KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • コミュニティー
  • ドローン
  • 三国時代
  • 令和
  • 全国重点文物保護単位
  • 再建
  • 原則
  • 原状
  • 国家
  • 地理

「盤竜街道」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501334

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501329

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501368

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501372

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501392

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501441

  • 1