KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 発表
  • ちょう
  • 中国科学院
  • 位置
  • 判断
  • 南東部
  • 合同
  • 同地
  • 屋外

「礫器」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  旧石器研究の課題
    2001年05月11日
    旧石器研究の課題

    加生沢遺跡出土の尖頭礫器(左)とハンドアックス様石器

    商品コード: 2001051400042

  •  Damage to 10-storey building in Kyiv
    2022年03月15日
    Damage to 10-storey building in Kyiv

    KYIV, UKRAINE - MARCH 15, 2022 - Damage done to a ten-storey apartment block as a result of a shelling that took place early in the morning on Tuesday, March 15, is pictured in the Podilskyi district, Kyiv, capital of Ukraine. =2022(令和4)年3月15日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031602539

  •  (2)夜塬遺跡から旧石器時代の石製品1万点余り出土陝西省
    2022年03月18日
    (2)夜塬遺跡から旧石器時代の石製品1万点余り出土陝西省

    夜塬遺跡から出土した石斧。(資料写真)中国陝西省考古研究院はこのほど、同省商洛市洛南県にある夜塬(やげん)遺跡から旧石器時代の石製品1万点余りが出土し、重要な考古学的成果が得られたと発表した。同遺跡は屋外型の旧石器遺跡に属す。同研究院と中国科学院古脊椎動物・古人類研究所、南京大学地理・海洋科学学院などが合同で考古チームを結成し、昨年3月から今年3月にかけて同遺跡の発掘調査を行った。今回の発掘エリアは遺跡の南東部に位置し、発掘面積は500平方メートル。遺跡の地層堆積の厚さは22・8メートルで、36層に分けられる。発掘現場ではこれまでに、石製の刮削器(かっさくき)や尖頭器(せんとうき)、礫器(れっき)などの石製品が1万2千点余り出土している。同研究院の張改課(ちょう・かいか)副研究館員によると、地層堆積や石製品の特徴に対する観察を通じ、遅くとも約60万年前には古人類が同地で活動し、約25万年前ごろに繁栄期を迎え、その後約7万年前ごろまで続いたと暫定的に判断した。(洛南=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204798

  •  (5)夜塬遺跡から旧石器時代の石製品1万点余り出土陝西省
    2022年03月18日
    (5)夜塬遺跡から旧石器時代の石製品1万点余り出土陝西省

    夜塬遺跡から出土した石製品の分布状況。(資料写真)中国陝西省考古研究院はこのほど、同省商洛市洛南県にある夜塬(やげん)遺跡から旧石器時代の石製品1万点余りが出土し、重要な考古学的成果が得られたと発表した。同遺跡は屋外型の旧石器遺跡に属す。同研究院と中国科学院古脊椎動物・古人類研究所、南京大学地理・海洋科学学院などが合同で考古チームを結成し、昨年3月から今年3月にかけて同遺跡の発掘調査を行った。今回の発掘エリアは遺跡の南東部に位置し、発掘面積は500平方メートル。遺跡の地層堆積の厚さは22・8メートルで、36層に分けられる。発掘現場ではこれまでに、石製の刮削器(かっさくき)や尖頭器(せんとうき)、礫器(れっき)などの石製品が1万2千点余り出土している。同研究院の張改課(ちょう・かいか)副研究館員によると、地層堆積や石製品の特徴に対する観察を通じ、遅くとも約60万年前には古人類が同地で活動し、約25万年前ごろに繁栄期を迎え、その後約7万年前ごろまで続いたと暫定的に判断した。(洛南=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204810

