KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 華竜
  • 開発
  • 令和
  • 福州
  • 知的財産権
  • 記者
  • 成功
  • 燃料集合体
  • 名刺
  • 国家

「福清原子力発電所」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
77
( 1 77 件を表示)
  • 1
77
( 1 77 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 03:05.93
    2019年04月27日
    「新華社」国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始

    中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。冷却機能試験は、同発電所の大型総合特別調整試験で、高圧状況における1次冷却系、設備、補助配管の各性能をチェックすると同時に、圧力がかかった状態のプラットフォームにおけるメインシステムと補助システムの関連試験を行うことを主な目的としており、全原子炉の機能に対する初の全面的検証となる。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(記者/魏培全)<映像内容>中国の国産原子炉「華竜1号」の様子、撮影日:2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050703401

  • 2019年04月27日
    国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始

    27日、福清原子力発電所5号機の中央制御室で、冷却機能試験を開始する技術者。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100409

  • 2019年04月27日
    国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始

    27日、建設中の福清原子力発電所5号機の中央制御室で、冷却機能試験を開始する技術者。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100438

  • 2019年04月27日
    国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始

    27日、建設中の福清原子力発電所5号機の中央制御室で、冷却機能試験の打ち合わせをする技術者。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100437

  • 2019年04月27日
    国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始

    27日、建設中の福清原子力発電所5号機の内部の様子。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100253

  • 2019年04月27日
    国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始

    27日、建設中の福清原子力発電所5号機の出口。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100323

  • 2019年04月27日
    国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始

    27日、建設中の福清原子力発電所5号機の中央制御室で、冷却機能試験のデータを監視する技術者。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100328

  • 2019年04月27日
    国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始

    27日、建設中の福清原子力発電所5号機の中央制御室で、冷却機能試験の準備をする技術者。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100251

  • 2019年04月27日
    国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始

    27日、冷却機能試験を開始した福清原子力発電所5号機。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100436

  • 2019年04月27日
    国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始

    27日、建設中の福清原子力発電所5号機の内部を歩く作業員。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100329

  • 2020年07月28日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の正式稼働に向け燃料装荷

    福清原発5号機の中央制御室。(7月28日撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は4日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉への核燃料の装荷作業を始めた。(福州=新華社配信/何成希)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701542

  • 2020年08月31日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の正式稼働に向け燃料装荷

    福清原発の全景。(8月31日撮影、小型無人機から)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は4日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉への核燃料の装荷作業を始めた。(福州=新華社配信/過東海)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701586

  • 2020年08月31日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の正式稼働に向け燃料装荷

    「華竜1号」モデルプロジェクトとして建設された福清原発5号機と6号機。(8月31日撮影、小型無人機から)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は4日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉への核燃料の装荷作業を始めた。(福州=新華社配信/過東海)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701642

  • 2020年09月01日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に

    世界で初めて「華竜1号」を採用した原子炉のある福清原子力発電所。(9月1日撮影、小型無人機から)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020102302571

  • 2020年09月01日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に

    世界で初めて「華竜1号」を採用した原子炉のある福清原子力発電所。(9月1日撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

    商品コード: 2020102302528

  • 2020年09月03日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の正式稼働に向け燃料装荷

    3日、福清原発5号機の燃料プール。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は4日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉への核燃料の装荷作業を始めた。(福州=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701645

  • 2020年09月03日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の正式稼働に向け燃料装荷

    3日、福清原発5号機の燃料プール。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は4日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉への核燃料の装荷作業を始めた。(福州=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701635

  • 2020年09月04日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の正式稼働に向け燃料装荷

    4日、福清原発5号機の原子炉「華竜1号」に装荷される最初の燃料集合体。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は4日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉への核燃料の装荷作業を始めた。(福州=新華社配信/胡傑)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701631

  • 2020年09月04日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の正式稼働に向け燃料装荷

    4日、福清原発5号機の原子炉「華竜1号」に装荷される最初の燃料集合体。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は4日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉への核燃料の装荷作業を始めた。(福州=新華社配信/胡傑)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701681

  • 2020年09月04日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の正式稼働に向け燃料装荷

    4日、福清原発5号機の原子炉「華竜1号」に装荷される最初の燃料集合体。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は4日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉への核燃料の装荷作業を始めた。(福州=新華社配信/胡傑)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701575

