KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 平成
  • 風景
  • 位置
  • 景観
  • 歴史
  • 観光客
  • 空撮
  • ドローン

「県級市」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
857
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
857
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2014年09月03日
    開放で発展続ける敦煌甘粛省

    莫高窟で壁画を修復する技術者。(2014年9月3日撮影)中国甘粛省酒泉市敦煌(酒泉市の管轄下にある県級市)は「歴史の証人」といえる。昔から外に向かって開かれていた敦煌は、古代シルクロード上の漢民族と西方民族が交流する都市になった。千年が経ち、改革開放という恵みの春風が中国西北部の内陸に位置する同地に吹き込み、敦煌は再び中国の対外開放の最前線の地となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2014(平成26)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121314095

  • 2016年04月04日
    山東省産枝豆、日本で人気冷凍野菜の対日輸出も好調

    煙台市の管轄下にある県級市、莱陽市にある北海食品有限公司の作業場で働く同社の従業員。(2016年4月4日撮影)居酒屋の定番メニューの枝豆。あなたが口にする枝豆は、海を隔てた中国から輸入されたものかもしれない。農業が盛んな中国山東省嘉祥県にある済寧陽光農業科技有限公司の靳聡(きん・そう)総経理は現在、4月の植え付けに向けた準備に追われている。栽培面積5千ムー(1ムーは15分の1ヘクタール)の畑で栽培される枝豆は、夏の収穫後、すべて日本に輸出される予定だ。枝豆の他にも、数十種類の冷凍野菜が山東省から日本に向けて輸出されている。山東省煙台市莱陽にある北海食品有限公司の藍明徳(らん・めいとく)総経理は、日本向け冷凍野菜の2018年の輸出量は、前年比で300トン増の5500トンだったと紹介している。(済南=新華社配信/北海食品有限公司提供)=2016(平成28)年4月4日、クレジット:北海食品有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801082

  • 2016年09月07日
    開放で発展続ける敦煌甘粛省

    世界遺産の莫高窟。(2016年9月7日、小型無人機から)中国甘粛省酒泉市敦煌(酒泉市の管轄下にある県級市)は「歴史の証人」といえる。昔から外に向かって開かれていた敦煌は、古代シルクロード上の漢民族と西方民族が交流する都市になった。千年が経ち、改革開放という恵みの春風が中国西北部の内陸に位置する同地に吹き込み、敦煌は再び中国の対外開放の最前線の地となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2016(平成28)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121313932

  • 2016年10月17日
    陽明古鎮建設が始動、心学研究の拠点化も視野に浙江省余姚

    余姚市にある王陽明旧居の内部。(資料写真)中国浙江省寧波市が管轄する県級市、余姚(よよう)市は明代の思想家、王陽明の故郷。余姚市政府は17日、「陽明古鎮」建設プロジェクトをスタートさせた。同プロジェクトは陽明文化の掘り起こしと形成を主軸に、文化体験旅行とビジネス、学術研究、文化クリエーティブ機能を融合させた古鎮(古い町並み)の創造を目指している。(余姚=新華社配信/呉大慶)=2016(平成28)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082203358

  • 2017年01月07日
    山東省産枝豆、日本で人気冷凍野菜の対日輸出も好調

    煙台市の管轄下にある県級市、莱陽市にある北海食品有限公司の作業場で働く同社の従業員。(2017年1月7日撮影)居酒屋の定番メニューの枝豆。あなたが口にする枝豆は、海を隔てた中国から輸入されたものかもしれない。農業が盛んな中国山東省嘉祥県にある済寧陽光農業科技有限公司の靳聡(きん・そう)総経理は現在、4月の植え付けに向けた準備に追われている。栽培面積5千ムー(1ムーは15分の1ヘクタール)の畑で栽培される枝豆は、夏の収穫後、すべて日本に輸出される予定だ。枝豆の他にも、数十種類の冷凍野菜が山東省から日本に向けて輸出されている。山東省煙台市莱陽にある北海食品有限公司の藍明徳(らん・めいとく)総経理は、日本向け冷凍野菜の2018年の輸出量は、前年比で300トン増の5500トンだったと紹介している。(済南=新華社配信/北海食品有限公司提供)=2017(平成29)年1月7日、クレジット:北海食品有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801092

  • 2017年05月03日
    開放で発展続ける敦煌甘粛省

    敦煌の鳴沙山でラクダに乗る観光客。(2017年5月3日撮影)中国甘粛省酒泉市敦煌(酒泉市の管轄下にある県級市)は「歴史の証人」といえる。昔から外に向かって開かれていた敦煌は、古代シルクロード上の漢民族と西方民族が交流する都市になった。千年が経ち、改革開放という恵みの春風が中国西北部の内陸に位置する同地に吹き込み、敦煌は再び中国の対外開放の最前線の地となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2017(平成29)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121313906

  • 2017年05月20日
    民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区

    蘇州市呉江区盛沢鎮のシルク会社の作業場で働く従業員。(2017年5月20日撮影)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元(1元=約16円)を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/李響)=2017(平成29)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111428885

  • 2017年05月20日
    民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区

    蘇州市呉江区盛沢鎮のシルク会社の作業場で働く従業員。(2017年5月20日撮影)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元(1元=約16円)を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/李響)=2017(平成29)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429042

  • 2017年10月21日
    関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市

    湖南省長沙市の関山古鎮風景区にある貂蝉(ちょうせん)の銅像。(資料写真)中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社配信/湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司提供)=2017(平成29)年10月21日、クレジット:湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600250

