KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 指定
  • 令和
  • 全国重点文物保護単位
  • 記者
  • 国宝
  • 重要文化財
  • 彫刻
  • 歴史
  • 創建
  • 経文

「石経」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
101
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
101
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Computer Illustration

    Computer Illustration, Coronavirus economic recession in city. .、クレジット:Mark Stevenson/Education Images/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100101142

  • 1996年06月08日
    日本最古の一字一石経

    福井県小浜市の飯盛寺から見つかった日本最古の一字一石経

    商品コード: 1996060800020

  • 2007年04月09日
    世界最大級の拓本 仏教美術の名宝を一堂に

    九州国立博物館で展示される「山東省泰山石経峪摩崖刻経」の拓本と拓本家の井上拓歩さん=9日午後、福岡県太宰府市

    商品コード: 2007040900156

  • 2018年09月07日
    Sicily - Volcano Etna

    07 September 2018, Italy, Etna: Participants of an excursion on Etna are on their way via lava rock to the off-road vehicles. Etna (Italian Etna or Mongibello) is an active and with over 3,000 meters, the highest volcano in Europe. Photo: Alexandra Schuler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091923895

  • 2018年09月07日
    Sicily - Volcano Etna

    07 September 2018, Italy, Etna: Participants of an excursion on Etna are on their way via lava rock to the off-road vehicles. Etna (Italian Etna or Mongibello) is an active and with over 3,000 meters, the highest volcano in Europe. Photo: Alexandra Schuler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091923922

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日に撮影したマニ石塚。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701640

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日、祈りを終え、石経城の近くで休憩するお年寄り。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701619

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日、マニ石経城で衣服を売るチベット族の商人。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701613

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日、マニ石塚を訪れた人々。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701644

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日、マニ石塚の前で祈りをささげる人。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701647

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日、マニ石経城でバドミントンをする子どもたち。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701630

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日、マニ石経城の近くでマフラーやチベット族の服飾品などを買い求める人々。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701627

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日、石経城をのんびり歩く放生(ほうじょう)された子牛。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701612

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日に撮影したマニ石塚。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701622

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日に撮影したマニ石塚。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701639

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日、手押し車でマニ石を運ぶ女性の石工職人。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701645

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日、マニ石経城で衣服を売るチベット族の商人。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701646

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日に撮影したマニ石塚。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701618

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日に撮影したマニ石塚。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701588

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日に撮影したマニ石経城。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701649

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月18日
    世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    18日に撮影したマニ石塚。300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(玉樹=新華社記者/李琳海)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701624

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:20.43
    2019年02月28日
    「新華社」世界最大のマニ石塚を訪ねて青海省玉樹

    300年余り前、チベット仏教の嘉那活仏(ジャナ活仏)は現在の中国青海省玉樹チベット族自治州新寨村でマニ石塚を創建した。石塚は長い年月をかけて祈りの言葉や経典の一節を刻んだマニ石が積み重ねられ、規模が大きくなっていった。玉樹のマニ石塚には現在、25億個のマニ石が積まれ、東西約300メートル、南北80メートル、高さ3メートルの壮大な「石経城」を形成している。歴史的な文化遺産として中国国家級重点文物保護単位に指定されたマニ石塚は、2010年の青海玉樹地震で深刻な被害を受けた。仏塔3基が損壊、5基が倒壊寸前となり、石経城は全体が崩壊し、マニ石の彫刻の一部にもひび割れが生じたが、地震の十数日後には全面修復が始まった。玉樹嘉那マニ石刻広場では現在、さまざまな形と大きさのマニ石が観光客を引き付けている。人々はマニ石の前にぬかずき、マニ車を回し、祈りをささげる。(記者/李琳海、王艷)<映像内容>青海省玉樹のマニ石塚の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022811016

  • 2019年11月12日
    仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて

    12日、北響堂山石窟の仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501317

  • 2019年11月12日
    千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    北響堂山石窟の仏像。(2019年11月12日撮影)中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051211997

  • 2019年11月12日
    仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて

    12日、北響堂山石窟の仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501345

  • 2019年11月12日
    仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて

    12日、北響堂山石窟の仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501318

  • 2019年11月12日
    仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて

    12日、空から見た北響堂山。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501332

  • 2019年11月12日
    仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて

    12日、北響堂山石窟内を見学する観光客。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501321

  • 2019年11月12日
    仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて

    12日、北響堂山石窟の仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501328

  • 2019年11月12日
    仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区の響堂山石窟博物館内に展示された仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501401

