KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 指定
  • 研究
  • 復元
  • 発掘
  • 王暁
  • 整理
  • 生産
  • 継承

「磁州」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
36
( 1 36 件を表示)
  • 1
36
( 1 36 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年04月02日
    中国で鑑真6度目の渡航の出発地点が判明寺院遺構は唐招提寺に酷似

    2日、黄泗浦遺跡から出土した磁州窯の器。中国江蘇省の南京博物院考古研究所は3日、長年にわたる発掘と研究により、蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であることを概ね確定したことを明らかにした。出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常に良く似ているという。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101333

  • 2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区にある磁州窯塩店遺跡博物館の工坊で、自身の作品を見つめる劉立忠さん。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909215

  • 2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区の磁州窯塩店遺跡博物館にある元の時代(1271年—1368年)の古窯遺跡の中で、弟子たちと磁州窯の伝統的な焼成技法について語り合う劉立忠さん(右から3人目)。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909218

  • 2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区にある磁州窯塩店遺跡博物館の工坊で、長男の劉鵬潤さん(左)と次男の劉鵬挙(りゅう・ほうきょ)さん(右)に陶器の素地への絵付け方法を教える劉立忠さん。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909195

  • 2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区にある磁州窯塩店遺跡博物館の工坊で、陶器の素地に絵付けをする劉立忠さん。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909170

  • 2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区にある磁州窯塩店遺跡博物館の工坊で、劉立忠さんが磁州窯の作品を制作している。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909123

  • 2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区の磁州窯芸術館で、来場者がスマホで磁州窯の陶器の大皿に焼き込まれた2次元バーコードを読み取っている。伝統的な黒釉掛け・掻き落としの技法で作られた大皿には磁州窯芸術館のWeChat(ウィーチャット、微信)の2次元バーコードがついており、来場者はスマホで磁州窯の関連情報を知ることができる。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909206

  • 2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区にある磁州窯塩店遺跡博物館の工坊で、自身の作品を見つめる劉立忠さん。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909194

  • 2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区の磁州窯芸術館で、磁州窯で作られたランプシェードを見つめる来場者。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909168

  • 2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区にある磁州窯塩店遺跡博物館の工坊で、陶器の素地に絵付けをする劉立忠さん。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909174

  • 2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区の磁州窯塩店遺跡博物館で、長男の劉鵬潤さんと磁州窯の伝統的な焼成技法について語り合う劉立忠さん(左)。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909162

  • 2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区にある磁州窯塩店遺跡博物館の工坊で、長男の劉鵬潤さん(右)にろくろのやり方を教える劉立忠さん。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909212

  • 2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区にある磁州窯塩店遺跡博物館の工坊で、劉立忠さんの長男、劉鵬潤(りゅう・ほうじゅん)さんがろくろを回している。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909213

  • 2019年09月16日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    16日、河北省邯鄲市峰峰鉱区の磁州窯塩店遺跡博物館にある古窯遺跡の前を通り過ぎてゆく劉立忠さん。(小型無人機から)今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909223

  • 01:23.72
    2019年10月28日
    「新華社」テクノロジーが千年の歴史を持つ磁州窯に活力をもたらす

    図面を選択しパラメーターをセットすると、3D立体レーザー彫刻機が動き出す。数分間で陶磁器の表面に精緻な模様が彫り上げられた。古代の中国北方の民窯体系として、磁州窯は千年にわたり窯の火が消えることなく継承を続けてきた。時代が発展するにつれ、河北省邯鄲(かんたん)市峰峰鉱区(ほうほうこうく)の磁州窯職人は、レーザー彫刻、バーチャル鋳型などのテクノロジーを用いて生産工芸の改良・アップグレードを続け、千年の歴史を持つ古窯に活力をもたらしている。このほか磁州窯職人は、3D技術の利用で収集した鋳型データベースの利用を試みている。これにより使用周期が短い、場所をとるなど、従来の陶磁器の鋳型が抱えていた課題を効果的に解決できるという。(記者/岳文婷)<映像内容>レーザー彫刻などの技術を使って磁州窯の制作をする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102801030

  • 2019年11月07日
    「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省

    海豊鎮遺跡博物館に展示された磁州窯産の磁器。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102317

  • 2019年11月07日
    「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省

    海豊鎮遺跡博物館に展示された磁州窯の磁器人形。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102363

  • 2019年11月07日
    「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省

    海豊鎮遺跡博物館に展示された磁州窯産の「白釉褐彩瓶」。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102348

  • 2019年11月07日
    「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省

    海豊鎮遺跡博物館に展示された磁州窯産の磁器。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102384

