KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 石油危機
  • オイルショック
  • ガソリンスタンド
  • 看板
  • デパート
  • 政府
  • 給油
  • 銀座
  • 対策

「石油ショック」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
108
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
108
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1973年11月28日
    ガソリン不足深刻に

    世界的な石油危機の中、ガソリン不足が深刻になっていた。各ガソリンスタンドでは「日曜、祝日は休業、平日は午後6時閉店」とか「給油は普通車20リットル、軽自動車10リットルまで」といった給油制限の告知が行われ、ドライバーも不安顔。大半のスタンドが11月分のガソリンをほぼ売り尽くしており、早じまいせざるをえない状況。11月中旬から順次、普通ガソリンが1リットル85円に値上げされているが、各スタンドとも新価格対策より品物確保が先決だった。=1973(昭和48)年11月28日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821674

  • 2015年01月05日
    逆石油ショックに懸念拡大

    NY原油相場の推移

    商品コード: 2015010500679

  • 2015年01月05日
    逆石油ショックに懸念拡大

    NY原油相場の推移

    商品コード: 2015010500681

  • 1979年07月30日
    石油ショック、日本を揺さぶる

    「軽油品切れ」の張り紙を出したガソリンスタンド=1979(昭和54)年7月30日、東京都世田谷区(1979年国内十大ニュース3)

    商品コード: 2010030100359

  • 2015年01月05日
    逆石油ショックに世界動揺

    NY原油相場の推移

    商品コード: 2015010500538

  • 2015年01月05日
    逆石油ショックに懸念拡大

    NY原油相場の推移

    商品コード: 2015010500682

  • 2015年01月05日
    逆石油ショックに世界動揺

    NY原油相場の推移

    商品コード: 2015010500535

  • 2015年01月05日
    逆石油ショックに世界動揺

    NY原油相場の推移

    商品コード: 2015010500537

  • 2015年01月05日
    逆石油ショックに世界動揺

    NY原油相場の推移

    商品コード: 2015010500536

  • 2015年01月05日
    ベネズエラの油田 逆石油ショックに世界動揺

    ベネズエラ北西部にあるマラカイボ湖の油田(共同)

    商品コード: 2015010500564

  • 2015年01月05日
    逆石油ショックに懸念拡大

    NY原油相場の推移

    商品コード: 2015010500680

  • 1973年11月24日
    石油危機

    サウジアラビアから原油を積んで鹿児島県の喜入基地に向かう日本のタンカー=1973(昭和48)年11月24日、鹿児島・指宿沖

    商品コード: 2010122000399

  • 1973年11月23日
    石油危機

    ガソリンスタンドが休業のため、持参したポリタンクのガソリンを給油するマイカー族=1973(昭和48)年11月23日、静岡県・東名高速道路足柄サービスエリア

    商品コード: 2010122000397

  • 1973年11月23日
    石油危機と消費規制

    石油危機で持参したスペアのポリタンクから給油するドライバー=1973(昭和48)年11月23日、静岡・東名高速道路足柄SA(1973年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2010081100202

  • 1973年12月09日
    タクシー用LPガス緊急放出 石油危機と消費規制

    緊急放出されたLPガスの補給を受けるタクシー=1973(昭和48)年12月9日、東京都中野区南台(1973年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2010081000146

  • 1973年11月20日
    デパートもエネルギー節約に協力 石油危機と消費規制

    電力節約で平日の開店時間繰り下げを知らせるボード=1973(昭和48)年11月20日、東京・新宿のデパート(1973年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2010081100152

  • 1973年12月09日
    タクシー用LPガス緊急放出 石油危機と消費規制

    LPガス補給の営業時間を知らせる看板=1973(昭和48)年12月9日、東京都中野区南台(1973年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2010081100218

  • 1973年12月22日
    石油危機と消費規制

    燃料事情の悪化で経営が成り立たないと総決起集会を開いた全国公衆浴場業環境衛生同業組合連合会の代表ら=1973(昭和48)年12月22日、東京都千代田区の九段会館(1973年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2010081100288

  • 2009年11月12日
    トイレ紙の買い占め騒ぎ 石油危機、列島を直撃

    1973(昭和48)年11月21日、石油危機を発端にトイレットペーパーや洗剤など日用品の買い占め騒動が全国で発生し、東京・青山のスーパーでは警備員の制止も聞かず買い物客が殺到する光景も。マイカー、ネオン、深夜テレビの自粛を政府が求めたことで不安が広がりパニックとなった。

