KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国福建省
  • 福建省竜岩市
  • 竜岩市長汀
  • 伝統木工
  • 息子夫婦
  • 手作り玩具
  • 木工技術
  • 木工職人
  • 木製玩具
  • 玩具福建省

「福建省竜岩市長汀」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
50
( 1 50 件を表示)
  • 1
50
( 1 50 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「蔵経楼」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、汀江両岸のライトアップされた夜景。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建造物「竜学館」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「蔵経楼」の内部。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、汀州古城(長汀古城)の城壁の一つ「広儲門」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、ライトアップされた「文昌閣」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建造物「竜学館」の敷地内を散策する観光客。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮にある汀州古城(長汀古城)の城壁。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮の古い街並みを散策する観光客。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」にある建物の彫刻。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮にある汀州古城(長汀古城)の城壁の一つ「恵吉門」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、「臥竜書院」の前を通り過ぎる市民。。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」の一角。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「文昌閣」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」にある建物の彫刻。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.78
    2020年08月15日
    「新華社」木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む蛋蛋(だんだん)君はこのところ、祖父が作った純木製の乗用玩具「カマキリカー」に乗って遊んでいる。両側の後輪にカマキリの後ろ足の形をした部材が取り付けられており、車輪の動きに合わせて上下に動くのでそう呼ばれている。わが子がカマキリカーで遊ぶ様子を両親がネットに投稿したところ、ネットユーザーから大きな反響が寄せられた。カマキリカーの製作者、李石水(り・せきすい)さん(70)は、全国各地で50年余りにわたり木工職人として働いてきた。2年前に引退して故郷に戻り、今は妻と2人で息子夫婦に代わり孫の世話をしている。やることもないので以前の職人の腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでカマキリカーを作った。ほかにも歩くロボットや小鳥などの木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。息子夫婦は、木製玩具を次々と作り出す職人おじいちゃんの孫への愛を動画に記録。ネットで公開することで、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えた。(記者/宋為偉)<映像内容>木工職人の手作り玩具、遊ぶ子供の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、孫を乗せたカマキリカーを押して家の中を歩く李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、自身が作った木製の腰掛けと折りたたみ式で椅子にもなるはしごの傍らで孫と遊ぶ李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、李石水さんが作ったちまき形の立体パズル。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、木製玩具「歩く小鳥」の調整をする李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、カマキリカーに蛋蛋君を乗せて散歩をする母親の黄鳳杏さん(右)。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、板に描いた線に合わせてやすりをかける李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、廃材の板に印をつける李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、李石水さんが作った振り子の動きで歩く「小鳥」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、廃材の板をかんなで削る李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、李石水さんが作った振り子の動きで自走する「ロボット」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、木材を加工する李石水さんを傍らで見つめる蛋蛋君。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、李石水さんが孫娘のために作った卓上鏡。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、墨さしで廃材に線を引く李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、木製玩具「歩く小鳥」の調整をする李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、カマキリカーに蛋蛋君を乗せて散歩をする(右から)李石水さん、嫁の黄鳳杏(こう・ほうきょう)さん、息子の李躍金(り・やくきん)さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、廃材の板を整理する李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、李石水さんが作った煙の量を調整可能な蚊取り線香入れ。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、カマキリカーに乗った蛋蛋君を取り囲む村の子供ら。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    12日、玩具製作用の木材を加工する李石水さんを傍らで見つめる孫の蛋蛋君。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月11日
    木工職人の孫への愛、心のこもった手作り玩具福建省

    11日、孫を乗せたカマキリカーを押しながら家族とテレビを見る李石水さん。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県の新橋村に住む李石水(り・せきすい)さん(70)は2年前まで木工職人として働いてきた。引退後はその腕を生かし、古い家屋の廃材を使い、手作りでさまざまな木製玩具を製作し、孫を喜ばせている。作品は息子夫婦によってネットで公開され、多くの人に伝統木工技術の持つ不思議な魅力を伝えている。(竜岩=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.63
    2020年03月02日
    「新華社」汀江源の秘境でタケネズミとハクビシンが死闘福建省

