KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 客死
  • 記者
  • 平成
  • 令和
  • あずまや
  • 活動
  • 保存状態
  • 中央
  • 人々
  • 入口

「福建師範大学」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
95
( 1 95 件を表示)
  • 1
95
( 1 95 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  第7回海峡両岸青年ダンスフェスティバル開幕
    2018年07月04日
    第7回海峡両岸青年ダンスフェスティバル開幕

    4日、福建師範大学で、群舞(グループダンス)「落影颯行(らくえいさっこう)」を披露する台湾桃園市立桃園高級中等学校の生徒たち。第7回海峡両岸青年ダンスフェスティバルの開幕式ならびに優秀な海峡両岸(中国大陸と台湾)青少年によるダンス公演が4日、中国福建省福州市で行われた。同イベントは、福建省文学芸術界連合会と福建省舞踏家協会の主催によるもので、両岸の青少年ダンサーおよそ千人が参加した。(福州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070600340

  •  第7回海峡両岸青年ダンスフェスティバル開幕
    2018年07月04日
    第7回海峡両岸青年ダンスフェスティバル開幕

    4日、福建師範大学で、群舞(グループダンス)「婳」(しとやか)を披露する台湾桃園市立桃園高級中等学校(日本の高校に相当)の生徒たち。第7回海峡両岸青年ダンスフェスティバルの開幕式ならびに優秀な海峡両岸(中国大陸と台湾)青少年によるダンス公演が4日、中国福建省福州市で行われた。同イベントは、福建省文学芸術界連合会と福建省舞踏家協会の主催によるもので、両岸の青少年ダンサーおよそ千人が参加した。(福州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070600323

  •  第7回海峡両岸青年ダンスフェスティバル開幕
    2018年07月04日
    第7回海峡両岸青年ダンスフェスティバル開幕

    4日、福建師範大学で、群舞(グループダンス)「挽・面(ばん・めん)」を披露する同大学音楽学院の学生たち。第7回海峡両岸青年ダンスフェスティバルの開幕式ならびに優秀な海峡両岸(中国大陸と台湾)青少年によるダンス公演が4日、中国福建省福州市で行われた。同イベントは、福建省文学芸術界連合会と福建省舞踏家協会の主催によるもので、両岸の青少年ダンサーおよそ千人が参加した。(福州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070600324

  •  第7回海峡両岸青年ダンスフェスティバル開幕
    2018年07月04日
    第7回海峡両岸青年ダンスフェスティバル開幕

    4日、福建師範大学で、群舞(グループダンス)「荔枝紅了」(ライチが赤く色づいた)を披露する台湾台中市文華高級中等学校の生徒たち。第7回海峡両岸青年ダンスフェスティバルの開幕式ならびに優秀な海峡両岸(中国大陸と台湾)青少年によるダンス公演が4日、中国福建省福州市で行われた。同イベントは、福建省文学芸術界連合会と福建省舞踏家協会の主催によるもので、両岸の青少年ダンサーおよそ千人が参加した。(福州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070600361

  •  第2回海峡両岸大学生舞踏コンクール決勝戦福州で開幕
    2018年07月16日
    第2回海峡両岸大学生舞踏コンクール決勝戦福州で開幕

    16日、福州大劇院で、舞踏を披露する福建師範大学音楽学院の学生たち。第2回海峡両岸大学生舞踏コンクールの決勝戦が16日、中国福建省福州市で行われた。福建省文学芸術界連合会と福建省教育庁が共同で主催し、福建省舞踏家協会が実施した同コンクールは、海峡両岸の大学30数校が出場し、80の舞踏作品を上演した。(福州=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071800236

  •  福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催
    2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチーム。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119021

  •  福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催
    2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチーム。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119299

  •  福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催
    2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、記念撮影に応じる沖縄県のエイサーチームのメンバー。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119001

  •  福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催
    2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、福州市の三坊七巷にある光禄吟台で行われた、多くの観客が駆け付けた第4回福建省エイサーチャンピオンシップ大会の様子。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112118871

  •  福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催
    2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、第4回福建省エイサーチャンピオンシップ大会で優勝した福建師範大学協和学院のエイサーサークル。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112118938

  •  福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催
    2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、競技結果を発表する司会者。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119353

  •  福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催
    2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、第4回福建省エイサーチャンピオンシップ大会で優勝した福建師範大学協和学院のエイサーサークル。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119111

  •  福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催
    2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、第4回福建省エイサーチャンピオンシップ大会で優勝し表彰される福建師範大学協和学院のエイサーサークル。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112118880

  •  福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催
    2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、第4回福建省エイサーチャンピオンシップ大会で優勝した福建師範大学協和学院のエイサーサークルのメンバー。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112118953

  •  福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催
    2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチームのメンバー。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112118966