    商品コード: 2009111200119

  • 1995年04月28日
    教訓は生かされないまま 石油危機、列島を直撃

    )、27日企画01S、5月8日付朝刊用、解禁厳守  石油危機の経験から鹿児島県の志布志湾に建設された志布志石油備蓄基地

    商品コード: 1995042800011

  • 1973年12月09日
    タクシー用LPガス緊急放出 石油危機と消費規制

    緊急放出されたLPガスの補給を受けるタクシー=1973(昭和48)年12月9日、東京都中野区南台(1973年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2010081000173

  • 1973年12月20日
    デパートもエネルギー節約に協力 石油危機と消費規制

    電力節約で下りのエスカレーターはストップ。お客さんは階段代わりにてくてくと…=1973(昭和48)年11月20日、東京・新宿のデパート(1973年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2010081100128

  • 1973年12月22日
    石油危機と消費規制

    燃料事情の悪化で経営が成り立たないと総決起集会を開いた全国公衆浴場業環境衛生同業組合連合会の代表ら=1973(昭和48)年12月22日、東京都千代田区の九段会館(1973年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2010081200063

  • 1973年11月07日
    石油危機で電力節約

    電力節約で銀座のネオンは暗くなったが、肝心の石油会社のネオンは煌々(こうこう)と…。電力各社がビル暖房温度の引き下げ、デパートなどのネオン照明節減を要請し、大都市の広告ネオンは消灯した=1973(昭和48)年11月7日

    商品コード: 2010122000354

  • 1973年11月20日
    デパートもエネルギー節約に協力 石油危機と消費規制

    電力節約で下りのエスカレーターはストップ。お客さんは階段代わりにてくてくと…=1973(昭和48)年11月20日、東京・新宿のデパート(1973年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2010081100124

  • 1973年12月10日
    タクシー用LPガス緊急放出 石油危機と消費規制

    通産省が緊急放出したLPガスを求める個人タクシーの長い列=1973(昭和48)年12月10日、東京・杉並(1973年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2010081100179

  • 1973年11月23日
    石油危機と消費規制

    石油の消費節約を呼び掛ける看板を張り出した東名・川崎料金所=1973(昭和48)年11月23日(1973年国内十大ニュース1)

    商品コード: 2010081100204

  • 1974年01月21日
    石油危機で駐機場不足

    石油危機で旅客機が減便、発着数が減り駐機場不足に悩まされる羽田空港=1974(昭和49)年1月21日

    商品コード: 2005051300159

  • 1995年04月28日
    教訓は生かされないまま 石油危機、列島を直撃

    )、27日企画01S、5月8日付朝刊用、解禁厳守  石油危機の経験から鹿児島県の志布志湾に建設された志布志石油備蓄基地

    商品コード: 1995042800008

  • 1995年04月28日
    教訓は生かされないまま 石油危機、列島を直撃

    石油危機からトイレットペーパーなどの買い占め騒動が発生、ガードマンの制止も聞かずスーパーの売り場に殺到する買い物客=1973年11月、東京都港区青山

    商品コード: 1995042800010

  • 1973年12月20日
    かまどの復活

    民家の土間で、女性がたきぎをくべているのは炊事用のかまど。ご飯を炊くはがまとやかんがかけてある。そばには、かつては家庭の常備品だった七輪も。天井に向かって伸びる柱状のものは煙突。以前は多くの家にかまどがあり、食事時には家々の煙突から煙が上った。当時、電気炊飯器や石油・ガスコンロは普及していたが、この年秋の石油ショックで燃料類が不足し高騰。急きょ、昔ながらのかまどが見直され、復活した。=1973(昭和48)年12月20日、岡山県鏡野町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821687

  • 2014年01月09日
    中東戦争が波及 石油危機、銀座ネオン消す

    1974(昭和49)年1月16日、前年10月に勃発した第4次中東戦争の影響で「石油危機」に襲われた日本では政府が第2次規制を実施。企業向けの石油、電力の供給削減が強化され、東京・銀座通りは広告ネオンが一斉に消された。テレビの深夜放送は休止、電車の暖房も切られた。