  • 2018年03月28日
    ウーロン茶を世界に輸出福建省建甌市の茶産業が好調

    福建省建甌市小橋鎮の後塘村にある「千畝生態茶園」。(2018年3月28日撮影)中国福建省南平市の管轄下にある県級市、建甌(けんおう)市は「中国ウーロン茶の里」「中国水仙茶の里」とたたえられる。同省の主要な茶葉の産地である建甌市は、全国的にも重要なウーロン茶の里であり、主要な生産基地となっている。生産しているウーロン茶は同省が大量に輸出している特産品で、国内外の茶葉市場で重要な位置にある。茶産業は地元農家の増収につながる重要な産業の一つとなっている。ここ数年の急成長を経て、市内の茶園の面積は現在、12万8500ムー(約8600ヘクタール)となった。茶葉加工量は年間1万5千トン、輸出される加工済みウーロン茶は年間5500トンで、主に日本や東南アジア、米国などに輸出され、生産額は約5億元(1元=約15円)に上る。同市では現在、約10万人が茶葉の生産、加工、販売などに従事している。(建甌=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102103975

  • 2018年04月18日
    バードウオッチャーの楽園遼寧省丹東市

    丹東市の鴨緑江口湿地で撮影した鳥の群れ。(2018年4月18日撮影)中国遼寧省丹東市は年間を通じて比較的温暖で湿度が高く、北部の丘陵地帯には遼寧省最大の森林が広がっている。同市南部で海に流れ込む鴨緑江が、東港市(丹東市の管轄下にある県級市)エリアに資源豊かな沖積平野を生み出し、野生動物、特に鳥類の生息や繁殖に適した多様な生態環境をもたらしている。丹東市で確認されている鳥類は370種余りに達しており、市内はバードウオッチャーの楽園となっている。(丹東=新華社配信/劉海東)=2018(平成30)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301786

  • 2018年05月18日
    千年の眠りから目覚めた成都邛窯考古遺跡公園が一般公開

    18日、邛窯考古遺跡公園内の陶芸体験エリアで、陶芸制作を体験する観光客。5月18日は「国際博物館の日」にあたる。中国四川省成都市に位置する県級市、邛崃(チョンライ)市にある邛窯考古遺跡公園が同日、一般公開された。同公園は南朝の時代(420年—589年)から始まり、唐・五代十国時代(907年-960年)に流行した中国彩瓷(絵付された陶磁器)の発祥地・邛崃十方堂邛窯(チョンヤオ)遺跡を中心に、敷地面積300ムー(約20ヘクタール)の核心エリアにおいて、文化財本体の保護や、文化の伝承、文化クリエイティブの開発が行われている。今では、邛窯職人工房、徒弟制度を採用した文化クリエイティブトレーニングスクールおよびクリエイティブ研究開発センターなどが設立されている。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100459

  • 2018年05月18日
    千年の眠りから目覚めた成都邛窯考古遺跡公園が一般公開

    18日、邛窯考古遺跡公園で、自作の作品を手にする韓国人陶芸家の鄭東熏さん。5月18日は「国際博物館の日」にあたる。中国四川省成都市に位置する県級市、邛崃(チョンライ)市にある邛窯考古遺跡公園が同日、一般公開された。同公園は南朝の時代(420年—589年)から始まり、唐・五代十国時代(907年-960年)に流行した中国彩瓷(絵付された陶磁器)の発祥地・邛崃十方堂邛窯(チョンヤオ)遺跡を中心に、敷地面積300ムー(約20ヘクタール)の核心エリアにおいて、文化財本体の保護や、文化の伝承、文化クリエイティブの開発が行われている。今では、邛窯職人工房、徒弟制度を採用した文化クリエイティブトレーニングスクールおよびクリエイティブ研究開発センターなどが設立されている。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100579

  • 2018年05月18日
    千年の眠りから目覚めた成都邛窯考古遺跡公園が一般公開

    18日、邛窯考古遺跡公園にある竜窯(りゅうよう)遺跡。この遺跡は全長42メートルで、邛窯中心部の山にあり、長い龍が横たわっているような形をしており、これまで同公園で最も完全な形で発見された斜面龍窯(中国の陶磁器生産に用いられた、斜面を利用した単室の窯)だという。5月18日は「国際博物館の日」にあたる。中国四川省成都市に位置する県級市、邛崃(チョンライ)市にある邛窯考古遺跡公園が同日、一般公開された。同公園は南朝の時代(420年—589年)から始まり、唐・五代十国時代(907年-960年)に流行した中国彩瓷(絵付された陶磁器)の発祥地・邛崃十方堂邛窯(チョンヤオ)遺跡を中心に、敷地面積300ムー(約20ヘクタール)の核心エリアにおいて、文化財本体の保護や、文化の伝承、文化クリエイティブの開発が行われている。今では、邛窯職人工房、徒弟制度を採用した文化クリエイティブトレーニングスクールおよびクリエイティブ研究開発センターなどが設立されている。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100565

  • 2018年05月18日
    千年の眠りから目覚めた成都邛窯考古遺跡公園が一般公開

    18日、空から眺めた邛窯考古遺跡公園5号窯遺跡。(ドローン撮影)この遺跡は十方堂邛窯遺跡の中心エリアにあり、6つの龍窯(中国の陶磁器生産に用いられた、斜面を利用した単室の窯)、饅頭窯(景徳鎮が宋元明の時期に使った典型的な磁器焼窯の一つ)およびさまざまな陶磁器製造遺跡があり、出土した文物の数は1万点を超えた。また、十方堂邛窯遺跡は1988年に第3陣全国重点文化財保護機関に指定されている。5月18日は「国際博物館の日」にあたる。中国四川省成都市に位置する県級市、邛崃(チョンライ)市にある邛窯考古遺跡公園が同日、一般公開された。同公園は南朝の時代(420年—589年)から始まり、唐・五代十国時代(907年-960年)に流行した中国彩瓷(絵付された陶磁器)の発祥地・邛崃十方堂邛窯(チョンヤオ)遺跡を中心に、敷地面積300ムー(約20ヘクタール)の核心エリアにおいて、文化財本体の保護や、文化の伝承、文化クリエイティブの開発が行われている。今では、邛窯職人工房、徒弟制度を採用した文化クリエイティブトレーニングスクールおよびクリエイティブ研究開発センターなどが設立されている。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100595

