KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • アジアゾウ
  • 群れ
  • 野生
  • 人々
  • 動物
  • 報告
  • 確認
  • ふじ

「石屏県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
54
( 1 54 件を表示)
  • 1
54
( 1 54 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年08月07日
    繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省

    7日、アトリエで「羽毛アート」を制作する張華さん。間もなく開幕する創意雲南2019文化産業博覧会に出展する作品づくりに取り組んでいる。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406967

  • 2019年08月07日
    繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省

    7日、張華さんが制作した作品。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406945

  • 2019年08月07日
    繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省

    7日、アトリエで張華さんが羽毛を丁寧にカットしていく。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406900

  • 2019年08月07日
    繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省

    7日、観光客に自身の作品を紹介する張華さん。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406964

  • 2019年08月07日
    繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省

    7日、張華さんが制作した作品。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406933

  • 2019年08月07日
    繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省

    7日、アトリエで「羽毛アート」を制作する張華さん。間もなく開幕する創意雲南2019文化産業博覧会に出展する作品づくりに取り組んでいる。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407165

  • 2019年08月07日
    繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省

    7日、観光客に自身の作品を紹介する張華さん。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406910

  • 2019年08月07日
    繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省

    7日、アトリエで「羽毛アート」を制作する張華さん。間もなく開幕する創意雲南2019文化産業博覧会に出展する作品づくりに取り組んでいる。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406966

  • 2019年08月07日
    繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省

    7日、アトリエで張華さんが制作する「羽毛アート」の花。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406911

  • 2019年11月20日
    「世界で最も美しい水鳥」、異竜湖国家湿地公園に現れる雲南省石屏

    20日、石屏県異竜湖国家湿地公園の草地で戯れるセイケイ。「世界で最も美しい水鳥」として知られるセイケイがこのほど、中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏(せきびょう)県にある異竜湖国家湿地公園に現れた。千羽を数える珍しい渡り鳥が、園内の沼地や桟橋横に広がる草地や浅瀬で、餌を探したり戯れたりする姿が美しい風景を生み、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/婁建偉)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701647

  • 2019年11月20日
    「世界で最も美しい水鳥」、異竜湖国家湿地公園に現れる雲南省石屏

    20日、石屏県異竜湖国家湿地公園の浅瀬で戯れるセイケイ。「世界で最も美しい水鳥」として知られるセイケイがこのほど、中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏(せきびょう)県にある異竜湖国家湿地公園に現れた。千羽を数える珍しい渡り鳥が、園内の沼地や桟橋横に広がる草地や浅瀬で、餌を探したり戯れたりする姿が美しい風景を生み、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/婁建偉)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701683

  • 2019年11月20日
    「世界で最も美しい水鳥」、異竜湖国家湿地公園に現れる雲南省石屏

    20日、石屏県異竜湖国家湿地公園の浅瀬に姿を現したセイケイ。「世界で最も美しい水鳥」として知られるセイケイがこのほど、中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏(せきびょう)県にある異竜湖国家湿地公園に現れた。千羽を数える珍しい渡り鳥が、園内の沼地や桟橋横に広がる草地や浅瀬で、餌を探したり戯れたりする姿が美しい風景を生み、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/婁建偉)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701676

  • 2019年11月20日
    「世界で最も美しい水鳥」、異竜湖国家湿地公園に現れる雲南省石屏

    20日、石屏県異竜湖国家湿地公園の浅瀬で戯れるセイケイ。「世界で最も美しい水鳥」として知られるセイケイがこのほど、中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏(せきびょう)県にある異竜湖国家湿地公園に現れた。千羽を数える珍しい渡り鳥が、園内の沼地や桟橋横に広がる草地や浅瀬で、餌を探したり戯れたりする姿が美しい風景を生み、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/婁建偉)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701681

