KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国福建省
  • 竜岩市連城県
  • 竜岩市長汀
  • 無形文化遺産
  • 伝統文化
  • 製紙技術
  • 福建省連城県
  • 息子夫婦
  • 明清時代
  • 伝統木工

「福建省竜岩市」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
177
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
177
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.04
    2021年01月01日
    「新華社」小さなキノコが開く豊かさへの道福建省武平県

    中国福建省竜岩市武平県はここ数年、工場での栽培と専門的な生産体制を整え、食用キノコの循環型経済を精力的に発展させてきた。産業レベルは大幅に向上し、地元村民の所得増加をけん引している。同県岩前鎮将軍村では、地元の村民が食用キノコ専業合作社(協同組合)を設立し、村の入り口にキノコ栽培基地を開設した。さらに、村と合作社が共同で福建英源食用キノコ生産基地を建設した。現在、基地の産業規模は拡大傾向にあり、1日当たりの生産量は食用キノコが3トン、食用キノコパックが3万袋に達している。また、近隣の村の住民70人以上が地元で就職できるようになった。基地で働く村民1人当たりの平均年収も、2018年の1万元(1元=約16円)以上から20年には3万元以上に増加した。(記者/陳旺) =配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    子育てと両立しやすい職場を提供福建省連城県

    6日、福建省竜岩市連城県工業園の冠睿電子科技で働く女性従業員。中国福建省竜岩市連城県は9月以降、地元の女性106人のために、子育てと両立しやすい柔軟性のある職場を提供している。地元企業の人手不足を補いながら、女性の自宅近くでの就業に一役買っている。(連城=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    子育てと両立しやすい職場を提供福建省連城県

    6日、福建省竜岩市連城県工業園の冠睿電子科技で働く女性従業員。中国福建省竜岩市連城県は9月以降、地元の女性106人のために、子育てと両立しやすい柔軟性のある職場を提供している。地元企業の人手不足を補いながら、女性の自宅近くでの就業に一役買っている。(連城=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    子育てと両立しやすい職場を提供福建省連城県

    6日、福建省竜岩市連城県工業園の冠睿電子科技で働く女性従業員。中国福建省竜岩市連城県は9月以降、地元の女性106人のために、子育てと両立しやすい柔軟性のある職場を提供している。地元企業の人手不足を補いながら、女性の自宅近くでの就業に一役買っている。(連城=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    子育てと両立しやすい職場を提供福建省連城県

    6日、福建省竜岩市連城県工業園の冠睿電子科技で働く女性従業員。中国福建省竜岩市連城県は9月以降、地元の女性106人のために、子育てと両立しやすい柔軟性のある職場を提供している。地元企業の人手不足を補いながら、女性の自宅近くでの就業に一役買っている。(連城=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月20日
    黄金の棚田と土楼が織り成す秋の絶景福建省竜岩市

    20日、空から見た初渓村の土楼と棚田。(小型無人機から)本格的な秋を迎え、中国福建省竜岩市永定区下洋鎮初渓村では稲穂が重みを増し、金色に輝く田んぼと地元の独特な建築様式「客家土楼」が美しいコントラストを見せている。(竜岩=新華社配信/劉艶暉)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月20日
    黄金の棚田と土楼が織り成す秋の絶景福建省竜岩市

    20日、空から見た初渓村の土楼と棚田。(小型無人機から)本格的な秋を迎え、中国福建省竜岩市永定区下洋鎮初渓村では稲穂が重みを増し、金色に輝く田んぼと地元の独特な建築様式「客家土楼」が美しいコントラストを見せている。(竜岩=新華社配信/劉艶暉)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月20日
    黄金の棚田と土楼が織り成す秋の絶景福建省竜岩市