  • 2018年05月18日
    千年の眠りから目覚めた成都邛窯考古遺跡公園が一般公開

    18日、邛窯考古遺跡公園の看板除幕式を行う来賓たち。5月18日は「国際博物館の日」にあたる。中国四川省成都市に位置する県級市、邛崃(チョンライ)市にある邛窯考古遺跡公園が同日、一般公開された。同公園は南朝の時代(420年—589年)から始まり、唐・五代十国時代(907年-960年)に流行した中国彩瓷(絵付された陶磁器)の発祥地・邛崃十方堂邛窯(チョンヤオ)遺跡を中心に、敷地面積300ムー(約20ヘクタール)の核心エリアにおいて、文化財本体の保護や、文化の伝承、文化クリエイティブの開発が行われている。今では、邛窯職人工房、徒弟制度を採用した文化クリエイティブトレーニングスクールおよびクリエイティブ研究開発センターなどが設立されている。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100508

  • 2018年05月18日
    千年の眠りから目覚めた成都邛窯考古遺跡公園が一般公開

    18日、空から眺めた邛窯考古遺跡公園。邛崃の市街エリアとは川一本で隔てられている。(ドローン撮影)5月18日は「国際博物館の日」にあたる。中国四川省成都市に位置する県級市、邛崃(チョンライ)市にある邛窯考古遺跡公園が同日、一般公開された。同公園は南朝の時代(420年—589年)から始まり、唐・五代十国時代(907年-960年)に流行した中国彩瓷(絵付された陶磁器)の発祥地・邛崃十方堂邛窯(チョンヤオ)遺跡を中心に、敷地面積300ムー(約20ヘクタール)の核心エリアにおいて、文化財本体の保護や、文化の伝承、文化クリエイティブの開発が行われている。今では、邛窯職人工房、徒弟制度を採用した文化クリエイティブトレーニングスクールおよびクリエイティブ研究開発センターなどが設立されている。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100537

  • 2018年05月18日
    千年の眠りから目覚めた成都邛窯考古遺跡公園が一般公開

    18日、邛窯考古遺跡公園内にある十方堂邛窯遺跡。5月18日は「国際博物館の日」にあたる。中国四川省成都市に位置する県級市、邛崃(チョンライ)市にある邛窯考古遺跡公園が同日、一般公開された。同公園は南朝の時代(420年—589年)から始まり、唐・五代十国時代(907年-960年)に流行した中国彩瓷(絵付された陶磁器)の発祥地・邛崃十方堂邛窯(チョンヤオ)遺跡を中心に、敷地面積300ムー(約20ヘクタール)の核心エリアにおいて、文化財本体の保護や、文化の伝承、文化クリエイティブの開発が行われている。今では、邛窯職人工房、徒弟制度を採用した文化クリエイティブトレーニングスクールおよびクリエイティブ研究開発センターなどが設立されている。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100585

  • 2018年05月18日
    千年の眠りから目覚めた成都邛窯考古遺跡公園が一般公開

    18日、邛窯考古遺跡公園内の職人工房を見学する観光客。5月18日は「国際博物館の日」にあたる。中国四川省成都市に位置する県級市、邛崃(チョンライ)市にある邛窯考古遺跡公園が同日、一般公開された。同公園は南朝の時代(420年—589年)から始まり、唐・五代十国時代(907年-960年)に流行した中国彩瓷(絵付された陶磁器)の発祥地・邛崃十方堂邛窯(チョンヤオ)遺跡を中心に、敷地面積300ムー(約20ヘクタール)の核心エリアにおいて、文化財本体の保護や、文化の伝承、文化クリエイティブの開発が行われている。今では、邛窯職人工房、徒弟制度を採用した文化クリエイティブトレーニングスクールおよびクリエイティブ研究開発センターなどが設立されている。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100484

  • 2018年05月18日
    千年の眠りから目覚めた成都邛窯考古遺跡公園が一般公開

    18日、四川省の工芸美術の大家で、邛窯の継承者である何平揚さんが自作の陶磁器作品を紹介している。5月18日は「国際博物館の日」にあたる。中国四川省成都市に位置する県級市、邛崃(チョンライ)市にある邛窯考古遺跡公園が同日、一般公開された。同公園は南朝の時代(420年—589年)から始まり、唐・五代十国時代(907年-960年)に流行した中国彩瓷(絵付された陶磁器)の発祥地・邛崃十方堂邛窯(チョンヤオ)遺跡を中心に、敷地面積300ムー(約20ヘクタール)の核心エリアにおいて、文化財本体の保護や、文化の伝承、文化クリエイティブの開発が行われている。今では、邛窯職人工房、徒弟制度を採用した文化クリエイティブトレーニングスクールおよびクリエイティブ研究開発センターなどが設立されている。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100561

  • 2018年06月23日
    「千年の薬都」がデジタル化で国際市場進出進める河北省安国市

    「安国デジタル中薬都」の俯瞰図。(2018年6月23日撮影)中国河北省安国市(保定市が管轄する県級市)は、かつては祁州(きしゅう)とも呼ばれ、古くから「薬都」の異名を持つ。近年、世界各地で中国の中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)への需要が伸びており、安国市は中薬材取引専門市場を設立して、中薬関連産業チェーン全体の構造転換と高度化を継続的に推進している。長年にわたり、国際的に公認され受け入れられる品質管理基準や、明確な有効成分含有量、標準化された検査・測定方法がなかったことが、薬の安定性と均一性確保を困難にし、中薬の国際的な発展を制約してきた。「安国デジタル中薬都」の建設は、これらの問題を効果的に解決し、中薬の国際化と標準化をさらに推し進める力になっている。(石家荘=新華社配信/呂峰)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100801385

