KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 電磁力
  • 令和
  • ロシア
  • ウクライナ侵攻
  • 侵略
  • 戦争
  • 紛争
  • 軍事作戦
  • 開発
  • 設置

「磁力」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
86
( 1 86 件を表示)
  • 1
86
( 1 86 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  ‘Elisha Kent Kane (1820-1857)
    -
    ‘Elisha Kent Kane (1820-1857)

    ‘Elisha Kent Kane (1820-1857) American Navy surgeon and Arctic explorer, making readings with a magnetometer during the Second Grinnel Expedition,. 1853-1855, to search for Sir John Franklin.‘、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2019071001916

  • 砂鉄の採取 たたらの火燃える
    1977年12月19日
    砂鉄の採取 たたらの火燃える

    川の汚染を避けるために磁力で山砂鉄を採り、砂と砂鉄をより分ける“人工の川”。たたら製鉄には良質の砂鉄と大量の水が必要。この両方が豊富な奧出雲地方では、古来たたら製鉄が盛んに営まれてきた=島根県仁多郡仁多町三所(みところ)(写真ニュース「たたらの火燃える」6枚組の1)

    商品コード: 2015031900146

  •  MAGNETIC FIELD ELECTRON STREAM TOKAMAK-15
    1989年01月23日
    MAGNETIC FIELD ELECTRON STREAM TOKAMAK-15

    151317 23.01.1989 The Tokamak-15 thermonuclear facility at the Kurchatov Atomic Energy Institute. An electron stream (the bright horizontal line) along a magnetic field line. Prihodko / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052111377

  • 「組み立て作業」 輪切り、縦切り自由自在
    1989年06月17日
    「組み立て作業」 輪切り、縦切り自由自在

    (3)「組み立て作業」 国産MRIの組み立て作業。強い磁力線が外部に漏れないよう、外側は厚さ16センチの鉄で囲まれ、トンネル状の穴には人体がすっぽり入る=京都市・島津製作所

    商品コード: 2019122500516

  • 「宙に浮くはさみ」 輪切り、縦切り自由自在
    1989年06月17日
    「宙に浮くはさみ」 輪切り、縦切り自由自在

    (4)「宙に浮くはさみ」MRI近くで発生する強力な磁力線は地球磁場の約5万倍。ひもでつるした鉄のはさみは宙に浮いたまま=京都府船井郡日吉町の明治鍼灸大付属病院

    商品コード: 2019122500519

  •  ハイテク満載の地下駅公開
    1989年07月26日
    ハイテク満載の地下駅公開

    公開された鶴見緑地駅、線路中央にはリニア車両の推進力となる磁力反応盤が取り付けられている=大阪市鶴見区の鶴見緑地

    商品コード: 2020011501684

  •  mosaic image
    1990年04月24日
    mosaic image

    mosaic image, one of the largest ever taken by NASA‘s Hubble Space Telescope of the Crab Nebula, a six-light-year-wide expanding remnant of a star‘s supernova explosion. Japanese and Chinese astronomers recorded this violent event nearly 1,000 years ago in 1054, as did, almost certainly, Native Americans. The orange filaments are the tattered remains of the star and consist mostly of hydrogen. The rapidly spinning neutron star embedded in the centre of the nebula is the dynamo powering the nebula‘s eerie interior bluish glow. The blue light comes from electrons whirling at nearly the speed of light around magnetic field lines from the neutron star. The neutron star, like a lighthouse, ejects twin beams of radiation that appear to pulse 30 times a second due to the neutron star‘s rotation. A neutron star is the crushed ultra-dense core of the exploded star. 、クレジット:NASA/World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019022103963

  •  mosaic image
    1990年04月24日
    mosaic image

    mosaic image, one of the largest ever taken by NASA‘s Hubble Space Telescope of the Crab Nebula, a six-light-year-wide expanding remnant of a star‘s supernova explosion. Japanese and Chinese astronomers recorded this violent event nearly 1,000 years ago in 1054, as did, almost certainly, Native Americans. The orange filaments are the tattered remains of the star and consist mostly of hydrogen. The rapidly spinning neutron star embedded in the centre of the nebula is the dynamo powering the nebula‘s eerie interior bluish glow. The blue light comes from electrons whirling at nearly the speed of light around magnetic field lines from the neutron star. The neutron star, like a lighthouse, ejects twin beams of radiation that appear to pulse 30 times a second due to the neutron star‘s rotation. A neutron star is the crushed ultra-dense core of the exploded star.、クレジット:NASA/World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019022103957

  •  mosaic image
    1990年04月24日
    mosaic image

    mosaic image, one of the largest ever taken by NASA‘s Hubble Space Telescope of the Crab Nebula, a six-light-year-wide expanding remnant of a star‘s supernova explosion. Japanese and Chinese astronomers recorded this violent event nearly 1,000 years ago in 1054, as did, almost certainly, Native Americans. The orange filaments are the tattered remains of the star and consist mostly of hydrogen. The rapidly spinning neutron star embedded in the centre of the nebula is the dynamo powering the nebula‘s eerie interior bluish glow. The blue light comes from electrons whirling at nearly the speed of light around magnetic field lines from the neutron star. The neutron star, like a lighthouse, ejects twin beams of radiation that appear to pulse 30 times a second due to the neutron star‘s rotation. A neutron star is the crushed ultra-dense core of the exploded star. 、クレジット:NASA/World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019022103960

