KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 令和
  • 参加
  • 紹介
  • しんこう
  • グルメ
  • コック
  • 中華料理
  • 専門家
  • 愛好家

「福建料理」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
20
( 1 20 件を表示)
  • 1
20
( 1 20 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「新華社」独特の年越し料理寿山石の「満漢全席」福建省福州市
    01:53.02
    2019年02月05日
    「新華社」独特の年越し料理寿山石の「満漢全席」福建省福州市

    中国福建省の工芸美術家で無形文化遺産継承者の孫兆勇(そん・ちょうゆう)氏は、春節(旧正月)を迎えるに当たり、自身が20年近くかけて収集した数十種類の寿山石で制作した151種類の「寿山石満漢全席」を公開した。作品は福州市で古い町並みが残る三坊七巷で「食卓」に並べられ、多くの市民が「味見」に訪れた。孫氏によると、寿山石彫刻は南北朝時代に始まり清代で盛んになったといい、千年以上の歴史を持つ。原石の色や性質、紋様を利用して巧みな彫刻を施し、あたかも天然のものに見せる「俏色巧彫(しょうしょくこうちょう)」を伝統としている。2013年には孫氏が143種類の寿山石を用いて制作した福州市の伝統特色を備えた作品「寿山石満漢全席」が「上海大世界ギネス」に認定された。今回展示された「寿山石満漢全席」は、月尾石や善伯凍、艾葉緑、老嶺石、芙蓉石、杜陵石などの寿山石に一つ一つ彫刻されており、干したけのこやクラゲの皮、牡蠣豆腐、つみれ、中国菓子の「麻花(マーホア)」、福建の郷土料理「佛跳牆(ぶっちょうしょう)」「太平燕(タイピーエン)」などの料理はまさに本物そっくりだった。孫氏は1994年に最初の「料理」を彫刻してから、これまでに151種類の作品を制作。25年かけて「寿山石の盛宴」を「調理」し続けてきた。当初は主に佛跳牆やつみれ、太平燕などの福建料理や果物、野菜を制作していたが、今ではハンバーガーやピザ、シーフードなど西洋の現代食文化を代表する多くの食物を創作に取り入れるようになったという。孫氏は「寿山石満漢全席」は国境を越え、全世界に福州市の寿山石文化を広める役割を担うようになったと語った。(記者/魏培全)<映像内容>本物そっくりな年越し料理の彫刻、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518431

  •  「新華社」東京で元宵節のランタン·フェスティバル
    02:31.74
    2019年02月17日
    「新華社」東京で元宵節のランタン·フェスティバル

    「四海同春、楽しい春節」がテーマの「中華春節燈籠(とうろう)祭・東京燈会」が16、17の両日、東京で開催された。今回のランタン・フェスティバルは、東京で初めての元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日、今年は2月19日)を祝うイベントで、世田谷区にある駒沢オリンピック公園を会場に行われた。会場入り口の大きな門には中国と日本を代表する文化がそれぞれ描かれた飾り灯籠、動物の形の大きな宮廷用ランタンが設置されており、中国文化の息づかいが強く感じられるようになっていた。多くの観光客が、月のウサギ、パンダ、花瓶、中国の古典4大名著(「三国志演義」「水滸伝(すいこでん)」「西遊記」「紅楼夢」)の登場人物の形をしたランタンなどに足を止めて記念撮影をしていた。今回のランタン・フェスティバルでは中国八大料理(山東料理、四川料理、広東料理、江蘇料理、浙江料理、福建料理、湖南料理、安徽料理)の軽食も用意され、観客たちはランタンを見ながら料理を楽しんだり、ステージで披露された中日文化の実演を鑑賞したりすることもできた。(記者/鄧敏、郭威)<映像内容>東京で「中華春節燈籠祭・東京燈会」開催の様子、撮影日:2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021901136

  •  「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催
    2019年07月20日
    「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催

    20日、福建省の特色ある客家(はっか)料理を披露するコックたち。素朴な味わいが特徴で、山海の珍味を料理することで名高い福建料理の数々を紹介する「福建料理の逸品20品のPRイベント」が20日、中国福建省晋江(しんこう)市で開かれ、福建、江蘇、浙江といった複数の省の料理協会の代表らが参加した。会場では、福建料理の名コックが腕によりをかけて作った料理20品が披露され、グルメの専門家や愛好家たちが「中国八大料理」(八大菜系)の一つ、福建料理の魅力を満喫した。(晋江=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301227