  • 2018年06月23日
    「千年の薬都」がデジタル化で国際市場進出進める河北省安国市

    「安国デジタル中薬都」の正面外観。(2018年6月23日撮影)中国河北省安国市(保定市が管轄する県級市)は、かつては祁州(きしゅう)とも呼ばれ、古くから「薬都」の異名を持つ。近年、世界各地で中国の中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)への需要が伸びており、安国市は中薬材取引専門市場を設立して、中薬関連産業チェーン全体の構造転換と高度化を継続的に推進している。長年にわたり、国際的に公認され受け入れられる品質管理基準や、明確な有効成分含有量、標準化された検査・測定方法がなかったことが、薬の安定性と均一性確保を困難にし、中薬の国際的な発展を制約してきた。「安国デジタル中薬都」の建設は、これらの問題を効果的に解決し、中薬の国際化と標準化をさらに推し進める力になっている。(石家荘=新華社配信/呂峰)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100801384

  • 2018年09月01日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡で発掘されたM1墓。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月1日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605671

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、黄檗山万福寺の本堂の一角。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711937

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、黄檗山万福寺本堂の再建工事現場。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711990

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、黄檗山万福寺の山門。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711932

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、黄檗山万福寺の鐘。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711756

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、福清黄檗山万福寺本堂の軒先。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711559

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、黄檗山万福寺の境内にある建物。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711571

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、福清黄檗山万福寺の再建工事現場。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711699

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、黄檗山万福寺本堂の再建工事現場。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711705

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、特別に造られた黄檗山万福寺再建用の瓦。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711943

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、特別に造られた黄檗山万福寺再建用の瓦。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711984

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、黄檗山万福寺の山門の柱を支える青石の礎石。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090712062

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、黄檗山万福寺前の石碑。同寺は1982年に国務院によって全国漢伝仏教重点寺院に認定された。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711746

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、黄檗山万福寺の観音殿。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711565

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、再建中の黄檗山万福寺山門の木造の屋根。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711577

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、黄檗山万福寺本堂内の、インドネシアから輸入したインチア材が使われた柱。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711583

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、黄檗山万福寺にある青石の欄干。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711711

  • 2018年09月05日
    空と雲が織りなす豊かな風景

    5日、中国河北省唐山市が管轄する県級市、遵化(じゅんか)市の清東陵(しんとうりょう)景勝地で、朝の光の中にたたずむ石像。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091108123

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    10日、清東陵の景陵・大碑楼の工事現場で修復作業を行う作業員。中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309867

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    10日、清東陵の景陵・大碑楼。(小型無人機から)中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309864

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    上:10日、修復中の景陵・大碑楼内にある石碑。/下:修復前の景陵・大碑楼内の石碑。(2012年5月5日撮影)(組み合わせ写真)中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309795

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    10日、清東陵の景陵・大碑楼の工事現場で修復作業を行う作業員。中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309874

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    上:10日、修復中の景陵・大碑楼。/下:修復前の景陵・大碑楼。(2011年11月13日撮影)(組み合わせ写真)中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309856

  • 2018年09月12日
    800人が「無形文化遺産」の機織り披露河北省沙河市

    12日、「沙河四匹繒布」の機織りを披露する「織り姫」。(小型無人機から)中国河北省邢台(けいだい)市沙河(さか)市(邢台市の管轄下にある県級市)で12日、塔子峪(とうしよく)村と周辺の村の「織り姫」801人が一斉に飛び杼(ひ)の織機で布を織り、河北省無形文化遺産「沙河四匹繒布(そうふ)」の機織り技術を披露した。「沙河四匹繒布」は沙河西部の山間部や丘陵地に広く伝わる民間の手織布。同イベントは、一斉に機織りをする人数のギネス記録を更新した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423198

  • 2018年09月12日
    800人が「無形文化遺産」の機織り披露河北省沙河市

    12日、「沙河四匹繒布」の機織りを披露する「織り姫」。中国河北省邢台(けいだい)市沙河(さか)市(邢台市の管轄下にある県級市)で12日、塔子峪(とうしよく)村と周辺の村の「織り姫」801人が一斉に飛び杼(ひ)の織機で布を織り、河北省無形文化遺産「沙河四匹繒布(そうふ)」の機織り技術を披露した。「沙河四匹繒布」は沙河西部の山間部や丘陵地に広く伝わる民間の手織布。同イベントは、一斉に機織りをする人数のギネス記録を更新した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423161

  • 2018年09月12日
    800人が「無形文化遺産」の機織り披露河北省沙河市

    12日、「沙河四匹繒布」の機織りを披露する「織り姫」。中国河北省邢台(けいだい)市沙河(さか)市(邢台市の管轄下にある県級市)で12日、塔子峪(とうしよく)村と周辺の村の「織り姫」801人が一斉に飛び杼(ひ)の織機で布を織り、河北省無形文化遺産「沙河四匹繒布(そうふ)」の機織り技術を披露した。「沙河四匹繒布」は沙河西部の山間部や丘陵地に広く伝わる民間の手織布。同イベントは、一斉に機織りをする人数のギネス記録を更新した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423207

  • 2018年09月12日
    800人が「無形文化遺産」の機織り披露河北省沙河市

    12日、「沙河四匹繒布」の機織りを披露する「織り姫」。中国河北省邢台(けいだい)市沙河(さか)市(邢台市の管轄下にある県級市)で12日、塔子峪(とうしよく)村と周辺の村の「織り姫」801人が一斉に飛び杼(ひ)の織機で布を織り、河北省無形文化遺産「沙河四匹繒布(そうふ)」の機織り技術を披露した。「沙河四匹繒布」は沙河西部の山間部や丘陵地に広く伝わる民間の手織布。同イベントは、一斉に機織りをする人数のギネス記録を更新した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423216