    中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県にある汀江源(ていこうげん)国家級自然保護区内でこのほど、赤外線カメラがタケネズミとハクビシンの死闘を捉えた。闘いでは体重で優位に立つハクビシンがタケネズミを圧倒。タケネズミは次第に抵抗しきれなくなり、ハクビシンと共に視界から姿を消した。(記者/郭圻)<映像内容>赤外線カメラが捉えたタケネズミとハクビシンの闘い、撮影日:2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 02:49.87
    2019年05月24日
    「新華社」河田鶏の「引っ越し」を支えた造林物語福建省蘆竹村

    中国福建省竜岩市長汀県河田鎮の蘆竹(ろちく)村に住む大規模養鶏農家の藍秀(らん・しゅう)さんは、266ムー(約18ヘクタール)の山林を柵で囲い、その中に18棟の鶏舎を建てた。このニワトリの新居である山林は、藍さんが過去十数年かけて少しずつ植林してきたものだ。同鎮特産のニワトリ、河田鶏は飼育環境を選ぶ品種で、散歩をさせ、草を食べさせる必要があるだけでなく、日光が苦手だ。この飼育環境こそが、過去数十年の間、河田鶏産業の発展を妨げる最大の障害であった。南方の土壌侵食重点対策エリアに指定された河田鎮は、かつて四方を荒れ山に囲まれ、ほぼ草が生えない不毛の地であり、大多数の河田鶏は各農家の庭先で放し飼いするしかなかった。長汀県で2000年ごろ、「緑で貧困から脱却」というスローガンで土壌侵食対策が進められた。その時藍さんに、村の荒れ山管理を引き受け植樹し、林で「ニワトリ放牧」を始めようという考えが浮かんだ。だが、荒れ山の造林は困難を極めた。藍さんは2009年、まず10万元(1元=約16円)を投じ、最初の年に5千株の苗木を植えたが、その半分は育たなかった。藍さんはくじけず、翌年もまた植えた。最初の2千羽余りのニワトリが、無事育った2千本余りの苗木の間を散歩し、そのふんが苗木の最高の肥料となるとともに、幸い多少の雨にも恵まれ、苗木は急速に成長し始めた。かつて荒れ山だった蘆竹村は、現在17種類の木がある四季を通じて緑が絶えない地となり、最も理想的な天然の鶏舎となった。林の中で放し飼いされて育つ河田鶏は、身が締まってジューシーな肉質から、全国の市場で人気を博している。市場では現在、1羽当たり200~300元で取引され、北京や上海、福州、アモイなどの都市に売られている。藍さんによると、養鶏場の昨年の売上高は1千万元近くに上り、純収入は100万元を超えた。さらに周辺の貧困家庭20世帯にも5千元近い増収をもたらした。(記者/郭圻)<映像内容>河田鶏産業の様子、河田鎮の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:25.18
    2019年05月15日
    「新華社」土壌浸食区から桃源郷に福建汀江国家湿地公園

    中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県にある汀江(ていこう)国家湿地公園は上から見ると、湿地の樹海のように見える。きらきらと光る湖面の波、岸辺にできた木陰、曲がりくねった桟道などが美しい風景を形作っている。長汀県の土壌浸食面積は1985年当時、県全体の約3分の1に相当する146万2千ムー(約9万7466ヘクタール)に達していた。湿地公園が位置する三洲鎮もかつては土壌浸食が深刻な地域だった。2012年7月に三洲湿地生態公園の建設が始まり、国家林業局湿地保護管理センターの指導の下、三洲湿地生態公園は面積を拡大し、汀江国家湿地公園に格上げされた。湿地公園の総面積590・9ヘクタールのうち湿地面積は79%を占める466・8ヘクタール。「母なる河」汀江の保護をテーマとし、最終的には「汀江生態修復の模範」「土壌浸食地区における生態建設の新モデル」として、中亜熱帯の典型的な河川湿地保護の在り方を示すエリアとなった。同県の土壌浸食面積は現在、約110万ムー(約7万3333ヘクタール)減少し、土壌浸食率は31・5%から7・95%にまで減少。森林率は40%未満から79・8%まで上昇した。(記者/郭圻)<映像内容>福建汀江国家湿地公園の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月13日
    河田鶏の「引っ越し」を支えた造林物語福建省蘆竹村

