KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 共通一次試験
  • 受験生
  • 国公立大学
  • 学生
  • 日刊工業新聞
  • 昭和
  • 記者
  • 関西電力
  • 関電

「福井大学」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  共通一次試験始まる
    1981年01月10日
    共通一次試験始まる

    国公立大学の共通一次試験が始まり、試験会場に向かう受験生=1981(昭和56)年1月10日、福井市文京の福井大学

    商品コード: 2020031803396

  •  共通一次試験2日目
    1981年01月11日
    共通一次試験2日目

    国公立大学の共通一次試験2日目、豪雪の中、試験会場に向かう受験生=1981(昭和56)年1月11日、福井市文京の福井大学

    商品コード: 2020031803403

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年11月25日
    ロボットと地村さん 子供帰国に備え大学見学

    学生らが作ったロボットと握手する地村保志さんと妻の富貴恵さん=25日午前、福井市の福井大学

    商品コード: 2003112500081

  • 病院に入る関電の藤社長 美浜原発死傷事故
    2004年08月10日
    病院に入る関電の藤社長 美浜原発死傷事故

    報道陣に囲まれ福井大学病院に入る関西電力の藤洋作社長=10日午前10時35分、福井県松岡町

    商品コード: 2004081000062

  • 質問に答える関電の藤社長 美浜原発死傷事故
    2004年08月10日
    質問に答える関電の藤社長 美浜原発死傷事故

    負傷者の見舞いに訪れた後、記者の質問に答える関西電力の藤洋作社長=10日午前11時29分、福井県松岡町の福井大学病院

    商品コード: 2004081000073

  • 「波乗りトレッドミル」 傾くランニングマシン開発
    2006年02月07日
    「波乗りトレッドミル」 傾くランニングマシン開発

    走行中に前後左右に傾き平衡感覚を刺激するランニングマシン「波乗りトレッドミル」を体験する学生=7日午後、福井市の福井大学

    商品コード: 2006020700184

  • 突然変異体持つ榊原教授 抗がん期待の成分10倍分泌
    2007年11月16日
    突然変異体持つ榊原教授 抗がん期待の成分10倍分泌

    開発したサナギタケの突然変異体を持つ福井大学大学院の榊原三樹男教授

    商品コード: 2007111600121

  • 会見する4大学の学長 国立大予算の削減に反対
    2010年08月03日
    会見する4大学の学長 国立大予算の削減に反対

    記者会見する(左から)中村信一・金沢大学長、西頭徳三・富山大学長、福田優・福井大学長、片山卓也・北陸先端科学技術大学院大学長=3日午後、金沢市の金沢大

    商品コード: 2010080300425

  • 謝罪する福井大副学長ら 患者情報1388人分紛失
    2021年05月01日
    謝罪する福井大副学長ら 患者情報1388人分紛失

    記者会見で謝罪する大嶋勇成福井大学副学長(右)と楠川加津子永平寺町立在宅訪問診療所長=1日午後、福井市

    商品コード: 2021050104882

  •  福井テレビジョン放送の中継車両
    2021年07月21日
    福井テレビジョン放送の中継車両

    福井テレビジョン放送は、超小型人工衛星を制御する地上予備局の実証実験を始める。福井県が後押しする宇宙産業の創出構想に呼応し、テレビ中継車両を使い、免許不要の特定小電力無線による弱い電波での通信手法を確立する。通常の人工衛星用地上局を補完する需要と、将来は超小型人工衛星の通常局としての可能性を見据える。福井大学、福井県工業技術センター、春江電子(福井県坂井市)などと連携し、2021年度の福井県補助金を含めた総額200万円で9月をめどに実験を始める。通信する衛星は福井県工業技術センターや同県内企業が製作に関わったキューブサット級の超小型の2機。まず宇宙で活動中のルワンダの「ルワサット」で基本性能を実験。次に21年度中にアークエッジ・スペース(東京都千代田区)が宇宙に送る「オプティマルワン」を相手に、特定小電力無線などの弱い電波で指示を送り、機体の温度やバッテリー残量などのデータを地上で得る。先々は制御を全機能に広げるのが目標だ。18年に東京大学が宇宙で実証した特定小電力無線によるデータ蓄積中継の応用形を狙う。福井大の青柳賢英准教授は「弱い電波が使えると、地上基地局の数が増やせる。さらに衛星の制御も可能なら、衛星利用の環境は大きく身近になる。小さな容量の指示データで働かせるソフトウエアを工夫する」と話す。福井テレビは中継車両の天井部に衛星軌道を追尾する装置を搭載し、無指向性、指向性の複数アンテナで試験する。同社の水野忠和取締役は「衛星の関係者には予備局のニーズがある。超小型衛星が今後増えるのに合わせ、レンタル局の事業など、この仕組みで貢献したい」と述べた。写真は衛星との通信に使うテレビ中継車両。=2021(令和3)年7月21日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080609914

  •  福井大学 敦賀キャンパス(附属国際原子力工学研究所)のロゴ、看板
    2023年03月13日
    福井大学 敦賀キャンパス(附属国際原子力工学研究所)のロゴ、看板

    福井大学 敦賀キャンパス(附属国際原子力工学研究所)のロゴ、看板。=2023(令和5)年3月13日、福井県、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041707341

  • 1