  • 2018年09月12日
    800人が「無形文化遺産」の機織り披露河北省沙河市

    12日、「沙河四匹繒布」の機織りを披露する「織り姫」。(小型無人機から)中国河北省邢台(けいだい)市沙河(さか)市(邢台市の管轄下にある県級市)で12日、塔子峪(とうしよく)村と周辺の村の「織り姫」801人が一斉に飛び杼(ひ)の織機で布を織り、河北省無形文化遺産「沙河四匹繒布(そうふ)」の機織り技術を披露した。「沙河四匹繒布」は沙河西部の山間部や丘陵地に広く伝わる民間の手織布。同イベントは、一斉に機織りをする人数のギネス記録を更新した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423188

  • 2018年09月13日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓で見つかった腰坑(ようこう、墓室の床の掘られた小さな穴)。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605654

  • 2018年09月13日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した副葬品。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605703

  • 2018年09月13日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した副葬品の配置状況。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605670

  • 2018年09月13日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した武士俑や竜型俑などの副葬品。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605704

  • 2018年09月18日
    黒土地帯に漂う稲の香り吉林省吉林市

    18日、舒蘭(じょらん)市(吉林市が管轄する県級市)平安鎮の水田で稲穂を整理する農民。中国でも有名な稲作地帯の吉林省では水稲が実りの時期を迎え、肥沃な黒土地帯を埋め尽くす金色の稲穂が、まるでさざ波のようにゆらゆらと風に揺れている。水田では収穫が始まっており、豊作のために忙しく働く農民の姿が見られる。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516401

  • 2018年09月18日
    黒土地帯に漂う稲の香り吉林省吉林市

    18日、舒蘭(じょらん)市(吉林市が管轄する県級市)平安鎮の、秋の水田風景。(小型無人機から)中国でも有名な稲作地帯の吉林省では水稲が実りの時期を迎え、肥沃な黒土地帯を埋め尽くす金色の稲穂が、まるでさざ波のようにゆらゆらと風に揺れている。水田では収穫が始まっており、豊作のために忙しく働く農民の姿が見られる。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516720

  • 2018年09月19日
    黒土地帯に漂う稲の香り吉林省吉林市

    19日、舒蘭(じょらん)市(吉林市が管轄する県級市)白旗鎮で、黄金色に染まった水田。(小型無人機から)中国でも有名な稲作地帯の吉林省では水稲が実りの時期を迎え、肥沃な黒土地帯を埋め尽くす金色の稲穂が、まるでさざ波のようにゆらゆらと風に揺れている。水田では収穫が始まっており、豊作のために忙しく働く農民の姿が見られる。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516652

  • 2018年09月20日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した鎮墓券。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605672

  • 2018年09月20日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM1墓から出土した鎮墓券。堪輿羅経図が描かれている。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605682

  • 2018年09月20日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    M1墓から出土した鎮墓券。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605705

  • 2018年09月20日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM1墓から出土したばかりの鎮墓券。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605707

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:50.75
    2018年09月22日
    「新華社」清東陵景陵大碑楼、主要部分の修復工事が完工

    中国河北省唐山市が管轄する県級市、遵化(じゅんか)市にある清東陵(しんとうりょう)景陵大碑楼はこのほど、主要部分の修復工事が完工した。基壇の石の修復や彩色画の塗装などの仕上げ工事が終わった後、一般公開される。清東陵景陵は清代の康熙(こうき)帝の陵墓で、大碑楼は史上初めて内部に2つの大きな石碑を持つ形が採用されており、これらの石碑には康熙帝の偉大な功績が刻まれている。大碑楼は1952年7月に落雷で炎上し焼失したが、国家文物局は2013年4月、清東陵景陵大碑楼の修復工事案に基本合意し、2014年から修復工事が始まった。4年余りを費やした修復工事も終わりに近づいており、景陵大碑楼の復元はほぼ完了している。(記者/曲瀾娟)<映像内容>清東陵景陵大碑楼の主要部分の修復工事が完工、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092720634

  • 2018年09月24日
    農村に実りの秋河北省唐山市

    24日、遵化市団瓢莊(だんひょうそう)郷の村でキウイフルーツを収穫する農家。中国河北省唐山市遵化(じゅんか)市(唐山市の管轄下にある県級市)は秋の農繁期を迎え、果実の収穫や作物の管理・保護などの作業にいそしむ農家の姿が見られるようになった。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620789

  • 2018年09月24日
    農村に実りの秋河北省唐山市

    24日、遵化市小廠(しょうしょう)郷粳子峪(こうしよく)村で花に水をやる農家。中国河北省唐山市遵化(じゅんか)市(唐山市の管轄下にある県級市)は秋の農繁期を迎え、果実の収穫や作物の管理・保護などの作業にいそしむ農家の姿が見られるようになった。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620870

  • 2018年09月24日
    農村に実りの秋河北省唐山市

    24日、遵化市団瓢莊(だんひょうそう)郷の村でブドウを収穫する農家。中国河北省唐山市遵化(じゅんか)市(唐山市の管轄下にある県級市)は秋の農繁期を迎え、果実の収穫や作物の管理・保護などの作業にいそしむ農家の姿が見られるようになった。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620843

  • 2018年09月24日
    農村に実りの秋河北省唐山市

    24日、遵化市団瓢莊(だんひょうそう)郷の村の水田で作業する農家。中国河北省唐山市遵化(じゅんか)市(唐山市の管轄下にある県級市)は秋の農繁期を迎え、果実の収穫や作物の管理・保護などの作業にいそしむ農家の姿が見られるようになった。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620871