  •  (6)夜塬遺跡から旧石器時代の石製品1万点余り出土陝西省
    2022年03月18日
    (6)夜塬遺跡から旧石器時代の石製品1万点余り出土陝西省

    夜塬遺跡で発掘調査を行う考古スタッフ。(資料写真)中国陝西省考古研究院はこのほど、同省商洛市洛南県にある夜塬(やげん)遺跡から旧石器時代の石製品1万点余りが出土し、重要な考古学的成果が得られたと発表した。同遺跡は屋外型の旧石器遺跡に属す。同研究院と中国科学院古脊椎動物・古人類研究所、南京大学地理・海洋科学学院などが合同で考古チームを結成し、昨年3月から今年3月にかけて同遺跡の発掘調査を行った。今回の発掘エリアは遺跡の南東部に位置し、発掘面積は500平方メートル。遺跡の地層堆積の厚さは22・8メートルで、36層に分けられる。発掘現場ではこれまでに、石製の刮削器(かっさくき)や尖頭器(せんとうき)、礫器(れっき)などの石製品が1万2千点余り出土している。同研究院の張改課(ちょう・かいか)副研究館員によると、地層堆積や石製品の特徴に対する観察を通じ、遅くとも約60万年前には古人類が同地で活動し、約25万年前ごろに繁栄期を迎え、その後約7万年前ごろまで続いたと暫定的に判断した。(洛南=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204812

  •  (1)夜塬遺跡から旧石器時代の石製品1万点余り出土陝西省
    2022年03月18日
    (1)夜塬遺跡から旧石器時代の石製品1万点余り出土陝西省

    夜塬遺跡から出土した石球。(資料写真)中国陝西省考古研究院はこのほど、同省商洛市洛南県にある夜塬(やげん)遺跡から旧石器時代の石製品1万点余りが出土し、重要な考古学的成果が得られたと発表した。同遺跡は屋外型の旧石器遺跡に属す。同研究院と中国科学院古脊椎動物・古人類研究所、南京大学地理・海洋科学学院などが合同で考古チームを結成し、昨年3月から今年3月にかけて同遺跡の発掘調査を行った。今回の発掘エリアは遺跡の南東部に位置し、発掘面積は500平方メートル。遺跡の地層堆積の厚さは22・8メートルで、36層に分けられる。発掘現場ではこれまでに、石製の刮削器(かっさくき)や尖頭器(せんとうき)、礫器(れっき)などの石製品が1万2千点余り出土している。同研究院の張改課(ちょう・かいか)副研究館員によると、地層堆積や石製品の特徴に対する観察を通じ、遅くとも約60万年前には古人類が同地で活動し、約25万年前ごろに繁栄期を迎え、その後約7万年前ごろまで続いたと暫定的に判断した。(洛南=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204815

  •  (3)夜塬遺跡から旧石器時代の石製品1万点余り出土陝西省
    2022年03月18日
    (3)夜塬遺跡から旧石器時代の石製品1万点余り出土陝西省

    夜塬遺跡から出土した石製品の分布状況。(資料写真)中国陝西省考古研究院はこのほど、同省商洛市洛南県にある夜塬(やげん)遺跡から旧石器時代の石製品1万点余りが出土し、重要な考古学的成果が得られたと発表した。同遺跡は屋外型の旧石器遺跡に属す。同研究院と中国科学院古脊椎動物・古人類研究所、南京大学地理・海洋科学学院などが合同で考古チームを結成し、昨年3月から今年3月にかけて同遺跡の発掘調査を行った。今回の発掘エリアは遺跡の南東部に位置し、発掘面積は500平方メートル。遺跡の地層堆積の厚さは22・8メートルで、36層に分けられる。発掘現場ではこれまでに、石製の刮削器(かっさくき)や尖頭器(せんとうき)、礫器(れっき)などの石製品が1万2千点余り出土している。同研究院の張改課(ちょう・かいか)副研究館員によると、地層堆積や石製品の特徴に対する観察を通じ、遅くとも約60万年前には古人類が同地で活動し、約25万年前ごろに繁栄期を迎え、その後約7万年前ごろまで続いたと暫定的に判断した。(洛南=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204801

