KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 世界遺産
  • 中国人
  • 人々
  • 位置
  • 住民
  • 入り口
  • 場所
  • 家庭
  • 小路
  • 平安

「石将軍」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  China: Qin Bangxian, Ye Jianying  and Zhou Enlai in Xi‘an after the Xi‘an Incident (1936).
    1936年01月01日
    China: Qin Bangxian, Ye Jianying and Zhou Enlai in Xi‘an after the Xi‘an Incident (1936).

    The Xi‘an Incident of December 1936 (Xī‘an Shibiìan) took place in the city of Xi‘an during the Chinese Civil War between the ruling Kuomintang (KMT) and the rebel Chinese Communist Party and just before the Second Sino-Japanese War. On 12 December 1936, Generalissimo Chiang Kai-shek, the leader of the KMT was suddenly arrested and kidnapped by Marshal Zhang Xueliang, a former warlord of Manchuria, then Japan-occupied Manchukuo. The incident led the Nationalists and the Communists to make peace so that the two could form a united front against the increasing threat posed by Japan.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071508207

  •  Letters From Iwo Jima (2006)
    2006年12月31日
    Letters From Iwo Jima (2006)

    Ken Watanabe Characters: General Kuribayashi Film: Letters From Iwo Jima (USA 2006) Director: Clint Eastwood 15 November 2006 KEN WATANABE as General Kuribayashi in Warner Bros. Pictures、クレジット:AF Archive/Warner Bro/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021030109455

  •  Letters From Iwo Jima (2006)
    2006年12月31日
    Letters From Iwo Jima (2006)

    Ken Watanabe Characters: General Kuribayashi Film: Letters From Iwo Jima (USA 2006) Director: Clint Eastwood 15 November 2006 KEN WATANABE as General Kuribayashi in Warner Bros. Pictures、クレジット:AF Archive/Warner Bro/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021030109523

  •  Letters From Iwo Jima (2006)
    2006年12月31日
    Letters From Iwo Jima (2006)

    Ken Watanabe Characters: General Kuribayashi Film: Letters From Iwo Jima (USA 2006) Director: Clint Eastwood 15 November 2006 KEN WATANABE as General Kuribayashi in Warner Bros. Pictures、クレジット:AF Archive/Warner Bro/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021030109400

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2018年06月08日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    泰山のふもとにある泰山石敢當の像。(2018年6月8日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社配信/王長民)=2018(平成30)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604995

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年05月09日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    泰安市で5月に発見された金朝の泰山石敢當の石碑。「敢當」の2文字が見える。(5月9日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社配信/劉小東)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605003

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年05月09日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    泰安市で5月に発見された金朝の泰山石敢當の石碑。(5月9日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社配信/劉小東)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604786

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年05月09日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    泰安市で5月に発見された金朝の泰山石敢當の拓本。(5月9日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社配信/劉小東)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604989

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年08月31日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    泰山石敢當をモチーフにしたグッズ石敢當人形。(8月撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社配信/劉小東)=2019(令和元)年8月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605015

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年08月31日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    泰山石敢當をモチーフにしたグッズ「石敢當人形」。(8月撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社配信/劉小東)=2019(令和元)年8月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604882

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年09月19日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    山東省泰安市の泰山石敢當文博館に保存されている泰山石敢當。(9月19日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社記者/孫暁輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604963

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年09月19日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    山東省泰安市の泰山石敢當文博館に保存されている泰山石敢當。(9月19日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社記者/孫暁輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604871

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年09月19日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    山東省泰安市の泰山石敢當文博館で展示されている、発祥地であることを記念し作られたレリーフ。(9月19日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社記者/孫暁輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604811

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年09月19日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    山東省泰安市の泰山石敢當文博館に保存されている泰山石敢當。(9月19日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社記者/孫暁輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604980

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年09月19日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    山東省泰安市の泰山石敢當文博館に保存されている泰山石敢當。(9月19日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社記者/孫暁輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604895

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年09月19日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    山東省泰安市の泰山石敢當文博館に保存されている泰山石敢當。(9月19日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社記者/孫暁輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605011

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年09月19日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    山東省泰安市の泰山石敢當文博館に保存されている泰山石敢當の拓本。(9月19日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社記者/孫暁輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604974

  •  泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く
    2019年09月19日
    泰山から世界へ石敢當発祥の地を行く

    山東省泰安市の泰山石敢當文博館に保存されている泰山石敢當。(9月19日撮影)中国山東省泰安市に位置する世界遺産、泰山を歩くと、至る所で「泰山石敢當」と彫られた石碑を見かける。大きさも形もさまざまな石の彫刻が、建物の敷地や橋のたもと、小路の入り口、住民の玄関などいろいろな場所に置かれている。泰山石敢當は「石将軍」「石大夫」「石老爺」など人の姿で祭られることもある。泰山石敢當は2006年に中国の無形文化遺産に登録された。その風習は泰山文化に根ざしたもので、山東省から国内各地、さらに東南アジア、そして世界中の中国人が住む町や村へ広がり、人々に家庭の平安や幸福をもたらしている。(済南=新華社記者/孫暁輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605023

  • 1