  • 2018年09月24日
    農村に実りの秋河北省唐山市

    24日、遵化市小廠(しょうしょう)郷粳子峪(こうしよく)村のヒマワリ畑で作業する農家。中国河北省唐山市遵化(じゅんか)市(唐山市の管轄下にある県級市)は秋の農繁期を迎え、果実の収穫や作物の管理・保護などの作業にいそしむ農家の姿が見られるようになった。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620830

  • 2018年09月24日
    農村に実りの秋河北省唐山市

    24日、遵化市小廠(しょうしょう)郷粳子峪(こうしよく)村のヒマワリ畑で作業する農家。(小型無人機から)中国河北省唐山市遵化(じゅんか)市(唐山市の管轄下にある県級市)は秋の農繁期を迎え、果実の収穫や作物の管理・保護などの作業にいそしむ農家の姿が見られるようになった。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620791

  • 2018年09月27日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM3墓の全景。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605706

  • 2018年09月27日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM3墓から出土した武士俑。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605648

  • 2018年09月30日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した竜型俑。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月30日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605649

  • 2018年09月30日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した銅鏡。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月30日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605673

  • 2018年09月30日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓で行われた発掘作業の様子。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月30日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605690

  • 2018年09月30日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡から出土した崇寧通宝(すうねいつうほう)。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月30日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605683

  • 2018年09月30日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM1墓から出土した銅銭。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月30日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605676

  • 2018年10月02日
    豊漁に沸く漁港の国慶節福建省石獅市

    2日、福建省石獅市の祥芝国家中心漁港で魚の搬送作業をする人々。(小型無人機から)中国福建省泉州市石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)の祥芝(しょうし)国家中心漁港では国慶節(建国記念日)の連休中、魚を満載した漁船が次々に入港し、漁師らが一刻を争って水揚げを進める忙しいながらも喜びに満ちた光景が見られる。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918865

  • 2018年10月02日
    豊漁に沸く漁港の国慶節福建省石獅市

    2日、福建省石獅市の祥芝国家中心漁港で魚の搬送作業をする人々。(小型無人機から)中国福建省泉州市石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)の祥芝(しょうし)国家中心漁港では国慶節(建国記念日)の連休中、魚を満載した漁船が次々に入港し、漁師らが一刻を争って水揚げを進める忙しいながらも喜びに満ちた光景が見られる。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918860

  • 2018年10月02日
    豊漁に沸く漁港の国慶節福建省石獅市

    2日、福建省石獅市の祥芝国家中心漁港で漁獲量を確認する漁師ら。(小型無人機から)中国福建省泉州市石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)の祥芝(しょうし)国家中心漁港では国慶節(建国記念日)の連休中、魚を満載した漁船が次々に入港し、漁師らが一刻を争って水揚げを進める忙しいながらも喜びに満ちた光景が見られる。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918822

  • 2018年10月02日
    豊漁に沸く漁港の国慶節福建省石獅市

    2日、福建省石獅市の祥芝国家中心漁港で、漁船から魚を素早く水揚げする漁師ら。(小型無人機から)中国福建省泉州市石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)の祥芝(しょうし)国家中心漁港では国慶節(建国記念日)の連休中、魚を満載した漁船が次々に入港し、漁師らが一刻を争って水揚げを進める忙しいながらも喜びに満ちた光景が見られる。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918934

  • 2018年10月02日
    豊漁に沸く漁港の国慶節福建省石獅市

    2日、福建省石獅市の祥芝国家中心漁港で漁獲量を確認する漁師ら。(小型無人機から)中国福建省泉州市石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)の祥芝(しょうし)国家中心漁港では国慶節(建国記念日)の連休中、魚を満載した漁船が次々に入港し、漁師らが一刻を争って水揚げを進める忙しいながらも喜びに満ちた光景が見られる。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918779

  • 2018年10月02日
    豊漁に沸く漁港の国慶節福建省石獅市

    2日、福建省石獅市の祥芝国家中心漁港で、クレーンを使って漁船から魚を素早く水揚げする漁師ら。(小型無人機から)中国福建省泉州市石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)の祥芝(しょうし)国家中心漁港では国慶節(建国記念日)の連休中、魚を満載した漁船が次々に入港し、漁師らが一刻を争って水揚げを進める忙しいながらも喜びに満ちた光景が見られる。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918832

  • 2018年10月02日
    豊漁に沸く漁港の国慶節福建省石獅市

    2日、福建省石獅市の祥芝国家中心漁港で魚の搬送作業をする人々。(小型無人機から)中国福建省泉州市石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)の祥芝(しょうし)国家中心漁港では国慶節(建国記念日)の連休中、魚を満載した漁船が次々に入港し、漁師らが一刻を争って水揚げを進める忙しいながらも喜びに満ちた光景が見られる。(石獅=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918812

  • 2018年10月04日
    国慶節連休前半の国内観光客、延べ5億200万人中国文化·観光部

    4日、江蘇省泰州市興化市(泰州市の管轄下にある県級市)の水上森林公園でボートに乗る観光客。中国文化・観光部によると、各地の観光部門や通信事業者、オンライン旅行サービス業者が報告・提供したデータをまとめ、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)が試算した結果、国慶節大型連休前半(10月1~4日)に全国を訪れた国内観光客数は前年比8・80%増の延べ5億200万人で、国内観光収入は8・12%増の4169億元だった。(泰州=新華社配信/湯徳宏)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919316

