KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • へき
  • 両京制
  • 中心
  • 令和
  • 保存状態
  • 北京国子監
  • 北京市
  • 南京
  • 国学
  • 国宝

「監生」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
20
( 1 20 件を表示)
  • 1
20
( 1 20 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (20)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (20)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の牌坊。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061907272

  •  (18)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (18)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の瑠璃牌坊と辟雍。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061907269

  •  (12)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (12)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の一角。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061907135

  •  (2)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (2)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の誠心堂。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061906895

  •  (4)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (4)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監東講堂の場景展示。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061906952

  •  (10)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (10)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の率性堂。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061907017

  •  (9)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (9)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の集賢門。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061907020

  •  (8)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (8)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の集賢門。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061906996

  •  (13)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (13)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の太学門。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061907128

  •  (15)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (15)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の「蒋湘帆先生写経図」石碑。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061907270

  •  (17)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (17)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    孔子廟と国子監の間にある持敬門。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061907258

  •  (5)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (5)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監で再現された科挙の試験場、貢院号舍の場景。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061906984

  •  (14)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (14)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の辟雍殿から望む瑠璃牌坊。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061907268

  •  (19)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (19)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の辟雍殿。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061907271

  •  (7)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (7)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の正門と影壁。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061906982

  •  (11)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (11)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監彝倫堂の前に立つ孔子行教像。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061907130

  •  (3)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (3)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監で再現された科挙の最終試験「殿試」の場景。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061906940

  •  (6)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (6)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監の乾隆石経。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061906983

  •  (16)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (16)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監に展示されている答案用紙、率性堂堂長薄。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061907267

  •  (1)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市
    2023年06月19日
    (1)中国王朝の最高学府、国子監を訪ねて北京市

    国子監博士庁の場景展示。(3月31日撮影)中国北京市東城区の国子監街に、元・明・清3王朝の最高学府、国子監がある。創建は元の至元24(1287)年で、孔廟(孔子廟)に隣接している、両京制を取った明代には、北京と南京にそれぞれ国子監が置かれ、北京の国子監は「北監」「北雍」とも呼ばれた。国子監は国が設置した教育行政管理機関でもあり「太学」「国学」の別称を持つ。北京国子監は明の永楽、正統年間に大規模改修と拡張が行われたほか、清の乾隆48年に「辟雍(へきよう)」が増築され、現在の規模と構造になった。建物は南向きで、敷地面積は2万7千平方メートル余り。三つの中庭空間を持つ「三進院落」形式で、中心軸上に集賢門(正門)、太学門(二門)、瑠璃牌坊(はいぼう)、辟雍殿、彝倫(いりん)堂、敬一亭が並ぶ。国子監で学ぶ学生は「監生」と呼ばれ、全国各民族だけでなく、外国から留学生も受け入れていた。主体建築は700年余りを経た今も保存状態が良く、国内で唯一保存されている歴代王朝の最高学府跡となる。1961年に第一次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061906892

  • 1