    13日、竹林でニワトリに餌をやる藍秀さん。中国福建省竜岩市長汀県河田鎮の蘆竹(ろちく)村に住む大規模養鶏農家の藍秀(らん・しゅう)さんは、266ムー(約18ヘクタール)の山林を柵で囲い、その中に18棟の鶏舎を建てた。これらのニワトリの新居である山林は、藍さんが過去十数年かけて少しずつ植林してきたものだ。かつて荒れ山だった蘆竹村は、現在17種類の木がある四季を通じて緑が絶えない地となり、最も理想的な天然の鶏舎となった。藍さんの養鶏規模も拡大を続け、当初の種鶏2千羽から現在では種鶏2万2千羽とブロイラー1万9千羽近くにまで増加。毎年出荷されるヒヨコだけでも180万羽に達する。(竜岩=新華社配信/李元輝)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月13日
    河田鶏の「引っ越し」を支えた造林物語福建省蘆竹村

    13日、木陰で休む河田鶏。中国福建省竜岩市長汀県河田鎮の蘆竹(ろちく)村に住む大規模養鶏農家の藍秀(らん・しゅう)さんは、266ムー(約18ヘクタール)の山林を柵で囲い、その中に18棟の鶏舎を建てた。これらのニワトリの新居である山林は、藍さんが過去十数年かけて少しずつ植林してきたものだ。かつて荒れ山だった蘆竹村は、現在17種類の木がある四季を通じて緑が絶えない地となり、最も理想的な天然の鶏舎となった。藍さんの養鶏規模も拡大を続け、当初の種鶏2千羽から現在では種鶏2万2千羽とブロイラー1万9千羽近くにまで増加。毎年出荷されるヒヨコだけでも180万羽に達する。(竜岩=新華社配信/李元輝)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月13日
    河田鶏の「引っ越し」を支えた造林物語福建省蘆竹村

    13日正午ころ、木の上で休む河田鶏。中国福建省竜岩市長汀県河田鎮の蘆竹(ろちく)村に住む大規模養鶏農家の藍秀(らん・しゅう)さんは、266ムー(約18ヘクタール)の山林を柵で囲い、その中に18棟の鶏舎を建てた。これらのニワトリの新居である山林は、藍さんが過去十数年かけて少しずつ植林してきたものだ。かつて荒れ山だった蘆竹村は、現在17種類の木がある四季を通じて緑が絶えない地となり、最も理想的な天然の鶏舎となった。藍さんの養鶏規模も拡大を続け、当初の種鶏2千羽から現在では種鶏2万2千羽とブロイラー1万9千羽近くにまで増加。毎年出荷されるヒヨコだけでも180万羽に達する。(竜岩=新華社配信/藍東先)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 2019年03月13日
    河田鶏の「引っ越し」を支えた造林物語福建省蘆竹村

    13日正午ころ、木の上で休む河田鶏。中国福建省竜岩市長汀県河田鎮の蘆竹(ろちく)村に住む大規模養鶏農家の藍秀(らん・しゅう)さんは、266ムー(約18ヘクタール)の山林を柵で囲い、その中に18棟の鶏舎を建てた。これらのニワトリの新居である山林は、藍さんが過去十数年かけて少しずつ植林してきたものだ。かつて荒れ山だった蘆竹村は、現在17種類の木がある四季を通じて緑が絶えない地となり、最も理想的な天然の鶏舎となった。藍さんの養鶏規模も拡大を続け、当初の種鶏2千羽から現在では種鶏2万2千羽とブロイラー1万9千羽近くにまで増加。毎年出荷されるヒヨコだけでも180万羽に達する。(竜岩=新華社配信/藍東先)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 2019年03月13日
    河田鶏の「引っ越し」を支えた造林物語福建省蘆竹村

    13日、新しく建てた養鶏場で卵を回収する藍秀さん。中国福建省竜岩市長汀県河田鎮の蘆竹(ろちく)村に住む大規模養鶏農家の藍秀(らん・しゅう)さんは、266ムー(約18ヘクタール)の山林を柵で囲い、その中に18棟の鶏舎を建てた。これらのニワトリの新居である山林は、藍さんが過去十数年かけて少しずつ植林してきたものだ。かつて荒れ山だった蘆竹村は、現在17種類の木がある四季を通じて緑が絶えない地となり、最も理想的な天然の鶏舎となった。藍さんの養鶏規模も拡大を続け、当初の種鶏2千羽から現在では種鶏2万2千羽とブロイラー1万9千羽近くにまで増加。毎年出荷されるヒヨコだけでも180万羽に達する。(竜岩=新華社配信/李元輝)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月13日
    河田鶏の「引っ越し」を支えた造林物語福建省蘆竹村