  • 2018年10月16日
    特色ある農村民宿の発展の道を模索福建省晋江市

    16日、晋江市金井鎮囲頭村のトレーラーホテルの部屋を整える職員。中国福建省泉州市晋江(しんこう)市(泉州市の管轄下にある県級市)の沿海農村の一部はここ数年、独特な地理的条件と産業基盤を生かし、文化クリエイティブ要素を取り込んでコンテナ型ホテルやトレーラーホテル、産業体験民宿など特色ある体験型プロジェクトを打ち出している。また、サービスの多様化により特色ある農村民宿の発展の道を模索し、沿海民宿をテーマにする個性的な村を作り上げた。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930163

  • 2018年10月16日
    特色ある農村民宿の発展の道を模索福建省晋江市

    16日、晋江市金井鎮囲頭村にあるアワビ養殖農家が営む民宿の産業体験コーナーでアワビに餌をやる児童。中国福建省泉州市晋江(しんこう)市(泉州市の管轄下にある県級市)の沿海農村の一部はここ数年、独特な地理的条件と産業基盤を生かし、文化クリエイティブ要素を取り込んでコンテナ型ホテルやトレーラーホテル、産業体験民宿など特色ある体験型プロジェクトを打ち出している。また、サービスの多様化により特色ある農村民宿の発展の道を模索し、沿海民宿をテーマにする個性的な村を作り上げた。(泉州=新華社記者/林格)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930203

  • 2018年10月16日
    特色ある農村民宿の発展の道を模索福建省晋江市

    16日、晋江市金井鎮囲頭村のトレーラーホテルを体験した観光客。中国福建省泉州市晋江(しんこう)市(泉州市の管轄下にある県級市)の沿海農村の一部はここ数年、独特な地理的条件と産業基盤を生かし、文化クリエイティブ要素を取り込んでコンテナ型ホテルやトレーラーホテル、産業体験民宿など特色ある体験型プロジェクトを打ち出している。また、サービスの多様化により特色ある農村民宿の発展の道を模索し、沿海民宿をテーマにする個性的な村を作り上げた。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930211

  • 2018年10月16日
    特色ある農村民宿の発展の道を模索福建省晋江市

    16日、晋江市金井鎮塘東村のリニューアルされた古民家でお茶を飲みながら語らう若者ら。中国福建省泉州市晋江(しんこう)市(泉州市の管轄下にある県級市)の沿海農村の一部はここ数年、独特な地理的条件と産業基盤を生かし、文化クリエイティブ要素を取り込んでコンテナ型ホテルやトレーラーホテル、産業体験民宿など特色ある体験型プロジェクトを打ち出している。また、サービスの多様化により特色ある農村民宿の発展の道を模索し、沿海民宿をテーマにする個性的な村を作り上げた。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930199

  • 2018年10月16日
    特色ある農村民宿の発展の道を模索福建省晋江市

    16日、晋江市金井鎮囲頭村で営む民宿のシーツを交換するアワビ養殖農家の洪万亜(こう・まんあ)さん。中国福建省泉州市晋江(しんこう)市(泉州市の管轄下にある県級市)の沿海農村の一部はここ数年、独特な地理的条件と産業基盤を生かし、文化クリエイティブ要素を取り込んでコンテナ型ホテルやトレーラーホテル、産業体験民宿など特色ある体験型プロジェクトを打ち出している。また、サービスの多様化により特色ある農村民宿の発展の道を模索し、沿海民宿をテーマにする個性的な村を作り上げた。(泉州=新華社記者/鮑菲菲)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930157

  • 2018年10月16日
    特色ある農村民宿の発展の道を模索福建省晋江市

    16日、晋江市金井鎮囲頭村のコンテナ型ホテルで、リネン運搬用カートを押しながら通路を歩く従業員。中国福建省泉州市晋江(しんこう)市(泉州市の管轄下にある県級市)の沿海農村の一部はここ数年、独特な地理的条件と産業基盤を生かし、文化クリエイティブ要素を取り込んでコンテナ型ホテルやトレーラーホテル、産業体験民宿など特色ある体験型プロジェクトを打ち出している。また、サービスの多様化により特色ある農村民宿の発展の道を模索し、沿海民宿をテーマにする個性的な村を作り上げた。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930161

  • 2018年10月16日
    特色ある農村民宿の発展の道を模索福建省晋江市

    16日、晋江市金井鎮囲頭村のコンテナ型ホテルの一角。(小型無人機から)中国福建省泉州市晋江(しんこう)市(泉州市の管轄下にある県級市)の沿海農村の一部はここ数年、独特な地理的条件と産業基盤を生かし、文化クリエイティブ要素を取り込んでコンテナ型ホテルやトレーラーホテル、産業体験民宿など特色ある体験型プロジェクトを打ち出している。また、サービスの多様化により特色ある農村民宿の発展の道を模索し、沿海民宿をテーマにする個性的な村を作り上げた。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930217

  • 2018年10月16日
    特色ある農村民宿の発展の道を模索福建省晋江市

    16日、晋江市金井鎮囲頭村のコンテナ型ホテルのロビーでくつろぐ若者。中国福建省泉州市晋江(しんこう)市(泉州市の管轄下にある県級市)の沿海農村の一部はここ数年、独特な地理的条件と産業基盤を生かし、文化クリエイティブ要素を取り込んでコンテナ型ホテルやトレーラーホテル、産業体験民宿など特色ある体験型プロジェクトを打ち出している。また、サービスの多様化により特色ある農村民宿の発展の道を模索し、沿海民宿をテーマにする個性的な村を作り上げた。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930165

  • 2018年10月23日
    習近平氏、広東省清遠市を視察

    23日、広東省清遠市が管轄する県級市、英徳(えいとく)市の電子商取引(EC)産業パークを視察し、ECを利用して特色ある産業を活性化し、産業発展によりターゲットを絞った貧困脱却支援を推進している現地の状況について質問する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は23日、広東省清遠(せいえん)市を視察した。(清遠=新華社記者/鞠鵬)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511108