    商品コード: 2014010900292

  • 04:24.22
    1973年11月23日
    「中日映画社」石油危機

    石油制限のため中小企業は原料不足が深刻。一方、だるまストーブが飛ぶような売行き。<映像内容> 経済大国ニッポン(ジャンボ飛行機、新幹線、高速道路を走るトラック)、石油制限に対し緊急会議、首相官邸に召集する閣僚たち、対策を超党派へ訴える中曽根通産大臣、エレベーターに乗り込む人々、石油製品の工場、関係者インタビュー、埼玉県川口市の鋳物工場、だるまストーブ生産、節電のポスター、消えたネオン、撮影日不明・公開日:1973(昭和48)年11月23日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2018053000977

  • 2005年07月11日
    ガソリン入れる従業員 石油危機、独立紛争で試練

    6日、インドネシア・ジャワ島中部ジョクジャカルタのガソリンスタンドで、数百台のバイクが並ぶ中、ガソリンを入れる従業員(ロイター=共同)

    商品コード: 2005071100192

  • 2004年08月20日
    イラクの石油精製施設 「石油危機」再来の声も

    イラク南部バスラの石油精製施設(ロイター=共同)

    商品コード: 2004082000238

  • 2008年06月12日
    「第3次石油危機」到来か

    世界のGDPに対する原油購入費の割合

    商品コード: 2008061200412

  • 2004年08月20日
    取引所のトレーダー 「石油危機」再来の声も

    ニューヨーク・マーカンタイル取引所で原油先物を取引するトレーダー(ロイター=共同)

    商品コード: 2004082000240

  • 1973年11月16日
    石油危機で懐かしの練炭復活

    石油危機で灯油が高騰し、練炭、豆炭の売れ行きが急伸、フル操業のメーカー=東京・品川(48年内地 7837)

    商品コード: 2010122000385

  • 04:26.85
    1973年11月23日
    「中日映画社」石油危機

    石油制限のため中小企業は原料不足が深刻。一方、だるまストーブが飛ぶような売行き。<映像内容>飛行機が飛ぶ様子、交通渋滞、新幹線が走る様子、家電量販店のテレビが並ぶ様子、石油緊急対策要綱を決定した政府、国会に入る中曽根康弘通産大臣、超党派で協力が必要と各党をたずねる中曽根通産大臣、中曽根通産大臣インタビュー、節約運動でエレベータが一時停止されている様子、物不足に苦しむ中小企業の作業場、経営者らしき人のインタビュー、埼玉県川口市の鋳物工場、並ぶだるまストーブ、節電の為エスカレータが止まっているデパート、ネオンが消えている銀座、撮影日不明・公開日:1973(昭和48)年11月23日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2019013001308

  • 1974年01月16日
    「石油危機」で消えたネオン

    1973年10月の第4次中東戦争をきっかけに日本は「石油危機」に直面した。政府は74年1月16日から第2次規制を実施、企業向けの石油・電力の供給削減が強化された。写真の東京・銀座通りは、第1次規制のガス灯に続いて広告のネオンも消された=1974(昭和49)年1月16日

    商品コード: 2003051200033

  • 1973年11月16日
    石油危機で懐かしの練炭復活

    石油危機で灯油高騰が続き、練炭、豆炭の出荷に忙しい卸問屋=1973(昭和48)年11月(48年内地 7836)

    商品コード: 2010122000383

  • 2000年12月11日
    住野利男氏 石油危機でFC経営導入

    )、企画366S、13日付朝刊以降使用  創業者の住野利男氏

    商品コード: 2000121100074

  • 1993年10月02日
    石油危機の再来あり得る

    パリで共同通信と会見し、石油消費国と産油国の協調体制確立をと語る国際エネルギー機関(IEA)のシュテーク事務局長(共同)(ポーズ)

    商品コード: 1993100200074

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年01月06日
    中東戦争が波及 石油危機、銀座ネオン消す

    1974(昭和49)年1月16日、前年10月に勃発した第4次中東戦争をきっかけに「石油危機」が日本を襲い、政府は第2次規制を実施した。企業向けの石油、電力の供給削減が強化され、東京・銀座通りでは広告ネオンが一斉に消された。テレビの深夜放送は休止、電車の暖房も切られた。

