KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 箱式石棺墓
  • 配信
  • 歴史
  • 令和
  • 推定
  • 発掘調査
  • 資料
  • 海抜
  • 職員
  • 青海師範大学

「石棺墓」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    SARCOFAGO ROMANO.

    SARCOFAGO ROMANO. Location: MUSEOS VATICANOS-MUSEO PIO CLEMENTINO. VATICANO.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020101002055

  • 1997年08月28日
    深渡遺跡の石組み石棺墓 石組みの石棺墓内で火葬か

    火葬をしたとみられる跡が見つかった石組みの石棺墓=27日午後、秋田県森吉町の深渡遺跡(ふかわたり)

    商品コード: 1997082800004

  • 2003年03月11日
    門前遺跡の箱式石棺墓 1―3世紀の墓17基出土

    副葬品の鉄剣が見つかった箱式石棺墓=11日、長崎県佐世保市の門前遺跡

    商品コード: 2003031100164

  • 2009年03月05日
    出土した弥生時代の墓 粘土で密封された墓出土

    高江辻遺跡から出土した、「箱式石棺墓」(手前左)と「二列埋葬墓」=5日午前、福岡県筑後市

    商品コード: 2009030500100

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年02月04日
    見つかった石棺墓 弥生時代の火葬散骨発見

    竹松遺跡で見つかった赤色顔料が塗られた痕跡がある箱式石棺墓=4日午後、長崎県大村市

    商品コード: 2014020400707

  • 2020年07月05日
    黄河源流域で3千年前の石棺墓を発見青海省

    青海省ゴロク・チベット族自治州県瑪多県のザリン湖。(7月5日撮影)中国青海省西寧市にある青海師範大学の高原科学・持続可能発展研究チームは15日、同大の調査チームが7月に海抜4300メートルの黄河源流域のザリン(扎陵)湖畔で実施した調査で、約3千年前の石棺墓を発見したと明らかにした。青海チベット高原の先住民文化の研究に重要な意義を持つという。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082100939

  • 2020年07月05日
    黄河源流域で3千年前の石棺墓を発見青海省

    ザリン湖畔で見つかった石棺墓。(7月5日撮影)中国青海省西寧市にある青海師範大学の高原科学・持続可能発展研究チームは15日、同大の調査チームが7月に海抜4300メートルの黄河源流域のザリン(扎陵)湖畔で実施した調査で、約3千年前の石棺墓を発見したと明らかにした。青海チベット高原の先住民文化の研究に重要な意義を持つという。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082100961

  • 2020年07月05日
    黄河源流域で3千年前の石棺墓を発見青海省

    ザリン湖畔で見つかった石棺墓。(7月5日撮影)中国青海省西寧市にある青海師範大学の高原科学・持続可能発展研究チームは15日、同大の調査チームが7月に海抜4300メートルの黄河源流域のザリン(扎陵)湖畔で実施した調査で、約3千年前の石棺墓を発見したと明らかにした。青海チベット高原の先住民文化の研究に重要な意義を持つという。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082101014

  • 2020年07月05日
    黄河源流域で3千年前の石棺墓を発見青海省

    青海省ゴロク・チベット族自治州県瑪多県のザリン湖。(7月5日撮影)中国青海省西寧市にある青海師範大学の高原科学・持続可能発展研究チームは15日、同大の調査チームが7月に海抜4300メートルの黄河源流域のザリン(扎陵)湖畔で実施した調査で、約3千年前の石棺墓を発見したと明らかにした。青海チベット高原の先住民文化の研究に重要な意義を持つという。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082101015

  • 00:36.53
    2020年08月11日
    「新華社」雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見

    中国雲南省麗江市玉竜ナシ族自治県大具郷の為都村でこのほど実施された中学校のグラウンド工事で、古墓群が出土した。その後の考古調査で春秋戦国時代のものだと暫定的に判断された。同省文物考古研究所が11日、明らかにした。発掘済みと発掘中の墓は現時点で計59基。墓の類型は長方形、円形、不規則形状の竪穴式土坑墓と石棺墓の4種類が確認された。墓坑は上下複数の層からなり、それぞれの層から遺体が見つかった。各層には一次葬として1、2体の遺体が安置され、その周囲に二次葬の遺骨が多数置かれていた。同省で発掘された古墓でこのような葬送習俗を持つものは初めてだという。墓坑の層は最も多いもので4層あり、一つの墓坑からは最大19個の頭骨が確認された。ほかにも陶罐(とうかん)や海貝の殻、小型の銅器などが出土した。発掘作業は現在も続けられている。(記者/字強、厳勇)<映像内容>雲南省麗江市の中学校の工事で古墓群が出土、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403456

