KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国科学院
  • 研究成果
  • 科学研究
  • ネイチャー
  • システム
  • アルカリ
  • 新疆ウイグル自治区
  • スタッフ
  • 南京地質
  • 地質古生物

「研究チーム」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
724
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
724
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月13日
    (1)中国の研究チーム、ペルム紀末大量絶滅に新仮説

    ペルム紀末に絶滅した三葉虫の化石。(資料写真)約2億5千万年前に起きた史上最大の生物大量絶滅では、海洋生物の9割以上と陸上生物の7割以上が死滅した。原因については、シベリアの巨大火山活動を上げる説が有力視されているが、中国科学技術大学の沈延安(しん・えんあん)教授の研究チームはこのほど、火山から噴出した「ニッケルのもや」が大量絶滅の元凶である可能性を発見した。(合肥=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月13日
    (5)中国の研究チーム、ペルム紀末大量絶滅に新仮説

    ペルム紀末に絶滅したアンモナイトの化石。(資料写真)約2億5千万年前に起きた史上最大の生物大量絶滅では、海洋生物の9割以上と陸上生物の7割以上が死滅した。原因については、シベリアの巨大火山活動を上げる説が有力視されているが、中国科学技術大学の沈延安(しん・えんあん)教授の研究チームはこのほど、火山から噴出した「ニッケルのもや」が大量絶滅の元凶である可能性を発見した。(合肥=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月13日
    (4)中国の研究チーム、ペルム紀末大量絶滅に新仮説

    ペルム紀末に絶滅したフズリナ類の化石。(資料写真)約2億5千万年前に起きた史上最大の生物大量絶滅では、海洋生物の9割以上と陸上生物の7割以上が死滅した。原因については、シベリアの巨大火山活動を上げる説が有力視されているが、中国科学技術大学の沈延安(しん・えんあん)教授の研究チームはこのほど、火山から噴出した「ニッケルのもや」が大量絶滅の元凶である可能性を発見した。(合肥=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月13日
    (3)中国の研究チーム、ペルム紀末大量絶滅に新仮説

    カナダのスベルドラップ盆地で岩石のサンプルを採取する研究者。(資料写真)約2億5千万年前に起きた史上最大の生物大量絶滅では、海洋生物の9割以上と陸上生物の7割以上が死滅した。原因については、シベリアの巨大火山活動を上げる説が有力視されているが、中国科学技術大学の沈延安(しん・えんあん)教授の研究チームはこのほど、火山から噴出した「ニッケルのもや」が大量絶滅の元凶である可能性を発見した。(合肥=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月13日
    (2)中国の研究チーム、ペルム紀末大量絶滅に新仮説

    ペルム紀末に絶滅した古代サンゴの化石。(資料写真)約2億5千万年前に起きた史上最大の生物大量絶滅では、海洋生物の9割以上と陸上生物の7割以上が死滅した。原因については、シベリアの巨大火山活動を上げる説が有力視されているが、中国科学技術大学の沈延安(しん・えんあん)教授の研究チームはこのほど、火山から噴出した「ニッケルのもや」が大量絶滅の元凶である可能性を発見した。(合肥=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (1)中国の古生物学者、1億2500万年前の単子葉植物化石を発見

    寧城中華草の化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、同研究所が主導する科学研究チームが内モンゴル自治区赤峰市寧城県で、これまで発見された中では世界最古の単子葉植物の化石を発見したと公表した。1億2500万年前のもので「寧城中華草(Sinoherbaningchengensis)」と命名された。植物進化の研究の重要な根拠になるという。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (2)中国の古生物学者、1億2500万年前の単子葉植物化石を発見

    寧城中華草の想像図。中国科学院南京地質古生物研究所は6日、同研究所が主導する科学研究チームが内モンゴル自治区赤峰市寧城県で、これまで発見された中では世界最古の単子葉植物の化石を発見したと公表した。1億2500万年前のもので「寧城中華草(Sinoherbaningchengensis)」と命名された。植物進化の研究の重要な根拠になるという。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月23日
    潮汐の変化が沿岸部の水害発生率に影響中国と外国の研究者が発見

    米ノースカロライナ州ウィルミントン港における1908年~2019年の水位変化図。黒線は小規模洪水のしきい値で、紫線と黄線はそれぞれ平均より高い水位、相対平均海面水位を示す。青色部分は水位観測値、オレンジ色部分は過去の潮汐水位。(資料写真)潮汐の変化が沿岸部の小規模洪水の発生頻度に影響することを中国と外国の共同研究チームが発見した。研究成果はこのほど、国際学術誌「サイエンス・アドバンシス」に掲載された。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (3)復元に8年、唐王朝の宮廷茶会をよみがえらせた芸術家

    研究チームが復元した法門寺の宝物「菱形双環文直筒琉璃杯」。(資料写真)中国陝西省に8年かけて唐代の宮廷茶会を再現した人々がいる。活動の中心に立ったのは同省西安市の芸術家、王苗(おう・びょう)さん。唐代の宮廷茶器を多く所蔵する法門寺博物館(同省宝鶏市)の研究チームと共に2010年から取り組んだ。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (1)復元に8年、唐王朝の宮廷茶会をよみがえらせた芸術家

    研究チームが復元した法門寺の宝物「五瓣葵口秘色瓷碗」。(資料写真)中国陝西省に8年かけて唐代の宮廷茶会を再現した人々がいる。活動の中心に立ったのは同省西安市の芸術家、王苗(おう・びょう)さん。唐代の宮廷茶器を多く所蔵する法門寺博物館(同省宝鶏市)の研究チームと共に2010年から取り組んだ。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (4)復元に8年、唐王朝の宮廷茶会をよみがえらせた芸術家

    王苗さんらが再現した「大唐皇家茶宴」の一幕。(資料写真)中国陝西省に8年かけて唐代の宮廷茶会を再現した人々がいる。活動の中心に立ったのは同省西安市の芸術家、王苗(おう・びょう)さん。唐代の宮廷茶器を多く所蔵する法門寺博物館(同省宝鶏市)の研究チームと共に2010年から取り組んだ。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (2)復元に8年、唐王朝の宮廷茶会をよみがえらせた芸術家

