KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 資料
  • 再開
  • 出発
  • 大学生
  • 学校
  • 復学
  • 授業
  • 新型コロナウイルス

「石河」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
40
( 1 40 件を表示)
  • 1
40
( 1 40 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1931年06月23日
    日本電報通信社資料

    築地水上署で水泳教師の検定試験。水上署は隅田川各所の水泳場の水泳教師の質を向上させるため、明治44年から実施している=1931(昭和6)年6月23日、明石河岸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931062300004

  • 1997年10月24日
    供養する石河正久住職 京都の寺で「情報供養」

    不要になったパソコンのフロッピーディスクなどを供養する石河正久住職=24日午後、京都市右京区花園妙心寺町(いしこ・しょうきゅう)

    商品コード: 1997102400046

  • 2000年03月25日
    直筆をあしらった石碑 「友情トンネル」と命名

    武者小路実篤の直筆をあしらった石碑=宮崎県木城町石河内

    商品コード: 2000032500005

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年06月17日
    一般見物客を締め出し

    中国・新疆ウイグル自治区ウルムチ、カシュガル、石河子

    商品コード: 2008061700277

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年06月17日
    一般見物客を締め出し

    中国・新疆ウイグル自治区ウルムチ、カシュガル、石河子

    商品コード: 2008061700278

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年06月17日
    一般見物客を締め出し

    中国・新疆ウイグル自治区ウルムチ、カシュガル、石河子

    商品コード: 2008061700279

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年06月17日
    一般見物客を締め出し

    中国・新疆ウイグル自治区ウルムチ、カシュガル、石河子

    商品コード: 2008061700280

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年03月01日
    新疆のワインはいかが?ワイナリー増で観光客歓迎

    新疆石河子軍燕ワイナリー内にある貯蔵室。(資料写真)採れたてのブドウや干しブドウを食べる習慣がある中国新疆ウイグル自治区で、ワイナリーが増えており、地元では、ワイン需要が高まっている。新疆は中国で最も早くブドウ栽培が始まった地域の一つ。新しい「新疆ウイグル自治区ワイン産業発展計画(2019~2025年)」によると、2025年には、ワイナリーは150カ所以上、ワイン生産は年30万キロリットル、完成酒類は18万キロリットル、ワイン加工段階の生産額は100億元(1元=約16円)に達する見込み。(ウルムチ=新華社配信/新疆石河子軍燕ワイナリー提供)=2014(平成26)年3月1日、クレジット:新疆石河子軍燕ワイナリー/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006103

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年03月01日
    新疆のワインはいかが?ワイナリー増で観光客歓迎

    新疆石河子軍燕ワイナリー内にある貯蔵室。(資料写真)採れたてのブドウや干しブドウを食べる習慣がある中国新疆ウイグル自治区で、ワイナリーが増えており、地元では、ワイン需要が高まっている。新疆は中国で最も早くブドウ栽培が始まった地域の一つ。新しい「新疆ウイグル自治区ワイン産業発展計画(2019~2025年)」によると、2025年には、ワイナリーは150カ所以上、ワイン生産は年30万キロリットル、完成酒類は18万キロリットル、ワイン加工段階の生産額は100億元(1元=約16円)に達する見込み。(ウルムチ=新華社配信/新疆石河子軍燕ワイナリー提供)=2014(平成26)年3月1日、クレジット:新疆石河子軍燕ワイナリー/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006110

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年03月01日
    新疆のワインはいかが?ワイナリー増で観光客歓迎

    新疆石河子軍燕ワイナリーで生産されたワイン。(資料写真)採れたてのブドウや干しブドウを食べる習慣がある中国新疆ウイグル自治区で、ワイナリーが増えており、地元では、ワイン需要が高まっている。新疆は中国で最も早くブドウ栽培が始まった地域の一つ。新しい「新疆ウイグル自治区ワイン産業発展計画(2019~2025年)」によると、2025年には、ワイナリーは150カ所以上、ワイン生産は年30万キロリットル、完成酒類は18万キロリットル、ワイン加工段階の生産額は100億元(1元=約16円)に達する見込み。(ウルムチ=新華社配信/新疆石河子軍燕ワイナリー提供)=2014(平成26)年3月1日、クレジット:新疆石河子軍燕ワイナリー/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006029

  • 2014年08月28日
    記者会見する病院関係者 低酸素脳症で意識不明に

    大阪市立大病院の医療ミスで記者会見する石河修病院長(右から2人目)ら関係者=28日午後、大阪市阿倍野区

    商品コード: 2014082800390

  • 2015年10月22日
    指導する石河美奈さん チアで届ける最高の笑顔

    石河美奈さんの指導を受けるチアリーディングチーム「クラップス」のメンバー=1日、福島県いわき市

    商品コード: 2015102200380

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年09月24日
    新疆のワインはいかが?ワイナリー増で観光客歓迎