  • 2018年10月23日
    習近平氏、広東省清遠市を視察

    23日、広東省清遠市が管轄する県級市、英徳(えいとく)市の連江口(れんこうこう)鎮連樟(れんしょう)村のおもちゃ工場を視察し、現地の貧困脱却状況について質問する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は23日、広東省清遠(せいえん)市を視察した。(清遠=新華社記者/鞠鵬)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511060

  • 2018年10月23日
    習近平氏、広東省清遠市を視察

    23日、広東省清遠市が管轄する県級市、英徳(えいとく)市の連江口(れんこうこう)鎮連樟(れんしょう)村の貧困家庭を訪ね、慰問する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は23日、広東省清遠(せいえん)市を視察した。(清遠=新華社記者/鞠鵬)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511037

  • 2018年10月23日
    習近平氏、広東省清遠市を視察

    23日、広東省清遠市が管轄する県級市、英徳(えいとく)市の電子商取引(EC)産業パークを視察し、ECを利用して特色ある産業を活性化し、産業発展によりターゲットを絞った貧困脱却支援を推進している現地の状況について質問する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は23日、広東省清遠(せいえん)市を視察した。(清遠=新華社記者/鞠鵬)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511168

  • 2018年10月23日
    民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区

    蘇州市呉江区七都鎮開弦弓(かいげんきゅう)村の自宅にある作業場で、父親の姚玉坤(よう・ぎょくこん)さんとニット製品を整理する「90後」(1990年代生まれ)の姚凌超(よう・りょうちょう)さん。同村はここ数年、化繊紡績、ニットシャツ生産、水産物養殖の三大産業構造を作り上げ、2017年の村全体の収入は268万元(1元=約16円)で、農民1人あたりの可処分所得は3万元を超えた。(10月23日撮影)中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429261

  • 2018年10月23日
    民営経済が小さな町を活性化江蘇省蘇州市呉江区

    空から見た蘇州市呉江区七都鎮開弦弓(かいげんきゅう)村(10月23日撮影、小型無人機から)。同村はここ数年、化繊紡績、ニットシャツ生産、水産物養殖の三大産業構造を作り上げ、2017年の村全体の収入は268万元(1元=約16円)で、農民1人あたりの可処分所得は3万元を超えた。中国江蘇省蘇州市呉江(ごこう)区には、膨大な生産量を誇る世界的繊維製品取引センターの盛沢(せいたく)鎮、中国の30%以上の生糸を生産する震沢(しんたく)鎮、美しい湖沼・河川に囲まれる江南水郷の同里(どうり)鎮、太湖のほとりにある国学(中国の古典を基礎とする伝統的文化・学術体系)と音楽の町七都(しちと)鎮など特色ある鎮が多数ある。発達した民営経済と特色ある多数の鎮は、同区の鮮明な特色を形作っている。統計によると、現在同区にある民営企業は6万社を超えており、登録資本総額は3100億元を突破し、江蘇省の全県(県級市、区)でトップになっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111428955

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月27日
    陶磁器で特色のある「小鎮」を建設広西チワン族自治区北流市

    27日、北流市陶磁器小鎮で日用陶磁器を生産する会社の従業員。中国広西チワン族自治区玉林市北流市(玉林市の管轄下にある県級市)はここ数年、陶磁器産業を絶えず拡大し、強化と向上に努めている。同市の民安鎮は陶磁器の生産や研究開発、日用陶磁器の貿易、陶磁器文化の展示などを集約した、特色のある陶磁器小鎮(小さな町)を建設し、生産・生活・生態という三つの「生」を融合した製造業で市民に富をもたらす新たな道を探求している。北流陶磁器小鎮は現在、複数の自動化生産ライン、陶磁器博物館(第一期工事)、陶磁器文化教育実践基地などの建設が完成している。同社の製品は国内外の消費者から好評を得ている。(玉林=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012877

  • 2018年10月27日
    陶磁器で特色のある「小鎮」を建設広西チワン族自治区北流市

    27日、北流陶磁器小鎮の陶磁器博物館を見学し、陶磁器文化への理解を深める来場者。中国広西チワン族自治区玉林市北流市(玉林市の管轄下にある県級市)はここ数年、陶磁器産業を絶えず拡大し、強化と向上に努めている。同市の民安鎮は陶磁器の生産や研究開発、日用陶磁器の貿易、陶磁器文化の展示などを集約した、特色のある陶磁器小鎮(小さな町)を建設し、生産・生活・生態という三つの「生」を融合した製造業で市民に富をもたらす新たな道を探求している。北流陶磁器小鎮は現在、複数の自動化生産ライン、陶磁器博物館(第一期工事)、陶磁器文化教育実践基地などの建設が完成している。同社の製品は国内外の消費者から好評を得ている。(玉林=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012797

  • 2018年10月27日
    陶磁器で特色のある「小鎮」を建設広西チワン族自治区北流市

    27日、北流陶磁器小鎮の展示ホール「世界陶磁器の窓」で陶磁器を見学する来場者。中国広西チワン族自治区玉林市北流市(玉林市の管轄下にある県級市)はここ数年、陶磁器産業を絶えず拡大し、強化と向上に努めている。同市の民安鎮は陶磁器の生産や研究開発、日用陶磁器の貿易、陶磁器文化の展示などを集約した、特色のある陶磁器小鎮(小さな町)を建設し、生産・生活・生態という三つの「生」を融合した製造業で市民に富をもたらす新たな道を探求している。北流陶磁器小鎮は現在、複数の自動化生産ライン、陶磁器博物館(第一期工事)、陶磁器文化教育実践基地などの建設が完成している。同社の製品は国内外の消費者から好評を得ている。(玉林=新華社記者/魏海)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012746

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...