  •  「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催
    2019年07月20日
    「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催

    20日、国家級無形文化遺産となっている「聚春園菜館」が元祖とされる著名な福建料理「仏跳牆」(ぶっちょうしょう、フカヒレ、アワビ、ナマコ、金華ハムなど高級素材をじっくりと煮込んだ料理)の制作技術を紹介する福建「聚春園菜館」仏跳牆制作技術第7代継承者、羅世偉(ら・せいい)さん(右から2人目)。素朴な味わいが特徴で、山海の珍味を料理することで名高い福建料理の数々を紹介する「福建料理の逸品20品のPRイベント」が20日、中国福建省晋江(しんこう)市で開かれ、福建、江蘇、浙江といった複数の省の料理協会の代表らが参加した。会場では、福建料理の名コックが腕によりをかけて作った料理20品が披露され、グルメの専門家や愛好家たちが「中国八大料理」(八大菜系)の一つ、福建料理の魅力を満喫した。(晋江=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301216

  •  「新華社」「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催
    00:40.34
    2019年07月20日
    「新華社」「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催

    素朴な味わいが特徴で、山海の珍味を料理することで名高い福建料理の数々を紹介する「福建料理の逸品20品のPRイベント」が20日、中国福建省晋江(しんこう)市で開かれ、福建、江蘇、浙江といった複数の省の料理協会の代表らが参加した。会場では、福建料理の名コックが腕によりをかけて作った料理20品が披露され、グルメの専門家や愛好家たちが「中国八大料理」(八大菜系)の一つ、福建料理の魅力を満喫した。(記者/林善伝)<映像内容>福建料理の調理の様子、撮影日:2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301259

  •  「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催
    2019年07月20日
    「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催

    20日、「大黄魚吐銀絲(フウセイを揚げた料理)」を作るコックの陳石書(ちん・せきしょ)さん。素朴な味わいが特徴で、山海の珍味を料理することで名高い福建料理の数々を紹介する「福建料理の逸品20品のPRイベント」が20日、中国福建省晋江(しんこう)市で開かれ、福建、江蘇、浙江といった複数の省の料理協会の代表らが参加した。会場では、福建料理の名コックが腕によりをかけて作った料理20品が披露され、グルメの専門家や愛好家たちが「中国八大料理」(八大菜系)の一つ、福建料理の魅力を満喫した。(晋江=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301239

  •  「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催
    2019年07月20日
    「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催

    20日、出来上がった福建料理、「榕城南煎肝(豚レバー炒め)」を披露する中国料理および福建料理の巨匠、趙汝天(ちょう・じょてん)さん。素朴な味わいが特徴で、山海の珍味を料理することで名高い福建料理の数々を紹介する「福建料理の逸品20品のPRイベント」が20日、中国福建省晋江(しんこう)市で開かれ、福建、江蘇、浙江といった複数の省の料理協会の代表らが参加した。会場では、福建料理の名コックが腕によりをかけて作った料理20品が披露され、グルメの専門家や愛好家たちが「中国八大料理」(八大菜系)の一つ、福建料理の魅力を満喫した。(晋江=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301240

  •  「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催
    2019年07月20日
    「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催

    20日、福建料理、「鶏湯汆海蚌(鶏、豚、牛肉の出汁を使うハマグリスープ)」を作る中国料理および福建料理の巨匠、李厚漪(り・こうい)さん(左)。素朴な味わいが特徴で、山海の珍味を料理することで名高い福建料理の数々を紹介する「福建料理の逸品20品のPRイベント」が20日、中国福建省晋江(しんこう)市で開かれ、福建、江蘇、浙江といった複数の省の料理協会の代表らが参加した。会場では、福建料理の名コックが腕によりをかけて作った料理20品が披露され、グルメの専門家や愛好家たちが「中国八大料理」(八大菜系)の一つ、福建料理の魅力を満喫した。(晋江=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301215

  •  「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催
    2019年07月20日
    「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催