    新疆石河子軍燕ワイナリー内で栽培されるカベルネ・ソービニヨン。(資料写真)採れたてのブドウや干しブドウを食べる習慣がある中国新疆ウイグル自治区で、ワイナリーが増えており、地元では、ワイン需要が高まっている。新疆は中国で最も早くブドウ栽培が始まった地域の一つ。新しい「新疆ウイグル自治区ワイン産業発展計画(2019~2025年)」によると、2025年には、ワイナリーは150カ所以上、ワイン生産は年30万キロリットル、完成酒類は18万キロリットル、ワイン加工段階の生産額は100億元(1元=約16円)に達する見込み。(ウルムチ=新華社配信/新疆石河子軍燕ワイナリー提供)=2016(平成28)年9月24日、クレジット:新疆石河子軍燕ワイナリー/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006050

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年07月13日
    新疆のワインはいかが?ワイナリー増で観光客歓迎

    新疆石河子軍燕ワイナリーの外観。(資料写真)採れたてのブドウや干しブドウを食べる習慣がある中国新疆ウイグル自治区で、ワイナリーが増えており、地元では、ワイン需要が高まっている。新疆は中国で最も早くブドウ栽培が始まった地域の一つ。新しい「新疆ウイグル自治区ワイン産業発展計画(2019~2025年)」によると、2025年には、ワイナリーは150カ所以上、ワイン生産は年30万キロリットル、完成酒類は18万キロリットル、ワイン加工段階の生産額は100億元(1元=約16円)に達する見込み。(ウルムチ=新華社配信/新疆石河子軍燕ワイナリー提供)=2017(平成29)年7月13日、クレジット:新疆石河子軍燕ワイナリー/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006101

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月31日
    新疆のワインはいかが?ワイナリー増で観光客歓迎

    新疆石河子軍燕ワイナリー内で野菜の摘み取り体験をする観光客。(資料写真)採れたてのブドウや干しブドウを食べる習慣がある中国新疆ウイグル自治区で、ワイナリーが増えており、地元では、ワイン需要が高まっている。新疆は中国で最も早くブドウ栽培が始まった地域の一つ。新しい「新疆ウイグル自治区ワイン産業発展計画(2019~2025年)」によると、2025年には、ワイナリーは150カ所以上、ワイン生産は年30万キロリットル、完成酒類は18万キロリットル、ワイン加工段階の生産額は100億元(1元=約16円)に達する見込み。(ウルムチ=新華社配信/新疆石河子軍燕ワイナリー提供)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新疆石河子軍燕ワイナリー/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005937

  • 2018年08月17日
    春秋時代「虢国」の墓地見つかる副葬品2千点以上が出土河南省三門峡市

    「義馬上石河村春秋墓地」で発掘された馬坑(馬を副葬した穴)。(資料写真)中国河南省義馬市上石河村でこのほど、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢(かく)国」の邦墓(ほうぼ、貴族や庶民の共同墓)が見つかり、副葬品2千点が出土した。(鄭州=新華社配信/河南省文物考古研究院提供)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:河南省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700370

  • 2018年10月15日
    春秋時代「虢国」の墓地見つかる副葬品2千点以上が出土河南省三門峡市

    「義馬上石河村春秋墓地」から出土した銅製の匜(い、水差し)。(資料写真)中国河南省義馬市上石河村でこのほど、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢(かく)国」の邦墓(ほうぼ、貴族や庶民の共同墓)が見つかり、副葬品2千点が出土した。(鄭州=新華社配信/河南省文物考古研究院提供)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:河南省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700373

  • 2018年10月15日
    春秋時代「虢国」の墓地見つかる副葬品2千点以上が出土河南省三門峡市

    「義馬上石河村春秋墓地」から出土した銅簠(どうほ、食物を盛る長方形の祭器)。(資料写真)中国河南省義馬市上石河村でこのほど、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢(かく)国」の邦墓(ほうぼ、貴族や庶民の共同墓)が見つかり、副葬品2千点が出土した。(鄭州=新華社配信/河南省文物考古研究院提供)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:河南省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700450

  • 2019年04月08日
    春秋時代「虢国」の墓地見つかる副葬品2千点以上が出土河南省三門峡市

    「義馬上石河村春秋墓地」の北東部発掘現場。(資料写真)中国河南省義馬市上石河村でこのほど、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢(かく)国」の邦墓(ほうぼ、貴族や庶民の共同墓)が見つかり、副葬品2千点が出土した。(鄭州=新華社配信/河南省文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:河南省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700435