  • 01:03.83
    2020年09月04日
    「新華社」中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の正式稼働に向け燃料装荷

    中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は4日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉への核燃料の装荷作業を始めた。同集団の担当者は、最初の燃料集合体が原子炉に装荷されたことで原子炉はメインシステムの試運転段階へ進み、完成と稼働に向けた重要な一歩を踏み出したと説明。「華竜1号」は燃料集合体177体からなる炉心設計を採用しており、炉心の出力密度を下げることで設計上の安全性を向上させているという。同原発の1~4号機は2017年9月17日に営業運転を開始しており、原子炉4基の累計発電量は1300億キロワット時を超える。「華竜1号」を採用した5号機と6号機は、それぞれ2015年5月7日と12月22日に着工している。(記者/林凱)<映像内容>第3世代原子炉「華竜1号」、核燃料の装荷作業開始、撮影日:2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090700199

  • 2020年10月10日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に

    世界で初めて「華竜1号」を採用した福清原子力発電所5号機の中央制御室スタッフ。(10月10日撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102302637

  • 2020年10月10日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に

    世界で初めて「華竜1号」を採用した福清原子力発電所5号機の中央制御室スタッフ。(10月10日撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102302625

  • 2020年10月20日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に

    20日、世界で初めて「華竜1号」を採用した福清原子力発電所5号機の中央制御室スタッフ。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102302615

  • 2020年10月20日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に

    20日、現場で状況を確認する生態環境部華東地域原子力・放射線安全監督所のスタッフ。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102302567

  • 00:42.12
    2020年10月21日
    「新華社」中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に

    中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(記者/林凱)<映像内容>中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」の様子、撮影日:2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102302491

  • 2020年10月27日
    中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功

    10月27日、第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した福清原発5号機の中央制御室で働くスタッフ。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020113000674

  • 2020年10月27日
    中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功

    10月27日、第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した福清原発5号機の中央制御室で、グリッド接続の成功を祝うスタッフ。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020113000725

  • 2020年10月27日
    中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功

    10月27日、第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した福清原発5号機の中央制御室で働くスタッフ。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020113000853

  • 2020年10月27日
    中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功

    10月27日第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した福清原発5号機の中央制御室で働くスタッフ。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。(福州=新華社配信)2=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020113000805

  • 2020年11月26日
    中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功

    26日、第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した福清原発5号機のタービン建屋。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020113000801

  • 2020年11月26日
    中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功

    26日、第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した福清原発5号機の外観。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020113000669

  • 2020年11月26日
    中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功

    26日、第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した福清原発5号機のタービン建屋。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020113000706

  • 01:13.02
    2020年11月27日
    「新華社」中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功

    中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。同発電所の趙皓(ちょう・こう)総経理は、現場で確認した結果、5号機の各技術指標は全て設計要求を満たしており、状態は良好で、後続の原子炉の商業運転開始に向けて確かな基礎を築いたと説明した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。現在、同集団は国内外で合計6基の「華竜1号」原子炉を建設中で、建設プロジェクトの安全性と品質はしっかりと確保されている。<映像内容>中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功、撮影日:2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020113000207

  • 2021年01月13日
    (2)国産原子炉「華竜1号」設置の福清原発6号機、コールド試験に成功

    4日、「華竜1号」のモデル事業、福清原子力発電所の5号機と6号機。(小型無人機から)中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」のモデル事業となる、中国核工業集団福清原子力発電所の6号機が11日、コールド機能試験を完了した。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011402972

  • 2021年01月13日
    (4)国産原子炉「華竜1号」設置の福清原発6号機、コールド試験に成功

    4日、福清原子力発電所の全景。(小型無人機から)中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」のモデル事業となる、中国核工業集団福清原子力発電所の6号機が11日、コールド機能試験を完了した。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011402973

  • 2021年01月13日
    (3)国産原子炉「華竜1号」設置の福清原発6号機、コールド試験に成功

    4日、「華竜1号」のモデル事業、福清原子力発電所の5号機と6号機。(小型無人機から)中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」のモデル事業となる、中国核工業集団福清原子力発電所の6号機が11日、コールド機能試験を完了した。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011402974

  • 2021年01月13日
    (1)国産原子炉「華竜1号」設置の福清原発6号機、コールド試験に成功

    11日、「華竜1号」を採用した福清原子力発電所6号機のコールド機能試験に成功し、現場で記念撮影する職員。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」のモデル事業となる、中国核工業集団福清原子力発電所の6号機が11日、コールド機能試験を完了した。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011402975