    20日、空から見た初渓村の土楼と棚田。(小型無人機から)本格的な秋を迎え、中国福建省竜岩市永定区下洋鎮初渓村では稲穂が重みを増し、金色に輝く田んぼと地元の独特な建築様式「客家土楼」が美しいコントラストを見せている。(竜岩=新華社配信/劉艶暉)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月20日
    黄金の棚田と土楼が織り成す秋の絶景福建省竜岩市

    20日、空から見た初渓村の土楼と棚田。(小型無人機から)本格的な秋を迎え、中国福建省竜岩市永定区下洋鎮初渓村では稲穂が重みを増し、金色に輝く田んぼと地元の独特な建築様式「客家土楼」が美しいコントラストを見せている。(竜岩=新華社配信/劉艶暉)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.28
    2020年08月27日
    「新華社」福建省竜岩大橋、2度目の旋回完了橋梁の回転架設で新境地

    中国福建省竜岩市で建設中の竜岩大橋が27日未明、主塔の回転架設工事を行い、総重量2万3600トンの主塔と主桁が、反時計回りに21度、正確に旋回を終えた。同橋の回転架設工事は、4月10日に主塔が69度旋回した工事に次いで2度目。一基の橋梁を2度旋回させる工法は、世界の回転架設工法分野の先駆けとなった。同橋は2本の鉄道線路をまたぐ形で架設され、橋の下を通過する列車は1日約120本に上る。回転架設工法を採用することで、鉄道の運行に与える影響を抑えられた。今回の工事に使用したボールベアリングの設計耐荷重は最大2万5千トン、これはエッフェル塔2・5個分の重量に相当する。(記者/林凱)<映像内容>竜岩大橋の回転架設工事の様子、撮影日:2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「蔵経楼」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、汀江両岸のライトアップされた夜景。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建造物「竜学館」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「蔵経楼」の内部。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、汀州古城(長汀古城)の城壁の一つ「広儲門」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、ライトアップされた「文昌閣」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建造物「竜学館」の敷地内を散策する観光客。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮にある汀州古城(長汀古城)の城壁。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮の古い街並みを散策する観光客。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」にある建物の彫刻。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮にある汀州古城(長汀古城)の城壁の一つ「恵吉門」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、「臥竜書院」の前を通り過ぎる市民。。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」の一角。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「文昌閣」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」にある建物の彫刻。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    福建省梅花山の奥地に暮らすアモイトラ

    19日、福建省梅花山の奥地で暮らすアモイトラ。中国福建省の梅花山自然保護区は、国家級森林・野生動物類型自然保護区に指定されている。国家林業部門と福建省竜岩市は1998年に「アモイトラ保護プロジェクト」を開始、アモイトラ繁殖研究所を立ち上げた。梅花山「中国虎園」を建設して、アモイトラの繁殖と野生化訓練を行っている。ここ数年、梅花山の環境が改善し生物多様性の保護が進むにつれて、「中国虎園」で暮らすアモイトラの繁殖能力は向上し続けている。これまでにすでに51頭のアモイトラの繁殖・育成に成功している。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    福建省梅花山の奥地に暮らすアモイトラ

    19日、福建省梅花山の「中国虎園」のアモイトラ。中国福建省の梅花山自然保護区は、国家級森林・野生動物類型自然保護区に指定されている。国家林業部門と福建省竜岩市は1998年に「アモイトラ保護プロジェクト」を開始、アモイトラ繁殖研究所を立ち上げた。梅花山「中国虎園」を建設して、アモイトラの繁殖と野生化訓練を行っている。ここ数年、梅花山の環境が改善し生物多様性の保護が進むにつれて、「中国虎園」で暮らすアモイトラの繁殖能力は向上し続けている。これまでにすでに51頭のアモイトラの繁殖・育成に成功している。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    福建省梅花山の奥地に暮らすアモイトラ