  •  (4)夜塬遺跡から旧石器時代の石製品1万点余り出土陝西省
    2022年03月18日
    (4)夜塬遺跡から旧石器時代の石製品1万点余り出土陝西省

    夜塬遺跡の層序断面図。(資料写真)中国陝西省考古研究院はこのほど、同省商洛市洛南県にある夜塬(やげん)遺跡から旧石器時代の石製品1万点余りが出土し、重要な考古学的成果が得られたと発表した。同遺跡は屋外型の旧石器遺跡に属す。同研究院と中国科学院古脊椎動物・古人類研究所、南京大学地理・海洋科学学院などが合同で考古チームを結成し、昨年3月から今年3月にかけて同遺跡の発掘調査を行った。今回の発掘エリアは遺跡の南東部に位置し、発掘面積は500平方メートル。遺跡の地層堆積の厚さは22・8メートルで、36層に分けられる。発掘現場ではこれまでに、石製の刮削器(かっさくき)や尖頭器(せんとうき)、礫器(れっき)などの石製品が1万2千点余り出土している。同研究院の張改課(ちょう・かいか)副研究館員によると、地層堆積や石製品の特徴に対する観察を通じ、遅くとも約60万年前には古人類が同地で活動し、約25万年前ごろに繁栄期を迎え、その後約7万年前ごろまで続いたと暫定的に判断した。(洛南=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204813

  •  (2)6千年余り前の仰韶文化遺跡を発見内モンゴル自治区
    2022年11月07日
    (2)6千年余り前の仰韶文化遺跡を発見内モンゴル自治区

    遺跡の地表で見つかった石鏃(せきぞく、石のやじり)。(資料写真)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市文化観光体育局は、同市チャハル右翼中旗でこのほど、新石器時代の遺跡が見つかったと発表した。専門家は、6千年余り前の仰韶(ぎょうしょう)文化廟底溝(びょうていこう)類型に属する遺跡との見方を示した。同類型の遺跡が同地区で見つかるのは2回目。遺跡が見つかったのは同旗の庫倫蘇木(クルン・ソム)で、地表から礫器(れっき)や石研磨板、石刀などの石器が大量に発見された。一部の石器は状態も良く、貝殻類や土器片も見つかった。同旗文化・観光局文物管理所の劉雪峰(りゅう・せつほう)所長は今回の発見について、同自治区中部の新石器時代文化遺構の分布を研究し、仰韶文化の異なる地方類型を探る上で豊富な考古学資料になると語った。(ウランチャブ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110710119

  •  (1)6千年余り前の仰韶文化遺跡を発見内モンゴル自治区
    2022年11月07日
    (1)6千年余り前の仰韶文化遺跡を発見内モンゴル自治区

    遺跡の地表で見つかった石刀。(資料写真)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市文化観光体育局は、同市チャハル右翼中旗でこのほど、新石器時代の遺跡が見つかったと発表した。専門家は、6千年余り前の仰韶(ぎょうしょう)文化廟底溝(びょうていこう)類型に属する遺跡との見方を示した。同類型の遺跡が同地区で見つかるのは2回目。遺跡が見つかったのは同旗の庫倫蘇木(クルン・ソム)で、地表から礫器(れっき)や石研磨板、石刀などの石器が大量に発見された。一部の石器は状態も良く、貝殻類や土器片も見つかった。同旗文化・観光局文物管理所の劉雪峰(りゅう・せつほう)所長は今回の発見について、同自治区中部の新石器時代文化遺構の分布を研究し、仰韶文化の異なる地方類型を探る上で豊富な考古学資料になると語った。(ウランチャブ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110710114

  •  (3)周口店遺跡文化財展、山西省太原市で開幕
    2022年12月23日
    (3)周口店遺跡文化財展、山西省太原市で開幕

    21日、文化財展で展示された礫器。中国山西省の太原市博物館でこのほど、「太古の昔から来た『私』-周口店遺跡文化財展」が開幕した。同展は「驚くべき発見と科学研究」「北京原人」「山頂洞人」の3部で構成され、北京原人と山頂洞人の頭蓋骨の模型や動物の骨の化石、古代人が使用していた道具など、計139点(組)が展示されている。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2022(令和4)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022122304617

  • 1