KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • ウランプハ砂漠
  • 令和
  • ヘクター
  • フフホト
  • 寄生植物
  • 経済効果
  • 余り
  • 内容
  • 土地

「磴口県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
20
( 1 20 件を表示)
  • 1
20
( 1 20 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「新華社」【新中国成立70周年】花畑でお祝い内モンゴル自治区磴口県
    01:53.40
    2019年10月03日
    「新華社」【新中国成立70周年】花畑でお祝い内モンゴル自治区磴口県

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県でこのほど、新中国成立70周年を祝う花畑が公開された。数百ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の花畑には創意工夫がこらされており、インターネット上でも話題の観光地となっている。(記者/李雲平)<映像内容>中国の建国70周年を祝う花畑が公開、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100301721

  •  「新華社」内モンゴルの飲食業、続々と営業再開ただし出前のみ
    01:23.28
    2020年03月10日
    「新華社」内モンゴルの飲食業、続々と営業再開ただし出前のみ

    中国内モンゴル自治区河套(かとう)地区では、飲食店が新型コロナウイルスの感染防止に万全を期しつつ、続々と営業を再開している。ただ、人々の密集を防ぐため店内で飲食はできず、持ち帰りのみが許されている。同自治区磴口県では、地元の市場監督管理局が新型肺炎流行期間中の飲食業営業規則を発表。飲食店は申請をしたうえで承諾書にサインし、さらに営業再開通知書が交付されてから営業ができるとしている。同県などの飲食店は、最新規則に基づき出前形式を取っており、配送員も非接触型の配送を厳しく実施している。客が来店し商品を受け取る場合は、体温測定や氏名と連絡先の登録が必要で、感染拡大防止策の徹底に努めている。(記者/李雲平)<映像内容>営業再開した内モンゴルの飲食店、料理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104597

  •  「新華社」ウランプハ砂漠で陸稲の試験栽培実施内モンゴル自治区
    00:53.05
    2020年06月14日
    「新華社」ウランプハ砂漠で陸稲の試験栽培実施内モンゴル自治区

    中国で8番目に広い砂漠、内モンゴル自治区のウランプハ砂漠では現在、5200ムー(約347ヘクタール)の土地で陸稲の試験栽培が行われている。砂防と砂の固定化を進めながら良質な米の収穫が期待できる。同砂漠の総面積は1500万ムー(約100万ヘクタール)で、うち430万ムー(約28万6667ヘクタール)はバヤンノール市磴口県に属する。概算によると、1ムー(約667平方メートル)当たりの陸稲の栽培コストは2千元(1元=約15円)で、450キロの良質な米が生産できる。販売価格を1キロ30元とすると、1ムー当たりの純収入は1万元以上になる。(記者/李雲平)<映像内容>ウランプハ砂漠で陸稲の試験栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706255

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:34.36
    2020年07月12日
    「新華社」増水で黄河河岸が浸食、緊急補強を実施内モンゴル自治区磴口県

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県では、県内を流れる黄河の増水を受け、南套子や東地などの堤防の低いエリアで河岸の浸食や崩壊などの危険が高まっている。危険エリアは2100メートル余りに及んでおり、同県では浸食を受けた川岸に対する補強工事を実施している。(記者/李雲平)<映像内容>増水で黄河河岸が浸食、補強工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300455

  •  「新華社」中国で8番目に大きな砂漠で生態補水を実施内モンゴル自治区
    00:14.16
    2020年09月10日
    「新華社」中国で8番目に大きな砂漠で生態補水を実施内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市水利局によると、中国で8番目に大きな砂漠であるウランプハ砂漠では現在、黄河の水を利用した生態補水を実施することで、地下水位低下の問題を徐々に解決している。ウランプハ砂漠の面積は約1500万ムー(約100万ヘクタール)で、東部は黄河に近く、砂漠のうち430万ムー(約28万6667ヘクタール)はバヤンノール市磴口県に属する。一年を通じて温帯大陸性季節風気候の影響を受けるため、年間平均降水量はわずか140ミリメートル程度なのに対し、年間平均蒸発量は2400ミリメートルに達する。中国水利部黄河水利委員会は、内モンゴル自治区が8月15日から黄河の水を利用してウランプハ砂漠に生態補水を実施することを承認した。9月15日までに終了する予定で、給水量は計6500万立方メートルに達する見通しだという。<映像内容>ウランプハ砂漠で黄河の水を利用した生態補水を実施、撮影日:2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201375