  • 2019年11月20日
    「世界で最も美しい水鳥」、異竜湖国家湿地公園に現れる雲南省石屏

    20日、石屏県異竜湖国家湿地公園の浅瀬で戯れるセイケイ。「世界で最も美しい水鳥」として知られるセイケイがこのほど、中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏(せきびょう)県にある異竜湖国家湿地公園に現れた。千羽を数える珍しい渡り鳥が、園内の沼地や桟橋横に広がる草地や浅瀬で、餌を探したり戯れたりする姿が美しい風景を生み、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/婁建偉)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701682

  • 2019年11月20日
    「世界で最も美しい水鳥」、異竜湖国家湿地公園に現れる雲南省石屏

    20日、石屏県異竜湖国家湿地公園の浅瀬に姿を現したセイケイ。「世界で最も美しい水鳥」として知られるセイケイがこのほど、中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏(せきびょう)県にある異竜湖国家湿地公園に現れた。千羽を数える珍しい渡り鳥が、園内の沼地や桟橋横に広がる草地や浅瀬で、餌を探したり戯れたりする姿が美しい風景を生み、大勢の観光客を魅了している。(昆明=新華社配信/婁建偉)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701635

  • 2019年11月21日
    湿地公園を舞うアオサギ雲南省石屏県

    11月21日、雲南省石屏異竜湖国家湿地公園を舞うアオサギ。中国雲南省石屏異竜湖国家湿地公園にこのほど、国家2級保護動物であるアオサギが飛来した。澄んだ湖の上をアオサギが優雅に舞う光景が、訪れた人々を魅了している。(昆明=新華社配信/婁建偉)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600766

  • 2019年11月21日
    湿地公園を舞うアオサギ雲南省石屏県

    11月21日、雲南省石屏異竜湖国家湿地公園を舞うアオサギ。中国雲南省石屏異竜湖国家湿地公園にこのほど、国家2級保護動物であるアオサギが飛来した。澄んだ湖の上をアオサギが優雅に舞う光景が、訪れた人々を魅了している。(昆明=新華社配信/婁建偉)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600773

  • 2019年11月21日
    湿地公園を舞うアオサギ雲南省石屏県

    11月21日、雲南省石屏異竜湖国家湿地公園を舞うアオサギ。中国雲南省石屏異竜湖国家湿地公園にこのほど、国家2級保護動物であるアオサギが飛来した。澄んだ湖の上をアオサギが優雅に舞う光景が、訪れた人々を魅了している。(昆明=新華社配信/婁建偉)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600761

  • 2019年11月21日
    湿地公園を舞うアオサギ雲南省石屏県

    11月21日、雲南省石屏異竜湖国家湿地公園で羽を休めるアオサギ。中国雲南省石屏異竜湖国家湿地公園にこのほど、国家2級保護動物であるアオサギが飛来した。澄んだ湖の上をアオサギが優雅に舞う光景が、訪れた人々を魅了している。(昆明=新華社配信/婁建偉)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600763

  • 2019年11月21日
    湿地公園を舞うアオサギ雲南省石屏県

    11月21日、雲南省石屏異竜湖国家湿地公園を舞うアオサギ。中国雲南省石屏異竜湖国家湿地公園にこのほど、国家2級保護動物であるアオサギが飛来した。澄んだ湖の上をアオサギが優雅に舞う光景が、訪れた人々を魅了している。(昆明=新華社配信/婁建偉)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600767

  • 00:40.36
    2021年05月19日
    「新華社」雲南省石屏県にアジアゾウ15頭が出現

    中国雲南省で16日未明、アジアゾウ15頭が玉渓市元江県から紅河ハニ族イ族自治州石屏(せきびょう)県に移動したことが確認された。同自治州で野生のゾウの群れが観測されたのは、モニタリングデータを取り始めて以来初めて。4月16日には、アジアゾウ17頭が同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県から玉渓市元江県に移動したことが確認されていた。16日午後8時半の時点で、ゾウの群れは依然として石屏県黄土地村付近の森にとどまっており、さらに移動する兆しは見えない。(記者/曾維) =配信日: 2021(令和3)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051912942

  • 2021年05月30日
    (7)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006919

  • 2021年05月30日
    (1)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006913

  • 2021年05月30日
    (3)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県における野生ゾウ15頭の移動ルートについて説明するスタッフ。中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006922

