KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 儀式
  • ウマ
  • ヒツジ
  • 内径
  • 動物
  • 南東部
  • 外側
  • 発掘調査

「祭天」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
46
( 1 46 件を表示)
  • 1
46
( 1 46 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    A hand coloured magic lantern slide circa 1900. Angel proclaining the birth of Christ to the shepherds.

    A hand coloured magic lantern slide circa 1900. Angel proclaining the birth of Christ to the shepherds.、クレジット:John Short/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019112801512

  • 2000年01月21日
    展示をご覧になる両陛下 農水祭受賞者を激励

    皇居で農林水産祭天皇杯受賞者の展示を熱心に見られる天皇、皇后両陛下=21日午後(代表撮影)

    商品コード: 2000012100109

  • 2001年01月17日
    説明を受けられる両陛下 農水祭受賞者を激励

    農林水産祭天皇杯受賞者の業績展示で「林産」部門の樋口さん夫妻(右奥)から説明を受けられる天皇、皇后両陛下=17日午後、皇居・宮殿(代表撮影)

    商品コード: 2001011700144

  • 2010年01月25日
    展示を見る両陛下 農林祭天皇杯受賞者ら激励

    農林水産祭の天皇杯受賞者らの畜産加工品などをご覧になる天皇、皇后両陛下=25日午後、皇居・宮殿(代表撮影)

    商品コード: 2010012500290

  • 2010年01月25日
    激励される両陛下 農林祭天皇杯受賞者ら激励

    農林水産祭で天皇杯を受賞した団体の代表者らを激励される天皇、皇后両陛下=25日午後、皇居・宮殿(代表撮影)

    商品コード: 2010012500291

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年01月22日
    展示の説明受ける両陛下 農林祭受賞者を激励

    農林水産祭天皇杯受賞者の展示物の説明を受けられる天皇、皇后両陛下=22日午後、皇居・宮殿(代表撮影)

    商品コード: 2013012200477

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年01月24日
    あいさつされる両陛下 農林水産祭受賞者を激励

    農林水産祭天皇杯受賞団体の代表者にあいさつされる天皇、皇后両陛下=24日午後、皇居・宮殿(代表撮影)

    商品コード: 2014012400662

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年01月24日
    説明を受けられる両陛下 農林水産祭受賞者を激励

    農林水産祭天皇杯受賞者から、説明を受けられる天皇、皇后両陛下=24日午後、皇居・宮殿(代表撮影)

    商品コード: 2014012400663

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年01月24日
    説明を受ける両陛下 農林水産祭受賞者を激励

    農林水産祭天皇杯受賞者から説明を受けられる天皇、皇后両陛下=24日午後、皇居・宮殿(代表撮影)

    商品コード: 2014012400914

  • 2019年02月05日
    三星堆、盛大で神秘的な古蜀大祭祀の情景を「再現」

    5日、2019三星堆大祭祀で行われた「祭天祈福」の儀式。中国四川省広漢(こうかん)市の三星堆(さんせいたい)博物館で春節(旧正月)当日の5日、「祈福式」が執り行われ、盛大かつ神秘的な古蜀大祭祀の情景を「再現」した。「三星堆大祭祀」は三星堆博物館の新年祭祀祈福イベント。今年の大祭祀の式典は天、地、人という三つのテーマに基づき、先祖を追悼し、天の神と地の神を祭り、幸運と幸福を祈った。同イベントは10日まで行われる。(広漢=新華社配信/三星堆博物館提供)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:三星堆博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021216991

  • 2019年11月28日
    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市

    28日、武漢市の東湖のほとりにある「劉備郊天壇」の前の石碑に刻まれた「郊天壇題記」。郊天壇の由来などが書かれている。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604474

  • 2019年11月28日
    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市

    28日、「劉備郊天壇」のそばにある古風で質朴な建物。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604464

  • 2019年11月28日
    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市

    28日、「劉備郊天壇」の石壁に刻まれた文字。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604421

  • 2019年11月28日
    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市

    28日、「劉備郊天壇」にある石像。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604506

  • 2019年11月28日
    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市

    28日、武漢市の東湖のほとりにある「劉備郊天壇」の前を通り過ぎてゆく観光客。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604445

  • 2019年11月28日
    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市

    28日、武漢市東湖風景区管理局が2003年に「劉備郊天壇」を再建した際に鋳造した鐘。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604447

  • 2019年11月28日
    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市

    28日、「劉備郊天壇」の石壁などには、観光客が祈りを込めた赤い布が掛けられている。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604431

  • 2019年11月28日
    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市

    28日、「劉備郊天壇」にある石像。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604424

  • 2019年11月28日
    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市

    28日、「劉備郊天壇」に向かう石段に置かれた椅子に座って休む観光客。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604482