  • 能登宏七教授 磁力のスイッチを開発
    1994年03月22日
    能登宏七教授 磁力のスイッチを開発

    MPCSについて発表する能登宏七教授=盛岡市、岩手大(MPCS=磁界制御式永久電流スイッチ)(岩手大工学部教授、電子材料学)

    商品コード: 1994032200048

  • 磁石ベルト式輸送車両 磁力活用の新輸送システム
    1995年10月11日
    磁石ベルト式輸送車両 磁力活用の新輸送システム

    新輸送システムBTM=群馬県昭和村

    商品コード: 1995101100064

  •  噴火活動続く硫黄山 磁力計を設置する調査団(くじゅう連山・北千里)
    1995年10月14日
    噴火活動続く硫黄山 磁力計を設置する調査団(くじゅう連山・北千里)

    1995年10月14日 朝刊27面掲載、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052407943

  •  カギは磁力線のねじれ
    2002年01月31日
    カギは磁力線のねじれ

    M87の中心にあるとみられる巨大ブラックホールから噴出するジェット。上の写真はエックス線、左下は電波、右下は光学観測。それぞれ左下のブラックホールから右上に向かってジェットが噴き出している(NASA、米国立電波天文台提供)

    商品コード: 2002013100056

  •  引きつけ合う磁力
    2002年06月27日
    引きつけ合う磁力

    二人会のトークで笑わせる立川談志(左)と桂三枝=大阪・なんばのNGKなんばグランド花月

    商品コード: 2002062700100

  •  キットで学ぶ磁石、鏡、音
    2002年07月26日
    キットで学ぶ磁石、鏡、音

    「キットボックス」の実験の一つで、強力な磁力で次々に鉄製の人形がくっついていく「鉄人形」

    商品コード: 2002072600134

  • 「超電導教室」での実演 リニア浮上の仕組み学ぶ
    2005年08月13日
    「超電導教室」での実演 リニア浮上の仕組み学ぶ

    磁力でリニアモーターカーが浮上する仕組みを学ぶ「超電導教室」での実演=13日午後、愛知万博長久手会場

    商品コード: 2005081300150

  • あいさつする安倍官房長官 人気磁力に「安倍派」誕生
    2006年08月23日
    あいさつする安倍官房長官 人気磁力に「安倍派」誕生

    「再チャレンジ支援議員連盟」であいさつする安倍官房長官=6月2日、東京・永田町の自民党本部

    商品コード: 2006082300168

  •  昭和基地近くに磁力計設置 南極観測50周年
    02:54.77
    2006年12月28日
    昭和基地近くに磁力計設置 南極観測50周年

    昭和基地から約80キロ離れた内陸の雪原に設置される無人磁力計<映像内容>海自ヘリで機材を運ぶ隊員たち、雪原に支柱を埋め込む様子、磁力計設置、磁力計について話す国立極地研究所の高崎聡子さん、撮影日:2006(平成18)年12月28日、撮影場所:南極大陸・昭和基地

    商品コード: 2019121003041

  • 高崎聡子さん 昭和基地近くに磁力計設置
    2006年12月31日
    高崎聡子さん 昭和基地近くに磁力計設置

    国立極地研究所の高崎聡子さん=昭和基地(共同)

    商品コード: 2006123100047

  • 無人磁力計の設置作業 昭和基地近くに磁力計設置
    2006年12月31日
    無人磁力計の設置作業 昭和基地近くに磁力計設置

    昭和基地から約80キロ離れた内陸の雪原に設置される無人磁力計=06年12月28日(共同)

    商品コード: 2006123100013

  •  プラズマ閉じ込め装置公開 岐阜の核融合科学研究所
    02:56.74
    2007年07月31日
    プラズマ閉じ込め装置公開 岐阜の核融合科学研究所

    核融合発電の実現に向けた研究を進めている核融合科学研究所(岐阜県土岐市)は31日、超高温のプラズマを磁力で閉じ込めておく大型ヘリカル装置の内部を公開した。ドーナツ形の「プラズマ真空容器」(直径約8メートル、高さ約2メートル)の内壁には、直径約1メートルのステンレス製の筒がねじられて設置されている。筒の中には強力な磁石の働きをする超電導コイルがあり、ねじれの中心に1億度にもなるプラズマを閉じ込める。装置は1997年12月に完成。同研究所は、30年後の核融合発電の実用化を目指している<映像内容>研究所外観、コントロールセンター雑観、大型ヘリカル装置外観全景、「プラズマ真空容器」の内部の様子、撮影日:2007(平成19)年7月31日、撮影場所:岐阜県土岐市の核融合科学研究所

    商品コード: 2020012800744

  • 地球とサブストーム 磁力線の接触が引き金
    2008年07月26日
    地球とサブストーム 磁力線の接触が引き金

    地球(左端)を取り巻いて右方向に伸びる磁力線の一部が接触して「サブストーム」(白い光)が発生、オーロラの引き金となることを示した図。赤線は5基で構成される磁気圏観測衛星「テミス」の軌道(NASA提供・共同)

    商品コード: 2008072600052

  • 地球のオーロラ 磁力線の接触が引き金
    2008年07月26日
    地球のオーロラ 磁力線の接触が引き金

    宇宙から見た地球の極域で発生するオーロラの想像図(NASA提供・共同)

    商品コード: 2008072600051

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月30日
    小型家電回収ボックス 小型家電から金属回収