  •  福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催
    2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、大会後に記念撮影をする福建省内4大学5エイサーサークルの大会参加者。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119092

  •  福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催
    2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチーム。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112118885

  •  福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    2019年02月28日
    福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    2月28日、福建師範大学図書館の「24時間書房」で自習する学生。新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401020

  •  福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    2019年02月28日
    福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    2月28日、福建師範大学図書館の「24時間書房」で自習する学生。新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401143

  •  福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    2019年02月28日
    福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    2月28日、福建師範大学図書館の「24時間書房」にある睡眠スペースエリアで読書をする学生たち。新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401145

  •  福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    2019年02月28日
    福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    2月28日、福建師範大学図書館の「24時間書房」で自習する学生たち。新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401025

  •  福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    2019年02月28日
    福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    2月28日、福建師範大学図書館の「24時間書房」で自習する学生たち。新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401023

  •  福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    2019年02月28日
    福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    2月28日、福建師範大学図書館の「24時間書房」にある睡眠スペースで読書をする学生たち。新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401152

  •  福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    2019年02月28日
    福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    2月28日、学生がスマホで2次元バーコードを読み取り、座席独占予防システムから座席を予約している。新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401028

  •  福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    2019年02月28日
    福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    2月28日、福建師範大学図書館の「24時間書房」で読書をする学生。新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401021

  •  福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    2019年02月28日
    福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    2月28日、福建師範大学図書館の「24時間書房」にある睡眠スペースで読書をする学生たち。新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401151

  •  福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    2019年02月28日
    福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    2月28日、福建師範大学図書館の「24時間書房」で読書をする学生。新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401032

  •  福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    2019年02月28日
    福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    2月28日、福建師範大学図書館の「24時間書房」で本を選ぶ学生。新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401018

  •  福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    2019年02月28日
    福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    2月28日、福建師範大学図書館の「24時間書房」にある手書き地図の壁の前で読書をする学生たち。新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401031

  •  「新華社」福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン
    00:43.62
    2019年03月06日
    「新華社」福建師範大学に24時間閲覧可能なセルフ図書館がオープン

    新学期が始まり、中国福建省福州市にある福建師範大学図書館の「24時間書房」が、同校の教員と学生に正式に開放された。ここでは睡眠スペースや座席独占予防システム、セルフ貸出・セルフ返却システムのほか、利用人数に応じて換気や照明を自動調節するシステムを24時間提供している。全体的に明るく開放感のある色彩を基調とし、優雅な雰囲気に包まれ、人間工学に基づいて設計された同館には、多くの教員や学生が訪れている。(記者/宋為偉)<映像内容>中国・福建師範大学のセルフ図書館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030704348

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した福建省福州市倉山区の先農村にある福州琉球墓園の外観の一部。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801598

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した新しく塗り替えられた福州琉球墓園の外壁。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801608

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した保存状態の良い清の乾隆帝時代の「琉球墓」。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801635

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した福州琉球墓園の園内に置かれた供物台。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801721

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した福州琉球墓園の園内の様子。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801619

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した1996年に日中友好の翼訪問団と当時の那覇市議会の安里安明議長が建てた記念碑。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801620

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した福建省福州市倉山区の先農村にある福州琉球墓園の外観の一部。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801555

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日、「琉球墓」の掃除をする福州琉球墓園の管理人、陳峰(ちん・ほう)さん。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801558

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日、1980年から福州琉球墓園を見守り続けてきた同墓園の管理人、陳峰(ちん・ほう)さん(69歳)。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801630

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した福州琉球墓園の中央部にたたずむ凉亭(あずまや)の両側に置かれた動物の石像。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801670

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した植樹記念碑。1991年に当時の親泊康晴(おやどまり・こうせい)那覇市長と唐真弘安(とうまひろやす)市議会議長が那覇市友好の翼代表団を率いて福州市を訪問し、植樹したことを記念し建てたもの。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801570

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した保存状態の良い清の乾隆帝時代の「琉球墓」。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801639

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した福州琉球墓園の園内の様子。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801667

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した福州琉球墓園の中央部にたたずむ凉亭(あずまや)。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801616

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した福州琉球墓園の中央部にたたずむ凉亭(あずまや)の両側に置かれた動物の石像。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801647

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した福州琉球墓園の中央部にたたずむ凉亭(あずまや)。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801614

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した福州琉球墓園の園内の様子。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801623

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日、「琉球墓」の周りを掃除をする福州琉球墓園の管理人、陳峰(ちん・ほう)さん。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801669

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日、福州市人民政府が1980年に建てた記念碑。同碑には「市級文物(文化財)保護単位」と記されている。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801720

  •  中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園
    2019年04月04日
    中国と琉球の友好交流の歴史を見つめてきた福州琉球墓園