    研究チームが復元した法門寺の宝物「鎏金銀棱平脱雀鳥団花文秘色瓷碗」。(資料写真)中国陝西省に8年かけて唐代の宮廷茶会を再現した人々がいる。活動の中心に立ったのは同省西安市の芸術家、王苗(おう・びょう)さん。唐代の宮廷茶器を多く所蔵する法門寺博物館(同省宝鶏市)の研究チームと共に2010年から取り組んだ。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (2)中国の科学者、液体金属製の整形外科用固定具を開発

    11日、曲靖市第一人民医院で、液体金属製の外部固定具「外骨格」を使って固定した足首の状態をX線写真で確認する医師。中国雲南省の曲靖市第一人民医院関節外科で11日、入院中の患者、馮秋艶(ふう・しゅうえん)さんの足に液体金属製の整形外科用外部固定具「外骨格」が装着され、重い石膏ギプスから解放された。従来の石膏ギプスは付け外しが不便で、弾力性や通気性がないなどの問題があったが、この「外骨格」はフィット感や弾力性があり、付け外しが容易で、通気性に優れ、X線透過性も石膏より高く、繰り返し使用できる。「外骨格」は清華大学教授で中国科学院理化技術所の兼任研究員、液体金属首席科学者の劉静(りゅう・せい)氏の研究チームと、雲南中宣液体金属科技、曲靖市第一人民医院の張勇(ちょう・ゆう)教授チームが共同開発したもので、中国の液体金属技術が生物医学材料分野で独自に成し遂げた画期的成果となった。同製品は、肩関節や肘関節、指や手の骨、腕などに使用でき、近く試作品の生産が始まる予定となっている。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (1)中国の科学者、液体金属製の整形外科用固定具を開発

    11日、曲靖市第一人民医院で、液体金属製の外部固定具「外骨格」を使って患者の馮秋艶さんの足首を固定する医師。中国雲南省の曲靖市第一人民医院関節外科で11日、入院中の患者、馮秋艶(ふう・しゅうえん)さんの足に液体金属製の整形外科用外部固定具「外骨格」が装着され、重い石膏ギプスから解放された。従来の石膏ギプスは付け外しが不便で、弾力性や通気性がないなどの問題があったが、この「外骨格」はフィット感や弾力性があり、付け外しが容易で、通気性に優れ、X線透過性も石膏より高く、繰り返し使用できる。「外骨格」は清華大学教授で中国科学院理化技術所の兼任研究員、液体金属首席科学者の劉静(りゅう・せい)氏の研究チームと、雲南中宣液体金属科技、曲靖市第一人民医院の張勇(ちょう・ゆう)教授チームが共同開発したもので、中国の液体金属技術が生物医学材料分野で独自に成し遂げた画期的成果となった。同製品は、肩関節や肘関節、指や手の骨、腕などに使用でき、近く試作品の生産が始まる予定となっている。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月18日
    (1)汪洋氏、新疆ウイグル自治区を視察

    15日、ウルムチ市天山区賽馬場片区(エリア)管理委員会紅旗社区(コミュニティー)のウイグル族の家庭を訪問する汪洋氏。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議(政協)全国委員会主席は14日から17日まで調査研究チームを率いて新疆ウイグル自治区を視察した。(ウルムチ=新華社記者/饒愛民)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月15日
    (4)汪洋氏、新疆ウイグル自治区を視察

    15日、ウルムチ市サイバグ区ヤマリケ山片区(エリア)管理委員会泰裕社区(コミュニティー)のウイグル族の家庭を訪問する汪洋氏。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議(政協)全国委員会主席は14日から17日まで調査研究チームを率いて新疆ウイグル自治区を視察した。(ウルムチ=新華社記者/饒愛民)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月15日
    (3)汪洋氏、新疆ウイグル自治区を視察

    15日、ウルムチ市の汗騰格里寺を訪れ、宗教施設の管理やサービスなどについて尋ねる汪洋氏。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議(政協)全国委員会主席は14日から17日まで調査研究チームを率いて新疆ウイグル自治区を視察した。(ウルムチ=新華社記者/饒愛民)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月14日
    (2)汪洋氏、新疆ウイグル自治区を視察

    14日、ウルムチ市の白大寺を訪れ、宗教施設の管理やサービスなどについて尋ねる汪洋氏。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議(政協)全国委員会主席は14日から17日まで調査研究チームを率いて新疆ウイグル自治区を視察した。(ウルムチ=新華社記者/饒愛民)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (7)中国の科学者、「身につけるディスプレイ」を開発上海市

    10日、研究成果を紹介する復旦大学高分子科学学部の彭慧勝(ほう・けいしょう)教授。中国上海市の復旦大学高分子科学学部の彭慧勝(ほう・けいしょう)教授率いる研究チームはこのほど、ディスプレイの製造と織物の製織プロセスの融合に成功し、広範囲フレキシブル表示織物とスマート集積システムを実現した。研究成果は北京時間11日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (4)中国の科学者、「身につけるディスプレイ」を開発上海市

    10日、製織に用いられる発光繊維(左)と通電により光を発する発光繊維(右)。中国上海市の復旦大学高分子科学学部の彭慧勝(ほう・けいしょう)教授率いる研究チームはこのほど、ディスプレイの製造と織物の製織プロセスの融合に成功し、広範囲フレキシブル表示織物とスマート集積システムを実現した。研究成果は北京時間11日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (3)中国の科学者、「身につけるディスプレイ」を開発上海市

    10日、製織に用いられる発光繊維。中国上海市の復旦大学高分子科学学部の彭慧勝(ほう・けいしょう)教授率いる研究チームはこのほど、ディスプレイの製造と織物の製織プロセスの融合に成功し、広範囲フレキシブル表示織物とスマート集積システムを実現した。研究成果は北京時間11日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (1)中国の科学者、「身につけるディスプレイ」を開発上海市

    10日、製織に用いられる発光繊維を見せる復旦大学の研究員。中国上海市の復旦大学高分子科学学部の彭慧勝(ほう・けいしょう)教授率いる研究チームはこのほど、ディスプレイの製造と織物の製織プロセスの融合に成功し、広範囲フレキシブル表示織物とスマート集積システムを実現した。研究成果は北京時間11日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (2)中国の科学者、「身につけるディスプレイ」を開発上海市