  • 2020年09月02日
    河北省清河県で明代の石棺墓を発見

    河北省清河県で見つかった明代の石棺墓。(資料写真)中国河北省邢台(けいだい)市清河県の文化財保護部門は、県内でこのほど緊急発掘調査を実施した古墓について、明代のものと推定されると明らかにした。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305999

  • 2020年09月02日
    河北省清河県で明代の石棺墓を発見

    古墓を発掘する清河県文化財保護部門の職員。(資料写真)中国河北省邢台(けいだい)市清河県の文化財保護部門は、県内でこのほど緊急発掘調査を実施した古墓について、明代のものと推定されると明らかにした。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306001

  • 2020年09月02日
    河北省清河県で明代の石棺墓を発見

    古墓を発掘する清河県文化財保護部門の職員。(資料写真)中国河北省邢台(けいだい)市清河県の文化財保護部門は、県内でこのほど緊急発掘調査を実施した古墓について、明代のものと推定されると明らかにした。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306149

  • 2020年09月02日
    河北省清河県で明代の石棺墓を発見

    出土した石棺を整理する清河県文化財保護部門の職員。(資料写真)中国河北省邢台(けいだい)市清河県の文化財保護部門は、県内でこのほど緊急発掘調査を実施した古墓について、明代のものと推定されると明らかにした。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306096

  • 2020年09月02日
    河北省清河県で明代の石棺墓を発見

    出土した石棺を整理する清河県文化財保護部門の職員。(資料写真)中国河北省邢台(けいだい)市清河県の文化財保護部門は、県内でこのほど緊急発掘調査を実施した古墓について、明代のものと推定されると明らかにした。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306036

  • 00:58.50
    2021年02月16日
    「新華社」遵義市で発見の大型墓群、元・明期のものと確認貴州省

    中国貴州省遵義市新蒲新区蝦子鎮で2020年7月に発見された大型墓群は、半年以上の発掘研究の結果、大半が元・明時代のものと確認された。考古スタッフは22基の墓を発掘し、それぞれM1~M22と命名。21基は石室墓、1基は竪穴土坑墓だった。石室墓はさらに竪穴石室墓と横穴石室墓、改葬墓の3種類に分類された。石室墓は、不規則な石板と大量の石灰を組み合わせて築かれ、墓門もなく形状が石棺墓に似ているものが一部で見られたほか、多くの石板を積み上げた比較的複雑な構造を持ち、藻井(そうせい、装飾天井)などの特殊構造を持つものもあった。墓室は長い年月を経ているため損傷が激しく、一部の墓室からのみ人骨と数点の遺物が出土した。うちM1号墓の墓室は同墓異穴式の夫妻双室合葬墓で、体系的な構造を持ち、墓門や棺床、排水溝、壁龕(へきがん)、藻井などが設けられていた。石壁には、花弁文と纏枝文(てんしもん、唐草文)が上下互い違いに施されていた。墓室の状況から被葬者は当時の富裕層か貴族で、高い身分の人物であったと推察されるが、墓室は二つとも盗掘によりひどく損傷しており、人骨もなく出土品も棺釘2本だけだったことから、身元を特定することはできなかった。貴州省文物考古研究所の考古スタッフ、李奎(り・けい)氏によると、22基の墓のうち藻井を持つのはM1、M6、M9号墓だという。M1号墓の形状は、藻井や案など貴州省北部の宋代墓の特徴の一部を備えているが、宋代墓に比べて簡略化されており、また明代の墓ほど単純化されていないため、両者の過渡期に当たる元代か元末明初のものと推測される。M9号墓は比較的簡略に造られ、藻井構造のみが残されている。M6号墓は藻井のある墓とない墓を含み、藻井のない墓は藻井を持つ墓よりも後に築かれた過渡期の墓に属する。これらの変遷状況から、M9とM6号墓の年代は明代初期と推測される。藻井を持つ3基以外は、6枚の石板からなる単純な石室墓で、墓室の数は単室、双室、三室、五室があり、大きさは大小さまざまで、形状も多様だが、年代はいずれも明代に属するという。(記者/劉智強) =配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700105

  • 1