  • 2019年04月08日
    春秋時代「虢国」の墓地見つかる副葬品2千点以上が出土河南省三門峡市

    「義馬上石河村春秋墓地」から出土した銅鼎の銘文の拓本。「虢季氏子虎父作鼎子子孫孫永宝用」と書かれている。(資料写真)中国河南省義馬市上石河村でこのほど、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢(かく)国」の邦墓(ほうぼ、貴族や庶民の共同墓)が見つかり、副葬品2千点が出土した。(鄭州=新華社配信/河南省文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:河南省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700278

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月04日
    新疆のワインはいかが?ワイナリー増で観光客歓迎

    新疆石河子軍燕ワイナリー内で栽培されるカベルネ・ソービニヨン。(資料写真)採れたてのブドウや干しブドウを食べる習慣がある中国新疆ウイグル自治区で、ワイナリーが増えており、地元では、ワイン需要が高まっている。新疆は中国で最も早くブドウ栽培が始まった地域の一つ。新しい「新疆ウイグル自治区ワイン産業発展計画(2019~2025年)」によると、2025年には、ワイナリーは150カ所以上、ワイン生産は年30万キロリットル、完成酒類は18万キロリットル、ワイン加工段階の生産額は100億元(1元=約16円)に達する見込み。(ウルムチ=新華社配信/新疆石河子軍燕ワイナリー提供)=撮影日不明、クレジット:新疆石河子軍燕ワイナリー/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019071006094

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月04日
    新疆のワインはいかが?ワイナリー増で観光客歓迎

    新疆石河子軍燕ワイナリーの遠景。(資料写真)採れたてのブドウや干しブドウを食べる習慣がある中国新疆ウイグル自治区で、ワイナリーが増えており、地元では、ワイン需要が高まっている。新疆は中国で最も早くブドウ栽培が始まった地域の一つ。新しい「新疆ウイグル自治区ワイン産業発展計画(2019~2025年)」によると、2025年には、ワイナリーは150カ所以上、ワイン生産は年30万キロリットル、完成酒類は18万キロリットル、ワイン加工段階の生産額は100億元(1元=約16円)に達する見込み。(ウルムチ=新華社配信/新疆石河子軍燕ワイナリー提供)=撮影日不明、クレジット:新疆石河子軍燕ワイナリー/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006042

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月13日
    復学する大学生の専用列車、初運行山東省

    13日、済南駅でK4046号列車に乗り込む石河子大学の学生。中国山東省でこのほど、K4046号列車が済南駅から新疆ウイグル自治区の石河子駅に向け出発した。同列車は授業が再開され大学に戻る学生を輸送する初の特別列車。石河子大学の学生約900人が済南駅と河北省の石家荘北駅から乗車し、3千キロ以上離れた大学へと向かった。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041701967

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月13日
    復学する大学生の専用列車、初運行山東省

    13日、K4046号列車の車内で発車を待つ石河子大学の学生。中国山東省でこのほど、K4046号列車が済南駅から新疆ウイグル自治区の石河子駅に向け出発した。同列車は授業が再開され大学に戻る学生を輸送する初の特別列車。石河子大学の学生約900人が済南駅と河北省の石家荘北駅から乗車し、3千キロ以上離れた大学へと向かった。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041701897

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月13日
    復学する大学生の専用列車、初運行山東省

    13日、済南駅前の広場に集合した石河子大学の学生。中国山東省でこのほど、K4046号列車が済南駅から新疆ウイグル自治区の石河子駅に向け出発した。同列車は授業が再開され大学に戻る学生を輸送する初の特別列車。石河子大学の学生約900人が済南駅と河北省の石家荘北駅から乗車し、3千キロ以上離れた大学へと向かった。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041701932

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月13日
    復学する大学生の専用列車、初運行山東省

    13日、済南駅に入る前に駅前広場で検温を受ける石河子大学の学生。中国山東省でこのほど、K4046号列車が済南駅から新疆ウイグル自治区の石河子駅に向け出発した。同列車は授業が再開され大学に戻る学生を輸送する初の特別列車。石河子大学の学生約900人が済南駅と河北省の石家荘北駅から乗車し、3千キロ以上離れた大学へと向かった。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041701965

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月13日
    復学する大学生の専用列車、初運行山東省