  • 2019年11月07日
    「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省

    海豊鎮遺跡博物館に展示された磁州窯産の「黒釉羊」(左)と「醬釉獅子」。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102291

  • 01:27.83
    2019年12月13日
    「新華社」太行山脈の昔ながらの陶磁村、「芸術の殿堂」に変身

    中国河北省邯鄲市峰峰鉱区にある張家楼村は、地中に大量の磁器向きの良質な粘土層があり、古代の中国北方最大の民窯体系である「磁州窯」を支えてきたが、ここ数年の都市化の加速により、多くの村民が都市部に出て働くようになった。古集落の消失という問題に直面し、芸術家たちが次々と村に移住するようになり、昔ながらの村の姿を守るという基礎に立って張家楼芸術公社を設立した。現在、張家楼には30人余りの芸術家が常駐し、年間延べ約30万人の観光客を受け入れている。芸術の香り豊かな雰囲気に引き付けられ、カフェや茶館などの気軽なビジネスも村に定着し、そこに起業や就業のチャンスを見出す村民も増えている。(記者/岳文婷)<映像内容>張家楼村の街並みなど風景、住民の生活の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600696

  • 01:15.91
    2020年06月23日
    「新華社」海豊鎮遺跡で出土の磁器、修復作業始まる河北省黄驊市

    中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡から出土した磁器の修復作業がこのほど、正式に開始された。作業が完了すると、百点余りの磁器が本来の姿を取り戻す。同省文物保護センターの専門家チームは出土磁器の破片を選別し、精巧で美しい100点余りの磁器を修復する予定で、関連の作業は今年末までかかる見通し。磁器片を整理する過程で、専門家は定窯や磁州窯、井陘(せいけい)窯だけでなく、景徳鎮窯や耀州窯、竜泉窯などさまざまな窯で作られた磁器があることを発見した。多様な磁器が集められていた状況から、専門家は海豊鎮遺跡の出土磁器は海外輸出用だったと推測した。これまでに東アジア地域に伝わり出土した磁器と、同遺跡の出土磁器の間に高い類似性が見られることも、この推測を裏付けている。同遺跡は中国の金・元代に関する重要な考古学発掘プロジェクト。2000~2017年にかけて、考古学関係者は合わせて5回の発掘調査を実施し、大量の磁器を発見。2006年には第6次全国重点文物保護単位に指定された。(記者/駱学峰)<映像内容>海豊鎮遺跡から出土した磁器の修復作業、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508606

  • 2020年09月25日
    地元の観光資源を活用、「全域観光」の発展を目指す河北省

    9月25日、邯鄲市磁県にある磁州水墨園風景区を見学する観光客。中国河北省邯鄲(かんたん)市は近年、地元の観光資源を活用し、文化・観光産業と生態系管理、農村振興などを融合。歴史文化ツアー、大自然ツアー、農村体験といった観光を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」の新たな支援枠組みの構築に取り組んでいる。2019年には市全体で累計8036万人の観光客を受け入れた。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705796

  • 2020年09月25日
    地元の観光資源を活用、「全域観光」の発展を目指す河北省

    9月25日、邯鄲市磁県にある磁州水墨園風景区。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市は近年、地元の観光資源を活用し、文化・観光産業と生態系管理、農村振興などを融合。歴史文化ツアー、大自然ツアー、農村体験といった観光を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」の新たな支援枠組みの構築に取り組んでいる。2019年には市全体で累計8036万人の観光客を受け入れた。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705766

  • 2020年10月17日
    海豊鎮遺跡の出土磁器が解き明かす歴史の変遷河北省黄驊市

    17日、黄驊市の海豊鎮遺跡博物館で、修復した磁州窯の緑釉花卉文枕(りょくゆうかきもんちん)を確認する職員。中国河北省黄驊(こうか)市にある海豊鎮遺跡の発掘調査は、金・元代(12~14世紀)の重要考古学プロジェクトとされており、遺跡も全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。発掘は2000年以降に5回実施され、磁器を中心とした大量の遺物が完全な状態や修復可能な状態で出土した。今年以降は同省文物保護センターの専門家チームが出土磁器の破片を選別し、修復を行っている。作業は年末までを予定しており、美しい磁器100点余りが当時の姿によみがえる。(石家荘=新華社記者/楊知潤)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201562