    商品コード: 2011010600150

  • 2008年06月12日
    「第3次石油危機」到来か

    世界のGDPに対する原油購入費の割合

    商品コード: 2008061200413

  • 2008年06月12日
    田中伸男氏 「第3次石油危機」到来か

    田中伸男・国際エネルギー機関事務局長

    商品コード: 2008061200418

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1973年11月09日
    トイレットペーパー騒動

    スーパーのトイレットペーパー売り場に殺到する主婦ら―。第4次中東戦争をきっかけにアラブ諸国は石油供給を削減し、第1次石油ショックが起こった。トイレットペーパーなど生活必需品が買い占められ、それがまた品不足に拍車をかけた。=1973(昭和48)年11月9日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821714

  • 06:36.85
    1974年12月13日
    「中日映画社」失望と期待

    田中首相は地価高騰とインフレを招き退陣。三木武夫が総理に。<映像内容> 田中首相の日本列島改造論の開発区域に指定された青森県六ヶ所村、田中外交が成し遂げた日中国交正常化、昭和48年の石油ショックがインフレを招き不況の時代に突入、田中角栄首相退陣し三木武夫首相誕生 撮影日不明・公開日:1974(昭和49)年12月13日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2018110216319

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月21日
    ネオンが消えた銀座 依存度4割台に低下

    石油危機でネオンが消えた東京・銀座の繁華街=1974年1月

    商品コード: 2013102100366

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月21日
    トイレ紙の買いだめ 依存度4割台に低下

    石油危機でトイレットペーパーの買いだめに走る客たち=1973年11月

    商品コード: 2013102100365

  • 1973年11月23日
    休業知らせる看板 給油所が日曜、祝日休業

    政府の石油消費節約運動に協力するため、日曜、祝日は休業することを知らせる看板が立てられた東名高速・海老名サービスステーション(ガソリンスタンド)=1973(昭和48)年11月23日、神奈川県海老名市

    商品コード: 2016031700293

  • 1979年06月03日
    休業知らせる看板 給油所が日曜、祝日休業

    行政指導により日曜、祝日は休業することを知らせるガソリンスタンドの看板=1979(昭和54)年6月3日、東京都目黒区大橋の玉川通り

    商品コード: 2016031700297

  • 1973年11月23日
    休業知らせる看板 給油所が日曜、祝日休業

    石油消費節減のため、日曜、祝日は高速道路上の給油所(ガソリンスタンド)を休業することを知らせる看板=1973(昭和48)年11月23日、神奈川県川崎市の東名高速料金所

    商品コード: 2016031700294

  • 1973年11月20日
    開店を待つ買物客 デパートもエネルギー節約

    このデパートではエネルギー節約のため、平日の開店時間を30分遅らせることに。「開店時間変更」を知らせる看板と開店を待つ客=1973(昭和48)年11月20日、東京・銀座の三越

    商品コード: 2016031700286

  • 1979年06月03日
    休業知らせる看板 給油所が日曜、祝日休業

    行政指導により日曜、祝日は休業することを知らせるガソリンスタンドの看板=1979(昭和54)年6月3日、東京都目黒区大橋の玉川通り

    商品コード: 2016031700298

  • 1973年11月20日
    下りエスカレーター運行中止 デパートもエネルギー節約

    このデパートでは電力消費節減のため、下りエスカレーターを午前中運行中止に。「午前中運行中止」を知らせる看板=1973(昭和48)年11月20日、東京・新宿のデパート

    商品コード: 2016031800154

  • 1973年11月20日
    開店時間を変更 デパートもエネルギー節約

    このデパートではエネルギー節約のため、平日の開店時間を30分遅らせることに。「開店時間変更」を知らせる看板=1973(昭和48)年11月20日、東京・銀座の三越

    商品コード: 2016031700282

  • 1973年11月23日
    呼びかける張り紙 休日の乗り入れ自粛呼びかけ

    石油消費節減のため、休日のマイカー高速道路乗り入れ自粛を呼びかける張り紙=1973(昭和48)年11月23日、神奈川県川崎市の東名高速料金所近く

    商品コード: 2016031700291

  • 1973年11月23日
    休業知らせる看板 給油所が日曜、祝日休業

    石油消費節減のため、日曜、祝日は高速道路上の給油所(ガソリンスタンド)を休業することを知らせる看板=1973(昭和48)年11月23日、神奈川県川崎市の東名高速料金所