  • 2021年01月21日
    (1)国産原子炉「華竜1号」設置の福清原発6号機、発電機の回転子装着に成功

    17日、「華竜1号」のモデル事業、福清原子力発電所6号機で発電機の回転子装着作業を行う技術スタッフ。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」のモデル事業となる、中国核工業集団福清原子力発電所の6号機で17日午後3時、発電機の回転子装着作業が1度で成功し、今後の蒸気タービン発電機とターニング装置の連結の実現に向けて条件を整えた。発電機は原子力発電所の中核設備の一つで、回転子の装着は発電機設置の上で最も重要な部分とされる。直径2・152メートルの固定子鉄心の胴部に回転子を挿入するが、装着の空隙(クリアランス)は最小でわずか58ミリのため、高い精度が求められ、長時間の作業が必要とされる。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902503

  • 2021年01月21日
    (2)国産原子炉「華竜1号」設置の福清原発6号機、発電機の回転子装着に成功

    17日、「華竜1号」のモデル事業、福清原子力発電所6号機の発電機の回転子。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」のモデル事業となる、中国核工業集団福清原子力発電所の6号機で17日午後3時、発電機の回転子装着作業が1度で成功し、今後の蒸気タービン発電機とターニング装置の連結の実現に向けて条件を整えた。発電機は原子力発電所の中核設備の一つで、回転子の装着は発電機設置の上で最も重要な部分とされる。直径2・152メートルの固定子鉄心の胴部に回転子を挿入するが、装着の空隙(クリアランス)は最小でわずか58ミリのため、高い精度が求められ、長時間の作業が必要とされる。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902501

  • 2021年01月30日
    (4)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、福建省福清市にある中国核工業集団福清原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100380

  • 2021年01月30日
    (14)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    27日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機(左)。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100484

  • 2021年01月30日
    (3)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、福清原子力発電所5号機の制御室で商業運転開始を祝う来賓。中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100407

  • 2021年01月30日
    (2)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機の制御室で働くスタッフ。中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100408

  • 2021年01月30日
    (13)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    27日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100419

  • 2021年01月30日
    (1)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    27日、福建省福清市にある中国核工業集団福清原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100372

  • 2021年01月30日
    (8)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、福清原子力発電所5号機の制御室で働くスタッフ。中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100403

  • 2021年01月30日
    (9)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    27日、福建省福清市にある中国核工業集団福清原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100415

  • 2021年01月30日
    (16)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、福建省福清市にある中国核工業集団福清原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100467

  • 2021年01月30日
    (7)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機。中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100422

  • 2021年01月30日
    (11)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100427

  • 2021年01月30日
    (12)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機(手前)。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100272

  • 2021年01月30日
    (6)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、福清原子力発電所5号機の制御室で働くスタッフ。中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100311

  • 2021年01月30日
    (5)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機。中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020100421

  • 01:23.12
    2021年11月07日
    China loads fuel at nuclear unit equipped with home-grown reactor

    STORY: China loads fuel at nuclear unit equipped with home-grown reactorDATELINE: Nov. 7, 2021LENGTH: 00:01:23LOCATION: FUQING, ChinaCATEGORY: ECONOMY/TECHNOLOGYSHOTLIST:1. various of staff loading fuels to No. 5 unit2. SOUNDBITE 1 (Chinese): XU JINLONG, Deputy general manager of Fuqing Nuclear Power Plant, CNNC3. SOUNDBITE 2 (Chinese): XU JINLONG, Deputy general manager of Fuqing Nuclear Power Plant, CNNCSTORYLINE:Fuel loading has started at China‘s second nuclear power unit using Hualong One technology, a domestically developed third-generation reactor design, after the first one entered commercial operations earlier this year.The loading started on Saturday at the No. 6 nuclear power unit in the city of Fuqing, in east China‘s Fujian Province, bringing the unit one step closer to operation, according to the China National Nuclear Corporation (CNNC).SOUNDBITE 1 (Chines.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110808408

