内庁長官と小渕官房長官。昭和から平成に。<映像内容>天皇陛下崩御を伝える電光掲示板、皇居で行われた新天皇即位式の様子、皇居前坂下門に設けられた記帳所で記帳する人々の様子、首相官邸での臨時閣議の様子、新元号「平成」を発表する小渕官房長官、即位朝見の儀の様子 、撮影日不明・公開日:1989(平成元)年2月1日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 04:25.34
    1978年10月27日
    「中日映画社」日中新時代スタート -鄧小平副首相来日-

    中国政府の鄧小平福首相が来日。皇居で和解の儀式が進められた。<映像内容>鄧小平副首相を乗せた飛行機が10月22日に羽田空港に到着した様子、タラップを下りる鄧小平副首相、迎賓館での歓迎式典、学習院初等科の子供たちが日本の小旗を振る様子、官邸ホールでの条約の批准証交換式、皇居での和解の儀式の様子、歓迎の宴の様子、田中角栄邸に訪問する鄧小平、日産自動車の工場を視察する鄧小平、天皇陛下との会見の様子 、撮影日不明・公開日:1978(昭和53)年10月27日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 05:57.65
    1975年05月07日
    「中日映画社」エリザベス女王にっぽん日記

    イギリスのエリザベス女王とエジンバラ公フィリップ殿下ご夫妻は、五月七日午後一時二十分、羽田空港に国賓として来日されました。イギリスの元首が訪問されるのは歴史上初めてのこと、空港には皇族を代表して秩父宮妃殿下がお迎えしました五月晴れのもと女王ご夫妻は、送迎デッキをうめた歓迎の人波に、にこやかな笑顔でお答えになりました。午後一時四十分、公式歓迎式典のおこなわれる迎賓館へ、宿舎となる東京・赤坂の迎賓館では、天皇・皇后両陛下のお出迎えを受け、公式の歓迎式典に臨まれました。世界一御多忙と言われるエリザベス女王は、日本第一日スケジュールがぎっしり 皇居でのご会見は四年前天皇陛下がイギリスを訪問された時の思い出話など、くつろいだ雰囲気でお話がはずみました。イギリスの国花バラがたっぷり飾られた皇居豊明殿では、宮中晩さん会が催されました。席上エリザベス女王は、「日本に、まいりましたことを非常に嬉しく思います。日本とイギリスの国民を結ぶ友情のきずなをさらに強固なものになることを希望します。」とご挨拶されました。撮影日:1975年5月7日-12日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 09:01.00
    1973年11月19日
    「AP」英アン王女とマーク・フィリップス陸軍少尉の結婚式

    Her Royal Highness the Princess Anne, escorted by her Father The Duke of Edinburgh drives to Westminster Abbey, on a bright November Day for her marriage to Captain Mark Phillips of the 1st Queen‘s Dragoon Guards. ® The ceremony was witnessed by many members of the Royal Family, and friends of the Bride and Groom. London -19 November,1973 クレジット:British Movietone/AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 05:14.44
    1972年11月20日
    「AP」英エリザベス女王とエディンバラ公銀婚式~ご結婚から銀婚式まで~

    The Royal Silver Wedding of HRH Queen Elizabeth and the Duke of Edinburgh.20/11/1972. クレジット:British Movietone/AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 12:22.44
    1971年10月31日
    天皇御訪欧

    キーワード:天皇皇后両陛下、 昭和天皇、裕仁、香淳皇后、国際親善ご訪問、ベルギー、英国、ドイツ、デンマーク、フランス、オランダ、王室、スイス、イギリス王室、エリザベス女王、フィリップ殿下、パレード、晩餐会=製作年:1971(昭和46)年10月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1971

  • 02:20.84
    1971年05月31日
    美智子妃殿下

    キーワード:美智子妃殿下、上野動物園、乗馬、象、浩宮、徳仁、礼宮=製作年:1971(昭和46)年5月、東京・上野動物園、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1971

  • 04:32.30
    1971年04月30日
    天皇広島訪問

    キーワード:原爆ドーム、広島駅、列車、天皇皇后陛下、両陛下、昭和天皇、裕仁、香淳皇后、良子、広島平和記念碑、平和記念公園=製作年:1971(昭和46)年4月、広島県広島市、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1971

  • 12:33.92
    1971年02月28日
    札幌オリンピック特集

    キーワード:会場、入場、皇太子ご夫妻、スケート、札幌冬季五輪、札幌オリンピック、皇太子、明仁親王、皇太子妃、美智子、三笠宮、皇室、スキー、スキージャンプ、ボブスレー、アイスホッケー、フィギュアスケート、スピードスケート、表彰式=製作年:1971(昭和46)年2月、北海道札幌市、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1971

  • 07:24.74
    1971年01月31日
    日本の新春

    キーワード:日本の新春、初日の出、風景、街並み、富士山、皇居、皇室、両陛下、昭和天皇、裕仁、香淳皇后、良子、皇太子ご夫妻、皇太子、明仁親王、皇太子妃、美智子、徳仁、浩宮、書初め、消防、出初式、正月=製作年:1971(昭和46)年1月、東京都など、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1971

