KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 増加
  • トイレ
  • 令和
  • 位置
  • 収入
  • 客家
  • 施設
  • 民家
  • 観光客

「神山村」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2016年02月02日
    【新中国成立70周年】習近平氏と新時代の中国

    春節(旧正月)を前に、江西省井岡山市茅坪郷神山村で村民と餅つきをする習近平氏。(2016年2月2日撮影)新中国成立後の生まれで初の中国共産党中央委員会総書記、習近平(しゅう・きんぺい)氏は10月1日、天安門の城楼に上り、中華人民共和国成立70周年を祝う式典に出席する。70年前のこの日、毛沢東(もう・たくとう)主席がここで中華人民共和国成立を宣言した。そして今、習近平氏が「中国号」という巨大な船のかじを取って新たな時代へとこぎ出し、波を切って前進し、帆を揚げて遠くへと向かう。(北京=新華社記者/蘭紅光)=2016(平成28)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100102101

  • 2018年02月12日
    中国、貧困脱却の堅塁攻略を加速全人代が農村教育を監督·査察

    インターネットを通して竹工芸品を販売する、江西省井岡山市茅坪郷神山村に住む左香雲(さ・こううん)氏。(2018年2月12日撮影)「義務教育の弱点は農村にあり、農村義務教育の弱点は農村教師にある」。中国の全国人民代表大会(全人代)教育科学文化衛生委員会の呉恒(ご・こう)副主任委員は10日、第13期全人代第2回会議の「人民代表大会の監督活動」に関する記者会見でこのように述べた。李克強(り・こくきょう)国務院総理は数日前、政府活動報告を行った際、中国は都市部と農村部の義務教育の一体化発展を推し進め、良質な教育資源の共有を促進すると強調した。「中国革命のゆりかご」と呼ばれる江西省井岡山(せいこうざん)市から来た全人代代表の左香雲(さ・こううん)氏は、良質な農村教育は、地元村民が貧困を脱却した後も引き続き豊かになるための助けになると考えている。(井岡山=新華社記者/周密)=2018(平成30)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203623

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.36
    2020年05月31日
    「新華社」神山村の華麗なる変貌江西省井岡山市

    中国江西省井岡山市の神山村は、井岡山で最も辺鄙な貧困村の一つだったが、現在では中国の美しい田舎としてリゾート地へと変貌を遂げた。貧困支援を目的とする産業とアグリツーリズムの充実により、村民の収入は目に見えて増加。2017年2月に貧困を脱した。村民の80%がアグリツーリズムに従事し、一人当たりの平均年収はかつての3千元(1元=約15円)未満から2万元以上にまで増加。村の自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台に増えた。現在、神山村の曲がりくねった険しい山道は真新しいアスファルト舗装道路へと変化し、崩れかかった泥レンガ造りの客家の民家も修繕を経て新たに生まれ変わった。また、村には駐車場や観光用トイレ、イベント広場などの施設も整備された。(記者/彭菁)<映像内容>貧困村が美しい田舎としてリゾート地に変貌、街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401888

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自家製のヤマモモ酒を見せる神山村村民の彭茶香(ほう・ちゃこう)さん。(7月15日撮影)下:経営する「農家楽(アグリツーリズム)」の施設で観光客が予約したヤマモモ酒を準備する村民の彭茶香さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906191

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    養蜂基地内でハチの巣を取り出し、蜂蜜採取の準備をする神山村の村民、彭小華(ほう・しょうか)さん。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906236

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自家製の蜂蜜を見せる神山村村民の彭水生(ほう・すいせい)さんと息子の彭小華(ほう・しょうか)さん。(7月15日撮影)下:顧客が注文した蜂蜜を箱詰めする村民の彭水生さんと息子の彭小華さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906288

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    江西省井岡山に位置する神山村の一角。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906254

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    神山村村民の左秀発(さ・しゅうはつ)さんの家で餅つきを体験する観光客。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906294

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:経営する「農家楽(アグリツーリズム)」の施設で自家製の乾燥トウガラシを見せる神山村村民の彭夏英(ほう・かえい)さん。(7月15日撮影)下:「農家楽」の施設で観光客に料理を提供する村民の彭夏英さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906246

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    神山村を観光する観光客。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906209

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    経営する土産品店で黄桃のドライフルーツを観光客に販売する神山村村民の張麗萍(ちょう・れいへい)さん。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906279

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    井岡山市神山村の村民たちの笑顔。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906290

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自身の果樹園で実った黄桃を見せる神山村村民の左炳陽(さ・へいよう)さん。(7月16日撮影)下:自宅で黄桃をカットし、ドライフルーツに加工する準備をする村民の左炳陽さん。(7月16日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906370

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自身の果樹園で実った黄桃を見せる神山村村民の尹嬌月(いん・きょうげつ)さん。(7月16日撮影)下:村内で手作りの涼粉(ところてん状の食べ物)を観光客に販売する村民の尹嬌月さん。(7月16日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906374

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.62
    2021年03月08日
    「新華社」江西省神山村、農村観光業で豊かな暮らしを実現

    中国江西省井岡山(せいこうざん)市は2017年2月、全国各地に先駆けて貧困脱却を実現した。同市の山間に位置する神山村はかつて、市内で最も辺ぴな貧困村の一つだったが、今では美しい休暇村となった。観光客の増加に伴い、同村のさまざまな特産品も人気を集めている。地元政府が貧困削減の効果をさらに向上させる一連の措置を講じたことで、同村では現在、16世帯が「農家楽」(アグリツーリズム)を経営、5世帯が民宿を開業し、村民の80%が農村観光業に携わるようになっている。同村の1人当たり平均年収は3千元(1元=約17円)足らずから2万元超に増加した。(記者/黄和遜、彭菁)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004581

  • 1