  • 2021年11月09日
    (2)福清原発、国産原子炉「華竜1号」2基目への燃料装荷を開始

    6日、福清原発6号機の燃料貯蔵プール。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は6日、中国の第3世代原子炉「華竜1号」の2基目を採用した6号機への燃料装荷作業(原子炉の炉心に燃料を入れる作業)を開始した。同原子炉はメインシステムが核燃料を装荷した試運転の段階に入り、運転開始に向け重要な一歩を踏み出した。「華竜1号」は、中国が開発した独自の知的財産権を持つ第3世代加圧水型原子炉の革新的成果で、世界で最も厳しい安全基準を満たすほか、量産もできる。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110906365

  • 01:09.16
    2021年11月09日
    「新華社」福清原発、国産原子炉「華竜1号」2基目への燃料装荷を開始

    中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は6日、中国の第3世代原子炉「華竜1号」の2基目を採用した6号機への燃料装荷作業(原子炉の炉心に燃料を入れる作業)を開始した。同原子炉はメインシステムが核燃料を装荷した試運転の段階に入り、運転開始に向け重要な一歩を踏み出した。「華竜1号」は、中国が開発した独自の知的財産権を持つ第3世代加圧水型原子炉の革新的成果で、世界で最も厳しい安全基準を満たすほか、量産もできる。「華竜1号」を初めて採用した福清原発5号機は、2021年1月30日に商業運転を開始。累計発電量は70億キロワット時を超えている。同原子炉を採用した原子力発電所は、国内外で現在8基が稼働または建設中となっている。(記者/林善伝) =配信日: 2021(令和3)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110906338

  • 2021年11月09日
    (5)福清原発、国産原子炉「華竜1号」2基目への燃料装荷を開始

    福清原発6号機。(9月26日、小型無人機から撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は6日、中国の第3世代原子炉「華竜1号」の2基目を採用した6号機への燃料装荷作業(原子炉の炉心に燃料を入れる作業)を開始した。同原子炉はメインシステムが核燃料を装荷した試運転の段階に入り、運転開始に向け重要な一歩を踏み出した。「華竜1号」は、中国が開発した独自の知的財産権を持つ第3世代加圧水型原子炉の革新的成果で、世界で最も厳しい安全基準を満たすほか、量産もできる。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110906361

  • 2021年11月09日
    (3)福清原発、国産原子炉「華竜1号」2基目への燃料装荷を開始

    6日、福清原発6号機の炉心に装荷される最初の燃料。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は6日、中国の第3世代原子炉「華竜1号」の2基目を採用した6号機への燃料装荷作業(原子炉の炉心に燃料を入れる作業)を開始した。同原子炉はメインシステムが核燃料を装荷した試運転の段階に入り、運転開始に向け重要な一歩を踏み出した。「華竜1号」は、中国が開発した独自の知的財産権を持つ第3世代加圧水型原子炉の革新的成果で、世界で最も厳しい安全基準を満たすほか、量産もできる。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110906360

  • 2021年11月09日
    (4)福清原発、国産原子炉「華竜1号」2基目への燃料装荷を開始

    6日、福清原発6号機の炉心に燃料を装荷する職員。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は6日、中国の第3世代原子炉「華竜1号」の2基目を採用した6号機への燃料装荷作業(原子炉の炉心に燃料を入れる作業)を開始した。同原子炉はメインシステムが核燃料を装荷した試運転の段階に入り、運転開始に向け重要な一歩を踏み出した。「華竜1号」は、中国が開発した独自の知的財産権を持つ第3世代加圧水型原子炉の革新的成果で、世界で最も厳しい安全基準を満たすほか、量産もできる。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110906362

  • 2021年11月09日
    (1)福清原発、国産原子炉「華竜1号」2基目への燃料装荷を開始

    6日、福清原発6号機の燃料貯蔵プール。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は6日、中国の第3世代原子炉「華竜1号」の2基目を採用した6号機への燃料装荷作業(原子炉の炉心に燃料を入れる作業)を開始した。同原子炉はメインシステムが核燃料を装荷した試運転の段階に入り、運転開始に向け重要な一歩を踏み出した。「華竜1号」は、中国が開発した独自の知的財産権を持つ第3世代加圧水型原子炉の革新的成果で、世界で最も厳しい安全基準を満たすほか、量産もできる。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110906367