  • 2019年11月12日
    仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて

    12日、北響堂山石窟の仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501368

  • 2019年11月12日
    仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて

    12日、北響堂山石窟内を見学する観光客。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501417

  • 2019年11月12日
    仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて

    12日、北響堂山石窟内を見学する観光客。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501296

  • 2019年11月12日
    仏教芸術の宝庫、響堂山石窟を訪ねて

    12日、北響堂山石窟の仏像。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区の響堂山石窟には、南北に15キロ離れた2群の石窟がある。石窟の掘削は北斉時代に始まり、隋、唐、宋、明の各時代にも続けられた。石窟は20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出した。現存するのは16窟で、大小の仏像4300体余りと大量の石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっており、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定されている。(邯鄲=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501314

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月26日
    震災から10年復興を遂げた青海省玉樹チベット族自治州をゆく

    青海省玉樹チベット族自治州玉樹市にある「新寨嘉那マニ石経城」の一角。(3月26日撮影)かつてマグニチュード7・1の強い地震に見舞われ、大きな被害を受けた中国青海省玉樹チベット族自治州は、10年に及ぶ復興を経てよみがえり、発展の新たな時代を迎えている。(西寧=新華社記者/李琳海)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003190

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月11日
    震災から10年復興を遂げた青海省玉樹チベット族自治州をゆく

    11日、青海省玉樹チベット族自治州玉樹市にある「新寨嘉那マニ石経城」。(小型無人機から)かつてマグニチュード7・1の強い地震に見舞われ、大きな被害を受けた中国青海省玉樹チベット族自治州は、10年に及ぶ復興を経てよみがえり、発展の新たな時代を迎えている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003006

  • 02:04.52
    2020年07月29日
    「新華社」北斉時代の芸術の宝庫、響堂山石窟を守って30年河北省邯鄲市

    中国河北省邯鄲市峰峰鉱区にある響堂山石窟は、北斉時代(550年~577年)の貴重な歴史・文化・芸術遺跡で、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出したが、現存する石窟には大量の仏像や石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、中国書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっている。響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長は、響堂山石窟の保護に関する研究や文化の発掘に力を注ぎ、石窟の仏像芸術の保護と研究に30年余りを捧げ、国内外の学術界から「趙響堂」と呼ばれている。(記者/高博)<映像内容>響堂山石窟の内観、彫像の展示など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006105

  • 2020年09月06日
    科学調査団、「古商道」の発展の軌跡を探る四川省

    6日、四川省カンゼ・チベット族自治州石渠(せききょ)県にある石経牆。中国四川省甘孜(カンゼ)チベット族自治州は悠久の歴史と奥深い文化を持つ地域として知られる。四川省社会科学院、北京師範大学、四川大学および各学科・分野の専門家、学者、教授からなる科学調査団はこのほど、同自治州の各地で科学調査を実施し、現地で古い商業ルート「古商道」の発展の軌跡を探った。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801734

  • 2020年09月06日
    科学調査団、「古商道」の発展の軌跡を探る四川省

    6日、四川省カンゼ・チベット族自治州石渠(せききょ)県にある石経牆。中国四川省甘孜(カンゼ)チベット族自治州は悠久の歴史と奥深い文化を持つ地域として知られる。四川省社会科学院、北京師範大学、四川大学および各学科・分野の専門家、学者、教授からなる科学調査団はこのほど、同自治州の各地で科学調査を実施し、現地で古い商業ルート「古商道」の発展の軌跡を探った。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801747

  • 2020年12月23日
    中国最大の石経幢「趙州陀羅尼経幢」を訪ねて河北省趙県

    12月23日、石家荘市趙県の趙州陀羅尼経幢。中国河北省石家荘市趙県にある「趙州陀羅尼経幢(だらにきょうどう)」は、中国に現存する最も大きい石経幢で、正式名称を「仏頂尊勝(ぶっちょうそんしょう)陀羅尼経幢」という。幢身に陀羅尼経が刻まれていることから陀羅尼経幢と呼ばれる。彫刻を施した花こう岩を積み上げており、外観が塔に似ていることから、地元では石塔とも呼ばれる。北宋の景祐5(1038)年の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。経幢は南向きに建てられ、台座や幢身、幢頂、宝珠など複数の部分からなる。八角多層形式の7層構造で、高さは16・44メートル。各層は一つの巨石を彫刻して積み上げている。各層の幢身の間には八角形の華蓋(かがい)または幢軒があり、各層が互いを引き立てている。各部の形状はそれぞれ独自の特色を持っており、首飾りや垂れ幕、神獣、仏教故事などが彫刻され、経幢石彫芸術の神髄とされる。趙州陀羅尼経幢は、中国建築と彫刻芸術の融合の最高の手本とされ、北宋仏教や彫刻芸術を研究する上での貴重な資料としてだけでなく、歴史的、芸術的にも重要な価値を持つ。(石家荘=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010803407

