KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • インターフェース
  • コマンド
  • リアルタイム
  • 中国
  • 令和
  • 依存
  • 末梢神経
  • 記者
  • 通常
  • 開発

「神経工学」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年01月22日
    (8)思考でドローン操縦、脳と機械つなぐBCI技術がもたらす未来

    天津大学の神経工学チームが開発した人工神経リハビリロボット「神工3号」を装着したマネキン。(2020年10月11日撮影)ブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)技術は、人の脳とコンピューターまたはその他の電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。中国の天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室を訪ねると、感度の脳波電極に覆われた電極帽をかぶった男子学生が、コンピューター画面をじっと見つめていた。学生は両手を使わずに「思考」のみで小型無人機(ドローン)を操縦し、輪の中を通過させることに成功。無人機の連続かつリアルタイムな安定制御を実現した。同実験室は以前にも、BCIコマンド数とコーディック(情報の符号化)速度の相互制約という難問を解決し、限界とされた100コマンドの壁を打ち破り、108コマンドでの「思考筆記」「思考文字入力」を成功させている。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012204050

  • 2021年02月02日
    思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、ディスプレイに表示された漢字の筆画を最初から最後まで凝視する研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)=配信日:2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004669

  • 2021年02月02日
    思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作し「牛」の字を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)=配信日:2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004670

  • 2021年02月09日
    (10)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で春聯作成の準備をする研究員。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902960

  • 2021年02月09日
    (1)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作し「牛」の字を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902835

  • 2021年02月09日
    (4)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、脳電極キャップをかぶり画面を見つめる研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902957

  • 2021年02月09日
    (3)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作して書いた「福」と「牛」の字を掲げる研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902975

  • 2021年02月09日
    (2)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作し「福」の字を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902901

  • 2021年02月09日
    (11)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作し「福」の字を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902807

  • 1