  • 2021年05月30日
    (4)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、小型無人機の赤外線熱画像システムで、ゾウの群れの動きを追跡・観測するスタッフ。中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006914

  • 2021年05月30日
    (2)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006915

  • 2021年05月30日
    (5)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006918

  • 00:52.65
    2021年05月30日
    「新華社」北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には、同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。アジア大陸に現存する最大の陸上野生動物だが、攻撃性が強いという。(記者/胡超、孫敏、趙珮然)=配信日:2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053108309

  • 2021年05月30日
    (9)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006917

  • 2021年05月30日
    (6)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006921

  • 2021年05月30日
    (8)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006920

  • 00:55.93
    2021年07月11日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、石屏県に入る

    中国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは9日午後5時(日本時間同6時)から10日午後5時(同6時)の間、南東に10・5キロ移動し、同省玉渓市新平イ族ダイ族自治県から紅河ハニ族イ族自治州石屏県に入った。現在、ゾウの群れの安全は確保されており、人的被害の報告もない。省の対策本部が明らかにした。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071205354

  • 2021年07月11日
    (1)雲南省のゾウの群れ、石屏県に入る

    10日、紅河ハニ族イ族自治州石屏県で確認されたゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは9日午後5時(日本時間同6時)から10日午後5時(同6時)の間、南東に10・5キロ移動し、同省玉渓市新平イ族ダイ族自治県から紅河ハニ族イ族自治州石屏県に入った。現在、ゾウの群れの安全は確保されており、人的被害の報告もない。省の対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071105166

  • 00:37.96
    2021年07月12日
    雲南省のゾウの群れ、東へ移動

    【新華社昆明7月12日】中国雲南省で北上を続けていた野生のアジアゾウの群れは、10日午後5時から11日午後5時の間に東へ11キロ移動し、同省紅河ハニ族イ族自治州石屏県竜武鎮付近の林で活動している。群れは現在、監視範囲の中にあり、人的被害の報告もない。同省の対策本部が明らかにした。(記者/孫敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081605291

  • 01:02.84
    2021年07月13日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、南東へ移動

    国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは、11日午後5時(日本時間同6時)から12日午後5時(同6時)の間に南東へ8・8キロ移動し、同省紅河ハニ族イ族自治州石屏県竜武鎮付近の林で活動している。群れは現在、監視範囲の中にあり、人的被害の報告もない。同省の対策本部が明らかにした。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071308693

  • 00:47.65
    2021年07月14日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、南へ移動

    中国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは、12日午後5時(日本時間同6時)から13日午後5時(同6時)の間に南へ10・5キロ移動し、引き続き同省紅河ハニ族イ族自治州石屏県竜武鎮付近の林で活動している。群れは現在、監視範囲の中にあり、人的被害の報告もない。同省の対策本部が明らかにした。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071412541

  • 00:31.49
    2021年07月16日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、引き続き石屏県竜武鎮を移動

    中国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは、14日午後5時(日本時間同6時)から15日午後5時(同6時)の間に北西へ12キロ移動し、引き続き同省紅河ハニ族イ族自治州石屏県竜武鎮付近の林で活動している。群れは現在、監視範囲の中にあり、人的被害の報告もない。同省の対策本部が明らかにした。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705459

  • 01:10.63
    2021年07月18日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、北東へ移動

    中国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは、16日午後5時(日本時間同6時)から17日午後5時(同6時)の間に北東へ3・4キロ移動し、引き続き同省紅河ハニ族イ族自治州石屏県竜武鎮付近の林で活動している。食べ物と水は十分にあるという。群れは現在、監視範囲の中にあり、人的被害の報告もない。同省の対策本部が明らかにした。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071807805

  • 00:51.04
    2021年07月18日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、泥浴びで涼

    中国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは、16日午後5時(日本時間同6時)時点で引き続き同省紅河ハニ族イ族自治州石屏県にとどまっている。ゾウたちはここ連日、田んぼ付近の水たまりで泥浴びをしている。たくましい体の雄2頭が浴び終わると、母ゾウが子ゾウの体にシャワーのように水を掛けてやっていた。子ゾウは沼に体を横たえ、母親のそばで涼を取った。群れは現在、監視範囲の中にあり、人的被害の報告はない。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071903003