    資源リサイクル業「日本磁力選鉱」などが設置している小型家電の回収ボックス=29日、北九州市小倉北区

    商品コード: 2013033000348

  • 説明する古屋教授 磁力で変形する新合金
    2013年12月19日
    説明する古屋教授 磁力で変形する新合金

    新合金を使った装置を説明する弘前大の古屋泰文教授=19日午後、仙台市の東北大

    商品コード: 2013121901312

  •  磁力で10㌢浮き走る
    2014年10月17日
    磁力で10㌢浮き走る

    リニア中央新幹線

    商品コード: 2014101700842

  •  磁力で10㌢浮き走る
    2014年10月17日
    磁力で10㌢浮き走る

    リニア中央新幹線

    商品コード: 2014101700843

  • 「リニアライナー」 磁力で浮き走るミニリニア
    2015年05月26日
    「リニアライナー」 磁力で浮き走るミニリニア

    タカラトミーが発売する「リニアライナー」=26日、東京都中央区

    商品コード: 2015052600561

  • リニアライナーを発売 磁力で浮き走るミニリニア
    2015年05月26日
    リニアライナーを発売 磁力で浮き走るミニリニア

    タカラトミーが発売する「リニアライナー」=26日、東京都中央区

    商品コード: 2015052600681

  • リニアライナー 磁力で浮き走るミニリニア
    2015年05月26日
    リニアライナー 磁力で浮き走るミニリニア

    タカラトミーが発売する「リニアライナー」=26日、東京都中央区

    商品コード: 2015052600682

  • リニアライナー おもちゃショー開幕
    2015年06月18日
    リニアライナー おもちゃショー開幕

    タカラトミーが出展した、磁力で浮上、走行する「リニアライナー」=18日午前、東京都江東区の東京ビッグサイト

    商品コード: 2015061800100

  •  事業引き寄せる磁力
    2015年09月10日
    事業引き寄せる磁力

    戦後派企業の足跡

    商品コード: 2015091000854

  •  事業引き寄せる磁力
    2015年09月10日
    事業引き寄せる磁力

    戦後派企業の足跡

    商品コード: 2015091000860

  • 中内功の書の前で語る長男 事業引き寄せる磁力
    2015年09月10日
    中内功の書の前で語る長男 事業引き寄せる磁力

    中内功の書を前に語る長男潤=8月、神戸市西区の流通科学大学

    商品コード: 2015091000946

  • オーナーと握手する中内 事業引き寄せる磁力
    2015年09月10日
    オーナーと握手する中内 事業引き寄せる磁力

    プロ野球南海ホークスの譲渡が決まり、オーナーの吉村茂夫(左)と握手するダイエー社長の中内功=1988年9月、大阪市内のホテル

    商品コード: 2015091000950

  •  ESA‘s JUICE Satellite To Explore The Icy Moons of Jupiter
    2018年08月10日
    ESA‘s JUICE Satellite To Explore The Icy Moons of Jupiter

    August 10, 2018 - Germany - JUICE or Jupiter Icy Moons Explorer is the first large-class mission in ESA‘s Cosmic Vision 2015-2025 program. Planned for launch in April 2023 and arrival at Jupiter in 2029, it will spend at least three years making detailed observations of the giant gaseous planet Jupiter and three of its largest moons. PICTURED: JUICE magnetometer boom thermal vacuum test. (Credit Image: © ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012205213

  •  中国の極地専用固定翼機、東南極エリアの航空探測実施
    2019年01月16日
    中国の極地専用固定翼機、東南極エリアの航空探測実施

    南極リッジB航空観測期間中に、機内でデータ収集を行う観測隊員。(1月16日撮影)中国の極地専用固定翼機「雪鷹601」は中国第35次南極科学観測期間中に、東南極内陸部の分氷嶺、アメリー棚氷南縁など重要航路の探測任務を達成した。「雪鷹601」を活用して、今回の科学観測は南極リッジB、プリンセス・エリザベス・ランド、アメリー棚氷南縁などの地区で、広範囲に詳細な航空機搭載アイスレーダー・航空重力・磁力観測を行った。(中山基地=新華社配信/崔祥斌)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107361

  •  中国の極地専用固定翼機、東南極エリアの航空探測実施
    2019年01月18日
    中国の極地専用固定翼機、東南極エリアの航空探測実施

    崑崙基地から飛び立つ「雪鷹601」。(1月18日撮影)中国の極地専用固定翼機「雪鷹601」は中国第35次南極科学観測期間中に、東南極内陸部の分氷嶺、アメリー棚氷南縁など重要航路の探測任務を達成した。「雪鷹601」を活用して、今回の科学観測は南極リッジB、プリンセス・エリザベス・ランド、アメリー棚氷南縁などの地区で、広範囲に詳細な航空機搭載アイスレーダー・航空重力・磁力観測を行った。(中山基地=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003085

  •  中国の極地専用固定翼機、東南極エリアの航空探測実施
    2019年01月24日
    中国の極地専用固定翼機、東南極エリアの航空探測実施

    アメリー棚氷南縁で航空観測を行う「雪鷹601」。(1月24日撮影)中国の極地専用固定翼機「雪鷹601」は中国第35次南極科学観測期間中に、東南極内陸部の分氷嶺、アメリー棚氷南縁など重要航路の探測任務を達成した。「雪鷹601」を活用して、今回の科学観測は南極リッジB、プリンセス・エリザベス・ランド、アメリー棚氷南縁などの地区で、広範囲に詳細な航空機搭載アイスレーダー・航空重力・磁力観測を行った。(中山基地=新華社配信/崔祥斌)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003111

  •  ESA‘s JUICE Satellite To Explore The Icy Moons of Jupiter
    2019年02月21日
    ESA‘s JUICE Satellite To Explore The Icy Moons of Jupiter