    13日正午ころ、木の上で休む河田鶏。中国福建省竜岩市長汀県河田鎮の蘆竹(ろちく)村に住む大規模養鶏農家の藍秀(らん・しゅう)さんは、266ムー(約18ヘクタール)の山林を柵で囲い、その中に18棟の鶏舎を建てた。これらのニワトリの新居である山林は、藍さんが過去十数年かけて少しずつ植林してきたものだ。かつて荒れ山だった蘆竹村は、現在17種類の木がある四季を通じて緑が絶えない地となり、最も理想的な天然の鶏舎となった。藍さんの養鶏規模も拡大を続け、当初の種鶏2千羽から現在では種鶏2万2千羽とブロイラー1万9千羽近くにまで増加。毎年出荷されるヒヨコだけでも180万羽に達する。(竜岩=新華社配信/藍東先)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 2019年03月13日
    河田鶏の「引っ越し」を支えた造林物語福建省蘆竹村

    13日に撮影した蘆竹村の山林の中に作られた養鶏場。十年前はほとんど木も生えていなかったという。中国福建省竜岩市長汀県河田鎮の蘆竹(ろちく)村に住む大規模養鶏農家の藍秀(らん・しゅう)さんは、266ムー(約18ヘクタール)の山林を柵で囲い、その中に18棟の鶏舎を建てた。これらのニワトリの新居である山林は、藍さんが過去十数年かけて少しずつ植林してきたものだ。かつて荒れ山だった蘆竹村は、現在17種類の木がある四季を通じて緑が絶えない地となり、最も理想的な天然の鶏舎となった。藍さんの養鶏規模も拡大を続け、当初の種鶏2千羽から現在では種鶏2万2千羽とブロイラー1万9千羽近くにまで増加。毎年出荷されるヒヨコだけでも180万羽に達する。(竜岩=新華社配信/李元輝)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月13日
    河田鶏の「引っ越し」を支えた造林物語福建省蘆竹村

    13日、竹林を散歩する河田鶏。中国福建省竜岩市長汀県河田鎮の蘆竹(ろちく)村に住む大規模養鶏農家の藍秀(らん・しゅう)さんは、266ムー(約18ヘクタール)の山林を柵で囲い、その中に18棟の鶏舎を建てた。これらのニワトリの新居である山林は、藍さんが過去十数年かけて少しずつ植林してきたものだ。かつて荒れ山だった蘆竹村は、現在17種類の木がある四季を通じて緑が絶えない地となり、最も理想的な天然の鶏舎となった。藍さんの養鶏規模も拡大を続け、当初の種鶏2千羽から現在では種鶏2万2千羽とブロイラー1万9千羽近くにまで増加。毎年出荷されるヒヨコだけでも180万羽に達する。(竜岩=新華社配信/李元輝)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月13日
    河田鶏の「引っ越し」を支えた造林物語福建省蘆竹村

    13日、藍秀さんが何年もかけて少しずつ植えてきた木々の間を散歩する河田鶏。中国福建省竜岩市長汀県河田鎮の蘆竹(ろちく)村に住む大規模養鶏農家の藍秀(らん・しゅう)さんは、266ムー(約18ヘクタール)の山林を柵で囲い、その中に18棟の鶏舎を建てた。これらのニワトリの新居である山林は、藍さんが過去十数年かけて少しずつ植林してきたものだ。かつて荒れ山だった蘆竹村は、現在17種類の木がある四季を通じて緑が絶えない地となり、最も理想的な天然の鶏舎となった。藍さんの養鶏規模も拡大を続け、当初の種鶏2千羽から現在では種鶏2万2千羽とブロイラー1万9千羽近くにまで増加。毎年出荷されるヒヨコだけでも180万羽に達する。(竜岩=新華社配信/李元輝)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1