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:33.92
    2020年09月21日
    「新華社」ウランプハ砂漠で高タンパクのクワ栽培に成功内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区にあり、国内で8番目の広さを持つウランプハ砂漠でこのほど、高タンパクのクワ栽培に成功した。同砂漠の面積は約1500万ムー(約1万平方キロ)。砂漠でのクワ栽培は環境に良い影響を与えるだけでなく、地元農家により多くの収入をもたらす。高タンパクのクワの木は強健な根を持ち、砂漠の砂嵐にも耐えられる。高温で乾燥した環境下や塩分の多い土壌でも早く成長する。今回栽培に成功したクワの葉と枝にはそれぞれ36%、28%のタンパク質が含まれるという。同自治区バヤンノール市磴口県のクワ栽培基地では現在、千ムー(約67ヘクタール)余りの敷地でクワが栽培されている。(記者/李雲平、趙沢輝)<映像内容>ウランプハ砂漠のクワ栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092800089

  •  「新華社」春の湿地にハクチョウの群れ内モンゴル自治区
    00:59.90
    2021年03月02日
    「新華社」春の湿地にハクチョウの群れ内モンゴル自治区

    中国の黄河流域にある内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県ではこのところ、春の日差しを受けて湖や湿地の解氷が進み、ハクチョウなど多くの渡り鳥が姿を見せている。同自治区には世界的に重要な渡り鳥の移動ルート3本が通っており、うち1本は磴口県を経由している。県内160カ所以上の天然湖沼はハクチョウだけで1万羽以上が飛来する渡り鳥の生息・繁殖地となっている。(記者/李雲平)=配信日:2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030402365

  •  (1)豊作のニクジュヨウを収穫内モンゴル自治区
    2021年05月20日
    (1)豊作のニクジュヨウを収穫内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区磴口県の企業、王爺地蓯蓉生物のニクジュヨウ栽培基地で、ニクジュヨウを収穫する職員。中国内モンゴル自治区にある国内で8番目に大きな砂漠、ウランプハ砂漠で、2万ムー(約1330ヘクタール)余りの土地に人工栽培されたニクジュヨウが豊作を迎えた。1ムー(約667平方メートル)あたりの生産高は3千元(1元=約17円)余りに上るという。同自治区バヤンノール市政府などが明らかにした。ニクジュヨウは砂漠に生息する寄生植物で、貴重な中医薬材として知られる。ウランプハ砂漠の面積は1500万ムー(約100万ヘクタール)。うち430万ムー(約28万6700ヘクタール)近くが同市磴口(とうこう)県に属する。同県は長年にわたり、風防・砂地固定効果を持つ低木「梭梭(ソウソウ)」の植林を通じて生態環境の改善を進めてきた。梭梭の根にニクジュヨウを接ぐことで、一定の経済効果も生み出している。同県には、ニクジュヨウ栽培に関わる民間企業が20社余りあり、梭梭の人工栽培面積は50万ムー(約3万3300ヘクタール)、ニクジュヨウの年間生産量は2千トン余りと中国最大のニクジュヨウ工栽培・生産拠点になっている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052015947

  •  (5)豊作のニクジュヨウを収穫内モンゴル自治区
    2021年05月20日
    (5)豊作のニクジュヨウを収穫内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区磴口県の企業、王爺地蓯蓉生物のニクジュヨウ栽培基地で、ニクジュヨウを収穫する職員。中国内モンゴル自治区にある国内で8番目に大きな砂漠、ウランプハ砂漠で、2万ムー(約1330ヘクタール)余りの土地に人工栽培されたニクジュヨウが豊作を迎えた。1ムー(約667平方メートル)あたりの生産高は3千元(1元=約17円)余りに上るという。同自治区バヤンノール市政府などが明らかにした。ニクジュヨウは砂漠に生息する寄生植物で、貴重な中医薬材として知られる。ウランプハ砂漠の面積は1500万ムー(約100万ヘクタール)。うち430万ムー(約28万6700ヘクタール)近くが同市磴口(とうこう)県に属する。同県は長年にわたり、風防・砂地固定効果を持つ低木「梭梭(ソウソウ)」の植林を通じて生態環境の改善を進めてきた。梭梭の根にニクジュヨウを接ぐことで、一定の経済効果も生み出している。同県には、ニクジュヨウ栽培に関わる民間企業が20社余りあり、梭梭の人工栽培面積は50万ムー(約3万3300ヘクタール)、ニクジュヨウの年間生産量は2千トン余りと中国最大のニクジュヨウ工栽培・生産拠点になっている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052014584