  • 00:57.40
    2021年07月19日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、石屏県竜武鎮で一休み

    国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは、17日午後5時(日本時間同6時)から18日午後5時(同6時)までの間、同省紅河ハニ族イ族自治州石屏県竜武鎮付近の林にとどまった。その間、現地では断続的に雨が降っていた。群れは現在、監視範囲の中にあり、人的被害の報告もなく、食べ物と水は十分にあるという。同省の対策本部が明らかにした。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072001956

  • 00:38.03
    2021年07月21日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、南へ移動

    中国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは、19日午後5時(日本時間同6時)から20日午後5時の間、南へ2・1キロ移動し、同省紅河ハニ族イ族自治州石屏県竜武鎮付近の林で活動している。群れは監視範囲内にあり、人的被害の報告もない。同省の対策本部が明らかにした。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072202751

  • 00:46.18
    2021年07月28日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、元江県に入る

    中国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは21日午後5時(日本時間同6時)から27日までに南西へ63キロ移動し、同省紅河ハニ族イ族自治州石屏県から玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県に入った。27日現在、同自治県甘荘街道付近の林で活動している。ゾウの群れの安全は確保されており、人的被害の報告もない。省の対策本部が明らかにした。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072805180

  • 00:27.09
    2021年08月01日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、5日間で南西へ43キロ移動

    中国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは7月31日、同省玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県甘荘街道の林で引き続き活動している。監視範囲内の14頭の状況はおおむね安定しており、人的被害の報告もない。省の対策本部が明らかにした。群れは同省紅河ハニ族イ族自治州石屏県から玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県に入った後、5日間で南西へ計43キロ移動したという。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080107027

  • 2021年09月01日
    (1)中国の研究者、雲南省でヒガンバナの新種を発見

    中国の研究者が発見したヒガンバナ科の新属「『守標』ヒガンバナ」。(資料写真)中国の安徽師範大学と生態環境部南京環境科学研究所、浙江大学などの研究者はこのほど、雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県竜武鎮の渓谷で、ヒガンバナ科の新属の花を発見し、「Shoubiaoniayunnanensis」と命名した。ヒガンバナ科のヒガンバナ属は、花と葉が別々の時期に出るため「葉見ず花見ず」とも呼ばれる。赤い花が圧倒的に多いのに対し、今回発見された新種は白色で、半月から1カ月の間、花と葉を同時に見ることができるという。(合肥=新華社配信/劉坤)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206169

  • 2021年09月01日
    (2)中国の研究者、雲南省でヒガンバナの新種を発見

    中国の研究者が発見したヒガンバナ科の新属「『守標』ヒガンバナ」。(資料写真)中国の安徽師範大学と生態環境部南京環境科学研究所、浙江大学などの研究者はこのほど、雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県竜武鎮の渓谷で、ヒガンバナ科の新属の花を発見し、「Shoubiaoniayunnanensis」と命名した。ヒガンバナ科のヒガンバナ属は、花と葉が別々の時期に出るため「葉見ず花見ず」とも呼ばれる。赤い花が圧倒的に多いのに対し、今回発見された新種は白色で、半月から1カ月の間、花と葉を同時に見ることができるという。(合肥=新華社配信/劉坤)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206170

  • 2022年01月18日
    (5)豆腐産業の高度化で認知度向上を目指す雲南省石屏県

    13日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県の豆腐工場で製品を包装する従業員。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県は豆腐作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、豆腐産業の高度化を加速し、豆製品産業クラスターを構築することで「石屏豆腐」の認知度向上を目指してきた。県全体の豆腐と関連商品の生産量は年間32万トン、生産高は40億5千万元(1元=約18円)に達し、住民の収入増につながっている。(石屏=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011811321