    4日に撮影した福建省福州市倉山区の先農村にある福州琉球墓園の外観の一部。中国福建省福州市の倉山区にある福州琉球墓園は、中国では数少ない琉球史および古代琉球・中国の交流研究にまつわる歴史的旧跡にあたる。明、清時代に当時の福州府が同地で客死した琉球人のために、長安山(現在の福州倉山区)に墓地を建てたという。史料によれば、清代だけで琉球人578人が福州で客死し、そのほとんどが同地に埋葬された。長安山白泉庵(福建師範大学福州倉山キャンパスの裏手、福州長安山公園の隣)の辺りは、琉球人墓地が比較的多く集まるエリアとして知られている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801484

  •  日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ
    2019年09月07日
    日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ

    7日、福州市の福建師範大学で開かれた中澤弘幸さんによる黄檗文化講演会および中日茶道交流会の様子。日本の煎茶道・黄檗売茶流(おうばくばいさりゅう)の2代の家元が、5日から8日まで門下の弟子を連れて発祥地にあたる中国福建省福清市(ふくせいし、福州市の管轄下にある県級市)に里帰りし、ルーツの探求、先祖参り、文化交流といった一連の活動を行った。これにより、365年前に日本に渡った福清の黄檗山萬福寺の住職、隠元禅師が伝えた煎茶道の流派のひとつ、黄檗売茶流が初めて故郷の土を踏んだことになる。訪問団の今回の訪問は、福清黄檗文化促進会の招きによるもの。1956年に設立された全日本煎茶道連盟は、毎年5月の第三周末に隠元禅師が創建した日本黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山、京都府宇治市にある黄檗山萬福寺で、盛大な全日本煎茶道大会を開催している。(福清=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091105039

  •  日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ
    2019年09月07日
    日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ

    7日、福州市の福建師範大学で開かれた黄檗文化講演会で発言する日本の煎茶道・黄檗売茶流の先代の家元、中澤弘幸さん(前列左)。日本の煎茶道・黄檗売茶流(おうばくばいさりゅう)の2代の家元が、5日から8日まで門下の弟子を連れて発祥地にあたる中国福建省福清市(ふくせいし、福州市の管轄下にある県級市)に里帰りし、ルーツの探求、先祖参り、文化交流といった一連の活動を行った。これにより、365年前に日本に渡った福清の黄檗山萬福寺の住職、隠元禅師が伝えた煎茶道の流派のひとつ、黄檗売茶流が初めて故郷の土を踏んだことになる。訪問団の今回の訪問は、福清黄檗文化促進会の招きによるもの。1956年に設立された全日本煎茶道連盟は、毎年5月の第三周末に隠元禅師が創建した日本黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山、京都府宇治市にある黄檗山萬福寺で、盛大な全日本煎茶道大会を開催している。(福清=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091105019

  •  日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ
    2019年09月07日
    日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ

    7日、福州市の福建師範大学で開かれた中日茶道交流会で、煎茶道のデモンストレーションを行う日本・黄檗売茶流の家元、中澤孝典さん。日本の煎茶道・黄檗売茶流(おうばくばいさりゅう)の2代の家元が、5日から8日まで門下の弟子を連れて発祥地にあたる中国福建省福清市(ふくせいし、福州市の管轄下にある県級市)に里帰りし、ルーツの探求、先祖参り、文化交流といった一連の活動を行った。これにより、365年前に日本に渡った福清の黄檗山萬福寺の住職、隠元禅師が伝えた煎茶道の流派のひとつ、黄檗売茶流が初めて故郷の土を踏んだことになる。訪問団の今回の訪問は、福清黄檗文化促進会の招きによるもの。1956年に設立された全日本煎茶道連盟は、毎年5月の第三周末に隠元禅師が創建した日本黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山、京都府宇治市にある黄檗山萬福寺で、盛大な全日本煎茶道大会を開催している。(福清=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091105102

  •  (7)中国各地の幼稚園と小中学校で新学期スタート
    2023年02月08日
    (7)中国各地の幼稚園と小中学校で新学期スタート

    7日、福建省泉州市の福建師範大学泉港実験小学校で、難関を突破することわざ「登竜門」になぞらえ「竜門」と書かれたラインをまたぐ子ども。中国各地の多くの幼稚園や小中学校でこのほど、新学期がスタートした。校内では多彩なイベントが行われ、子どもたちを迎えた。(泉州=新華社配信/林弘梫)= 配信日: 2023(令和5)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020804745

  •  Robot contest joined by youths from Fujian, Taiwan
    00:30.80
    2023年03月05日
    Robot contest joined by youths from Fujian, Taiwan