    February 21, 2019 - Germany - JUICE or Jupiter Icy Moons Explorer is the first large-class mission in ESA‘s Cosmic Vision 2015-2025 program. Planned for launch in April 2023 and arrival at Jupiter in 2029, it will spend at least three years making detailed observations of the giant gaseous planet Jupiter and three of its largest moons. PICTURED: JUICE magnetometer boom extended. (Credit Image: © ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012205133

  •  中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開
    2019年09月17日
    中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開

    17日、公開された「長固定子リニアモーター」のモジュール。中国の交通関連電動機・変圧器メーカー、中車株洲電機は17日、湖南省株洲市で、時速600キロ高速磁気浮上(リニア)列車のけん引動力の基幹部品を公開した。同社が開発したのは「長固定子リニアモーター」。固定子を軌道側、回転子を列車側に据え付け、電磁力によってモーターを直接駆動させることで、電気エネルギーを列車の推進力に変える。比較的短時間で滑らかに時速600キロまで加速することができる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909152

  •  中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開
    2019年09月17日
    中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開

    17日、中車株洲電機の作業場。中国の交通関連電動機・変圧器メーカー、中車株洲電機は17日、湖南省株洲市で、時速600キロ高速磁気浮上(リニア)列車のけん引動力の基幹部品を公開した。同社が開発したのは「長固定子リニアモーター」。固定子を軌道側、回転子を列車側に据え付け、電磁力によってモーターを直接駆動させることで、電気エネルギーを列車の推進力に変える。比較的短時間で滑らかに時速600キロまで加速することができる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909180

  •  中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開
    2019年09月17日
    中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開

    17日、中車株洲電機の作業場で働く従業員。中国の交通関連電動機・変圧器メーカー、中車株洲電機は17日、湖南省株洲市で、時速600キロ高速磁気浮上(リニア)列車のけん引動力の基幹部品を公開した。同社が開発したのは「長固定子リニアモーター」。固定子を軌道側、回転子を列車側に据え付け、電磁力によってモーターを直接駆動させることで、電気エネルギーを列車の推進力に変える。比較的短時間で滑らかに時速600キロまで加速することができる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909134

  •  中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開
    2019年09月17日
    中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開

    17日、公開された「長固定子リニアモーター」。中国の交通関連電動機・変圧器メーカー、中車株洲電機は17日、湖南省株洲市で、時速600キロ高速磁気浮上(リニア)列車のけん引動力の基幹部品を公開した。同社が開発したのは「長固定子リニアモーター」。固定子を軌道側、回転子を列車側に据え付け、電磁力によってモーターを直接駆動させることで、電気エネルギーを列車の推進力に変える。比較的短時間で滑らかに時速600キロまで加速することができる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909178

  • 無人磁力計の制御装置 360度、雪と空だけ
    2020年01月14日
    無人磁力計の制御装置 360度、雪と空だけ

    深さ約70㌢まで雪を掘り進むと、無人磁力計の制御装置などが姿を現した=8日、南極大陸(共同)

    商品コード: 2020011401823

  • 雪を掘り起こす隊員 360度、雪と空だけ
    2020年01月14日
    雪を掘り起こす隊員 360度、雪と空だけ

    無人磁力計の保守のため、雪を掘り起こす南極観測隊員=8日、南極大陸(共同)

    商品コード: 2020011401822

  •  Antarctica Admiral Vladimirsky Expedition
    2020年02月02日
    Antarctica Admiral Vladimirsky Expedition

    02.02.2020 A crew member of the Russian oceanographic research vessel Admiral Vladimirsky carries a marine magnetometer after magnetometric mapping during an expedition to the shores of Antarctica. In December 2019 Admiral Vladimirsky went on a voyage to the shores of Antarctica, dedicated to the 200th anniversary of the discovery of the Ice Continent by Russian sailors. Alexey Kudenko / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021902227

  •  Antarctica Admiral Vladimirsky Expedition
    2020年02月02日
    Antarctica Admiral Vladimirsky Expedition

    02.02.2020 A crew member of the Russian oceanographic research vessel Admiral Vladimirsky carries a marine magnetometer after magnetometric mapping during an expedition to the shores of Antarctica. In December of 2019 the research vessel Admiral Vladimirsky went on a round-the-world expedition to the shores of Antarctica, dedicated to the 200th anniversary of the continent’s opening by Russian naval sailors on the Vostok and Mirny sloops under the command of Thaddeus Bellingshausen and Mikhail Lazarev, as well as to 250th birth anniversary of Admiral Ivan Kruzenshtern. The aim of the expedition is to conduct complex oceanographic research in the Antarctic region and along the route, determining the location of the island of Peter the Great and studying the parameters of the earth‘s magnetic field in order to clarify the position of the South Magnetic Pole. Alexey Kudenko / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050300383

  •  Antarctica Admiral Vladimirsky Expedition
    2020年02月05日
    Antarctica Admiral Vladimirsky Expedition

    05.02.2020 Crew members of the Russian oceanographic research vessel Admiral Vladimirsky take out a marine magnetometer during an expedition to the shores of Antarctica. In December 2019 Admiral Vladimirsky went on a voyage to the shores of Antarctica, dedicated to the 200th anniversary of the discovery of the Ice Continent by Russian sailors. Alexey Kudenko / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021902239

  •  Antarctica Admiral Vladimirsky Expedition
    2020年02月05日
    Antarctica Admiral Vladimirsky Expedition