  • 2019年11月28日
    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市

    28日、武漢市東湖風景区管理局が2003年に「劉備郊天壇」を再建した際に建てた石碑。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604486

  • 2019年11月28日
    三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市

    28日、武漢市の東湖のほとりにある「劉備郊天壇」。「郊天台」とも呼ばれる。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604451

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511627

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511621

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511566

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511624

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場で作業する発掘スタッフ。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511800

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場で作業する発掘スタッフ。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511561

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場で作業する発掘スタッフ。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511603

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場で作業する発掘スタッフ。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511714

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場で測量する発掘スタッフ。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511780

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511592

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511678

  • 00:49.08
    2020年11月04日
    「新華社」1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡はフフホト市街地の北方に位置する大青山の蜈蚣壩(ごしょうは)頂上にある。分布範囲は約1万平方メートル。遺跡の存在は1980年代に確認されていたが、正式な発掘が始まったのは2019年からで、これまでに遺跡の形状や構造、性質が明らかになっている。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。同研究所の張文平(ちょう・ぶんぺい)副所長は、北魏の皇室が天を祭ったことは歴史書に多くの記載があるが、今回の発掘が行われるまでその場所を特定することができなかったと説明。遺跡が使用された時期については、出土品の年代鑑定から430~490年の間ではないかとの見方を示した。専門家は今回発掘された遺跡について、中原王朝の祭祀・礼法と北方遊牧民族の伝統的な祭祀方式が結合したものだと指摘。年代的に隋唐時代の西安の圜丘や明清時代の北京の天壇より早いことから、中国の皇室祭天儀式の歴史や北魏の祭天儀礼制度を研究する上で貴重な実物証拠になるとの考えを示した。(記者/張晟)<映像内容>皇帝祭天遺跡の発掘現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110508130

  • 2020年11月23日
    令和2年度農林水産祭天皇杯

    令和2年度農林水産祭天皇杯で挨拶をする野上農相=2020(令和2)年11月23日、東京都渋谷区、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120410181

  • 2020年12月26日
    (2)世界遺産の魅力満喫、天壇で創建600周年イベント北京市

    21日、「遇見・天壇-北京天壇創建600周年歴史文化展」に展示された天壇祈年殿(きねんでん)模型。今年創建600周年を迎えた中国北京市にある人気観光スポットの天壇公園で、記念イベントのハイライトとなる展覧会「遇見・天壇-北京天壇創建600周年歴史文化展」が21日から開かれている。同展は天壇公園の修繕、改造、変革、保護および伝承にまつわる品々を展示することで、世界文化遺産としての価値と魅力を広く伝えている。明の永楽18(1420)年に創建された「天壇」は、中国に現存する最大規模の古代祭祀建築群であり、中国古代の祭天(天を祭る)文化を今に伝える貴重な場所となっている。(北京=新華社配信/邢啓新)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800059

  • 2020年12月26日
    (4)世界遺産の魅力満喫、天壇で創建600周年イベント北京市

    21日、「遇見・天壇-北京天壇創建600周年歴史文化展」の会場の一角。今年創建600周年を迎えた中国北京市にある人気観光スポットの天壇公園で、記念イベントのハイライトとなる展覧会「遇見・天壇-北京天壇創建600周年歴史文化展」が21日から開かれている。同展は天壇公園の修繕、改造、変革、保護および伝承にまつわる品々を展示することで、世界文化遺産としての価値と魅力を広く伝えている。明の永楽18(1420)年に創建された「天壇」は、中国に現存する最大規模の古代祭祀建築群であり、中国古代の祭天(天を祭る)文化を今に伝える貴重な場所となっている。(北京=新華社配信/邢啓新)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800060

  • 2020年12月26日
    (3)世界遺産の魅力満喫、天壇で創建600周年イベント北京市

    21日、「遇見・天壇-北京天壇創建600周年歴史文化展」で、展示品を見つめる来場者。今年創建600周年を迎えた中国北京市にある人気観光スポットの天壇公園で、記念イベントのハイライトとなる展覧会「遇見・天壇-北京天壇創建600周年歴史文化展」が21日から開かれている。同展は天壇公園の修繕、改造、変革、保護および伝承にまつわる品々を展示することで、世界文化遺産としての価値と魅力を広く伝えている。明の永楽18(1420)年に創建された「天壇」は、中国に現存する最大規模の古代祭祀建築群であり、中国古代の祭天(天を祭る)文化を今に伝える貴重な場所となっている。(北京=新華社配信/邢啓新)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800238