    13日、済南駅前の広場に集合した石河子大学の学生。中国山東省でこのほど、K4046号列車が済南駅から新疆ウイグル自治区の石河子駅に向け出発した。同列車は授業が再開され大学に戻る学生を輸送する初の特別列車。石河子大学の学生約900人が済南駅と河北省の石家荘北駅から乗車し、3千キロ以上離れた大学へと向かった。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041701990

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月13日
    復学する大学生の専用列車、初運行山東省

    13日、済南駅に入る前に駅前広場で検温を受ける石河子大学の学生。中国山東省でこのほど、K4046号列車が済南駅から新疆ウイグル自治区の石河子駅に向け出発した。同列車は授業が再開され大学に戻る学生を輸送する初の特別列車。石河子大学の学生約900人が済南駅と河北省の石家荘北駅から乗車し、3千キロ以上離れた大学へと向かった。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041701901

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月13日
    復学する大学生の専用列車、初運行山東省

    13日、済南駅前の広場に集合した石河子大学の学生。中国山東省でこのほど、K4046号列車が済南駅から新疆ウイグル自治区の石河子駅に向け出発した。同列車は授業が再開され大学に戻る学生を輸送する初の特別列車。石河子大学の学生約900人が済南駅と河北省の石家荘北駅から乗車し、3千キロ以上離れた大学へと向かった。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041701907

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月13日
    復学する大学生の専用列車、初運行山東省

    13日、K4046号列車に乗るため済南駅のホームを歩く石河子大学の学生。中国山東省でこのほど、K4046号列車が済南駅から新疆ウイグル自治区の石河子駅に向け出発した。同列車は授業が再開され大学に戻る学生を輸送する初の特別列車。石河子大学の学生約900人が済南駅と河北省の石家荘北駅から乗車し、3千キロ以上離れた大学へと向かった。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041701925

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月13日
    復学する大学生の専用列車、初運行山東省

    13日、済南駅の専用待合スペースで待機する石河子大学の学生。中国山東省でこのほど、K4046号列車が済南駅から新疆ウイグル自治区の石河子駅に向け出発した。同列車は授業が再開され大学に戻る学生を輸送する初の特別列車。石河子大学の学生約900人が済南駅と河北省の石家荘北駅から乗車し、3千キロ以上離れた大学へと向かった。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041701969

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月13日
    復学する大学生の専用列車、初運行山東省

    13日、K4046号列車に乗るため済南駅のホームを歩く石河子大学の学生。中国山東省でこのほど、K4046号列車が済南駅から新疆ウイグル自治区の石河子駅に向け出発した。同列車は授業が再開され大学に戻る学生を輸送する初の特別列車。石河子大学の学生約900人が済南駅と河北省の石家荘北駅から乗車し、3千キロ以上離れた大学へと向かった。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041701945

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.96
    2020年10月04日
    「新華社」点滴かんがいの水田、収穫量が1ムー当たり710キロに新疆

    中国新疆生産建設兵団第8師団は4日、フィルムによる点滴かんがい法を用いた水稲試験田の予測収穫量を発表した。専門家チームメンバーの測定によると、水稲試験田1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量は710キロとなった。今回測定を実施した水田は、新疆ウイグル自治区石河子市の現代農業モデル区にあり、土壌塩分濃度3・2%、土壌水素イオン指数(pH)8・7、測定生産面積は140ムー(約9・3ヘクタール)となっている。同自治区の企業、新疆天業集団節水灌漑は4月下旬、現代農業モデル区の塩類アルカリ土壌で、アルカリ性土壌に強いイネの品種を選び、フィルムを使った点滴かんがい技術と総合的な病虫害対策措置を講じた水稲栽培を試験的に実施。その結果、現在では1ムー当たり2047・5元(1元=約16円)の収益を生んだ。この栽培技術は高い節水効果があり、大規模栽培に適している。(記者/高晗)<映像内容>点滴かんがいの水田、収穫の様子、撮影日:2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101301737

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:36.20
    2020年11月06日
    「新華社」新疆の高速道路、8車線区間の総延長481キロに

    中国新疆ウイグル自治区の交通運輸庁は、京新(北京-新疆)高速道路の大黄山-ウルムチ区間、連霍(連雲港-コルガス)高速道路のウルムチ-クイトゥン区間と小草湖-ウルムチ区間の幹線道路3本が8車線化されたと明らかにした。同自治区高速道路の8車線区間の総延長は481キロとなり、自治区と他省(自治区)を結ぶ道路網の走行速度や安全性が大幅に改善された。連霍高速の小草湖-ウルムチ区間の総延長は約120キロ、投資総額は92億元(1元=約16円)。山沿いを走る旧道は七つの新設トンネルに置き換わり、設計速度も120キロ(トンネル内は100キロ)に引き上げられた。全線の所要時間は2時間から1時間に短縮された。改修・拡張工事を終えたこれらの高速道路はウルムチ市で合流すると北や西、東へ延び、それぞれ昌吉市、阜康(ふこう)市、石河子(せきかし)市、カラマイ市、ウス市、トルファン市などに接続。新疆の天山北麓経済ベルトの主要都市を結びつけている。<映像内容>新疆ウイグル自治区の高速道路の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111002624