  • 2021年01月06日
    (2)中国最大の石経幢「趙州陀羅尼経幢」を訪ねて河北省趙県

    12月23日、石家荘市趙県の趙州陀羅尼経幢。中国河北省石家荘市趙県にある「趙州陀羅尼経幢(だらにきょうどう)」は、中国に現存する最も大きい石経幢で、正式名称を「仏頂尊勝(ぶっちょうそんしょう)陀羅尼経幢」という。幢身に陀羅尼経が刻まれていることから陀羅尼経幢と呼ばれる。彫刻を施した花こう岩を積み上げており、外観が塔に似ていることから、地元では石塔とも呼ばれる。北宋の景祐5(1038)年の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。経幢は南向きに建てられ、台座や幢身、幢頂、宝珠など複数の部分からなる。八角多層形式の7層構造で、高さは16・44メートル。各層は一つの巨石を彫刻して積み上げている。各層の幢身の間には八角形の華蓋(かがい)または幢軒があり、各層が互いを引き立てている。各部の形状はそれぞれ独自の特色を持っており、首飾りや垂れ幕、神獣、仏教故事などが彫刻され、経幢石彫芸術の神髄とされる。趙州陀羅尼経幢は、中国建築と彫刻芸術の融合の最高の手本とされ、北宋仏教や彫刻芸術を研究する上での貴重な資料としてだけでなく、歴史的、芸術的にも重要な価値を持つ。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701375

  • 2021年01月06日
    (4)中国最大の石経幢「趙州陀羅尼経幢」を訪ねて河北省趙県

    12月23日、石家荘市趙県の趙州陀羅尼経幢。中国河北省石家荘市趙県にある「趙州陀羅尼経幢(だらにきょうどう)」は、中国に現存する最も大きい石経幢で、正式名称を「仏頂尊勝(ぶっちょうそんしょう)陀羅尼経幢」という。幢身に陀羅尼経が刻まれていることから陀羅尼経幢と呼ばれる。彫刻を施した花こう岩を積み上げており、外観が塔に似ていることから、地元では石塔とも呼ばれる。北宋の景祐5(1038)年の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。経幢は南向きに建てられ、台座や幢身、幢頂、宝珠など複数の部分からなる。八角多層形式の7層構造で、高さは16・44メートル。各層は一つの巨石を彫刻して積み上げている。各層の幢身の間には八角形の華蓋(かがい)または幢軒があり、各層が互いを引き立てている。各部の形状はそれぞれ独自の特色を持っており、首飾りや垂れ幕、神獣、仏教故事などが彫刻され、経幢石彫芸術の神髄とされる。趙州陀羅尼経幢は、中国建築と彫刻芸術の融合の最高の手本とされ、北宋仏教や彫刻芸術を研究する上での貴重な資料としてだけでなく、歴史的、芸術的にも重要な価値を持つ。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701389

  • 2021年01月06日
    (1)中国最大の石経幢「趙州陀羅尼経幢」を訪ねて河北省趙県

    12月23日、石家荘市趙県の趙州陀羅尼経幢。中国河北省石家荘市趙県にある「趙州陀羅尼経幢(だらにきょうどう)」は、中国に現存する最も大きい石経幢で、正式名称を「仏頂尊勝(ぶっちょうそんしょう)陀羅尼経幢」という。幢身に陀羅尼経が刻まれていることから陀羅尼経幢と呼ばれる。彫刻を施した花こう岩を積み上げており、外観が塔に似ていることから、地元では石塔とも呼ばれる。北宋の景祐5(1038)年の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。経幢は南向きに建てられ、台座や幢身、幢頂、宝珠など複数の部分からなる。八角多層形式の7層構造で、高さは16・44メートル。各層は一つの巨石を彫刻して積み上げている。各層の幢身の間には八角形の華蓋(かがい)または幢軒があり、各層が互いを引き立てている。各部の形状はそれぞれ独自の特色を持っており、首飾りや垂れ幕、神獣、仏教故事などが彫刻され、経幢石彫芸術の神髄とされる。趙州陀羅尼経幢は、中国建築と彫刻芸術の融合の最高の手本とされ、北宋仏教や彫刻芸術を研究する上での貴重な資料としてだけでなく、歴史的、芸術的にも重要な価値を持つ。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701377