  • 03:58.50
    1970年11月30日
    技能オリンピック競技大会

    キーワード:技能オリンピック競技大会、第19回技能五輪国際大会、国際技能競技大会、開会式、皇太子ご夫妻、皇太子、明仁親王、皇太子妃、美智子、工場、旋盤、洗髪、表彰式=製作年:1970(昭和45)年11月、東京都内、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1970

  • 05:43.81
    1970年07月31日
    万博・日本の日

    キーワード:太陽の塔、皇太子ご夫婦、佐藤栄作、パレード、子ども、茶道、ダンス=製作年:1970(昭和45)年7月、大阪、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1970

  • 07:57.17
    1970年03月31日
    万博開会式

    キーワード:入場パレード、皇族、民族衣装、佐藤栄作、天皇・皇太子スピーチ、くす玉、子ども=製作年:1970(昭和45)年3月、大阪、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1970

  • 02:42.62
    1969年12月31日
    世界ダンス選手権

    キーワード:会場、審査員、入場、観客、ダンス、子供、演奏、表彰式、世界プロ舞踏競技選手権大会、世界プロダンス選手権大会、日本武道館、皇室、三笠宮家、三笠宮崇仁親王、三笠宮妃百合子=製作年:1969(昭和44)年12月、東京都内、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1969

  • 01:43.17
    1969年06月30日
    原子力船進水式

    キーワード:船、皇太子ご夫妻、天皇陛下、演奏、むつ、原子力船=製作年:1969(昭和44)年6月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1969

  • 03:10.12
    1969年01月31日
    新春の天皇御一家

    キーワード:皇居、白鳥、皇族、大衆、徳仁、裕仁、皇太子、皇孫、秋篠宮文仁親王=製作年:1969(昭和44)年1月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1969

  • 02:18.73
    1968年12月31日
    川端康成ノーベル賞授賞

    キーワード:川端康成、ノーベル文学賞、ノーベル賞、授賞式、晩餐会、文化、文学賞=製作年:1968(昭和43)年12月、スウェーデン・ストックホルム、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 05:04.83
    1968年11月30日
    明治百年を迎えた日本

    キーワード:武者行列、フェスティバル、祭り、見物客、レトロ電車 、教会 、明治村 、新幹線、東京街並み、銀座パレード 、明治百年記念式典、各国大使 、昭和天皇、秩父宮 、佐藤栄作首相=製作年:1968(昭和43)年11月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 03:48.49
    1968年11月30日
    皇居新宮殿の完成

    キーワード:一般公開、建築、日本庭園、雅楽演奏、昭和天皇皇后両陛下、天皇、皇太子=製作年:1968(昭和43)年11月、東京都千代田区、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 03:07.28
    1968年10月31日
    第23回国民体育大会

    キーワード:入場行進、福井県、昭和天皇、聖火、観客、陸上競技、100M走、棒高跳び、砲丸投げ、バレーボール、スポーツ=製作年:1968(昭和43)年10月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 03:24.50
    1968年09月30日
    国際会議

    キーワード:シンポジウム、天皇皇后両陛下、皇太子、第12回世界農業会議、東京プリンスホテル、鎌倉観光、第6回ILOアジア総会、各国代表=製作年:1968(昭和43)年9月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:28.79
    1968年07月31日
    小笠原諸島返還

    キーワード:東京都、離島、調印式、記念式典、天皇皇后両陛下、皇太子、佐藤栄作首相、三木武夫、アメリカ駐留軍、電報電話、通信、警察署、行政、島民、自然、観光地=製作年:1968(昭和43)年7月、東京都、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 01:35.09
    1968年05月31日
    天皇誕生日

    キーワード:天皇誕生日、皇居、植物園、一般参賀、昭和天皇、年中行事=製作年:1968(昭和43)年5月、東京都千代田区の皇居、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 02:26.34
    1968年02月28日
    職業訓練所の成果

    キーワード:座学、木工実習、旋盤実習、作品展示即売会、昭和天皇皇后両陛下、美濃部元東京都知事、見物客=製作年:1968(昭和43)年2月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 01:50.97
    1968年02月28日
    皇居新宮殿

    キーワード:二重橋付近、新宮殿模型、建築現場、天皇=製作年:1968(昭和43)年2月、東京、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 02:21.27
    1968年01月31日
    新春の天皇ご一家

    キーワード:皇居、一般参賀、昭和天皇、香淳皇后、皇太子、美智子、裕仁、明仁、常陸宮、徳仁、秋篠宮文仁=製作年:1968(昭和43)年1月、皇居、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 07:32.51
    1967年11月30日
    吉田茂国葬

    キーワード:昭和史、戦中戦後、政治、佐藤栄作首相、岸信介、教会、武道館、各国要人、街頭の人々、天皇皇后両陛下、皇太子、献花=製作年:1967(昭和42)年11月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1967

  • 06:45.17
    1967年09月30日
    1967ユニバーシアード東京大会

    キーワード:国立競技場、天皇皇后両陛下、皇太子、各国選手団入場行進、聖火ランナー、観客、選手村、代々木体育館、水泳競技、プール、陸上競技、砲丸投げ、棒高跳び、円盤投げ、ハードル、体操、柔道=製作年:1967(昭和42)年9月、東京都、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1967

  • 1
  • 2