    20日、できたての「淡糟炒螺片(テングニシの赤粕漬け)」。素朴な味わいが特徴で、山海の珍味を料理することで名高い福建料理の数々を紹介する「福建料理の逸品20品のPRイベント」が20日、中国福建省晋江(しんこう)市で開かれ、福建、江蘇、浙江といった複数の省の料理協会の代表らが参加した。会場では、福建料理の名コックが腕によりをかけて作った料理20品が披露され、グルメの専門家や愛好家たちが「中国八大料理」(八大菜系)の一つ、福建料理の魅力を満喫した。(晋江=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301246

  •  「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催
    2019年07月20日
    「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催

    20日、福建料理、「榕城南煎肝(豚レバー炒め)」を作る中国料理および福建料理の巨匠、趙汝天(ちょう・じょてん)さん(右)。素朴な味わいが特徴で、山海の珍味を料理することで名高い福建料理の数々を紹介する「福建料理の逸品20品のPRイベント」が20日、中国福建省晋江(しんこう)市で開かれ、福建、江蘇、浙江といった複数の省の料理協会の代表らが参加した。会場では、福建料理の名コックが腕によりをかけて作った料理20品が披露され、グルメの専門家や愛好家たちが「中国八大料理」(八大菜系)の一つ、福建料理の魅力を満喫した。(晋江=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301225

  •  「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催
    2019年07月20日
    「中国八大料理」の一つ、福建料理のPRイベント開催

    20日、会場で調理法について語り合うコックたち。素朴な味わいが特徴で、山海の珍味を料理することで名高い福建料理の数々を紹介する「福建料理の逸品20品のPRイベント」が20日、中国福建省晋江(しんこう)市で開かれ、福建、江蘇、浙江といった複数の省の料理協会の代表らが参加した。会場では、福建料理の名コックが腕によりをかけて作った料理20品が披露され、グルメの専門家や愛好家たちが「中国八大料理」(八大菜系)の一つ、福建料理の魅力を満喫した。(晋江=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301212

  •  (2)中国調理済み・半調理済み食品産業大会開催福州市
    2021年12月03日
    (2)中国調理済み・半調理済み食品産業大会開催福州市

    2日、会場で福建料理の高級スープ「佛跳牆(ぶっちょうしょう」をバイヤーに紹介する出展者(左)。中国福建省福州市の福州海峡国際会展中心(国際エキシビション・コンベンションセンター)で2日、2021年中国調理済み・半調理済み食品産業大会および展示会が開幕した。関連産業の流通業者や生産者、サービスプロバイダー、政府部門と業界団体の代表者約1万人が一堂に会した。会場では新製品千種類以上が展示されたほか、投融資、サプライチェーン、研究開発、新小売、外食産業などをテーマとした八つの業界フォーラムも開催される。会期は4日まで。中国の調理済み・半調理済み食品市場の規模は現在、約3千億元(1元=約18円)で、食材市場全体に占める割合は10%未満だが、今後5年間で1兆元規模の市場に成長すると見込まれ、長期的には3兆元を超えるとも予想されている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120400047

  •  (6)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市
    2023年02月24日
    (6)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市

    22日、「宋元海絲宴」で出された料理。中国福建省石獅市で22日、福建料理のランドマークとなる美食の都市「閩菜地標美食城市」のプレート授与式と、福建省南部の名物料理と海や山の幸を集めた「宋元海絲宴」のPRイベントが行われた。「宋元海絲宴」は地元出身の南宋時代の美食家、林洪(りん・こう)が著した「山家清供(さんかせいきょう)」のレシピを再現し、料理や宴席を宋元時代の器や情景、楽曲、詩歌などと融合。宋元時代に世界の海洋商業貿易の中心地だった同市の独特の美食文化を表現している。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2023(令和5)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022410513

  •  (3)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市
    2023年02月24日
    (3)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市

    22日、会場で来場者に料理を出すスタッフ。中国福建省石獅市で22日、福建料理のランドマークとなる美食の都市「閩菜地標美食城市」のプレート授与式と、福建省南部の名物料理と海や山の幸を集めた「宋元海絲宴」のPRイベントが行われた。「宋元海絲宴」は地元出身の南宋時代の美食家、林洪(りん・こう)が著した「山家清供(さんかせいきょう)」のレシピを再現し、料理や宴席を宋元時代の器や情景、楽曲、詩歌などと融合。宋元時代に世界の海洋商業貿易の中心地だった同市の独特の美食文化を表現している。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2023(令和5)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022410509

  •  (7)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市
    2023年02月24日
    (7)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市