  •  (2)豊作のニクジュヨウを収穫内モンゴル自治区
    2021年05月20日
    (2)豊作のニクジュヨウを収穫内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区磴口県の企業、王爺地蓯蓉生物のニクジュヨウ栽培基地で、収穫のため掘り出されたニクジュヨウ。中国内モンゴル自治区にある国内で8番目に大きな砂漠、ウランプハ砂漠で、2万ムー(約1330ヘクタール)余りの土地に人工栽培されたニクジュヨウが豊作を迎えた。1ムー(約667平方メートル)あたりの生産高は3千元(1元=約17円)余りに上るという。同自治区バヤンノール市政府などが明らかにした。ニクジュヨウは砂漠に生息する寄生植物で、貴重な中医薬材として知られる。ウランプハ砂漠の面積は1500万ムー(約100万ヘクタール)。うち430万ムー(約28万6700ヘクタール)近くが同市磴口(とうこう)県に属する。同県は長年にわたり、風防・砂地固定効果を持つ低木「梭梭(ソウソウ)」の植林を通じて生態環境の改善を進めてきた。梭梭の根にニクジュヨウを接ぐことで、一定の経済効果も生み出している。同県には、ニクジュヨウ栽培に関わる民間企業が20社余りあり、梭梭の人工栽培面積は50万ムー(約3万3300ヘクタール)、ニクジュヨウの年間生産量は2千トン余りと中国最大のニクジュヨウ工栽培・生産拠点になっている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052015949

  •  (4)豊作のニクジュヨウを収穫内モンゴル自治区
    2021年05月20日
    (4)豊作のニクジュヨウを収穫内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区磴口県の企業、王爺地蓯蓉生物のニクジュヨウ栽培基地で、ニクジュヨウを収穫する職員。中国内モンゴル自治区にある国内で8番目に大きな砂漠、ウランプハ砂漠で、2万ムー(約1330ヘクタール)余りの土地に人工栽培されたニクジュヨウが豊作を迎えた。1ムー(約667平方メートル)あたりの生産高は3千元(1元=約17円)余りに上るという。同自治区バヤンノール市政府などが明らかにした。ニクジュヨウは砂漠に生息する寄生植物で、貴重な中医薬材として知られる。ウランプハ砂漠の面積は1500万ムー(約100万ヘクタール)。うち430万ムー(約28万6700ヘクタール)近くが同市磴口(とうこう)県に属する。同県は長年にわたり、風防・砂地固定効果を持つ低木「梭梭(ソウソウ)」の植林を通じて生態環境の改善を進めてきた。梭梭の根にニクジュヨウを接ぐことで、一定の経済効果も生み出している。同県には、ニクジュヨウ栽培に関わる民間企業が20社余りあり、梭梭の人工栽培面積は50万ムー(約3万3300ヘクタール)、ニクジュヨウの年間生産量は2千トン余りと中国最大のニクジュヨウ工栽培・生産拠点になっている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052015948

  •  (3)豊作のニクジュヨウを収穫内モンゴル自治区
    2021年05月20日
    (3)豊作のニクジュヨウを収穫内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区磴口県の企業、王爺地蓯蓉生物のニクジュヨウ栽培基地で、ニクジュヨウを収穫する職員。中国内モンゴル自治区にある国内で8番目に大きな砂漠、ウランプハ砂漠で、2万ムー(約1330ヘクタール)余りの土地に人工栽培されたニクジュヨウが豊作を迎えた。1ムー(約667平方メートル)あたりの生産高は3千元(1元=約17円)余りに上るという。同自治区バヤンノール市政府などが明らかにした。ニクジュヨウは砂漠に生息する寄生植物で、貴重な中医薬材として知られる。ウランプハ砂漠の面積は1500万ムー(約100万ヘクタール)。うち430万ムー(約28万6700ヘクタール)近くが同市磴口(とうこう)県に属する。同県は長年にわたり、風防・砂地固定効果を持つ低木「梭梭(ソウソウ)」の植林を通じて生態環境の改善を進めてきた。梭梭の根にニクジュヨウを接ぐことで、一定の経済効果も生み出している。同県には、ニクジュヨウ栽培に関わる民間企業が20社余りあり、梭梭の人工栽培面積は50万ムー(約3万3300ヘクタール)、ニクジュヨウの年間生産量は2千トン余りと中国最大のニクジュヨウ工栽培・生産拠点になっている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052015946

  •  (2)晩秋のウランプハ砂漠でジャガイモが豊作内モンゴル自治区
    2022年10月28日
    (2)晩秋のウランプハ砂漠でジャガイモが豊作内モンゴル自治区