  • 2022年01月18日
    (1)豆腐産業の高度化で認知度向上を目指す雲南省石屏県

    13日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県の豆腐工場で働く従業員。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県は豆腐作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、豆腐産業の高度化を加速し、豆製品産業クラスターを構築することで「石屏豆腐」の認知度向上を目指してきた。県全体の豆腐と関連商品の生産量は年間32万トン、生産高は40億5千万元(1元=約18円)に達し、住民の収入増につながっている。(石屏=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011811324

  • 2022年01月18日
    (8)豆腐産業の高度化で認知度向上を目指す雲南省石屏県

    13日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県の起業インキュベーション拠点に並ぶさまざまな豆腐製品。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県は豆腐作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、豆腐産業の高度化を加速し、豆製品産業クラスターを構築することで「石屏豆腐」の認知度向上を目指してきた。県全体の豆腐と関連商品の生産量は年間32万トン、生産高は40億5千万元(1元=約18円)に達し、住民の収入増につながっている。(石屏=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011811327

  • 2022年01月18日
    (9)豆腐産業の高度化で認知度向上を目指す雲南省石屏県

    13日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県の起業インキュベーション拠点で、ライブコマースを通して「石屏豆腐」を販売する配信者。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県は豆腐作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、豆腐産業の高度化を加速し、豆製品産業クラスターを構築することで「石屏豆腐」の認知度向上を目指してきた。県全体の豆腐と関連商品の生産量は年間32万トン、生産高は40億5千万元(1元=約18円)に達し、住民の収入増につながっている。(石屏=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011811330

  • 2022年01月18日
    (4)豆腐産業の高度化で認知度向上を目指す雲南省石屏県

    13日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県の豆腐工場で豆腐を切る従業員。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県は豆腐作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、豆腐産業の高度化を加速し、豆製品産業クラスターを構築することで「石屏豆腐」の認知度向上を目指してきた。県全体の豆腐と関連商品の生産量は年間32万トン、生産高は40億5千万元(1元=約18円)に達し、住民の収入増につながっている。(石屏=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011811323

  • 2022年01月18日
    (7)豆腐産業の高度化で認知度向上を目指す雲南省石屏県

    13日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県の豆腐工場で働く従業員。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県は豆腐作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、豆腐産業の高度化を加速し、豆製品産業クラスターを構築することで「石屏豆腐」の認知度向上を目指してきた。県全体の豆腐と関連商品の生産量は年間32万トン、生産高は40億5千万元(1元=約18円)に達し、住民の収入増につながっている。(石屏=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011811329

  • 2022年01月18日
    (3)豆腐産業の高度化で認知度向上を目指す雲南省石屏県

    13日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県の豆腐工場で仕分け作業をする従業員。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県は豆腐作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、豆腐産業の高度化を加速し、豆製品産業クラスターを構築することで「石屏豆腐」の認知度向上を目指してきた。県全体の豆腐と関連商品の生産量は年間32万トン、生産高は40億5千万元(1元=約18円)に達し、住民の収入増につながっている。(石屏=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011811316

  • 2022年01月18日
    (2)豆腐産業の高度化で認知度向上を目指す雲南省石屏県

    13日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県の豆腐工場で働く従業員。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県は豆腐作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、豆腐産業の高度化を加速し、豆製品産業クラスターを構築することで「石屏豆腐」の認知度向上を目指してきた。県全体の豆腐と関連商品の生産量は年間32万トン、生産高は40億5千万元(1元=約18円)に達し、住民の収入増につながっている。(石屏=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011811317

  • 2022年01月18日
    (6)豆腐産業の高度化で認知度向上を目指す雲南省石屏県

    13日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県の起業インキュベーション拠点で、ライブコマースを通して「石屏豆腐」を販売する配信者。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州石屏県は豆腐作りの長い歴史を持つ。同県はここ数年、豆腐産業の高度化を加速し、豆製品産業クラスターを構築することで「石屏豆腐」の認知度向上を目指してきた。県全体の豆腐と関連商品の生産量は年間32万トン、生産高は40億5千万元(1元=約18円)に達し、住民の収入増につながっている。(石屏=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011811325

  • 1