  • 2022年01月03日
    (4)国産原子炉「華竜1号」、国内2基目が稼働福建省福清原発

    福清原子力発電所。(2021年12月2日、小型無人機から撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で1日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を採用した6号機が、初めてグリッド接続に成功し、送電網に最初の電気を送り始めた。これにより同機は、世界で3基目、中国で2基目となる「華竜1号」を設置した発電ユニットとなった。現場では全ての技術指標が設計要件に合致し、ユニットの状態も良好であることが確認され、今後の正式な商業運転開始に向け確かな基礎が築かれた。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010305141

  • 2022年01月03日
    (7)国産原子炉「華竜1号」、国内2基目が稼働福建省福清原発

    福清原子力発電所6号機の制御室で働く職員。(2021年12月31日撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で1日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を採用した6号機が、初めてグリッド接続に成功し、送電網に最初の電気を送り始めた。これにより同機は、世界で3基目、中国で2基目となる「華竜1号」を設置した発電ユニットとなった。現場では全ての技術指標が設計要件に合致し、ユニットの状態も良好であることが確認され、今後の正式な商業運転開始に向け確かな基礎が築かれた。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010305144

  • 2022年01月03日
    (1)国産原子炉「華竜1号」、国内2基目が稼働福建省福清原発

    福清原子力発電所プロジェクトの現場。(2021年12月1日、小型無人機から撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で1日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を採用した6号機が、初めてグリッド接続に成功し、送電網に最初の電気を送り始めた。これにより同機は、世界で3基目、中国で2基目となる「華竜1号」を設置した発電ユニットとなった。現場では全ての技術指標が設計要件に合致し、ユニットの状態も良好であることが確認され、今後の正式な商業運転開始に向け確かな基礎が築かれた。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010305125

  • 2022年01月03日
    (6)国産原子炉「華竜1号」、国内2基目が稼働福建省福清原発

    1日、福清原子力発電所6号機の制御室で働く職員。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で1日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を採用した6号機が、初めてグリッド接続に成功し、送電網に最初の電気を送り始めた。これにより同機は、世界で3基目、中国で2基目となる「華竜1号」を設置した発電ユニットとなった。現場では全ての技術指標が設計要件に合致し、ユニットの状態も良好であることが確認され、今後の正式な商業運転開始に向け確かな基礎が築かれた。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010305143

  • 2022年01月03日
    (5)国産原子炉「華竜1号」、国内2基目が稼働福建省福清原発

    1日、福清原子力発電所6号機の制御室で働く職員。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で1日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を採用した6号機が、初めてグリッド接続に成功し、送電網に最初の電気を送り始めた。これにより同機は、世界で3基目、中国で2基目となる「華竜1号」を設置した発電ユニットとなった。現場では全ての技術指標が設計要件に合致し、ユニットの状態も良好であることが確認され、今後の正式な商業運転開始に向け確かな基礎が築かれた。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010305142

  • 2022年01月03日
    (2)国産原子炉「華竜1号」、国内2基目が稼働福建省福清原発

    福清原子力発電所6号機(右)。(2021年12月1日、小型無人機から撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で1日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を採用した6号機が、初めてグリッド接続に成功し、送電網に最初の電気を送り始めた。これにより同機は、世界で3基目、中国で2基目となる「華竜1号」を設置した発電ユニットとなった。現場では全ての技術指標が設計要件に合致し、ユニットの状態も良好であることが確認され、今後の正式な商業運転開始に向け確かな基礎が築かれた。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010305126

  • 2022年01月03日
    (8)国産原子炉「華竜1号」、国内2基目が稼働福建省福清原発

    1日、福清原子力発電所6号機の制御室。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で1日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を採用した6号機が、初めてグリッド接続に成功し、送電網に最初の電気を送り始めた。これにより同機は、世界で3基目、中国で2基目となる「華竜1号」を設置した発電ユニットとなった。現場では全ての技術指標が設計要件に合致し、ユニットの状態も良好であることが確認され、今後の正式な商業運転開始に向け確かな基礎が築かれた。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010305146

  • 2022年01月03日
    (3)国産原子炉「華竜1号」、国内2基目が稼働福建省福清原発

    福清原子力発電所6号機(手前)。(2021年12月1日、小型無人機から撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で1日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を採用した6号機が、初めてグリッド接続に成功し、送電網に最初の電気を送り始めた。これにより同機は、世界で3基目、中国で2基目となる「華竜1号」を設置した発電ユニットとなった。現場では全ての技術指標が設計要件に合致し、ユニットの状態も良好であることが確認され、今後の正式な商業運転開始に向け確かな基礎が築かれた。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010305127