    19日、福建省梅花山を歩くアモイトラ。中国福建省の梅花山自然保護区は、国家級森林・野生動物類型自然保護区に指定されている。国家林業部門と福建省竜岩市は1998年に「アモイトラ保護プロジェクト」を開始、アモイトラ繁殖研究所を立ち上げた。梅花山「中国虎園」を建設して、アモイトラの繁殖と野生化訓練を行っている。ここ数年、梅花山の環境が改善し生物多様性の保護が進むにつれて、「中国虎園」で暮らすアモイトラの繁殖能力は向上し続けている。これまでにすでに51頭のアモイトラの繁殖・育成に成功している。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    福建省梅花山の奥地に暮らすアモイトラ

    19日、「中国虎園」の屋外スペースでじゃれ合うアモイトラ。中国福建省の梅花山自然保護区は、国家級森林・野生動物類型自然保護区に指定されている。国家林業部門と福建省竜岩市は1998年に「アモイトラ保護プロジェクト」を開始、アモイトラ繁殖研究所を立ち上げた。梅花山「中国虎園」を建設して、アモイトラの繁殖と野生化訓練を行っている。ここ数年、梅花山の環境が改善し生物多様性の保護が進むにつれて、「中国虎園」で暮らすアモイトラの繁殖能力は向上し続けている。これまでにすでに51頭のアモイトラの繁殖・育成に成功している。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    福建省梅花山の奥地に暮らすアモイトラ

    19日、「中国虎園」のアモイトラ。中国福建省の梅花山自然保護区は、国家級森林・野生動物類型自然保護区に指定されている。国家林業部門と福建省竜岩市は1998年に「アモイトラ保護プロジェクト」を開始、アモイトラ繁殖研究所を立ち上げた。梅花山「中国虎園」を建設して、アモイトラの繁殖と野生化訓練を行っている。ここ数年、梅花山の環境が改善し生物多様性の保護が進むにつれて、「中国虎園」で暮らすアモイトラの繁殖能力は向上し続けている。これまでにすでに51頭のアモイトラの繁殖・育成に成功している。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    福建省梅花山の奥地に暮らすアモイトラ

    19日、福建省竜岩市あるアモイトラ繁殖・野生化訓練基地。(小型無人機から)中国福建省の梅花山自然保護区は、国家級森林・野生動物類型自然保護区に指定されている。国家林業部門と福建省竜岩市は1998年に「アモイトラ保護プロジェクト」を開始、アモイトラ繁殖研究所を立ち上げた。梅花山「中国虎園」を建設して、アモイトラの繁殖と野生化訓練を行っている。ここ数年、梅花山の環境が改善し生物多様性の保護が進むにつれて、「中国虎園」で暮らすアモイトラの繁殖能力は向上し続けている。これまでにすでに51頭のアモイトラの繁殖・育成に成功している。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    福建省梅花山の奥地に暮らすアモイトラ

    19日、福建省の梅花山を歩くアモイトラ。中国福建省の梅花山自然保護区は、国家級森林・野生動物類型自然保護区に指定されている。国家林業部門と福建省竜岩市は1998年に「アモイトラ保護プロジェクト」を開始、アモイトラ繁殖研究所を立ち上げた。梅花山「中国虎園」を建設して、アモイトラの繁殖と野生化訓練を行っている。ここ数年、梅花山の環境が改善し生物多様性の保護が進むにつれて、「中国虎園」で暮らすアモイトラの繁殖能力は向上し続けている。これまでにすでに51頭のアモイトラの繁殖・育成に成功している。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    福建省梅花山の奥地に暮らすアモイトラ

    19日、「中国虎園」で獲物を発見したアモイトラ。中国福建省の梅花山自然保護区は、国家級森林・野生動物類型自然保護区に指定されている。国家林業部門と福建省竜岩市は1998年に「アモイトラ保護プロジェクト」を開始、アモイトラ繁殖研究所を立ち上げた。梅花山「中国虎園」を建設して、アモイトラの繁殖と野生化訓練を行っている。ここ数年、梅花山の環境が改善し生物多様性の保護が進むにつれて、「中国虎園」で暮らすアモイトラの繁殖能力は向上し続けている。これまでにすでに51頭のアモイトラの繁殖・育成に成功している。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    福建省梅花山の奥地に暮らすアモイトラ