    23日、内モンゴル自治区バヤンノール市磴口県のウランプハ砂漠で、トラックにジャガイモを積み込む栽培農家。秋が深まる中、中国で8番目に広い砂漠、内モンゴル自治区のウランプハ砂漠に植えられた5万6千ムー(約3700ヘクタール)のジャガイモの9割が収穫を終えた。1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収量は5トン以上で、豊作が確実となった。同砂漠の総面積は1500万ムー(100万ヘクタール)で、うち430万ムー(約28万7千ヘクタール)近くがバヤンノール市磴口(とうこう)県内に分布する。この地域は日照が十分で、昼夜の気温差が大きく、空気が澄んでいる上、210万ムー(14万ヘクタール)の砂漠がオアシスに変わり、ジャガイモ栽培に有利な条件がそろっている。現在、同砂漠には50戸を超えるジャガイモの大規模農家がある。各戸の栽培面積は200ムー(約13ヘクタール)から8千ムー(約533ヘクタール)に及び、地元の余剰労働力に就労による増収の機会を提供し、産業の発展をけん引することで、農村の振興を促している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102811965

  •  (1)晩秋のウランプハ砂漠でジャガイモが豊作内モンゴル自治区
    2022年10月28日
    (1)晩秋のウランプハ砂漠でジャガイモが豊作内モンゴル自治区

    23日、内モンゴル自治区バヤンノール市磴口県のウランプハ砂漠で、ジャガイモを収穫する農家の人。秋が深まる中、中国で8番目に広い砂漠、内モンゴル自治区のウランプハ砂漠に植えられた5万6千ムー(約3700ヘクタール)のジャガイモの9割が収穫を終えた。1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収量は5トン以上で、豊作が確実となった。同砂漠の総面積は1500万ムー(100万ヘクタール)で、うち430万ムー(約28万7千ヘクタール)近くがバヤンノール市磴口(とうこう)県内に分布する。この地域は日照が十分で、昼夜の気温差が大きく、空気が澄んでいる上、210万ムー(14万ヘクタール)の砂漠がオアシスに変わり、ジャガイモ栽培に有利な条件がそろっている。現在、同砂漠には50戸を超えるジャガイモの大規模農家がある。各戸の栽培面積は200ムー(約13ヘクタール)から8千ムー(約533ヘクタール)に及び、地元の余剰労働力に就労による増収の機会を提供し、産業の発展をけん引することで、農村の振興を促している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102811964

  •  (3)晩秋のウランプハ砂漠でジャガイモが豊作内モンゴル自治区
    2022年10月28日
    (3)晩秋のウランプハ砂漠でジャガイモが豊作内モンゴル自治区

    23日、内モンゴル自治区バヤンノール市磴口県のウランプハ砂漠で、ジャガイモを収穫する農家の人。秋が深まる中、中国で8番目に広い砂漠、内モンゴル自治区のウランプハ砂漠に植えられた5万6千ムー(約3700ヘクタール)のジャガイモの9割が収穫を終えた。1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収量は5トン以上で、豊作が確実となった。同砂漠の総面積は1500万ムー(100万ヘクタール)で、うち430万ムー(約28万7千ヘクタール)近くがバヤンノール市磴口(とうこう)県内に分布する。この地域は日照が十分で、昼夜の気温差が大きく、空気が澄んでいる上、210万ムー(14万ヘクタール)の砂漠がオアシスに変わり、ジャガイモ栽培に有利な条件がそろっている。現在、同砂漠には50戸を超えるジャガイモの大規模農家がある。各戸の栽培面積は200ムー(約13ヘクタール)から8千ムー(約533ヘクタール)に及び、地元の余剰労働力に就労による増収の機会を提供し、産業の発展をけん引することで、農村の振興を促している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102811989

  •  (5)晩秋のウランプハ砂漠でジャガイモが豊作内モンゴル自治区
    2022年10月28日
    (5)晩秋のウランプハ砂漠でジャガイモが豊作内モンゴル自治区