    10日、製織に用いられる発光繊維。中国上海市の復旦大学高分子科学学部の彭慧勝(ほう・けいしょう)教授率いる研究チームはこのほど、ディスプレイの製造と織物の製織プロセスの融合に成功し、広範囲フレキシブル表示織物とスマート集積システムを実現した。研究成果は北京時間11日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (5)中国の科学者、「身につけるディスプレイ」を開発上海市

    10日、発光繊維で作った「復旦大学」の校章を見せる同大学の研究員。中国上海市の復旦大学高分子科学学部の彭慧勝(ほう・けいしょう)教授率いる研究チームはこのほど、ディスプレイの製造と織物の製織プロセスの融合に成功し、広範囲フレキシブル表示織物とスマート集積システムを実現した。研究成果は北京時間11日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月11日
    (3)中国の科学者、液体金属製の整形外科用固定具を開発

    10日、実験室でテスト中の液体金属材料。中国雲南省の曲靖市第一人民医院関節外科で11日、入院中の患者、馮秋艶(ふう・しゅうえん)さんの足に液体金属製の整形外科用外部固定具「外骨格」が装着され、重い石膏ギプスから解放された。従来の石膏ギプスは付け外しが不便で、弾力性や通気性がないなどの問題があったが、この「外骨格」はフィット感や弾力性があり、付け外しが容易で、通気性に優れ、X線透過性も石膏より高く、繰り返し使用できる。「外骨格」は清華大学教授で中国科学院理化技術所の兼任研究員、液体金属首席科学者の劉静(りゅう・せい)氏の研究チームと、雲南中宣液体金属科技、曲靖市第一人民医院の張勇(ちょう・ゆう)教授チームが共同開発したもので、中国の液体金属技術が生物医学材料分野で独自に成し遂げた画期的成果となった。同製品は、肩関節や肘関節、指や手の骨、腕などに使用でき、近く試作品の生産が始まる予定となっている。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.28
    2021年03月11日
    「新華社」中国の科学者、液体金属製の整形外科用固定具を開発

    中国雲南省の曲靖市第一人民医院関節外科で11日、入院中の患者、馮秋艶(ふう・しゅうえん)さんの足に液体金属製の整形外科用外部固定具「外骨格」が装着され、重い石膏ギプスから解放された。従来の石膏ギプスは付け外しが不便で、弾力性や通気性がないなどの問題があったが、この「外骨格」はフィット感や弾力性があり、付け外しが容易で、通気性に優れ、X線透過性も石膏より高く、繰り返し使用できる。「外骨格」は清華大学教授で中国科学院理化技術所の兼任研究員、液体金属首席科学者の劉静(りゅう・せい)氏の研究チームと、雲南中宣液体金属科技、曲靖市第一人民医院の張勇(ちょう・ゆう)教授チームが共同開発したもので、中国の液体金属技術が生物医学材料分野で独自に成し遂げた画期的成果となった。同製品は、肩関節や肘関節、指や手の骨、腕などに使用でき、近く試作品の生産が始まる予定となっている。(記者/孫敏)=配信日:2021(令和3)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    (6)中国の科学者、「身につけるディスプレイ」を開発 上海市

    10日、復旦大学高分子科学学部の彭慧勝(ほう・けいしょう)教授(左から2人目)と研究チームのメンバー。中国上海市の復旦大学高分子科学学部の彭慧勝(ほう・けいしょう)教授率いる研究チームはこのほど、ディスプレイの製造と織物の製織プロセスの融合に成功し、広範囲フレキシブル表示織物とスマート集積システムを実現した。研究成果は北京時間11日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.48
    2021年03月10日
    「新華社」生体模倣ロボット動作の模倣から広がる可能性

    中国の北京理工大学機電学院の教員と学生で構成される研究チームがこのほど、超小型のスマート・バイオニック・ネズミ型ロボットを開発した。この機敏な「ロボットマウス」はバイオニック設計を採用し、コンフィギュレーション・マッピング(写像)と知覚統合、スマート意思決定の三つのコア技術を備えている。ロボットマウスには優れた機動性と感知能力があり、体積が小さく運動能力も高いため、今後狭い空間で検査業務を担うなどの用途が期待される。また、高度な生体模倣性を有することから、ロボットマウスと生きたネズミを交流させることで、生物の行動表現や感情をより深く研究することも可能となる。(記者/魏夢佳) =配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (3)新型加速器光源の研究、EUV露光装置の開発支援に清華大学

    ドイツのベルリンで実験を行うSSMB実験チーム。(資料写真)中国清華大学工程物理学部の唐伝祥(とう・でんしょう)教授の研究グループとドイツの研究チームは25日、英科学誌「ネイチャー」に論文を発表し、「定常状態マイクロバンチング(SSMB)と呼ばれる新型粒子加速器光源の原理検証実験について報告した。この研究は光子科学研究に新たな機会をもたらし、EUV(極端紫外線)リソグラフィ(露光装置)の独自開発を後押しすることが期待される。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (2)新型加速器光源の研究、EUV露光装置の開発支援に清華大学

    SSMBの原理検証実験のイメージ図。(資料写真)中国清華大学工程物理学部の唐伝祥(とう・でんしょう)教授の研究グループとドイツの研究チームは25日、英科学誌「ネイチャー」に論文を発表し、「定常状態マイクロバンチング(SSMB)と呼ばれる新型粒子加速器光源の原理検証実験について報告した。この研究は光子科学研究に新たな機会をもたらし、EUV(極端紫外線)リソグラフィ(露光装置)の独自開発を後押しすることが期待される。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (1)新型加速器光源の研究、EUV露光装置の開発支援に清華大学

    SSMBの原理検証実験のイメージ図。(資料写真)中国清華大学工程物理学部の唐伝祥(とう・でんしょう)教授の研究グループとドイツの研究チームは25日、英科学誌「ネイチャー」に論文を発表し、「定常状態マイクロバンチング(SSMB)と呼ばれる新型粒子加速器光源の原理検証実験について報告した。この研究は光子科学研究に新たな機会をもたらし、EUV(極端紫外線)リソグラフィ(露光装置)の独自開発を後押しすることが期待される。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (5)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    18日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)の宇宙衛星科学運用監視室で、記念撮影をする衛星「慧眼」科学応用システムの研究チーム。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (3)深層海洋水の酸素量は6億年前に上昇中米仏研究チームが発見