    05.02.2020 Crew members of the Russian oceanographic research vessel Admiral Vladimirsky take out a marine magnetometer during an expedition to the shores of Antarctica. In December of 2019 the research vessel Admiral Vladimirsky went on a round-the-world expedition to the shores of Antarctica, dedicated to the 200th anniversary of the continent’s opening by Russian naval sailors on the Vostok and Mirny sloops under the command of Thaddeus Bellingshausen and Mikhail Lazarev, as well as to 250th birth anniversary of Admiral Ivan Kruzenshtern. The aim of the expedition is to conduct complex oceanographic research in the Antarctic region and along the route, determining the location of the island of Peter the Great and studying the parameters of the earth‘s magnetic field in order to clarify the position of the South Magnetic Pole. Alexey Kudenko / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050300493

  •  Primary Schools Science Popularization
    2020年11月11日
    Primary Schools Science Popularization

    Pupils observe the changes of magnetic force in the Science and technology museum in Zhangye, Gansu Province, November 11, 2020.=2020(令和2)年11月11日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111403285

  •  ESA‘s JUICE Satellite To Explore The Icy Moons of Jupiter
    2021年02月26日
    ESA‘s JUICE Satellite To Explore The Icy Moons of Jupiter

    January 20, 2023: Baden-Wuerttemberg, Germany: Expanding Juice‘s Toolkit: Integrating The Magnetometer ‘Arm‘ on February 26, 2021. JUICE or Jupiter Icy Moons Explorer is the first large-class mission in ESA‘s Cosmic Vision 2015-2025 program. Planned for launch in April 2023 and arrival at Jupiter in 2029, it will spend at least three years making detailed observations of the giant gaseous planet Jupiter and three of its largest moons, Ganymede, Callisto and Europa and potential habitability. Juice satellite is going through final testing in Toulouse, France, after which it will be shipped to the launch site in South America. (Credit Image: © ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012204440

  •  ‘Van Life‘ Influencer And YouTube Star Lee MacMillan Dies By Suicide At 28
    2021年04月02日
    ‘Van Life‘ Influencer And YouTube Star Lee MacMillan Dies By Suicide At 28

    April 2, 2021, Santa Barbara, California, USA: Instagram influencer Lee MacMillan died by suicide last Friday, according to a post shared on her Instagram page this week. ‘After living an extraordinary life, and fighting a brave battle with depression, our hearts are shattered to share that Lee took her life on Friday,‘ the post read. ‘She was the brightest light, a magnetic force of nature and was loved by so so many.‘ MacMillan was reported missing before her death, according to a press release from the Santa Barbara, Calif., police department. Her boyfriend set up a GoFundMe to raise mental health awareness in MacMillan‘s name. (Credit Image: © Lee MacMillan/Instagram/ZUMA Wire)、クレジット:©Lee MacMillan/Instagram/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040309034

  •  大学で地磁気研究の道へ
    2021年04月07日
    大学で地磁気研究の道へ

    超電導磁力計の横に立つ岡田誠さん=水戸市

    商品コード: 2021040705414

  •  「新華社」BRICS新開発銀行、新たに3カ国が加盟へ
    00:45.02
    2021年09月05日
    「新華社」BRICS新開発銀行、新たに3カ国が加盟へ

    中国とブラジル、ロシア、インド、南アフリカの新興5カ国(BRICS)が運営する新開発銀行(NDB、本部:中国上海市)は2日、アラブ首長国連邦(UAE)、ウルグアイ、バングラデシュの3カ国を加盟国に迎えると発表した。加盟国の増加は、BRICS協力メカニズム持つ磁力と世界で高まりつつある同行の影響力の高さを示している。3カ国は、同行の承認と自国内手続きの後、NDBに必要書類を提出すると正式な加盟国になる。同行が運営開始後に承認した加盟国の融資案件は約80件に上り、融資総額は300億ドル(1ドル=約110円)に達した。投資範囲は交通運輸や水資源・衛生、クリーンエネルギー、デジタルインフラ、社会インフラ、都市開発などの分野に及ぶ。BRICSが共同出資して設立した同行は、BRICSなど新興経済国と開発途上国のインフラ整備や持続可能な開発事業に資金を調達することを目的としている。多国間・地域の金融機関による世界の成長と発展に向けた取り組みを補完する。(記者/周蕊、陳傑) =配信日: 2021(令和3)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090600216

  •  電気通信大学が開発した磁力で壁登るヘビ型ロボット
    2021年10月08日
    電気通信大学が開発した磁力で壁登るヘビ型ロボット

    電気通信大学の田中基康教授と中島瑞研究員、上野翔太郎大学院生らは磁力で壁を登るヘビ型ロボットを開発した。ネオジム磁石を車輪に埋め込み、磁力でタンクの壁面などに張り付く。垂直面のリブなどの突起を乗り越えられることを確認した。化学プラントなどの点検業務の自動化といった用途を提案していく。ヘビ型ロボットは車輪ユニットを8個連結した構造で、車輪に小さなネオジム磁石を埋め込んだ。強い磁力で鉄板などに車輪が張り付くため、垂直な壁面でも進める。磁力は車輪に搭載する磁石の数で調整する。ヘビ型ロボットが段差などを乗り越えられるように、頭を持ち上げられる程度の力にした。リブなどの段差をまたぐ必要がなければ磁石を増やして張り付く力を強めることも可能。可搬重量を増やして重いセンサーなどを積めるようにできる。実験では床面から曲面のあるタンクを登り、壁面を走行することに成功した。機体に電池を積み、通信を無線化して動かせる。オペレーターはヘビ型ロボットに搭載したカメラの映像を見ながら遠隔操作できる。現在は移動性能を確かめた段階で、これから現場や用途に合わせた応用開発に進む。高所点検への応用なども目指す。機体が一定の力で壁面に密着するため、超音波式の肉厚計測センサーを搭載すればプラント構造物の減肉などを調べられる。プラントの保守点検の現場では飛行ロボット(ドローン)などの導入が進みつつある。ただ、配管の減肉などはカメラによる目視だけでは分からず、接触式のセンサーを一定の力で押し当てる必要があった。こうした保守点検の用途にヘビ型ロボットを充てる。=2021(令和3)年10月8日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101509369