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月27日
    (5)機械化が加速する綿花栽培新疆ウイグル自治区

    新疆生産建設兵団第八師団石河子総場のリモートセンシング画像。綿作農家は家にいながら畑の様子を知ることができるようになった。(2020年6月20日製作)中国新疆ウイグル自治区は、国内の主要綿花生産地で、綿花畑が集中しており、栽培規模も大きい。北斗ナビゲーションシステムや高解像度衛星観測システム、気象衛星「風雲」などにより、農業の自動化やスマート化が進展したのに伴い、同自治区の綿花生産も高度な機械化が行われてきた。(ウルムチ=新華社配信/疆天綿図提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:疆天綿図/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032707080

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月27日
    (4)機械化が加速する綿花栽培新疆ウイグル自治区

    新疆生産建設兵団第八師団石河子総場の綿花畑。(2020年6月20日撮影)中国新疆ウイグル自治区は、国内の主要綿花生産地で、綿花畑が集中しており、栽培規模も大きい。北斗ナビゲーションシステムや高解像度衛星観測システム、気象衛星「風雲」などにより、農業の自動化やスマート化が進展したのに伴い、同自治区の綿花生産も高度な機械化が行われてきた。(ウルムチ=新華社配信/疆天綿図提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:疆天綿図/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032707094

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (1)北京大学の留学生、新疆ウイグル自治区を見学

    5日、石河子市の綿花畑で綿花収穫機に乗って動画を撮影する北京大学元培学院のバングラデシュ人留学生、サニーさん(左)。中国人民対外友好協会と北京大学の企画で、同大学の留学生20人が1~6日、新疆ウイグル自治区を訪れた。留学生の出身地はアルメニア、チャド、アフガニスタン、スリランカ、コモロ、モンゴル、米国、ウガンダなど。留学生らはウルムチ、カシュガル、ホータン、石河子各市を訪れ、農村や工場、綿花畑、バザールなどを見学、同自治区の社会安定や経済発展、民族団結、人々の穏やかな暮らしぶりに触れた。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408670

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (4)北京大学の留学生、新疆ウイグル自治区を見学

    3日、ホータン市の農村でライブコマースを体験する北京大学の留学生。中国人民対外友好協会と北京大学の企画で、同大学の留学生20人が1~6日、新疆ウイグル自治区を訪れた。留学生の出身地はアルメニア、チャド、アフガニスタン、スリランカ、コモロ、モンゴル、米国、ウガンダなど。留学生らはウルムチ、カシュガル、ホータン、石河子各市を訪れ、農村や工場、綿花畑、バザールなどを見学、同自治区の社会安定や経済発展、民族団結、人々の穏やかな暮らしぶりに触れた。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408672

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (3)北京大学の留学生、新疆ウイグル自治区を見学

    3日、ホータン市で伝統手工芸品「アトラスシルク」の製造工程を見学する北京大学の留学生。中国人民対外友好協会と北京大学の企画で、同大学の留学生20人が1~6日、新疆ウイグル自治区を訪れた。留学生の出身地はアルメニア、チャド、アフガニスタン、スリランカ、コモロ、モンゴル、米国、ウガンダなど。留学生らはウルムチ、カシュガル、ホータン、石河子各市を訪れ、農村や工場、綿花畑、バザールなどを見学、同自治区の社会安定や経済発展、民族団結、人々の穏やかな暮らしぶりに触れた。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408673

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (2)北京大学の留学生、新疆ウイグル自治区を見学

    2日、カシュガル市で地元の人々と踊る北京大学の留学生。中国人民対外友好協会と北京大学の企画で、同大学の留学生20人が1~6日、新疆ウイグル自治区を訪れた。留学生の出身地はアルメニア、チャド、アフガニスタン、スリランカ、コモロ、モンゴル、米国、ウガンダなど。留学生らはウルムチ、カシュガル、ホータン、石河子各市を訪れ、農村や工場、綿花畑、バザールなどを見学、同自治区の社会安定や経済発展、民族団結、人々の穏やかな暮らしぶりに触れた。(ウルムチ=新華社記者/張暁竜)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408671

  • 1