KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • じょう
  • インド
  • ブッダガヤ
  • 中華民国
  • 乾隆
  • 仏塔
  • 令和
  • 全国重点文物保護単位
  • 創建
  • 北岸

「真覚寺」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
26
( 1 26 件を表示)
  • 1
26
( 1 26 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年09月26日
    (26)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺の庭。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の模範的存在といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701622

  • 2021年09月26日
    (15)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔の前に植えられたイチョウの古木。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701626

  • 2021年09月26日
    (19)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔の塔身。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701628

  • 2021年09月26日
    (14)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔の中から見つかった明代の香泥小塔(寺院の香炉から集めた灰で作った小さな塔)。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701632

  • 2021年09月26日
    (16)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔のアーチ形の門。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701636

  • 2021年09月26日
    (5)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    北京石刻芸術博物館に展示されている漢代の石像。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701586

  • 2021年09月26日
    (13)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔の内部に鎮座する仏像。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701619

  • 2021年09月26日
    (18)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔の入り口に置かれている石獅子。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701630

  • 2021年09月26日
    (4)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    北京石刻芸術博物館の入り口前。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701591

  • 2021年09月26日
    (7)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    五塔寺の庭に置かれている石の彫刻。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701598

  • 2021年09月26日
    (2)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    北京石刻文化展示ホールで撮影した元代の着彩真武像(正面)。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701590

  • 2021年09月26日
    (3)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    北京石刻芸術博物館の入り口。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701593

  • 2021年09月26日
    (1)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    北京石刻文化展示ホールの入口。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701596

  • 2021年09月26日
    (23)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺の歴史や沿革などが書かれた展示物。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701631

  • 2021年09月26日
    (21)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔の台座に建てられた小さな石塔。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701637

  • 2021年09月26日
    (6)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    北魏太和造像(複製品)。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701595

  • 2021年09月26日
    (10)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔の裏側。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701615

  • 2021年09月26日
    (9)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    展示ホールに陳列されている定光仏舍利塔の線刻画石材。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701616

  • 2021年09月26日
    (11)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔の側面。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701621

  • 2021年09月26日
    (12)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔の入口。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701623

  • 2021年09月26日
    (17)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔の入口部分に施された彫刻。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701624

  • 2021年09月26日
    (24)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺の正面入り口。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701627

  • 2021年09月26日
    (8)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    元代の着彩真武像(側面)。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701599

  • 2021年09月26日
    (22)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔の正面。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701633

  • 2021年09月26日
    (20)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺金剛宝座塔の塔身に施された彫刻。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701634

  • 2021年09月26日
    (25)明代建築と石彫芸術の代表格、五塔寺を訪ねて北京市

    真覚寺の庭に置かれている石刻。(6月23日撮影)中国北京市海淀区西直門外の白石橋の東側を流れる長河の北岸にある五塔寺は、元の名を「真覚寺」といい、創建は明代永楽年間(1403~1424年)にさかのぼる。清の乾隆26(1761)年、君主や祖先などの実名に使われている文字を避ける避諱(ひき)の慣習により、大正覚寺と改名された。清朝後期以降は次第に衰退し、中華民国初年には塔1基を残すのみとなった。この塔の名は「真覚寺金剛宝座塔」という。敷地内の台座の上に小さな石塔が5基ある。五塔寺の金剛宝座塔は、インド・ブッダガヤにある高塔の精舎(じょうしゃ)の様式にならって建てられた。中国にある同種の塔10基余りの中では比較的建造年代が古く、明代建築と石彫芸術を代表する仏塔であり、中国文化と外国文化の融合の典型例といえる。同塔は第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されており、敷地内には「北京石刻芸術博物館」がある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701635

  • 1