    19日、福建省梅花山のアモイトラ。中国福建省の梅花山自然保護区は、国家級森林・野生動物類型自然保護区に指定されている。国家林業部門と福建省竜岩市は1998年に「アモイトラ保護プロジェクト」を開始、アモイトラ繁殖研究所を立ち上げた。梅花山「中国虎園」を建設して、アモイトラの繁殖と野生化訓練を行っている。ここ数年、梅花山の環境が改善し生物多様性の保護が進むにつれて、「中国虎園」で暮らすアモイトラの繁殖能力は向上し続けている。これまでにすでに51頭のアモイトラの繁殖・育成に成功している。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    福建省梅花山の奥地に暮らすアモイトラ

    19日、福建省梅花山のアモイトラ。中国福建省の梅花山自然保護区は、国家級森林・野生動物類型自然保護区に指定されている。国家林業部門と福建省竜岩市は1998年に「アモイトラ保護プロジェクト」を開始、アモイトラ繁殖研究所を立ち上げた。梅花山「中国虎園」を建設して、アモイトラの繁殖と野生化訓練を行っている。ここ数年、梅花山の環境が改善し生物多様性の保護が進むにつれて、「中国虎園」で暮らすアモイトラの繁殖能力は向上し続けている。これまでにすでに51頭のアモイトラの繁殖・育成に成功している。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.78
    2020年08月15日
    「新華社」木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む蛋蛋(だんだん)君はこのところ、祖父が作った純木製の乗用玩具「カマキリカー」に乗って遊んでいる。両側の後輪にカマキリの後ろ足の形をした部材が取り付けられており、車輪の動きに合わせて上下に動くのでそう呼ばれている。わが子がカマキリカーで遊ぶ様子を両親がネットに投稿したところ、ネットユーザーから大きな反響が寄せられた。カマキリカーの製作者、李石水(り・せきすい)さん(70)は、全国各地で50年余りにわたり木工職人として働いてきた。2年前に引退して故郷に戻り、今は妻と2人で息子夫婦に代わり孫の世話をしている。やることもないので以前の職人の腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでカマキリカーを作った。ほかにも歩くロボットや小鳥などの木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。息子夫婦は、木製玩具を次々と作り出す職人おじいちゃんの孫への愛を動画に記録。ネットで公開することで、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えた。(記者/宋為偉)<映像内容>木工職人の手作り玩具、遊ぶ子供の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、孫を乗せたカマキリカーを押して家の中を歩く李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、自身が作った木製の腰掛けと折りたたみ式で椅子にもなるはしごの傍らで孫と遊ぶ李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、李石水さんが作ったちまき形の立体パズル。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、木製玩具「歩く小鳥」の調整をする李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、カマキリカーに蛋蛋君を乗せて散歩をする母親の黄鳳杏さん(右)。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、板に描いた線に合わせてやすりをかける李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、廃材の板に印をつける李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、木材を加工する李石水さんを傍らで見つめる蛋蛋君。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、李石水さんが孫娘のために作った卓上鏡。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、李石水さんが作った振り子の動きで歩く「小鳥」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、廃材の板をかんなで削る李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、李石水さんが作った振り子の動きで自走する「ロボット」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、墨さしで廃材に線を引く李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、木製玩具「歩く小鳥」の調整をする李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、カマキリカーに蛋蛋君を乗せて散歩をする(右から)李石水さん、嫁の黄鳳杏(こう・ほうきょう)さん、息子の李躍金(り・やくきん)さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、廃材の板を整理する李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、玩具製作用の木材を加工する李石水さんを傍らで見つめる孫の蛋蛋君。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、カマキリカーに乗った蛋蛋君を取り囲む村の子供ら。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、李石水さんが作った煙の量を調整可能な蚊取り線香入れ。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月11日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    11日、孫を乗せたカマキリカーを押しながら家族とテレビを見る李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    湿紙をピンセットで1枚ずつ剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    「竹麻」と呼ばれる、水に浸して柔らかなくなった竹の繊維。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    完成した普通等級の「玉扣紙」。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    「焙り壁」と呼ばれる壁で湿紙を乾かす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    湾曲ナイフで紙の縁を裁断する職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    紙搾台で水分を搾った湿紙。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    剝がした紙を紙搾台に載せ、水分を搾る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    紙搾台で紙に含まれた水分を搾る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    湿紙をピンセットで1枚ずつ剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    殺青(さっせい、長期間水につけて柔らかくした竹の皮を取り去る)した竹の繊維「竹麻」を突きつぶしてできた粗紙漿(粘液状の紙の原料)。