    6億年前のボーリングコア標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と米国、フランスの古生物学者がこのほど、6億年前の深海で大規模な酸化が起こり、深層海水の酸素量が上昇していたことを発見したと明らかにした。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (2)深層海洋水の酸素量は6億年前に上昇中米仏研究チームが発見

    6億年前のボーリングコア標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と米国、フランスの古生物学者がこのほど、6億年前の深海で大規模な酸化が起こり、深層海水の酸素量が上昇していたことを発見したと明らかにした。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (1)深層海洋水の酸素量は6億年前に上昇中米仏研究チームが発見

    約6億年前の海の想像図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と米国、フランスの古生物学者がこのほど、6億年前の深海で大規模な酸化が起こり、深層海水の酸素量が上昇していたことを発見したと明らかにした。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (7)深層海洋水の酸素量は6億年前に上昇中米仏研究チームが発見

    顕微鏡で見た6億年前のボーリングコア標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と米国、フランスの古生物学者がこのほど、6億年前の深海で大規模な酸化が起こり、深層海水の酸素量が上昇していたことを発見したと明らかにした。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (4)深層海洋水の酸素量は6億年前に上昇中米仏研究チームが発見

    6億年前のボーリングコア標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と米国、フランスの古生物学者がこのほど、6億年前の深海で大規模な酸化が起こり、深層海水の酸素量が上昇していたことを発見したと明らかにした。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (6)深層海洋水の酸素量は6億年前に上昇中米仏研究チームが発見

    顕微鏡で見た6億年前のボーリングコア標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と米国、フランスの古生物学者がこのほど、6億年前の深海で大規模な酸化が起こり、深層海水の酸素量が上昇していたことを発見したと明らかにした。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (5)深層海洋水の酸素量は6億年前に上昇中米仏研究チームが発見

    顕微鏡で見た6億年前のボーリングコア標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と米国、フランスの古生物学者がこのほど、6億年前の深海で大規模な酸化が起こり、深層海水の酸素量が上昇していたことを発見したと明らかにした。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (2)現生人類、5万年前以内に中国南部に出現か最新研究で解明

    湖北省鄖西県の黄竜洞内部の堆積物。(資料写真)中国の南京大学の孫雪峰(そん・せつほう)副教授率いる国際共同研究チームはこのほど、解剖学的現代人(現生人類)が中国南部で出現した時期について、5万年以内の可能性があるとの研究成果を発表した。同大学が12日、明らかにした。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (1)現生人類、5万年前以内に中国南部に出現か最新研究で解明

    湖北省の楊家坡洞と三遊洞、湖南省の福岩洞で見つかった現生人類の化石標本。(資料写真)中国の南京大学の孫雪峰(そん・せつほう)副教授率いる国際共同研究チームはこのほど、解剖学的現代人(現生人類)が中国南部で出現した時期について、5万年以内の可能性があるとの研究成果を発表した。同大学が12日、明らかにした。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (4)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、脳電極キャップをかぶり画面を見つめる研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (1)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作し「牛」の字を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (3)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作して書いた「福」と「牛」の字を掲げる研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (2)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作し「福」の字を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (11)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作し「福」の字を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (6)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、独自開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、ディスプレイに表示された漢字の筆画を最初から最後まで凝視する研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)=配信日:2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作し「牛」の字を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)=配信日:2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (2)中国の科学者、薬剤耐性ピロリ菌を抑制する丹参の成分を発見

    25日、畢洪凱教授(前列中央)の研究チーム。中国の南京医科大学は27日、同大学の畢洪凱(ひつ・こうがい)教授率いる研究チームが、生薬の丹参(たんじん)から選別した活性モノマー(単量体)成分に、薬剤耐性ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)に対する明らかな阻害効果があることを確認したと発表した。研究成果はこのほど、国際学術誌「AntimicrobialAgentsandChemotherapy」の電子版に掲載された。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (3)中国の科学者、薬剤耐性ピロリ菌を抑制する丹参の成分を発見

    「ジヒドロタンシノンI(DHT)」がバイオフィルム内のピロリ菌に対し、メトロニダゾール(MTZ)よりも高い除菌作用を持つことを示した論文掲載図。(資料写真)中国の南京医科大学は27日、同大学の畢洪凱(ひつ・こうがい)教授率いる研究チームが、生薬の丹参(たんじん)から選別した活性モノマー(単量体)成分に、薬剤耐性ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)に対する明らかな阻害効果があることを確認したと発表した。研究成果はこのほど、国際学術誌「AntimicrobialAgentsandChemotherapy」の電子版に掲載された。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (1)中国の科学者、薬剤耐性ピロリ菌を抑制する丹参の成分を発見

    26日、学生に実験動物へのピロリ菌接種を指導する畢洪凱教授(右)。中国の南京医科大学は27日、同大学の畢洪凱(ひつ・こうがい)教授率いる研究チームが、生薬の丹参(たんじん)から選別した活性モノマー(単量体)成分に、薬剤耐性ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)に対する明らかな阻害効果があることを確認したと発表した。研究成果はこのほど、国際学術誌「AntimicrobialAgentsandChemotherapy」の電子版に掲載された。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月27日
    (1)中国の科学者、「サルの顔認証技術」でキンシコウを識別

    秦嶺地区に生息するキンシコウ。(資料写真)中国陝西省西安市にある西北大学の研究チームが、人工知能(AI)などの新技術を駆使して「サルの顔認証技術」を開発した。秦嶺地区に生息するキンシコウ数千匹の識別に導入する。キンシコウは貴重な中国の固有種で、絶滅危惧種に指定されている。サルの顔認証技術の開発は、科学者がキンシコウを深く理解し、より良い保護手段を見つけるのにも役立つ。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月27日
    (2)中国の科学者、「サルの顔認証技術」でキンシコウを識別

    顔認証技術を使って収集した秦嶺地区に生息するキンシコウの顔画像サンプル。(資料写真)中国陝西省西安市にある西北大学の研究チームが、人工知能(AI)などの新技術を駆使して「サルの顔認証技術」を開発した。秦嶺地区に生息するキンシコウ数千匹の識別に導入する。キンシコウは貴重な中国の固有種で、絶滅危惧種に指定されている。サルの顔認証技術の開発は、科学者がキンシコウを深く理解し、より良い保護手段を見つけるのにも役立つ。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月27日
    (3)中国の科学者、「サルの顔認証技術」でキンシコウを識別