  •  Scientists Discover Mystery Object Emitting Radio Waves 4,000 Light-Years From Earth
    2022年01月27日
    Scientists Discover Mystery Object Emitting Radio Waves 4,000 Light-Years From Earth

    January 27, 2022, Australia: VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COM..This image shows an artistââ¬â¢s impression of what the object might look like if itââ¬â¢s a magnetar. Magnetars are incredibly magnetic neutron stars, some of which sometimes produce radio emission. Known magnetars rotate every few seconds, but theoretically, ââ¬Åultra-long period magnetarsââ¬Â could rotate much more slowly. ..Researchers from the International Centre for Radio Astronomy Research (ICRAR) announced Thursday (27January2022) that they have discovered a mysterious object in space that releases a giant burst of energy three times an hour..The object, which is 4,000 light-years from Earth, is unlike anything astronomers have seen before..The team who discovered it think it could be a special kind of neutron star or a white dwarfââ¬âcollapsed cores of starsââ¬âwith an ultra-powerful magnetic field..The strange object spins around in space and sends out a beam of radiation that for a minute in every twenty, is one of th...

    商品コード: 2022012803984

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月09日
    吉川工業が開発した安全帯着脱確認システム

    吉川工業(北九州市八幡東区)は、高所作業時に墜落制止用安全帯フックの未使用を警告する「安全帯フック着脱確認システム」を開発、発売した。市販の安全帯に検知機(タグ)を取り付けるだけで作業者に警告できる業界初という製品。転落事故を低価格で防ぐシステムとして販売する。同システムは、電磁波で複数のICタグ情報を自動認識する無線識別(RFID)技術を応用。指定エリア内でタグがフック(磁力)の有無を検知して、フックの使用、未使用を判定する。検知距離は最大半径12メートルで6段階に設定できる。7月をめどにリアルタイムで使用状況が遠隔地から確認できる管理者向けシステムも発売する。小田高士技術本部長は「作業現場のICT化を進め、作業環境の改善に貢献する」とした。価格はタグ10個の標準品が70万円。22年度200セット販売する。厚生労働省は高さ6・75メートルを超える高所作業を対象に労働安全を規定する政令を改正、2022年1月から安全帯の使用や監視が義務づけられた。=2022(令和4)年3月9日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306605

  •  NASA Unveil Psyche Spacecraft Ahead OF Trip To Metal-Rich Asteroid
    2022年04月13日
    NASA Unveil Psyche Spacecraft Ahead OF Trip To Metal-Rich Asteroid

    April 13, 2022, Cape Canaveral, Florida, United Kingdom: VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COM..This image shows: This artist‘s concept depicts the 140-mile-wide (226-kilometer-wide) asteroid Psyche, which lies in the main asteroid belt between Mars and Jupiter. Psyche is the focal point of NASA‘s mission of the same name. The Psyche spacecraft is set to launch in August 2022 and arrive at the asteroid in 2026, where it will orbit for 21 months and investigate its composition. Scientists think that Psyche, unlike most other asteroids that are rocky or icy bodies, is made up of mostly iron and nickel ââ¬â similar to the Earth‘s core. Exploring the asteroid could give valuable insight into how our own planet and others formed. The Psyche team will use a magnetometer to measure the asteroid‘s magnetic field. A multispectral imager will capture images of the surface, as well as data about the Psyche‘s composition and topography. Spectrometers will analyse the neutrons and gamma rays coming from the surfac...

    商品コード: 2022042011189

  •  CANADA-TORONTO-PDAC INTERNATIONAL CONVENTION
    2022年06月14日
    CANADA-TORONTO-PDAC INTERNATIONAL CONVENTION

    (220614) -- TORONTO, June 14, 2022 (Xinhua) -- Participants look at magnetometers developed specifically for drone magnetometer surveys during the 2022 Prospectors and Developers Association of Canada (PDAC) International Convention in Toronto, Canada, June 13, 2022. The event is held here on-site from June 13 to 15, and will be followed by an online event from June 28 to 29. (Photo by Zou Zheng/Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080303378

  •  Video Shows BepiColombo Spacecraft‘s Mercury Flyby
    2022年06月23日
    Video Shows BepiColombo Spacecraft‘s Mercury Flyby

    June 23, 2022: RAW VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE**..These images and video show a beautiful sequence of 56 pictures taken by the monitoring cameras on board the ESA/JAXA BepiColombo mission as the spacecraft made its second close flyby of its destination planet Mercury on 23 June 2022..The compilation includes images from two monitoring cameras (MCAM) onboard the Mercury Transfer Module, which provides black-and-white snapshots at 1024 x 1024 pixel resolution. The MCAMs also capture parts of the spacecraft: MCAM-2 sees the Mercury Planetary Orbiterââ¬â¢s medium-gain antenna and magnetometer boom, while the high-gain antenna is in the MCAM-3 field-of-view..The image sequences lasted about 15 minutes starting soon after closest approach to Mercury, which was at an altitude of 200 km. The first sequence showcases images taken by MCAM-2, starting from a distance of around 920 km from the surface of the planet and finishing at about 6099 km. The second sequence shows images from MCAM-3 c...