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    完成した普通等級の「玉扣紙」。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    湿紙をピンセットで1枚ずつ剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    「焙り壁」と呼ばれる壁で湿紙を乾かす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    「焙り壁」と呼ばれる壁で湿紙を乾かす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    「竹麻」と呼ばれる、水に浸して柔らかなくなった竹の繊維。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    殺青(さっせい、長期間水につけて柔らかくした竹の皮を取り去る)した竹の繊維「竹麻」を突きつぶしてできた粗紙漿(粘液状の紙の原料)を、さらに水で煮る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    粗紙漿(粘液状の紙の原料)を剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:12.22
    2020年07月12日
    「新華社」福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(記者/林善伝、王成、陳弘毅)<映像内容>新エネルギー企業で発生した火災の様子、撮影日:2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月12日
    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    12日、火災が起きた竜岩卓越新能源の工場。中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信/姚涵文)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月12日
    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    12日、火災現場で消火作業を行う消防車。中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信/周楊東)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月12日
    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    12日、火災が起きた竜岩卓越新能源の工場。(小型無人機から)中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月12日
    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    12日、火災が起きた竜岩卓越新能源の工場。中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信/姚涵文)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月12日
    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    12日、火災が起きた竜岩卓越新能源の工場。中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信/姚涵文)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月12日
    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    12日、火災が起きた竜岩卓越新能源の工場。中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信/姚涵文)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月12日
    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    12日、火災が起きた竜岩卓越新能源の工場。中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信/姚涵文)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月12日
    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    12日、火災現場で消火作業を行う消防車。中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信/周楊東)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月12日
    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    12日、火災が起きた竜岩卓越新能源の工場。(小型無人機から)中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月12日
    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    12日、火災が起きた竜岩卓越新能源の工場。中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信/姚涵文)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月12日
    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    12日、火災が起きた竜岩卓越新能源の工場。中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月12日
    福建省竜岩市の新エネルギー企業で火災2人負傷、2人不明

    12日、火災現場で消火活動に当たる消防士。中国福建省竜岩市の新エネルギー企業、竜岩卓越新能源で12日午前10時ごろ、機械点検中に火災が起き、午後2時までに2人の負傷が確認された。うち1人は重傷という。そのほか2人が行方不明となっている。負傷者は既に病院に搬送され、現場では行方不明者の捜索活動などが続いている。(竜岩=新華社配信/周楊東)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    山あいに残る客家の村を訪ねて福建省培田村

    11日、衡公祠の楣(まぐさ、玄関上部に横に渡した梁)に描かれた「三国志演義」の一場面「空城計」の図。中国福建省竜岩市連城県宣和郷の培田村は、明清時代に作られた客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の村で、今も邸宅30棟、霊廟21基、古書院6棟、「千米古街」と呼ばれる古街道などが残る。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    山あいに残る客家の村を訪ねて福建省培田村