    STORY: Robot contest joined by youths from Fujian, TaiwanDATELINE: March 5, 2023LENGTH: 0:00:31LOCATION: FUJIAN, ChinaCATEGORY: TECHNOLOGYSHOTLIST:1. various of the robot competition2. SOUNDBITE (Chinese): LIANG BOXIANG, Postgraduate student from Taiwan at Fujian Normal UniversitySTORYLINE:A robot competition in Fuzhou was joined by youths from both Fujian Province and Taiwan.SOUNDBITE (Chinese): LIANG BOXIANG, Postgraduate student from Taiwan at Fujian Normal University“We can improve and make progress together through education, science and technology. That is the most important goal of our common development.“The competition was jointly organized by Fuzhou University, Fuzhou Federation of Taiwan Compatriots, Fuzhou Association of Taiwan Investment Enterprises and Taiwan Industrial Robot Association.Xinhua News Agency correspondents reporting from Fujian, China...= 配信日: 2023(令和5)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030506888

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (23)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406987

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (8)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の内部。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406856

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (40)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の周辺。(5月24日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407657

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (10)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の内部。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406926

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (13)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の内部。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406927

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (11)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の内部。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406919

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (33)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓碑。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407059

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (25)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407010

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (5)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球墓群。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406831

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (27)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407054

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (31)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓碑。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (21)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406973

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (6)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園に立つ琉球墓群碑。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406835

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (36)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園にある那覇日中友好訪問碑。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407073

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (35)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓碑。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407074

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (34)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓碑。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407076

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (29)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407053

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (38)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の周辺。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407378

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (1)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園に立つ沖縄県各界友好碑。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406836

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (3)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球墓群。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406838

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (19)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406929

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (17)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の入口。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406936

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (9)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の内部。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406880

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (4)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球墓群。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406841

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (22)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406972

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (26)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407048

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (15)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の内部。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406932

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (39)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の入り口。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407579

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (30)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407056

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (37)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園にある那覇市友好の翼代表団の植樹記念碑。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407075

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (24)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406993

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (7)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の案内板。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406855

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (2)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の内部。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406839

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (14)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の内部。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406931

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (18)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園に置かれた琉球人の墓碑。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406935

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (20)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406937

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (16)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090406930

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (28)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407052

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月04日
    (32)福州琉球墓園を訪ねて福建省

    福州琉球墓園の琉球人墓碑。(5月25日撮影)中国福建省福州市の福建師範大学蒼山キャンパス裏山の白泉庵に、国内で最も数が多く、保存状態も良い琉球墓園がある。1986年に陵園として整備され、3120平方メートルの敷地に琉球の人々の墓10基が現存する。入口には東側に墓碑6基、西側に墓3基が並び、うち「康煕五十七年」(1718年)の記載がある墓碑が最も古い。墓園の正面(北側)には墓6基が並び、うち「道光十六年」(1836年)の墓碑が最も新しい。墓園の中央に四角いあずまやと香炉1基があり、香炉には「琉球墓園」の4文字が大きく刻まれ、傍らに「琉球墓園」説明碑が立つ。中国は明の洪武5(1372)年、琉球と宗藩(宗主国と属国)関係を結び、その後の清朝でも受け継がれた。双方の交流が盛んだったころには、大勢の琉球人が中国に渡り、さまざまな活動を行ったが、海難事故や病気で命を落とした者もおり、中国の朝廷は客死した琉球人に手厚い救済策を講じてきた。琉球人は中国で広く活動したことから墓は各地に点在し、福州のほかにも北京市通州区張家湾、江蘇省蘇州市、浙江省蘭渓市などに琉球墓群がある。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090407057

  •  (11)閩都文化と国際民間交流を考える研究会開催京都府
    2023年11月28日
    (11)閩都文化と国際民間交流を考える研究会開催京都府

    25日、発言する福建師範大学元副校長で閩都文化研究会学術委員会主任の汪征魯(おう・せいろ)教授。日本の京都府宇治市にある黄檗(おうばく)山万福寺で25日、「閩都文化と国際民間交流」研究会が開催された。中日両国の専門家や学者、芸術家、各界人士100人以上が一堂に会し、悠久の歴史がある閩都(福州)文化の国際民間交流の歴史的源流と時代背景を掘り起こし、中国福建省福州市と日本の文化芸術交流を促進する方法について話し合った。参加者は閩都文化と国際民間交流だけでなく、中日文化交流の未来にもフォーカスし有意義な意見交換を行い、今後の研究と交流に有益な視点を提供した。関連イベントとして同日、「長い歴史をたどる旅-閩都文化書画写真巡回展(京都)」も開催された。研究会は、福州市社会科学界連合会の指導の下、同市閩都文化研究会やアモイ大学国際関係学院、華僑大学国際関係学院、世界福州十邑同郷総会、日本の黄檗文化促進会、京都の黄檗山万福寺などの機関・団体が共同で開催した。(京都=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112807393

  • 1