    商品コード: 2022070310118

  •  Video Shows BepiColombo Spacecraft‘s Mercury Flyby
    2022年06月23日
    Video Shows BepiColombo Spacecraft‘s Mercury Flyby

    June 23, 2022: RAW VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE**..These images and video show a beautiful sequence of 56 pictures taken by the monitoring cameras on board the ESA/JAXA BepiColombo mission as the spacecraft made its second close flyby of its destination planet Mercury on 23 June 2022..The compilation includes images from two monitoring cameras (MCAM) onboard the Mercury Transfer Module, which provides black-and-white snapshots at 1024 x 1024 pixel resolution. The MCAMs also capture parts of the spacecraft: MCAM-2 sees the Mercury Planetary Orbiterââ¬â¢s medium-gain antenna and magnetometer boom, while the high-gain antenna is in the MCAM-3 field-of-view..The image sequences lasted about 15 minutes starting soon after closest approach to Mercury, which was at an altitude of 200 km. The first sequence showcases images taken by MCAM-2, starting from a distance of around 920 km from the surface of the planet and finishing at about 6099 km. The second sequence shows images from MCAM-3 c...

    商品コード: 2022070310076

  •  Video Shows BepiColombo Spacecraft‘s Mercury Flyby
    2022年06月23日
    Video Shows BepiColombo Spacecraft‘s Mercury Flyby

    June 23, 2022: RAW VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE**..These images and video show a beautiful sequence of 56 pictures taken by the monitoring cameras on board the ESA/JAXA BepiColombo mission as the spacecraft made its second close flyby of its destination planet Mercury on 23 June 2022..The compilation includes images from two monitoring cameras (MCAM) onboard the Mercury Transfer Module, which provides black-and-white snapshots at 1024 x 1024 pixel resolution. The MCAMs also capture parts of the spacecraft: MCAM-2 sees the Mercury Planetary Orbiterââ¬â¢s medium-gain antenna and magnetometer boom, while the high-gain antenna is in the MCAM-3 field-of-view..The image sequences lasted about 15 minutes starting soon after closest approach to Mercury, which was at an altitude of 200 km. The first sequence showcases images taken by MCAM-2, starting from a distance of around 920 km from the surface of the planet and finishing at about 6099 km. The second sequence shows images from MCAM-3 c...

    商品コード: 2022070310119

  •  Video Shows BepiColombo Spacecraft‘s Mercury Flyby
    2022年06月23日
    Video Shows BepiColombo Spacecraft‘s Mercury Flyby

    June 23, 2022: RAW VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE**..These images and video show a beautiful sequence of 56 pictures taken by the monitoring cameras on board the ESA/JAXA BepiColombo mission as the spacecraft made its second close flyby of its destination planet Mercury on 23 June 2022..The compilation includes images from two monitoring cameras (MCAM) onboard the Mercury Transfer Module, which provides black-and-white snapshots at 1024 x 1024 pixel resolution. The MCAMs also capture parts of the spacecraft: MCAM-2 sees the Mercury Planetary Orbiterââ¬â¢s medium-gain antenna and magnetometer boom, while the high-gain antenna is in the MCAM-3 field-of-view..The image sequences lasted about 15 minutes starting soon after closest approach to Mercury, which was at an altitude of 200 km. The first sequence showcases images taken by MCAM-2, starting from a distance of around 920 km from the surface of the planet and finishing at about 6099 km. The second sequence shows images from MCAM-3 c...

    商品コード: 2022070310060

  •  Video Shows BepiColombo Spacecraft‘s Mercury Flyby
    2022年06月23日
    Video Shows BepiColombo Spacecraft‘s Mercury Flyby

    June 23, 2022: RAW VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COM TO RECEIVE**..These images and video show a beautiful sequence of 56 pictures taken by the monitoring cameras on board the ESA/JAXA BepiColombo mission as the spacecraft made its second close flyby of its destination planet Mercury on 23 June 2022..The compilation includes images from two monitoring cameras (MCAM) onboard the Mercury Transfer Module, which provides black-and-white snapshots at 1024 x 1024 pixel resolution. The MCAMs also capture parts of the spacecraft: MCAM-2 sees the Mercury Planetary Orbiterââ¬â¢s medium-gain antenna and magnetometer boom, while the high-gain antenna is in the MCAM-3 field-of-view..The image sequences lasted about 15 minutes starting soon after closest approach to Mercury, which was at an altitude of 200 km. The first sequence showcases images taken by MCAM-2, starting from a distance of around 920 km from the surface of the planet and finishing at about 6099 km. The second sequence shows images from MCAM-3 c...