  • 2021年01月06日
    (3)中国最大の石経幢「趙州陀羅尼経幢」を訪ねて河北省趙県

    12月23日、石家荘市趙県の趙州陀羅尼経幢。中国河北省石家荘市趙県にある「趙州陀羅尼経幢(だらにきょうどう)」は、中国に現存する最も大きい石経幢で、正式名称を「仏頂尊勝(ぶっちょうそんしょう)陀羅尼経幢」という。幢身に陀羅尼経が刻まれていることから陀羅尼経幢と呼ばれる。彫刻を施した花こう岩を積み上げており、外観が塔に似ていることから、地元では石塔とも呼ばれる。北宋の景祐5(1038)年の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。経幢は南向きに建てられ、台座や幢身、幢頂、宝珠など複数の部分からなる。八角多層形式の7層構造で、高さは16・44メートル。各層は一つの巨石を彫刻して積み上げている。各層の幢身の間には八角形の華蓋(かがい)または幢軒があり、各層が互いを引き立てている。各部の形状はそれぞれ独自の特色を持っており、首飾りや垂れ幕、神獣、仏教故事などが彫刻され、経幢石彫芸術の神髄とされる。趙州陀羅尼経幢は、中国建築と彫刻芸術の融合の最高の手本とされ、北宋仏教や彫刻芸術を研究する上での貴重な資料としてだけでなく、歴史的、芸術的にも重要な価値を持つ。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701396

  • 2021年03月08日
    広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺の宋代遺構、大仏様(だいぶつよう)の天王殿と殿前に立つ唐代の経幢。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041212066

  • 2021年03月08日
    (24)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺蔵経楼の扁額。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041212063

  • 2021年03月08日
    広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺の山門。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041212074

  • 2021年04月08日
    (12)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺大雄宝殿の棟に施された「潮州嵌磁」。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812612

  • 2021年04月08日
    (13)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺観音殿の棟に施された「潮州嵌磁」。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812614

  • 2021年04月08日
    (16)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺天王殿の内部。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812616

  • 2021年04月08日
    (17)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺天王殿の裏側。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812617

  • 2021年04月08日
    (5)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺に陳列されている宋元様式を模した観音木像。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812487

  • 2021年04月08日
    (22)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺大雄宝殿と殿前の供天台。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812796

  • 2021年04月08日
    (15)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺天王殿から見た山門殿。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812611

  • 2021年04月08日
    (14)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺天王殿正面の扁額。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812615

  • 2021年04月08日
    (2)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺山門殿の金剛座像。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812482

  • 2021年04月08日
    (8)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺山門の夜景。(3月7日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812590

  • 2021年04月08日
    (9)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺大雄宝殿前の平台を囲む欄干の石板彫刻。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812591

  • 2021年04月08日
    (10)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺大雄宝殿前の広場にある菩提樹と四大部洲阿育王塔。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812592

  • 2021年04月08日
    (3)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺に陳列されている唐代様式を模した文殊菩薩木像。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812484

  • 2021年04月08日
    (4)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺に陳列されている宋元様式を模した水月観音木像。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812486

  • 2021年04月08日
    (21)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺の観音閣。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812761

  • 2021年04月08日
    (1)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺天王殿内の四天王座像。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812481

  • 2021年04月08日
    (7)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺に残る唐代の経幢。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812489

  • 2021年04月08日
    (11)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺大雄宝殿の棟に施された「潮州嵌磁」。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812594

  • 2021年04月08日
    (23)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺の大悲殿。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812805

  • 2021年04月08日
    (6)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺に残る唐代の木魚。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812488

  • 2021年04月08日
    (19)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺山門正面の扁額。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812743

  • 2021年05月05日
    (6)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月30日、響堂山石窟芸術博物館で仏像を見る趙立春さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506602

  • 2021年05月05日
    (1)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    北響堂山石窟の仏像。(2019年11月12日撮影)中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506575

  • 2021年05月05日
    (13)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月29日、北響堂山石窟で仏像を撮影する趙立春さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506656

  • 2021年05月05日
    (14)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月30日、響堂山石窟芸術博物館で仏像を見る趙立春さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506658