    23日、内モンゴル自治区バヤンノール市磴口県のウランプハ砂漠で、トラックにジャガイモを積み込む栽培農家。秋が深まる中、中国で8番目に広い砂漠、内モンゴル自治区のウランプハ砂漠に植えられた5万6千ムー(約3700ヘクタール)のジャガイモの9割が収穫を終えた。1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収量は5トン以上で、豊作が確実となった。同砂漠の総面積は1500万ムー(100万ヘクタール)で、うち430万ムー(約28万7千ヘクタール)近くがバヤンノール市磴口(とうこう)県内に分布する。この地域は日照が十分で、昼夜の気温差が大きく、空気が澄んでいる上、210万ムー(14万ヘクタール)の砂漠がオアシスに変わり、ジャガイモ栽培に有利な条件がそろっている。現在、同砂漠には50戸を超えるジャガイモの大規模農家がある。各戸の栽培面積は200ムー(約13ヘクタール)から8千ムー(約533ヘクタール)に及び、地元の余剰労働力に就労による増収の機会を提供し、産業の発展をけん引することで、農村の振興を促している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102811988

  •  (4)晩秋のウランプハ砂漠でジャガイモが豊作内モンゴル自治区
    2022年10月28日
    (4)晩秋のウランプハ砂漠でジャガイモが豊作内モンゴル自治区

    23日、内モンゴル自治区バヤンノール市磴口県のウランプハ砂漠で、トラックにジャガイモを積み込む栽培農家。秋が深まる中、中国で8番目に広い砂漠、内モンゴル自治区のウランプハ砂漠に植えられた5万6千ムー(約3700ヘクタール)のジャガイモの9割が収穫を終えた。1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収量は5トン以上で、豊作が確実となった。同砂漠の総面積は1500万ムー(100万ヘクタール)で、うち430万ムー(約28万7千ヘクタール)近くがバヤンノール市磴口(とうこう)県内に分布する。この地域は日照が十分で、昼夜の気温差が大きく、空気が澄んでいる上、210万ムー(14万ヘクタール)の砂漠がオアシスに変わり、ジャガイモ栽培に有利な条件がそろっている。現在、同砂漠には50戸を超えるジャガイモの大規模農家がある。各戸の栽培面積は200ムー(約13ヘクタール)から8千ムー(約533ヘクタール)に及び、地元の余剰労働力に就労による増収の機会を提供し、産業の発展をけん引することで、農村の振興を促している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102811990

  •  「新華社」黄河湿地が「白鳥の湖」に内モンゴル自治区磴口県
    00:50.36
    2022年11月09日
    「新華社」黄河湿地が「白鳥の湖」に内モンゴル自治区磴口県

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある黄河湿地ではこのところ、千羽余りのハクチョウが飛来して羽を休めたり餌を探したりしている。同県の黄河湿地は毎年この時期になると、ハクチョウなど南下する渡り鳥の「中継地」となる。飛来は11月末まで続く見込み。(記者/李雲平) =配信日: 2022(令和4)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110905989

  •  (1)ウランプハ砂漠でニクジュヨウの寄生栽培に成功内モンゴル自治区
    2023年05月15日
    (1)ウランプハ砂漠でニクジュヨウの寄生栽培に成功内モンゴル自治区

    11日、内モンゴル自治区バヤンノール市磴口県のウランプハ砂漠で試験栽培されるニクジュヨウ。中国内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県農牧・科技局は13日、国内で8番目に広い砂漠のウランプハ砂漠でハマウツボ科の寄生植物、ニクジュヨウをアカザ科の常緑低木「四翅浜藜」(学名Atriplexcanescens)に寄生させる試験栽培に成功したと明らかにした。ニクジュヨウは砂漠の寄生植物の一種で、貴重な中医薬材として知られる。老化防止や免疫力向上などの効能があり「砂漠人参」とも呼ばれる。栽培による経済効果は1ムー(約667平方メートル)当たり約6千元(1元=約20円)で、大きな可能性を秘めている。(バヤンノール=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2023(令和5)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023051510145

  •  (2)ウランプハ砂漠でニクジュヨウの寄生栽培に成功内モンゴル自治区
    2023年05月15日
    (2)ウランプハ砂漠でニクジュヨウの寄生栽培に成功内モンゴル自治区

    11日、内モンゴル自治区バヤンノール市磴口県のウランプハ砂漠で試験栽培されるニクジュヨウ。中国内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県農牧・科技局は13日、国内で8番目に広い砂漠のウランプハ砂漠でハマウツボ科の寄生植物、ニクジュヨウをアカザ科の常緑低木「四翅浜藜」(学名Atriplexcanescens)に寄生させる試験栽培に成功したと明らかにした。ニクジュヨウは砂漠の寄生植物の一種で、貴重な中医薬材として知られる。老化防止や免疫力向上などの効能があり「砂漠人参」とも呼ばれる。栽培による経済効果は1ムー(約667平方メートル)当たり約6千元(1元=約20円)で、大きな可能性を秘めている。(バヤンノール=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2023(令和5)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023051510146

  • 1