    商品コード: 2016031700299

  • 1973年10月31日
    買いだめをする人々 モノ不足

    オイルショックによる買い占めや便乗値上げの横行で「モノ不足(物不足)」感が広がる中、トイレットペーパーの買いだめをする人々=1973(昭和48)年10月、大阪の大手スーパー

    商品コード: 2016031700302

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年11月28日
    買いだめをする人たち 占領、高度成長そして停滞

    石油ショックによる経済混乱で、トイレットペーパーを買いだめしようとする人たち=1973年10月、大阪市内のスーパー

    商品コード: 2014112800366

  • 1973年12月27日
    (みき・たけお) 三木武夫

    石油危機でアラブ訪問、パレスチナ難民キャンプの学校を訪れた三木特使=1973(昭和48)年12月27日、シリア(共同)

    商品コード: 2008013000179

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月03日
    国王と会見する三木氏 中東原油は「生命線」

    石油危機で特使として中東に派遣され、サウジアラビアのファイサル国王(右)と会見する三木武夫副総理(当時)=1973年12月(UPI=共同)

    商品コード: 2012090300337

  • 2015年09月10日
    OPEC緊急閣僚会議 成長の地鳴り聞く

    1973年10月、石油輸出国機構(OPEC)が開いた緊急閣僚会議。イスラエル支援国向けの石油減産を決め、第1次石油危機が起きた(UPI=共同)

    商品コード: 2015091000648

  • 1974年01月12日
    警視庁年頭出動訓練

    石油危機で車輌の出動は取り止め、都内各所に分散して行われた“ささやか出動訓練”=1974(昭和49)年1月12日、東京・日比谷公園

    商品コード: 2005041200089

  • 1973年11月21日
    売り場へ突進 オイルショック

    石油危機によるモノ不足で商品が消え、買いだめに殺到した客はガードマンらの制止も聞かず売り場へ突進=1973(昭和48)年11月21日、東京・青山のスーパー

    商品コード: 1973112150001

  • 2014年11月04日
    売り場へ突進 オイルショック

    石油危機によるモノ不足で商品が消え、買いだめに殺到した客はガードマンらの制止も聞かず売り場へ突進=1973(昭和48)年11月21日、東京・青山のスーパー

    商品コード: 2014110400280

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月21日
    依存度4割台に低下

    日本国内の主要エネルギーの供給比率

    商品コード: 2013102100379

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月21日
    依存度4割台に低下

    日本国内の主要エネルギーの供給比率

    商品コード: 2013102100380

  • 2015年02月05日
    会場全景 ローマ・クラブ東京大会開く

    石油危機の最中、各国の学識者で構成する民間シンクタンク「ローマ・クラブ」の東京大会が開かれた=1973(昭和48)年10月24日、東京都千代田区の帝国ホテル 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第6巻使用画像(P154)

    商品コード: 2015020500345

  • 1974年04月18日
    OECD第3作業部会開く

    東京で初めて開かれた経済開発協力機構(OECD)第3作業部会。手前が日本側代表。石油危機下の国際収支対策などを協議する=1974(昭和49)年4月18日、東京・芝の東京プリンスホテル

    商品コード: 2011111400566

  • 2015年02月09日
    大忙しの古紙回収業者 紙価が高騰

    石油危機で紙不足になるという噂が流れて紙価が高騰。古紙需要も激増して大忙しの古紙回収業者=1973(昭和48)年10月31日、東京都江戸川区平井  「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第6巻使用画像(P154)

    商品コード: 2015020900509

  • 1988年11月14日
    三木武夫元首相死去

    石油危機で特使としてアラブ諸国を訪問、ファイサル・サウジアラビア国王と会見する三木特使(左)=1973(昭和48)年12月12日(UPI=共同)(資料86639、UPI8122)

    商品コード: 2008013000177

  • 1979年09月30日
    金の延べ板と相場表 金相場が高騰

    第2次石油ショックや金融自由化を受けて金相場が高騰を続けた。金の延べ板と1グラム2815円の相場表=1979(昭和54)年9月、東京・日本橋「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第7巻使用画像(P178)