  • 2020年12月26日
    (5)世界遺産の魅力満喫、天壇で創建600周年イベント北京市

    21日、「遇見・天壇-北京天壇創建600周年歴史文化展」で、展示品を見つめる来場者。今年創建600周年を迎えた中国北京市にある人気観光スポットの天壇公園で、記念イベントのハイライトとなる展覧会「遇見・天壇-北京天壇創建600周年歴史文化展」が21日から開かれている。同展は天壇公園の修繕、改造、変革、保護および伝承にまつわる品々を展示することで、世界文化遺産としての価値と魅力を広く伝えている。明の永楽18(1420)年に創建された「天壇」は、中国に現存する最大規模の古代祭祀建築群であり、中国古代の祭天(天を祭る)文化を今に伝える貴重な場所となっている。(北京=新華社配信/邢啓新)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800042

  • 2020年12月26日
    (1)世界遺産の魅力満喫、天壇で創建600周年イベント北京市

    23日、観光客で賑わう天壇公園のシンボル、祈年殿(きねんでん)。今年創建600周年を迎えた中国北京市にある人気観光スポットの天壇公園で、記念イベントのハイライトとなる展覧会「遇見・天壇-北京天壇創建600周年歴史文化展」が21日から開かれている。同展は天壇公園の修繕、改造、変革、保護および伝承にまつわる品々を展示することで、世界文化遺産としての価値と魅力を広く伝えている。明の永楽18(1420)年に創建された「天壇」は、中国に現存する最大規模の古代祭祀建築群であり、中国古代の祭天(天を祭る)文化を今に伝える貴重な場所となっている。(北京=新華社配信/邢啓新)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800026

  • 2020年12月26日
    (6)世界遺産の魅力満喫、天壇で創建600周年イベント北京市

    天壇公園の祈年殿の前で行われた祭天の儀式で舞を披露する出演者。(資料写真)今年創建600周年を迎えた中国北京市にある人気観光スポットの天壇公園で、記念イベントのハイライトとなる展覧会「遇見・天壇-北京天壇創建600周年歴史文化展」が21日から開かれている。同展は天壇公園の修繕、改造、変革、保護および伝承にまつわる品々を展示することで、世界文化遺産としての価値と魅力を広く伝えている。明の永楽18(1420)年に創建された「天壇」は、中国に現存する最大規模の古代祭祀建築群であり、中国古代の祭天(天を祭る)文化を今に伝える貴重な場所となっている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800070

  • 2021年09月21日
    Mid Autumn Festival in Beijing, China - 21 Sept 2021

    September 21, 2021, Beijing, China: Women seen during the festival at the temple of Heaven Park..Mid Autumn Festival is a traditional Chinese festival where people enjoy the moon and eat moon cakes which is August 15th of the lunar calendar. During the Festival, the sky and white clouds in Beijing are sunny and people go out. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092212844

  • 2021年09月21日
    Mid Autumn Festival in Beijing, China - 21 Sept 2021

    September 21, 2021, Beijing, China: A woman wearing a face mask as a precaution against the spread of covid 19, during the festival at the temple of Heaven Park..Mid Autumn Festival is a traditional Chinese festival where people enjoy the moon and eat moon cakes which is August 15th of the lunar calendar. During the Festival, the sky and white clouds in Beijing are sunny and people go out. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092212928

  • 2021年09月21日
    Mid Autumn Festival in Beijing, China - 21 Sept 2021

    September 21, 2021, Beijing, China: A family seen during the festival at the temple of Heaven Park..Mid Autumn Festival is a traditional Chinese festival where people enjoy the moon and eat moon cakes which is August 15th of the lunar calendar. During the Festival, the sky and white clouds in Beijing are sunny and people go out. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092212530

  • 2021年09月21日
    Mid Autumn Festival in Beijing, China - 21 Sept 2021

    September 21, 2021, Beijing, China: A woman taking a selfie, during the festival at the temple of Heaven Park..Mid Autumn Festival is a traditional Chinese festival where people enjoy the moon and eat moon cakes which is August 15th of the lunar calendar. During the Festival, the sky and white clouds in Beijing are sunny and people go out. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092212535

  • 2021年09月21日
    Mid Autumn Festival in Beijing, China - 21 Sept 2021

    September 21, 2021, Beijing, China: Women standing close to each other, during the festival at the temple of Heaven Park..Mid Autumn Festival is a traditional Chinese festival where people enjoy the moon and eat moon cakes which is August 15th of the lunar calendar. During the Festival, the sky and white clouds in Beijing are sunny and people go out. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092212554

  • 2021年09月21日
    Mid Autumn Festival in Beijing, China - 21 Sept 2021

    September 21, 2021, Beijing, China: An elderly woman seen in a wheel chair, during the festival at the temple of Heaven Park..Mid Autumn Festival is a traditional Chinese festival where people enjoy the moon and eat moon cakes which is August 15th of the lunar calendar. During the Festival, the sky and white clouds in Beijing are sunny and people go out. (Credit Image: © Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Sheldon Cooper/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092212763

  • 1