    秦嶺地区に生息するキンシコウ。(資料写真)中国陝西省西安市にある西北大学の研究チームが、人工知能(AI)などの新技術を駆使して「サルの顔認証技術」を開発した。秦嶺地区に生息するキンシコウ数千匹の識別に導入する。キンシコウは貴重な中国の固有種で、絶滅危惧種に指定されている。サルの顔認証技術の開発は、科学者がキンシコウを深く理解し、より良い保護手段を見つけるのにも役立つ。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.04
    2021年01月26日
    「新華社」3Dプリント技術を利用、「パイプを登るロボット」開発天津大学

    中国の天津大学の研究チームはこのほど、3Dプリント技術を利用し、産業施設で配管の測定や監視をリアルタイムに行うロボットを開発した。このロボットは、柔軟性のある一体型の構造にモジュール式グリッパーを備えており、さまざまな形状のパイプをよじ登ることができる。また、ロボットには最大1キロまでの荷物が積載可能で、これは自重の約80倍に相当する。研究チームは、このロボットにセンサーを組み込むことで、自律式配管メンテナンス・ソリューションを開発していく計画だという。(記者/宋瑞) =配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    中国の科学者、レンコン繊維から着想した縫合糸用新素材を開発

    新たに開発したバイオニック手術用縫合糸の作成や構造解析、手術での使用を示した模式図。(資料写真)中国科学技術大学の兪書宏(ゆ・しょこう)院士(アカデミー会員)率いる研究チームはこのほど、レンコン繊維の切れにくい性質に着目して、その微細構造と力学的性質を研究し、手術の縫合に使用できる新素材を開発した。(合肥=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.34
    2021年01月22日
    「新華社」内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。同大学の翟鵬輝(てき・ほうき)博士は取材に対し、今回撮影したのはシカ科の動物数十匹と明らかにした。同自治区大興安嶺汗馬国家級自然保護区はここ数年、東北林業大学、北京大学など国内の大学や研究機関と協力し、大学院生、院士(アカデミー会員)のワークステーション、国家長期科学研究拠点を設立。保護区内では毎年、科学研究チームが研究や技術指導を行っている。同大学の姜広順(きょう・こうじゅん)教授が指導する研究チームは、保護区内の野生動物が頻繁に出没する地域で遠赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを飛ばし、機器の低温耐性をテストしながら野生動物を探した。しばらくして、シカ科の動物数十匹が現れ、サーモグラフィーに白く写った。翟博士は「こうした大きな群れは、従来の固定式赤外線カメラでは観測が難しい。この森林区で初めて、サーモグラフィー技術を活用し空中から大規模な野生動物の動きを捉えた」と話した。自然保護区管理局の担当者、許家忠(きょ・かちゅう)氏によると、森林区には野生動物の移動と個体数の変化を観察するための赤外線カメラ約千台を設置しており、維持・管理コストの負担が大きくなっていた。ドローンを使った遠赤外線サーモグラフィーシステムや、可視光と非可視光を組み合わせて画像を撮影するハイパースペクトルイメージング(HSI)、レーザーレーダーなど新技術の活用で、作業効率の大幅な向上が期待できるという。許氏はまた、今後も保護区内の重要な野生動物に衛星測位システムで位置を追跡できる首輪を取り付け、移動経路や習性、活動量などのデータ収集を続けることで、適切な管理措置の策定と、より良い生態保護につなげると述べ、国内の研究機関と協力を深め、森林区の科学研究教育拠点としての役割を存分に発揮させるとの意向を示した。(記者/趙沢輝) =配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    大興安嶺汗馬国家級自然保護区で赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを調整する研究者。(2020年12月26日撮影)中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。(根河=新華社配信/馬健)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (2)内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    大興安嶺汗馬国家級自然保護区で赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを操作する研究者。(2020年12月26日撮影)中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。(根河=新華社配信/馬健)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (1)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    15日、潿洲島海域を泳ぐニタリクジラ。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/陶希夷)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (6)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    15日、潿洲島海域で確認されたニタリクジラの捕食行動。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/劉金海)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    13日、潿洲島海域で確認されたニタリクジラの捕食行動。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/劉金海)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (2)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    13日、潿洲島海域で確認されたニタリクジラの捕食行動。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/劉金海)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    15日、潿洲島海域で確認されたニタリクジラの捕食行動。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/劉金海)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (7)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    15日、潿洲島海域で確認されたニタリクジラの捕食行動。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/陶希夷)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (5)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    15日、潿洲島海域で確認されたニタリクジラの捕食行動。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/陶希夷)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)草果の全ゲノムマップを発表雲南省怒江リス族自治州

    研究チームが作成した草果の全ゲノムマップ。(資料写真)中国雲南省怒江リス族自治州は13日、華南農業大学や米コーネル大学などの研究機関と共同記者会見を開き、15カ月かけて作成した草果(ソウカ)の全ゲノムマップを発表した。研究成果は草果の品種改良や遺伝子組み換えの推進、関連産業の健全かつ持続可能な発展に重要な意味を持つ。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (2)中国の研究チーム、安四面銅鉱の新鉱物を発見

    単結晶X線回析によってケノ亜鉛銀安四面銅鉱の分析を行う研究チーム。(2020年9月12日撮影)中国地質調査局天津地質調査センターは11日、同センターの曲凱(きょく・がい)氏率いる研究チームがこのほど発見、命名した新鉱物「Kenoargentotetrahedrite-(Zn)」(ケノ亜鉛銀安四面銅鉱)が国際鉱物学連合の新鉱物・命名・分類委員会で正式に承認されたと明らかにした。標本は現在、中国地質博物館に収められている。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.19
    2021年01月10日
    「新華社」中国の科学者、熱湯で携帯電話を充電する機器開発