    商品コード: 2015030500518

  • 1979年12月23日
    石油ショック、日本を揺さぶる 1979年十大ニュース(国内)3

    「軽油品切れ」の張り紙を出したガソリンスタンド=7月30日、東京・世田谷区(資料97791)

    商品コード: 2005052400078

  • 2010年11月04日
    インフレに石油ショック 狂乱物価に抗議デモ

    1974(昭和49)年11月8日、全国消費者大会の参加者約4千人が東京で物価値上げ反対のデモ行進。列島改造ブームによる地価高騰のインフレに加え、オイルショックが輪を掛けた。石油が高騰し物価も公共料金も軒並み上がり、消費者物価指数が23%も上昇する「狂乱物価」をもたらした。

    商品コード: 2010110400165

  • 2013年10月31日
    インフレに石油ショック 狂乱物価に抗議デモ

    1974(昭和49)年11月8日、全国消費者大会の参加者約4千人が東京で物価値上げ反対のデモ行進。列島改造ブームによる地価高騰のインフレに加え、オイルショックが輪を掛けた。石油が高騰し物価も公共料金も軒並み上がり、消費者物価指数が23%も上昇する「狂乱物価」をもたらした。

    商品コード: 2013103100229

  • 2013年12月05日
    米国抜き世界一に 日本車生産1千万台超え

    1980(昭和55)年12月12日、自動車生産台数が年間1千万を突破し日本が米国を抜いて初の世界一になった。石油危機による小型車志向と自動車王国のフォード、クライスラーなどの不振があった。米国は94年に首位を奪還したものの再び日本が返り咲き、2009年に中国がトップに立つ。写真は名古屋港で船積みされる輸出車。

    商品コード: 2013120500311

  • 1977年12月19日
    構造不況

    石油危機後の不況で、生産過剰が深刻化した化学肥料、紡績、造船などは構造不況業種に指定され、過剰設備や雇用への対策が進められた。特に紡績は円高やアジアからの安い製品の輸入もあり、織り機を壊して需給バランスの回復に懸命だった。写真は12月19日大阪府和泉市で=1977(昭和52)年12月19日

    商品コード: 2003060500091

  • 2014年12月04日
    豊川信金パニック デマから取り付け騒ぎ

    1973(昭和48)年12月14日、愛知県の豊川信用金庫で取り付け騒ぎが起き20億円を超す預金が引き出された。女子高校生の「危ないわよ」の冗談がもとで倒産するとのうわさが瞬く間に広がり、預金者が窓口に殺到。石油危機のトイレットペーパー騒動など、物不足とインフレの不安な世相の中、デマに発展した。

    商品コード: 2014120400235

  • 1999年11月09日
    米国の風力発電 二酸化炭素が最大の商品

    )、企画70S、17日付朝刊以降使用、解禁厳守、草野賢一撮影  石油危機後の80年代に5000基以上も建てられた、米カリフォルニア州アルタモント峠の発電風車群。米国は世界最大の二酸化炭素排出国だが、今年6月、2020年までに需要電力の5%以上を風力でまかなうとする政策を打ち出し、注目を集めている

    商品コード: 1999110900058

  • 1976年03月03日
    初の“太陽の家”完成間近

    コレクターの取り付け作業が急ピッチで進められるソーラーハウス金岡集会所。太陽熱を利用したわが国初の本格的ソーラーハウス(太陽の家)で、沼津市環境部営繕課が48年の石油危機をきっかけに、「沼津市サンシャイン計画」として研究を進めてきた=1976(昭和51)年3月3日、静岡県沼津市金岡

    商品コード: 2013073100369

  • 2014年12月11日
    繊維業界に大打撃 構造不況が深刻化

    1977(昭和52)年12月19日、生産過剰のため織り機を壊しているのは石油危機後の大不況に襲われた大阪府和泉市の繊維会社。円高に加えアジアから低価格の輸入品が入り、需給バランスの回復に懸命だった。紡績、造船、化学肥料などの構造不況業種に翌年5月、政府は緊急対策の措置法を成立させた。

    商品コード: 2014121100349

  • 2010年12月02日
    米国抜き世界一に 日本車生産1千万台超え

    1980(昭和55)年12月12日、自動車生産台数が年間1千万を突破し日本が米国を抜いて初の世界一に。石油危機による小型車志向と自動車王国のフォード、クライスラーなどの不振があった。米国は94年に首位を奪還したものの再び日本が返り咲き、2009年に中国がトップに立つ。写真は名古屋港の輸出車の船積み。