  • 00:59.33
    2022年01月03日
    「新華社」国産原子炉「華竜1号」、国内2基目が稼働福建省福清原発

    中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で1日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を採用した6号機が、初めてグリッド接続に成功し、送電網に最初の電気を送り始めた。これにより同機は、世界で3基目、中国で2基目となる「華竜1号」を設置した発電ユニットとなった。現場では全ての技術指標が設計要件に合致し、ユニットの状態も良好であることが確認され、今後の正式な商業運転開始に向け確かな基礎が築かれた。(記者/林凱) =配信日: 2022(令和4)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010305147

  • 2022年03月27日
    (3)国産原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトが全面稼働福建省福清原発

    福清原子力発電所5号機(左)と6号機(右)。(2021年12月29日、小型無人機から撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で25日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトの2基目となる6号機が商業運転の条件を整えた。これにより同プロジェクトは建設が完了し、全面稼働に入った。2基の年間発電量は計200億キロワット時近くに上り、エネルギー消費を標準炭換算で年間624万トン、二酸化炭素(CO2)排出量を年間1632万トンそれぞれ削減する。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032802704

  • 2022年03月27日
    (7)国産原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトが全面稼働福建省福清原発

    福清原子力発電所6号機(手前)。(2021年12月1日、小型無人機から撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で25日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトの2基目となる6号機が商業運転の条件を整えた。これにより同プロジェクトは建設が完了し、全面稼働に入った。2基の年間発電量は計200億キロワット時近くに上り、エネルギー消費を標準炭換算で年間624万トン、二酸化炭素(CO2)排出量を年間1632万トンそれぞれ削減する。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032802709

  • 2022年03月27日
    (1)国産原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトが全面稼働福建省福清原発

    25日、福清原子力発電所6号機の制御室で行われた「華竜1号」モデルプロジェクトの全面稼働式典。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で25日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトの2基目となる6号機が商業運転の条件を整えた。これにより同プロジェクトは建設が完了し、全面稼働に入った。2基の年間発電量は計200億キロワット時近くに上り、エネルギー消費を標準炭換算で年間624万トン、二酸化炭素(CO2)排出量を年間1632万トンそれぞれ削減する。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032802732

  • 2022年03月27日
    (2)国産原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトが全面稼働福建省福清原発

    福清原子力発電所6号機。(2021年11月9日、小型無人機から撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で25日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトの2基目となる6号機が商業運転の条件を整えた。これにより同プロジェクトは建設が完了し、全面稼働に入った。2基の年間発電量は計200億キロワット時近くに上り、エネルギー消費を標準炭換算で年間624万トン、二酸化炭素(CO2)排出量を年間1632万トンそれぞれ削減する。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032802707

  • 2022年03月27日
    (5)国産原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトが全面稼働福建省福清原発

    福清原子力発電所1~6号機の外観。(2021年12月2日、小型無人機から撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で25日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトの2基目となる6号機が商業運転の条件を整えた。これにより同プロジェクトは建設が完了し、全面稼働に入った。2基の年間発電量は計200億キロワット時近くに上り、エネルギー消費を標準炭換算で年間624万トン、二酸化炭素(CO2)排出量を年間1632万トンそれぞれ削減する。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032802703

  • 2022年03月27日
    (4)国産原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトが全面稼働福建省福清原発

    25日、福清原子力発電所6号機の制御室で働く職員。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で25日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトの2基目となる6号機が商業運転の条件を整えた。これにより同プロジェクトは建設が完了し、全面稼働に入った。2基の年間発電量は計200億キロワット時近くに上り、エネルギー消費を標準炭換算で年間624万トン、二酸化炭素(CO2)排出量を年間1632万トンそれぞれ削減する。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032802708

  • 2022年03月27日
    (6)国産原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトが全面稼働福建省福清原発

    福清原子力発電所1~6号機の外観。(2021年12月1日、小型無人機から撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所で25日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」モデルプロジェクトの2基目となる6号機が商業運転の条件を整えた。これにより同プロジェクトは建設が完了し、全面稼働に入った。2基の年間発電量は計200億キロワット時近くに上り、エネルギー消費を標準炭換算で年間624万トン、二酸化炭素(CO2)排出量を年間1632万トンそれぞれ削減する。(福州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032802710

  • 1