  • 2021年05月05日
    (7)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月30日、響堂山石窟芸術博物館で仏像を見る趙立春さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506601

  • 2021年05月05日
    (18)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月29日、北響堂山石窟を歩く趙立春さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506663

  • 01:04.34
    2021年05月05日
    「新華社」千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(記者/牟宇、高博、杜一方)=配信日:2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011836

  • 2021年05月05日
    (10)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月29日、北響堂山石窟の風景。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506653

  • 2021年05月05日
    (15)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月30日、南響堂山石窟で保護作業について検討する趙立春さん(左)と同僚。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506659

  • 2021年05月05日
    (12)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月29日、北響堂山石窟で仏像を撮影する趙立春さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506657

  • 2021年05月05日
    (11)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月29日、北響堂山石窟を歩く趙立春さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506655

  • 2021年05月05日
    (19)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月29日、北響堂山石窟を歩く趙立春さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506796

  • 2021年05月05日
    (2)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月29日、北響堂山石窟。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506580

  • 2021年05月05日
    (3)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月30日、響堂山石窟芸術博物館で館内を巡回する趙立春さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506585

  • 2021年05月05日
    (5)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月29日、北響堂山石窟で仏像を解説する趙立春さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506603

  • 2021年05月05日
    (16)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月29日、北響堂山石窟で仏像を解説する趙立春さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506660

  • 2021年05月05日
    (8)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月30日、南響堂山石窟で保護作業について検討する趙立春さん(右)と同僚。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506661

  • 2021年05月05日
    (17)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    4月29日、北響堂山石窟で石窟の歴史を解説する趙立春さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506662

  • 2021年05月05日
    (9)千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    北響堂山石窟の仏像。(2019年11月12日撮影)中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050506654

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月23日
    (9)40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    18日、新寨嘉那マニ石経城を参拝に訪れた人。中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(玉樹=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032308217

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月23日
    (1)40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    18日、新寨嘉那マニ石経城で新しい石板を積み上げる人たち。(小型無人機から)中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(玉樹=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032308026

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月23日
    (3)40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    18日、新寨嘉那マニ石経城の通路で新しい石板を売る人。中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(玉樹=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032308054

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月23日
    (2)40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    18日、新寨嘉那マニ石経城で新しい石板を積み上げる人たち。(小型無人機から)中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(玉樹=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032308068

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月23日
    (6)40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    18日、新寨嘉那マニ石経城で新しい石板を積み上げる人たち。中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(玉樹=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032308186

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月23日
    (13)40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    18日、新寨嘉那マニ石経城を参拝に訪れた人たち。中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(玉樹=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032308792

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.12
    2022年03月23日
    「新華社」40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(記者/范培珅、李占軼) =配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032306589

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月23日
    (8)40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    18日、新寨嘉那マニ石経城を参拝に訪れた人たち。中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(玉樹=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032308182

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月23日
    (12)40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    18日、新寨嘉那マニ石経城で新しい石板を積み上げる人たち。中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(玉樹=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032308236

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月23日
    (7)40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    18日、新寨嘉那マニ石経城を参拝に訪れた人たち。中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(玉樹=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032308177

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月23日
    (10)40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    18日、新寨嘉那マニ石経城を参拝に訪れた人たち。中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(玉樹=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032308214

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月23日
    (11)40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    18日、新寨嘉那マニ石経城で新しい石板を積み上げる人たち。中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(玉樹=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032308215

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月23日
    (4)40億枚の石経板保護と修繕が続くマニ石経城青海省

    18日、新寨嘉那マニ石経城の通路で売られている新しい石板。中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹市新寨街道にある新寨嘉那マニ石経城は、チベット仏教徒の信仰の地で、数百年にわたり積み重ねられた40億枚近くのマニ石(経文を彫った石板)が巨大な石刻芸術群を形成している。青海チベット高原の石刻文化の手本であり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。2010年に起きた青海玉樹地震では、マニ石経城も深刻な被害を受けた。中央政府は災害復興資金として5千万元(1元=約19円)余りを投じ、マニ石経城の整備と経堂、仏塔、マニ車廊などの修繕を実施した。同州文物局の葛立維(かつ・りつい)局長によると、国はここ数年も総額700万元を投じて大経堂の修繕や中心区画の応急修繕などの重点保護プロジェクトを実施している。現在のマニ石経城は、10年前に比べ規模が大きくなった。マニ石も増え、中国各地のチベット仏教徒が参拝に訪れている。(玉樹=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032308070

  • 1
  • 2