    国運搬ロケット技術研究院(CALT)の研究者がこのほど、水の熱を電気エネルギーに変えて携帯電話を充電する熱電チップ搭載型の断熱水筒を開発した。熱電デバイスは、温度差を電気に変換できる素材で作られている。従来の研究では、熱電デバイスが廃熱を集め、電気エネルギーを生成することで宇宙船のバッテリーをバックアップできることが分かっていた。主任研究員によると、最近の携帯電話はプロセッサーがより強力になり、タッチスクリーンインターフェースが大型化しており、必要な電力が増えているため、特に鉄道旅行や山でのキャンプなどで、携帯電話の充電に関する問題にしばしば直面する。研究チームのメンバーは「水筒に300~500ミリリットルの沸騰したお湯を注ぐと、20~30分の電力を供給できる」と説明した。ノートパソコンやカメラ、その他低電力の家電製品にも供給できるという。(記者/袁全) =配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.73
    2021年01月08日
    「新華社」中国の研究者、4600キロに及ぶ量子通信を実現

    国科学技術大学の潘建偉(はん・けんい)教授率いる研究チームが、ユーザー150人以上の量子鍵配送を可能にする総距離4600キロにわたる統合型量子ネットワークを構築した。研究成果はこのほど、科学誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載された。量子物理学の法則に基づいた量子通信は、セキュリティーが極めて高度で、情報を盗み取ろうとした瞬間に、光ファイバーでデータを送信する光子の量子状態が「破壊」されてしまうため、盗聴や情報の傍受、解読ができない。論文では量子ネットワークについて、ビデオ通話や音声通話、ファクス、テキスト送信、ファイル転送などが技術的な検証を経て実証されており、近い将来、商用化されると説明。地上での接続や地上と衛星間の接続を通じ、より多くの国々の量子ネットワークに接続することで、世界規模の量子ネットワークが可能になると指摘した。潘氏は、量子通信が将来的に金融、政治、防衛分野での利用が見込まれていると紹介。産業界全体をつなぎ、最終的には量子通信による極めて安全なインターネットが実現すると述べた。 =配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (2)中国の科学者、T細胞による固形腫瘍治療技術を開発

    学生に指導する張燦教授(右)。(12月29日撮影)中国薬科大学薬物科学研究所の張燦(ちょう・さん)教授率いる研究チームが、固形腫瘍に対する治療効果を高める養子T細胞の表面固定技術を開発した。研究成果は国際的学術誌「ScienceandTranslationalMedicine」のオンライン版に掲載された。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (1)中国の科学者、T細胞による固形腫瘍治療技術を開発

    中国薬科大学の張燦教授(前列中央)率いる研究チーム。(2020年6月25日撮影)中国薬科大学薬物科学研究所の張燦(ちょう・さん)教授率いる研究チームが、固形腫瘍に対する治療効果を高める養子T細胞の表面固定技術を開発した。研究成果は国際的学術誌「ScienceandTranslationalMedicine」のオンライン版に掲載された。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (3)中国の科学者、T細胞による固形腫瘍治療技術を開発

    改変されたT細胞による腫瘍細胞への攻撃を説明した図。(資料写真)中国薬科大学薬物科学研究所の張燦(ちょう・さん)教授率いる研究チームが、固形腫瘍に対する治療効果を高める養子T細胞の表面固定技術を開発した。研究成果は国際的学術誌「ScienceandTranslationalMedicine」のオンライン版に掲載された。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    空気の流れ見る実証実験 顔シールドだけはリスク

    福岡大の研究チームが行った、くしゃみによる空気の流れを見る実証実験。フェースシールドの下端から内側に流入が見られる=24日、福岡市

    撮影: 24日、福岡市

  • 2020年12月29日
    (6)新たに月のクレーター11万個を識別吉林大など国際研究チーム

    コペルニクス代(11億年前~現在)に形成されたクレーターの分布図。(資料写真)中国の科学者が中心となる国際研究チームがこのほど、月面クレーターの自動識別と年代測定で画期的な成果を上げた。新たに11万個近いクレーターを識別し、うち1万8千個以上の地質年代を明らかにした。研究成果は22日、国際学術誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載された。吉林大学(吉林省長春市)地球科学学院の楊晨(よう・しん)副教授率いる同研究チームは、「転移学習」と呼ばれる習得済みの知識を用いて別の問題を解決する機械学習法に基づき、識別済みクレーター7895個と年代特定済みクレーター1411個のデータを用いたディープニューラルネットワークモデルを構築した。(長春=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (4)新たに月のクレーター11万個を識別吉林大など国際研究チーム

    インブリウム代(38億5千万年前~32億年前)に形成されたクレーターの分布図。(資料写真)中国の科学者が中心となる国際研究チームがこのほど、月面クレーターの自動識別と年代測定で画期的な成果を上げた。新たに11万個近いクレーターを識別し、うち1万8千個以上の地質年代を明らかにした。研究成果は22日、国際学術誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載された。吉林大学(吉林省長春市)地球科学学院の楊晨(よう・しん)副教授率いる同研究チームは、「転移学習」と呼ばれる習得済みの知識を用いて別の問題を解決する機械学習法に基づき、識別済みクレーター7895個と年代特定済みクレーター1411個のデータを用いたディープニューラルネットワークモデルを構築した。(長春=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (5)新たに月のクレーター11万個を識別吉林大など国際研究チーム

    エラトステネス代(32億年前~11億年前)に形成されたクレーターの分布図。(資料写真)中国の科学者が中心となる国際研究チームがこのほど、月面クレーターの自動識別と年代測定で画期的な成果を上げた。新たに11万個近いクレーターを識別し、うち1万8千個以上の地質年代を明らかにした。研究成果は22日、国際学術誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載された。吉林大学(吉林省長春市)地球科学学院の楊晨(よう・しん)副教授率いる同研究チームは、「転移学習」と呼ばれる習得済みの知識を用いて別の問題を解決する機械学習法に基づき、識別済みクレーター7895個と年代特定済みクレーター1411個のデータを用いたディープニューラルネットワークモデルを構築した。(長春=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (3)新たに月のクレーター11万個を識別吉林大など国際研究チーム