    22日、「閩菜地標美食城市」のプレート授与式と「宋元海絲宴」PRイベントの会場。中国福建省石獅市で22日、福建料理のランドマークとなる美食の都市「閩菜地標美食城市」のプレート授与式と、福建省南部の名物料理と海や山の幸を集めた「宋元海絲宴」のPRイベントが行われた。「宋元海絲宴」は地元出身の南宋時代の美食家、林洪(りん・こう)が著した「山家清供(さんかせいきょう)」のレシピを再現し、料理や宴席を宋元時代の器や情景、楽曲、詩歌などと融合。宋元時代に世界の海洋商業貿易の中心地だった同市の独特の美食文化を表現している。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2023(令和5)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022410514

  •  (1)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市
    2023年02月24日
    (1)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市

    22日、「宋元海絲宴」PRイベント会場で行われた「茶礼」(茶道)の様子。中国福建省石獅市で22日、福建料理のランドマークとなる美食の都市「閩菜地標美食城市」のプレート授与式と、福建省南部の名物料理と海や山の幸を集めた「宋元海絲宴」のPRイベントが行われた。「宋元海絲宴」は地元出身の南宋時代の美食家、林洪(りん・こう)が著した「山家清供(さんかせいきょう)」のレシピを再現し、料理や宴席を宋元時代の器や情景、楽曲、詩歌などと融合。宋元時代に世界の海洋商業貿易の中心地だった同市の独特の美食文化を表現している。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2023(令和5)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022410508

  •  (4)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市
    2023年02月24日
    (4)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市

    22日、「閩菜地標美食城市」のプレート授与式と「宋元海絲宴」PRイベントの会場。中国福建省石獅市で22日、福建料理のランドマークとなる美食の都市「閩菜地標美食城市」のプレート授与式と、福建省南部の名物料理と海や山の幸を集めた「宋元海絲宴」のPRイベントが行われた。「宋元海絲宴」は地元出身の南宋時代の美食家、林洪(りん・こう)が著した「山家清供(さんかせいきょう)」のレシピを再現し、料理や宴席を宋元時代の器や情景、楽曲、詩歌などと融合。宋元時代に世界の海洋商業貿易の中心地だった同市の独特の美食文化を表現している。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2023(令和5)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022410511

  •  (2)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市
    2023年02月24日
    (2)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市

    22日、「宋元海絲宴」PRイベント会場で来場者に茶と酒を出すスタッフ。中国福建省石獅市で22日、福建料理のランドマークとなる美食の都市「閩菜地標美食城市」のプレート授与式と、福建省南部の名物料理と海や山の幸を集めた「宋元海絲宴」のPRイベントが行われた。「宋元海絲宴」は地元出身の南宋時代の美食家、林洪(りん・こう)が著した「山家清供(さんかせいきょう)」のレシピを再現し、料理や宴席を宋元時代の器や情景、楽曲、詩歌などと融合。宋元時代に世界の海洋商業貿易の中心地だった同市の独特の美食文化を表現している。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2023(令和5)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022410576

  •  (5)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市
    2023年02月24日
    (5)美食の都市で福建料理のPRイベント福建省石獅市

    22日、「宋元海絲宴」で出された料理。中国福建省石獅市で22日、福建料理のランドマークとなる美食の都市「閩菜地標美食城市」のプレート授与式と、福建省南部の名物料理と海や山の幸を集めた「宋元海絲宴」のPRイベントが行われた。「宋元海絲宴」は地元出身の南宋時代の美食家、林洪(りん・こう)が著した「山家清供(さんかせいきょう)」のレシピを再現し、料理や宴席を宋元時代の器や情景、楽曲、詩歌などと融合。宋元時代に世界の海洋商業貿易の中心地だった同市の独特の美食文化を表現している。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2023(令和5)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022410512

  •  (3)中国国際飲食産業博覧会、福建省福州市で開催
    2023年03月26日
    (3)中国国際飲食産業博覧会、福建省福州市で開催

    24日、世界中餐業聯合会が福州市に授与した「国際(福建料理)美食之都」のプレートを披露するスタッフ。中国福建省福州市で24~26日、中国烹飪(料理)協会主催の2023年中国国際飲食産業博覧会が開かれた。会場にはデジタル展示、水産食材、サプライチェーン総合展示、ミールキット用食材展示などのエリアが設置され、全国各地から300社以上が参加した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2023(令和5)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032612101

  • 1