    商品コード: 2022070310084

  •  Maglev car completes 1st road test in China‘s Jiangsu
    00:20.01
    2022年09月08日
    Maglev car completes 1st road test in China‘s Jiangsu

    STORY: Maglev car completes 1st road test in China‘s JiangsuDATELINE: Sept. 8, 2022LENGTH: 0:00:20LOCATION: NANJING, ChinaCATEGORY: TECHNOLOGYSHOTLIST:1. various of the road testSTORYLINE:A maglev car completed its first road test in China‘s Jiangsu Province.The car ran 35 millimeters above the road.Magnetic levitation, or maglev, is the method through which a vehicle is suspended in the air by using magnetic force to counter gravitational force.Xinhua News Agency correspondents reporting from Nanjing, China.(XHTV)= 配信日: 2022(令和4)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090911294

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21 , 2023 - Founder and director of the Polish charity Fundacja POSTUP Vlad Kozak is seen during the presentation of the technology for identifying mines and explosive devices using unmanned aerial vehicles (UAVs), Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411116

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - The Polish charitable foundation Fundacja POSTUP tested a new system for identifying mines and explosive devices using unmanned aerial vehicles (UAVs) in Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411212

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - The Polish charitable foundation Fundacja POSTUP tested a new system for identifying mines and explosive devices using unmanned aerial vehicles (UAVs) in Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411068

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - A special suspension with a mine and explosive ordnance detection system (magnetometer) used in conjunction with the Agras T16 commercial field spraying drone is being set up before operation at a test site, Bila Tserkva district,, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411202

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - A special suspension with a mine and explosive ordnance detection system (magnetometer) used in conjunction with the Agras T16 commercial field spraying drone is being set up before operation at a test site, Bila Tserkva district,, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032410962

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - A special suspension with a mine and explosive ordnance detection system (magnetometer) used in conjunction with the Agras T16 commercial field spraying drone is being set up before operation at a test site, Bila Tserkva district,, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411042

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21 , 2023 - Founder and director of the Polish charity Fundacja POSTUP Vlad Kozak is seen during the presentation of the technology for identifying mines and explosive devices using unmanned aerial vehicles (UAVs), Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411176

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - The Polish charitable foundation Fundacja POSTUP tested a new system for identifying mines and explosive devices using unmanned aerial vehicles (UAVs) in Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411126

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - The Polish charitable foundation Fundacja POSTUP tested a new system for identifying mines and explosive devices using unmanned aerial vehicles (UAVs) in Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411209

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - A mine installed on a test site for detection by the unmanned aerial vehicle (UAV) based mine and explosive ordnance identification system, Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411182

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - The unmanned aerial vehicle (UAV) mine and explosive ordnance detection system is being set up for operation at a test site, Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411123

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - The Polish charitable foundation Fundacja POSTUP tested a new system for identifying mines and explosive devices using unmanned aerial vehicles (UAVs) in Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411179

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - The Polish charitable foundation Fundacja POSTUP tested a new system for identifying mines and explosive devices using unmanned aerial vehicles (UAVs) in Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411048

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - The Polish charitable foundation Fundacja POSTUP tested a new system for identifying mines and explosive devices using unmanned aerial vehicles (UAVs) in Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032410843

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - The Polish charitable foundation Fundacja POSTUP tested a new system for identifying mines and explosive devices using unmanned aerial vehicles (UAVs) in Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032410918

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - The Polish charitable foundation Fundacja POSTUP tested a new system for identifying mines and explosive devices using unmanned aerial vehicles (UAVs) in Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032411141

  •  UAV mine detection system tested in Kyiv region
    2023年03月21日
    UAV mine detection system tested in Kyiv region

    KYIV REGION, UKRAINE - MARCH 21, 2023 - The Polish charitable foundation Fundacja POSTUP tested a new system for identifying mines and explosive devices using unmanned aerial vehicles (UAVs) in Bila Tserkva district, Kyiv region, central Ukraine.=2023(令和5)年3月21日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032410967

  •  (7)中国各地で春節明けの生産始まる
    2024年02月19日
    (7)中国各地で春節明けの生産始まる

    17日、江西省贛州(かんしゅう)市の磁力選別機メーカー、贛州金環磁選科技装備の工場で、溶接作業をする従業員。中国では春節(旧正月)連休最終日に当たる17日、多くの企業が生産を再開し、新春の好調な滑り出しに向けて製品の製造を加速させた。(贛州=新華社配信/李劼)= 配信日: 2024(令和6)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021907464

  •  Voyager 1 Sends Back Surprising Response After ‘Poke‘ From Earth
    2024年03月15日
    Voyager 1 Sends Back Surprising Response After ‘Poke‘ From Earth

    March 15, 2024: Engineers have sent a ‘poke‘ to the Voyager 1 probe and received a potentially encouraging response as they hope to fix a communication issue with the aging spacecraft that has persisted for five months. While Voyager 1 has continued to relay a steady radio signal to its mission control team on Earth, that signal has not carried any usable data since November, which has pointed to an issue with one of the spacecraft‘s three onboard computers FILE PHOTO: Illustration of NASA‘s Voyager spacecraft, with the Magnetometer (MAG) instrument and its boom displayed. (Credit Image: © NASA/JPL-Caltech/ZUMA Press Wire)、クレジット:©NASA/JPL-Caltech/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031605006

  •  NASA‘s SpaceX GOES-U Launch
    2024年06月25日
    NASA‘s SpaceX GOES-U Launch

    June 25, 2024 - KSC, USA - A SpaceX Falcon Heavy rocket carrying the National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA) GOES-U (Geostationary Operational Environmental Satellite U) lifts off from Launch Complex 39A at NASAs Kennedy Space Center in Florida on Tuesday, June 25, 2024. The GOES-U satellite is the final satellite in the GOES-R series, which serves a critical role in providing continuous coverage of the Western Hemisphere, including monitoring tropical systems in the eastern Pacific and Atlantic oceans. (Credit Image: © SpaceX/ZUMA Press Wire)、クレジット:©SpaceX/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ ※06/25/2031

    商品コード: 2024070403904

  • 1