    商品コード: 2010120200213

  • 2010年12月09日
    繊維業界に大打撃 構造不況が深刻化

    1977(昭和52)年12月19日、生産過剰のため織り機を壊しているのは石油危機後の大不況に襲われた大阪府和泉市の繊維会社。円高に加えアジアから低価格の輸入品が入り、需給バランスの回復に懸命だった。紡績、造船、化学肥料などの構造不況業種に翌年5月、政府は緊急対策の措置法を成立させた。

    商品コード: 2010120900188

  • 2011年12月08日
    豊川信金パニック デマから取り付け騒ぎ

    1973(昭和48)年12月14日、愛知県の豊川信用金庫で取り付け騒ぎが起き20億円を超す預金が引き出された。女子高校生の「危ないわよ」の冗談がもとで倒産するとのうわさが瞬く間に広がり、預金者が窓口に殺到した。石油危機のトイレットペーパー騒動など、物不足とインフレの不安な世相の中、デマに発展。

    商品コード: 2011120800129

  • 1974年05月07日
    日豪経済合同会議始まる

    開幕した第12回日豪経済合同委員会会議。壇上左が日本側、右がオーストラリア側。貿易、投資など両国間の諸問題を討議したあと、9日に共同声明を採択して閉幕するが、石油危機で始まった資源をめぐる論議が焦点になるとみられる=1974(昭和49)年5月7日、東京・帝国ホテル(49年内地 2770)

    商品コード: 2011120600088

  • 2012年04月05日
    春闘ゼネスト余波 滞留郵便物あふれる

    1974(昭和49)年4月12日、交通ゼネストの2日目、東京鉄道郵便局汐留分室では郵便物が史上最悪の滞留となった。国鉄の全面ストップに郵便(全逓)ストも加わってのダブルパンチ。石油危機による狂乱物価を背景に「インフレから生活を守る春闘」となった。私鉄やタクシー、航空機も止まる空前のまひ状態に。

    商品コード: 2012040500195

  • 1973年11月21日
    モノ不足

    「石油危機」で石油製品が値上がりすると、買い占めや便乗値上げが横行して「モノ不足」感が広がった。トイレットペーパーや洗剤が店頭から消え、不安に駆られた消費者は買いだめに殺到、全国規模でパニック状態となった。写真は11月21日東京・青山のスーパーで、昭和48年11月21日(オイルショック)

    商品コード: 2003050200086

  • 1978年01月01日
    児島〜坂出ルート 夢から現実へ 動き出した本四連絡橋

    着工間近い児島〜坂出ルート。対岸は坂出・番の州工業地帯。石油ショックの不況の波に押され、1973(昭和48)年以来凍結されていた“夢のかけ橋”は一ルート三橋方式に決まり、50年10月から順次着工された(岡山県・児島の鷲羽山から撮影)(新年用写真ニュース「夢から現実へ 動き出した本四連絡橋」6枚組の1)

    商品コード: 2015021600269

  • 1977年10月30日
    鉱山労働者が訴え 金属危機訴えキャンペーン

    鉱石のサンプルを配り、“金属危機”を訴える鉱山労働者。「石油ショックの次はメタルショック」−赤はち巻き姿の鉱山労働者約200人が“金属危機”を訴えて銅、亜鉛などを含んだ鉱石のサンプル3千個を配った=1977(昭和52)年10月30日、東京・銀座の数寄屋橋公園

    商品コード: 2015010700344

  • 1977年12月24日
    造船不況 どこへ行った円高差益

    海外からの大型受注減で四苦八苦の造船業界。幅92メートル、長さ810メートルの通称100万トンドッグでは幅約20メートルの中型貨物船を建造中。円高で輸出産業は石油ショック以来のパンチを受けている=愛知県知多市の石川島播磨造船重工(52年内地 9871)(写真ニュース「どこへ行った円高差益」5枚組の1)

    商品コード: 2015031900205

  • 2010年12月16日
    年末ジャンボに殺到 宝くじ過熱で死者も

    1976(昭和51)年12月21日、東京・後楽園球場の「ジャンボ宝くじ」売り場に発売2時間前から殺到する2万人の人々。全国各地の売り場でけが人が続出、福岡市と長野県松本市では死者まで出した。1等1千万円が40本。前後賞付きで2千万円。石油ショックに続く不況感が師走に一獲千金の夢を膨らませた。

