KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • ムー
  • きん
  • 余り
  • 水田
  • 終了
  • 記者
  • 農業
  • 手入れ
  • 農家

「盤山県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年06月17日
    遼寧省盤錦市で稲の生育が順調

    17日、遼寧省盤錦市盤山県太平街道張家村に広がる水田。中国遼寧省の米どころ、盤錦(ばんきん)市では6月上旬、160万ムー(約10万7千ヘクタール)余りの水田の田植え作業が全て終了した。水稲優良品種のカバー率は98%以上で安定しており、稲は現在、順調に育っている。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403071

  • 2020年06月17日
    遼寧省盤錦市で稲の生育が順調

    17日、遼寧省盤錦市盤山県太平街道張家村に広がる水田。(小型無人機から)中国遼寧省の米どころ、盤錦(ばんきん)市では6月上旬、160万ムー(約10万7千ヘクタール)余りの水田の田植え作業が全て終了した。水稲優良品種のカバー率は98%以上で安定しており、稲は現在、順調に育っている。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402968

  • 2020年06月17日
    遼寧省盤錦市で稲の生育が順調

    17日、遼寧省盤錦市盤山県太平街道張家村の水田で稲の手入れをする農家。中国遼寧省の米どころ、盤錦(ばんきん)市では6月上旬、160万ムー(約10万7千ヘクタール)余りの水田の田植え作業が全て終了した。水稲優良品種のカバー率は98%以上で安定しており、稲は現在、順調に育っている。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403013

  • 2020年06月17日
    遼寧省盤錦市で稲の生育が順調

    17日、遼寧省盤錦市盤山県太平街道張家村の水田で稲の手入れをする農家。(小型無人機から)中国遼寧省の米どころ、盤錦(ばんきん)市では6月上旬、160万ムー(約10万7千ヘクタール)余りの水田の田植え作業が全て終了した。水稲優良品種のカバー率は98%以上で安定しており、稲は現在、順調に育っている。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403034

  • 2020年06月17日
    遼寧省盤錦市で稲の生育が順調

    17日、遼寧省盤錦市盤山県太平街道張家村の水田で稲の手入れをする農家。中国遼寧省の米どころ、盤錦(ばんきん)市では6月上旬、160万ムー(約10万7千ヘクタール)余りの水田の田植え作業が全て終了した。水稲優良品種のカバー率は98%以上で安定しており、稲は現在、順調に育っている。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403069

  • 2021年12月08日
    (2)東北3省の食糧生産量、1億4445万6千トンに

    遼寧省盤錦市盤山県で行われる稲の収穫作業。(10月20日、小型無人機から撮影)中国国家統計局が6日発表したデータによると、今年の東北3省(遼寧、吉林、黒竜江)の食糧(穀物、豆類、芋類)総生産量は1億4445万6千トンで、前年比760万トン以上増加した。1人当たりの1日分の食糧消費量を1キロとすると、今年の同地域の生産量増加分だけで約2千万人の1年分の食糧消費量となる。(鉄嶺=新華社配信/劉剛)= 配信日: 2021(令和3)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120810611

  • 2022年05月24日
    (7)遼河口湿地でズグロカモメの個体数が増加遼寧省盤錦市

    遼寧省盤錦市盤山県の繞陽湾国家湿地公園。(2018年10月22日撮影、小型無人機から)中国遼寧省盤錦市の遼河口湿地に生息する中型の水鳥で「湿地の精霊」と呼ばれるズグロカモメは複数の要因により個体数が減少し、国際鳥類保護会議(ICBP、現バードライフ・インターナショナル)のレッドデータブック「世界絶滅危惧鳥類」に掲載されている。同湿地がズグロカモメの繁殖地になっていることから、市政府は1993年から総面積9100ムー(約607ヘクタール)のエリアで保護と管理を強化した。これまでの30年で市民も保護活動に進んで取り組むようになり、ズグロカモメ保護協会の会員は4万人を超えた。各方面の努力により、同湿地に生息する個体は90年代の千羽余りから現在の1万羽余りに増えた。(盤錦=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052406917

  • 1