    11日、培田村の村民、呉来星(ご・らいせい)さんが所有する清朝光緒年間に作られた呉氏の族譜。中国福建省竜岩市連城県宣和郷の培田村は、明清時代に作られた客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の村で、今も邸宅30棟、祠堂21棟、古書院6棟、約千メートルの古街道などが残る。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    山あいに残る客家の村を訪ねて福建省培田村

    11日、培田村の都閫府(とこんふ)の門をくぐる観光客。中国福建省竜岩市連城県宣和郷の培田村は、明清時代に作られた客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の村で、今も邸宅30棟、祠堂21棟、古書院6棟、約千メートルの古街道などが残る。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    山あいに残る客家の村を訪ねて福建省培田村

    11日、清朝同治年間に作られた呉氏の族譜を見せる培田村の村民、呉来星(ご・らいせい)さん。中国福建省竜岩市連城県宣和郷の培田村は、明清時代に作られた客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の村で、今も邸宅30棟、霊廟21基、古書院6棟、「千米古街」と呼ばれる古街道などが残る。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    山あいに残る客家の村を訪ねて福建省培田村

    11日、培田村の入口に立つ古牌坊。中国福建省竜岩市連城県宣和郷の培田村は、明清時代に作られた客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の村で、今も邸宅30棟、祠堂21棟、古書院6棟、約千メートルの古街道などが残る。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    山あいに残る客家の村を訪ねて福建省培田村

    11日、培田村の路地をバイクで走る村民。中国福建省竜岩市連城県宣和郷の培田村は、明清時代に作られた客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の村で、今も邸宅30棟、祠堂21棟、古書院6棟、約千メートルの古街道などが残る。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    山あいに残る客家の村を訪ねて福建省培田村

    11日、培田村の衡公祠。明朝末期に建てられ、門楼は三山斗栱(ときょう)構造を持つ。中国福建省竜岩市連城県宣和郷の培田村は、明清時代に作られた客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の村で、今も邸宅30棟、霊廟21基、古書院6棟、「千米古街」と呼ばれる古街道などが残る。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    山あいに残る客家の村を訪ねて福建省培田村

    11日、培田村の路面に残る清代のモザイク画「鶴鹿同春」を眺める観光客。中国福建省竜岩市連城県宣和郷の培田村は、明清時代に作られた客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の村で、今も邸宅30棟、祠堂21棟、古書院6棟、約千メートルの古街道などが残る。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    山あいに残る客家の村を訪ねて福建省培田村

    11日、培田村の三角形の路地を歩く村民。中国福建省竜岩市連城県宣和郷の培田村は、明清時代に作られた客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の村で、今も邸宅30棟、祠堂21棟、古書院6棟、約千メートルの古街道などが残る。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    山あいに残る客家の村を訪ねて福建省培田村

    11日、培田村の古街道に残る獅子の壁彫刻。中国福建省竜岩市連城県宣和郷の培田村は、明清時代に作られた客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の村で、今も邸宅30棟、祠堂21棟、古書院6棟、約千メートルの古街道などが残る。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:38.56
    2020年05月25日
    「新華社」客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省

    中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。客家青獅の容貌は独特で、緑色を基調にしており、手作業による伝統的技術は確かな美術的基礎に裏付けられている。獅子の制作には希土選びから型作り、紙貼り、絵付け、さらに舌やたてがみ、胴体や尾の制作など数十の工程が必要で、完成まで約1カ月かかる。隔川郷隔田村を発祥の地とする客家青獅は、中国拳法の一流派「連城拳」の重要な構成要素としての特色も持つ。連城拳は中国に現存する129種類の拳法の一つで、2009年に同省の無形文化財に指定されている。(記者/彭張青)<映像内容>客家青獅のパフォーマンス、獅子舞の制作、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省

    21日、連城拳の練習をする客家青獅第12代伝承者の黄建中さん(右)と妻の曽芬(そ・ふん)さん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2