    商品コード: 2010121600210

  • 1974年10月05日
    代々木で“不要品”交換会

    代々木の婦選会館で開かれた“不要品”交換会。第一勧業銀行生活情報センターが行ったアンケート調査によると、「石油ショック後、大半の女性はなんらかの形で財布のひもを堅く締めている。なかでも被服、耐久消費財、レジャー、光熱費などの面でムダを省く姿勢が強くでている」とか=1974(昭和49)年10月5日東京・代々木

    商品コード: 2012050700183

  • 1978年04月18日
    発電所の心臓部 風力1、発電OK わが家は風力発電所

    蓄電OK。部屋いっぱいにバッテリーや切り換えスイッチが並んだ発電所の心臓部。早瀬さんが風力発電を思い付いたのは1973(昭和48)年の“石油ショック”。電気について全くの素人だが、風をなんとか利用できないかと考えたのがきっかけ(写真ニュース「風力1、発電OK わが家は風力発電所」5枚組の3)

    商品コード: 2015061000177

  • 2014年12月11日
    年末ジャンボに殺到 宝くじ過熱で死者も

    1976(昭和51)年12月21日、東京・後楽園球場の「ジャンボ宝くじ」売り場に発売2時間前から殺到する2万人の人々。全国各地の売り場でけが人が続出、福岡市と長野県松本市では死者まで出した。1等1千万円が40本。前後賞付きで2千万円。石油ショックに続く不況感が師走に一獲千金の夢を膨らませた。

    商品コード: 2014121100351

  • 1978年07月16日
    ボン・サミット

    第4回先進国首脳会議が、西独の首都ボンでこの日から2日間の日程で始まった。石油危機後の世界経済の安定とエネルギー供給などが主な議題であった。写真は出席した主要七カ国の首脳ら、左からジェンキンズEC委員長、福田首相、アンドレオッチ伊首相、カーター米大統領、シュミット西独首相、ジスカールデスタン仏大統領、キャラハン英首相、トルドー・カナダ首相=1978(昭和53)年7月16日(UPI=共同)

    商品コード: 1978071650001

  • 1978年05月03日
    造船マンにも安堵の色 造船不況、佐世保市を直撃 SSK再建に望み託すが−

    四大株主会談は「救済協力で一致」、現場から引きあげる造船マンの顔にも一応安堵(あんど)の色が…。かつてマンモスタンカー「日章丸」を生み出した佐世保市最大の造船企業・佐世保重工業(SSK)は、石油ショックを契機とした造船不況のあらしをまともに受け、経営危機に陥った=佐世保市の佐世保重工業(写真ニュース「造船不況、佐世保市を直撃 SSK再建に望み託すが−」5枚組の1)

    商品コード: 2015061000367

  • 1975年04月25日
    沖縄、本土復帰3年

    工業開発か、農、漁業振興か…。石油基地建設予定の平安座島では漁民が網の手入れに余念がない。海洋博を誘致すれば10年かかる基盤整備は1年に縮められる-。地元は当初沸き立ったが高度経済成長のつまずきと石油ショックで国際的な不況。ドル圏から離脱した復帰時に円切り上げというショックに遭った沖縄は、今度も大変な“間の悪さ”に泣いたといえるだろう=1975(昭和50)年4月、宮城島桃源漁港(連載企画「沖縄、本土復帰3年」-7併用)

    商品コード: 2012111500107

  • 1977年07月16日
    停電と“反共”の日 「特別報告」素顔の韓国

    下宿のチェ氏が描いた(左から)教練服の学生、郷土予備軍(30歳まで)、同(35歳まで)、民防衛隊員。上方は女性の支援予備軍−朝鮮戦争27周年の6月25日、トイレにいたら突然、停電になった。石油ショック以来、毎月1回地域ごとに半日節電をしているという。学校では“反共”の日の特別行事も…(企画番外「特別報告」素顔の韓国−12回続きの4併用。6〜7月にかけ1カ月間、プサン<釜山>市の一般家庭での外信部記者による住み込み「見聞録」)

    商品コード: 2014100800288

  • 1
  • 2