    ネクタリス代(39億2千万年前~38億5千万年前)に形成されたクレーターの分布図。(資料写真)中国の科学者が中心となる国際研究チームがこのほど、月面クレーターの自動識別と年代測定で画期的な成果を上げた。新たに11万個近いクレーターを識別し、うち1万8千個以上の地質年代を明らかにした。研究成果は22日、国際学術誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載された。吉林大学(吉林省長春市)地球科学学院の楊晨(よう・しん)副教授率いる同研究チームは、「転移学習」と呼ばれる習得済みの知識を用いて別の問題を解決する機械学習法に基づき、識別済みクレーター7895個と年代特定済みクレーター1411個のデータを用いたディープニューラルネットワークモデルを構築した。(長春=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (2)新たに月のクレーター11万個を識別吉林大など国際研究チーム

    先ネクタリス代(45億5千万年前~39億2千万年前)に形成されたクレーターの分布図。(資料写真)中国の科学者が中心となる国際研究チームがこのほど、月面クレーターの自動識別と年代測定で画期的な成果を上げた。新たに11万個近いクレーターを識別し、うち1万8千個以上の地質年代を明らかにした。研究成果は22日、国際学術誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載された。吉林大学(吉林省長春市)地球科学学院の楊晨(よう・しん)副教授率いる同研究チームは、「転移学習」と呼ばれる習得済みの知識を用いて別の問題を解決する機械学習法に基づき、識別済みクレーター7895個と年代特定済みクレーター1411個のデータを用いたディープニューラルネットワークモデルを構築した。(長春=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (1)新たに月のクレーター11万個を識別吉林大など国際研究チーム

    月面のクレーター分布図。(資料写真)中国の科学者が中心となる国際研究チームがこのほど、月面クレーターの自動識別と年代測定で画期的な成果を上げた。新たに11万個近いクレーターを識別し、うち1万8千個以上の地質年代を明らかにした。研究成果は22日、国際学術誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載された。吉林大学(吉林省長春市)地球科学学院の楊晨(よう・しん)副教授率いる同研究チームは、「転移学習」と呼ばれる習得済みの知識を用いて別の問題を解決する機械学習法に基づき、識別済みクレーター7895個と年代特定済みクレーター1411個のデータを用いたディープニューラルネットワークモデルを構築した。(長春=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (1)中国薬科大学、うつ病治療研究で新たな成果

    25日、中国薬科大学薬学院の洪浩教授(前列中央)率いる研究チーム。中国江蘇省南京市にある中国薬科大学は25日、同大学薬学院の洪浩(こう・こう)教授の研究チームが長年の研究により、TGR5と呼ばれる受容体がうつ様行動と関係があることを発見したと明らかにした。新たな抗うつ薬開発の道筋を開くものと期待される。(南京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (4)中国薬科大学、うつ病治療研究で新たな成果

    研究結果を示した図。CA3錐体細胞のTGR5を増加させることで、うつ病を発症しやすいマウスの社会的行動障害が改善される。中国江蘇省南京市にある中国薬科大学は25日、同大学薬学院の洪浩(こう・こう)教授の研究チームが長年の研究により、TGR5と呼ばれる受容体がうつ様行動と関係があることを発見したと明らかにした。新たな抗うつ薬開発の道筋を開くものと期待される。(南京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (3)中国薬科大学、うつ病治療研究で新たな成果

    研究結果を示した図。正常なマウス(右の列)に比べ、うつ病を発症しやすいマウス(中央の列)はCA3錐体細胞のTGR5が有意に少ないことが明らかになった。中国江蘇省南京市にある中国薬科大学は25日、同大学薬学院の洪浩(こう・こう)教授の研究チームが長年の研究により、TGR5と呼ばれる受容体がうつ様行動と関係があることを発見したと明らかにした。新たな抗うつ薬開発の道筋を開くものと期待される。(南京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (2)中国薬科大学、うつ病治療研究で新たな成果

    25日、中国薬科大学薬学院で学生を指導する洪浩教授(右端)。中国江蘇省南京市にある中国薬科大学は25日、同大学薬学院の洪浩(こう・こう)教授の研究チームが長年の研究により、TGR5と呼ばれる受容体がうつ様行動と関係があることを発見したと明らかにした。新たな抗うつ薬開発の道筋を開くものと期待される。(南京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    中国の暗黒物質探査衛星「悟空」、運用延長を決定

    暗黒物質粒子探査衛星「悟空」のイメージ図。(資料写真)中国の暗黒物質(ダークマター)粒子探査衛星「悟空」の科学研究チームは17日、同衛星の運用期間をさらに1年間延長すると発表した。衛星の運行情况が良好であることから、プロジェクトチームと関係部門が協議し決定した。(南京=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (3)中国の暗黒物質探査衛星「悟空」、運用延長を決定

    暗黒物質粒子探査衛星「悟空」に搭載された機器の状況をモニタリングする研究スタッフ。(資料写真)中国の暗黒物質(ダークマター)粒子探査衛星「悟空」の科学研究チームは17日、同衛星の運用期間をさらに1年間延長すると発表した。衛星の運行情况が良好であることから、プロジェクトチームと関係部門が協議し決定した。(南京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (2)中国の暗黒物質探査衛星「悟空」、運用延長を決定

    打ち上げ前の暗黒物質粒子探査衛星「悟空」。(資料写真)中国の暗黒物質(ダークマター)粒子探査衛星「悟空」の科学研究チームは17日、同衛星の運用期間をさらに1年間延長すると発表した。衛星の運行情况が良好であることから、プロジェクトチームと関係部門が協議し決定した。(南京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    中国の古生物学者、5億年前の「ウサギの耳形の虫」を発見

    耳形范特西虫の標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は11月30日、同研究所のカンブリア紀大爆発研究チームがこのほど、山東省濰坊市で約5億年前の特徴的な虫を発見したと発表した。古代の節足動物、三葉虫の一種であるこの虫は、頭部の輪郭がウサギの耳に似ていることから、「耳形范特西虫(Phantaspisauritus)」と名付けられた。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    中国の古生物学者、5億年前の「ウサギの耳形の虫」を発見

    中国科学院南京地質古生物研究所の霍秀泉(かく・しゅうせん)氏が描いた耳形范特西虫の復元図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は11月30日、同研究所のカンブリア紀大爆発研究チームがこのほど、山東省濰坊市で約5億年前の特徴的な虫を発見したと発表した。古代の節足動物、三葉虫の一種であるこの虫は、頭部の輪郭がウサギの耳に似ていることから、「耳形范特西虫(Phantaspisauritus)」と名付けられた。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    中国の古生物学者、5億年前の「ウサギの耳形の虫」を発見