  • 2020年10月17日
    海豊鎮遺跡の出土磁器が解き明かす歴史の変遷河北省黄驊市

    17日、黄驊市の海豊鎮遺跡博物館で、修復した磁州窯の緑釉花卉文枕(りょくゆうかきもんちん)を確認する職員。中国河北省黄驊(こうか)市にある海豊鎮遺跡の発掘調査は、金・元代(12~14世紀)の重要考古学プロジェクトとされており、遺跡も全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。発掘は2000年以降に5回実施され、磁器を中心とした大量の遺物が完全な状態や修復可能な状態で出土した。今年以降は同省文物保護センターの専門家チームが出土磁器の破片を選別し、修復を行っている。作業は年末までを予定しており、美しい磁器100点余りが当時の姿によみがえる。(石家荘=新華社記者/楊知潤)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201595

  • 2020年11月16日
    邯鄲市博物館で文化財の魅力に触れる河北省

    16日、邯鄲市博物館で展示された唐代の青石釈迦(しゃか)仏坐像。中国河北省の邯鄲(かんたん)市博物館で現在、磁州窯や古代仏教彫刻など幾つかのテーマ展が開催されている。多くの市民や児童生徒が訪れ、文化財の魅力に触れている。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008721

  • 2020年11月16日
    邯鄲市博物館で文化財の魅力に触れる河北省

    16日、邯鄲市博物館を見学する同市陽光実験小学校の児童。中国河北省の邯鄲(かんたん)市博物館で現在、磁州窯や古代仏教彫刻など幾つかのテーマ展が開催されている。多くの市民や児童生徒が訪れ、文化財の魅力に触れている。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008733

  • 2020年11月16日
    邯鄲市博物館で文化財の魅力に触れる河北省

    16日、邯鄲市博物館で展示された唐代の紅砂石文殊菩薩像。中国河北省の邯鄲(かんたん)市博物館で現在、磁州窯や古代仏教彫刻など幾つかのテーマ展が開催されている。多くの市民や児童生徒が訪れ、文化財の魅力に触れている。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008782

  • 2020年11月16日
    邯鄲市博物館で文化財の魅力に触れる河北省

    16日、邯鄲市博物館で展示された中華民国期の磁器人形「青花褐彩和合二仙磁塑」。中国河北省の邯鄲(かんたん)市博物館で現在、磁州窯や古代仏教彫刻など幾つかのテーマ展が開催されている。多くの市民や児童生徒が訪れ、文化財の魅力に触れている。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008811

  • 2020年11月16日
    邯鄲市博物館で文化財の魅力に触れる河北省

    16日、邯鄲市博物館で展示された唐代の紅砂石菩薩頭像。中国河北省の邯鄲(かんたん)市博物館で現在、磁州窯や古代仏教彫刻など幾つかのテーマ展が開催されている。多くの市民や児童生徒が訪れ、文化財の魅力に触れている。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008828

  • 2020年11月16日
    邯鄲市博物館で文化財の魅力に触れる河北省

    16日、邯鄲市博物館を見学する同市陽光実験小学校の児童。中国河北省の邯鄲(かんたん)市博物館で現在、磁州窯や古代仏教彫刻など幾つかのテーマ展が開催されている。多くの市民や児童生徒が訪れ、文化財の魅力に触れている。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008833

  • 2020年11月16日
    邯鄲市博物館で文化財の魅力に触れる河北省

    16日、邯鄲市博物館で展示された金代の黄緑釉迦陵頻伽(かりょうびんが)像。中国河北省の邯鄲(かんたん)市博物館で現在、磁州窯や古代仏教彫刻など幾つかのテーマ展が開催されている。多くの市民や児童生徒が訪れ、文化財の魅力に触れている。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008775

  • 2020年11月16日
    邯鄲市博物館で文化財の魅力に触れる河北省

    16日、邯鄲市博物館で展示された唐代の石彫仏頭像。中国河北省の邯鄲(かんたん)市博物館で現在、磁州窯や古代仏教彫刻など幾つかのテーマ展が開催されている。多くの市民や児童生徒が訪れ、文化財の魅力に触れている。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008813

  • 2020年11月16日
    邯鄲市博物館で文化財の魅力に触れる河北省

    16日、邯鄲市博物館を見学する同市陽光実験小学校の児童。中国河北省の邯鄲(かんたん)市博物館で現在、磁州窯や古代仏教彫刻など幾つかのテーマ展が開催されている。多くの市民や児童生徒が訪れ、文化財の魅力に触れている。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008785

  • 00:28.84
    2021年03月10日
    「新華社」春を告げる梅が開花河北省磁県

    中国河北省磁県にある磁州水墨園ではこのほど、ロウバイや「美人梅」と呼ばれる品種が一斉に咲き誇り、観賞に訪れた観光客の目を楽しませている。(記者/范世輝) =配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031007695

  • 1