KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • フランス
  • 研究成果
  • ポーランド
  • 中国木版
  • 中国民間
  • 国際会議
  • 天津大学
  • 山東芸術学
  • 年画国際
  • 文学芸術

「研究課題」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2019年11月13日
    木村敏之 陸から海へ返った生物

    「大型化は現在のクジラ類の進化に関する研究の中でも最も注目されている研究課題の一つです」と話す木村敏之さん

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、三国志の故事「絶纓(ぜつえい)の会」をモチーフに清代に描かれた天津楊柳青年画の「誅斗椒絶纓大会」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、スマートフォンで展示品を撮影する来場者。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、清代に描かれた制作地不詳の年画。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、展示を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、展示を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、中華民国時期に描かれた上海の石版画のスケッチ「闔家歓(幸せな家族)」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、展示品を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、清代に描かれた天津楊柳青年画の「吸煙美人(きせるを吸う美人)」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、馮驥才氏(右)に大型の古版年画を贈呈する山東芸術学院の王力克(おう・りきこく)院長(左)。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、展示された年画を貼り付けた紙箱。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:37.66
    2019年02月28日
    「新華社」タバコの葉で絵を描く芸術家キューバ

    世界的に有名なキューバの葉巻タバコ。同国には豊かな葉巻文化が育んだ芸術家たちがいる。そのうちの一人、ミルトン・ベルナルさん(59)は「葉巻画家」として知られている。葉巻を愛したキューバの革命家フィデル・カストロは彼の作品に2度サインをしており、多くの作品が年に1度開催されるキューバ国際葉巻フェスティバルでオークションにかけられてきた。ベルナルさんは、葉巻の葉をそのまま肖像画にはめ込むことを得意とする。キューバの葉巻王と呼ばれたアレハンドロ・ロバイナ氏やラテンアメリカの革命家チェ・ゲバラ、イギリスのチャーチル元首相など葉巻と縁が深い国内外の著名人を数多く描いてきた。絵画創作を愛し、葉巻を愛するベルナルさんは2001年、家族や友人の勧めでタバコの葉で絵を描くことを始めた。タバコの葉で絵を描くという思いつきは彼が最初ではなかったが、約70種類の色があるタバコ葉に中から、ふさわしい色の葉をいかに選ぶか、葉の色合いやしなやかさをいかに保つかは、ベルナルさんにとって克服すべき研究課題となった。長年の試行錯誤の結果、特殊処理を施した紙とタバコ葉を用いた独自の制作過程によって、ついに絵の質感を保つことに成功した。ベルナルさんの葉巻画は米国やオーストリア、ロシアなど多くの国で展示され、絵を購入するために遠くから彼のアトリエを訪ねる葉巻愛好家も少なくない。ベルナルさんは現在、自らの画風の幅をさらに広げる取り組みを行っており、より生き生きとした葉巻画作品を作り出したいとしている。(記者/朱婉君、禹麗貞)<映像内容>葉巻を使った絵画の制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月18日
    汪洋氏、専門家·学者座談会を主宰

    汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議(政協)全国委員会主席はこのほど、北京で座談会を主宰、召集し、一部の専門家と学者から政協の重点研究課題に対する意見と提案を聴取した。(北京=新華社記者/張領)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:56.74
    2014年10月24日
    「普段と違うことばかり」文化勲章で天野教授

    ノーベル物理学賞の受賞が決まり、文化勲章の受章者にも選ばれた名古屋大教授の 天野浩 (あまの・ひろし) さん(54)が24日、名古屋大で記者会見し「普段とかけ離れたことばかり続き、ただただびっくりしている」と喜びを語った。今後の研究課題に挙げている省エネルギー装置の開発では「日本の知力を合わせ、それぞれの得意分野を生かした取り組みができればよい」と述べ、世界をリードするため他の大学などと組織的に連携して研究を進める体制が必要だと訴えた。天野さんはノーベル賞の受賞決定時、フランスへ移動する航空機内にいた。会見で天野さんは「今回は日本にいることができて良かった。飛行機に乗っている間に、どこか異次元のスポットへ入ってしまい、それが今も続いているような感じだ」と笑いを誘った。受章理由の青色発光ダイオード(LED)開発は、大学院生だったころの研究成果。今年の文化勲章では最年少の受章決定者で「若手の代表として、国を引っ張る一人にならないといけない。なかなか難しいが」と照れた様子で話した。<映像内容>名古屋大で記者会見する天野浩教授、撮影日:2014(平成26)年10月24日、撮影場所:名古屋市千種区

    撮影: 2014(平成26)年10月24日

  • 2010年03月09日
    採用された主な課題

    先端研究助成基金の支援先に採用された主な研究課題

  • 2010年03月09日
    採用された主な課題

    先端研究助成基金の支援先に採用された主な研究課題

  • 2006年10月23日
    効率と公平は両立できる

    「これからの研究課題は、何といっても教育と家族です」と語る橘木俊詔さん=京都市の京都大学

    撮影: 京都市の京都大学

  • 2002年03月02日
    研究発表する児童 ゆとり生むか2学期制

    「総合的な学習の時間」で研究課題を発表する児童=2月8日、仙台市青葉区の東二番丁小学校

    撮影: 2月8日、仙台市青葉区の東二番丁小学校

  • 1975年09月19日
    国連大学が研究の第一歩

    記者会見するヘスター国連大学長(右)と加藤一郎副学長。同大学の研究課題について検討、第一歩として「世界的な飢餓問題」について専門家会議を開く。ほかに「人間と社会の開発」「天然資源の利用と管理」がテーマに上がっている=1975(昭和50)年9月19日、東京・渋谷の国連大学本部

  • 1