KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • リベンジポルノ
  • 会見
  • 取り消し
  • 行政訴訟
  • 違反
  • 商品
  • 埼玉県庁
  • 記者
  • ささき
  • しゅう

「相手方」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    呉服屋

    右手奥の帳場格子の中の男は帳簿付けをしているらしい。その前には、算盤、物差し、生地見本らしきものを手にした男たちが並ぶ。店らしさが感じられないのは、相手方に見本を持参して注文を取る商いのためだろうか。右には商品の入った大きな包みも見られる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:臼井秀三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号94‐27‐0]

    商品コード: 2017081401089

  • 1997年02月17日
    浦和地裁に入る原告団 食糧費公開をめぐり判決

    食糧費非公開決定処分の取り消しを求めた訴訟判決のため浦和地裁に入る原告団=17日午前9時49分、(埼玉県東京事務所などの食糧費支出に関し、懇談の相手方などを非公開にしたのは県行政情報公開条例に違反するとして「埼玉市民オンブズマン」代表の佐々木新一弁護士が県公文書センター所長に非公開決定処分の取り消しを求めた行政訴訟)

    商品コード: 1997021700006

  • 1997年02月17日
    会見する土屋知事 食糧費支出の公開訴訟判決

    食糧費支出の情報公開訴訟判決後、記者会見で「控訴はしない」と語る土屋義彦埼玉県知事=17日午後、埼玉県庁(埼玉県東京事務所などの食糧費支出に関し、懇談の相手方などを非公開にしたのは県行政情報公開条例に違反するとして「埼玉市民オンブズマン」代表の佐々木新一弁護士が県公文書センター所長に非公開決定処分の取り消しを求めた行政訴訟)

    商品コード: 1997021700041

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年02月17日
    会見する佐々木弁護士 食糧費公開をめぐり判決

    判決後記者会見する原告で「埼玉市民オンブズマン」代表の佐々木新一弁護士(中央)=17日午前10時35分、埼玉県庁(ささき・しんいち、埼玉県東京事務所などの食糧費支出に関し、懇談の相手方などを非公開にしたのは県行政情報公開条例に違反するとして「埼玉市民オンブズマン」代表の佐々木新一弁護士が県公文書センター所長に非公開決定処分の取り消しを求めた行政訴訟)

    商品コード: 1997021700009

  • 2015年04月02日
    復讐ポルノ1カ月110件

    リベンジポルノの被害者と相手方の年齢

    商品コード: 2015040200014

  • 2015年04月02日
    復讐ポルノ1カ月110件

    リベンジポルノの被害者と相手方の年齢

    商品コード: 2015040200015

  • 2015年04月02日
    復讐ポルノ1カ月110件

    リベンジポルノの被害者と相手方の年齢

    商品コード: 2015040200016

  • 2015年04月02日
    復讐ポルノ1カ月110件

    リベンジポルノの被害者と相手方の年齢

    商品コード: 2015040200017

  • 06:22.08
    2019年07月26日
    「新華社」三井物産・安永竜夫氏インタビュー「日中の第三国市場協力はウィン・ウィン・ウィンに」

    三井物産の安永竜夫社長がこのほど、東京で新華社の独占インタビューに応じ、日本と中国の第三国市場での協力について「日本、中国、第三国にとってウィン・ウィン・ウィンと言える」と評価した。さらに中国経済や両国協力の未来、中国進出を目指す日本企業へのアドバイスなど、自身の経験を踏まえた見解を示した。中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席は6月27日、大阪で日本の安倍晋三首相と会見した。両首脳は、第三国市場での協力が着実な成果を収めるよう引き続き促し、両国企業の相互投資の拡大を支持し、相手方の企業に公平で、差別のない予測可能なビジネス環境を提供することを確認した。安永氏は、中日企業の協力について意見を述べた上で、中国市場の需要について、「個人消費が伸び、より良いものに対する需要が喚起されている。日本企業は現状を冷静に把握して自社のサービスや商品を提供し、中国市場で定着させる必要がある」と指摘。三井物産が今後、食品の品質やサービスの高度化、最重点分野として「環境」や「健康」に関わる事業基盤を強化していく方針であることを明らかにした。安永氏はさらに、世界の自由貿易を支える二つの国として、日本と中国はウィン・ウィン・ウィンの案件構築を世界に具体的に示していくことが非常に大切だと強調した。安永氏は1983年に大学を卒業し三井物産に入社。入社3年目に中国台湾で語学研修留学をしたことがあり、2015年に同社歴代最年少の54歳で社長に就任、「人事を尽くして天命を待つ」という中国の古典を座右の銘としている。(記者/彭純、徐学林)<映像内容>三井物産の安永竜夫社長の独占インタビュー、撮影日:2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601880

  • 1