KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 平成
  • 記者
  • 北部
  • 場所
  • 建設
  • 李安
  • 歴史
  • 漢興
  • 特色
  • 科学

「碭山」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  中原地方の魅力的な古鎮河南省
    2016年05月01日
    中原地方の魅力的な古鎮河南省

    芒山鎮にある前漢梁王墓群。(2016年5月1日撮影)芒山(ぼうざん)鎮は河南省永城市の北部にあり、漢の高祖劉邦が挙兵した場所に当たるため「漢興之地」の名を持つ。また同省東部の重要な商品集散地でもある。同鎮内の芒碭山(ぼうとうざん)の前漢梁王墓群は、国内外でもまれに見る大型石室墓群として知られる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406969

  •  中原地方の魅力的な古鎮河南省
    2016年05月01日
    中原地方の魅力的な古鎮河南省

    芒山鎮で伝統的な「儺舞(なぶ、古代舞踊)」を披露する民間芸能伝承者。(2016年5月1日撮影)芒山(ぼうざん)鎮は河南省永城市の北部にあり、漢の高祖劉邦が挙兵した場所に当たるため「漢興之地」の名を持つ。また同省東部の重要な商品集散地でもある。同鎮内の芒碭山(ぼうとうざん)の前漢梁王墓群は、国内外でもまれに見る大型石室墓群として知られる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407031

  •  中原地方の魅力的な古鎮河南省
    2016年05月01日
    中原地方の魅力的な古鎮河南省

    芒山鎮の自由市場で、竹細工の生活用品を売る農民。(2016年5月1日撮影)芒山(ぼうざん)鎮は河南省永城市の北部にあり、漢の高祖劉邦が挙兵した場所に当たるため「漢興之地」の名を持つ。また同省東部の重要な商品集散地でもある。同鎮内の芒碭山(ぼうとうざん)の前漢梁王墓群は、国内外でもまれに見る大型石室墓群として知られる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407055

  •  中国の農村、農作業で新年の幕開け
    2019年01月03日
    中国の農村、農作業で新年の幕開け

    3日、安徽省宿州(しゅくしゅう)市の碭山(とうざん)県程荘鎮にある育苗用温室で、農家の人がスイカの苗を保護管理している。新年が始まり、中国各地の農家はビニールハウスで作物の収穫や管理などに励みながら、新しい年を迎えた。(宿州=新華社配信/崔猛)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700655

  •  「新華社」貧困県の県長らがライブ配信で農産品を販売地元産業の高度化を主導
    03:27.95
    2019年07月30日
    「新華社」貧困県の県長らがライブ配信で農産品を販売地元産業の高度化を主導

    今年は中国の貧困脱却の難関攻略にとって極めて重要な年であり、複数の貧困県や発展途上県では、県長らがインターネット上のライブ配信や電子商取引(EC)プラットフォームに登録し、ライブ配信による農産品販売を始めている。このほど行われた「2019貧困脱却の難関攻略公益ライブ配信」イベントでも、中国各地から集まった県長らが地元生産品への応援を呼びかけた。江西省贛州(かんしゅう)市尋烏(じんう)県副県長の米雅娜(べい・がだ)氏は、ライブ配信カメラの前で同県特産のパッションフルーツを紹介し、その場で一切れ試食した。同県は国家級貧困県だが、ミカンやスイートオレンジの里であり、生態環境が美しい。今回、2時間半のライブ配信で延べ220万人以上が視聴し、パッションフルーツ10トン以上が完売。出荷量は農地20ムー(約1・3ヘクタール)の生産量に相当した。会場ではまた、安徽省碭山(とうざん)県副県長の朱明春(しゅ・めいしゅん)氏がネットユーザーに向けて同県産の梨のシロップと黄桃の缶詰をPRした。ECやライブ配信などインターネットの販売チャンネルにより、同県の梨の年間生産量は2017年の千トン以下から2018年には約4千トンに増加、今年は6千トンに達する見込みだ。統計によると、これまでに中国全体で50人以上の県長が「淘宝直播」(タオバオライブ)などのECプラットフォームを通じて、農産品を各県の「インフルエンサー」にしようと声を上げている。うち5県は昨年既に貧困県の名を返上しており、1県は現在、返上手続きを開始している。(記者/張璇、李涛)<映像内容>「2019貧困脱却の難関攻略公益ライブ配信」イベントの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073100901

  • 1