    耳形范特西虫の標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は11月30日、同研究所のカンブリア紀大爆発研究チームがこのほど、山東省濰坊市で約5億年前の特徴的な虫を発見したと発表した。古代の節足動物、三葉虫の一種であるこの虫は、頭部の輪郭がウサギの耳に似ていることから、「耳形范特西虫(Phantaspisauritus)」と名付けられた。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.63
    2020年11月22日
    「新華社」中国最大の華北ヒョウ個体群発見陝西省子午嶺林区

    中国陝西省延安市の子午嶺林区が希少動物の華北ヒョウ(学名Pantherapardusfontanierii)の重要な生息地となっており、生息数は国内最多、分布密度も最も高いことが分かった。同省林業局がこのほど、北京師範大学トラ・ヒョウ研究チームの長年にわたる追跡と分析の結果として明らかにした。捕獲した動物に標識をつけて放し、再捕獲した際に標識のある個体の比率から全体の数を推定する「ベイズ空間明示型標識再捕獲モデル」によると、2016年の同林区における華北ヒョウの個体数は88匹、分布密度は100平方キロメートル当たり2匹だった。赤外線カメラによる長期追跡とデータ分析から、個体数は増加傾向にあり、既に100匹を超えていることは確実とみられている。(記者/梁愛平)<映像内容>野生の華北ヒョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 2020年11月14日
    中国最大の華北ヒョウ個体群発見陝西省子午嶺林区

    赤外線カメラに写った華北ヒョウ。(資料写真)中国陝西省延安市の子午嶺林区が希少動物の華北ヒョウ(学名Pantherapardusfontanierii)の重要な生息地となっており、生息数は国内最多、分布密度も最も高いことが分かった。同省林業局が11日、北京師範大学トラ・ヒョウ研究チームの長年にわたる追跡と分析の結果として明らかにした。(延安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 2020年11月14日
    中国最大の華北ヒョウ個体群発見陝西省子午嶺林区

    赤外線カメラの前で寝そべる華北ヒョウ。(資料写真)中国陝西省延安市の子午嶺林区が希少動物の華北ヒョウ(学名Pantherapardusfontanierii)の重要な生息地となっており、生息数は国内最多、分布密度も最も高いことが分かった。同省林業局が11日、北京師範大学トラ・ヒョウ研究チームの長年にわたる追跡と分析の結果として明らかにした。(延安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 2020年11月12日
    中国の研究者、加熱炉の最適制御で新たな成果

    転移学習に基づく加熱炉温度の予測図。(資料写真)中国科学院瀋陽自動化研究所の研究チームがこのほど、加熱炉の最適制御を切り口として、転移学習に基づく加熱炉温度の予測アルゴリズムを編み出した。研究成果は学術誌「Sensors」に掲載され、冶金(やきん)産業の加熱炉エネルギー消費の最適制御で人工知能(AI)技術を活用する新たな方法を提供した。(瀋陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.98
    2020年11月11日
    「新華社」有機水稲「超優千号」、高収量を実現広東省

    中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが、広東省陽春市に開設したハイブリッド米の試験田で11日、収量調査が行われた。チームのメンバーによると、同試験田はチームが広東省に開設した最初の試験田で、面積は31・8ムー(約2・1ヘクタール)。主に「湘両優900」と「超優千号」の2品種を栽培している。エコ有機栽培を採用し、研究チームが土壌や水温、施肥など精密化管理を行っていた。3カ月余りの栽培で育ったイネは、生育バランスも良く、大ぶりの穂に多くのもみを付けており、結実率も高かった。収穫量も多く、試験栽培は成功を収めた。<映像内容>ハイブリッド米の試験田の収穫の様子、撮影日:2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    中国の研究者、加熱炉の最適制御で新たな成果

    10日、鋼板鋼帯工場の生産ライン。(資料写真)中国科学院瀋陽自動化研究所の研究チームがこのほど、加熱炉の最適制御を切り口として、転移学習に基づく加熱炉温度の予測アルゴリズムを編み出した。研究成果は学術誌「Sensors」に掲載され、冶金(やきん)産業の加熱炉エネルギー消費の最適制御で人工知能(AI)技術を活用する新たな方法を提供した。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    中国の研究者、加熱炉の最適制御で新たな成果

    10日、鋼板鋼帯工場の生産ライン。(資料写真)中国科学院瀋陽自動化研究所の研究チームがこのほど、加熱炉の最適制御を切り口として、転移学習に基づく加熱炉温度の予測アルゴリズムを編み出した。研究成果は学術誌「Sensors」に掲載され、冶金(やきん)産業の加熱炉エネルギー消費の最適制御で人工知能(AI)技術を活用する新たな方法を提供した。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    甘粛省の洞窟遺跡からデニソワ人のミトコンドリアDNAを発見

    白石崖鍾乳洞遺跡で発掘調査を行う研究チーム。(資料写真)中国の科学者が、ネアンデルタール人と近縁関係にある旧人「デニソワ人」に関する研究で再び重要な成果を得た。新たな研究は、青海チベット高原北東部にある白石崖(はくせきがい)鍾乳洞遺跡の後期更新世堆積物の中にデニソワ人のミトコンドリアDNAが保存されていることを明らかにした。これにより、同高原における人間活動の歴史研究の幅がより広がり、後期更新世にデニソワ人が長く青海チベット高原で生活していたことが示された。研究成果は10月30日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。(蘭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    甘粛省の洞窟遺跡からデニソワ人のミトコンドリアDNAを発見

    白石崖鍾乳洞遺跡で古代の環境を研究するため土壌サンプルを採取する研究チーム。(資料写真)中国の科学者が、ネアンデルタール人と近縁関係にある旧人「デニソワ人」に関する研究で再び重要な成果を得た。新たな研究は、青海チベット高原北東部にある白石崖(はくせきがい)鍾乳洞遺跡の後期更新世堆積物の中にデニソワ人のミトコンドリアDNAが保存されていることを明らかにした。これにより、同高原における人間活動の歴史研究の幅がより広がり、後期更新世にデニソワ人が長く青海チベット高原で生活していたことが示された。研究成果は10月30日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。(蘭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...